今週末の土曜日に、横浜から日帰りで奈良に行きます。
天理の石上神宮にお参りしてから法隆寺に行きたいのですが、
天理-奈良-法隆寺(JR)と、天理-平端-筒井(近鉄)と、どちらがいいでしょう?
それとも、ほかにもっと便利なルートはありますでしょうか?
駅から法隆寺までは、タクシーを利用かなと考えています。
土地勘がないため、交通事情等よくわかりません。
ご存知の方、ご教示よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

地元民です。



◆天理→筒井間は乗継を含むと約20分。平端は田舎の駅なので本数は少ないです。
http://www.jorudan.co.jp/norikae/cgi/nori.cgi?rf …

筒井から法隆寺へはバスで20分程度ですが、これまた便数は少ない。
http://jikoku.narakotsu.co.jp/jikoku_pdf/Bstop_P …

◆天理→法隆寺は乗継を含むと40分。こちらは奈良まで便数が極端に少ないです。
http://www.jorudan.co.jp/norikae/cgi/nori.cgi?ek …

そして法隆寺までは徒歩20分かタクシーと。。

結論を言えばどちらも不便なのですが、観光客の方に分かりやすいのは奈良経由だと思います。
つまり、天理駅発の電車の時刻さえしっかりと押さえておけば、
奈良→法隆寺へはそこそこ便数がありますし、
タクシーを使うなら駅からはすぐだからです。

石上神宮から天理まではやはりけっこう距離があるのですが、
バス便が極端に少ないので、こちらもタクシー利用のほうが
いいかもしれません。


ちなみに奈良交通バスの時刻を確認するのはこのサイトが便利です。
http://jikoku.narakotsu.co.jp/jikoku_pdf/railmap …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
ログインうまくできずにお礼が遅くなってすみません。
多面的なご教示ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/16 17:58

奈良県民からすると・・・天理-筒井からバスがあれば、バス


無ければタクシーかなぁ。筒井-法隆寺のタクシー代は多分
2000円ちょっとかと。奈良は移動が結構不便な土地なので、
タクシー使わざるを得ない場合が少なくないです。

JRで奈良駅に出ても良いのですが、法隆寺駅から法隆寺
まで、割に距離がありますよ。この区間、バスが走ってる
くらいですからね。筒井からのバスは門前に着くので。

お金に余裕があれば石上神宮からタクシー直行でしょうが、
多分法隆寺まで5,000円以上かかると思います。ただし、
乗り継いで行く場合の半分くらいで着くと思うので、後は
お財布と時間ととのバランスでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
ログインうまくできずにお礼が遅くなってすみません。
けっこう不便ですね。
でも魅力的な土地だと思います。

お礼日時:2012/03/16 17:57

まず横浜からなら新幹線で入洛、近鉄京都駅から1時間に3本ぐらいある近鉄急行で天理直通か、橿原神宮行き近鉄急行で平端で乗換、天理入りが早そうです。

JRは桜井線がネックで更に少ないです。

石上神社も法隆寺もバスは数本ありますが日に数本です。ここは奮発してタクシーのご利用が正解と思います。
タクシーで片道¥1000ぐらいでしょうか?
帰りは領収書に書いてあるTELに電話して、無線タクシーを呼んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ログインうまくできずにお礼が遅くなってすみません。
タクシー利用します。

お礼日時:2012/03/16 17:54

 近鉄筒井駅前からバス(王子駅行き)があります。

法隆寺前下車 日帰りで時間優先なのでバスの時間に合えばバスでそれ以外はタクシーで4km程度で行けば良いと思います。
http://jikoku.narakotsu.co.jp/form/asp/ejhr0060. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
ログインがうまくできなくて、お礼が遅くなって済みません。
筒井駅からバスは知りませんでした。

お礼日時:2012/03/16 17:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法隆寺金堂の壁画ってやけたんですよね?

歴史の本では、ほとんど「法隆寺金堂は世界最古の木造建築物」
とかいてあるのですが、1949(?)年に火事があって、
壁画が焼けてしまった、ともかいてあります。
そのときは壁だけやけたのでしょうか?壁より木の方がもえやすそうなのですが。
なんだかよくわかりません。どういう火災だったのでしょう?
その事件に関するサイトもおしえていただけたらうれしいです。

あとかんけいないですが、ここ(教えて!goo)では、
おなじところ(同じ質問欄)に二つ質問をかいていいのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.asahi-net.or.jp/~SF4F-ANBK/aaa/html500001.htm

上記で火災に関する詳しいことはわかると思います。下のURLは法隆寺の案内みたいなものです。

また同じカテゴリーに複数質問されるのは構わないと思いますが、質問欄に複数の質問というのでは、答える方も面倒だし、あまり適切な回答がもらえないんじゃないかな、という気がいたします。

参考URL:http://www.kcn.ne.jp/~kingyo/

Q今週の土曜日に日帰りで、大阪北摂から、南紀白浜アドベンチャーワールドも

今週の土曜日に日帰りで、大阪北摂から、南紀白浜アドベンチャーワールドもしくは姫路セントラルパークに車で行こうと考えています。
子供は小学校低学年と4歳です。
規模、費用、所要時間等からして、どちらがお勧めでしょうか。

Aベストアンサー

年齢から言えばどちらに行っても楽しめます。

姫路へは90キロ2時間ほど2400円
http://drive.mapion.co.jp/route/?nl=34/47/43.128&el=135/15/30.169&scl=1000000&stx=135/32/50.712&sty=34/48/14.148&edx=134/45/57.125&edy=34/51/58.592&chg=1

白浜へは174キロ3時間4200円
http://drive.mapion.co.jp/route/?nl=33/39/56.433&el=135/22/39.709&scl=70000&stx=135/32/50.712&sty=34/48/14.148&edx=135/22/39.709&edy=33/39/56.433&chg=1

入園料金はさほどかわりませんが、白浜となると往復だけで
かなりの時間を取られます。北摂からとなるとなおさらです。

まあ、白浜は一泊でゆっくり行くところ。だと思います。
うちはパンダの赤ちゃんが生まれるたびに公開まもない
年末くらいにいつも出かけています。

日帰りなら今回は姫路のほうでしょう。

年齢から言えばどちらに行っても楽しめます。

姫路へは90キロ2時間ほど2400円
http://drive.mapion.co.jp/route/?nl=34/47/43.128&el=135/15/30.169&scl=1000000&stx=135/32/50.712&sty=34/48/14.148&edx=134/45/57.125&edy=34/51/58.592&chg=1

白浜へは174キロ3時間4200円
http://drive.mapion.co.jp/route/?nl=33/39/56.433&el=135/22/39.709&scl=70000&stx=135/32/50.712&sty=34/48/14.148&edx=135/22/39.709&edy=33/39/56.433&chg=1

入園料金はさほどかわりませんが、白浜となると...続きを読む

Q法隆寺でお会いできるみほとけは

9月15日ごろ法隆寺に参詣する予定です

法隆寺のみほとけにはお会いできるのでしょうか

手元の20年前の雑誌には次の仏像の写真が載っています 拝観できるかどうかWEB検索してもよく判りません お教えください

五重塔の2体はダメなんだろうなと想像できますが・・

釈迦三尊像(金堂)
釈迦涅槃像(五重塔)
阿弥陀三尊像
百済観音像(大宝蔵殿)
文殊菩薩象(五重塔)
四天王像(金堂)

Aベストアンサー

3年前に行きました。

釈迦三尊像(金堂):可能
釈迦涅槃像(五重塔):可能(桟の隙間から見る感じだったかと思う)
阿弥陀三尊像:いくつかあるが金銅阿弥陀三尊像は大宝蔵院で見られたと思う。
伝宝堂の脱活乾漆阿弥陀三尊像3セットは非公開。
百済観音像(大宝蔵殿):可能(大宝蔵院の百済観音堂)
文殊菩薩象(五重塔):覚えていないがたぶん釈迦涅槃像と同様に見られる。
四天王像(金堂):可能

特に仏像がぞろぞろと並んでいる金堂の雰囲気は
なかなかのものです。

なお法隆寺に限らず仏像を見ようと思うなら
『新 全国寺社・仏像ガイド』で公開状況を知ることができます。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4568430658/

Q「京都へ日帰り観光。金曜に東京から夜行バスで行き、1日観光し土曜日の夜

「京都へ日帰り観光。金曜に東京から夜行バスで行き、1日観光し土曜日の夜、新幹線で帰ってくる」どなたか経験ありますか?
50歳の夫婦で行こうと思っています。夜行長距離バスは、初めて乗ります。無謀でしょうか?帰りもバスを考えましたが、さすがに疲れるのではと考え新幹線をと思っています。
疲れて現地ででぐったりというのも、嫌だななどとわがままな考えでします。
最近TV夜行バスで行って向こうでホテルのシャワーを借りられるなんて言うのも見たような機がするのですが・・・
できれば宿泊しないというのが前提なので他に何かあればあわせてご助言ください。
皆さんの意見も参考にしながら計画したいと思います。(行くのは、まだ先ですが)。
またこの方面なら意外と楽というのがあればそのような助言でもかまいません。(たとえば金沢なららくだとか)
勝手ばかりですいません。

Aベストアンサー

東京から京都であれば、JR東海ツアーズが日帰り京都のツアーを出しています。
http://www.jrtours-ebook.jp/2010/01/6421005/

行きは6時台の「のぞみ」、帰りは新大阪始発の「のぞみ」限定で2万円前後です。
JR夜行バスと新幹線「ひかり」の組み合わせでも、割引きっぷ使って2万円弱しますし、
初発「のぞみ」を使えば、8時半前には京都駅に到着しますので、
それならば、家でしっかり寝て早起きして日帰りの旅を満喫した方が良いかと思います。

夜行バスに関しては、最近は細かくグレード分けしており、
どのランクを使うかでも違ってきますし、そもそも個人差もあろうかと思うので、
一概には言えませんが、一般的には思っているよりは寝られます。
ただ、動く物の中で夜を明かすわけですから、布団で横になって寝るのとは訳が違いますし、
「翌日に支障がない程度には寝られる」位に考えられた方が良いかと思います。

私自身、郷が京都なので、夜行バスも朝一番の新幹線も経験がありますが、
個人的には、バスで4~5時間寝るよりも家で2時間仮眠を取った方がいくらか楽でしたね。
夜行便は「乗り物の中で寝ないといけない」という強迫感があるのに対して、
昼間の便は、「眠けりゃ寝たらいいし、眠くなければ本でも読んでりゃいい」と言う
気楽さがあるのが大きいのかも知れませんが…。

東京から京都であれば、JR東海ツアーズが日帰り京都のツアーを出しています。
http://www.jrtours-ebook.jp/2010/01/6421005/

行きは6時台の「のぞみ」、帰りは新大阪始発の「のぞみ」限定で2万円前後です。
JR夜行バスと新幹線「ひかり」の組み合わせでも、割引きっぷ使って2万円弱しますし、
初発「のぞみ」を使えば、8時半前には京都駅に到着しますので、
それならば、家でしっかり寝て早起きして日帰りの旅を満喫した方が良いかと思います。

夜行バスに関しては、最近は細かくグレード分けしており、
どの...続きを読む

Q法隆寺と唐招提寺

現在大学院院試の勉強で、法隆寺金堂と唐招提寺金堂の平面・意匠・構造の観点から比較しようとしています。
ここで源流となった大陸の建築様式に注意しながら比較しなければならないのですが、源流は異なるのですか?

私はどちらも朝鮮経由の中国が源流だと思っていましたのでどうしてもこの視点から比較できません。
どうかお願いいたします。

Aベストアンサー

>現在大学院院試の勉強で、法隆寺金堂と唐招提寺金堂の平面・意匠・構造の観点から比較しようとしています。
ここで源流となった大陸の建築様式に注意しながら比較しなければならないのですが、源流は異なるのですか?

私はどちらも朝鮮経由の中国が源流だと思っていましたのでどうしてもこの視点から比較できません。
どうかお願いいたします。

法隆寺は一度消失し、7世紀末ごろに再建されたことが発掘の結果証明されています。消失以前の建築は、回廊に囲まれた中に、南北線上に前に塔(仏舎利塔・スツーパ)、後ろに金堂の四天王寺様式だったようです。これに対して再建された現在の法隆寺は、東西線上に西に塔、東に金堂という法隆寺様式に変化していますが、飛鳥の様式の一形態をとっているとされています。また、四天王寺様式は別名百済様式と言われ、百済の影響が見られます。これは、厩戸皇子(聖徳太子)のブレインに百済僧観ロク、高句麗僧恵慈などの朝鮮半島出身者の存在があったことが影響しているのかもしれません。さらに、現在の金堂の柱はエンタシス様式ということは有名なことです。
さて、塔と金堂の関係を書いたのはご存知のこととは存じますが、初期仏教の信仰の中心が仏-具体的には仏舎利にあり、その仏舎利を収めていたとされる(仏舎利)塔が寺の中心にあったのが古い形式と言われているからです。それが徐々に中心からはずれ、東大寺に至っては、回廊から外に出て、門の左右に装飾物のように並ぶようになります。このように塔と金堂の位置関係により様式および建築年代が分かるので、老婆心ながら付け加えさせていただきました。
さて、現存の法隆寺金堂ですが、南北朝様式で建築されていると言われています。これに対して唐招提寺金堂は寄棟造で建てられ、和様建築の起点とされています。また、講堂は平城宮の朝集殿を移築したものと伝えられています。

これも老婆心になりますが、基準の尺は何尺を用いたのでしょうか。また、基盤は掘立柱を用いているのでしょうか。このようなことも比較検討の中に入るものだと思います。

少し長くなりましたが、参考までに。
院試での健闘をお祈りします。頑張ってください。

>現在大学院院試の勉強で、法隆寺金堂と唐招提寺金堂の平面・意匠・構造の観点から比較しようとしています。
ここで源流となった大陸の建築様式に注意しながら比較しなければならないのですが、源流は異なるのですか?

私はどちらも朝鮮経由の中国が源流だと思っていましたのでどうしてもこの視点から比較できません。
どうかお願いいたします。

法隆寺は一度消失し、7世紀末ごろに再建されたことが発掘の結果証明されています。消失以前の建築は、回廊に囲まれた中に、南北線上に前に塔(仏舎利塔・ス...続きを読む

Q今週末に奈良にいきます。

11月26日(金)から1泊で奈良にいきます。
平城遷都1300年祭のイベントは11月7日で終わったようですが、イベント会場であった平城京跡地の今の状況は、どうなっているのでしょうか?
今行っても特になにもないので行くまでもないのでしょうか?
それとも、見てみるだけの価値はあり、会場内にも入れるようになっているのでしょうか?

また、奈良公園周辺と斑鳩周辺を周る予定ですが、いろいろな施設の共通入場券や共通割引券などのお得な情報などありませんか?

その他、知っておくと良い情報や、お奨めスポットなどあれば、よろしくお願いします。
(ちなみに、夫婦と高校生と幼児での旅行です)

Aベストアンサー

えー、昨日関西旅行から帰って来たものです。
11/23の最終日に奈良に行きました。(法隆寺、薬師寺)

えー、平城京跡は近鉄で京都へ帰るとき見かけますがあまり
面白そうじゃありませんです。

えー、共通入場券ってお寺とかのですか?
そしたらそんなの聞いたことないです。

法隆寺\1000薬師寺\800でした。行く度に値上がりしているような。
でも法隆寺は宝物殿が増築され流離いの百済観音にやっと安住の場所が。
(\1000のチケットで入れます)

薬師寺も名前忘れましたが平山郁夫氏の壁画を展示する建物が増築されています。
(\800のチケットで入れます)

この日は大変寒く(気温はそんなに低くないが風がすごかった)この2箇所の
屋内展示は大変助かりました。

奈良公園は昨年行きました。
奈良公園周辺と斑鳩を1日で、ってことはないですよね。
仮に1日駆け足で廻るのなら春日大社と法隆寺間に路線バスがあります。
興福寺(ちょい見)、東大寺、二月・三月堂(ちょい見)、若草山(通るだけ)、
春日大社 でバス→法隆寺。
(無理かな)(本数は少ないので事前調べでね)

ただこのバスけっこう高くて法隆寺・薬師寺間で¥560也。
運ちゃんに聞きましたがタクシーだと¥2000ぐらいとのこと。
4人だったらタクシー利用も有りですね。

まっ、1日奈良公園周辺 1日斑鳩が妥当でしょう。
ただ時間的な比重は奈良公園に掛けた方が良いでしょう。
お寺だけでなく土産物屋とか商店街とか沢山あるので、斑鳩は田舎ですから
観る所はほとんどお寺になります。

斑鳩と言うからには法隆寺の北方の法起寺辺りまで行かれるのでしょうね。
その辺まで歩かないと斑鳩って感じがしませんからね。
であと同じくらい歩くと慈光院があります。奈良には珍しい書院建築です。
(お子さんだときついかな、さっきのバスでも行けます)

でここまで来るともう動きが取れなくなりさっきのバスしか有りません。
そうすると薬師寺、唐招提寺に行くっきゃない、と言うことになります。
えー、私はこの計画だったのですが家内が途中ぐずり出し断念。

えー、以上 大変散漫になってしまいました。

えー、昨日関西旅行から帰って来たものです。
11/23の最終日に奈良に行きました。(法隆寺、薬師寺)

えー、平城京跡は近鉄で京都へ帰るとき見かけますがあまり
面白そうじゃありませんです。

えー、共通入場券ってお寺とかのですか?
そしたらそんなの聞いたことないです。

法隆寺\1000薬師寺\800でした。行く度に値上がりしているような。
でも法隆寺は宝物殿が増築され流離いの百済観音にやっと安住の場所が。
(\1000のチケットで入れます)

薬師寺も名前忘れましたが平山郁夫氏の壁画を展示する建物が増...続きを読む

Q平安時代までの寺の金堂

平安時代までに建てられた寺について質問です。
法隆寺、唐招提寺のように金堂を持つ『 寺 』はどれくらいあるのでしょうか?
また上手な検索方法、お勧めの書物(年代別の建築一覧があるもの)があれば教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

「平安時代まで」ということは、平安時代を含むのですね。
それなら、寺の数はすごい数になると思います。
奈良時代だけでも諸国に国分寺が建てられていますから。
その中で、「金堂」という名をもつ寺院ということは、七堂伽藍をもつ大寺ということになりますから、かなり数は絞られてきます。

現存のものでは、法隆寺金堂が最古で、つづいて唐招提寺金堂が奈良時代の傑作です。
平安時代に建立された延暦寺の場合は、金堂と呼ばず「根本中堂」と呼んでいますが、この時代はおもに中堂・本堂の名が一般的です。

そこで、はっきりしておきたいのは、「金堂」と呼ばれる建物に限るという解釈でよいのでしょうか。
東大寺「大仏殿」は金堂ですが、金堂とは一般に呼ばれていないですから。
手元の『歴史散歩事典』によれば、「金堂は本尊を安置する建物である。堂内を金色に塗装したのでこの名がつけられたという。」とあります。

「伽藍配置 廃寺 金堂」で検索すれば全国各地の古寺の「金堂」を見つけることができます。
さらに金堂の代わりに「本堂」「中堂」と入れたり、「廃寺」を消すと見つかる数は増えます。

「平安時代まで」ということは、平安時代を含むのですね。
それなら、寺の数はすごい数になると思います。
奈良時代だけでも諸国に国分寺が建てられていますから。
その中で、「金堂」という名をもつ寺院ということは、七堂伽藍をもつ大寺ということになりますから、かなり数は絞られてきます。

現存のものでは、法隆寺金堂が最古で、つづいて唐招提寺金堂が奈良時代の傑作です。
平安時代に建立された延暦寺の場合は、金堂と呼ばず「根本中堂」と呼んでいますが、この時代はおもに中堂・本堂の名が一般的...続きを読む

Q今週末、奈良国立博物館付近で紅葉と食べ歩き

今週末に奈良国立博物館へ行きます。
博物館~JR奈良駅間を雑誌片手に近辺を回るつもりですが、
くずわらびもちと蕎麦以外で、お勧めの飲食店(和食)を教えてください。
それと、今頃の時期の紅葉スポットにいい場所はありますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

院展ですね。奈良にようこそです。
地元的には雰囲気がよさげなだけで高いお店が多くてお薦めといえるかは疑問ですが、

ポピュラーなところでは江戸三とか
http://www.edosan.jp/i/
菊水亭
http://www.narakko.com/gourmet/a10011.html
飛鳥
http://www.tenpuraasuka.jp/index.html

奈良町にはお手軽なランチのできるお店までありますので、
ぶらぶらよさ気なところに入ってみてもいいかもしれません。
http://www.news.janjan.jp/area/0511/0511064814/1.php

紅葉はまだまだです。多武峰でもまだ早いです。
奈良の奇麗な風景と言えば、9月はあちこちで彼岸花と笠のそば畑、
10月は曽爾高原のすすきといったところです。
この週末は藤原宮跡のコスモス畑が綺麗でしたね。

11月中~下旬の公会堂前の紅葉はとても奇麗なんですけどね。

ちょっと涼しくなって色づき始めた飛火野から若草山、二月堂あたりが
散策にはちょうどいいと思います。

院展ですね。奈良にようこそです。
地元的には雰囲気がよさげなだけで高いお店が多くてお薦めといえるかは疑問ですが、

ポピュラーなところでは江戸三とか
http://www.edosan.jp/i/
菊水亭
http://www.narakko.com/gourmet/a10011.html
飛鳥
http://www.tenpuraasuka.jp/index.html

奈良町にはお手軽なランチのできるお店までありますので、
ぶらぶらよさ気なところに入ってみてもいいかもしれません。
http://www.news.janjan.jp/area/0511/0511064814/1.php

紅葉はまだまだです。多武峰でもま...続きを読む

Q法隆寺はなぜ完全な姿で現存するのか?

飛鳥~奈良時代に創建されたほとんどの大寺は既に消失または再建の繰り返しです
残っていても塔などの一部分とかが多いようです
唯一伽藍ごと残っているのは法隆寺のみですが何故現在まで持ちこたえたのでしょうか?
ただ単純に火災に遭わなかっただけでしょうか?

Aベストアンサー

木造建物には寿命がありますから、火災に遭わなかっただけでは1300年も前の建物が現在まで持ち堪えることはできません。
法隆寺の伽藍が残されているのは、建物の寿命がそれだけ永いものであったからでしょう。
材料は1000年か1300年か位の樹齢のヒノキが使われ、飛鳥時代の宮大工が木の性質を見抜いて、うまく利用する知恵を持っていたからだと思います。

法隆寺はさまざまな時代に修理していますので、その時代の建物に対する考え方や特徴が見られます。
例えば、講堂は藤原時代に建てられ、法隆寺の他の建物に比べて軒が短いですし、柱を見ると目が荒く樹齢が少ないことがわかります。

近代の建物は1本の長い柱で1階から2階までつながっていますが、金堂や塔、中門では1階と2階では内側の方に少しずれています。また、1階と2階では少しだけ軒反りや屋根垂みも差があります。
こうした構造が地震に強い柔構造となっています。
1階が右に揺れると2階にそのまま伝わるのではなくて逆方向にいくので、大きな揺れを吸収できるのです。
壁は間仕切りの役目ではなく構造体として、柱や桁、梁などの構造部材と一体となって全体で建物を支えています。

釘が使われていますが、今の建築のように釘の力で木を押さえているわけではなくて、釘は木を組んでいく途中での仮支えという考え方です。建物が組み上がってしまったら、各部材が有機的に結合され機能的に構造を支え合うように十分に計算されて、今まで1350年以上ももっています。


回廊の柱と虹梁のつなぎ目を見ると、飛鳥時代のものは1本の虹梁の端を斗(ます)で受けて、そこから柱に伝えられています。そして、梁の上には屋根の荷重を支える人形束があって、建物中心の荷重を両方の太い柱に分散させてささえるように工夫されています。
斗(ます)と柱の間に皿斗(さらと)があり、斗にかかっている力を柱上面全体に分散させています。
皿斗が無いと、屋根の荷重で柱に斗が2cmも食い込んでしまうそうです。


五重塔は、この下にお釈迦様の骨があるという印で、実際に心柱の下には空洞があり、そこに舎利が入った徳利型の壺が納められています。
塔も金堂と同じように柔構造です。どんなに強い風が来てもしっかりと根を張っていて、風に揺れても元に戻る木と同じ思想で建てられています。
がっしりとしているように見えますが、隅木(塔の各階の四つの角の部分)の端を手で強く押すとゆらゆらとゆっくり揺れて、力が抜けるとまた元どおりにじっと収まるように作られています。

五重塔の隅木は作って1300年経過しても最上階までずっと一直線に並んでいました。(No.2の方が紹介されている中の、西岡常一著「木に学べ」の表紙写真)
解体してみると、この木は右に曲がる、左に曲がるというような部材となる木の癖を見抜いて、そうならないようにうまく加減して抱き合わせるように組み上げられ、構造の歪が出難いように工夫されていました。

薬師寺東塔は土台となっている基壇ごと沈下していますが、高さ約32m、総重量120万キログラムもある法隆寺五重塔が1300年以上も沈むことなく建っていたのはがっしりした基礎づくりがあったからです。
基壇がただ土を盛られたものではなくて、地面を固い粘土層の地山まで掘り下げて、その上に良質の粘土を突き固め、更にその上に砂をおいて突き固めるというのを繰り返して地上から1.5mの高さまでに作り上げられた基壇です。

ただ、構造的にしっかりしているので地震には強くても、雷にはどうしようもありませんでした。
てっぺんにある相輪が金属ですから落雷したことがあります。心柱には、落雷して2重目から火を噴き出したので、大工の与四郎が駆け登って火を消し止めたという記録が残されています。

九輪と呼ばれる相輪はただの飾りではなく、重さが約3トンもある構造体としての役割をしています。
塔の上に行くほど荷重が少なく、風に煽られやすくなります。そこで上に荷重がかからなくなる五重の上に荷重をかけて風に強くしているというわけです。

以上は、私が薬師寺宮大工棟梁の故・西岡常一氏の「木に学べ」を読んで得た知識です。

私事になり恐縮ですが、数年前に「いのちの教科書」等を著されている金森俊朗先生にお会いした時に、
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_search.php?pcd=200306000158
先生から薦められたのが薬師寺宮大工棟梁の故・西岡常一氏の「木に学べ」でした。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%A8%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B9%E2%80%95%E6%B3%95%E9%9A%86%E5%AF%BA%E3%83%BB%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%AF%BA%E3%81%AE%E7%BE%8E-%E8%A5%BF%E5%B2%A1-%E5%B8%B8%E4%B8%80/dp/4094058516
法隆寺や薬師寺のことだけではなく、人間の生き方、人生の考え方まで教えられた一冊で、おすすめしたい本です。是非お読みください。
(もしも、既にお読みでしたら、失礼をお許しください。)

木造建物には寿命がありますから、火災に遭わなかっただけでは1300年も前の建物が現在まで持ち堪えることはできません。
法隆寺の伽藍が残されているのは、建物の寿命がそれだけ永いものであったからでしょう。
材料は1000年か1300年か位の樹齢のヒノキが使われ、飛鳥時代の宮大工が木の性質を見抜いて、うまく利用する知恵を持っていたからだと思います。

法隆寺はさまざまな時代に修理していますので、その時代の建物に対する考え方や特徴が見られます。
例えば、講堂は藤原時代に建てられ、法隆寺の他の...続きを読む

Q奈良公園・今週末の鹿の角きり

4歳の息子と鹿の角きりに行きたいのですが、

(1) 駅から会場まで子連れで徒歩だとそうとうかかりますよね。バスの案内もあったのですがバスもかなり混んでいるでしょうか? 

(2) 一日に何回か行われるようですが入れ替え制で毎回500人が見学できるのですか? 

日曜か月曜に行きたいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

奈良在住です(角きりのときの説明の放送が聞こえるくらいの近さです)

2、こちらをhttp://naradeer.com/event01.htm

1、駅は近鉄奈良駅でしょうか?徒歩だと一の鳥居から砂利道になりますが(三条通りを行く場合)・・・子供さんがしっかり歩かれるかどうかですね。
余裕を持ってこられると大丈夫かと・・・
バスが混むかというと本数が結構あるかと思います。
市内循環だけでなく「山村町」「藤原台」行きも停車しますよ。
しかし問題は公園内の道が混むかどうかです。
(行楽シーズンは混雑を避け車で公園内を通らないので。。。)
もし金銭的に余裕があるなら人力車を利用という手もあります。
http://www.ebisuya.com/tenpoannai-naratop.html

お天気がよいといいですね。


人気Q&Aランキング