【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

人形劇「サンダーバード」で、ロンドンエージェントのペネロープと、給仕のパーカーの会話で
「はい、お嬢様」
という台詞が頻繁に登場します。
英語版では、その部分は
「イエス・ビライドイット」と聞こえるのですが、実際は、何と言っているのでしょうか?
スペルも教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

パーカーの有名なキャッチフレーズは"Yes, milady."です。

"my lady"と似たような発音になりますが("mi"の部分が短い)、「ビライドイット」というのはちょっと離れていますでしょうか…?Mが鼻音がかっているとBのように聞こえるかもしれません(無理?)。

これを頭に置いて、もう一度見て聞いてみて下さい。頻繁に、と言ったらこれしかないとは思うんですが…。

この回答への補足

回答ありがとうございました。

milady
なんて単語があることすら知りませんでした。
勉強不足の自分が恥ずかしく思います。

ところで、パーカーには訛りを使っているといわれていますが、
lady
の部分を「レイディー」と発音しているのでしょうか? それとも「ライディ」と言っているのでしょうか? 私の耳が悪いだけ?

英国で"lady"を「ライディー」と発音するような訛り・方言はあるのでしょうか?

さらに教えていただければ幸甚の至りであります。

補足日時:2004/01/11 13:04
    • good
    • 1

#4です。

 toが抜けてました。
Yes, be delighted to. です。
意味は喜んで~しますとか、~できて光栄ですとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

発音としては
"Yes, be delighted to"ではなく
"Yes, milady"だと思います。

ただ、
会話文での知識が乏しいので、
"Yes, be delighted to"=「喜んで~します」は、勉強になりました。

お礼日時:2004/01/12 17:32

「イエス・ビライドイット」と聞こえる部分は、


Yes, be delighted. だと思います。
意味は、「はい喜んで」になります。
    • good
    • 1

補足読みました。



パーカーはコックニー(東ロンドン出身)のお抱え運転手という設定なので、訛って「ライディー」と言っている可能性は高いと思います。声はいろいろな訛のできる俳優さんなので、#2の方の仰るようにフランス語の発音をしているという事も勿論充分考えられますね。ただ、パーカーがコックニーだという事は話す言葉でしか(まぁ話の中で出てくるのかもしれませんが)わかりませんので、全てコックニー訛で言っているのではないかと思います。

私はず~っと見てないので確認も出来なくて申し訳ありませんが、ad-manさんの耳が悪いわけではないと思いますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

チェックしてみました!

32話中、何十箇所も登場する「イエス・ビライディ」という部分の中に、たしかに、1回だけ
「イエス、ミレイディ」と簡単に聞き取れる、明確な発音がありました。不自然なほど明確でしたが、制作担当者の話の中に、話の内容によってトーンを変えている、という部分があったので、それも納得かもしれません。(#2の方の意見も必見です)

"Yes, milady" という台詞が気になっていたのは、20年くらい前に、サンダーバードの輸入レコードを買った時に、曲の中に、パーカーとペネロープのこの会話のやりとりのみがオーバーラップされていたからです。

今夜は、ゆっくり眠れそうです。サンダーバードの夢でも見ながら……。

お礼日時:2004/01/12 17:28

 


「"yes, milady" thunderbird」で Google で検索すると一杯出てきますから、まず、「 Yes, milady 」に間違いありません。

>英国で"lady"を「ライディー」と発音するような訛り・方言はあるのでしょうか?

これは、訛りも入っているのかも知れませんが、Parker は、"milady" を、英語ではなく、フランス語として発音している可能性があります。(イギリスの上流階級は、フランス語を話しましたから、雰囲気を出すため、パーカーには、フランス語の発音で、milady を呼ばせている可能性があります。また、Parker は「給仕」ではなく、chauffeur[ショフール]つまり「おかかえ運転手」で、chauffeur はフランス語起源の単語です)。

milady は、英語の「my lady」が起源にありますが、英語からフランス語に入った言葉で、それ故、mylady ではなく、milady と綴ります。

milady が更にフランス語から、もう一度英語に入って、英語の milady が成立しています。英語の場合、milady の発音は、[ mileidi ]のような音で、ei の部分にアクセントがあります。この場合、[ei] の[e]は「狭いe」で、「イ」に近い「エ」です(つまり、「ミレイディ」か「ミレーディ」のようには聞こえても、「ミライディ」とか「ミラディ」とは聞こえません)。

しかしフランス語の場合、milady は、[ milεdi ]のように発音し、「ε」は、「広いe」で、「ア」に近い音です。milady は、「ミラーディー」のようにも響きます。

『三銃士』に milady と呼ばれる謎の女が登場しますが、わたしの記憶にある限りでは、この女性を、「ミラディー」または「ミラディ」と表記します(参考URL)。「ラ」に高低アクセントが来るので、発音の仕方、また聞き方では、「ミライディ」と言っているように聞こえる可能性があります。

おそらくパーカーは、フランス語のように発音しているのではないでしょうか。

http://www.gutenberg21.co.jp/100masket.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/Bunchan/sekai_w …
 

参考URL:http://www.gutenberg21.co.jp/100masket.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に丁寧な解説ありがとうございました。

あなたの意見を見て、ちょっと自分なりに調べてみるきにもなりました。
パーカーの「発音」のモデルになった人は「王室の給仕」だったようで、その人の話し方だけでなく、Hを発音しないクセまで採用したようです。やはり、フランス語の発音に似ているのかもしれません。

すべての回答の方に20ポイントポイント差し上げたいのですが、#1・#3の回答の方が補足の質問にも再度回答していただいているので、そのへんのことを御理解ください。

お礼日時:2004/01/12 17:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング