ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

コンビにで、
『いまさらこんなことは他人には聞けない「国民の大疑問!」』
という本をついつい買ってきたんですが、

その中の、
「どうして蛍光灯は古くなると両端が黒ずむのか?」
というところで、

『 ・・蛍光灯の両端のフィラメントから飛び出した電子が、
管の中を進んで水銀蒸気の原子と衝突し紫外線を発生させ、
その紫外線が、管の内側に塗ってある蛍光塗料により
目に見える光になって、・・
蛍光灯を何度もつけたり消したりして、
この紫外線の発生を繰り返すと、
蒸気になる水銀の量が減少し、放電が途切れがちになり、
やがて寿命となる。・・・
スイッチを入れた時の明かりがつくまでの一瞬の「間」は、
電子が水銀蒸気と衝突して紫外線を発生させている
しるしなのだ。』

とかありました。

これって、"黒ずみ" の説明にはほとんどなってないですよね。

それと、スイッチを入れた時だけ一時的に紫外線が発生して、
ということでもないんだろうと思うんですが。

----
この辺りについては、実際にはどうなんでしょうか?

--

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

蛍光管(蛍光灯のガラス管)が黒ずむ原因はいくつかあります。



1)内部に封入されている水銀(通常はガス状)が変化したもの
2)蛍光管両端のフィラメント、及びそれに塗布してある物質が飛び散ったもの

これらの影響はいずれにせよ時間経過に伴い症状が累積されて行く訳ですから時間が経つと黒ずみがはっきり目に見えてくる訳です。

原因はそれぞれですが、(2)の例では金属が熱せられ電子が飛び出している訳ですからその金属自体もわずかづつ蒸発しておりそれが比較的冷たい蛍光管に触れ元の金属に戻る訳です。(1)の場合も何らかの原因によりガス状であった水銀が水銀の膜となり蛍光管に付着する訳です。

購入された本に書かれている「水銀の量が減少して放電が途切れがちになる」と言うのは必ずしも適切では無く、「経年変化により電極から放出される電子の数が減少するから寿命が来る。」と言った方が適切と思われます。電子回路に真空管が使われていた時代ですと当たり前だった常識が現在では通用しなくなった様ですね。真空管ではエミ減(エミッション減退)と言っていました。

オマケですが、放電開始直後(両端のフィラメントだけ光った状態の後の状態)から消灯するまでの間は放電により電子が水銀ガスを刺激し紫外線が発生しており、発生した紫外線がガラス面に塗布された蛍光物質を刺激する事により人間の目に見える光となります。
反対に言えば、「イッチを入れた時の明かりがつくまでの一瞬の「間」は紫外線が発生していない。」と言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらで、#1~3 についてまとめてお礼させていただきます。

----
エミッターのことなども含めて、
蛍光灯の仕組み、黒ずみのことが大変良く理解できました。

特に黒ずみについては、
#2 で教えていただいたサイトが、
種類ごとの図もあって大変分りやすいですね。

それにしても、質問文で触れました本(KK ベストセラーズ)は、
かなりいいかげんに書いているんだなという気がしています。

--

お礼日時:2004/01/20 01:47

放電管の電極近傍が黒くなる現象は種々あります。

照明器具メーカーによる適切な解説のサイトがあったので紹介に留めます。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/tortoise/wagayano …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

#3 の欄で、まとめてお礼させていただきました。

--

お礼日時:2004/01/20 01:49

フィラメントから勝手に電子が飛び出すわけではありません。


フィラメントにはエミッターという部分で覆われており電子を出しやすいストロンチウムやバリウムが使われています。フィラメントが発熱しエミッターが熱せられると電子が飛び出します。

両端の黒ずみは、フィラメントの熱により水銀原子が固まってきたり蛍光体が散って、曇ったり、エミッターの物質が散ってフィラメントの周りにシミができたりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

#3 の欄で、まとめてお礼させていただきました。

--

お礼日時:2004/01/20 01:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蛍光管の寿命

蛍光管の寿命についてお尋ねします。
蛍光管は1年ほどで暗くなるので、切れなくても交換するもの、と言われますが、これは本当なのでしょうか?
うちではやはりそれほど頻繁に交換はしておらず、3年位で交換するようにしていますが、これは非常識なのでしょうか?
それから、インバーター式の蛍光器具でも、やはり蛍光管の交換時期は一緒なのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

3年も持たないというのは、それ前に点灯しなくなります。

補足ですが、蛍光灯の寿命は6000~12000時間で、蛍光灯の
種類によって異なります。
また、ここでいう寿命とは、2.75時間点灯・0.25時間消灯を
繰返した場合に、試験対象ランプの50%が残存している時間を
指します。

又、光束減退特性のグラフを参照したところ、大抵の蛍光灯は
だいたい2000時間点灯までは、急激に光束(明るさ)が減少して
それ以降はゆっくりと暗くなって行き、点灯後100時間の明るさを
100%とした場合、上記で言うところの寿命時間で80~70%の
明るさになるようです。

ps.当店ホームページでもランプに関することを、取り上げたいと
 思いますが、なにぶん通常業務が優先でページの更新が出来ません。
 いずれ、詳しく掲載しようと思いますが・・・
 期待せずに待っていてください。

参考URL:http://www.pana-shop.com

Q蛍光灯が切れるってどういうこと?

この間、家の廊下に使っていた蛍光灯が、付かなくなっている事に気づきました。
何の事はなく、いつもの様に新しい蛍光管に交換すると、前よりもいっそう明るくなったのですが、そこで“フッ”と疑問がわきました。

普通の電球ならば、フィラメントが切れ、通電しなくなって、その役目を終えるのが普通ですよね。
だから、白く濁ったガラスの中に切れたフィラメントが落ちてて、シャカシャカ音を発てたりするのですが、蛍光灯が切れるって、どういう状態なのでしょうか?

その蛍光管が、器具などの故障でなく、いわゆる“寿命”で切れたという確認を道具を使わずに確かめる方法ってないんですかね?

そもそも、蛍光灯にはなぜ“グロー”なる点灯システムを必要とするのでしょうか?(いらないってシステムのものも多くなってきたみたいですけど…)

長年使ってきて、今更って疑問なんですけど…
どなたか解かります?

Aベストアンサー

 蛍光灯の仕組みについては、こちらのサイトが参考になるかと思います。

 このサイトでおわかりになるかと思いますが、蛍光灯にも両端に電極があって、ここから放電した電子により発光するようになっています。つまり、この電極が劣化したときが蛍光灯の寿命になります。
 古くなった蛍光灯を見ると、両端部が黒くすすけたようになっていることが判るかと思います。この状態が続くとやがて点灯しにくくなり、最後には全く点かなくなります。つまり、黒くなり始めたらそろそろ寿命と考えていいと思います(実際はそれからもう少し持ちますが)。

参考URL:http://www.discovery.panasonic.co.jp/electricity/lab/lab06blb/l060201.html

Q蛍光灯の寿命は何年ですか?

毎年、蛍光灯変えてます。

定期的に変えてわけではないのですが、
年末、毎年12月になると部屋の丸型蛍光灯がつかなくなります。

ただ、最初に変えたのが、4年くらい前で、
その前10年位前に家を改装した時から変えた事がなかったのです。

4年くらい前に1回蛍光灯が切れたのを境に
1年ごとに、交換するようになっています。

ただし、全部屋ではないです。
つける時間にも影響あると思いますが、
一番ついている居間、リビングの部屋の蛍光灯は、
20年以上住んでいて、3回くらいしか交換した記憶がありません。
居間は朝から深夜まで毎日、ついているのですが

私の部屋だけが毎年蛍光灯換えてます。
部屋の蛍光灯を使っている時間は
毎日、午後5時間程度です。

私の部屋の隣の部屋の蛍光灯は5年以上前に1回交換しました。
別の部屋も1日3~5時間ついているんですけど、全く交換していません。

蛍光灯がつかなくなるとき、蛍光灯の取り付け部分が真っ黒に
なっているので、寿命だとは思うんですが、
なんで私の部屋の蛍光灯は1年ごとに、交換必須になるんでしょう?
蛍光灯そのものの不良か照明器具の不良かわからないですが、

ほぼ確実にちょうど1年なんです。

どうしたらいいでしょう?

仮に照明器具を換えてみたとしても1年先にならないと検証できません。
今見てこれは!って言うのはわかりますでしょうか?

毎年、蛍光灯変えてます。

定期的に変えてわけではないのですが、
年末、毎年12月になると部屋の丸型蛍光灯がつかなくなります。

ただ、最初に変えたのが、4年くらい前で、
その前10年位前に家を改装した時から変えた事がなかったのです。

4年くらい前に1回蛍光灯が切れたのを境に
1年ごとに、交換するようになっています。

ただし、全部屋ではないです。
つける時間にも影響あると思いますが、
一番ついている居間、リビングの部屋の蛍光灯は、
20年以上住んでいて、3回くらいしか交換した記憶がありません。...続きを読む

Aベストアンサー

蛍光灯の寿命は、点灯時間ではなく、点灯消灯の繰り返し回数と言われています。
過去に、それでは点けっぱなしの電気代とこまめに点灯消灯を繰り返した時の交換費用とどちらが得か、と言う計算をした人がいて、一般的には点けっぱなしの電気代のほうがはるかに安い、との報告がありました。
もちろん、蛍光灯には個体差があって一概には言えませんが、私はそれを読んだ後、蛍光灯は点けっぱなしで、交換がはるかに減ったことを実感しています。
おおよそ2年で交換していたのが、今では、前回交換時期を思い出せないほどです。

なお、白熱電球(フィラメント電球)は点灯消灯の繰り返しではなく、点灯時間が寿命となるようです。フィラメントを燃やしている状況なので。
LED電球は余分な電気回路があるので、LED自身よりもそちらの寿命が心配です。普及からの年月が足りずに長寿命証明はこれからでしょう。

ご参考まで。

Q蛍光灯は一度に全部取り替えた方がよい?

蛍光灯はグローも含めて一度に交換した方が良いと言いますが、あれは本当でしょうか。電池と同じように蛍光灯を交換してもグローがかなり消耗していれば蛍光灯が切れやすい、また逆の場合もあると言うことでしょうか。
ちなみに、蛍光灯は30型と40型がありますが、これも30型を交換したら40型も同時に交換した方がよいのでしょうか?
ご存知であれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

(1)30型と40型は、それぞれ独立ですから同時に交換することはありません。
(2)蛍光管が悪くなって交換の場合
 蛍光管が悪くなって消えたときは、また点灯しようと点灯管(グローランプ)が動作し、一旦蛍光灯が点灯しますがまたすぐ消えるの、点滅を繰り返すことがあります。この点滅を何回も繰り返していると点灯管(グローランプ)も劣化します。蛍光管が悪くなって点滅をはじめてすぐに使用をやめ、蛍光管を交換すれば点灯管を見てあまり黒くなっていなければ蛍光管の交換だけでいいですが、何回も点滅させたのなら点灯管(グローランプ)も交換すべきです。悪くなっら点灯管で、使用すると点灯まで時間が長くかかったりして、交換したばかりの蛍光管の寿命を縮めることがあります。蛍光管に比べてグローランプは安いので、安いグローランプの交換をしなかったせいで、高価な蛍光管の寿命を縮めては損ですから、できたら両方交換しましょう。
 しかし、電子点灯管(すぐ点灯する点灯管)などを使用しているなら、消耗部分がなく劣化がないですから、電子点灯管は交換しなくて蛍光管の交換だけでいいです。
(3)点灯管(グローランプ)が悪くなった場合
 点灯管が悪くなって、蛍光灯が点灯しない場合や、蛍光灯の点灯まで長時間かかるようになった場合、この場合は点灯管(グローランプ)のみ交換し、蛍光灯がすぐ正常に点灯するようなら点灯管(グローランプ)のみの交換でもいいです。一度点灯した蛍光灯がちらついたり、すぐ一旦消えてまた点灯するようなら、点灯管とともに蛍光管も交換しましょう。蛍光管を見て両端が黒くなっている場合も蛍光管も交換しましょう。
 点灯管(グローランプ)が悪くなって、点灯まで長時間かかるような状態で使用していると、蛍光管の寿命も縮めていると思いますが、点灯管のみ交換して、点滅を繰り返しさえせず、正常に点灯するろうであれば、とりあえず点灯管(グローランプ)のみの交換でも、取り替えた新品の点灯管を傷めることはありません。点滅を繰り返すようであれば、すぐに蛍光管も替えてください。交換したばかりの点灯管(グローランプ)もすぐに悪くなります。

(1)30型と40型は、それぞれ独立ですから同時に交換することはありません。
(2)蛍光管が悪くなって交換の場合
 蛍光管が悪くなって消えたときは、また点灯しようと点灯管(グローランプ)が動作し、一旦蛍光灯が点灯しますがまたすぐ消えるの、点滅を繰り返すことがあります。この点滅を何回も繰り返していると点灯管(グローランプ)も劣化します。蛍光管が悪くなって点滅をはじめてすぐに使用をやめ、蛍光管を交換すれば点灯管を見てあまり黒くなっていなければ蛍光管の交換だけでいいですが、何回も点滅させ...続きを読む


人気Q&Aランキング