新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

詳しい方、宜しくお願いします。m(__)m


九星気学を、セミナーに参加して少しかじったことがあります。
なにぶん素人なので、専門用語など、間違ってたらすみません。
 
私の分かる内容といえば、以下になります。

◎暦の見方。
(立春から新年が始まり、二十四節季やら)

◎万年暦を見て、自分の生まれた年、月、日、時間の九星と あと傾斜の出し方。そして持って生まれた性格や、病など。

◎年盤、月盤、日盤の見方。
 (後天上位図と、トンコウって言うのでしょうか?
  その流れは分かります)

と、この程度です。。。(^_^;)


私が知りたいのは、よく「祐気取り」とか「お水取り」と言われるものがありますよね。そういうったものを知りたいと思います。あと、家相とかも気学にありますよね。そういったものです。

何か、独学で分かる本やサイトを紹介して下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1です。



神田に専門店がありいろいろな書籍が確かにありますが、それらの専門書は表現が古く(昭和初期の本だから仕方ありませんが)気学の知識がなくては理解できないと思います。

別の方も言っていますが専門書でも肝心な部分は書いていませんからね。

また家相については当時の古い家をもとにしているので、くみ取り便所など到底現在の建築とは違いますからあまり参考になりません。

近くにないのであきらめるか多少遠くでも勉強に行くかですね。

私の所属する会(東京)の教室には福岡から飛行機でくる方や岐阜などから新幹線でくる方、山形からくる方など遠方から来ています。関東近県は当たり前のように通ってきていますよ。
    • good
    • 0

専門書もなかなか、肝心なところはかなり抜けていますよ。


いまでも専門書店か神田辺りにあるでしょうか?
日本運命学会編の「気学・家相講座」と言うものがあります。私もときより目にしていますけど、残念ながら全巻そろえる事ができませんでした。
九星建築学も大雑把なことしか書かれていません。これは気学密義、五行大義、大気薬用必携などなどどの本も同じです。
水取りは先生について覚えていきました。方位に行って少尉を見つけることも修行で覚えました。

ある程度理解してからなら、市販の気学の占い方(大泉書店:中村文聡)や平木場さんの気学の事典をメモ代わりに開くことがありますが、これで覚えようと言うのは難しいでしょうね。
最近も本屋に行くと目を通しますけど、ろくなものはありませんね。
某気学の大家などは風水が流行ると、中身をほとんど変えずに表題に「風水・気学」などとつけて売ったりしていますから。残念なことです。

やはりきちんと修行するのが一番では無いでしょうかね。
あとは凶方を取ることを畏れずに、体験して観察することです。一番の教材は自分自身ですから。
    • good
    • 0

大気象理学(気学)で気学鑑定士が回答します。



市販の本でお勧めできる本はありません。

気学にもいろいろな解釈がありどれを信じるかはあなた次第なのですが、市販の本は最低限のことを当たり障りなく記載してあるものがほとんどです。

また解釈にもよりますが間違いもあります(筆者の独創的見解など)。

お水採りは日盤、時間盤まで合わせなければなりませんし、祐気採りはいろいろな方法(お水採りも方法の一つですが)があってやり方などが決まっています。

それは商売のネタなので本には詳しくは記載しませんね。

気学の家相は風水や建築家の家相とは異なりますし、実際家を建てるとなると何千万円というそれこそ人生を左右する金額になるものですから1000円や2000円の内容では到底無理です。

気学に興味があって勉強するのであればちゃんと習った方がよいですよ。

但し、解釈の非常に怪しい会も多数存在するので教室選びは慎重にした方がよいと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます! m(__)m

そうなんですよ!「祐気取り」とか、ネットで見ても本屋で立ち読みしても曖昧で(><;)
なので、私が知りたかった本は、本屋に売ってるような本じゃなくて、専門の古本屋とかに売ってる、難しいぃ~本のタイトルなんかを聞きたかったのです。
ちゃんと習ったほうが・・・ですよね。はい。探したんですが、自分の住んでる地域には、いらっしゃいません(涙)

お礼日時:2012/06/06 22:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q九星気学でノイローゼになりそうです

もともと夫が九星気学にハマっており、調べたところ私の不運の原因が方位のせいではないかとわかったことから、生活に九星気学を取り入れることになりました。

しかし、日破だから北はダメだとか。
転職する時期はやっぱり○月じゃなくて、×月じゃないとダメ。それをしたら必ず離婚しますとプロに言われたり(そんな時期を待っていたら、破算しちゃいます)ですとか。
とにかく実現不可能なことなどを夫にも、占い師の方にも言われ、とうとうノイローゼで服薬するようになってしまいました。
どこにも行けず、行けば「うまくいかない」とか「人生が台無しになる」などと占い師に言われ、もう占いのある生活に限界を感じています。

最近では、夫はとてもよい人ですが、離婚すら考えています。

九星気学というのは、確かに的中率は高いですし、悪い効果はよく出ると身をもって知っています。
ですが、生活や気持ちを犠牲にしてまで、率先してやらなくてはならないことでしょうか…。
実際そんなに劇的に何か変わるのでしょうか?

もう疲れてしまいました…。
気にしないで済む方法や、最低限これだけは気をつけたらいいということなど、何でも構いませんので、アドバイスをいただけたらと思います。

本当に心身ともに滅入っております。
どうかよろしくお願いいたします。

もともと夫が九星気学にハマっており、調べたところ私の不運の原因が方位のせいではないかとわかったことから、生活に九星気学を取り入れることになりました。

しかし、日破だから北はダメだとか。
転職する時期はやっぱり○月じゃなくて、×月じゃないとダメ。それをしたら必ず離婚しますとプロに言われたり(そんな時期を待っていたら、破算しちゃいます)ですとか。
とにかく実現不可能なことなどを夫にも、占い師の方にも言われ、とうとうノイローゼで服薬するようになってしまいました。
どこにも行けず...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。 

読んでいてため息が出ました。辛いでしょうね。本来、気学も算命学も
人間が良い運を少しでも得る為のもの、のはずですが。

毎日のことは、気にせず外出されて大丈夫です。仕事は気にすれば、
出掛けることも、適わなくなります。人は誰しも良い方位にばかりは
行けませんので。私がよく使う方法があります。

外出する時は必ず赤いものを2つほど身に付けます。
(ブラウス、バッグ、肌着etc)
気に入りのアクセサリー、パワーストーンを身に付け、
出掛けます。帰宅したら必ずうがい、手洗い、風邪予防だけでなく、
外で身に付いた悪い気等を水に流すつもりで。
それから、塩茶(熱いお茶に塩を一つまみ入れたもの。)を
飲んで、くつろぎます。

九星気学で移動したからといって悪いことも、良いこともすぐに
起こる訳ではありません。もし、凶方位を犯した、と思った時は
吉方位に祐気とりを実行すればよいだけのこと。どうぞ怖がらないで
下さい。

ご主人様も良い方のようですから離婚など考えず、心を落ち着けて
普通にお暮らし下さい。

方位で気をつける事は海外旅行、新居への移転、仕事で転勤の場合
です。日破は営業職で移動される方が商談の時に気を付けなければ
ならないものです。余談ですが私は外出する時、わざと方位は
みません。帰宅してから、みますが、その日一日のことは大した事も
無くて、あら~当たってない、などと笑ってます。

少しはお役に立ちましたでしょうか?何かありましたらご質問
下さい。

はじめまして。 

読んでいてため息が出ました。辛いでしょうね。本来、気学も算命学も
人間が良い運を少しでも得る為のもの、のはずですが。

毎日のことは、気にせず外出されて大丈夫です。仕事は気にすれば、
出掛けることも、適わなくなります。人は誰しも良い方位にばかりは
行けませんので。私がよく使う方法があります。

外出する時は必ず赤いものを2つほど身に付けます。
(ブラウス、バッグ、肌着etc)
気に入りのアクセサリー、パワーストーンを身に付け、
出掛けます。帰宅したら必ずう...続きを読む

Q独学で四柱推命を学ぶ本

入門書としてふさわしく・一般的な・先入観のつきにくい、ものを探しています。
今の所、”未来予知学としての四柱推命学入門(武田孝玄)”
を注文してあります(まだ届いていません)

四柱推命には五行法・奇問遁行、他にも何々派・何々式など、色々ありますよね?
ご存知の方がいらしたら、その違いもわかりやすく教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

>入門書としてふさわしく・一般的な・先入観のつきにくい、ものを探しています。

 これは、ものすごく難しい注文だと思います。
 というのも、四柱推命は、まず「命式」の作成から始まるのですが、この「命式」自体、流派によって異なることがあるからです。
 分かってしまえば、なぜ流派によってそのような違いが出てくるのかも分かってくるのですが、最初からそれを理解しようと思ってもなかなか理解できないのではないかと思います。
 (過去、算命学について質問があったときに私が回答したものがありますので、
  そちらも参考までにご覧になってみて下さい。算命学のみならず、四柱推命に
  おいても、同様の部分で諸流見解が分かれています。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=365738)

 まず、どなたのでも構いませんから自分がとっつき易そうだとお思いになる本をお読みになってはいかがでしょうか。その後、様々な流派や学派、関連する書籍等をお読みになって、理解を深め、それらの異同について学ばれた上で実占し、その結果からどの主張がより信頼に値するものであるのかを研究なさっていかれれば良いのではないかと思います。

 そして、どうせ学ばれるのでしたら、gimpeiさんも推薦なさっておられるように阿部泰山流に属する以下の本はお勧めです。但し、「安部」ではなく「阿部」、「三木照三」ではなく「三木照山」です。

 (1) 『泰山全集 四柱推命学の要諦』伊藤泰苑著/京都書院/定価 3,800円(昭和52年当時)
 (2) 『最新版 四柱推命の完全独習』三木照山著/日本文芸社/定価 2,500円+税(平成13年当時)

 上記の本は、阿部泰山氏、または、『阿部泰山全集(全22巻)/京都書院』が元になっていますが、内容に若干の異同があります。同じ流派に属していても、必ずしも結論が同じとなるわけではないことが分かります。また、これは勉強なされればお分かりになると思いますが、泰山流は『用神』や『格』についての採り方が難しく、なかなか理解ができないと思います。
  (参考 ・・・ http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=323859)
私も判断に迷う時は、他の占術の結果と照らし合わせながら判断するようにしています。
 日付が変る時刻について、泰山流は現在の考え方と同様、午前0時としています。他の四柱推命の諸流や同じ中国系占星術の『紫微斗数』では23時をもって日が変るものと考えています。
 また、時刻の採り方についても、『紫微斗数』ではかなり厳密に考えますが、『四柱推命』の多くの流派は、あまり厳密に考えていないものが多いです。しかし、本来の時刻の考え方を理解し、実際に実占すれば、この点についてどのように考えるべきか自ずと分かってくるものと思います。
 (参考までに、時刻の採り方について、以前私が回答したURLをご紹介して
  おきます。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=475981
 この質問者の方は、後で気付いたのですが、私が以前、この方の別の質問で再婚に関する占いの結果を回答したことのある方だったようで、
  (参考 ・・・ http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=241428)
その時の私の回答内容が気に食わなかったらしく、それからどうも私は嫌われているようです。 (^v^) )

 あまり流派に偏りが無く、「通変星」について概略を知る上で参考になるものとして、
   『四柱推命学』千種堅著/光文社/定価850円(1996年当時)
を揚げておきます。
 ただ、この本は「通変星」については詳しいですが、その他の点についてはほとんど触れられていないので、やはり最初に上げた2冊はなるだけお読み頂きたい所です。日付の変り目や他のいくつかの点を除き、私が『四柱推命』で判断するに際しては基本にしている考え方です。

 それから、月の変り目については、以前他の方の質問に私が回答した
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=468417
を参考になさって下さい。



>四柱推命には五行法・奇問遁行、他にも何々派・何々式など、色々ありますよね?

 中国系の占術は、多かれ少なかれ『陰陽五行説』の理論を取り入れて成り立っています。それはこれから勉強なさるようになればイヤでもお分かりになると思います。

 それから、「奇問遁行」ではなく『奇門遁甲』です。これは方位術です。自ら移動したり、普請・増改築などをしたりする時に、その日時と方角を看る場合に用います。
 「『奇門遁甲』について」と「『奇門遁甲』と日本の『気学』の違い」については、以前他の方の質問に私が回答したURLを紹介しておきます。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=456058
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=469064

 四柱推命に限らず、占術には様々な流派が存在しています。上でも述べたように、結局ご自分でそれらを学んだ上で少しずつでも極めて行くしかないと思います。
 大成されんことをお祈り致しております。

>入門書としてふさわしく・一般的な・先入観のつきにくい、ものを探しています。

 これは、ものすごく難しい注文だと思います。
 というのも、四柱推命は、まず「命式」の作成から始まるのですが、この「命式」自体、流派によって異なることがあるからです。
 分かってしまえば、なぜ流派によってそのような違いが出てくるのかも分かってくるのですが、最初からそれを理解しようと思ってもなかなか理解できないのではないかと思います。
 (過去、算命学について質問があったときに私が回答したものが...続きを読む

Q数理学について

生年月日と名前から数字を割り出して鑑定する「数理学」「数霊術」ですが、独学できる方法はありませんか?書籍、通信教育をご存知の方教えてください。また、関西に数理を教えてくれる教室もありましたらお願いします。「自分は数理で鑑定している」「教室に通ったことがある」「当たる、当たらない」何でも結構です。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ
お役に立つ話かどうか分かりませんが、私も数霊術の一般本は何冊か読みました。数霊や数秘学などワードでググると結構いろいろな書籍が見つかりますが、書店に出回っている数霊術の本というのは
(1)主にゲマトリア(カバラ)に基づくもの
(2)主に古神道や日本古来の言霊理論に基づくもの
(3)心理学などと組み合わせた独自の数霊理論
 例)盛田祐司さんの「九十式数霊術」など
(4)その他、インドや中国(易数)起源のもの
に大別されるようです。
どの分野を学ばれたいのかはよく分かりませんが、数理学や数霊術という言い方をされていることからして、(2)や(3)のような気もしました。
ご存じかもしれませんが、この(2)の分野では田上晃彩さんという大家がいらっしゃるようです。ホームページもあり、見たところでは講座も開かれているようですが、田上理論の基本を学ばれていることが前提のようで料金も割と高額です(それだけ他では学べぬことがあるということかもしれませんが)。ちなみにここの本部は広島市です。
また大阪市ではバーチャルホロン大学という新時代に向けたビジネス啓蒙的な講座を開いている団体があるようで、そこでは難波双六さん、数波遊人さんなど数霊や言霊を研究されている方の講座も不定期に開かれているみたいです。
ちなみに私は以前、難波双六さんという方の『言霊予知術 数字の「言霊」が未来を教える』という本を読んだことがありますが、ゲマトリアや言霊理論のことが平易に書かれていてわりと面白かったです。
私自身は本を何冊か読んだだけで、通信教育も講座も受けたことはありませんし、独学で専門的に勉強をしたというわけでもありませんので、ほんのご参考程度にどうぞ。

田上数霊学(田上晃彩HP)
http://www.geocities.jp/akiminminmin/index.html
運氣心理学研究所(盛田祐司HP)
http://www.kokoro.to/
バーチャルホロン大学
http://www.holonnet.com/daigaku/index.htm
同・数波遊人の紹介ページ
http://www.holonnet.com/daigaku/report0404.htm
同・難波双六の紹介ページ
http://www.holonnet.com/daigaku/report0403uranai.htm
難波双六の著作 (YahooBooks内)
http://books.yahoo.co.jp/bin/search_key?an=%c6%f1%c7%c8%c1%d0%cf%bb&sc=7&aa=%c6%f1%c7%c8%c1%d0%cf%bb

こんにちわ
お役に立つ話かどうか分かりませんが、私も数霊術の一般本は何冊か読みました。数霊や数秘学などワードでググると結構いろいろな書籍が見つかりますが、書店に出回っている数霊術の本というのは
(1)主にゲマトリア(カバラ)に基づくもの
(2)主に古神道や日本古来の言霊理論に基づくもの
(3)心理学などと組み合わせた独自の数霊理論
 例)盛田祐司さんの「九十式数霊術」など
(4)その他、インドや中国(易数)起源のもの
に大別されるようです。
どの分野を学ばれたいのかはよく分かりませんが、数...続きを読む

Q色々な占いの中で一番的中率・当たる占いはどれでしょうか?

四柱推命・姓名判断・九星気学・手相・風水・西洋占術・タロット等色々な占いがありますが、

これから結婚や 相性・未来の事や性格等一番当たる?的中率のいい占いはどれでしょうか?

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」といい、
彼氏にも運命は自分たち・自分自身で切り開いてkいくもの、人生色々あって当たり前と言っていますが、
色々気になってしまいます。

占いに詳しい方や、ご意見・経験談等がありましたら、些細な事でもいいので教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

占いって、占う人に左右されるんじゃないでしょうか?、方法はその媒介にすぎないと思います。テレビの占いコーナーだって局によってバラバラですよね。あんなもんです実際。

ただ、手相や人相、姓名判断なんかは、一種の統計学に基づいているので、きちんと学んだ人から判断される分には、ある程度信用できると思います。


人気Q&Aランキング