ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7536551.html
こちらで質問した居眠りする人が、数人の人たちとペットについての話をしているときに
笑いながら語ってきたことなのですが。

目の赤い、白いハムスターを買った。
ペットショップで買ったエサをあまり食べなかった(他の種類は試さなかった)
なつかなくてかわいくなかった。
病気になって衰弱してきた、顔もくずれたうえにかわいくないから
はやくしねとおもいながらエサを投げ入れていた

と、語尾に「めぇへへへ」とかそんな、表現しにくい(ヤギにしつれいだけどそういう風な)
笑いを混ぜながら上記のような事を言っていた

かわいそう
それはない
という無言の反応に、さすがに察しがついたのか、気まずそうにしていたが。

私は、なつかないようなペットでも。
その姿自体がかわいかったり。
生活スペースをきれいにしてやったり、たまに好物を与えたりすると
おいしいなとか、きもちいいなという、無言のリラックス反応をしてくれると
とても嬉しく思うことがあります。
そんな気持ちも無いのに。
そのペットに合ったエサを探すこともなく、ただ機械的に合わないエサを投げ入れているだけで
よく「なついてくれない、かわいくない」なんて言えるなと思うし、
エサ代などが惜しいのなら、そもそも買わなければよかったのに。と
憤りを覚えました。

それにくわえて、どのような事でも語尾に変な笑いをつけて喋っていた。
語尾で笑う心理とは。どのようなものですか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

自分が話している内容を、「これは笑い話のつもりで言っていますよ」という意図。


相手にも同調してにこやかに聞いてほしいって意図。

平和的にコミュニケーション取りたいだけですよ、という無意識な意思表示の場合も多いでしょう。何かの事情で人が怖くて、攻撃されないように、そういう卑屈なクセが付いたのかもしれません。

聞いてるほうとしては、どれが理由だとしても醜くイライラさせられるものですけどね。
たくさんいますよ、そういう人。

でも逆に、どんな冗談や笑い話でもまったくの無表情で淡々と話す人もいます。笑ったらいいのか、つっこんだらいいのかわからなくて、そちらも面倒なもんです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答を読んでなるほどと思いました。
ありがとうございます

お礼日時:2012/06/16 23:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q笑いながら話すクセを治したいです。(長文です)

笑いながら話すクセを治したいです。(長文です)
仕事でお客さんと話す時や義父母との会話など、
日常でやや緊張する+笑顔で話す必要がある場面で、語尾で笑ってしまいます。
「そうですかァハハ」「何ででしょうねェヘ」「おいしいかったですッフフ」
みたいに、語尾や話の途中で「息混じりの笑い」が入ってしまう感じです。
実家の家族や友達との会話、原稿があるものを読む時はまず出ません。
暗い話やすごく真面目な話をしている時も出ないです。

自分でなんとなくは分かっていたのですが、先日夫に「わざとらしいよ」と指摘されて気になってしまうようになりました。
夫いわく「別に感じが悪いわけではないけど、無理に笑っている感じがするからしなくていいよ?」とのことです。
わざとや無理ではなくて、軽い緊張で無意識に出てしまうんです。クセみたいなものでしょうか。

笑いすぎることは無いと思いますし、常にヘラヘラしている感じではないと思います。
でも、聞いている人がもしかして不愉快になっていたらと思うと、会話するのが怖くなってしまいました。
なるべく落ち着いて、笑わないように、と意識して(でも笑顔で)低い声で話そうと思うと、少しは出ないようですが…。意識を忘れるとやっぱり出てしまっています。

笑いながら話すクセを治す方法や、こうなってしまう心理?など、詳しい方教えてください。

(笑ってて別にいいじゃん的な回答は望んでおりません。必要も無いところで笑いが出てしまって困っています。小心者なので、こういう奴嫌いとか言う意見もご遠慮下さい…)

笑いながら話すクセを治したいです。(長文です)
仕事でお客さんと話す時や義父母との会話など、
日常でやや緊張する+笑顔で話す必要がある場面で、語尾で笑ってしまいます。
「そうですかァハハ」「何ででしょうねェヘ」「おいしいかったですッフフ」
みたいに、語尾や話の途中で「息混じりの笑い」が入ってしまう感じです。
実家の家族や友達との会話、原稿があるものを読む時はまず出ません。
暗い話やすごく真面目な話をしている時も出ないです。

自分でなんとなくは分かっていたのですが、先日夫に「わざ...続きを読む

Aベストアンサー

笑顔が多い方が良いと思うんですが、その回答はNGなんですね。

笑うと言う行動(反応)には二種類あって、愉悦を感じる場合と、緊張感とか警戒感がある様な場合にも、出てしまうそうです。

緊張などの場合の笑顔は、本能的には、強い警戒心から来る、威嚇顔だそうです。
確かに、笑顔を分析しますと、口角がひきつり引き上がり、歯が剥き出しになる表情で・・・これってサルが威嚇する時の顔と似てますからね。

人間の場合、高度な理性があるので、いきなり相手に威嚇顔を向ける様なコトはせず、ソレを笑顔にして、相手の警戒心を解く行動になるんでしょう。

従い、質問者様の笑顔は、警戒感が強い場合などに無意識的に出てしまう表情とか表現なんでしょう。

科学的に言えば、笑うと言う行動は、口角の周りの筋肉が緊張したり発声などを伴う反応で、この様な反応は、ある種の脳内物質の分泌によって引き起こされます。
だから、その脳内物質を分泌させないか、突然「笑う」と言う反応にならない様、薄くじわぁ~っと出し続けるか?ってコトになると思います。

分泌させないってコトは、警戒感を解いて会話が出来れば良いと言うコトです。
これが気心が知れたご友人との会話では出ない理由でしょう。

質問者様は、初対面の人とか失敗が許されない様な相手などに対する警戒心が強い傾向だと思われますので、やや肩の力を抜いてリラックスして、人と接す様に意識されたら、マシになるかも知れません。
ただ、上述の通り、本能的・無意識な反応ですから、ちょっと難しいと思います。

もう一つは、無意識に出てしまうんだから、いっそ警戒感などを常に意識すれば良いと思いますよ。(ずーっと脳内物質を分泌させ続ける状態。)
余り油断せず、相手の発言などに集中する感じ。

上にも書いた通り質問者様は、やや人に対する警戒感が強い傾向だとは思うのですが、ずーっと警戒状態とか緊張した状態では、疲れてしまいますから、その緊張感などを緩和するために、積極的に相手を強く意識する様なコトは避けている様な部分は有りませんか?

その結果、無意識の行動や反応が、出やすい状況になっているんだと思います。
即ち「油断状態」で、突然、相手から質問などを受けると、威嚇顔的な笑顔が出てしまうんじゃないでしょうか?

だから解決方法は、油断しなければ良いんです。
相手の言葉を集中して聞いたり、相手の挙動などを注意深く観察し、常に相手を意識していたら、「咄嗟」とか「突然」が無くなりますから、咄嗟や突然の笑顔も無くなると思います。

別に相手を睨み続ける必要なんて有りません。(笑)
平静なまま、普段よりやや相手に注意を払うだけで、ずいぶんマシになると思います。

「心理」なんて言いますけど、実際に「心」とか「精神」なんて言う器官は身体には有りません。
あくまで頭の中で行われるコトです。
脳の活動は、完全にはコントロールは出来ませんが、ちょっと意識するとかしないだけで、かなり影響は有りますよ。
・意識する方がやりやすいのか?
・意識しない方がよりやすいのか?
などをお考えになって、ご自身に合致した、やりやすい方で、対策をなさったら良いと思います。

笑顔が多い方が良いと思うんですが、その回答はNGなんですね。

笑うと言う行動(反応)には二種類あって、愉悦を感じる場合と、緊張感とか警戒感がある様な場合にも、出てしまうそうです。

緊張などの場合の笑顔は、本能的には、強い警戒心から来る、威嚇顔だそうです。
確かに、笑顔を分析しますと、口角がひきつり引き上がり、歯が剥き出しになる表情で・・・これってサルが威嚇する時の顔と似てますからね。

人間の場合、高度な理性があるので、いきなり相手に威嚇顔を向ける様なコトはせず、ソレを笑顔に...続きを読む

Q真面目な話しの時に笑う人

こちらが真剣に話している時に、おかしい場面でもないのに夫は良く笑います。
大笑いというのではなく、話しの節々でハハッという感じで。
笑うところじゃないし、何がおかしいの?と腹を立てたことがこれまでも何回かありました。
笑う理由を聞いても、相手は黙るだけで疑問の解決にならず嫌な空気になるだけなので、もうそれに関して何も言わないようにしているのですが、私が悩んでいることや困っていることを話している時など、なんだか軽んじているような、バカにされているような気持ちになって、とても嫌な気分になります。
以前、それも話したことがありますが、バカにしてないよ・・・と言うだけで、何故笑ったかについては触れず、又それを繰り返すので、真剣な話しをする気がしなくなります。

恐らく、悪気でやっている訳ではないと思います。
真剣な空気が苦手なのか、考えるのが面倒で、ただ笑って流そうとしているのか、どう返せばいいか分からないから笑ってごまかしいるのかなと想像しますが、やはり気分のいいものではありません。
人と話しているのを見ていても、似たような状況です。
笑っていれば、とりあえず陰険な空気にならないと思ってのことなのでしょうか。

こんな話しの聞き方をする人っていますか?
何故笑うのでしょうか?
こんな人なんだと私も流そうと思い普通に接しているのですが、なんだか嫌な気持ちが残っているので、他の方はどう感じられるのかなと思い質問致しました。

ちなみに、夫に対する悩みや困っていることを話す時は笑いません。
話しの矛先が、外に向かっている時に笑います。
矛先が自分に向いている時は、聞こえていないか理解出来ないかのように、どこを見ているか分からないところを見て、無表情で黙っています。

こちらが真剣に話している時に、おかしい場面でもないのに夫は良く笑います。
大笑いというのではなく、話しの節々でハハッという感じで。
笑うところじゃないし、何がおかしいの?と腹を立てたことがこれまでも何回かありました。
笑う理由を聞いても、相手は黙るだけで疑問の解決にならず嫌な空気になるだけなので、もうそれに関して何も言わないようにしているのですが、私が悩んでいることや困っていることを話している時など、なんだか軽んじているような、バカにされているような気持ちになって、とても...続きを読む

Aベストアンサー

もうたくさんの方が回答されているので、十分だと感じましたが、
人ごとではないご質問に、思わず回答してしまいました。

私も、質問者様の旦那様と同じタイプです。
キッカケは高校の頃、先生に怒られている時に
「お前は自分の都合が悪くなると笑うんだな」
と、呆れられました。
それまで自分がヘラヘラしていることに気付いていなかったのです。
それから10年以上・・・
気を付けているのになかなか治りません・・・。
自分の性格で一番嫌いな部分です。
ANo.3さんが「緊張を緩和するために笑うこともあるのです。」と書かれてある文を読んで、
「あ!そうなんだ!!!」
と、初めて気付きました。
そういえば、ヘラヘラする時は確かに緊張している!!!!

仕事で失敗して謝るとき、ドキドキしながら
「す・・・すいません、ここミスしてしまって・・・(^▽^:)ハハ・・・」
と、ヘラヘラ気味に自己申告。

友達の「あたしの親鬱病なんだよねー」との告白にも
「え!マジで!?(゜▽゜;)」
と、いきなり重い内容にどう反応したらいいかわからず、ついヘラッ。

自分が後輩に叱るときも(どう叱れば相手に伝わるか)と考えて怒るので、つい緊張してしまい「コラコラ!(^^:)」という感じで、
全然真剣さが顔に出ません(泣)
(私は感情のままに怒りを表すことが苦手です)

真剣な顔が出来ないんです。
誠意を表そうと頑張っています。
ふざけてなんかいません。
こっちは一生懸命です。
あ!と気付けばその後、マジメな話が続く場合気をつけれますが
そういう時って自分の顔がどんな顔をしているかわからないので、
人から見ると無表情に見えるかも知れません。
実際に人に確認したことはありませんが、
実はそれを密かに危惧しています。

でも、緊張しなくてもいい場面でも、無意味に笑ってしまう場合があります。
おかしくもない会話の合間とか。
一番意味不明なのが、友達から電話がかかってきて
「もしもし~アハハー!」と笑ってしまったとき。
「え?なんで笑うの?」と言われ「?あれ?そうだね。わかんないアハハ!」
と、友達と笑い合います。
似たもの同士なので気まずくはならないですが。

10年以上気を付けてきているので、多少マジメな顔は出来るようになったと思っていますが(たぶん・・・)
まだまだだと周りの反応を見て感じています。
10年でこれなのですから、根本的な性格って本当に治りにくいです。

ちなみに私の弟もそうです。
特に弟はヘラヘラ度合いがヒドく、幼い頃から両親に注意されていても治らず、社会人になった今、相当悩んでいるみたいです。

以上、私の体験談ですが、
旦那様には頑張って自覚してもらってください。
どういう時が感じ悪いか。
どういう時に笑っているか。ヘラヘラしているか。
治ることは難しいですが、自覚させることはとても重要です。
真剣に指摘してあげてください。

もうたくさんの方が回答されているので、十分だと感じましたが、
人ごとではないご質問に、思わず回答してしまいました。

私も、質問者様の旦那様と同じタイプです。
キッカケは高校の頃、先生に怒られている時に
「お前は自分の都合が悪くなると笑うんだな」
と、呆れられました。
それまで自分がヘラヘラしていることに気付いていなかったのです。
それから10年以上・・・
気を付けているのになかなか治りません・・・。
自分の性格で一番嫌いな部分です。
ANo.3さんが「緊張を緩和するために笑うこ...続きを読む

Q会議とか会話中に笑う人

会社でお客様とか会議中とかに自分の立場や自分の仕事を説明するときに笑う人がいますが、これはどのような心理状態なのでしょうか?
受け止める人によっては不快に感じる方もいると思うのですがいかがでしょうか?

Aベストアンサー

緊張状態におかれたときにそれを解消しようとする肉体的な反応として「笑い」が出てしまうんじゃないでしょうか。

肉体的な反応としての笑いが出ると関連付けられた反射で気持ちのほうもも「おかしくてたまらない」状態になるのかもしれません。

漫画家、というか今ではタレントとして有名な蛭子能収はこれが酷く、葬式なんかに出席すると笑いが止められなくなるそうです。

不快に感じる人もいるでしょうが、どんな訓練をすればそのような反応をしなくなるのかわかりません。

Qオタクはなぜ笑いながら話すのか?

別カテで質問していたのですが、回答が一つもつかなかったため、こちらで質問いたします。
礼を失する書き込みがあるかもしれませんが、ご容赦を。

20年前に知り合いになった人が、まんま、こんな感じの話し方をする人でした。
http://www.youtube.com/watch?v=f8yZx5YHi2c

その時は初めて見るタイプのしゃべり方だったため、周りの人は正直、軽い知的障がい者の人なのかな?という認識で、ちょっと引いて対応する人が多かったです。

その後、(自分の周りにはその人ひとりしかいませんでしたが)ネットの書き込み等で「あるある」という書き込みをしばしば見るようになり、ああ、これがオタクの人の特徴のひとつなんだな、というのは理解できましたが、いまだに「なぜ笑うのか?」という心理状態が理解できません。

自分もどちらかと言えば独り言が多いため、独り言を言う心理は理解できます。
友達がいないためしょうがなしに独りで喋ったり、自分の気持ちを確認するために喋ったり、黙っていたらなんとなく寂しいため、喋ってうるさくする(≒場を少しでも明るくする)のが目的です。

また、独りでギャグを入れるのもわかります。
普通にしゃべるのもできるけど、独りでギャグを言いながらギャグのセンスに磨きをかけたり、普通にしゃべっててもつまらないと思うからです。
まあ、独り言をいうテレかくしというのももちろんありますし、自分の言ったギャグで自分が笑ってしまって、周りから見れば「なにやってんだアイツ。あぶねーヤツ」と思われるようなこともあるかもしれません。それはわかります。

しかし、この語尾で笑う理由。これがわかりません。
テレかくしだろうとは思うのですが、それにしても全部が全部、こんな感じで笑わなくてもいいじゃないですか。
バラエティー番組等での笑い声のSEのつもり、ですかね?
笑うつもりがなくてもついつい笑ってしまって、結果、こうなるのでしょうか?

その知り合いにもなぜほぼすべての語尾に笑いをつけるの?と聞いても、私が「笑うなよ」と言ってると思われたらしく、そのたび「ごめん」と謝られ、黙っただけでした。
その後、ある事件がきっかけでその知り合いとは絶縁状態になったため、結局答えは分からないままです。

「わかるわかる」、「あるある」と身に覚えがある方、どういう心境でこんな感じで笑いながらしゃべるのか、教えてもらえますか?

不思議なので、お願いします。

別カテで質問していたのですが、回答が一つもつかなかったため、こちらで質問いたします。
礼を失する書き込みがあるかもしれませんが、ご容赦を。

20年前に知り合いになった人が、まんま、こんな感じの話し方をする人でした。
http://www.youtube.com/watch?v=f8yZx5YHi2c

その時は初めて見るタイプのしゃべり方だったため、周りの人は正直、軽い知的障がい者の人なのかな?という認識で、ちょっと引いて対応する人が多かったです。

その後、(自分の周りにはその人ひとりしかいませんでしたが)ネットの書き...続きを読む

Aベストアンサー

オタクの人に限ったことではないのですが、
反論されたり、真面目に指摘された場合のダメージを緩和するためです。
例えば、昨今ネットで「キョロ充」などと呼ばれる、
周囲に過度に迎合する若者などもこれと同じです。
「自分はふざけているから、まじめにとらないでね、厳しく突っ込まないでね」という防衛反応ですね。
こういった反応は誰にでもあるのですが、オタクの人は語尾に笑いが混じるということでしょう。
笑いでなく、語尾に「すみません」を付けて話す人もいます。これも同じだと思われます。

「和」を尊しとする日本人的な反応ではありますが、海外では一切ないかというとそういうわけでもありません。

Q辛い時も苦しい時も、つい癖で笑ってしまいます。

こんにちは。
私は、子供の頃からいつも笑っていて(無意識のうちに)、誰と話す時もニコニコしています。理由は分かりませんが、意識的にやっている訳ではなく、なぜかいつも笑っています。

「いつも笑顔」と言えば聞こえは良いのですが、怒られて反省しないといけない時や、辛い時、真面目な話をしている時まで笑顔になってしまう事があります。もちろん、大人ですしあからさまに笑ったりニコニコしたり、という事は無いのですが、苦笑い?のような表情になってしまい、「ヘラヘラしている」「反省していない」「悩みなさそう」と言われてしまう事もあり、困っています。

反省の時はそれ程でも無いのですが、自分の辛い体験や悩みを人に打ち明ける時は、本当に自分は辛くて苦しんでいるのに笑いながら話してしまうので、なかなか相手に伝わりません。

こういう人って、他にもいるのでしょうか。

原因も分からず(単に性格なのかもしれませんが)、どう克服していけば良いのかも分かりません。

どなたか、アドバイスをください。

Aベストアンサー

>>自分の辛い体験や悩みを人に打ち明ける時は、本当に自分は辛くて苦しんでいるのに笑いながら話してしまうので、なかなか相手に伝わりません。


・・・う~ん。少し困りましたよね。質問者さまは本気で打ち明けているにも拘わらず、「ヘラヘラしている」「悩みなさそう」なんて思われてしまうのはちょっと悲しいものがありますよね。

あまり、「喜怒哀楽」とかを表に出さない(出せない。)と言った性格的なものもおありのように感じられますね。?

文面全体からして、良し悪しは別として、そうした状態になってしまうのは一つの「個性」でもあると思いますね。

本気で“悩みごと”を相談するのに怒りや感情を露骨に言葉にしたら、逆に不快感を与えかねないのではないか・・・判ってほしい。本気で言っているのよ。と訴えていながらも無意識のうちに、こんなことを言ったら相手の気持ちを損ねてしまうのでは・・・ とした意識が働いてしまうからではないですかね。? (もちろん推測に過ぎませんが。)

結果、笑いながら(?)言っているのだからと・・・“愚痴”として流されてしまいそな・・・。?

こんな事を言ったら、“身も蓋もない”ようですが、どんなに仲の良い友達でも解かってもらえる人と
そうでない人もいるものです。(空返事だけのような・・・だからといって責められることではないですよね。)

質問者さまは結局性格が“温厚”に出来ているんだと思いますね。
それはそれで“十人十色”でよろしいことだと思いますよ。

ただ、ひとつ質問者さまに申し上げたいことは『克服』というよりは、人様に本音で(を)聞いて貰いたい時・本気で伝えたい事・などは真剣に真顔でお話をしないと相手の心(感情)には響かないということを心得ておかれたら何の問題もないことですよ。

家で、一人の時にでも練習をされるのも良いかもですよね。
そして、お話をされる時は“一呼吸”置いてからもいいかもですよね。

ほんの、ちょっとの工夫なので、そんなに悩まないでね。

>>自分の辛い体験や悩みを人に打ち明ける時は、本当に自分は辛くて苦しんでいるのに笑いながら話してしまうので、なかなか相手に伝わりません。


・・・う~ん。少し困りましたよね。質問者さまは本気で打ち明けているにも拘わらず、「ヘラヘラしている」「悩みなさそう」なんて思われてしまうのはちょっと悲しいものがありますよね。

あまり、「喜怒哀楽」とかを表に出さない(出せない。)と言った性格的なものもおありのように感じられますね。?

文面全体からして、良し悪しは別として、そうした状態になっ...続きを読む

Q自分自身にうなずく人って?

ときどき見かけるのですが、自分で話して自分自身の話にうなずく人って
いますよね。
「なになにがこれこれだと思うんですよね~ うんうん」といった具合です。
これは、どういう深層心理なんでしょうか?
おわかりになる方教えていただけませんか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
通常の心理レベルで考えれば、それは話し方の一部で、習慣とも口癖ともなるでしょう。知らないで口癖になっている場合もあるでしょう。

習慣的にそういう場合は、別に意味なく使っているのと、そこから少しの距離ですが、強調のため、自分自身で納得しているため、自分で自己肯定を行っている場合などがあるでしょう。

自信がないので自己肯定している場合と、自信があり過ぎて、自己肯定する場合があると思います。

もっと別の心理機制があるようにも思います。それは、何か考え事をしていて、ある見通しがぱっと立った時、心のなかでか、言葉に出してか、「あ、そうなのだ」と思うことがあります。「そうだった」というのもあります。「なるほど」とか一人で、考えることもあります。

他の人と話していて、どうも、言っていることに自信がないか、変だなと感じていて、どこが変なのか分かった時、自分で頷きの言葉を出すことがあると思います。

話していると、そういうことがしょっちゅう起こる場合、頷きの回数も増えるでしょう。

また、何かを話していて、その内容を、話しながらチェックしている人の場合、最後まで来た時、瞬間に吟味して、妥当だと判断すると、頷きの声を出すことがあります。自己納得に似ていますが、もう少し複雑な過程です。

反省的に思考して判断し、話をしている場合のことです。

相手を説得しようとしたり、自己陶酔の場合は、「自分で自分の言ったことに頷く」というのとは少し違った形になると思います。習慣的にそうなっている人は、「うんうん」とか付け加えても、意味のない言葉であることになります。

ふんぞりかえったような感じで、ゆっくりとしゃべり、「それは、こういうことだと思う。うん」とか言う場合は、自己陶酔の可能性があります。ただ、それは、言葉の問題ではなく、全体的な言動の習慣の一部である可能性が高いです。

>これは、どういう深層心理なんでしょうか?

場合によって色々で、自我インフレーション傾向の人は、無意識で自分を讃美し、自己陶酔しているので、こんな形で、自己の尊大さが出てくるのでしょう。

話術のテクニックとして使っている人は、普通に会話しているのとあまり違いなく、こういうと、聞いている者が納得するという前提心理で、そういう話し方なのでしょう。

自分の述べたことを、再吟味して、納得して頷く人は、思考や判断や吟味のステップの区切り目として、無意識で入れているのでしょう。考えの内部ステップの区切りが、無意識的に外面化しているということです。

また、心理不安が心の深層にあると、自分を維持するため、自己補償として、自分で自分に頷いていることがあるでしょう。

明確な「意図」や、作為性があって、そういうことをしている例は、案外少ないはずです。性格の尊大さや、話術のテクニックの一部などは、「意志的意図」でそうしているというより、それが対人関係での対応の習慣になっているということです。

いずれにしても、何々の意図があって、そうしている、というのはあまりないと思います。外から観察すると、そう判断できるように見えても、本人の心理、特に無意識的な心理は、第三者が観察して得たものとは、違っているというべきでしょう。
 

 
通常の心理レベルで考えれば、それは話し方の一部で、習慣とも口癖ともなるでしょう。知らないで口癖になっている場合もあるでしょう。

習慣的にそういう場合は、別に意味なく使っているのと、そこから少しの距離ですが、強調のため、自分自身で納得しているため、自分で自己肯定を行っている場合などがあるでしょう。

自信がないので自己肯定している場合と、自信があり過ぎて、自己肯定する場合があると思います。

もっと別の心理機制があるようにも思います。それは、何か考え事をしていて、ある...続きを読む

Qいつも笑っている人の心理状態とは

友だちで、誰かがちょっとうまいことをいうとすぐにケラケラと爆笑する女性(24)がいます
笑いのツボが浅いのだと本人は申していました

しかし、あまりにも分からないポイントで
笑うので不思議です

頻繁に笑う人の心理状態とは??

Aベストアンサー

いろんな可能性があると思うのですが。
(1)例えば彼女は実際満たされていて幸せで楽しくて自然に「笑い」が出てくる、とか。
(2)例えば「笑い」以外の感情(悲しみとか怒りとか寂しさとか)に対して鈍感で気づけない、とか。
(3)例えば「幸福の顔を貼り付けたロボット」のように生きていなければならないほど苦しい、とか。

おそらく(2)(3)だと思いますが。
そうだとしたら一生懸命「笑う自分」を作ってるんでしょうねえ。
そうすることによって自分の感情を他人に見られないようにしてるんでしょうえねえ。
他人を警戒してるっていうか。
自分を抑圧してるっていうか。

そうだとしたら彼女には「絶対的安心感」を与えてあげてほしいです。
安心させてあげないと、「幸福の顔を貼り付けたロボット」のまんま固まってしまいそう。
安心させてあげないと、「本当の自分の欲求や感情」に気づくこともなく、あるいは、気づいても無視して笑いつづけていくことになりそう。
それって、とても苦しそう。
誰もいないところでは破綻してそう。

安心して「本当の自分の欲求や感情」を発信していいのですよって言ってあげてほしいと思います。

いろんな可能性があると思うのですが。
(1)例えば彼女は実際満たされていて幸せで楽しくて自然に「笑い」が出てくる、とか。
(2)例えば「笑い」以外の感情(悲しみとか怒りとか寂しさとか)に対して鈍感で気づけない、とか。
(3)例えば「幸福の顔を貼り付けたロボット」のように生きていなければならないほど苦しい、とか。

おそらく(2)(3)だと思いますが。
そうだとしたら一生懸命「笑う自分」を作ってるんでしょうねえ。
そうすることによって自分の感情を他人に見られないようにしてるんでしょうえねえ...続きを読む

Q男性は彼女を可愛いと思った時、笑うのですか?

彼に電話で話してる時や、会って話してる時にも、
時々笑われます。
私は何も笑うようなことを言ってないのに、です。

普段から、彼は私に対して上から目線でいつも教え諭されている感じです。
私が頼りなく子供っぽいので、彼が私の悪いところを指摘してくれることは
有難いと思って受け入れてますし、大抵、彼の言うことは正しいです。

でも、最近、話してる時に何度も彼に笑われることが続いて、
私は彼にバカにされているのだと思ってひどく傷付きました。
貴方の言うことはいつも正しくて納得するけど、
あんな風にバカにされるのは悲しい、と彼に抗議しました。

すると、彼は、俺は一度も君をバカにしたことなんてない、
君が可愛くて笑ったのかもしれないよ、とか言われましたが、
何だか誤魔化されたようでよく意味が分かりません。

男性は可愛くて笑う、とかってあるのですか??
それはどういう気持ちで笑うのですか?
嘲笑とは違うのですか?

皆様、教えて下さい。

Aベストアンサー

既婚。男性
申し訳ないが、これは否定できない。かわいいなです。かわいいんです。馬鹿にする?男は自分を馬鹿にしますが守るべき女性を、馬鹿にすることは、ありません。自分の好きな人を馬鹿にする?これは本当に自分を馬鹿にすることだからね。だって好きな子を馬鹿にすれば、自分を馬鹿にすることでしょ。じゃあなんで好きなんだよ。何が好きなんだよ。どこの何が好きなんだよ。こんなくだらない質問はありません。

彼は、あなたが子供っぽいこと。微笑ましいことが大好きです。あなたを、自分が守る自信があります。私にもあります。妻を守る意思が。妻は、子供っぽいことはありません。でも女です。
私が、こうだっていわなければ、自分じゃ判断できないことがあります。
そこを、こうだって言います。理解してくれない時もあります。文句言ってぶつぶつ言います。だけど、もうそのことに関して、もう文句は、いいません。だって間違ってないいんだから。こちらは、そんだけ強い信念を持っているので。これが回答です。

Q子供を産んだことのない女性の特徴

子供を生んだことのある女性と、そうでない女性とは、肉体的精神的に、どのように違うのでしょう

か?というのは、うちの会社には、女性の管理職が二人いるのですが、

二人共、40歳を越えて独身。もちろん、子供はいません。

私の妻は、私との間に、3人子供がいて、年齢も、その二人と同じくらいです。

妻と彼女たちを比べると、言葉では言い表せにくいのですが、肉体的にも精神的に

も、妻の方が丸みや優しさがあるような感じがします。それに比べて、件の二人は、ちょっと何か殺

伐とした乾いた感じと言いましょうか、冷たいような、そんな印象を受けます。

もともと、女性の体というのは、子供を生み、育てるような、機能になっているわけで、そのような

機能を、40歳過ぎてまで利用しないということは、やはり何か精神的、肉体的に、影響を

及ぼすのではないか、と考えるのですが。皆様はいかがお考えでしょうか?

Aベストアンサー

結婚はしていましたが、子どもに恵まれなかった叔母がいました。(過去形なのは、60代で亡くなったからです。)
肉体的には、出産した人よりも卵巣がんにかかりやすいと聞きます。実際、叔母は卵巣がんで他界しました。

わたしにとっては尊敬できる叔母でしたが、子どもがいる人と比べると、「何か違うな」という気持ちはありました。
以下、「何か違う」という部分について言います。

子どもがいる人は、精神的にも、肉体的にも、常に子ども中心の生活になります。
妊娠、出産してから、少なくても成人するまでの間、責任が伴う生活を強いられることになります。
その間20年です。自分のことならまだしも、自分以外のひとつの人格を持った人間として、毎日毎日接していかなければなりません。その覚悟が必要になってきます。

当然、精神的に鍛えられます。精神的に強くならざるを得ない状況になります。
それと同時に、母親としての温かさ、やさしさを併せ持たなくてはいけません。
子どもに対しての強さと温かさ、これが同時に必要になってくるのだと思います。
これが母性と言われるものではないでしょうか。

子どもを持たない人は、ひとりの人間を育てる仕事ではありません。
専門的な仕事を持ったとしても、自己責任で向き合えばいいだけです。
子どもに対しての責任、自分のことだけを考えればいい責任、その大きさや覚悟には大きな違いがあるはずです。

子どものいない人は、良くも悪しくも自分の生活中心です。
衣食住、すべてにおいて、自分が欲しい物を好きなだけ買えます。
子どもがいると、そういうわけにはいきません。
まずは、子どものこと(もの)、その次に自分のこと、です。
自分以外の人間のことを優先に考える習慣、これが知らず知らずのうちに身についてしまうのかもしれません。

「子をもって知る親の恩」という言葉がありますが、「親の気持ちはこうなんだ」、「親は、こんなふうに自分を育ててくれたんだ」と理解できるのは、子どもを持ってこそ、本当に理解できるものです。
子どもを産んだことのない人は、その言葉を本当の意味で理解できていないように思います。
親の気持ちや、その有り難さは、実際に自分が親になって経験したからこそ、理解できることではないでしょうか。

結婚はしていましたが、子どもに恵まれなかった叔母がいました。(過去形なのは、60代で亡くなったからです。)
肉体的には、出産した人よりも卵巣がんにかかりやすいと聞きます。実際、叔母は卵巣がんで他界しました。

わたしにとっては尊敬できる叔母でしたが、子どもがいる人と比べると、「何か違うな」という気持ちはありました。
以下、「何か違う」という部分について言います。

子どもがいる人は、精神的にも、肉体的にも、常に子ども中心の生活になります。
妊娠、出産してから、少なくても成人するまでの...続きを読む

Qいとこ同士の子供は無事生まれるか?

私は今、妊娠5週目です。相手は自分の父親の姉の子供。いわゆるいとこです。血が近い為、体の異常や色々な問題と一緒に生まれてきてしまわないか、心配です。自分もいとことの子供を産んだ方、または出産に詳しい方、教えてください。できれば健康で元気な子供でいてほしいです。

Aベストアンサー

法律的に言えば、確か3親等未満の結婚を禁止しているはずです。 ですから、従兄弟同士は4親等に当たるため、結婚・出産はOKとなりますが。
遺伝子学的には、両父が兄弟の場合は止めた方が賢明です。両母が姉妹とか片母と片父が兄弟ならあまり問題は発生しないようです。(父の遺伝子はかなり強く引き継ぐらしいです)
mimika1985さんについていえば、旦那?の母と自分の父が姉弟ということで、それほど心配はいらないと思いますが・・・質問文には、お腹の子供の父親と婚姻関係にある記述がないので、そちらの方が心配です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング