新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

棋風に合わない戦法を選ぶと勝率が上がらない。
そう聞いたことがあります。
自分の棋風を知る手立てにはどのようなものがあるのか。
また、それぞれの棋風に見合う戦法とはどのような関係があるのか。
教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大まかには「居飛車党」か「振り飛車党」のどちらか


「急戦派」か「持久戦派」のどちらかによって分類できる。

また羽生善治のように相手にあわせて自在に戦法を変える、加藤一二三のように一つの戦法にこだわりを見せる、などの信念の違いも棋風の一つ

特に序盤・中盤戦では指せる手の選択肢が多い。同じ局面を同じ技量の棋士が検討しても指し方に違いがでる。

じっくり構えて相手の攻めを受けて、持久戦を得意とする人が、奇襲・急戦戦法を多用しても勝率は上がりづらいということではないでしょうか。

http://shogi.xii.jp/shogi/other/check/check.html
某大手将棋サイトのリンク集で棋風診断できますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kqueen44 さん、こんにちは
お礼が大変遅くなり申し訳ありません。
なんということでしょう!
紹介いただいた棋風診断の結果がぴったりでした。
それを踏まえて実践をこなします。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/01 08:40

 私は雁木しか指さない初段です。


私にはこの戦法が1番合っていると思っています。

戦法を学ぶ上で考えた事は自分の性格・どのような局面(形)・流れ等が好きか?です。
棋風は指していけば後からついてくる物だと思っております。
棋風を先に考えて始めても意味がないような気がします。

因みに雁木で三・四段の方とも勝利を収めております。(勝利3~4割)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

uri-namie さん、こんにちは
お礼が大変遅くなり申し訳ありません。
雁木は私も指すので非常に興味深いです。
24でお名前を検索させていただきましたが見当たらなかったので残念です。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/15 18:46

将棋ということでお伝えします。

囲碁だったらごめんなさい。

ある局面で、攻めを選ぶか守りを選ぶかで棋風は分かれると思います。
攻めを選ぶのであれば、考えられる相手の守りよりも有利な状況を生み出せるか。また、相手の攻めよりも1手でも早く相手玉に迫れるかどうか。守りを選ぶのであれば、考えられる相手の攻めが不発に導けて、結果としてこちらの有利な状況を生み出せるかどうか。また、相手の守りよりも守り勝てるかどうかです。
最終的には相手玉を詰ませることが目的で、双方一手一手指すわけですから、双方攻めの要素は含みます。
従って、双方が守ってしまうということは本来ありえません。(まあ、千日手がこれに当たると思いますが結局指し直しになります)

バランスからいうと、攻め:10,守り:0から、攻め:1,守り:9まで考えられると思います。
攻め:10,守り:0は猪突猛進でまったく守りをせずひたすら攻めの姿勢を貫くというものですが、同形から始まる以上、相手は守るでしょうし、それでもし勝てるのであれば、新たな戦術か、相手の棋力が相当低いということになります。
ただし、中盤から終盤にかけて、まったくこちらは守らなくても勝てると読み切れた場合はこの限りではありませんが。
逆に、攻め:1,守り:9の場合は、相手の攻めを受けつぶす。切らせるということがいえると思います。
これも、ある時点で、これならば攻める必要はない。このまま守っていれば相手の攻めは続かなくなる。あるいは非常に遅くなる。それから、ゆっくり攻めれば、十分間に合うと読んだ場合です。
たとえば、圧倒的に駒得になった場合、相手は攻め駒不足になるでしょうし、ひいては守り駒不足に陥ります。
こうなれば、ゆっくり指せば相手はギブアップです。

現実問題として、余程の棋力の差がない限り、初手から攻め:10,守り:0や、攻め:1,守り:9はあり得ません。
定石といわれている手順は、ある局面までは、双方が間違えなければ、互角というものです。
双方が、「その局面まで」定石通りだとすれば、途中の手順の変化も含めて、その手順を知ってさえいれば、名人と対戦しても同じということができます。
ここで、その「ある局面」ですが、ここから後が正に棋風の差が現れるところでしょう。
当然、双方相手玉を詰まそうとしているわけですから、こちらの攻めと相手の守りの予想、相手の攻めとこちらの守りの想定。
これらが複雑にからみあって、一手ごとの応酬を繰り広げます。指せるのは一手だけです。読みの応酬です。
この段階では最早定石からは進んだ状況ですので、ここで棋風が分かれることになると思います。

まとめてみますと、状況判断において「どちらが有利か分からない局面」において、攻めを優先させるのは、攻めの棋風でしょう。
逆に、相手の攻めを読んで、とりあえず受けておこうと考えるのは守りの棋風だと思います。
とすれば、攻め好きの人は最初から攻めの戦法を選ぶことになりますし、まず受けてそれから反撃という人は守りの戦法を選ぶということになります。それぞれの戦法も、どこかで優劣不明ということになりますので、その時点で攻めの人はひたすら攻めの糸口を考え、守りの人は相手の攻めを読み切り、守れるようより深く読んでいくことになると思います。
攻めの人は自ら局面を切り開こうとしますし、守りの人はまず相手の攻めを潰しておこうと考えるでしょう。

棋風は、好みの問題、性格の問題ともいえますが、やはりまず居飛車、振り飛車を決めて、それぞれの攻めの戦法、相手の攻めを受けて反撃する戦法や、先手としてあるいは後手としての攻めの戦法、受けの戦法などもありますから、居飛車、振り飛車に応じた様々な戦法を学び精通することが早道なのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなり申し訳ありません。
大変丁寧なご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/01 09:05

こんにちは。



 それは、生々しい対局を経て、「出来上がっていくもの」ではないでしょうか?

ちなみに、質問者様の棋力は、どれ位なのでしょうか?


 級位者であれば、勝率などを考える段階ではないかと・・・高段者の方でしたらすみません・・・<(_ _)>


  百戦錬磨に尽きるかと思います。


 自分が納得のいく打ち方(指し方)をして、負けたのであれば、素直に、自分の力不足を痛感しませんか?

 
 究極の行き着く先は、羽生善治永世名人の「棋風が無い」かと、私は思うのですが。


※ちなみに、私は、適当に石をばらまいて、ある程度、石が接近してきたところで、「さて、どうしたものか」といった感じです。(とても棋風とは言えません・・<(_ _)>


偉そうに、大変、失礼致しました。<(_ _)>
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

innovater さん、こんにちは
お礼が大変遅くなり申し訳ありません。
そうでした、質問の際には自分の棋力を申告すべきでした。
24でレート700くらいの級位者です。
百戦錬磨(実戦)が大切ですね。
羽生さんには棋風がないというのははじめて聞きました。
勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/01 08:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q将棋は居飛車と振り飛車どちらがオススメですか?強い人は居飛車のイメージがあります。僕は振り飛車しかさ

将棋は居飛車と振り飛車どちらがオススメですか?強い人は居飛車のイメージがあります。僕は振り飛車しかさせません。

Aベストアンサー

オススメは、振り飛車です。

・ご自身で振り飛車しか指していないって書いているじゃないですか。
 好きな戦法を選択するのが一番です。
 
・こんな質問をしてるってことはせいぜい中級者以下(初段以下)でしょ。居飛車も振り飛車もなんて目移りせず、一つを極めた方が有利です。
 
・とはいえ、相手が振ったときの対応は必要です。自分は振らずに対抗形にするか
 相振り飛車にするかを決めておきましょう。
 
・大体、両方と言っている方々に聞きたいが、じゃぁ角換わりも矢倉も相掛りも
 横歩取りもひねり飛車も筋違い角も全部マスターしますか?そんなヤツはアマ高段者にもいません。
 
・振り飛車は、「自分が振れば、少なくとも対抗形か相振りになる」というすぐれた特性があります。他の多くの戦法は、相手との合意が必要です。
 
・20年くらい前までは受け身になりがちで自分から打って出られないという欠点がありましたが、角交換振り飛車、ゴキゲンの出現で、「攻める振り飛車」という選択ができました。

---
このような優れた特性に目をつけているのが女流棋士です。
女流の対局は振り飛車ばかりです。

オススメは、振り飛車です。

・ご自身で振り飛車しか指していないって書いているじゃないですか。
 好きな戦法を選択するのが一番です。
 
・こんな質問をしてるってことはせいぜい中級者以下(初段以下)でしょ。居飛車も振り飛車もなんて目移りせず、一つを極めた方が有利です。
 
・とはいえ、相手が振ったときの対応は必要です。自分は振らずに対抗形にするか
 相振り飛車にするかを決めておきましょう。
 
・大体、両方と言っている方々に聞きたいが、じゃぁ角換わりも矢倉も相掛りも
 横歩取りもひねり...続きを読む

Q将棋初心者は 居飛車or振り飛車どちらが

将棋初心者です。
初心者は居飛車、振り飛車どちらが良いですか?

Aベストアンサー

「どちらが良い?」と尋ねられたら、「どちらでもよい、興味のある方をやればいい」くらいしか言えません。しかしそれだけでは不親切なので・・

おおざっぱに言えば、居飛車→攻め 振り飛車→カウンター  を狙う指し方といわれています。
まずはこれを自分の性格などと照らし合わせて、どちらの戦法を選ぶかの基準にしてみるといいかもしれません。


例外もあって、攻撃的な振り飛車(具体的には、No.2さんの挙げている ゴキゲン中飛車、石田流などといった戦法)などもあります。ただこういった戦法を一番最初に覚えるのは勧めません。強くなってからで充分です。


また よく言われることとして、「居飛車は振り飛車より覚えるべきことが多い」ということがあります(詳しい理由などは省きます)。
なので振り飛車の方が身につけるのは簡単かもしれません。
しかし居飛車の場合は覚えることが多い分、 ちゃんと一つ一つ覚えるべきことを学んでいけば、安定した、本格的な実力をつけることが出来ます。
(こう書くと振り飛車では本格的な実力をつけることが出来ないかのようですが、もちろんそんなことはないのでご安心を.)


・・とりあえずこのあたりで、どちらから始めるか決めてみてはいかがでしょうか。居飛車を勉強していって嫌になったら振り飛車に変えてみる、なんてことも出来るので、気軽に選んで始めればよいと思います。

「どちらが良い?」と尋ねられたら、「どちらでもよい、興味のある方をやればいい」くらいしか言えません。しかしそれだけでは不親切なので・・

おおざっぱに言えば、居飛車→攻め 振り飛車→カウンター  を狙う指し方といわれています。
まずはこれを自分の性格などと照らし合わせて、どちらの戦法を選ぶかの基準にしてみるといいかもしれません。


例外もあって、攻撃的な振り飛車(具体的には、No.2さんの挙げている ゴキゲン中飛車、石田流などといった戦法)などもあります。ただこういった戦法を一番...続きを読む

Q中飛車について教えて下さい

 何故か中飛車が大好きで指し続けてます。中飛車の攻めと守りのメリットとデメリットを教えて下さい。
 できれば総合的に見て、中飛車は現代の将棋の中で使うメリットがあるのか教えていただけると嬉しいです。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は(棋力は大したことはないのですが、)将棋の本については多少詳しい(と自分では)思っていますので、主にそちらの観点からアドバイスさせていただきます。

確かにツノ銀中飛車のような古典的な中飛車は、居飛車穴熊に相性が良くない(藤井システムのように居飛穴構築中に速攻を仕掛けるのが難しいですし、持久戦になると固さ負けしてしまうのが理由?)ために、プロの世界では居飛穴の流行と共に激減してしまいました。

ただ、(プロだと微妙な優劣が勝負に決定的に影響しますが、)アマチュアだったら相当高いレベルを目指すのでなければ、決定的に不利になるということもないと思いますから、好きな戦法でしたら(戦法がマイナーになればその分相手は戸惑ってくれますし、)こだわってみるのもおもしろいんじゃないでしょうか?
(こんなところがが参考になると思います。 http://www.geocities.co.jp/Playtown-Spade/5467/naka/nakamain.htm)

一方、角筋を止めない(6六歩をつかない)で駒組みを進める「ゴキゲン中飛車」は、現在プロでも大流行しています。(タイトル戦でもたびたび指されています。)
ただしこれは、序盤からかなり激しい戦いになることがありますので、もしチャレンジするのなら、事前にある程度勉強しておく必要があります。

現在のところ最適な参考書は、aminouchiさんが紹介されている、近藤正和五段の著書だと思います。
ただ、ゴキゲン中飛車は、プロで流行→定跡が日々進歩していますので、最新の定跡を知るにはこの本はすでに少し古くなっています。
突っ込んだ研究をするのなら、補助の参考書として(ちょっと高いですが)島朗八段の「島ノート」に、新しい定跡がいくつか載っていました。
(後は、こんなところも参考になります http://www2.tslab.gr.jp/~sandan/cgi-bin/kenkyu/)

昨年、「週刊将棋」に鈴木大介七段が「豪快中飛車」というタイトルで解説を連載していましたが、多分いずれ本になると思いますので、(急ぐ必要がなければ)これを待ってもよいと思います。

変わったところでは、ツノ銀中飛車のバリエーションとして、「風車戦法」もおもしろいと思います。

これは、玉を3八に囲って、2九飛と戻して攻めに使ったり、4九~5八玉と中住まいにしたり、盤面を広く使う基本的に受け主体の(穴熊とは対極の性質を持つ、位を取らない位取りといった)戦法で、プロでは伊藤果七段ぐらいしか指す人はいないと思いますが、アマチュアではけっこう愛好家がいます。
http://member.nifty.ne.jp/space/index.html

なお、以前に風車の美学(伊藤果七段著、毎日コミュニケーションズ)という本が出版されていましたが、すでに絶版になっており、現在では入手は難しいかもしれません。

ちなみに、中飛車でガンガン攻めたいなら、原始中飛車のバリエーションで奇襲戦法(正確に受けられると成立しない?)になりますが、「急戦端角中飛車」(9七角とのぞき、左銀を繰り出して、一気に5三地点に攻め込む)というのが「新版 奇襲大全」(毎日コミュニケーションズ発行)に載っています。
(こちらも参考になります。 http://ww7.tiki.ne.jp/~hidetnk/senpou.htm の下の方に棋譜があります。)

参考URL:http://www.hyuki.com/yukiwiki/wiki.cgi?%BE%AD%B4%FD%C0%EF%CB%A1%C2%E7%BC%AD%C5%B5#i2

私は(棋力は大したことはないのですが、)将棋の本については多少詳しい(と自分では)思っていますので、主にそちらの観点からアドバイスさせていただきます。

確かにツノ銀中飛車のような古典的な中飛車は、居飛車穴熊に相性が良くない(藤井システムのように居飛穴構築中に速攻を仕掛けるのが難しいですし、持久戦になると固さ負けしてしまうのが理由?)ために、プロの世界では居飛穴の流行と共に激減してしまいました。

ただ、(プロだと微妙な優劣が勝負に決定的に影響しますが、)アマチュアだった...続きを読む

Q右矢倉はだめ?

棋力は5級程度です。
左矢倉はよく見かけますが右矢倉はほとんど見かけません。
金無双からの発展形としてありうる形であることは知っています。
右矢倉にするくらいなら美濃囲いを優先したほうがいいという公算が働くんでしょうか?
何故右矢倉が少ないのか、教えてください。
ちなみに、積極的に右矢倉にしたい局面はどのような場面でしょう。
できれば私より棋力上の人よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

一応、有段者です。

どちらかというと、矢倉囲いは上からの攻めに強く、美濃囲いは横からの攻めに強い。という基本は判っておられると思います。ま、矢倉でも凹矢倉は横からの攻めに強く、高美濃は上からにも強いバランスのとれた囲いですがそれはおいときましょう。

さて、右矢倉にするということは、振り飛車ということになりますね。振り飛車の戦いに矢倉を組まない理由の一番大きなものが囲いが予想される戦いに向いていないことです。

つまり、一般的に言って、振り飛車は互いに飛車を成り合ったり、飛車交換になりやすく横からの攻めが主体になります。これに対して、居飛車の場合は縦の攻め合いになりやすいから、上からの攻めに対して強い方が良いのは当然でしょう。それが矢倉と美濃の選択になるわけです。また金無双は相振り飛車の時の囲いの一つですが、この場合は居飛車と同様に縦からの攻め合いになりやすいわけで、囲いを矢倉に発展させるのも理にかなっています。

また、もう一つの理由として、矢倉に組むのと美濃囲いに組むのとでは手数が違います。矢倉に囲って玉を囲いの中に入れるには(飛車角の移動を除いても)最低9手、美濃だと5手で済みます。この4手を攻撃準備に使う方が得だと思いませんか。今はともかく昔は「振り飛車には急戦」というのが常識でした。相手が急戦を狙って攻めて来ようとしているのに、悠長に囲っているのでは即敗勢となってしまいます。将棋で大切なのは攻守のバランスですからね。

最後に、積極的に右矢倉にしたい局面というのは思いつきませんが、戦いの流れの中で相手が玉頭に殺到しようとしているような時でしょうか・・それでも、美濃から高美濃、さらに銀冠で充分対応できそうですけれど。

一応、有段者です。

どちらかというと、矢倉囲いは上からの攻めに強く、美濃囲いは横からの攻めに強い。という基本は判っておられると思います。ま、矢倉でも凹矢倉は横からの攻めに強く、高美濃は上からにも強いバランスのとれた囲いですがそれはおいときましょう。

さて、右矢倉にするということは、振り飛車ということになりますね。振り飛車の戦いに矢倉を組まない理由の一番大きなものが囲いが予想される戦いに向いていないことです。

つまり、一般的に言って、振り飛車は互いに飛車を成り合ったり...続きを読む

Q得意戦法の極め方

タイトルどおりなのですが、どうやって攻略していきましたか?
たとえば、ある振り飛車にするとして、急戦、持久戦、同形振り飛車、相振り飛車(それぞれの戦法の目的と対策を知ること?)、相手が◎○封じを指してきたとき、ざっと考えても、これだけあると、いつになったら、その戦法を人相手にまともに使えるようになるんだか・・と気がとおくなります。
それに、急戦、持久戦、相振り飛車など、どれから手をつけていいかもよくわかりません。

それに、本当に気に入ってる戦法というのも、これといって未だにありません。
角が97にくる三間飛車を見て、三間飛車に少し興味を持っていますが、角を97にするだけじゃなく68とか59に引く戦法もあるみたいだし、後手と先手でかなり違うみたいだし、すごく大変そうです。

こんな調子で、実はまだ定跡も読み終わってないのに適当に7筋に振って適当に指してたら、相手が四間飛車の46左銀戦法できたこともあるので、四間飛車のことも知ってないとちゃんと指せないような気がしてます。(でも、「三間飛車で98香は悪手になる事が多いからあげるなとか」書いてある本あったし・・・)

・・・得意戦法の極め方のアドバイスお願いいたします。

タイトルどおりなのですが、どうやって攻略していきましたか?
たとえば、ある振り飛車にするとして、急戦、持久戦、同形振り飛車、相振り飛車(それぞれの戦法の目的と対策を知ること?)、相手が◎○封じを指してきたとき、ざっと考えても、これだけあると、いつになったら、その戦法を人相手にまともに使えるようになるんだか・・と気がとおくなります。
それに、急戦、持久戦、相振り飛車など、どれから手をつけていいかもよくわかりません。

それに、本当に気に入ってる戦法というのも、これといって未だ...続きを読む

Aベストアンサー

居飛車は相手の出方しだいで、矢倉、角代わり、横歩取りなど一通り指せないといけません。
対振り飛車も中飛車、四間飛車、三間飛車、向かい飛車といろいろあります。

それに対して、振り飛車は1つの戦法に絞る事ができます。
たとえば、四間飛車を得意戦法にしたいなら、他の振り飛車を覚える必要はありません。
ただ、相振り飛車は別に研究しないといけません。

それで、振り飛車を得意戦法にすることをお勧めします。
急戦、持久戦では急戦から手をつけたほうがいいです。
急戦は受け方を知らないとすぐに潰れて負けるからです。
持久戦は定跡より外れやすいため、あまり知識がなくても対応し易いです。

Q戦法の決め方で悩む

僕は将棋を指す時、先手、後手で戦法を決めてます。
先手の時は居飛車、後手の時は中飛車。
後手番の時の話で質問します。
最近、後手番の時に相手に振り飛車にされると具合が悪いことがわかってきました。
友達には、相手の飛車先に自玉がいるからやばいんだとか、いや穴熊にしてしまえば戦えるんだとか教えてくれますが。
とりあえず、▲7六歩△3四歩▲6六歩とされたら(まだ相手が飛車を振るかどうかは確定してないとは思うが)中飛車をやめようと思っています。
そのとき自分の戦法はどのようなものでやるべきなのか教えてください。幅が広いですか?

Aベストアンサー

私の話は抽象的でしたか。
そう思われたのであれば私が未熟だったと言うことですね。

数年前にとあるアマ強豪が本に書かれた言葉ですが、

一つの戦法を身に着けようと思ったら最低でも500局は指し込まないといけない。
500局ぐらい指し込むとようやく初めて、その戦法の事が少しわかってくる。
上辺だけではダメ、体に染込ませないと意味がない。

そう書かれた事がありました。

その方はある戦法1本で全国優勝したスペシャリストです。
名前と戦法はアマ強豪に知れ渡っていました。
(優勝は20年前くらいでしたが名前はプライバシー問題で書けません。)

そこまで極めたのに現状に飽き足らず、別の戦法を極めて再度の
全国制覇を目指そうとする志と、探究心、高い目標を見て
自分が恥ずかしくなりました。

あなたの文面から本当に強くなりたいと言う気持ちが伝わって
きましたので若い今なら挑戦も、吸収もできると思い前回の
文章を書きました。

お役に立てなかったのであれば私もまだまだ未熟と言う事です。

Q手厚い将棋を指す棋士

自分には手厚い将棋が合ってると思い、
手厚い棋風のプロ棋士の棋譜をたくさん並べたいと考えています。

居飛車党・振り飛車党問わず、又いつの時代の棋士でも構いません。
この人の将棋を並べるといいよと思われる方を紹介して頂きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

手厚い棋風となると、どうしても居飛車党になります。私は森下卓九段の将棋を一番に思い浮かべます。
「森下卓妙技伝」「森下の四間飛車破り」「森下の対振り飛車熱戦譜」「森下の矢倉」などの著書があります。並べるなら1990年代の森下九段の実戦譜が良いです。

Qプロみたいな駒の打ち方

将棋をしているのですが、プロのようにパチッとかっこよく駒を打ちたいんです。

今はただズッと滑らせているだけなので・・・。

あと、駒が縦に2つ並んでいる場合、下(自分側)の駒に当てながら「パチチッ」という打ち方をされますが、それも教えて頂けると幸いです。

どうぞアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1. まず、中指を駒の表面の頭(上の方)に添えると同時に、親指を駒の尻(駒の下の方の、表面ではなく側面)に添える。

2. 親指で駒の尻を持ち上げながら(そのとき、中指はスライドしながら駒の表面の下の方へくるはず)、人差し指を持ち上がった駒の裏に入れる。入れた人差し指と、持ち上げた親指を入れ替える要領で。そのときに、薬指を軽く駒の側面に添えるようにすると、駒が安定する。

3. 人差し指の爪が駒の裏、中指が駒の表面の下の方、という形で駒を2本の指で挟んでいる状態(薬指が軽く側面に添えられていれば、駒が安定)で駒が持ち上がっていると思います。

4. 打ち下ろす際は、中指で駒を押さえるように盤に下ろしながら、素早く人差し指を抜いて駒の尻に収めること。

>あと、駒が縦に2つ並んでいる場合、下(自分側)の駒に当てながら「パチチッ」という打ち方をされますが

上記のコツを踏まえた上で、中指と人差し指で駒の尻をやや強めに挟みながら駒を弾くように離す(表現ムズかしい・・・)ようにしながら、下の駒の頭に当てると、「パチチッ」といういい音が鳴ります。

文面で表現するのは難しいのですが、テレビ棋戦や町道場などで、手つきの良い人を観察すると、すぐ出来るようになると思います。

1. まず、中指を駒の表面の頭(上の方)に添えると同時に、親指を駒の尻(駒の下の方の、表面ではなく側面)に添える。

2. 親指で駒の尻を持ち上げながら(そのとき、中指はスライドしながら駒の表面の下の方へくるはず)、人差し指を持ち上がった駒の裏に入れる。入れた人差し指と、持ち上げた親指を入れ替える要領で。そのときに、薬指を軽く駒の側面に添えるようにすると、駒が安定する。

3. 人差し指の爪が駒の裏、中指が駒の表面の下の方、という形で駒を2本の指で挟んでいる状態(薬指が軽く側面に添...続きを読む

Q将棋の先読みの仕方、コツを教えてください。

将棋初心者です。
私は何事でも先を読むことが苦手で思考力がとても乏しいので、将棋を通して先読み力をアップさせたいと思っております。

訓練次第で上級者並の先読み力を身に付けたいのですが、
先読みの上手な仕方、コツなどが全然分からないのでどうか教えてください。

羽生善治さんは過去、一手打つのに千手読むと言われていたらしいですが、どのくらいの時間で千手も読むことができるのでしょうか?先読みが苦手な自分にとっては千手も読むなんてとても考えられません・・;

Aベストアンサー

将棋は指す、囲碁は打つですから、まず。
質問者さんのイメージだと天才的なインスピレーションでどんどん手が読めていくイメージなんでしょうが、そのイメージは全く違います。
将棋の上手な人は、実にたくさんの定跡を覚えています。ひとつの定跡は100手ほどですが、変化手順といって、例えば50手目にaという手じゃなくbという手をさした場合はこうなって不利なのでという手順も知って定跡を覚えているので、その変化手順にも、bじゃなくcもdもありえますし、bの次の手もb1b2b3とたくさんありえますので、100手ほどの定跡一つを知っているといっても数万数十万手を理解していることになります。
だから、1手選択するにも初心は白紙ですが、上手な人はすでに数万手数億手の蓄積がありますから、瞬時に最善手を選択できるのです。アマチュアでも強い四段になると、驚くほど定跡を知っていて、将棋世界の03年3月号の103頁に出ていた変化なんてものもキッチリ覚えています。
羽生さんの千手を読むというのは、ある場面で、知識として数億数兆手相当の変化を知っていて、手の組み合わせなんかを変えてみてよりより手の検討を千手くらい対局の場でやってみるということなので、数億手数兆手の蓄積の無い人には、絶対無理な話です。
ちょっとしたコツを覚えて、それだけでうまくやっているというのは公務員や業界団体職員の様な特権階級の人の生き方であって、一般の人にはちょっとしたコツを覚えてもそもそも特権階級じゃないので、意味なんて全く無いのですが。自転車なんかだとちょっとしたコツを覚えると乗れるようになりますが、将棋が羽生さんとは行かなくても、プロ並みにうまくなるのはコツじゃないです。(まあ、8級(将棋倶楽部24の8級じゃないですよ)の人が4,5級を目指した場合のコツはあるでしょうが、どこがおかしくて8級なのか、おかしい箇所は人によって違いますから、一般的にはいえません)
話がそれましたが、膨大な先例を覚えるという作業が将棋の上達には必要な訳で、プロ並みにうまい人は誰もがやっています。棋譜を並べていて「あれっ」と思うところを研究することも、当然やります。研究は一局並べてすぐやっても効率悪いです。考える材料がないですから。少なくとも先ずは1万局並べてからのほうがいいです。1万局並べているうちに1局2局並べた時に感じた疑問のほとんどは感じなくなっています。手を読む力というのは、10万局もならべると、だれでもつくようになります。
でも、その前提の10万局の棋譜並べという作業は誰でも出来ることじゃないんです。マラソンの選手が練習で30キロ走ることはなんでもないことですが、素人にはとんでもないことであるのと同じです。
ときどきプロのスポーツ選手の練習量が紹介されてその多さに仰天するというのがありますが、将棋でも質問者さんの想像を超える量の棋譜並べと研究を強い人はやっています。
例えば10万局くらいならべて見れば、自然と手が見えてくるようになります。手の見え方に多少の個人差があって、それがたまたまセンスがいいと強豪という呼び名を手に出来ますが、市の文化祭で優勝する程度の強さなら、ここでのセンスはいらないでしょう。10万局並べるという当然のことをするだけでいいでしょう。
なので、将棋で先を読む力は人生には役立ちません。
けれど、手法は役立ちます。人生やお仕事で悩んだ場合先人たちが同じように悩んでさまざまな方法で解決していますので、その先例をたくさん覚えるという手法を知るということです。人生での先例は、将棋年鑑とか、大山名人全集みたいにまとめられてはいませんから、ひとつひとつ探し出すのに骨は折れますが、先人も同じように悩んでそして解決していると確信できることは人生に役立つことでしょう。

将棋は指す、囲碁は打つですから、まず。
質問者さんのイメージだと天才的なインスピレーションでどんどん手が読めていくイメージなんでしょうが、そのイメージは全く違います。
将棋の上手な人は、実にたくさんの定跡を覚えています。ひとつの定跡は100手ほどですが、変化手順といって、例えば50手目にaという手じゃなくbという手をさした場合はこうなって不利なのでという手順も知って定跡を覚えているので、その変化手順にも、bじゃなくcもdもありえますし、bの次の手もb1b2b3とたくさんありえますので、100...続きを読む

Q対振り飛車に矢倉は?

宜しくお願い致します。
現在、将棋倶楽部24の10級、居飛車党です。そろそろ現在の将棋では限界を感じていて少しずつ矢倉を指して行こうと思います。
対居飛車、対三間、対四間、対中飛車、これら全てに矢倉って指せるものなのでしょうか?何でも矢倉指して良いのでしょうか?

Aベストアンサー

矢倉は上からの攻めに対しては強いのですが、横からの攻めに対してはそんなに強くありません。矢倉とほぼ同じ手数の囲いに銀冠がありますが、77銀を87銀に移動しただけでずいぶん横からの攻めに対する抵抗力が上がります。矢倉だと△28飛、△69角とされるだけでもう詰めろですが、銀冠なら87銀の利きがあるのまだ大丈夫です。これだけを考えても振り飛車で矢倉は損であることが分かります。
また77銀は振り飛車側の桂の目標になりやすいです。矢倉に玉を入れたら振り飛車側から角道を通して桂が飛んで来る攻めがうるさいはずです。
そういうわけで対振り飛車では初めから矢倉を目指す指し方は損と考えられています。


人気Q&Aランキング