綾辻行人先生の『Another』を読んで、まだ理解が追い付かないというか、解消できていない疑問があります。
それはなぜ行なったはずのまじないが効かなかったのか、です。
五月に榊原君が転入する前に、鳴の姉妹が死にましたよね?
それはまじないが効かなかったってことですよね? 実写映画を観る前に頭の中を整理したいので、解説をお願いします。

A 回答 (1件)

 最後まで読みました?



 ネタバレになるので、聞かない方がいいと思います。

 整理できないまま映画を見て、もう一度読んだら理解できるのでは?

 「本当の犯人は誰?」だった?

 まじないはもう無効なんだよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q綾辻行人の館シリーズ

綾辻行人の囁きシリーズとびっくり館の殺人を読みました。
すんごく面白かったのですが、
あまりの怖さに心臓がバクバクしどうしで・・。
私が小心者なだけでしょうか???

館シリーズ読みたいのですが、同じ系統ですか?
心臓バクバクしますか??

Aベストアンサー

館シリーズもおどろおどろしい感じで怖いと思います。
作品によって差はありますが死体の描写など気持ち悪かったりしますし。
けど心臓バクバクな怖さではないかも。

怖さでいったら囁きシリーズのほうが上だと思いますよ。
館シリーズは推理小説なので。
私は囁きシリーズは怖くてシリーズすべて読破しませんでした。

Q綾辻行人さんの館シリーズについて

ミステリー好きです。
綾辻行人さんの『十角館の殺人』と『びっくり館の殺人』を読みました。
ただ、どうも自分の性に合わないのでもうシリーズを読むのを止めようと思います。

シリーズを読破している方にお聞きしたいのですが、俊雄やリリカの『オレンジの目』というのはシリーズ通しての伏線なのですか?
それとも『びっくり館』単独のオカルトですか?
ネタバレOKですのでよければ教えてください。

Aベストアンサー

『びっくり箱…』は読んでいませんが、その他の館シリーズは全て既読です。

>俊雄やリリカの『オレンジの目』というのはシリーズ通しての伏線なのですか?

これは、その他の館ものには出てきませんでした。

『十角館…』が、お好みに合わないとすると、他の館シリーズも合わないかもしれませんね。

ちなみに、どんなタイプのミステリがお好きでしょう?
ミステリ作家はたくさん居ますので、お好みに合う作家と出会える可能性は高いと思います^^

Qお勧めの実写絵本を教えてください 

4歳の女の子なんですが、実写の絵本が大好きです。実写の絵本と書いても説明不足ですね。

ぬいぐるみや人形を使ったり、ミニチュアを使用した本が好きです。絵本と言うより写真絵本と言った方が言葉が適切かもしれません。そういう写真にストーリーが書いてある本を集めています。何かお勧めや心に残った1冊があれば是非教えてください。女の子なので、メルヘン等可愛らしい本が好きなようです。

Aベストアンサー

こんにちは。

「ブラウンダイアリー」         奥川純一 グラフィック社 1,300円
ISBN 4-7661-1310-1
「ブラウンダイアリー・ゴールデン」   奥川純一 グラフィック社 1,300円
ISBN 4-7661-1423-X
「ブラウンダイアリー・ボンボヤージュ」奥川純一 グラフィック社 1,300円
ISBN 4-7661-1456-6
「ブラウンダイアリー・春夏秋冬」    奥川純一 グラフィック社 1,300円
ISBN 4-7661-1658-5

 ブラウンと名付けられた小さい茶色の熊のぬいぐるみが主人公です。
 普段の生活風景や旅行先での写真です。本当に生きているみたいです。もうすっごく可愛いです。かなりいたずらっ子ですけど。

Q冷房をガンガン効かせている男の話

今から20年以上前に読んだ本の中の一話なのですが、こわい話がのっている本で、その中の一話はおそらく外国の小説だったと思いますが、アパートに謎の老人が住んでいて常に凍えるほど冷房を効かせている、ところが停電か何かで冷房がつけられくなって、老人が死ぬ?あるいは溶ける?実は彼には秘密があった・・・・というような話ですが、タイトルをご存知の方いらっしゃいましたら教えていただけませんか。

Aベストアンサー

ラヴクラフトの「冷房をおそれる男」ではないでしょうか?

Qでも、それはまちがい

お世話になります。

 平成4年~6年頃に本屋さんで立ち読みして大笑いした絵本を探しています。
 内容は覚えていないのですが、必ず、「でも、それはまちがい」という言葉があります。

 例えばおさるさんがどんぶりを見つけて、帽子かと思って頭に被る→でも、それはまちがい
 という感じです(こんなエピソードがあったわけではありません)。

 こういうボケが次々と描かれ、ツッコミが必ず、「でも、それはまちがい。」なのです。

 ご存じの方がいらっしゃいましたら、作品名をご教示ください。

Aベストアンサー

「まちがいペンギン」ジャンーリュック・クードレイ文 フィリップ・クードレイ絵 リブロポート 1991年
ではないかと思うのですが・・ペンギンではなかったですか?


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報