『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

最近の歌詞はストレートな表現が多くてつまらない、90年代の歌詞はすこかったという話に疑問を感じます。

よく聞くのが
「西野カナやflumpoolはストレートでつまらない」
「それに比べて90年代はB'zの稲葉さん、福山雅治さんなど歌詞がすごい人が多かった」という意見です。

しかしながら、B'zや福山雅治はそこまで歌詞の表現を凝っているのでしょうか。
B'zには「Love me, I love you」とか「Liar!Liar!」、「ねがい」など分かりやすい歌詞が非常に多いし
「FIREBALL」とかはそのストレートさがかえって泥臭く感じれてかっこよくなっているように思えます。

また、福山雅治にいたっても「Squall」、「It's only love」などストレートで分かりやすい歌詞が多いと思います。

現在の歌に否定的な人はB'z、福山雅治などの歌詞のどういったところと比較して
今の歌は「ストレートすぎてつまらない」と言っているのでしょうか。


なお、この質問は現在と昔の歌の傾向を分析する目的でやっているため
「人の感性はそれぞれだから個々人で好きなものをきけばいい」といったご回答はご遠慮くださいますようお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

B'z、福山が若手として全盛期の頃にファンだったものです。



まず、B'zでも福山でも、歌詞がよいと感じるのはアルバム収録曲など、マニアックな曲ですね。
例にあげている「Love me, I love you」とか「Liar!Liar!」、「ねがい」のようなシングル曲は
所詮商業曲なんで、ノリや語呂がメインで、俺はいいと思ったことはありません。
まあ、同じ人が書いている詞なので、”らしさ”はありますが。

あとは歌詞のよさを感じるのは、自分のそのときの状況によります。
俺の場合は、高校時代、大学から社会人へ等、環境の変化が大きいときに
B'zなどを聴いていたので、歌詞が自分にオーバーラップして、じーんとくることは多かったですが、
結婚したの状況・心境では感じにくくなりました。

なので、同と同じ位の年代の人間が、「俺らが昔聴いていた音楽の詞はよかったが、今の曲は・・・」
といったところで、「聴いているお前らが成長して、感性が変わったのだから、比較なんてできるわけないだろう、あほか?」と感じます。
(よくいます、そういう、自分がいいと感じたものが絶対と勘違いするやつらって。。。)

個人的には、いまも昔も大差はないと感じます。
確かに、HIPPOP系は超直球だし、V系は意味はないようなきれいな情景が羅列しているようにしか
感じません。

でも、普通に凛しぐやワンオク、ウーバーなんかも、いい歌詞の曲はたくさんあると感じます。

たぶん、「今の曲は」なんてほざいている奴は、最近の曲をほとんど聴いていないのでしょう。
音楽を聴く人間の発言ではないと感じます。

曲の傾向は変わっていない。
が、アホみたいなアイドルのCDが上位を占めているため、それ以外のまともな曲が少なくなった。
そういう曲しか聴いていないやつらにとっては、歌詞がつまらないものが多いと見える。
実際は、今も昔もいい歌詞の曲は普通に埋もれている
というのがそれなりに今の世代の音楽も聴きあさっている自分の意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言われてみるとB'zもシングル曲とアルバム曲で表現のストレートさは結構変えてますね(笑)今はAKBとかがやりすぎてしまって凄い歌詞を書くアーティストが表に出ずらくなってるというのは確かだと思います。流石にAKB祭りも来年ぐらいには落ち着いてほしいなとは思いますね(笑)
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/08/25 12:18

>なお、この質問は現在と昔の歌の傾向を分析する目的でやっているため


「人の感性はそれぞれだから個々人で好きなものをきけばいい」といったご回答はご遠慮くださいますようお願いします。


歌も歌詞もある意味感性ですから、傾向分析なんて出来ないと思いますよ。
傾向分析するならアンケートのカテゴリで年代別にやることでしょう。
「ストレートでわかりやすい」っていう表現自体個人個人の感性に由来している
部分が多いと思います。
40代後半の私にとってはB'Zの「Liar!Liar!」でさえ、ストレートじゃなくてただの
語呂合わせにしか感じませんし、もちろん現代の西野カナなどは歌詞が稚拙で
深みがないとさえ感じます。
今時の若者は・・・と言う気持ちは更々ないですが、1970~1980年代の歌詞には
人の心を揺さぶるモノが何かありました。
歌にストーリーがあり、言葉が言葉として心に響き、余韻が残響のように残る。
尾崎の十五の夜や卒業はリアルタイムで同じような経験をしたし、松山千春の「恋」や
チューリップの「心の旅」や「サボテンの花」には恋心の機微が見て取れます。


さて、本題ですが、「西野カナやflumpoolはストレートでつまらない」というのは
要は「西野カナやflumpool」と「福山とB'z」を比較せよってことなんですかね。
オジサン世代の私の理解では「西野カナやflumpool」の歌詞に繰り広げられる
歌詞の世界は個人的で狭い感じがします。
それは現代の若者世代のニーズや心情の多様化にも通じると思います。
それに比べて90年代はまだ若者(当時)の中に共通理解や共通認識とされる
核のような感情や思いがありました。
当然、歌手もその辺りを突いて共感出来る歌詞を書くわけです。
歌詞のストレートの度合いが違うわけです。
要は90年代のストレートな表現の範囲より今のストレートとされる(許される)表現の
範囲がより狭いがために今の曲のほうがよりストレートに感じるのだと思います。
結局は感性の差になってしまうのですが、共感できる部分、共通項が狭いほど
選択肢が少なくなりストレートに成りがちです。
だから、90年代VS2012年ではどちらのその旬な時でのストレートさでは
同じくらいではないでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「現代の若者世代のニーズや心情の多様化にも通じると思います。」「90年代のストレートな表現の範囲より今のストレートとされる(許される)表現の
範囲がより狭いがために今の曲のほうがよりストレートに感じるのだと思います。」このご見解は非常に面白かったです。価値観の多様化というものがストレートと思われる表現の範囲に影響しているのは面白いですね。ありがとうございます。

お礼日時:2012/08/25 12:14

 たとえば西野カナはB'zや福山雅治(これはあくまでもたとえですよ。

要するに素人時代から誰かの歌にインスパイアされて歌手になったということです。)を絶対に聞いているはずです。
そしてB'zや福山雅治やミスチルなどはサザンオールスターズを聞いてないなんてありえません。

 我々が現在聞くどの歌も、過去の作品の影響を必ず受けているはずです。
それはもちろん作詞の部分でも作曲の部分でもです。

 音楽だけではなく、小説も映画も現在のものが過去のものよりも面白く無いのは当然だと思います。ただそれも過去のものをオンタイムで知っている世代だけが思う感想でしょうね。

 「90年代はB'zの稲葉さん、福山雅治さんなど歌詞がすごい人が多かった・・・」などという意見は少なくとも30歳以上の人の意見ですね。
50過ぎている私などは1970年代80年代が最高だったと思います(笑)


 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。私も最初は過去の歌をリアルタイムで聞いてた人がイチャモンつけてる、どの時代にもありうる類の話しかと思ってました。が、最近は90年代のほうがいいという意見が20歳以下の人からも多く出てるような印象を受けます。そう思うとやはり今の歌詞は音楽好きの間にある一定の基準を満たしていない歌詞が多すぎるのかと思いました。

お礼日時:2012/08/12 17:51

その方はあまりにステレオタイプ化して考えているのではないですか?



西野カナさんの歌を自分は知りません。しかし、この間スーパーの店内BGMとしてかかっていたので歌詞に注意して聴いてみました。


…うん、確かに。
比喩とかほぼ無かったように記憶してます。もしかしたら、あれはプロデュースの方向性かも知れませんよ?彼女のキャラで若い子に受けるためにワザと難しい表現を避けているとか。
そう思うほどスレート、ド!スレートでした。


一方、稲葉さんの詞は弾けてましたね。着眼点が面白いというか、テーマと歌詞の遊びというか…。色んな場所からテーマを引っ張ってきての表現力は独特の世界観ですね。


西野カナさんは、「恋愛というテーマをそのまま誰にでも分かるように恋愛という服を着せたまま伝える」君が好きなら「君が好きだよ」ってな風に。

ただ、あまりにスレート過ぎるため、展開が読めてしまいます。そこが受け入れられない人もいるでしょう。

今と昔というより、表現方法だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに稲葉さんの歌詞はストレートではあるけど(当時としては)着眼点がすごいもの多かったですねwww誰が連想しそうにないところからネタを引っ張ってくること、確かにありますね。参考になります。ありがとうございます。

お礼日時:2012/08/12 17:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近のJPOPがつまらない曲ばかりなのは何故ですか

私の感覚では95、6年あたりがJPOPの最後の黄金期で、
それ以降発表される曲は、

(1)歌詞が抽象的で風景が浮かばない、何を伝えたいのかわからない
(2)歌詞の中から社会性が抜け落ちてしまっている

という共通点があるように思います。

みなさんはどう感じておられますか?

Aベストアンサー

自分が思うには、TVの音楽番組などで紹介されている曲がそんな曲ばっかりな気がします・・・なんか万人受けであたりさわりがなくって感じがしますね。


でも、そんな歌ばっかりじゃないと思います。
KOKIAさんとか素敵だと思いますよ。
人間ってそんなものねとか伝えたいことははっきりしていると思います。
社会性とかは質問主さんがどういうのを求めてるのかはっきりわからないのでよくわかりませんが・・・


主さんは(1)(2)を条件を満たしている曲は何だと考えていますか?
理由も聞いてみたいです

Q日本の最近の音楽シーンのアーティストつまんなくないですか?

非難覚悟で書きます。今の日本の音楽シーンがつまらない人いませんか?
こういうこと書くと ジャニーズのアイドルが威張ってるからなって言う人がいるでしょうが?私はまだ ジャニーズのアイドルはまだ 全然マシです。
問題あるのはアーティスト系の人に対してです。
最近の日本のアーティスト系の人のヒット曲 全然つまらないです。
パフォーマンスも地味、目指すところは 「平均的なお兄ちゃん」
曲調もどれも とくにRapとかの曲に多いのが
「君と一緒にいたい」「君を守りたい」「あの頃は良かったねえ君がいつもいてくれて、でも今は一人(早い話が失恋ソング)」
そういう弱さをアピールする、普通の男っぽさをアピールする曲ばかりで。
よく、薬局に買い物に行きますが、そういう曲ばかりが流れてウンザリです。
単調なラップの曲調に そういう 地味な普通の男っぽい歌詞ばかり

昔はもっと セクシャルな女性に対するちょっとエッチな歌(最近は普通の可愛い系の女性に対する守りたいだのそういう歌ばかりで もちろん可愛い系の女性に対する歌もいいですが、セクシーな女性への歌が少なすぎます。)
サザンのような変わった歌詞の歌
 ビジュアル系バンドのような攻撃的なルックスに歌詞の歌 
小室系のようなパフォーマンスが派手な歌がはやらないのでしょう。

どうして、こんな地味な曲調のアーティストばかりになったんでしょう。
今 「春夏秋冬」とかいう ヒルクライムの曲が流行ってますが、こういうのが、はっきりいってもうウンザリです。君と一緒にいたい君とどっかにいきたいとか そういうのばっかりじゃないですか 最近の??

だから最近日本の歌はもう聞いてません、洋楽か(PITBULL最高ですね)ビッグバンのような韓国系アーティストです(ビッグバン パクリとか言う人いますが、否定はしませんが、私にとってはまだ 彼らの方が見てて楽しいです)

今の日本の音楽シーンだったら、まだ ジャニーズの方が見てて聞いてて楽しいです。
いくら自分で曲を作るといっても 同じような 曲調の 「君と一緒にいたい」だのそういう 誰でも考えられるような歌詞ばかりだったら 私はまだジャニーズの方が全然マシです。
だから最近、日本の歌はあまり売れてないんじゃあないんですか?

質問ですが、今の日本の音楽シーンってどうでしょ?良くなったと思いますか?それとも私と同じようにつまらなくなったと思いますか?どうでしょ??

非難覚悟で書きます。今の日本の音楽シーンがつまらない人いませんか?
こういうこと書くと ジャニーズのアイドルが威張ってるからなって言う人がいるでしょうが?私はまだ ジャニーズのアイドルはまだ 全然マシです。
問題あるのはアーティスト系の人に対してです。
最近の日本のアーティスト系の人のヒット曲 全然つまらないです。
パフォーマンスも地味、目指すところは 「平均的なお兄ちゃん」
曲調もどれも とくにRapとかの曲に多いのが
「君と一緒にいたい」「君を守りたい」「あの頃は良かった...続きを読む

Aベストアンサー

私は個人的に音楽をやっている者ですが、2000年辺りからの音楽が
見ていてかなりひどいです。
まず歌唱力の劣化が1つ、皆さんも聞いていれば分かると思いますが、
最近の歌手もどきは高音になると必ずミックスボイスという
裏声と地声を混ぜた発声をします。あとフェイク、下手なくせに洋楽のR&Bをマネたもどきの「タラッタ~、ンン~イェイェイェー」みたいな
フレーズの後付、これいらないです。
これが私からすると不快でなりません。歌詞汚しです。シンプルでいいんです。男女問わずよく聞きますが、高い音を出す技術がないから
小綺麗にまとめてリバーブやディレイという声を響かせたり遅くして重ねるエフェクトというのですが、こういった機械を使ってごまかしている歌が多すぎます。もっと腹から声出せと、練習しなすぎです。
もうね、上のラという音があるのですが、ここ辺りで喉の方に声のポジション来ちゃってて見てて情けないですよ。声っていうのは深いポジションで出すべきなんです。腹と決めたらそこからどんだけ高い声の音程になっても動かさす常に腹を意識して腹で高音を出すべきなんです。これさえ出来ない人がい多すぎてみていてがっかりします。
TUBEとかMISIAとか見ていて発声が良いんで心地いいですね、やっぱりあのくらいないとスッキリしないです(笑)
JPOPで歌唱力だけなら自分の方が上手いっていうの山ほどいますよ、
歌唱力対決出来るなら是非行きたいもんです、
さすがに演歌は専門じゃないので演歌は厳しいですが(笑)
歌ってもっと本来の人間の本音が出て良いんですよ、例えば
今日はムカついた、暴れたりない、ぶっ壊してやりたいとか
この錆びついた現実をぶっ壊して自由を手にしてやるとかね。
でもこういうの売れないんですよ、インディーズとか洋楽ならいっぱいあると思いますけど、JPOPは殆どないですね。
で、音楽のCD買ったり聴いている今のリスナーって10~20代くらいで、
本物の歌を知らない人が多いんですよ、だからTVで聞いた歌が歌だと思ってしまう。下手な歌手が歌っているからそれを聞いて育っている人はちょっと練習したらそれ程歌手と変わらないじゃんとか思って私も歌手になれる~と思う訳です。で、実際に運とかビジュアルがよければ
デビューしちゃう、でも流行が早いから飽きられれば半年持たない見たいな。
この業界もそうですが、結局商売なので、それだけ資金を出せる会社が勝てる仕組みな訳です。実力は2の次なんですよね。で、リスナーに一番受けが良い曲を歌手が歌う訳です、歌手も自由にやりたいでしょうが、結局売れなければ会社から首になる訳です。
なので、会社の人からこういう曲を作ってくれと言われればそれに従うというのが流れなんじゃないですかね。で、それが恋愛ごっこの歌という訳です。今の日本もそうですが、やれ草食男子だのスイーツだの婚活だの負け組みだのニートだのくだらない言葉作ってる暇あったら人生観変えるくらい劇的な曲一個作れって感じですね。その方がよっぽど社会のためになります。もっと本物の歌手が出てこれる平等な環境を作れと。で、一番個人的に笑えるのが、歌手で「君だけを愛してるとか、あなただけを見ているとか、君がくれた愛を忘れないとか」多すぎます。
んで、歌ってる本人達がニュースとかで「○○、今度は○○と熱愛!!」とか出ると、おめ~歌であれだけ綺麗事行って結局これかよって感じで笑えます。お前どんだけ歌で偽善語ってんだよと。歌うなら
歌った言葉全部自分の言葉通りの人生貫けやと。お前だけ見てるって歌ったら最後まで貫けやと。そんな覚悟もないなら始めから歌うなって感じですよ。口だけだから全く迫力がない。カリスマ性もない訳です。
歌手ってのは聞いてる人のみんなの思いを載せる気持ちの代弁者みたいなもんです、だから背負ってるもんがなきゃ言葉の説得力も出ないし歌手とは言えないんですよ。今の歌手が駄目なのは説得力がなく(本当の苦労をしていない)、自分で作詞作曲も出来ずに
唄もへたくそな上にダンスして、パフォーマンスだけは
派手にやってるからどれみても心に響かないんです。
やってる本人達は一生懸命でしょうが、甘いです。24時間歌手でいる事が出来ない。だからマルチタレントがCD出せる時代な訳です。歌手が下手くそだから他のジャンルのタレントや会社の経営者がおれんとこの奴でも出せんじゃないかと思う訳です。で、ファンがそれを買う。
悪循環です。
本物の歌手は今頃何処かの隅っこで誰かの為に今宵も歌っている事でしょう。TVに殆ど出ていませんが、大体何でもそうですが、
本物って限りなく少ないんですよ、1000あったらその中に本物は数個あるかどうか。後のは全部贋作かコピーか本物をまねた偽物な訳です。私は本当に実力のある人間がTVで歌を歌うべきだと常に思っています、あと作詞作曲全部自分でやっている人達。提供されているのは結局自分の中から出たもんじゃないから結局歌に歌わされているんです。
歌を物にしてはいないんです。こう歌えとか言われて歌った小奇麗に編集してまとめた歌です。だから売れない、心に響かない。アコギ一本でがむしゃらに路上で歌ってる人の方がまだマシです(下手なのはあれですが)。今の歌手でアカペラでまともに勝負できるのどのくらいいるんですかね?おそらく10分の1くらいしかいないと思いますね。
話はだいぶ逸れてしまいましたが、こんな感じですね。

私は個人的に音楽をやっている者ですが、2000年辺りからの音楽が
見ていてかなりひどいです。
まず歌唱力の劣化が1つ、皆さんも聞いていれば分かると思いますが、
最近の歌手もどきは高音になると必ずミックスボイスという
裏声と地声を混ぜた発声をします。あとフェイク、下手なくせに洋楽のR&Bをマネたもどきの「タラッタ~、ンン~イェイェイェー」みたいな
フレーズの後付、これいらないです。
これが私からすると不快でなりません。歌詞汚しです。シンプルでいいんです。男女問わずよく聞きますが...続きを読む

Qどうして西野カナのような歌が売れるのですか?

どうして西野カナのような歌が売れるのですか?

私は20代前半のおたくっぽい女です。

西野カナが売れる意味が分かりません。
まあ、最近では世間の大体の人が、あの歌詞を気持ち悪いだとか糞だと思っているみたいですが。
じゃあ、何故女子高生にはウケがいいのでしょう?

あんな語彙の少ない陳家な歌詞の何がいいのです?
そもそも何故最近の若い子はあんなにも語彙が少なくギャル文字などを好むのでしょうか。
ギャル文字はいいにしても、携帯小説とか(まともに読んだことがありませんが、読みたくないのです)あんなもの小説じゃないです。

軽い言葉で軽く語られた恋愛詞の何がいいのか。

どうして語彙が少ないことがつまらない事に気が付かないのか。

じゃあ、なんで西野カナは売れるのですか。
ファッションや顔スタイルを支持して売れるのは別として。
歌唱力があるようにも思えないし、どうして売れるのか教えてください。

ちなみに私は、○○ちゃんが持ってるから買うとか、流行ってるから買う、みたいなこともよく分かりません。

Aベストアンサー

結論からいうと、あなたと真逆の感性や考え方の人間がいるからです。どんなモノでもサービスでも買いたいと思うひとがいる、もしくは、買いたいと思わせることができれば売れるのです。あなたに売れる意味がわかるかどうかは、売れることと一切関係ありません。ちなみに、私は村上春樹のくそ面白くない自慰のような小説がなぜ売れるのかさっぱり理解できませんし、B’sやGLAYのようなくだらないロックまがいの偽曲がなぜ売れるのかわかりません。ただ、売れているのが事実で、そこに私の意見は関係ないのです。逆に私は浅田次郎やエアロスミスが大好きですが、大嫌いというひともいるでしょうしね。まぁ、ひとそれぞれですよ。ちにみに、西野カナだけでなく、現在日本で売れている楽曲のほとんどがなぜ売れているのか私には理解できません。日本人の音楽センスのなさの象徴でしょうかね。

Q今の音楽はつまらないと感じる方(日本の音楽)

今の音楽は聴いていて楽しくない、つまらないと感じる方に質問です。
いつぐらいからですか?
なぜだと思いますか?
その他、現在の音楽に対する感想はありますか?


この質問の音楽とは日本のポピュラー音楽(J-POP、アイドル、演歌を含む歌謡曲など主にCDセールスが上位に来るジャンル)を想定しています。

あくまでも全体的な総論としての質問です。
好きな音楽もあれば嫌いな音楽もあるなど通り一遍の回答は遠慮ください。

Aベストアンサー

最初の頃からアイドル系の男性歌手の曲は聴きません。それと演歌。
如何しても演奏に負けていない歌手を選択する場合が多いです。
CDランクは曲を探す手順としてしか使用しています。
あまりに音響設備に頼っている歌手が多くて、コンサートで聴くと
幻滅する歌手が多い様な気がします。
本田美奈子さんの様な歌手なら諸手を上げます。
過日オペレッタの歌手が出たコンサートに行きましたが、
マイク無しで、2千人入る会場で声が響いていました。
演奏もマイク無しでした。

Q90年代の曲の方がよかったって、正気ですか?

20代や30代の人らがよく「音楽は今の曲よりも90年代の方がいい曲が多かった」って言ってるんですけど、
ちょっと理解できないんですよね。そんな10年以上も昔の曲なんて、古くてダサいしその上妙に説教臭くて演歌みたいで、
今の曲と比べてノリも悪いし聴くに堪えないのばっかりなんですよ。
少なくとも僕の周りではみんなそんな昔の曲なんて聞いてる人はいません。
絶対今の曲の方がいいと思います。
何でそんな時代の曲がいいんですか?昔の人は耳がおかしかったんですか?

Aベストアンサー

>そんな10年以上も昔の曲なんて、古くてダサいしその上妙に説教臭くて演歌みたいで今の曲と比べてノリも悪いし

90年代の曲まともに聞いたことあるんですか?
前半は80年代感が漂ってますが後半はむしろ今よりハイスピード・アップテンポな曲が多いですよ。
古さを感じてるにしても少なくとも演歌や説教とは正反対ですね。
(別に演歌とかを否定しているわけではありません)
俺は今10代ですが97,98年辺りの音楽がかなり好きです。
ノリの良い曲が好きならELT、B'z、小室系とかを聞いてみるといいかもしれませんよ。

Q最近の曲と昔の曲のメロディの違いについて疑問に思ったので質問させて頂き

最近の曲と昔の曲のメロディの違いについて疑問に思ったので質問させて頂きます。

よくテレビなどでCD、着うたなどのランキング番組が放送され、新曲や10年前のトップ10~などを耳にする機会があるのですが、
その曲がいつ発売されたのかということを全く知らなかったにも関わらず、
「この曲は古い曲だな」「この曲は最近流行りの感じの曲だな」
と、聞いただけでその曲がいつの年代のものなのかを分かることがよくあります。

この10年以内の曲、10以上前の曲、20年以上前の曲とハッキリとした節目がある訳ではありませんが、
その当時のランキングと今のランキングを比べてみると
曲調、メロディーになにかその年代ごとの癖があるように感じます。

クラシックと演歌など、ジャンルそのものが違うという訳でもないのに、どうしてこのように今の曲と昔の曲とで違いを感じてしまうのでしょうか?

また、最近の曲の流行りと、1990年前後の時代の曲の流行りとで、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

どなたかご解説をお願いします。

Aベストアンサー

#1の方の言うように、音節を無視して「メロディに言葉を乗せている」だけで
「唄っている」感じの歌がなくなったのは大きいと思います。
また、リズムだけじゃなくて「音」も随分変わりました。

昔はたとえば童謡のちょうちょであれば
日本語の「ちょうちょ↓」にちゃんと音も上から下に動くものに
さくら↑であれば音も下から上に…。

最近の曲はこういった音の動きをあえて無視するかのような載せ方が多いので
一瞬聞き取れなかったり
文章を語るような歌い方のできる歌手が減ってる気がします。

最近の歌手でも意味を伝えるような、感情をこめて読むような歌手もいますが
多くは機械的に歌と歌詞が独立している感じがします。

カエラさんのバタフライとかは、割と流行のない素直な載せ方に感じます。

Q青春アミーゴ : 昭和のアイドル歌謡と最近のJ-POPの違いは?

 昨年11月に発売された『青春アミーゴ』(修二と彰)は、幅広い世代から支持され、瞬く間にミリオンセラーとなりました。
 歌っている2人もテレビ初出演の番組で「昭和の歌謡曲をイメージした、ダサカッコイイ路線を狙ってるみたいで、お父さんお母さんの世代も耳に入りやすい懐かしいメロディー」と話していましたし、30~40歳代の人たちも異口同音に「懐かしい感じがして馴染みやすい」という印象を持っているようです。
 確かに昭和のアイドル歌謡と最近のJ-POPでは、全体の印象がかなり違うように感じるのですが、どこがと言われるとなかなかうまく説明できません。キーやリズム、コード進行などいろいろな要素があると思いますが、両者の印象の違いは主に何に因るものなのでしょうか?

Aベストアンサー

「歌謡曲」と「J-POP」は、単に呼び方の違いだけだと私は思ってます。
要するに、流行りの歌のことを、
20年ぐらい前までは「歌謡曲」と呼び、
最近は「J-POP」と呼んでるというだけです。

ただ、20年前と今では音楽性は大きく変わってます。

リズムが複雑で、音符が細かいものが多くなったこと。
男女ともに音域が高くなったこと。
サンプリング、スクラッチなど、クラブDJ的手法によって作られた音が一般化したこと。
いろんな変化があります。

私が思う一番大きな変化は、「日本語の乗せ方」の変化です。
たとえば「愛してる」という5音節の言葉を、
昔は「あ・い・し・て・る」と5個の音符で歌っていたのですが、
今は「あいし・てる」と2個の音符で歌うことも珍しくありません。
最近は、音符自体が昔と比べて細かくなっているのに加えて、
そうやって強引に音符に言葉を詰め込んだ曲が多いように思います。

ここらへんは以下の過去質問が詳しいと思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=962492
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=481239

「歌謡曲」と「J-POP」は、単に呼び方の違いだけだと私は思ってます。
要するに、流行りの歌のことを、
20年ぐらい前までは「歌謡曲」と呼び、
最近は「J-POP」と呼んでるというだけです。

ただ、20年前と今では音楽性は大きく変わってます。

リズムが複雑で、音符が細かいものが多くなったこと。
男女ともに音域が高くなったこと。
サンプリング、スクラッチなど、クラブDJ的手法によって作られた音が一般化したこと。
いろんな変化があります。

私が思う一番大きな変化は、「日本語の乗せ方」の...続きを読む

Q作詞やり始めた人にありがちなこと

なんとなく興味を持ったんで意見を聞かせてください。
作詞やり始めた人にありがちだなぁと思うことってどんなのがあるでしょうか?
思いつくままに列挙してくださいますようお願いします。

ちなみに自分の思うのには
・字数をむりやり譜割に合わせているせいかメロディとのノリが悪い
・比喩が分かりにくい
・一つの単語が休符で分けられてしまっている

とかです。

Aベストアンサー

こんにちは。
作詞を軽く見てはいけないと思います。歌詞というのは制約が多く、文章としては比較的やっかいなものです。加えて、字数に制限のある俳句や川柳などは果たしてアイディアや感性がその骨格であり、国語力だけでではとても手に負える代物ではありません。
では、感性が全てかといいますと決してそうではないですよね。特に若い人は知識や経験に乏しいため、どうしてもインスピレーションで勝負せざるを得なくなります。もちろん優れた作品であるあらば文句はありませんが、視野が狭いため、結局、ほとんどがありきたりの題材に耳障りの良い言葉を繋ぎ合わせただけといった結果に終わってしまいます。

基本的にメロディに乗せるものでありますから、字数を合わせた方が綺麗に聞こえるというのは、これは日本語の歌詞である限り仕方がありません。加えて、あまり意識されていませんが、韻を踏む、イントネーションを合わせるといったものも作詞における技法のひとつとなります。
韻を踏むというのは中世の英詩でもたいへん重視されていたそうですから、日本語に限らず言葉数や段組など、やはり聞く人に心地良い響きというのは色々とあるわけです。構成を例に執りますと、一般的には設定を述べて結論に繋ぐ。あるいは逆に、結論を冒頭に持ってくるというのは様々な文章において「掴み」の効果がありますので、インパクトのある作品を狙うときの常套手段ですよね。ところが、一番では結論が先なのに、果たして二番では状況から始まっている、これ、意外に気付いていません。そして、これが統一されずに二番、三番と続きますと、聞いている方は気持ちがぐしゃぐしゃになり、終いには理解より違和感が産まれてしまいます。
たいがいのひとは分かってやっていると思いますが、たいせつなのは、これを常に意識するということです。これにより、作品全体を眺めながらバランスを整えます。果たして、気に入らないところばかりちょこちょこといじくっていますと、そのうちに収拾が付かなくなってしまうのであります。

「夕焼け小焼けの赤とんぼ」のメロディを思い出してみて下さい。「あか」という言葉は右下がりですので、メロディも下りです。そして、「とんぼ」の部分はメロディがアクセントと同じ上りになっており、共に極力メロディを言葉のイントネーションに合わせてあります。たいへん困難な作業ですが、現在のJPOPの先駆けである洋楽が主流として浸透する以前には、日本語の歌謡にはこのような細かい配慮まで成されていました。
このように、歌詞には様々な制約があるため、何とも他の文章のような一筋縄ではゆきません。だからと言って、それもこれも皆、とりも直さず言葉を綺麗に歌うための手続きでありますから、決して敬遠してはいけないと思います。そして、そのためにはやはり、語彙や表現力の豊富であるに越したことはないわけです。

比喩が伝わらないのには原因がふたつ考えられます。ひとつは、作者自身が表現したい事柄をきちんと噛み砕いていないこと。この場合本人が理解していないのですから、どうやったって相手に伝わるわけがないのであります。
果たしてこれはあまりにも致命的ですが、多くの場合、表現に詰まり、已む無く捻り出した言葉で何とかその場を埋めてしまうというやつです。そして、この言葉にはこういう意味があるのだからこれで良いのだ、本人は執り合えずそれで納得してしまいます。ところが果たして、これはこういう意味なんだと後から相手に説明しなければ分かってもらえないというのでは、はっきり言って何の意味もありません。
ひとつの解決手段としましては、何らかの表現、あるいは比喩を用いる場合、作品全体の流れを予めこれに合わせて整えておくということです。これでしたらかなり特殊な表現を用いても、文章の前後からその意味を推測することが可能です。もちろんそのためには、作品のテーマや意図をはっきりと練り上げておく必要があります。比喩というのは作品を埋めるためのパーツではありません。メタファーを放つならば、予めここぞと言う決め手に使うべきです。何故ならば、ある程度でも通常表現を上回る効果が得られないならば、そこに敢えて比喩を用いる価値は物理的に存在しないからです。

もう亡くなりましたが、阿久悠というのはその時代の世相などを匠に題材として取り入れ、ヒット曲を連発した天才作詞家です。若い人には馴染みが薄いと思いますが、このひとはプロのクリエイターとしても群を抜いており、日本の歌謡という分野にひとつの古典を確立しました。好き不好きもあると思いますが、作品は山ほどありますし、何故この言葉がそこに使われているのかといったことを考えながら一度読んでみて下さい。たいへん良い参考書になると思います。因みに、秋元康というのはその時代の流行を自分で作ってしまうという特殊な才能の持ち主であり、こちらはちょっと我々には真似ができませんね。

阿久悠の詞が人々の心を捉えたのは、その時代を見据える「観察力」だったと言われています。
文章を書くためには、その題材が必要です。まず、世の中の出来事や自分の体験など、何らかの事実に基づけば執り合えず書けるわけですが、やはりそんな当たり前のものでは誰も見向きもしません。では、誰もが知りたいこと、あるいは中々体験できないことを書けば良いわけですが、そのためには何とか想像力を働かせるしか手はありません。但し、幾らなんでも現実や史実に存在するものを自分の想像で補うことはできませんから、そこには必ずや「取材」という作業が必要となります。そして、ここに「観察力」というものを働かせます。
ただ見聞きするだけではその姿形しか分かりません。ですが、観察することによってその裏側や内面を捉えることができます。これにより、自分が感じたこと、考えたことを逐一心に書き留めます。

作家が長編小説を書くのに数ヶ月という期間を要します。ところが、原稿用紙やワープロに向かって執筆をしているのはほんの僅かであり、そのほとんどは取材に費やされます。来る日も来る日も取材を続け、作品のストーリーや設定を実現するための裏付を血眼になって集めます。これが最も苛酷な作業であり、作品から逃げ出したくなるのはこのときです。ですが、このようにして長編を二本、三本と仕上げるならば、そこには膨大な知識が吸収されます。作家がみな自然と物知りなのはこのためです。

先に述べましたように、感性というのは観察力によってある程度補うことが可能です。では、アイディアというのは即ち、「誰も思い付かないこと」であります。
知識や理論で導き出すことができるならば何れは誰でも辿り着くことができます。ですが、アイディアというのは出そうと思って出るものではありません。このためには、様々な知識や体験を幅広く積み重ね、ここからそれが浮かび上がってくるのを待つしか手段はないわけです。明日出るか、あるいは十年待つかは分かりませんが、少なくともより多くの認識を蓄えることが「グッドアイディア」と「独りよがり」の客観的な評価に繫がり、それが良い作品を生み出すための必ずや突破口となります。

歌詞には様々な制約がありますが、それは言葉を美しく歌うための手続きです。語彙や比喩というのはただの飾りではありません。作品全体を見据えた上で最も適切な選択を行うべきです。後で説明が必要な表現などは、くれぐれも論外です。
七面鳥臭いかも知れませんが、とにかく今は作品を仕上げることです。そのためには「取材」と「観察」を怠ってはなりません。政治・経済、環境・未来、高齢化・いじめ、題材は何処にでもあります。もちろん、恋愛などのトレンディだって独りよがりでは誰も見向きもしません。視野を広げ、それを備に観察して下さい。これを繰り返すことによって質問者さんの認識は自然に高まり、やがて自分の作品に客観的な自己評価ができるようになるはずです。

こんにちは。
作詞を軽く見てはいけないと思います。歌詞というのは制約が多く、文章としては比較的やっかいなものです。加えて、字数に制限のある俳句や川柳などは果たしてアイディアや感性がその骨格であり、国語力だけでではとても手に負える代物ではありません。
では、感性が全てかといいますと決してそうではないですよね。特に若い人は知識や経験に乏しいため、どうしてもインスピレーションで勝負せざるを得なくなります。もちろん優れた作品であるあらば文句はありませんが、視野が狭いため、結局、ほと...続きを読む

Qカラオケで若者が盛り上がる古い曲は?

10代後半~20代前半の若者5人と新年会の三次会でカラオケ屋に同行した30代半ばの自分です。夜の11時から翌朝6時の閉店まで皆カラオケに燃えてました。

若者達5人は「嵐?」「なんたらクローバー?」「エグザイル?」「西野カナ?」「きゃみーぱむぱむ?」「エーケービーなんたらエイト?」と自分の知らない人の知らない曲ばかりを歌って盛り上がっていました。

自分は知ったかぶりで盛り上がって無理矢理タンバリンを叩いて歌う若者達を盛り上げていました。

いざ自分が歌う番

しかし若者達は「何この曲?」って感じで渋い反応でした。

中にはトイレに行く若者やスマホを弄ってる若者が…しかし一部の曲を歌った時は若者達は大いに盛り上がってくれました。

自分も何曲も歌いましたが歌った曲がこちら↓

・恋の予感(安全地帯)若者達の反応→全く盛り上がらず

・いっそセレナーデ(井上陽水)若者達の反応→全く盛り上がらず
・お願いDJ(サザンオールスターズ)若者達の反応→全く盛り上がらず

・今夜はエンジェル(椎名なんたら)ヤヌスの鏡のオープニング曲、若者達の反応→全く盛り上がらず

・それが大事(大事Manブラザーズバンド)若者達の反応→少々盛り上がった

・サファイアの瞳(THEALFEE)若者達の反応→全く盛り上がらず

・ロケットダイブ(hide)若者達の反応→大いに盛り上がった

・待つわ(あみん)若者達の反応→20代前半の一人がパートナーになってくれて若者達は大いに盛り上がった

・ゆずれない願い(田村直美)若者達の反応→あまり盛り上がらず
・ひとなつの経験(山口百恵)若者達の反応→「あっ!これ知ってる!」と少々盛り上がった

・恋心「B'z」若者達の反応→大いに盛り上がった

1970年代~1990年代のまだ若者達が生まれていない頃の古い歌でも盛り上がってくれる歌と全く盛り上がらない歌があるもんです。

曲のジャンルや歌手にもよるんでしょう。

長々と失礼しました。
ここで質問です。

1970年代~1990年代の曲、つまりは今の若者達がまだ生まれていない頃や幼少期の頃の古い歌でも若者達が盛り上がってくれる曲は何があるでしょうか?

教えて下さい。

なるべく名曲で。

10代後半~20代前半の若者5人と新年会の三次会でカラオケ屋に同行した30代半ばの自分です。夜の11時から翌朝6時の閉店まで皆カラオケに燃えてました。

若者達5人は「嵐?」「なんたらクローバー?」「エグザイル?」「西野カナ?」「きゃみーぱむぱむ?」「エーケービーなんたらエイト?」と自分の知らない人の知らない曲ばかりを歌って盛り上がっていました。

自分は知ったかぶりで盛り上がって無理矢理タンバリンを叩いて歌う若者達を盛り上げていました。

いざ自分が歌う番

しかし若者達は「何この曲?...続きを読む

Aベストアンサー

ロケットダイブで盛り上がりましたか!
それは良かった。

知らない歌で盛り上がれるかどうかって、イントロやAメロでだいたい決まっちゃうと思うんですよね。しかも世代がちがうと。

最初にうん?なにこの歌?ビミョー。ってなってしまうとひきずっっゃいますからね。

学園天国
ヤングマン、Y,M,C,A(どっちが曲名か忘れました)

ブルーハーツの
情熱の薔薇
リンダリンダ
トレイントレイン

プリンセスプリンセスの
ダイヤモンド


リンドバーグの
今すぐkiss me

ジッタリンジンの
夏祭り

徳永英明の
明日を信じて(ダイの大冒険主題歌)

ミスチル
クロスロード
イノセントワールド
シーソーゲーム
名も無き唄

グレイ
Be loved

ゆず
夏色

思いつくのはこんなところです。

Qなんで箸の持ち方はそこまで大切なんですか?

私は恥ずかしながら20を過ぎるまで箸が正しくもてず、当時彼氏だった夫に注意され今では正しく持てます。

正しく無いのは間違いないので、さっさと正しい持ち方を夫に教えてもらい矯正しましたが、そもそも箸の持ち方を注意したり、やたらと気にする人は何がそんなに気になるのかは未だに分かりません。すっごく箸の持ち方を気にする人って居ませんか?

『育ちが分かる』『お里が知れる』という意見もありますが、実は私の身の回りに強烈な箸を持つ友人知人が何人かおり、全員もの凄いお嬢様です。
育ちというのが家が裕福だとか大変な名家だとか、そういう事では無いのは分かります。でも彼女達は箸の持ち方以外の外での振る舞いや、その他の常識もとってもしっかりしています。逆に他人の箸の持ち方が凄く気になる!と言っていた人(主に男性です)は箸は綺麗でも、その他の点においては品の無い感じだったりマナーが悪かったりして正直ドン引くような事もありました。先のお嬢様方とは比較にならない。。。と思ってしまいます。なのに箸の持ち方一つで人となりを判断されて、お里にまでケチをつけられるのが不思議です。
そもそも人に面と向かってマナーの事を話したりする時点でちょっと、という気もしますし。

箸の持ち方は良いのは間違いないのでそれはさておき、このギャップはなんでしょうか?
なんでスーパーお嬢様に限って箸のしつけだけされていなくて、一部とはいえマナーも何も無い方がやけに箸の持ち方にうるさいんでしょうか。首都圏と地方の差?男女差?私の周りだけですか?

マナーの話と言えば箸の持ち方がすぐ話題に上るのも不思議です。
和室の歩き方は?手紙の書き方は?挨拶の仕方は?電車内でのマナーは?と気になります。

ちなみに私は多少お嬢様ですが一般家庭出、夫は結構おぼっちゃまでしたが田舎出身なためかお店とかでは結構おいおい・・・と思う様な事は平気でします。

私は恥ずかしながら20を過ぎるまで箸が正しくもてず、当時彼氏だった夫に注意され今では正しく持てます。

正しく無いのは間違いないので、さっさと正しい持ち方を夫に教えてもらい矯正しましたが、そもそも箸の持ち方を注意したり、やたらと気にする人は何がそんなに気になるのかは未だに分かりません。すっごく箸の持ち方を気にする人って居ませんか?

『育ちが分かる』『お里が知れる』という意見もありますが、実は私の身の回りに強烈な箸を持つ友人知人が何人かおり、全員もの凄いお嬢様です。
育ちというの...続きを読む

Aベストアンサー

私は「箸の持ち方」は技術的な問題と思っています。(だから修正できる)
しかし、日本食では「正しい持ち方」でないと、「マナー的に問題が出る」物があると思います。
魚、煮豆。豆腐、等、正しい持ち方以外では、「汚い食べ方」になる場合があると言う事です。

ですから、食事をマナー良く食べるには、「箸の持ち方に気をつける」と言う事になると思っています。

質問にある「箸の持ち方にやたらとうるさい人」は自分の正当性、優位性を主張したい人と感じます。


人気Q&Aランキング