人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

カテ違いでしたらすみません。

拍手にはいろいろありますよね。
右手と左手をぴったり合わせるとか、少しずらすとか、
音が大きくでるような強さとか、両手の間に空気が入ったようなものとか、
それぞれに種類や用途というものはあるのでしょうか?

音の重さや大きさなど関係あるのでしょうか?

一番分からないのは空気を挟んだような音をさせる拍手が
分かりません。

マナーや作法などでの区別などありますか?

ご存じの方、教えて下さい。

A 回答 (1件)

拍手を、【ハクシュ】と読むか、【カシワデ】と読むかで解説も異なります。



【ハクシュ】なら、パ~ンと一回だけの1拍子の拍手。3拍子の拍手。擦り合わせる拍手。掌に空洞を作ってのバンと大きく音立てる拍手。拍手喝さいの連続打。

【カシワデ】には、厳然としたルールがあります。出雲大社系と、伊勢神宮系です。
参拝で行われる「二拝二拍手一拝」など、3回以下 のものは「短拍手・短手(みじかて)」と呼ばれ、出雲大社、宇佐八幡、弥彦神社の4回 、伊勢神宮の8回など、4回以上手を打つものは「長拍手・長手(ながて)」と呼ばれます。他に、8回打った後に再度短拍手を1回打つ「八開手(やひらて)」もあります。
神葬祭で音を出さずに打つ「偲手・忍手・短手(しのびて)」や、直会で盃を受けるときに一回打つ「礼手(らいしゅ)」などもあります。

細かい所では、両手を合わせる際に、指先まで合わせる作法と、意図的にずらす作法があります。ずらす作法にも、途中からずらす作法と、最初から最後までずらしたままの作法があります。ずらす理由としては、「音を良くする」他に「不浄の手と合わせない」「(神道と仏教、あるいは公家と武家などの)教派の違い」があります。音を良くする場合、左手指股に右手指先をあてるといいとされています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

勉強になりました。

お礼日時:2012/08/22 01:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。


人気Q&Aランキング