私は地方の大学で教育の美術を専攻しているもの大学三年です。
研究室の先生は西洋美術史の先生なので西洋美術史を中心にすると思います。
教育学部に入ったので、教師の免許(中学美術)もとったのですが、美術史を勉強したところ、とても面白く、この関係の仕事として美術館の学芸員になりたいです。
卒業と同時に学芸員、図書館司書、教免(中学)が取れる予定ですが、学芸員になるためには修士の免許が必要だとは思います。でも今の大学ではなく他大学に行きたいと思っています。
学芸員になるためにはどこがいいのでしょうか。
また、そこの院試にはどのような試験対策をしておけばよいのかアドバイスがあればお願いします。
院に行かなくても、学芸員になるために何かアドバイスがあればどんな些細なことでもいいので教えていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 実際に地方の小さな公立美術館に勤務している者です。


 私自身は、バブル後の美術館乱立期に就職したため、学部卒で今の職場につきました。
 ですが、百貨店系の美術館が次々と閉鎖され、公立美術館でも予算の削減が厳しい現在、ほかの方が答えられえているように、美術館への就職は相当厳しいことと思います。
 しかし、まだ学芸員の募集は実際に行われており、可能性はあると思います。
そのためには、院卒の資格は非常にプラスになるでしょう。他大の院を目指すのでしたら、まず自分の専門をしっかりと決めた上で、その道を専門としている先生がいるか情報収集することが必要と思います。その上で試験を受ける前に一度その先生を尋ねてみることです。
 院試対策としては、必ず過去問があるはずですので、希望する大学にいって入手することができます。可能ならば授業にもぐるといいと思います。院の試験はその大学の先生が作るわけですから、傾向がつかめると思います。西洋美術を専門としたいのならば、英語+フランス語やドイツ語などの第2外国語の勉強も必要です。
語学は就職後も非常に重要になります(たとえ日本美術を専攻したとしてもです)。
 
 院で西洋美術を専門にしたとしても、美術館に就職後は、国立美術館か一部の大きな公立美術館を除いては、西洋美術の展覧会、研究などに没頭できるとは考えないほうがいいと思います。(わたしの勤務先も含め)多くの美術館は、郷土の近代以降の美術作家の紹介、研究が活動の中心です。もちろん、中世~近代の西洋美術の展覧会なども開催しますが、これはほとんどが新聞社や展覧会企画会社が仲介にたっており、学芸員の仕事といえば、カタログの執筆、翻訳、作品の展示構成、などににすぎません。(わたしも学部ではバロック美術を勉強していましたが、現在は地違う分野を専門としております)
 
 どうしても西洋美術を仕事にしたいのならば、現代美術(戦後の美術)をお勧めします。最近は現代美術を専門とする美術館が増えてきており、この分野での人材はまだ十分とはいえないと思います。しかし、もしあなたが美術館に就職することを第一と考え、自分の嗜好に妥協できるとすれば、先ほども述べましたが、日本の美術(明治~現代)を専攻にしたほうがいいでしょう。この分野のプロパーは即戦力として重宝されます。特に工芸などの比較的マイナーな分野は多くの美術館が必要としています。
 日本の美術もやってみると結構楽しいものですよ。

 アドバイスになったかどうかわかりませんが、是非がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
難しいこととは思いますがやりがいがある、と思って頑張るつもりです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/05/24 23:59

補足です。


今では、学芸員になるためには修士卒の資格は必須のようです。
ひとつの例として、下記のURLの「スタッフ募集のお知らせ」のところをご参考ください。
なお、美術史が学べる大学院としては、国立では東大、東京芸大、京大、大阪大、神戸大、私立では、早稲田、慶応、同志社、成城、等々たくさんあります。
いずれの大学でも西洋美術史を学ぶことができます。

参考URL:http://210.150.209.12/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に丁寧な回答、ありがとうございました。
参考にさせていただきます。
難しいこととは考えていますが、自分がやりたいことなのでせいいっぱい努力したいと思います。

お礼日時:2001/05/24 23:53

私は東京の大学で西洋美術史を研究している大学院生です。


自分自身は美術館に勤めるようにはならないだろうと思いますが、同じ学科から何人も美術館の学芸員として就職していますので、少々書きたいと思います。

最初に、美術館博物館への研究職としての就職のためには、学芸員という資格はないよりはましですが、それよりも専門分野に関する知識の方がずっと重視されます。そして大学院というのはその分野の専門家として研究するための場所です。そのため、学芸員の募集には修士以上と要求する場合が多いわけです。
また、専門の大学院では先輩などに美術館学芸員の方も多いですから、知り合いになったりアルバイトしたりするチャンスもあります。
ですから、いやな言い方ですが、大学院に行くメリットはたくさんあります。もっとも私は大学院はメリットを考えて行くところではないと思いますが。また修士は免許ではありません。それだけの学問を修めたからもらえる資格です。大学院生は将来の希望がなんであれその分野の研究をしたいから大学院に来ているのだと思います。なんというか・・・まちがえないようにしましょう。

また、大学院に行ったとしても必ずしも学芸員になれるわけではありません。美術館の数などたかがしれていますし、最近は公募で決めるところが増えていますが、倍率は相当のものです。つまり実力が必要なわけです。さらに西洋美術史は日本美術史よりも就職の場が少ないです。ものが少ないですから。
まちがえないでいただきたいのは、だから無理だと言っているのではなくて、がんばらないといけないよ、と言っているわけです。

さて、西洋美術史を研究できる大学院は実はそれほど多くありません。今は大学院についての雑誌等がでていますから、一覧すればだいたいどこで勉強できるかわかるでしょう。もっとも美術史学科なんて存在するのは東大くらいだと思います。史学科、哲学科などに含まれていることが多いです。気をつけて探しましょう。大学院に入る場合は指導していただく先生も重要です。美術史専攻があっても西洋美術の先生がいなかったりしたら困りますよね。自分のつきたい先生を決めてその先生の学校を目指す人が多いのではないかと思います。特になければ自分の研究したい地域や年代を扱っていそうなところにします。

院試について、たいていの学校では試験方式を公開していますし、過去問を閲覧できます。それで調べて勉強します。だいたい試験は夏が多いようで、西洋美術史だと2ヶ国語と専門試験と面接というところでしょう。最低でも美術史の通史を一通りさらっておく必要があります。詳しくは各大学に問い合わせてください。
    • good
    • 1

社会教育主事課程修了の者です。


ご質問の意図がわかりません。

まず、学芸員とは大学4年間で単位を取得すればなれるものであって、それを超えるものではありません。逆に、学芸員補として一定年数勤めれば、学芸員になれます。

学芸員の競争倍率はどれぐらいか、ご存知だと思います。
もうこの時期に、学芸員課程の主任教授と相談されましたか?
それなりの熱意がアピールできるのでしょうか。

大学院に行ったところで、使い物にならない修士は山ほどいます。ここに来る院生志望君も、ろくな奴がいません。逆に、学芸員の競争では学部卒と競争するのですから、修士で敗れた暁には、相当の屈辱感を味わうものと思います。「あの2年間は何だったんだ」と。

ここで補足要求です。
1.大学院へ行くメリットはどこにあるとお考えでしょうか。
2.学芸員に関する科目の主任教授や、指導教授とは連絡が取れていますか。連絡が取れるとして、学芸員になれる見込みはどれぐらいでしょうか。就職情報はありますか。(そこまで調べものが出来ないと、学芸員の仕事は厳しいのではありませんか)

以上を整理して、補足を下さい。
私の通っていた大学は、過去5年間で157名の学芸員資格取得者を輩出しましたが、就職できたのは1人か2人です。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
さっそくですが補足させていただきます。

1.大学院へ行くメリットはどこにあるとお考えでしょうか。
  メリット、というよりも、美術史を勉強することが楽しいです。今まで大学まで行って、勉強が楽しいなんて初めてでした。もう少し色々なことを吸収したい、というのが本音です。大学院に行くメッリトはないと思ってます。むしろ、学芸員になれなかった場合の就職、という点でいえばマイナスだと思ってます。学芸員になることで研究にしろ、普及にしろ何らかの形で美術関わっていきたいと思ってのことです。関わっていきたいなら、今の知識ではまだまだ自分自身では満足できません。

2.学芸員に関する科目の主任教授や、指導教授とは連絡が取れていますか。連絡が取れるとして、学芸員になれる見込みはどれぐらいでしょうか。就職情報はありますか。

  指導教官とは連絡は取れています。はっきりと難しいと言われてます。本当になりたいなら院にいくことを考えた方がいいといわれたのもその先生です。先生の所にも学芸員を探している、という求人は少ないながらあります。でもその場合、要項に修士卒業以上、というのがちらほらあります。過去にその先生の下で博士を取って学芸員に今なっている方がおられるそうです。でもその方にしろ、何年か教師をした後だそうです。就職情報というのは一般企業に対してでしょうか?それならとりあえずインターネットでの情報収集ははじめてます。
学芸員の就職情報は出来てないといっていいと思います。

以上、ですがまだ何か必要でしたら補足させていただきます。
よろしくお願いします。

補足日時:2001/05/16 23:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学芸員資格(高卒)はないが美術館で働きたい

私は高校卒で学芸員の資格がありません。
しかし、昔からの夢で美術館で学芸員みたいに
美術作品の調査/研究/展示に携わる仕事に就きたい
と思っていました。しかし、30歳後半の年齢で、全く
美術の関係の仕事をした経験もありません。ちょっと
あこがれているだけで、美術館へも足しげく通っているわけでもありません。工場の現場作業員レベルの
男です。こんな私が美術館で学芸員にはなれなくても、学芸員の補助をさせてもらえるような仕事ができないでしょうか?
また、美術館は県立や市立などの公立です。30歳後半
で、公務員みたいな立場ではたらけるのですか?
教えてください……

Aベストアンサー

fumako 様はじめまして。

美術館で働いていらっしゃるのは学芸員の方だけではありません。
勿論受付や総務等、会社のような部門もありますし、大きな美術館で図書室があれば司書も必要です。

正直学芸員の資格をお持ちで無いと仰るような形で美術館のお仕事に携わるのは難しいかと存じます。
ただ、デパートなどで美術展を開かれたりしますよね、
その時、展示会場の隅々に座っていらっしゃる方がいるのにお気づきになったことはありませんか?
補助の形のアルバイトです。
監視(本職の警備員も勿論います)を兼ねた、案内係と思っていただければいいのではと思います。大抵は美大生や学芸員資格取得中のアルバイトを使っていると思うのですが、誰しもがその展示会内容について詳しいとは限りません。
下にURLを貼っておきましたので、なにか仰るような形で(正職員は資格保持者でもかなりの難関です)美術のお仕事に携われるといいですね。



>ちょっとあこがれているだけで、美術館へも足しげく通っているわけでもありません

ただ、学芸員というのは美術館で美術作品に携わるお仕事だけではありません。遺跡の発掘調査などに携わるのも学芸員の仕事の一つです。
知的で綺麗な感じのお仕事かと言えば、その実、緊張を強いられる肉体労働を伴ったりもします。
【あこがれだけでなれる職業はない】、とだけは申し上げさせてください。

今から頑張って学芸員の資格を取ってみようとは思われませんか?

どうして学芸員に憧れるのかを考えることも必要な機がしていますが、実際に学芸員とはどういった資格なのかを知ってみることも大事だと思います。

参考URL:http://yondaro.fc2web.com/

fumako 様はじめまして。

美術館で働いていらっしゃるのは学芸員の方だけではありません。
勿論受付や総務等、会社のような部門もありますし、大きな美術館で図書室があれば司書も必要です。

正直学芸員の資格をお持ちで無いと仰るような形で美術館のお仕事に携わるのは難しいかと存じます。
ただ、デパートなどで美術展を開かれたりしますよね、
その時、展示会場の隅々に座っていらっしゃる方がいるのにお気づきになったことはありませんか?
補助の形のアルバイトです。
監視(本職の警備員も勿論い...続きを読む

Q24歳会社員。キュレーターになりたいんです。

はじめまして、早速お世話になります。

社会人2年目の女性、24歳、一般企業で営業職をしています。
学生時代は4年制大学の建築デザインの学科に入りながらも興味の方向が逸れ、最終的には文化人類学の研究室で卒論を提出しています。

当時その研究室でやっていたことは私にはとても面白く、
当然ながら進学の希望もありましたが、いろいろと悩んだ末、就職を決断しました。

ですがここのところ、やっぱり興味のあることをやっていきたい、という気持ちがむくむく湧いてきて、方向性については半ば覚悟が決まった状態です。(前置きが長くなりましたが、ここからが相談です↓)

今後、美学・芸術学・文化人類学等を勉強して、
その後、展覧会等の企画を職業にしたい と考えています。

1 大学で学び直す場合、4年間と考えると、卒業する頃には30才近くなります。ただでさえ学芸員としての受け入れはこの上なく狭き門だと聞きます。美術館・博物館、企業の文化事業部等の他に、どのような道があるでしょうか。

2 また、学生のうちにアルバイト等で関連職の経験を積むことは可能でしょうか?

3 大学進学以外に何か手だてはあるでしょうか。本来は、最低限収入を得ながら夜間部で学べることが理想です。

進学先・仕事先については国内外問わず検討する気持ちはあります。
助言・ご意見・おもわぬ批判等、是非ぜひお寄せ下さいませ。

はじめまして、早速お世話になります。

社会人2年目の女性、24歳、一般企業で営業職をしています。
学生時代は4年制大学の建築デザインの学科に入りながらも興味の方向が逸れ、最終的には文化人類学の研究室で卒論を提出しています。

当時その研究室でやっていたことは私にはとても面白く、
当然ながら進学の希望もありましたが、いろいろと悩んだ末、就職を決断しました。

ですがここのところ、やっぱり興味のあることをやっていきたい、という気持ちがむくむく湧いてきて、方向性については半ば覚悟...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
長文になりまして申し訳ありません。

>美術館・博物館、企業の文化事業部等の他に、どのような道があるでしょうか。
>大学進学以外に何か手だてはあるでしょうか。本来は、最低限収入を得ながら夜間部で学べることが理想です。

一般の市井の画廊やギャラリーの募集枠に果敢にチャレンジされてみてはいかがでしょうか。
「最低限の収入を確保は必須」ながら「大学を既に卒業された社会人」である質問者様を考慮すると、
このあたりが無難で妥当な線かと私は思います。
ギャラリー一つ例にあげても千差万別です。
営利目的を貪欲に追求するところもあれば、おっとりした上顧客相手のおっとりとした体質のところもありますしね。
狭義のキュレーターとも言える職場ではないでしょうか。

「収入を気にしないで勉学に励むだけ」であれば、国内・海外を問わず
いくらでも芸術分野を極める手だてがあるとは思うのですが、
「仕事にする」となると現状では難しいかもしれません。

>学生のうちにアルバイト等で関連職の経験を積むことは可能でしょうか?

ご存じの通り「学芸員」としての受け入れ枠は国内においては大変に少なく、美術系大学、或いは有名私大の専門分野を極めて卒業しても尚至難な状況と言わざるを得ません。
何らかのコネでもない限りは「新卒者でさえ」ストレートに就職するのは難しいと思います。

仮に海外の大学や美術学校にて単位を修得、或いは聴講制度を活用して「ハクをつけて」帰国されたとしても、
いかんせん募集に限りがある以上は残念ですが就職に直結しがたい恐れがあるのが現状です。
古美術関係なども難しいかもしれませんね。
私の母などもそうですが、まさに「この上なく優雅な道楽」としか形容できませんし(笑)。

>やっぱり興味のあることをやっていきたい、という気持ちがむくむく湧いてきて、方向性については半ば覚悟が決まった状態です。

質問者様の好奇心旺盛かつやる気を私はとても微笑ましく思います。
年齢やキャリアに関係なくそのモチベーションは大切になさっていったほうがよろしいでしょう。

ですがその「興味のある分野」への「就職」が大変に困難な状況においては、必ずしも「学生に戻る」というのはその分野への「再就職」には向かないことも多々あるのです。
それは「募集枠」の問題、つまり「雇用の需要と供給」の関係に他ならないだけなのです。
せっかくの「やる気」を反故にするような言い方になるのは残念でなりません。 

また質問者様が目指されるキュレーターといいましても、具体的にご興味のある分野はどういった類でしょう。

私の海外の知人にも一人おり(ソウル)、わざわざ会いに行ったことがありますが、
実際は縁の下の力持ちどころか力作業も多く稼働時間も不規則でやりがいがあるものの
かなりハードな仕事と伺っております。

美術館、博物館、画廊など業態は様々なれど、扱う「展示品」「商品」は全く千差万別ですし、
美術界一つを例にあげても「需要と供給」はそれほど多くは見込めません。
前者は美術館同士の芸術作品の貸出のしのぎ合いやタイミング、
後者はデパートの外商部と画廊との諸作品や先生方のお付き合いや奪い合い、
といった裏の側面も無くはないのです。

偉そうなことを散々申し上げておいて大変恐縮な話ですが、
芸術分野における「職探し」が大変に難しいことは、私のような未熟者でさえも痛感いたしました。

この6月より自らの体調面をも考慮してパート・タイマーの職枠にて(この分野)にて仕事を始めております。
美術系大学出身ではありませんのでそういった点では質問者様と同様ですが、
いかんせん40過ぎの家族持ち、子持ちですので、勤務時間の制限一つをとっても大変に厳しかったです。

幸いにして好条件を得られた就職先にしましても採用担当者からは
「専業主婦の片手間、暇つぶしの延長線上でうらやましいです」
との軟弱な印象を持たれてしまっていますし(苦笑)。
「初心者」ですので一から再スタートの新人として謙虚に有り難く受け止め、
将来の私の「究極の夢」に向けて一歩一歩突き進む所存でおります。

また、事実関係者の方々もどこか私に似た「浮世離れした余裕ある層」のような気がします。
たまたま私の職場がそのような雰囲気を醸し出しているのかもしれません。
ですが「芸術分野における仕事」というのは一種独特の「人生や生活を楽しむゆとりの心」ありき、な側面もあるでしょうし、
様々な先生方や諸作品と触れ合うひとときや学びの時間は、
私にとって至福の時であり、はっきりいって報酬は二の次とすら断言できるのです。

このような私のような軟弱で芸術分野において末端ともいえる就職のアプローチもあれば、
むしろこれからの将来に「腹を据える覚悟」を持ってして、
妊娠・出産も後回し、海外のどこの地域の人とでも渡り合っていけて、
語学力と知識や実務経験を存分に身につけることができて、
「この人になら安心して貸出ができる」と言わしめるほどのキュレーターになるのも全く可能性が無くはないと私は信じます。
そう言わしめることが出来たら、どんなにか格好良いでしょうね!

質問者様の夢が叶いますことを期待しております。
他によりよい回答が得られると良いですね。

こんにちは。
長文になりまして申し訳ありません。

>美術館・博物館、企業の文化事業部等の他に、どのような道があるでしょうか。
>大学進学以外に何か手だてはあるでしょうか。本来は、最低限収入を得ながら夜間部で学べることが理想です。

一般の市井の画廊やギャラリーの募集枠に果敢にチャレンジされてみてはいかがでしょうか。
「最低限の収入を確保は必須」ながら「大学を既に卒業された社会人」である質問者様を考慮すると、
このあたりが無難で妥当な線かと私は思います。
ギャラリー一つ例...続きを読む

Q学芸員になるためには大学院まで必要ですか?

私は4年制の大学を卒業後、社会人として数年働いていましたが、
興味のあった考古学の勉強をしたいと思い、
現在は大学に入り直して考古学の勉強をしています。

将来は学芸員を目指していますが、やはりその門は狭く、
すぐに学芸員として働くことは困難だと思うので、
一般公務員として働きながら、文化財課などに配属希望を出したり、
博物館などで学芸員の募集があれば応募しようと考えています。

学芸員を目指すかぎり、大学院で修士までとらなければ
採用されるのは難しいと思います。
ただ、私はスタートが遅かったため、修士を卒業する頃には30歳を過ぎてしまいます。
そうすると、公務員では年齢制限があるところが多いため、
公務員になることが困難になると思うので、進路に迷っています。

以下、質問です。

1)一般公務員で文化財課の配属希望を出すときに、
修士まで求められるのでしょうか?
2)仮に配属されたとして、その後博物館の学芸員に応募する際、
やはり修士まで求められるのでしょうか?
(一般公務員としての経験では賄えないのでしょうか?)
3)最終的には学芸員を目指しているので、このように年齢がネックになるならば
修士までとった後、民間の発掘会社(建設会社?)などで働きながら
目指す方がいいでしょうか?
4)また、民間の発掘会社の場合、きちんとした調査などができるのかが不安で、
公務員の方がいいかなと思っています…実際はどうなのでしょう?

家の経済状況もあるため、大学院に行くとしても、
卒業後すぐに働きたいのです。

長文申し訳ありませんでした。
何かご意見やアドバイスなどいただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

私は4年制の大学を卒業後、社会人として数年働いていましたが、
興味のあった考古学の勉強をしたいと思い、
現在は大学に入り直して考古学の勉強をしています。

将来は学芸員を目指していますが、やはりその門は狭く、
すぐに学芸員として働くことは困難だと思うので、
一般公務員として働きながら、文化財課などに配属希望を出したり、
博物館などで学芸員の募集があれば応募しようと考えています。

学芸員を目指すかぎり、大学院で修士までとらなければ
採用されるのは難しいと思います。
ただ、私はスタート...続きを読む

Aベストアンサー

以前見掛けた「学芸員」の応募要件の一つは、「博士」でした。
つまり、「修士でも足りない」場合もある、という事です。

さて。

>1)一般公務員で文化財課の配属希望を出すときに、
>修士まで求められるのでしょうか?

「一般公務員の異動・配置転換で、文化財課」だと、
仮に博物館や資料館に勤務となっても

「博物館・資料館での事務仕事」
「収蔵品の書類上・手続き上の管理」
「施設管理」

つまり、貴方が考えておられる「学芸員らしい仕事」ではなく
それ以外の仕事が主な職務となると思います。

又、「一般公務員として、文化財課」だと
一般公務員は定期的な異動があるので、数年後には別部署・別課です。


>2)仮に配属されたとして、その後博物館の学芸員に応募する際、
やはり修士まで求められるのでしょうか?
(一般公務員としての経験では賄えないのでしょうか?)

学部レベルでは、「学芸員として働く為の基礎・体系的な知識」を持ち合わせていないでしょう。
いくら発掘実習等を行っていても、です。
所蔵品・発掘品の扱い(管理)についても、学部卒では十分な技術・知識はありません。

公募者には修士号・博士号を条件とする(それだけの専門技術・知識を求める)のに
「一般公務員」は学部卒で構わない、というのは非常に奇妙ではありませんか。

「一般公務員としての経験」は、先に挙げた様に
「文化財課に於いて、一般公務員として担う職務」で考慮される事です。


>3)最終的には学芸員を目指しているので、このように年齢がネックになるならば
>修士までとった後、民間の発掘会社(建設会社?)などで働きながら
>目指す方がいいでしょうか?

概ね、の話ですが。
「学芸員」として採用されるレベルの人達は、
助手や講師、准教授、或いはポスドク等で大学・大学院等に籍を置き
研究・調査を継続し、学会で論文を発表している位の人達です。

勿論、民間の発掘調査会社に籍を置き、自身の研究・調査を続けている人もいるでしょうが。

いずれにしても、「難関」「狭き門」です。


>4)また、民間の発掘会社の場合、きちんとした調査などができるのかが不安で、
>公務員の方がいいかなと思っています…実際はどうなのでしょう?

意味がよく分かりませんが、
「きちんとした調査」らしい仕事をするのは
大学・大学院の先生か、比較的大きな博物館・文化財所蔵センター等に所属する研究員・学芸員でしょう。
その場合でも、民間の発掘会社の手は借りる事もある筈ですが。

大学・大学院の助手・講師でも
博物館・資料館・文化財所蔵センターの研究員・学芸員でも
「滅多に空きは出来ない(=滅多に募集していない)」
ものです。

そして、求められているのは
「その分野・時代・地域に関して、高度な専門知識と技術を有する者」
です。


最後に。

中学校や高校の歴史の先生をしながら、
平素は土日祝日を利用し、生徒の長期休業中(所謂夏休み)には有給休暇を取得して
地道に調査・研究を続け、学会にも論文を発表して実績を積み
長い年月をかけて「在野の研究者」として認められて
(当然、調査・研究した内容が、それに見合うものだったからだが)
40代50代になってから、或いは学校を定年退職してから
博物館・資料館の研究員・学芸員・調査員として働く事になった人達も
全国では珍しくありません。

以前見掛けた「学芸員」の応募要件の一つは、「博士」でした。
つまり、「修士でも足りない」場合もある、という事です。

さて。

>1)一般公務員で文化財課の配属希望を出すときに、
>修士まで求められるのでしょうか?

「一般公務員の異動・配置転換で、文化財課」だと、
仮に博物館や資料館に勤務となっても

「博物館・資料館での事務仕事」
「収蔵品の書類上・手続き上の管理」
「施設管理」

つまり、貴方が考えておられる「学芸員らしい仕事」ではなく
それ以外の仕事が主な職務となると思います。

又...続きを読む

Q学芸員の資格と就職(長文です)

こんばんわ。

大学を卒業して、大学院に進学したいと考えて資金をためようと、現在までフリーターをしていました。しかし、アルバイトの身分では収入にも限界がありますし、稼ごうにも勉強の時間が限られてしまいます。また、そのアルバイトで精神疾患を患ってしまい、自分でやりがいを感じる仕事の方向に少しでも近づかないと精神的にも立ち直れないような感じがします。

私は将来的には研究者になりたいのです。法制史という分野を研究したいのです。大学院に進むことが王道で近道だと思うのですが、学芸員の資格を得て、博物館などで働きながら、という形を取ったほうが現状に関しては建設的なのではないかと思っています。

しかし、私は短大史学科から4大の法学部に3年次編入をしています。よって、史学科で学んだ学芸員の方よりも半分しか勉強していません。学芸員の資格を持っていても学部卒では博物館への就職は厳しいと聞きます。実際のところはどうなんでしょうか?

学芸員の資格を取得するために、通信制過程または卒業した大学の科目履修生、その併用のどれかを考えていますが、どの形がよいでしょうか?

長くなりましたが、よろしくお願いします。

こんばんわ。

大学を卒業して、大学院に進学したいと考えて資金をためようと、現在までフリーターをしていました。しかし、アルバイトの身分では収入にも限界がありますし、稼ごうにも勉強の時間が限られてしまいます。また、そのアルバイトで精神疾患を患ってしまい、自分でやりがいを感じる仕事の方向に少しでも近づかないと精神的にも立ち直れないような感じがします。

私は将来的には研究者になりたいのです。法制史という分野を研究したいのです。大学院に進むことが王道で近道だと思うのですが、学芸...続きを読む

Aベストアンサー

資格取得についてではなく

>学芸員の資格を持っていても学部卒では博物館への就職は厳しいと聞きます。実際のところはどうなんでしょうか?

こちらに回答させていただきます。

「大学院に進み、学芸員資格を科目等履修生制度を利用して取得する、というのが学芸員になる為に一番可能性を残す進路。」

以下、上記の理由

先ず、現在、学芸員として就職するのにはマスター(修士)が最低条件と言って良いです。これは公募の段階で「修士以上、または同等の専門的知識を有する者」と多くの場合、書かれています。ここに修士や博士が応募してくるので「同等の専門的知識」の項目は誰かどうしても採用したい方がいる時の逃げ道と考えて良いです。よって、学部卒のまま学芸員を目指すのはこの時代では建設的ではありません。

また、学芸員職(文系)の大半は日本史学・考古学・民俗学で占められています。文系の場合、これでさえ狭き門であり、これらの分野(西洋史・東洋史)以外で学芸員となるのはほぼ不可能と考えて良いと思います。

また、日本史であれば最低条件は古文書が読める事や全国誌に論文を掲載された実績がある事が求められ、必然的にマスター以上となります。

さらに、最近では専門知識や学位に加えて「英語」が求められる事も多々あります。これはあまりに応募者が多いので選考を楽にする為。

博物館でのアルバイトですが、現実は目録入力(手書きの目録をデータに直す単純作業)ぐらいなもので、展示を手伝う等の作業は公募ではほぼ皆無です。ただ、目録入力等の作業でも現職の学芸員と接する事が出来、博物館の現状を見る事が多少なりとも出来る等、得られる経験は多いと思います。

アルバイトの紹介といった面では直接先生と会う事が出来る大学で科目等履修生制度を利用した方が有利です。内容がどうであれ、アルバイト自体、大学事務室や先生の紹介なしでは辿り着くのが至難です。(現役の院生なんかが紹介されて行くので)

以上、他にもアルバイトについて地方自治体の臨時職員の雇用についてなど補足すべき点はありますが、この辺で。何かあれば質問してください。答えられる範囲で答えますよ。

それでは、頑張ってください!

資格取得についてではなく

>学芸員の資格を持っていても学部卒では博物館への就職は厳しいと聞きます。実際のところはどうなんでしょうか?

こちらに回答させていただきます。

「大学院に進み、学芸員資格を科目等履修生制度を利用して取得する、というのが学芸員になる為に一番可能性を残す進路。」

以下、上記の理由

先ず、現在、学芸員として就職するのにはマスター(修士)が最低条件と言って良いです。これは公募の段階で「修士以上、または同等の専門的知識を有する者」と多くの場合、書か...続きを読む

Q司書・学芸員になりたいです

 高校一年の男子です。早くも学校で将来の目標を持ちそれに向かって努力しよう!と、ハッパをかけられています。
僕は随分前から司書か学芸員になりたいと思っていましたので、方向性は定まっているのですが大学名・カリキュラムなど分からない事が沢山あります。
 そこで質問ですが東京の大学で司書・学芸員の資格が取れるところ、できればプラスαで単位を取るのではなくその学部・学科の勉強そのものが資格取得につながる方がよいのですが・・・
図書館情報学科とかがそれに該当するようですがあまり多くないようです。
もっと欲を言えば同じ東京でも田舎の大学でなく、まさに東京という立地が希望です、成績レベルはまったく関係なく教えてください。

Aベストアンサー

司書になることの難しさについては、参照URLの方で回答したことがありますので、そちらをご覧いただければと思います。簡単に言えば、現状では、毎年の司書資格取得者は1~2万人前後、司書としての新規採用は100人以下で単純計算で倍率100~200倍です。ほとんどの人は試験を受ける前に倍率の高さと勉強の面倒さであきらめますけど、それでも若干名(1~2人)の募集に50人の応募などという話はよく聞きます。

高校の進路指導の先生方の中には、図書館か博物館が好きな学生さんに、安易に司書や学芸員の資格を取ることをお勧めになる方もいらっしゃいますが、資格をとっても必ず就職できるわけではない、ということも合わせてお話いただきたいと常々思っています。

司書資格課程は東京でもかなり多くの大学に置かれていますので、総合大学であれば、自分の偏差値に合わせて適当にいくつかの大学を選んでも、その中で課程を置いている大学はあるでしょう。(適当に選べ、と言っているわけではないですと、念のため。)
司書になるためには、(参照URLの回答に書いたように)必ずしも、司書資格を必要としません。

図書館情報学を専門として学ぶなら、慶應義塾大学文学部図書館・情報専攻か筑波大学情報学類知識情報・図書館学類がよいと思います。都内であれば、慶應ですが、慶應を出たとしても、司書として就職できるかどうかは別問題です。他の職業への就職と同じで、結局は本人の頑張り次第ですから。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3136560.html

司書になることの難しさについては、参照URLの方で回答したことがありますので、そちらをご覧いただければと思います。簡単に言えば、現状では、毎年の司書資格取得者は1~2万人前後、司書としての新規採用は100人以下で単純計算で倍率100~200倍です。ほとんどの人は試験を受ける前に倍率の高さと勉強の面倒さであきらめますけど、それでも若干名(1~2人)の募集に50人の応募などという話はよく聞きます。

高校の進路指導の先生方の中には、図書館か博物館が好きな学生さんに、安易に司書や学芸員の資格を取...続きを読む

Q学芸員の資格

こんにちは。

私は今大学1年生で、文学部の西洋史学科に2年生以降配属される予定の者です。

私の大学では教員免許の他に学芸員資格が取得出来るのですが、取ろうかどうか迷っています。

博物館で働くという仕事は魅力的ではあるのですが、博物館で働く以上はその博物館のジャンルに応じた一定の知識が必要ではないかと思います。

博物館の求人を見ても、考古学や日本史を専攻しているというのが選考の前提になっています。

私は西洋史学科に進む意志は変えないつもりでいるのですが、西洋史専攻者が働けるような博物館などは無いと考えたほうがよいのでしょうか…

博物館への就職はとても難しいことは分かっています。
学芸員資格を取るとなるとこれからとっていく授業を考え直さなければならないので、資格を取るべきか取らないべきか、皆様の意見をお聞かせくだされば嬉しいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私も文学部史学科で、考古学と西洋史を勉強しました。学芸員の資格取得は、途中で放棄してしまいました。

さて、博物館員(学芸員)という職のことですが、まずおっしゃる通り募集が少なく狭き門です。コネが必要とも聞きます。

ただ、問題なのは「西洋史専攻でも募集はあるか」ということではなく、「学芸員という職は、研究職としての側面がある」ということです。つまり、学芸員というのは、自分の研究対象があり、博物館で資料の整理をしたりするだけでなく、学者として論文も書き、学会に出席するような人のことなのです。

ですから、あなたが学芸員の職を単なる就職先として考えているのなら、そもそもそこが違います。あくまで「研究をしたい」という人のチョイスとして、学芸員という職があるのです。

学問を追及することを人生のテーマにしないのであれば、それは学芸員にはなれないし、なるべきでもない、と考えるべきです。自分の研究分野も持たずに学芸員の世界に入っても、疎外されてしまうと思います。

自分は研究をしたい、ということがあなたの望みであれば、チョイスとしては、大学教授を目指すなどと同格の選択肢として学芸員があります。その場合は、学問をすることが望みなのですから、もともと門は狭いのであって、選択肢はできるだけ広げておくべき、という観点から、学芸員の資格は取っておくべき、ということになります。

研究に興味がないのであれば、学芸員の資格はまあ、取っても役に立たないでしょうね。役に立たなくても、履歴書に書くためにとりあえず資格だけ取りたい、というのでしたら、そのつもりで取ればいいと思います。

こんにちは。

私も文学部史学科で、考古学と西洋史を勉強しました。学芸員の資格取得は、途中で放棄してしまいました。

さて、博物館員(学芸員)という職のことですが、まずおっしゃる通り募集が少なく狭き門です。コネが必要とも聞きます。

ただ、問題なのは「西洋史専攻でも募集はあるか」ということではなく、「学芸員という職は、研究職としての側面がある」ということです。つまり、学芸員というのは、自分の研究対象があり、博物館で資料の整理をしたりするだけでなく、学者として論文も書き、学会に出...続きを読む

Q大学の授業で、単位落したら就職不利ですか??

今大学1年生です。履修した授業の中で聞く時間がもったいないくらいつまらない授業があります。課題がたくさんあるのでその無駄?な時間に課題をやりたいです。なので、履修を取り消したいと思ってたのですが、学校の方でもうやめることができないといわれました。成績が「不可」になって単位を落とすことになっても授業にでないということもかんがえてるんですが、そういうのって後々就職などに不利になりますか?

Aベストアンサー

その単位を落としても進級できるのなら問題ないと思います。留年は響くでしょうが、単位を落としただけで不利になることは無いと思います。

Qデザインを仕事にしたい!…でもそれだと生活していくのが難しい

大学卒業後、一般企業で事務職として就職
しましたが、学生時代に学んだ
グラフィックデザインを仕事にしたい、
と思うようになりました。

実務経験がありませんので、バイトからのスタートに
なろうかと思いますが、1人暮らしということもあり、
生活がかなり苦しくなると思います。
生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで
やりたいことを優先していいものか、
いまいちデザインの世界に飛び込むことが
できないでいます。
きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう
生活になるんではないかと思います。
大卒で生活費を親に頼るというのは
申し訳なく思います。
事務職を続けるのであれば、お金は借りなくとも
生活はしていけますが、仕事は単調ですし、
やりたいことであるデザインは、
趣味として割り切ることになるでしょう。

グダグダいわずにデザイン職へ
飛び込めば、話は早いのですが、
やはり現役のデザイン職の方にお聞きしたいです。

待遇面での不満はよく聞く話ですが、それでも、
デザインをすることは楽しいですか?
待遇のよい他業界へ就職すればよかった…
と、後悔している方はいらっしゃいませんか?

よろしければご意見・アドバイス等、
よろしくお願いいたします。

大学卒業後、一般企業で事務職として就職
しましたが、学生時代に学んだ
グラフィックデザインを仕事にしたい、
と思うようになりました。

実務経験がありませんので、バイトからのスタートに
なろうかと思いますが、1人暮らしということもあり、
生活がかなり苦しくなると思います。
生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで
やりたいことを優先していいものか、
いまいちデザインの世界に飛び込むことが
できないでいます。
きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう
生活になるんではないかと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、25歳のグラフィックデザイナーです。
僕は今の仕事内容と待遇と将来性に満足しています。
もちろん今後もっと上を目指します。

デザイナーになりたいとお考えの_you_さんにまず言っておきたいのが、
一番肝心なことは、「自分がどんなデザイナーになりたいかを決める事」
という事です。

だって、デザイナーになんて簡単になれますよ。
仕事内容と報酬を選ばなければ。

僕は専門学校時代、講師や周りの人にいろんな事を聞かされました。
デザイナーは徹夜が当たり前だとか、お金を儲けたいならデザイナーはやめた方がいいだとか、
好きな仕事だからしょうがないetc...

僕は学生時代これらの話に耳を貸しませんでした。
僕は決めていました。
1.年収3,000万円以上稼ぐ事。
2.企画から関われるクリエイティブな仕事をする事。
(いきなりは無理でしょうから、35歳の時点で、とういう条件です)

だから、学校の講師の話はあまり役に立ちませんでした。
だって、講師の方は仕事がないから安い給料で講師やっているんですから、
そんな人の言うとおりやってたら自分も講師になっちゃうじゃないかと。
普通に考えてそうでしょう?
一方、非常勤で、普段一線でバリバリやっている講師の話は
食い入るように聞き、質問しまくりました。

>待遇面での不満はよく聞く話ですが、それでも、
>デザインをすることは楽しいですか?
僕は好きにデザインさせてもらってます。デザインが楽しくて仕方ありません。
もちろん2年半は死ぬほど基礎をたたき込まれました。
打ち合わせから営業からデザインまで全部できます。
社長や重役相手の打ち合わせも全然平気です。今の時点の給料にも不満はありません。

僕が何故こんな状態でいられるかと言うと、それは
「自分がどんなデザイナーになりたいかを決めていた」からです。
だから、就職先も当然選びました。戦略を練りました。電通や博報堂がいいのか?
電通や博報堂には年収3,000万円以上のクリエイターがどのくらいいるのか?など。。
いろいろ調べて相談した結果、有名なデザイナーが独立してやっている
デザインプロダクションに入る、という戦略をとりました。

そこではデザインから営業からなにから何まで、
朝から晩まで有名なデザイナーに付きっきりで教えてもらえると思ったからです。
それが電通・博報堂だと、いいADの下につくにも、大変な競争が待っていると
想像したからです(あくまで想像ですが…)。
意味のない出世競争に時間を取られたくなかったのです。

結果、予定通りいろいろ教えてもらい自信がつきました。(賞の取り方までも。。)
今私はデザイン初めて3年半ですが、今の時点でもすでに
そこら辺のデザイナー(10年やっていようが20年やっていようが)には負ける気がしません。
デザインは、どれだけやっていたかという経験や時間なんて全く関係ありませんよ。
よく、いろいろ転職しながら実力蓄えていくとか、キャリアアップとかほざく
無知な連中がいますが、そんなもんはウソです。
自分が無知であるということさえも知らない連中です。
10年、20年やってて名刺にADとか書いてある下手なデザイナーを何人も見ます。

とにかく、いいディレクターのいる職場に、なんとしても滑り込んでください。
デザインのスタンスはいろいろありますから、何でもいいですからこれだけは他のデザイナーには
負けない、というモノをもっているディレクターを捜し、その人の弟子になるんです。
そういう方は、有名、無名を問わず、探せば見つかります。

今活躍しているデザイナーで、良き師匠に巡り会わずに、自力でデザインを覚えた人なんて
ホンの一握りの例外を除いて、誰もいませんよ。
これがこの業界の現実であり、デザインという職業の性質です。
デザインという基礎・概念をたたき込んでもらって初めて、自分で努力して実るのです。
初めに基礎をたたき込んでもらわないで、自分で努力しても、我流になって、やればやるほど
下手になりますよ、マジです。

ここを間違えると、デザイナーなんてやめた方がいいと思います。
徹夜はあるわ、給料安いわ、仕事もデザインといっても大した仕事ではないわ。
という事になりますよ。あなたに、経営の才能があれば、デザインの質にこだわらず、
デザイン会社経営という道も残されますが、そうでなければ、20代後半から30代前半で
確実にリストラされます。デザインが上手くないと使い捨てにされる業界です。
しかもデザインはつぶしが利かないですから、途方に暮れますよ。

長くなってすいません。ついでにもう一つ言いたいのが、
>生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまでやりたいことを優先していいものか、
>いまいちデザインの世界に飛び込むことができないでいます。
>きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう生活になるんではないかと思います。
>大卒で生活費を親に頼るというのは申し訳なく思います。

ということですが、努力することを嫌うなら、実力を付けることが出来ませんからやめた方がいいです。あと、きれい事を言ってもいいですが、きれい事のせいで実力が付かなければ、
それは結局親不孝につながります。稼いであとで何倍にもして返してやるという発想でいくほうが
自分へのいいプレッシャーにもなります。

僕は20歳のときにデザイナーになること決めました。上京して、そこから、バイトは一切せずに
親の仕送りとそれまでの貯金で生活してました。月に本代だけで10万円は使っていました。
親が特別金持ちな訳ではないです。なんとか工夫して送ってもらいました。
さらにご飯代も削って自炊して、月の食費は1万円を切っていました。残り全て勉強につぎ込みました。
なんとしてでも実力を付けるためです。バイトなんかしてたら、その分デザインの勉強の時間が
少なくなります。もちろんバイトすることで得るものもありますから人それぞれですが、僕の場合、
バイトはそれまでにさんざんやってましたし、遊びもそれなりにしてましたし、今自分に必要なのは
デザインの勉強、と言うことで、もちろん睡眠時間も削りまくってやりまくりました。

僕が言いたいのは、これだけ、戦略的に考えながら利用できるものは利用して
やるべき事に集中投資して、勉強しまくる奴がいる業界ですよ、ということです。
そういう奴が、ライバルとして、ウヨウヨいますよ。
そんな中で、「生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで」と言ってると、淘汰されるだけです。

実力の世界を甘く見て実力の世界に入ったひとは、必ず後悔します。いい仕事回ってきませんから。
いっぽう、実力の世界で実力がある人は、面白くてたまらない。高くていい仕事入りますから。
これが「実力の世界」です。

長文で、きついこと書いて申し訳ないです。しかも25歳の分際で。
でもこれが僕の本音であり、これから業界に入ろうとしている人への、本当に伝えたいことなんです。。

こんにちは、25歳のグラフィックデザイナーです。
僕は今の仕事内容と待遇と将来性に満足しています。
もちろん今後もっと上を目指します。

デザイナーになりたいとお考えの_you_さんにまず言っておきたいのが、
一番肝心なことは、「自分がどんなデザイナーになりたいかを決める事」
という事です。

だって、デザイナーになんて簡単になれますよ。
仕事内容と報酬を選ばなければ。

僕は専門学校時代、講師や周りの人にいろんな事を聞かされました。
デザイナーは徹夜が当たり前だとか、お金を儲け...続きを読む

Q文化庁

こんばんは。
私は今大学生で公務員志望です。
将来は文化の保護や促進に携わる仕事がしたいと思い、文化庁を第一志望にしています。
昨年の入庁者のデータを見てみたところ、一名とあり、予想以上に厳しい状況でびっくりしました。

そこで質問なのですが、文化庁に入庁したい場合はどういった方法があるのでしょうか?(国家一種試験を受けて入る、など。)

なにしろ文化庁の採用のデータがなく周りにも文化庁関係の先輩もいないので困っています。

文化庁でなくても文化関係の仕事のできる公共機関も教えていただきたいです。

あと、具体的な勉強のアドバイス等もあればおねがいします。

Aベストアンサー

文部科学省の外局なので、文部科学省からの出向の方も少なくないはずです。

官庁訪問の時期にもあたってくるかと思うので、直接文化庁の人事(採用担当)に尋ねてみるのがベストかと思います。

その他文化関係であれば、都道府県でも同様の仕事を行うチャンスがあると思われます。

gooの検索などで「文化 業務」でサーチされると、その他都道府県関連の財団など、いろいろとヒットしてきますよ。

ご自分の手でわかることもまだまだ沢山あるはずです。ぜひ頑張って目標を手繰り寄せてください!

Q美術科教師はコマ数少ないが本業として成り立つか。

中学・高校の美術科教員をめざそうかと思っている者です。ただひとつ若干心配なのは他の音楽や、体育、情報などの教科にもいえることですが、主要5科目などと比べてずっと週の時間割に入っている授業が少ないですよね。これは、給与などに響くのでしょうか。何か、勤務待遇や、条件など差異があるのかと思いました。きちんと本職として問題なくやっていければいいのですが。また、美術科教員の募集枠や採用試験の倍率などはかなり狭き門となっていますか。

Aベストアンサー

中学・高校と美術科の教員をしてきた者です。
他の方も回答されていますが、公立校の教員の給与は教科によってではなく勤務年数等に応じた年俸制ですから、美術科だからと言う理由で給与が変わることはありません。
ただ、週あたりの授業時間数は他教科の教員と同じ条件になります。大体週24時間前後の授業があると思ってください。担任でしたら担任学級の学活、道徳がありますから、この分教科の授業時数は少なくなります。また担任事務の時間として授業数が軽減されるケースもあります。授業以外の仕事で、重い役割(例えば生徒指導や進路指導など)を担当する教員は授業数が軽減される場合があります。このあたりでうまくバランスを取っている訳ですが、どうしても特定の人にしわ寄せが来てしまうんですよね。また、クラス数の関係で「担任したいが副担任しかできない」「副担任をしたいが担任しかできない」というような事も起こってきます。

現在中学校の美術は、1年生は45時間、2・3年生では35時間が年間授業時数となっていますので、クラス数の多い大規模校でしたら美術の必修授業だけで勤まりますが、小規模の学校の場合、美術以外の他教科を担当しなければならない可能性もあると思ってください。現在、美術と音楽の教員に関しては、「一校に一人では多すぎ」の時代が来ています。
選択授業もありますが、学校によって開設科目が違いますから、絶対に美術の授業があるとは限りません。

逆に言うと、教員みんなが同じ条件で仕事をしている訳ですから、「美術以外の仕事はしたくない」とは言えないと思っておいてください。

さて、このような状況ですから、当然美術科や音楽科の採用については狭き門とならざるを得ません。年度によっては募集すらない可能性もあります。
唯一希望の持てる話題ですが、2007年を中心として団塊の世代の退職者が多数発生します。(2007年問題ですね) 教員の世界でも同様で、現在五十代後半の教員がこの数年間で退職していきます。美術科も人員不足となりますから、採用数も増えるかもしれません。
ただ、先ほども書きましたが、「一校に一人いらない」教科ですので、他教科の教員が兼任したり、常勤あるいは非常勤の講師でまかなってしまう可能性も否定できません。

長々と厳しいことばかりを書いてしまいましたが、美術科教員は専門教科としていなければ困る人材でもあります。希望を持って目標に向かってください。

余談ですが、できるなら他の教科の教員免許も取得されるのが採用への近道かも・・・ 在学中に取得が無理なら、卒業後通信教育で取得する方法もあります。

中学・高校と美術科の教員をしてきた者です。
他の方も回答されていますが、公立校の教員の給与は教科によってではなく勤務年数等に応じた年俸制ですから、美術科だからと言う理由で給与が変わることはありません。
ただ、週あたりの授業時間数は他教科の教員と同じ条件になります。大体週24時間前後の授業があると思ってください。担任でしたら担任学級の学活、道徳がありますから、この分教科の授業時数は少なくなります。また担任事務の時間として授業数が軽減されるケースもあります。授業以外の仕事で、重...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報