今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

線路には砂利が敷かれていますが、地下鉄には敷かれていません。
なぜ地下鉄の線路には砂利がないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

大きな理由はメンテナンススパンを長くするためです。

地下のトンネル区間は、地上区間のように、マルタイを入れてバラスト(線路の砂利)の付き固めをするだけでも大きな手間になります。ですから、ある程度乗り心地や騒音に目をつぶって、バラスト道床を使わずにコンクリート道床やスラブ軌道を採用しています。

地下鉄でも地上期間ではバラスト道床を使うことは珍しくありません。又、新幹線に触れている回答がありますが、東海道新幹線はほとんどの区間がバラストです。また、それ以後の新幹線ではトンネル比率が多いこと、JR東の場合は融雪の容易さのためにスラブ軌道等が採用されています。なお、九州新幹線でもバラスト軌道は一部で使われています。
また、新幹線以外の在来線でも長大トンネルはコンクリート軌道やスラブ軌道を使うことが多いのはメンテナンスしにくいからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、よく分かりました。
詳しくありがとうございます。

お礼日時:2012/08/30 15:33

東京メトロの場合、


コンクリート道床だけではなく、適宜、バラスト(破石)道床とコンクリート道床を使い分けているそうですよ。

ご参考。
http://books.google.co.jp/books?id=2TQOydvqOSwC& …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/08/30 15:35

地下鉄にゴムタイヤ・・・


札幌限定の回答ですね。

やはりメンテナンスの関係でしょう。
バラストですと定期的に突き固めをしないといけません。
バラストの補充や入れ換えも必要になってきます。
地下という制約された空間では難しいですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

メンテナンスの問題なのですね、ありがとうございます。

お礼日時:2012/08/30 15:34

砂利はね周囲への騒音を緩和させる為なの


地下鉄はその必要が無いというか無駄なの
新幹線も無いよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/08/30 15:34

線路の砂利は、列車が通過するときの衝撃や揺れを吸収するはたらきがあります。


地下鉄は、ゴムのタイヤをはいているので、そこで吸収しているのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。地下鉄にゴムのタイヤは初めて知りました。

お礼日時:2012/08/30 15:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q線路にはどうして砂利が敷き詰められているの?

先日の脱線事故にて、「置き石」なるものがなされていた可能性があるそうですが、それに関して疑問が浮かびました。
置き石の際に悪用されるのは線路上に無数に存在する砂利であることが大半だと思うのですが、そもそもどうしてそんな危険なものをよりにもよって線路上に存在させるのでしょうか?
父親に尋ねてみると、緩衝材のようなものという回答が返ってきました。土では柔らかすぎて、セメントでは硬すぎ、砂利が適度なんだと。また、防音効果にも同じことがいえると。また、コスト的な問題もあるそうです。「へぇ~」と聞いていましたが父親は列車うんぬんには門外漢であるはずでいまいち信憑性がありません。
どうして線路上には砂利が敷き詰められているのでしょうか?列車が走行する際に石を跳ね上げてしまう危険性や、子供が遊び半分でレール上に置いてしまう危険性はないのでしょうか?

Aベストアンサー

お父さんのおっしゃっていることが正しいです。
列車や電車の通過を近くで感じたことがありますか?
私の家の近くの線路を貨物列車がとおるたびに震度1くらいのゆれを感じます。
旅客列車た通勤電車はそれほどゆれませんが、音や振動はわかります。
砂利はその衝撃や振動を吸収するためにあります。
>土では柔らかすぎて、セメントでは硬すぎ、砂利が適度なんだと。また、防音効果にも同じことがいえると。また、コスト的な問題もある
→お父様は良くご存知です。
 冷静に考えれば、鉄道が敷かれた100年以上前から、砂利に枕木にレール・・・という構造は変わっていませんからね・・・21世紀なのに、もっといいものはないのかとも思いますが・・・。
 新幹線やモノレール、リニアモーターカーは構造的に別物ですが、電車のレールはきっとしばらくの未来までこのままなのでしょうね・・・。
 ご心配されているような石はね等も時折あるようです。
 でも、ガラスが割れると危ないからと窓がない家はありませんよね?それと同じで線路にも砂利は不可欠のようです。残念ながら。

Q線路の敷石はどうして変色しているのですか?

線路の敷石をなにげなくみていて気づきました。
線路中や線路に近い石は茶色なのに、線路からは離れた石は白っぽい色をしていることに気がつきました。
ということはもともとが白い石であったのが、茶色に変色したということになります。
では変色の原因はなにでしょうか?
クーラーの水が滴り落ちるのは見たことがありますが、それが原因とも思えません。
とすると鉄分の錆びたものが付着したのかとも思いますが、あんなに大量の錆が飛び散るとも思えません。
どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

赤い色はレールと車輪の摩擦で飛び散った鉄の粉がさびたものです。このほか、ブレーキをかける区間ではブレーキシューと車輪またはブレーキディスクの摩擦で飛び散った鉄の粉がさびたものも混ざっています。

線路の敷石を何気なく見ているときに、線路の車輪が当たる部分だけピカピカに光っていることにも気づかれたと思います。これは、レールの上を車輪が通るたびに磨かれているからです。このときに小さな鉄の粉が飛び散ります。目の細かい紙ヤスリで磨いたような感じですね。磨いた周りにはたくさんの削りかすが出ますが、磨いたところから離れるほどかすの密度は荒くなっていきます。このため、線路から離れるほど鉄の粉が届く量が少なくなり、敷石も本来の色である白っぽさを増していきます。
なお、レールと車輪の摩擦ですが、目の細かいヤスリあるいはクレンザーなどで磨いているのと同じで、減っていくのがすぐにわかるほどには減りません。従って、摩擦が原因でひんぱんにレールや車輪の交換が必要になると言うことはありません。

Q東海道新幹線のスラブ軌道化について

東海道新幹線が高速化できない理由として、最小曲率半径とバラスト軌道のことがよくいわれます。

曲率半径の変更は莫大な土地の買収や工事を伴い、しかも予算と時間がものすごくかかるので現実問題として無理なのは分かります。ただ、素人からすれば、スラブ軌道化は夜に工事したり、どうしてもダメなところはほんの少し運転停止するなりして、何とか出来そうにも思えてしまうのですが、問題視されつつこれが実現化しないということはやはり何かが難しいんでしょうね。

何でスラブ軌道に変更に変更されないのか、詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

 スラブ軌道化も工事が大変ですが、それ以前に「スラブ軌道にしたから高速化が可能」というわけでもないという問題があります。バラスト軌道でも高速運転は可能で、添付写真のとおりフランスのTGVの各路線はバラスト軌道が中心で、東海道新幹線も軌道の種類に関係なく、もう少し曲線主体であればより高速な運転が可能になっていたかと思われます。

 スラブ軌道のメリットは、雪に強い(スプリンクラーで遠慮なく水をまける)、狂いが生じにくいので保守費用が低減できるというもので、そんなことから関が原だけはスラブ軌道にすればよかったなんていう話は良く出てきますが、工事が大変なので行われていません。保守費用の逓減については、重幹線でスラブ軌道でも狂いが生じるような場所だと、一旦狂いが生じた時にその修正にバラスト軌道以上の手間がかかるので、列車運行本数の多い東海道新幹線でスラブ軌道が最適かどうかには異論もないわけでもありません。軌道ではなく、路盤を一部コンクリート化して、その上をバラスト軌道にするという方法がいいのかもしれませんが。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:LGV_Est_Pomponne_01.jpg

 スラブ軌道化も工事が大変ですが、それ以前に「スラブ軌道にしたから高速化が可能」というわけでもないという問題があります。バラスト軌道でも高速運転は可能で、添付写真のとおりフランスのTGVの各路線はバラスト軌道が中心で、東海道新幹線も軌道の種類に関係なく、もう少し曲線主体であればより高速な運転が可能になっていたかと思われます。

 スラブ軌道のメリットは、雪に強い(スプリンクラーで遠慮なく水をまける)、狂いが生じにくいので保守費用が低減できるというもので、そんなことから関が原だ...続きを読む

Q線路にはどうして石が敷いてあるのでしょうか?

線路にはどうして石が敷いてあるのでしょうか?
石は固定されていないので、レールが不安定になるのではないでしょうか。
また颱風のときなど心配です。
颱風のあとは整備しているのでしょうか。

日本ではどこへいっても線路には敷石がみられます。
これが海外でも同じですか?
一見原始的に見える敷石方式は、実は21世紀においても最も合理的な鉄道技術なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

石の役割はクッションです。振動などを吸収して乗り心地をよくしたり、沿線への振動を減らしたりしています。

砂は小さな粉ですから、その上に立つと不安定でぐらぐらしたり沈んでいきそうにも思えます。しかし、砂浜で立っているときに不安定さを感じることはありません。これは、たくさんの砂粒がそれぞれ摩擦力でしっかり耐えているからです。鉄道の石も同じように、不安定にならない量の石を敷いてありますから安定しています。ただし、列車が通るたびに少しずつずれることはありますので、保線作業で直していきます。すぐに脱線するような大きなずれは起こりません。

台風の時は、よほどのことがない限り雨風の心配はありません。ただし、冠水した場合、特に冠水部分に強い流れが生じたような場合は、運転開始前に保線の方などがキチンと安全確認をしていますので大丈夫です。

海外の例はよくわかりませんが、「合理的」には「経済的」の要素が大きく関わります。技術的に敷石に代わる方法があったとしても、その値段が高いとなれば、おいそれとは採用できません。材料費のほか、建設費、工事費、保守にかかる費用などを考え合わせたところ、現在は敷石の方法が最も費用対効果の面で有効なようです。
例えば高架線などでは、敷石を利用すると高架橋の強度計算に敷石の重量も加える必要があったり、トンネルなどでは敷石の厚さの分だけ断面先を大きくする必要があったりといったように、ケースによっては敷石ではないスラブ軌道などが費用対効果の面で優れている場合もあります。

石の役割はクッションです。振動などを吸収して乗り心地をよくしたり、沿線への振動を減らしたりしています。

砂は小さな粉ですから、その上に立つと不安定でぐらぐらしたり沈んでいきそうにも思えます。しかし、砂浜で立っているときに不安定さを感じることはありません。これは、たくさんの砂粒がそれぞれ摩擦力でしっかり耐えているからです。鉄道の石も同じように、不安定にならない量の石を敷いてありますから安定しています。ただし、列車が通るたびに少しずつずれることはありますので、保線作業で直し...続きを読む


人気Q&Aランキング