VMware player上でUbuntu12.04を使用しているのですが、
このUbuntuのシステムをまるごとUSB上にバックアップして、
USBからUbuntuを起動する方法はありますでしょうか?


これまでは、新しいマシンに環境を移行したい時には、
VMware playerをインストールし、仮想マシンのファイルをコピーしていたのですが、
今回はVMware playerを使うこと自体をやめて、
USB上に、これまで使っていた仮想マシンの環境(Ubuntu)を移行できないかと考えています。


=======================================================================
試しに、
UbuntuをUSBにインストールして、USB起動できることを確認した後、
http://lets-ubuntu.yui.at/ins_re/ins_usb.html
下記のページを参考にtarでバックアップする方法を試してみたのですが、
(https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Others/Ba …)
その後USBから起動ができなくなってしまいました。

そもそも、この方法で仮想マシンからUSBに移行しようとするのが間違っているのか、
ブートローダの設定を別に何かしないといけないのか、等々
問題点がどこにあるのかも分からない状態なのですが、
何か解決策があればご教授お願いします。
=======================================================================

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

下記のページがそっくり使えます。


Ubuntu バージョン 12.04 でシステム全体の ISO イメージ・ファイルの作成
http://www.kkaneko.com/rinkou/linux/remastersys. …
ただしisoの出力先としてrawディスクイメージ環境を作成しておけばいい。
webで[v2p]で検索してください。(virtual to physical)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
また、参考URLまで教えていただきありがとうございます。
現在、URLを参考にisoを作成し終わり、USBへのインストールを試みている最中なのですが、
ひとまずお礼を申し上げます。

お礼日時:2012/12/12 14:16

Ubuntuだったら、仮想マシンにインストールしたRemastersysでバックアップisoイメージ作ってUNetbootinとかでUSBメモリへインストール。


もしくはDVD-Rとかに焼いてHDDへインストールするがごとくにUSBメモリへインストール。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
Remastersysというのは知らなかったのですが、検索してみると有名なようですね。
現在、教えていただいた方法を試している最中なのですが、ひとまずお礼を申し上げます。

お礼日時:2012/12/12 14:13

私自身は実機のハード・ディスク・イメージをVMware上の仮想PCで復元して起動できることを確認して、


更にVMwareのディスク・イメージから実機のハード・ディスクに復元して起動できることも確認しています。 
 従って、
1、VMware上でParagon Backup & Recoveryなどのイメージ・バックアップ・ソフト)を利用して
仮想PCのハード・ディスク・イメージのバックアップ・ファイルを作成する。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/file/syn …
 Windows XP/VISTA/7/8にインストールすると、次のフォルダーにあるbootcd.isoが利用できます。
[C:\Program Files\Paragon Software\Backup and Recovery 2012 Free\iso]
2、実機上でバック・アップ・ソフトをCD起動してイメージ・ファイルをUSBメディアに復元する。

 とはいえ、VMwareでも実機でも併用するならUbuntuをUSBメディアに通常インストールする方が確実です。
VMwareの仮想PCのハード・ディスクとして実ドライブを割り当てることもできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早いご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/12 14:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUSB Type-Cのモニター等について

USB Type-Cのモニター等について、以下、箇条書きにて質問しますので、よろしくお願いします。


1 現状、USB Type-C端子搭載のモニターがチラホラ販売されていますが、
そのようなモニター同士を、USB Type-C端子をデイジーチェーンでつなぎマルチモニタ-化は可能でしょうか?
もし可能の場合、何台までマルチモニターを構成できるのでしょうか?


2 下記リンク先には、「USB Power Delivery・・略してUSB PDと表記されていることが多いです。
このUSB PDは最大で5A/20V=100Wまでの給電が可能となっており、
ノートPCやディスプレイでの採用例が増えています。(MacBook、MacBook Pro、XPS 13など)

現状の一般的なモニターが、どのくらいの電力が必要なのか?私は分かりませんが、
上記リンク先の文章の様に、5A/20V=100Wで電力をまかない、電源ケーブルはいらなくなる?のでしょうか?
また可能な場合、何台までマルチモニタ化が可能なのでしょうか?

>http://hanpenblog.com/usb-31-type-c/#USB-2


3 USB Type-Cは、非常に優れた規格端子だと思います。
USB Type-C端子付きモニターが今よりもっと普及した場合、
デスクトップパソコンのマザーボード外部コネクタ端子は、
LANポートとUSB Type-C端子のみ集約されていく流れになるのでしょうか?

もちろんその場合、USB Type-C端子を持つ様々な外部機器(スピーカーなども)が普及されなければなりませんが・・


教えてください。よろしく、お願いします。

USB Type-Cのモニター等について、以下、箇条書きにて質問しますので、よろしくお願いします。


1 現状、USB Type-C端子搭載のモニターがチラホラ販売されていますが、
そのようなモニター同士を、USB Type-C端子をデイジーチェーンでつなぎマルチモニタ-化は可能でしょうか?
もし可能の場合、何台までマルチモニターを構成できるのでしょうか?


2 下記リンク先には、「USB Power Delivery・・略してUSB PDと表記されていることが多いです。
このUSB PDは最大で5A/20V=100Wまでの給電が可能とな...続きを読む

Aベストアンサー

A.No3の回答者で追記です。

USB Type-CのALTモードはDisplayPortかThundebolt3として利用できますがDisplayPortとThundeboltは信号が違うのでデイジーチェインでの混在利用は許可されていません。

※USB Type-Cコネクタがついたモニタの多くはDisplayPortのコネクタとしてUSB Type-Cコネクタを利用した製品だと考えられます。

USB-PDに関しては給電側の電源容量に関わるのでモニタからノート系PCへの給電は可能だと思われますがノート系からモニタへの給電は期待できません(記事の内容を正確に理解してください)。

>デスクトップパソコンのマザーボード外部コネクタ端子は、LANポートとUSB Type-C端子のみ集約されていく流れになるのでしょうか?

憶測でしかありませんが今後数年間はマザーボードからTYPE-Aコネクタがなくなることはないと思います。

QVMware Player上のUbuntu遠隔操作

失礼します。

現在Windows7でVMware Playerを使ってUbuntuを動かしているのですが、
このUbuntuに外部PCからリモートログインする方法を教えていただけないでしょうか?
固定IPは持っています。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>ブリッジではどう設定すればよいのでしょうか?
現在のネットワーク構成を提示して頂けないとアドバイス困難です。
一般的には下記のような構成になると思います。

ゲストOSがブリッジの場合
ホストOS←┬→ルーター←→モデム等←→インターネット
ゲストOS←┘

ゲストOSがNATの場合
ゲストOS←→ゲストOS←→ルーター←→モデム等←→インターネット

ルーター無しでホストOSがPPPoEでインターネットへ接続している場合はゲストOSをブリッジでインターネットへ接続できません。
ルーターのLAN側にホストOSとゲストOSが対等に接続される状態にしなければインターネット側からのアクセスを可能に出来ません。

利用例でVirtualBoxと併用している場合はVMware Playerではネットワークに不具合が起こりますので、VirtualBoxをアンインストールしてください。
上手くできない場合はVirtualBoxでUbuntuを運用することもご検討ください。
VitrualBoxではVMware Playerと併用しても正常に通信できます。

参考URL:http://linux.owlnet.jp/virtualbox01.html

>ブリッジではどう設定すればよいのでしょうか?
現在のネットワーク構成を提示して頂けないとアドバイス困難です。
一般的には下記のような構成になると思います。

ゲストOSがブリッジの場合
ホストOS←┬→ルーター←→モデム等←→インターネット
ゲストOS←┘

ゲストOSがNATの場合
ゲストOS←→ゲストOS←→ルーター←→モデム等←→インターネット

ルーター無しでホストOSがPPPoEでインターネットへ接続している場合はゲストOSをブリッジでインターネットへ接続できません。
ルーターのLAN側にホストOSとゲストOSが対等に接...続きを読む

QUSB「Type-C」について

パソコン等のインターフェース規格「USB」に、新たに「Type-C」が登場した。
この「Type-C」は、どういうものなのだろうか?
従来のUSBと互換性はあるのだろうか?

Aベストアンサー

こちらに記事があります。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140818_662369.html

形状は今までと異なるので、現在のUSBコネクターには刺さりません。

Q個人のPCでVMWare上でUbuntuをインスト

個人のPCでVMWare上でUbuntuをインストールしていろいろ使いたいのですが、まったくの初心者向けでいい本はありますでしょうか。

Aベストアンサー

VMware用ではありませんが、
UbuntuサイトからVirtualBOX用「仮想ハードディスクイメージ」をダウンロードできます。
http://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix-vhd

 VirtualBOXのダウンロードは以下のサイトからできます。
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

QUSB Type-Cの充電とデータ転送

USB Type-C対応のケーブルを使用すると、それまでは別々にしなければならなかった充電(給電)とデータ転送が同時に可能と聞き、調べてみたのですがそれらしきページを見つけられませんでした。
参考になるサイトがありましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

基本的にUSB端子を利用した給電とデータ通信は同時に可能です。

・データ通信ができない給電専用ケーブルが製品化されています。
・パソコンのUSB端子での供給電力は規格上大電力を必要とするポータブルデバイスに給電できません(各規格上の供給電流を以下に列記)。
USB2.0は500mA。
USB3.xは900mA。
USB3.1(Type-C)は1.5A(オプションで3A)。

※一部パソコンとパソコン以外を合わせたUSB給電仕様には他にUSB-BC(バッテリーチャージ用仕様)は0.5A~1.5AやUSB-PD(給電仕様)の5V/2A~20V/5Aまでが定められています。

Type-Cコネクタでも給電したいデバイスによってはパソコンで給電できない可能性を否定できません(各パソコンのUSB端子の給電仕様で可否が分かれます)。

QVMwareでUSBメモリのUbuntu起動

USBメモリにインストールしたUbuntu10.04をVMware3.1.4で使いたいと考えています。
UbuntuをUSBメモリにインストールすることはできたのですが、起動ができません。
CDイメージを作成する必要があると思い検索し、Ubuntu8.04での作成例はみつけたのですが、記載されているファイルstage2_eltorito, menu.lstなどがUSBメモリ内にみつからず、次に進めない状況です。

Ubuntu10.04の場合どのようにするのかわかる方はいらっしゃいますか?

参照したURL
Ubuntu/USBメモリから起動するCDイメージの作成
http://yoshimov.com/?page=Ubuntu%2FUSB%A5%E1%A5%E2%A5%EA%A4%AB%A4%E9%B5%AF%C6%B0%A4%B9%A4%EBCD%A5%A4%A5%E1%A1%BC%A5%B8%A4%CE%BA%EE%C0%AE

Aベストアンサー

やりたいことからすると、サーバー上のフォルダとかNAS等のネットワークディスクとかに、仮想マシン環境をインストールする(.vm*ファイルを格納する)のが簡単でしょう。

ネットワーク上にそういうディスクが無くてUSBメモリを使わざるを得ないなら、OSのインストールは普通に行って、共用が必要なファイルだけUSBメモリに置く(ちょうどネットワークに繋がっていない2台のPC
で開発環境を共用したい時のような)。

QUSB type c ケーブルでこんなに価格差があるのはなぜなのでしょうか?

amazon で「type c」で検索すると・・・
https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dcomputers&field-keywords=type+c

のように、価格がかなりバラバラで、
一番右上(人によってはべつの場所かもしれませんが)の
http://amzn.asia/414yluq
なんかは、1000円切ってて3本セット(ほかは1本だけで1000円くらい?)で高速で丈夫とか書いてありますが、
なぜなのでしょうか?

特に問題ないならこの商品を買おうと思うのですが・・・
しかしあまりにも価格差があるので、、、


以上、お手数をおかけして大変恐縮ではございますが、ご対応のほど、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

心配なら、カスタムレビューを確認しましょう。

その製品ですが、性能にかなりのばらつきがあるとの記載があります。
ただ、充電用なら100円ショップでもそろそろ販売開始するのでしょうか。

Qubuntu上でVMware serverのインストール

ubuntu8.10
カーネル Linux 2.6.27-11-generic
この環境でVMware server 1.0.8をインストールしようと苦戦しております。

VMware-server-1.0.8-126538.tar.gzをダウンロードして、解凍し
vmware-server-distribフォルダに移動し、vmware-install.plを実行しました。

その後ほとんどの設定にデフォルトで答え、使用許諾を受け入れると
None of the pre-built vmmon modules for VMware Server is suitable for your
running kernel. Do you want this program to try to build the vmmon module for
your system (you need to have a C compiler installed on your system)? [yes]
といわれ、コンパイルをはじめます。
その後もデフォルトで答えていき、いざコンパイルがはじまると、、、

Extracting the sources of the vmmon module.

Building the vmmon module.

Using 2.6.x kernel build system.

make: ディレクトリ `/tmp/vmware-config7/vmmon-only' に入ります
make -C /lib/modules/2.6.27-11-generic/build/include/.. SUBDIRS=$PWD SRCROOT=$PWD/. modules


make[1]: ディレクトリ `/usr/src/linux-headers-2.6.27-11-generic' に入ります
CC [M] /tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/driver.o
In file included from /tmp/vmware-config7/vmmon-only/./include/machine.h:24,
from /tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/driver.h:15,
from /tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/driver.c:49:
/tmp/vmware-config7/vmmon-only/./include/x86.h:830:1: warning: "PTE_PFN_MASK" redefined
In file included from include/asm/paravirt.h:7,
from include/asm/irqflags.h:55,
from include/linux/irqflags.h:57,
from include/asm/system.h:11,
from include/asm/processor.h:17,
from include/linux/prefetch.h:14,
from include/linux/list.h:6,
from include/linux/module.h:9,
from /tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/driver.c:12:
include/asm/page.h:22:1: warning: this is the location of the previous definition
In file included from /tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/vmhost.h:13,
from /tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/driver.c:71:
/tmp/vmware-config7/vmmon-only/./include/compat_semaphore.h:5:27: error: asm/semaphore.h: No such file or directory
/tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/driver.c:146: error: unknown field ‘nopage’ specified in initializer
/tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/driver.c:147: 警告: initialization from incompatible pointer type
/tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/driver.c:150: error: unknown field ‘nopage’ specified in initializer
/tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/driver.c:151: 警告: initialization from incompatible pointer type
/tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/driver.c: In function ‘LinuxDriver_Ioctl’:
/tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/driver.c:1670: error: too many arguments to function ‘smp_call_function’
make[2]: *** [/tmp/vmware-config7/vmmon-only/linux/driver.o] エラー 1
make[1]: *** [_module_/tmp/vmware-config7/vmmon-only] エラー 2
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/linux-headers-2.6.27-11-generic' から出ます
make: *** [vmmon.ko] エラー 2
make: ディレクトリ `/tmp/vmware-config7/vmmon-only' から出ます
Unable to build the vmmon module.

For more information on how to troubleshoot module-related problems, please
visit our Web site at "http://www.vmware.com/download/modules/modules.html" and
"http://www.vmware.com/support/reference/linux/prebuilt_modules_linux.html".

Execution aborted.

といわれ、コンパイルがうまくいきません。
どのようにしたらこの先に進むことができるでしょうか?

ご教授お願い致します。

ubuntu8.10
カーネル Linux 2.6.27-11-generic
この環境でVMware server 1.0.8をインストールしようと苦戦しております。

VMware-server-1.0.8-126538.tar.gzをダウンロードして、解凍し
vmware-server-distribフォルダに移動し、vmware-install.plを実行しました。

その後ほとんどの設定にデフォルトで答え、使用許諾を受け入れると
None of the pre-built vmmon modules for VMware Server is suitable for your
running kernel. Do you want this program to try to build the vmmon module for
...続きを読む

Aベストアンサー

今日mogmetさんと全く同じ環境で同じことで悩んでおりましたが、
下記のURLを参考に解決できました。
http://d.hatena.ne.jp/orangehat/20090123

簡単に要点だけ述べると…。
まず、もとのパッケージがカーネル2.6.27に対応できていないらしいので、
最下の参考URLからパッチ(vmware-update2.6.27-5.5.7-2.tar.gz)をダウンロードし、
解凍して適当な場所に置いておきます。

インストールはmogmetさんの手順でよいのですが、
$ sudo ./vmware-install.pl
の後のやりとりのうち、以下で「no」とすることで、
そのまま/usr/bin/vmware-config.plを実行しないのがコツの様です。

Before running VMware Server for the first time, you need to
configure it by invoking the following command: "/usr/bin/vmware-
config.pl". Do you want this program to invoke the command for you
now? [yes]

上記に「no」と入力すると、一旦vmware-install.plが終了します。
ここでvmware-update-2.6.27-5.5.7-2/のディレクトリに移動して
$ sudo ./runme.pl
とすることで、パッチを当てることができます。
この後で改めてvmware-config.plを実行します。
$ sudo /usr/bin/vmware-config.pl
これでubuntu8.10にvmware1.0.8をインストールすることができるはずです
(私の環境ではこれでできました。)。

申し訳ありませんが、私はubuntu初心者なので説明が分かりにくいかも
しれません。詳細は引用ページを参照していただけたらと思います。

参考URL:http://www.insecure.ws/2008/10/20/vmware-specific-specific-55x-and-kernel-2627

今日mogmetさんと全く同じ環境で同じことで悩んでおりましたが、
下記のURLを参考に解決できました。
http://d.hatena.ne.jp/orangehat/20090123

簡単に要点だけ述べると…。
まず、もとのパッケージがカーネル2.6.27に対応できていないらしいので、
最下の参考URLからパッチ(vmware-update2.6.27-5.5.7-2.tar.gz)をダウンロードし、
解凍して適当な場所に置いておきます。

インストールはmogmetさんの手順でよいのですが、
$ sudo ./vmware-install.pl
の後のやりとりのうち、以下で「no」とするこ...続きを読む

QUSB機器をRS232Cポートに接続して使用する為のコンバーターを探し

USB機器をRS232Cポートに接続して使用する為のコンバーターを探しています。
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=USB-CVRS9
上記URLのように、RS232C接続の機器をUSBポートに接続する為の機器はすぐに見つかるのですが、逆の機器が見つかりません。

PCのRS232Cポートにシリアルケーブルを接続し、コンバータ等を介してUSB機器を制御したいと考えています。

そういった機器をご存知の方いらっしゃいましたらご教示願います。

Aベストアンサー

ありません。
USB-RS232のデータ変換は、変換ケーブルが行っているのではなく「ドライバー」が変換ケーブルをCOMポートに見せかけて制御を行っています。

質問者さんが望むコトを行おうとしてたら、
・PCのシリアルにUSBのデバイスにあわせたコマンドを送るためのソフト
・シリアル通信を変換しUSBデバイス用のコマンドに変換するための部分
・上記と逆に、USBからシリアルに変換する部分と対応ソフト
・USBデバイスを制御するホストコントローラ
ということを行うシステムが必要です。
簡単に書けば間にデータ変化の専用PCをいれるようなものです。
とても実用的ではありません。

QVMware Player、Linux、Ubuntu 

こんにちは。
やはり、こちらのカテゴリは敷居が高いのですが・・・。
適当なカテゴリがあったら教えてください。

本題に入ります。
ホストOS:Windows Vista 、ゲストOS:Ubuntu

「この仮想マシンで VMware Tools パワーオンスクリプトが正常に実行されませんでした。
仮想マシンにカスタムされたパワーオンスクリプトが構成されている場合は、スクリプトにエラーがないか確認してください。」
この対処法を教えて下さい。

放って置いても使えますが、気持ち悪いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゲストOSのLinuxにVMWare Toolsをインストールしていないのではないですか?
VMWare Toolsをインストールするとメリットもデメリットもありますので、検索して調べてインストールしてください。


人気Q&Aランキング