プロが教えるわが家の防犯対策術!

岐阜県岐阜市に百々ヶ峰という山があります。
比較的市街地に近いところにあり、登山客もぼちぼち登っている417.9mの小さな山です。
住所は岐阜市雄総というところになります。

市街地からこの百々ヶ峰を見上げると、山頂に大きな白い板が見えます。
板は2枚が向かい合っているようにも見えます。

この板は何のために立っているのでしょうか?
ある程度調べてみたのですが、中部電力の施設なのではないかということは分かりました。
御存知の方がいらっしゃれば、回答宜しく御願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

中部電力から以下のとおり回答が来ました。



お問い合わせいただきました、百々ヶ峰山頂付近の弊社反射板について
ですが、岐阜市と関市にある弊社事業所間のマイクロ波通信に使用して
おります。マイクロ波通信は、災害時の連絡や設備の運転等の通信に利
用しています。

とのことです。
そういえば関市は山の反対側ですね。

(質問にお答えいただいた中部電力の方に、この場をお借りして感謝を申し上げます。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
関市に向けてのマイクロ波の反射板だったのですね。
設備の運転、というのはダム等のことでしょうか?
今度百々ヶ峰の反射板まで直接見に行ってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/15 15:37

あれって下から見ていると気になりますよね。



一番よいのは山に登って自分で確かめることですが、
私も、数年前に登って確かめました。

その結果、実は2つあることがわかりました。
少し、西向いたものと南を向いたもので、
西向きのほうが大きくて目立つやつです。

あとは記憶なのでなんともいえませんが、
大きいほうが、中部電力で、もうひとつは
NTTだったと思います。

マイクロウェーブの反射板であることは間違いありません。

もし、自分で登ってみようと思うならば、
登山路はいくつかあり、北の三田洞弘法の裏から登る道が一番整備されています。

あと、南側は松尾池のところから東海自然歩道に従っていけば北側からの道に出ます。

また、百々ヶ峰は西峰と東峰があり反射板のあるほうは西峰で、岐山高校の裏から直接登れるようです。

どの道をたどっても、ゆっくり登って約40分程度で、とても良い運動になります。

下に、登山の案内を入れておきました。
あまり回答になっていませんが

http://homepage2.nifty.com/ohno-syo/04dodogamine …
http://www.ccn.aitai.ne.jp/~komori/index_015.htm
http://matuda.tripod.com/yama/dodogamine/index1. …

参考URL:http://www.japan-net.ne.jp/~nagayama/page/2261do …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなりましたが、御回答ありがとうございます。
車でどこまで行けるのか、私も山の周りをぐるぐる見て回りましたが、三田洞か松尾池からがメジャーなルートのようですね。
岐山高校の裏から登るルートは知りませんでした。
そろそろ暖かくなってきたので登ってみようかと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/15 15:34

先ほど中部電力の質問フォームから問い合わせました。

回答の掲載許可を取る予定なので回答が返ってきたら補足いたします。今しばらく質問を締め切らずにお待ちいただけるとありがたいです。
    • good
    • 0

マイクロ波通信網の反射板ですね。



電力会社ではダムの監視や送電指令を遠隔操作するためにマイクロ波による通信網を持っています。その中継のための施設です。

どことどこの通信を受け持っているかは分かりませんが、興味がおありなら電力会社に問い合わせてみては?
実は私もちょっと興味があります。小さいときに見たことがあったものですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
岐阜市街地から百々ヶ峰の間には遮る山などはありません。
市街地の中心に中部電力の大きなアンテナが立っているので、もしかしたらそのアンテナからマイクロ波を出して反射させているのかもしれません。

しかしその山の向こうや、近隣の川にはダムはないので、ダムの監視のためではなさそうです。
引き続き調べてみます。

お礼日時:2004/03/01 16:57

(それがそうかはわかりませんが)県や町などの行政無線用の反射板というのもあります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございます。
行政無線用の反射板、という方向性で調べてみます。

お礼日時:2004/03/01 16:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山の上に在る四角い反射板と言われるものは。

山間部へ行くと山の中腹に大きさが多分3メートルか4メートルの大きさのグレーの板が立っているのをよく見かけます。
電波の反射板だという人がいますがどのような目的で誰が設置しているのでしょうか。
当方むかしアマチュア無線やってましたので興味あります。

Aベストアンサー

マイクロウェーブの固定局間が見通しで無いときに使用します
名前の通り 鏡で光を反射するのと同じように電波を反射させます

実用になるのは3GHz以上でです
移動局との通信には使用されません

Q山の上の白い看板(?)の用途

北海道・国道39号線の大雪湖付近の山の上に、白い看板のようなものがあります。
鉄道の沿線にある広告看板のような形に見えますが、遠い山の上にあるのでそのような目的とは考えられません。
また、双眼鏡で見ても、何か書いてあるようにも見えません。

似たような物は、国道273号の糠平湖南側の山の上にもありました。

ダムの管理か、国道に関係する施設だとは思いますが、用途の見当がつきません。思い当たる言葉を検索してみましたが、見つけられませんでした。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

なお、当方まったくのシロウトですので、専門的なサイトや書物のご紹介よりも「簡単に言えば」的回答を希望しております。
第三者の参考となる専門的な情報は歓迎しますが、質問者には文字通り「猫に小判、馬の耳に念仏」となることはご容赦ください。

また、開発局に電話して訊けば教えてもらえるかもしれませんが、正直そこまでの熱意はありません。あくまで「シロウトの興味本位の安易な質問」ですので、寛容なご回答をいただければ幸いです。

写真は大雪湖近くです。走行中の車の助手席から撮ったのでヒドイ写真ですが、これしかありません。

北海道・国道39号線の大雪湖付近の山の上に、白い看板のようなものがあります。
鉄道の沿線にある広告看板のような形に見えますが、遠い山の上にあるのでそのような目的とは考えられません。
また、双眼鏡で見ても、何か書いてあるようにも見えません。

似たような物は、国道273号の糠平湖南側の山の上にもありました。

ダムの管理か、国道に関係する施設だとは思いますが、用途の見当がつきません。思い当たる言葉を検索してみましたが、見つけられませんでした。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教え...続きを読む

Aベストアンサー

マイクロ波通信の反射板です

アンテナ - 反射板 - アンテナ
もしくは
アンテナ - 反射板 - 反射板 - アンテナ

として使われます。


人気Q&Aランキング