今日、単衣のお着物を着ているおばあさんを見ました。
何でこの時期に単衣?と気になってしまったので、
そのおばあさんと話をしてみました。

おばあさん曰く、
「自分が過ごしやすいように着るのが1番。
 暑ければ冬でも単衣を着ればいいし、
 寒ければ夏に袷でもいいんだよ。」
らしいです。

おばあさんが子供の頃、お着物を日常的に着ていた頃には
冬に単衣を着ていた事もあったし、逆の事もあったらしいです。
お茶席や結婚式などならともかく、日常的に着たいのであれば
そんなん無視しても構わない、と言っていました。

今、何月になったら袷はダメで、とかっていうルールは、
「庶民」の間でも守られていたルールなんですか?
「貴族」の方々が守っていたルールなんですか?

今まで厳格なルールを守って着てきましたけれど、
破っていいルールなら破りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 着付け師の資格を持っていますが、最近では10月でも暑いので単衣でも構わない風潮ではあります。



 ただ、さすがに11月の猛暑日には単衣はおかしいだろう?と思いますけどね。

 夏の結婚式では単衣でも薄物でも良いのですが、結局空調が良いので寒いってことにもなりかねません。よって貸衣装は袷の着物が主流です。会場に来られて着つけて、その場で参加して脱いで帰るというスタイルです。よって空調が良いので袷でも大丈夫なんですよね。

 今で言うと皇室の方々の着方が参考になるというか基準になるかもしれませんね。

 厳格なルールを守るのも悪いことではないし、自由に着るのが本来の「着物」であるとも言えます。

 五月末の旅行はさすがに悩みますよ^^;単衣にするのか?コートは着るべきか?雨は降らないか?

 正絹を着ていて一番困るのが雨ですからね。

 単衣を二枚重ねで冬に着てもいいんですよ。長じゅばんの代わりにもう一枚を中に着るんです。襟が出て面白い組み合わせになったりします。綿紬や会津木綿や、川越唐桟など。

 おばあちゃんの世代はもう自由で、普段着が着物ですから「よそ行き」とか「晴れ着」の感覚はまた違うものなんです。

 一年中着物で生活している自分としては、ある程度ルールを守ったうえで、インナーで変えるとかしています。
 まだまだ口うるさい人が居ますからね。堂々と正面に来ていえばいいのに陰でこそこそいうんですよねえ。

 着物の「格」さえ間違わなければ、単衣・袷はもう個人の自由でいいと思います。

 ただ、真冬用の物を夏に着ると変ですけどね。逆もしかり。
 浴衣は家の中でのみ一年中着られますが、外には行けないっていう。

 今でも浴衣じゃ外は歩かないって老婦人は多いです。

 時代によって変わりますから・・・・臨機応変な考えを持っているのは良いことですよ。

 もっとも有る人がいうなら説得力も付きますね。枚数がないんで、着回ししてますっていうのはなし。
    • good
    • 12

私は当たり前なことに、気づいてくれたお若い方に感謝したいです。



生活の中で着物がなくなってしまったがためにの
呉服屋さんの洗脳からやっと、繰り返し繰り返しの呪縛が解けてきたという兆しですから。

そう、いまや、夏のスーツや、ネクタイだって、クールビズです。
日本ならほぼ、北海道に相当する、緯度にある、イギリスの服装。
ちなみに、あちらにはエアコンが博物館などにもなくて、数年前の猛暑の異常気象のとき、とても
管理に問題があったそうです。

日本では結婚式でがんがんにクーラーの入ったホテルで袷の着物で参列する・・・そういう、あほらしさです。
これは、いくら呉服屋がすすめても、絽には庶民が手を出せないからです。

気候・風土で服装は決まる。
当然なことです。

ソレと、後もう一つ。
「わたぬき・4月1日」で、思い出しましたが、
もっともっと以前の貴族は「十二単」でした。

そう、単衣なんですね。
袷じゃない。
単衣をあくまでも、何枚も重ねる。

それから言うなら、そういう方向性も、当然、あっておかしくないのですが、
どうして、寒いと袷になったかということも、ちょこっとお考えください。

ソレと、袷の洗濯と、単衣の洗濯は違います。
単衣はそのまま洗って、糊付けする、今の浴衣と同じようなと、お考えください。
源氏物語にも出てくる。

和服はあくまでも、解いて再利用をすることを必ず、使命として仕立てられて、着用します。

今は丸洗いがクリーニング技術の進歩で袷でもできますが、所詮、裏と表と素材が同じでも
違う布地なので、やって、2-3回と制限がある。
基本、解いて洗う、そして仕立てるというのが原則です。

今でも、そうですが、ダレでもが器用に’お針’が出来る技術と、時間があるわけじゃない。
するとね、当時90%以上は普通に農民だったので、一年中単衣です。
今で言うなら、浴衣の厚手のような生地とでも思ってください。

その中で唯一袷に仕立てる’必要性’があるのが、綿入れです。
綿をはさむために。
どうして十二単だったかは、その当時、綿が日本では、実用化できる状況としては’なかった’

そして、’貧乏人の単衣がさね’という言葉が出来上がる。
貧乏人は寒くても、単衣を重ねてきていて、’袷’をきないから。

浮世絵はほとんど袷でかいてあるでしょう?
夏の風景となると別ですが。
あれはあれで最新ファッションだから。

裏地のコーディネイトが売りなのと、実は、それだけ手間ひまかけられる’生活’をしている、出来る、
長着を引きずって、擦り切れても、手入れできる生活をしている’贅沢’の
アッピールだからです。

だからこそ、’貧乏人の単衣重ね’という言葉になる。

呉服屋さんがこだわる・刺激する・・・のは、ここ(貧乏人)です。
それでも、明治以降にウール(羊ですから、それ以前には日本にはない素材です)が入ってきて、
セルというネーミングで単衣として普及した。

それなりに、木綿より、高級な単衣素材=貧乏人ではない=袷に匹敵するとして歓迎された。
しかし、着心地がちくちくしてよくなかったようです。

今でも、袷より、単衣のほうが管理が簡単なのは当然です。

気温にあわせて着るのが衣料の基本です。
当たり前ですよね?
それに、日本列島は南北に長い、○月で決めるのに無理があると思うのが当たり前以前の常識です。
    • good
    • 27

そのおばあさんのおっしゃる通りです。


普段着ですから着やすいのが一番、着心地の良いのが一番です。

厳格なルール?今どきありますかね、この温暖化時代に。
もちろんフォーマルな席ではありますが。
でも空調の効いた現代では真夏の結婚式に袷を着る場合もありますよ。
だいたい絽の留袖とか振袖なんて、持ってる方がどれほどいるか?

ウールや厚手木綿は単衣に仕立てて冬にも着ます。
絹とちがって裏をつけると重くてとても着づらいものになります。
おばあさんの着ていたのはそういうものではないかしら?

昨今、私は4月の下旬には単衣を着始めます。
袷でないとおかしいかな?という外出の場合で暑く感じる日には襦袢を麻にしてしまいます。
単衣も厚手から薄手までいろいろとあるので気候に応じて選びます。
以前に4月に30℃を越す真夏日になったことがありました。
ちょうど京都の呉服店にいたのですが店主が「ひえ~こりゃ麻を着なあかん!」と言ってましたよ。(笑)
9月の残暑が残る時にはまだ夏物(薄もの)を着ますし、最近の気候だと10月に袷は着てられません。

最近の気候ですと単衣の期間がとても伸びていると感じます。
なので厚手のもの、薄手のもの、と単衣を充実させると便利ですよ。
    • good
    • 12

遊びで着物を着ているものです。



今の着物の衣替えルールは明治時代につくられたものだそうです。

もちろん、「四月一日」と書いて「わたぬき」と読んだりするのですから、ある程度は普及していたルールの明文化の可能性は高いですが、旧暦の場合は、うるう月が発生したりするのですから、「何月」というのは今ほど明確ではなかったはずです。

加えて、町人でも武士でもいいのですが、一部の裕福な人以外は、それほど着物を持っていません。
いわゆる「貴族」は江戸時代には、かなり困窮している人も多かったはずですし、町人は木綿が主なので、裏を付けない人もいたことでしょう。
余談ですが、現在でも、ウールや木綿は真冬でも裏を付けなくてもよいのがルールだそうです。

私自身は、5月と10月は単ですし、6月後半と9月前半は夏物です。
ただ、洋服でもそうですが、衣類というのは見ている人の印象も大事だと思いますので、真冬に薄物、真夏に袷は、したくはありません。
地域によって多少のズレは当然あると思います。沖縄で4月に袷を着たり、北海道で6月初めに単では、見ている方が違和感を感じそうですので。
自分の過ごしやすさと、見る人の心地よさ、その兼ね合いがお洒落なのではないかな、と思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

袷を着てると、空調の効いた建物などに入った時に
熱くて目眩がする・・・という事が、冬でも頻繁にあります。

冬に単衣でもいいなら単衣着て羽織で調節したいな、
と思っていました。
あくまでも庶民的に着たいだけなので、柄などを見て、
季節に合ったもので、過ごしやすいものを
選ぼうと思います(^-^

お礼日時:2013/02/23 15:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物と浴衣の着付けの違い

着物と浴衣の着付けの違い


着物に興味が前からありますが、着付けができません。
着付けが出来ないので買えないのデススパイラルです(笑)
浴衣は問題なく着れます。

昔の人は毎日着ていただろうに、何ヵ月も教室に通わないと着れるようにならないのでしょうか。

ちなみにいずれ摘発されそうな実態と名高い、某大手着物教室がある為、他の教室も恐ろしくていけません(T_T)


浴衣と着物ではどの程度着付けの差がありますか?

Aベストアンサー

見れないとの事なので簡単に説明しておきます。
一応、浴衣も着物の1種なので適当な着方や自分のオリジナルの着方でなければ
浴衣の着方と着物の着方はだいたい共通しています。

着物の正式な着付けには
○長襦袢 着物の下に着る物
○半襟 長襦袢の襟に付け襟芯を入れる物
○襟芯 長襦袢の襟部分の芯
○腰紐2~3本
○伊達締め 胸元に締める幅の広い帯、長襦袢用と着物用の2本
○帯
○着物
などの数々のアイテムが必要になりますが
しっかりと綺麗に着るにはこれらのアイテムと装着方を知らないとなりません。

浴衣の場合は
○裾避け 腰に巻いて下半身に付ける物
○肌襦袢 着物の長襦袢とは逆に見えないように着る物
○腰紐2~3本
○伊達締め
○帯
○浴衣
となるのでこれらのアイテムの装着方が解れば
着物も理屈的には着る事が可能になります。

ただし、これらのアイテムだけでも???という状態なら
ちゃんと着付け教室などで習った方が良いと判断してください。

一番の問題は帯の結び方(代表的なので10種類以上ある)を覚える事と
基本知識(帯には浴衣仕様の巾の帯と着物用とがありますが、それらの知識なども必要かと)
が、とりあえずそこは置いておきましょう。

それと個人の教室の場合は
近所の人達を相手に小遣い稼ぎ程度でやってる所が多いので
その地域の収入や相場にあった授業料で行なっていますし
近所繋がりの延長線で親切に面倒みてくれるので
無理なく自分に合ったペースで学ぶ事が出来ると思います。

大手なら危険とか個人なら安心という訳ではありませんが
心配ならそういう選択肢もあるよ~という感じで受け取ってください。

見れないとの事なので簡単に説明しておきます。
一応、浴衣も着物の1種なので適当な着方や自分のオリジナルの着方でなければ
浴衣の着方と着物の着方はだいたい共通しています。

着物の正式な着付けには
○長襦袢 着物の下に着る物
○半襟 長襦袢の襟に付け襟芯を入れる物
○襟芯 長襦袢の襟部分の芯
○腰紐2~3本
○伊達締め 胸元に締める幅の広い帯、長襦袢用と着物用の2本
○帯
○着物
などの数々のアイテムが必要になりますが
しっかりと綺麗に着るにはこれらのアイテムと装着方を知らないとな...続きを読む

Q銘仙の着物で単衣を冬に着たら変ですか?

銘仙の着物で単衣を冬に着たら変ですか?
いかがでしょう。

ご回答ください。

Aベストアンサー

最近のお嬢さん方は冬でも、チュニックなど、ジョーゼットや、シフォンのような透ける、軽い生地で着ているので
あまり違和感がないのかもしれないですが、コート下で、というなら外で見えないから気にもなりませんが、
コートのしたからすけるような、薄い、ヒラットした布地が見えると、年長者は洋服でも、寒々しく見えるのです。

だから、元から、単衣は、冬には着ないとわかっていて、着用するにはウールがぎりぎりです。
それは、ウールが元から、冬素材(毛糸とか)だからという、言い訳があるから。

元から、着物は形は全部一緒(半そでとかないでしょ?)、布地(絽、紗、ちりめん、麻とか)と仕立て(単衣、袷)、そして、柄(季節)で
季節の変化と、温度調整を感じさせる仕組みだから。

私の、祖父は私(今年還暦)が20のころに、ウールのお対の、羽織を脱いでいたら、「なんだそれは、単衣じゃないか」と
血相変えて言いました。
もう、こういう人は生きていませんが(笑)、貧乏人の単衣重ねとか言う言葉もあるぐらいに
寒い時期に、単衣を着用するのは、見るほうにすると、無理があります。

室内だけ(ジタク)とかなら、問題はないでしょう。
タダ、これで寒い時期に外を出歩くに、袷のコート、羽織を着用せずに、ショールだけだと、
本当に「寒々しい=貧乏くさい」ということになっちゃうのです。

銘仙は、柄でそれとわかります。
さらに、布地として、薄いのです、銘仙は。
だから、冬に単衣ということでなら、わかる部分は上前のすそだけが、歩くときにわかりますが、ヤッパリ、ちょっとね。

季節の変わり目に、暑いときなどにということなら、十分に通用するのですが。

最近のお嬢さん方は冬でも、チュニックなど、ジョーゼットや、シフォンのような透ける、軽い生地で着ているので
あまり違和感がないのかもしれないですが、コート下で、というなら外で見えないから気にもなりませんが、
コートのしたからすけるような、薄い、ヒラットした布地が見えると、年長者は洋服でも、寒々しく見えるのです。

だから、元から、単衣は、冬には着ないとわかっていて、着用するにはウールがぎりぎりです。
それは、ウールが元から、冬素材(毛糸とか)だからという、言い訳があるから。

元から...続きを読む

Qイギリスで着物の着付けをする方法

初めまして

イギリスで11月に授賞式があります。

着物(または袴)を着たいのですが、

着物を着たのは卒業式の時くらいで、自分で着付けは全くできません。

身近にいる人に着付けができる人もいないのですが、

なにか簡単に着れるようになっている着物はないでしょうか。


またはイギリスのロンドン ゴールドスミスホールあたりで着物の着付けをしてくれる所はありますか?

英語ができないので、なるべく日本語でやりとりができるところがいいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ロンドンで着物の着付け自体はしていただけるようです。
日本語でコンタクトできますので、ダメでも様子を聞いてみることはできるかもしれません。
http://www.kimonodego.com/Japanese/kimonodego_japanese.html

Q答えて下さるなら、最後まで読んで下さい。着物が好きで、20代で着物を着るようなイベントとかきっ

答えて下さるなら、最後まで読んで下さい。

着物が好きで、20代で着物を着るような
イベントとかきっかけってありますか?
そして着物って結構高いですか?

趣味で着たいなーって思うけど、
そうゆう機会が欲しいなーって思います。


ひとりで着るのは虚しいので
ひとりで着ればいいじゃん、どこでも着れます、という回答はいりません。

Aベストアンサー

遊びで着物を着ている40代です。
私は20年ほど前、ちょうど20代なかばくらいで、ある着物に一目ぼれで着物にはまりました。

>イベントとかきっかけってありますか?
こういう質問が出る時点で、たぶん、質問者様の周囲には存在しないか、あっても興味がない内容なんでしょう。
着物をよく着る人間というのは、仕事で着物に接する機会のある人、趣味や習い事がきっかけで着始めた人、私のように特定の着物に惹かれたのがきっかけの人、こんなタイプが多いです。
たとえば、茶道をはじめて着物が好きになったという人は多いですが、茶道に興味のない人にとっては意味のない話ですよね。
単純な回答としては、「着物 イベント お住まいの地名」で検索なさってみては?
地域によりますが、結構見つかりますよ。

>着物って結構高いですか?
高いものもあれば、安いものもあります。
平均して言うなら、ファストファッションほど安いものは少ないでしょう。
欲しがる人が少ないですからね。

>ひとりで着るのは虚しいので
私は、自分だけ着物でも平気な人間ですが、質問者様のようなタイプも多いですね。
この場合、友達を誘って着物を着るか、着物に関わる趣味や習い事をはじめて、そこで友達をつくるか、どちらかしかないでしょう。

遊びで着物を着ている40代です。
私は20年ほど前、ちょうど20代なかばくらいで、ある着物に一目ぼれで着物にはまりました。

>イベントとかきっかけってありますか?
こういう質問が出る時点で、たぶん、質問者様の周囲には存在しないか、あっても興味がない内容なんでしょう。
着物をよく着る人間というのは、仕事で着物に接する機会のある人、趣味や習い事がきっかけで着始めた人、私のように特定の着物に惹かれたのがきっかけの人、こんなタイプが多いです。
たとえば、茶道をはじめて着物が好きになっ...続きを読む

Q着物の着付けについて

友人の結婚式に着物で出席しようかと思っています。
自分では着付けが出来ないので近所の美容室にお願いしようと思っていますが、着付けしてもらうときに注意することはありますか。
できれば2次会まで着物のままで参加したい(着替える時間がない)ので、長時間でも苦しくないように着付けしてもらいたいと思っています。
また、レンタル着物のセット内容に「着物・長襦袢・帯・帯揚げ・帯締め・草履・腰紐・前板・伊達巻・枕帯」とあるのですが、他に自分で用意しなければならないものはどんなものでしょうか。

Aベストアンサー

No4です。

頂いたご質問についてですが・・・

1.着物用バックは着物をレンタルされたお店から着物や小物を一まとめにして入れた状態で渡して下さるかもしれません。
  お店によっては風呂敷の場合もありますが、出して下さったバックや風呂敷をそのまま使用される形で良いと思います。
  着物を受け取る際には中身を確認される事だけは忘れないようになさって下さいね。

2.腰紐などは着物が着崩れないように着付ける為にある程度しっかりと締めます。
  なのでNo2の方がおっしゃってるように結び目が胃の辺りにこない様にズラしてもらうのが良いでしょうね。
  帯については「ギュッ」と締める時に帯の下ふちを持って締める人と、帯全体を掴んで締める人がいます。
  前者の場合は帯の下ふちだけが締められて固定されるので胃の辺りはあまり苦しくありません。
  でも後者の場合は帯全体が締まってしまうので胃の辺りまで苦しくなってしまう様です。
  両方共、締めるのは着付けのプロの方なので「しっかり」締まるのですが
  たったこれだけの違いで長時間着ても苦しいか、苦しくないかが違います。
  ただ、今回書かせていただいた方法は着付けをする方によって考え方がそれぞれなので
  mary195さんが出来る方法としては「腰紐の結び目の位置」と「手のひらを入れる」という感じかと思います。

3.和装用のウィッグをされるのですね。
  今回はご友人の結婚式にお呼ばれされるとの事ですので、あまり派手にたくさんでなければ
  ヘアアクセサリはあっても良いですし、無くても問題ないと思いますよ。

長文失礼致しました・・・

No4です。

頂いたご質問についてですが・・・

1.着物用バックは着物をレンタルされたお店から着物や小物を一まとめにして入れた状態で渡して下さるかもしれません。
  お店によっては風呂敷の場合もありますが、出して下さったバックや風呂敷をそのまま使用される形で良いと思います。
  着物を受け取る際には中身を確認される事だけは忘れないようになさって下さいね。

2.腰紐などは着物が着崩れないように着付ける為にある程度しっかりと締めます。
  なのでNo2の方がおっしゃってるように結...続きを読む

Q正月などに男性が着る紺色の着物、その下に着る薄手の着物は何と呼びますか?

男性が着る着物について、名称を教えてください。
上に着る順番から「羽織」「着物」と言うと思いますが、着物の下に着る物は何というのでしょうか。
着物よりも少し薄手で、無地の物もありますが、水墨画のような絵柄が描かれている場合もあります。
「長じゅばん」という言葉を聞いたことがありますが、これは女性の着物の場合でしょうか?

また、羽織とか帯とか帯留など、着物の装い全体の話をしている時に、メインとなる着物については、「着物」と呼んで良いのでしょうか? まぎらわしい気もします。

Aベストアンサー

男性用も長襦袢で良いのですよ。
男性が着る着物は基本、柄のないものです。せいぜい縞、格子、ぐらい。
なので見えないところに着る長襦袢でオシャレするのです。
羽織の裏地(羽裏=はうら)に凝るのもオシャレです。
イタリア製のスーツなどに派手な裏地がついてるのと同様の感覚ですね。

そしてメインの着物のことを長着(ながぎ)と呼びます。
これも男女とも同じです。
女性用はおはしょりをして着るので男性用より丈が長く出来ています。

Q無料着付け教室について振袖=着物?

日本和装振興協会が主催の
無料きもの着付け教室というのがあると、
こちらの過去の質問で知り、さっそく調べてみると
http://www.wasou.com
近くに教室があり、行ってみようと思いました。

無料のウラ?
みたいなのはなさそうですので通いたいのですが・・・
(もし何かご存知の方がいれば、
そちらの方もアドバイスお願いします。)

私は着物に対する知識が全く無いんです。
でも、成人式の時に母に振袖を一式
揃えてもらいました。
そこでふと思ったのですが、
↑のような無料着付け教室というのは
着物の着付けですよね?
振袖というのは着物の種類なんですよね?
そこまではなんとなく分かるんです。
でもそれだったら、
着物の着付け教室で学んで、
振袖を一人で着られるようになれるんでしょうか?

そもそも、着物着付け教室で振袖を学ぼうというのが
全くの間違いなんでしょうか?

振袖=着物ではないのでしょうか?

また、こちらの教室は、自分で着物を持っていかないと
いけないみたいなんですが、
「振袖」だとダメなんでしょうか?
「振袖」を着る為の中の下着?というのでしょうか、
そういったものは全部揃っています。

私は、母に買ってもらった「振袖」を
一人で着れるようになりたいんです。
ちなみに今23歳なんですが、
結婚の予定はまだまだナシですので
振袖はOKですよね?

どなたかお分かりになる方、よろしくお願い致します

日本和装振興協会が主催の
無料きもの着付け教室というのがあると、
こちらの過去の質問で知り、さっそく調べてみると
http://www.wasou.com
近くに教室があり、行ってみようと思いました。

無料のウラ?
みたいなのはなさそうですので通いたいのですが・・・
(もし何かご存知の方がいれば、
そちらの方もアドバイスお願いします。)

私は着物に対する知識が全く無いんです。
でも、成人式の時に母に振袖を一式
揃えてもらいました。
そこでふと思ったのですが、
↑のような無料着付け教室とい...続きを読む

Aベストアンサー

専門家ではないので…求めていらっしゃる問いかけを完全に満足させられるかどうかわかりませんが…。
着物と呼ぶ場合は和装一般を指します。

寝間着や夏の普段着である浴衣YUKATA
昔の普段着でもある単衣HITOEや袷AWASE
ちょっとあらたまった席で着る付下げTSUKESAGE
そして未婚の女性が正式な場で着ることができるのが振り袖です。袖の長さによって中振り袖(膝くらい)大振り袖があります。

書かれていたサイトを拝見しましたが、そこのカリキュラムには着付けの無料のコースには振り袖はありませんね。
振り袖の時は帯びも幅の広い西陣などの厚い織物を使うので、ご自分で…というのは限りなく無理に近いです。振り袖の着付けは美容院か専門の方の所へ行くか、あるいは心得のある方が近くにいらしたら家で着付けをしてもらうことができるか…という所です。

教室で必要になりそうなものは、小物の他に1枚あれば…ということですが、振り袖は普通絹物で高価ですからそれで練習をするのは無理だと思いますよ。傷んでしまうともったいないし。
日舞などのお稽古をする方ように、ごく安価な着物は比較的簡単に手にも入りますし、どうやらこの会でも協賛する製造会社などから格安の紹介品が買えるようですね。

いずれにしても振り袖を一人で…はちょっと難しいと思います。カリキュラムとよくある質問をもう一度、読んでごらんになるとよいと思います。
ヤフ買い物の所で、着物→女性と入れると1万円前後で結構ありました。帯と長襦袢も振り袖のものでは無理なので、別途必要になると思います。

専門家ではないので…求めていらっしゃる問いかけを完全に満足させられるかどうかわかりませんが…。
着物と呼ぶ場合は和装一般を指します。

寝間着や夏の普段着である浴衣YUKATA
昔の普段着でもある単衣HITOEや袷AWASE
ちょっとあらたまった席で着る付下げTSUKESAGE
そして未婚の女性が正式な場で着ることができるのが振り袖です。袖の長さによって中振り袖(膝くらい)大振り袖があります。

書かれていたサイトを拝見しましたが、そこのカリキュラムには着付けの無料のコースには振り袖はありませんね。...続きを読む

Q袷の着物

着付け初心者です。
明日、袷を着てお稽古に外出しようとしたのですが、気温が30度あると予報されていました。
やはり袷はやめておいたほうがいいでしょうか・・。
今年の春に仕立ててまだ一度も着ていません。明日をのがすと、10月まで着られないというのもなんだか残念で・・・。

Aベストアンサー

そういう場合は下に着るもので調節すると良いですよ。
例えばですけど私などは夏用の麻の襦袢を着たりします。

まだ湿度が高くないのでそれほど不快ではないと思いますが、ちょっと動くと汗をかくと思いますよ。
この時期は室内もあまり冷房がきいてなかったりしますから、短時間ならともかく長い時間はちょっと体調が不安です。
体が暑さに慣れてないので熱中症の心配もあります。
単衣があるならそちらにされた方が無難かと思います。

Q披露宴に着物で出席、着付け代金は自腹だと思っていたのですが世間では…

今月末、友人の結婚披露宴に招待されている者です。

私は着物を着て出席するのですが、披露宴会場のホテルの美容着付け室で
着付けと髪セットを予約してあります。
先日、一緒に出席する友人R子に、
「着付け代金とかって、普通、新婦が出してくれるものなんじゃないの?」
と言われまして、世間一般ではそうなのか?と思っているのですが…

私自身、着物を着ての披露宴出席は初めてで、着付け&髪セット代金は
自分で出すものだと思っていました。
R子は当日洋服ですが、友人の結婚式に着物で出席した経験が何度か
あるらしく、その着付け代金等は新婦が出してくれたと豪語していました。

この話を聞く前に、着付け&髪セットの代金はそのホテルではいくらなのかと
新婦に尋ねたことがあるのですが、そのとき、
「15,000円よ。まぁ、ホテルってこんなもんよね」と言われたので、
いまその言葉を思い出すと、彼女(新婦)も私と同じ考え方のようです。
…着付け代金、出してくれれば嬉しいですし助かるのですが、お祝いの席
なのであんまりヤラしいこと考えるのも何ですし期待はしていませんが、
着物を着て披露宴に出席された経験のある方、当日の着付け代金等は
どうされたのでしょうか?
宜しければ体験談お聞かせください。

今月末、友人の結婚披露宴に招待されている者です。

私は着物を着て出席するのですが、披露宴会場のホテルの美容着付け室で
着付けと髪セットを予約してあります。
先日、一緒に出席する友人R子に、
「着付け代金とかって、普通、新婦が出してくれるものなんじゃないの?」
と言われまして、世間一般ではそうなのか?と思っているのですが…

私自身、着物を着ての披露宴出席は初めてで、着付け&髪セット代金は
自分で出すものだと思っていました。
R子は当日洋服ですが、友人の結婚式に着物で出席し...続きを読む

Aベストアンサー

新婦の考え方次第ですが、今回は諦めて自分で出すことを覚悟した方が良さそうですね。
私は新婦に着付けができるかどうかを質問したら、白無垢を着せる人が私の分もやってくれて、ご親戚の着物もやっていて、みんなで一緒でしたし、料金も出してもらいました。

その後、洋服で出ましたが一緒に出席した友人が振袖で、自分で予約して着付けもヘアも新婦にも言わず自分で出していました。
この時は私は遠方でしたが交通費も出なかったし、こういう考えで呼んでいるんだと後で納得して承諾するものなんですよね。

貰えたらラッキー!くらいの気持ちで自分でできる範囲のことをしておいた方が良いです。
私のときは、初めから貸し切りペンションパーティだったし、会費制にして、宿泊は持つけど交通費は出せないの、それでも良かったら出席してって言いました。
でも、こんな呼ばれ方をした事がないので私の方法は簡単明瞭だけど非常識なのかもしれませんね。

私の経験や人の話しからすると、地方に行くほど出してもらえる確率は高くなると思います。
でも、もし、非常識だとしても言えないでしょ?我慢しましょう(笑)それも、祝い代だと思ってね。
ご祝儀を2万円(1万円+5千円2枚)にして1万円分だけでも着付けに回す方法もあります。

新婦の考え方次第ですが、今回は諦めて自分で出すことを覚悟した方が良さそうですね。
私は新婦に着付けができるかどうかを質問したら、白無垢を着せる人が私の分もやってくれて、ご親戚の着物もやっていて、みんなで一緒でしたし、料金も出してもらいました。

その後、洋服で出ましたが一緒に出席した友人が振袖で、自分で予約して着付けもヘアも新婦にも言わず自分で出していました。
この時は私は遠方でしたが交通費も出なかったし、こういう考えで呼んでいるんだと後で納得して承諾するものなんですよね...続きを読む

Q【急ぎ】9月25日に袷の着物はNGでしょうか?

こんにちは。

9月25日に軽井沢に出かけますが、着物で行きたいと思っています。

季節的には単のシーズンで、私も単の小紋を持っていますが、
単はあまり着ないので、ポリエステルしか持っていません。

で、この時期の軽井沢は結構寒いぐらいのことがあります。

そこで、皆さんに相談です。

9月25日というと、もうほとんど10月に近いですが、やはり
袷の着物はNGでしょうか。

袷の着物のほうが正絹もあって着やすいのですが・・・。

皆さんのご意見、お待ちしています。

Aベストアンサー

着物を着る男です。

OKだと思います。

その昔、9月に軽井沢にバイクでツーリングに行ったとき(洋服ですが、(^^ゞ)、地元ライダーは革ジャンで冬の服装でした。
9月の軽井沢はかなり寒かった記憶があります。

着物の世界では袷は10月からと言われてますが、江戸時代の人たちはそんなにカレンダー通りに生活していないハズです。
カレンダーが統一されたのは江戸時代の中頃から。
それまでは、「関東は9月だけど、関西は10月」というのが “当たり前” だったそうです。(逆かな)

極端に季節外れでもない限り、気にする必要は無いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報