仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

ゴカイと青虫ってどう使い分けるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ゴカイも青虫も、環形動物門多毛綱に属する動物の一種、つまり同じお仲間で


非常に種類が多い生き物です。

その中の青虫というのは、アオゴカイとも呼ばれ、地方によっては青イソメなど呼び名も様々です。
原産地は中国や韓国などからの輸入で、日本のウミゴカイより太く大きい為、
釣り餌として重宝されています。

使い分けというのは、釣りをする際という意味であれば、
特に使い分ける必要は無いとも言えますが、大きなエサを望む場合は青虫の方が適しているでしょう。
ただし、大きいとは言っても、5センチ~15センチなど大きさも様々なので
買い求めやすい方で十分だと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地方での釣りのエサの呼び方。(ケブ?ゴカイ?イソメ?)

キスなどを釣るときのえさで
みみずっぽい足がついたやつの呼び方の正式名称はなんですか?
気になります。
福岡県ではケブと言ってたんですが他の都道府県にいくとケブと呼ばないらしいです。
正式名称とか、地方ごとの呼び方など知ってる方、是非おしえてください。
おねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。

「ケブ」とは、九州日本海側、山陰、日本海方面での「ゴカイ」の方言のようです。

単に「ケブ」と呼ばれている虫は、標準語で「イシゴカイ(和名)」の事を言います。
もともと全国的に、砂利や石の多い海岸にいる虫ですね。私の近所の浜でも、潮が引いた時、石をひっくり返すと良く取れるので、実際、カレイ、黒鯛、ハゼ釣りに使っています。
業者さんでも、ゴカイ類(イソメ類)を「ケブ」とよぶ地方は日本海側を中心に何箇所かあるようです。

○「ケブ」と呼ばれる虫
青ケブ・・・青イソメ、青虫
ケブ・・・石ゴカイ(ジャリメ、砂虫、砂ゴカイetc)
大ケブ・・・コガネムシ

写真でどれがmicha-pieさんがおしゃる「ケブ」の種類を確認してみてください。
実際、店頭で入手しやすいのは”青いそめ、青むし”だと思います。
参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.h5.dion.ne.jp/~hane/kisunoesa.htm

Qえさを長く生かしておく方法

時々海釣りをしています。買ったえさを残してしまうことが多いのですが、「イシゴカイ」、「アオムシ」を1ヶ月くらい生かしておくよい方法を教えてください。えさ屋が遠く、夜は閉まっているので不便です。

Aベストアンサー

既に、tyuutaroさんがかなり詳細な説明をなさっておられます。

入荷された時期、原産国、採集方法でかなり餌虫の寿命が違います。

イシゴカイの場合、国内で、干潮時にゴロタ石が多い所、或いは地磯の岩の隙間で天然でも相当数採集出来る地域があります。(採取できるかどうかは、地元の行政機関、漁協等に確認が必要です)
天然物ですと、採集してから、採集した場所の砂利等をいっしょに持ってきて、海水で軽く湿る程度にして、イシゴカイも一緒に入れて、蓋に穴あけしたタッパーで冷蔵庫で保存すれば、相当日生きています。
同時に海水も一緒にペットボトルに採集して、1日に1回程度洗ってあげますと、1月生きています。

私の場合、イシゴカイの生息地にごく近く、採集可能なので、買い求めた事は有りませんが、買い求めた場合でも、ある程度効果が期待出来ると思います。但し、アオムシより水分が少ない方が長持ちします。

アオムシに関しましては、採集時期、輸送時間等で相当、保存期間に差異があります。1日で駄目になるもの、それこそ1月半近く生存し、十分餌として使える物も有りました。
保存方法は、tyuutaroさんに準じます。
人工海水より、釣りに行った先の海水を、河川の水で1.5倍程度薄めた物で水交換してあげますと、痩せ、弱りが少ないです。

冷暗所で保存し、出来るだけ温度変化が無いように保存すると、共食い、千切れしない様です。

何より、アオムシ、イシゴカイ共に、幾つかの釣具店、船宿等で購入し、最も長く保存できたお店から購入するのが一番です。
輸送時間、在庫期間における保存方法が餌虫の寿命を決めるからです。
私の経験なんので、参考頂き、ご自分なりの新しい保存方法を模索頂ければ幸いです。

既に、tyuutaroさんがかなり詳細な説明をなさっておられます。

入荷された時期、原産国、採集方法でかなり餌虫の寿命が違います。

イシゴカイの場合、国内で、干潮時にゴロタ石が多い所、或いは地磯の岩の隙間で天然でも相当数採集出来る地域があります。(採取できるかどうかは、地元の行政機関、漁協等に確認が必要です)
天然物ですと、採集してから、採集した場所の砂利等をいっしょに持ってきて、海水で軽く湿る程度にして、イシゴカイも一緒に入れて、蓋に穴あけしたタッパーで冷蔵庫で保存すれば、...続きを読む

Qカサゴをつりたいのですがカサゴの釣れる時期はいつですか?あと昼と夜どっ

カサゴをつりたいのですがカサゴの釣れる時期はいつですか?あと昼と夜どっちがいいですか?夜ルアーでもつれますか?

Aベストアンサー

カサゴは関西ではガシラと言います。その名のとおり頭が非常に大きくて不細工な顔を
していますが、食味は最高です。釣りたてならば刺身もOK。から揚げにして食べてもOK
見た目よりも食味で釣られるかたが多いみたいですね。

前置きはこれまでにして、カサゴは根魚の部類に入ります。日中は物陰や岩の間に身を潜め
餌が落ちてくるのを待っています。根魚というぐらいですので、テトラポットの隙間や岩礁帯に
多く生息しており、おかっぱりで十分に狙える魚です。
最近は、メバルやカサゴの専用ロッドも販売していますのでそちらを使ってみるのもよろしいかと
思います。
釣りに出かけるのであれば、夜がお勧めです。昼でも釣れますが夕方から夜にかけてか深夜から早朝が
魚のお食事タイムですのでそのぐらいの時間帯に釣り場に着いているのが理想です。
しかしながら潮の加減もありますので、その日の満潮干潮ぐらいは調べてから釣り場に向かったほうが
良いでしょう。
あとルアーでも十分に狙えます。カサゴ用のワームも販売しています。夜に行くのならばグロー系(蓄光タイプ)のもの、日中であれば赤系のものがお勧めです。根魚は甲殻類(魚全般に言えることなんですが)を好んで食しますのでエビまたはカニをモチーフにしたワームを選ぶと良いでしょう。
ただしルアーで狙うときに辛抱強く釣ってくださいね。そう簡単に食いついてはきてくれません。
根魚は足で釣果を稼ぐものだと僕は考えています。テトラ帯や岩礁帯の隙間にルアーを落としこんで
2.3回ふわふわと餌を見せつけて反応がなければ次の穴へという具合に足で距離を稼いで釣りましょう。
おっとつり方を書いてなかったですね。カサゴのつり方にはいろいろ種類があるのですが、2.3ご紹介
しましょう。ルアー釣り:6ft~7.5ft前後の先調子の専用ロッドに1000番~1500番クラスのリール
ラインは2~6ポンドぐらいを100M前後巻いておけばよいでしょう。針はジグヘッドの1~2.5g前後
ルアーは好みもありますが、エビ系の一袋300~500円前後のものを購入していざ釣り場へ、
釣り場に着いたら、釣り場の地形を確認していそうだなというところのめぼしをつけてタックルを準備し
私はテトラ帯であればほぼ真横に投げてテトラの沈んでいるところを沿わすようにリールを巻いてきます
そのとき底のずるずるという感触で地形の形状を把握して何度か投げてあたりがなければ次の場所に移動します。いれば必ず食いついてきます。引きが強く餌を加えたら自分の住処に戻ろうとするので多少強引でも当たりがあったら引っこ抜くというイメージでフッキングするようにします。ラインには常にテンションをかけておくほうが良いでしょう。
餌釣り:カサゴは雑食系なのでゴカイ等も食べます。私は漁港の船着場で竿を出すときには、好んで同付き仕掛けを多様します。同付き仕掛けは釣具やで確認してください。市販で作ってくれてあるものもあります。竿はぶっちゃけなんでもOK。昔はバス竿で釣ってました。餌は青イソメやカニ、湖産エビ等なんでもいいです。ポチャンと落として数回上下してしばらく待つを繰り返しているとカサゴ以外にもいろいろ
釣れますよ。出来れば漁港であれば、ふちギリギリに落とすほうが良いと思います。これも足で稼ぎましょう。あと穴釣りというのがありますが、1M前後の竿にリールをつけてテトラや岩の穴に落としこんで
釣るつり方ですが、市販にブラクリし掛け(オモリに直接針が結んである仕掛け)というのがありまして
ラインに結んだ針に餌をつけて落としこんであとは同じです。冬場は余り穴から出ないので有効なつり方ですね。
そうそう季節を聞かれてましたね。カサゴは年中つれます。水温が低くなった冬場でも関係なく釣れるので、冬場に釣りものがなくなった釣り人はよくカサゴを狙います。私もその一人・・・
長々とすみませんでしたがぜひ参考にしてみてください。
あとどこがよく釣れるかは、近くの釣具屋できくと大体の居場所は教えてくれますよ。
ほいじゃがんばってくださいね。

カサゴは関西ではガシラと言います。その名のとおり頭が非常に大きくて不細工な顔を
していますが、食味は最高です。釣りたてならば刺身もOK。から揚げにして食べてもOK
見た目よりも食味で釣られるかたが多いみたいですね。

前置きはこれまでにして、カサゴは根魚の部類に入ります。日中は物陰や岩の間に身を潜め
餌が落ちてくるのを待っています。根魚というぐらいですので、テトラポットの隙間や岩礁帯に
多く生息しており、おかっぱりで十分に狙える魚です。
最近は、メバルやカサゴの専用ロッドも販売してい...続きを読む

Q堤防での釣り。風速何mまでなら問題なくできますか?

こんにちは。
女だけのグループで釣りに行き、その楽しさにはまってしまった者です。
今年もグループで釣り(堤防で投げサビキ)に行くことになりました。
候補のひとつの釣り場の風速予想は5~7mとのこと。
しかし5~7mと言ってもどの程度の風なのかわかりません。

と、言うのもl昨年、風のとても強いときがありました。
風で仕掛けが作りにくかったり、軽いものが飛んでいってしまったり結構たいへんでした。
そのときの風速値を帰ってから見ておけば良かったのですが…
あの風は何mだったのか数字でわかりません。
気象について詳しい人もひとりもおらず…(^^ゞ

あのときのような風ならば、またたいへんな思いをするだけなので今回は行くのは止めようということになっています。

風の感じ方は人それぞれと思いますので一般的なご意見で構いません。
5~7mの風とは支障なく釣りができる風速でしょうか?
何mを超すと釣りに支障があるのでしょうか。
ちなみに陸から海への追い風です。

やさしく教えていただければうれしいです(*^_^*)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

植木の葉っぱがずーとバタバタと揺れている、旗がずーとバタバタと揺れている
台風来たの?と思うようなのが風速5mです。

防波堤に置いた物が風で飛んでいくのが5m

海に落ちそうになるのが7m

普通は、釣りに行ってはいけない風速です。

風速1.5mの天気予報まで待ちましょう

Qゴカイはどこで採取できる?

四国の太平洋岸近くに住んでいますが、キス釣りのエサに使う青イソメやジャリメが採取できないかと探しています。あるサイトで下のように書かれていました。

<<シロギス狙いに一般的に用いられるエサです。柔らかいので垂らしを5mm位にします。遠浅で川が流れ込んでいるような砂利浜では容易に採取出来ます。 地方によってイシゴカイ、ジャリメ、赤虫、赤イソメ、ゴカイと呼び方が変わります。>>

それで、仁淀川河口の海岸の砂浜を掘ったりしたのですが、一匹も見つかりませんでした。沖縄本島では砂浜の石を引っくり返すと細いミミズのような虫がいましたが、エサになるほどの太さはありませんでした。

四国の太平洋岸にはもうこの虫は生息してないのでしょうか?日本の他の地方ではどうですか?

Aベストアンサー

簡単に見つかる所は河川に入って引き潮で出る、小石交じりの砂地か泥地が見つけやすいかな?
そんなに深くは潜っていません
30cmも潜れば深いほうです
居る場所は分かりやすいと思います
大き目の石や流木をどかせばゴカイが居る形跡がありますよ

Qアオムシの釣り針にかける時

自分は海で投げ釣りをするときに、アオムシを釣り針を隠し針先だけを少し出すような掛け方をしていました。
しかし、「ちょんがけ」などと呼ばれるような頭の先を少し虫を長く生かすかけ方があることを知り、針を隠すこととムシを生かすことのどちらが重要なのか気になっています。

釣りの入門本などにも本によってまちまちなようなので、是非皆さんのご意見を聞かせていただたいと思います。

Aベストアンサー

青イソメの事でしょか?
上級者でもありませんが狙う魚によって使い分けています
口の小さな魚の場合は縫い刺しで針先を少し出す程度
口の大きな魚の場合はチョン掛けで数匹付けます
エサ自体は生かした状態をキープしたいのであれば
まめに付け替えるようにしますね
そこまで深く考えて釣りをするようになればもっと面白いです
私の知り合いはヘラに夢中ですが
自宅の浴槽でエサの沈み具合から溶け具合まで研究しています。

Q釣った魚2日から3日してから食べるとおいしい?

と聞きました 冷蔵庫にいれておいてもいいし 冷凍しておいてもいいと聞きました

内臓もとらないでいいそうです 本当ですか?

Aベストアンサー

魚屋に居た元調理師です
正解です、但し冷凍では期間は長く成ります
それを熟成と言います
タンパク質がアミノ酸≪うま味≫に変化する事を熟成と言って、魚だけではなく、肉でも行われます
但し小さい魚≪鯵、イワシ等≫は、熟成期間が短くやっても変わりはなく特に鯖は、生きぐされと言われるほどで
熟成はせずに、販売するか冷凍されます
生の本グロなどは大きい物は1週間位冷蔵していて、熟成させます
ハマチで下ろして、次の日、ブリで、2,3日熟成させる事も有ります
白身、青魚、赤身にもよりますが、比較的大きな魚ほど、熟成期間は伸びます
但し鰓や腸は、それほど持ちませんので、必ず取るか、三枚などに下ろした状態で冷蔵や冷凍します


人気Q&Aランキング

おすすめ情報