PBXのトランク種別にODT(E&M)やCOT(FXS、FXO)などありますが、
また、それぞれの差異や、特徴等なんでも構いませんのでお教えください。
それから、技術紹介等のサイトをご存知でしたら、お教えください。
お願いします。

A 回答 (1件)

こんにちは


交換機のトランクとは一言で言うと回線収容装置のことになります。
ひょっとしたらこれから挙げることは既にご存知の内容かも知れませんが・・・

[COT] Central Office Trunk
これは局線トランクの総称です。
着信信号検出、パルス信号送出などを行っています。
初期の交換機のトランクには内線(局内)、局出線、局入線トランク等とパートごとに分かれていましたが現在の電子交換機では
これらの機能をほとんどをこのCOTトランクで行います。

[LDT] Loop Dialling Trunk
交換機同士を接続する際に各々の内線を呼び出す中継専用(専用線とも言う)の2W(2Wires(2芯))トランク。

[ODT] Out Band Dialling Trunk
4Wの中継線トランクで、主に市外専用線に使います。またIBR(インバンドリンガ)とも接続します。

少しはお役に立てたでしょうか?
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電話線の2線式と4線式の違い

電話線には2線式と4線式がありますが、2線と4線はどういう基準によって使い分けられているのでしょうか?2線から4線になると何が変わるのでしょうか?(2倍になるのだから機能が増強されるような気はしますが。)

Aベストアンサー

電話機コードの2線・4線ならば先の回答者の通りですが、電話回線の2W・4Wならば違う意味が有ります。

最大の太さの電話線を使っても抵抗値が大きくて、電話のベルが鳴らなくなってしまうほど電話局から遠い場合は4線使用して抵抗値を下げます。
特殊な信号を使う『専用線』等も4Wを使用したりします。

Q信号方式?

確か、ネットワーク回線(専用線)か何かの信号方式ではなかったかと思いますが、ご存知の方がおられましたら教えて下さい。
1.LD(ループダイヤル?)
2.RD
3.SRD

  以上の3点について教えて下さい
よろしくお願いします

Aベストアンサー

1.LD(ループダイヤル)・・・メタル回線でプッシュ電話でない昔の回転ダイヤルの電話等で使う信号方式(主に市内回線で使う。必要芯線は2W)

2.RD (リングダウン)・・・メタル回線でダイヤルではなく送信側から受信側に16Hzの交流信号を直接送ってベルを鳴らす方式(主に市内回線で使う、市外回線で使うときにはNTTでメタルから市外回線用に乗り換える変換装置が必要。必要芯線は2W)

3.SRD (SRダイヤル)・・・メタル回線でも搬送回線(メタル以外の伝送路)でもそうですが、音声帯域で使うとは別に信号(オンフック、オフフック、ダイヤル等)の送受信に使う線を持った回線(主に市外回線で使う。PBXの交換機相互の接続で使用される信号方式。必要芯線は4W or 6W )

  

QPB、DPって?

電話の世界のPB、DPってなんですか?プッシュ信号とダイヤル信号というのはわかるのですが、その信号が何なのかもさっぱりです。。。
どなたか教えてください!!

Aベストアンサー

ANo.2さんの補足
ダイヤルパルス
 受話器を取った状態をオフフック、受話器を下ろした状態をオンフックと申しますが、交換機側が電番入力待ち状態の時に、オンフックの回数とタイミングで電話番号を把握します。
 1=1回、2=2回・・・9=9回、0=10回 という具合になります。
 電話器のダイヤルで「1」が指止めに一番近く「0」が一番遠くになっているのは、この回転量がオンオフの回数を決定しているからです。
 ちなみに、受話器のところにあるスイッチをがちがちと叩く事でダイヤルすることが可能です。 ただし、0が多いと結構疲れるし間違えやすい上、変なところへかかってしまう可能性が高いので、ちゃんとダイヤルを使いましょう。

Q【電話】 代表組とダイヤルインの違い

電話回線を組むときの 代表組とダイヤルイン の違いを教えて欲しいです。

また、この両者の違いのメリット・デメリットを教えて欲しいです。

お願い致します。

Aベストアンサー

いくつかの番号をそれぞれ受けるのがダイヤルインです
いくつかの番号の中で1つの番号を代表として受けたいのが代表組みです  電話機の種類と使い方で検討ですね
 ちなみにダイヤルインは高いですがISDNのアイナンバーにすると安くなります

Qアナログ専用線の内線延長方式とトールダイヤル方式

NTT東日本のアナログ専用線サービス(音声伝送、2線式)を利用する際に、接続方式として「内線延長」と「トールダイヤル」方式があります。

「内線延長」は、専用線の一方がPBXで対向側が電話機の構成、
「トールダイヤル」方式は、専用線をPBX同士で接続する場合のようですが、
必ずこの組合せの構成でなければ接続できないものでしょうか。

・・というのは、例えば、通常時は「トールダイヤル」方式でPBX同士を接続しておくのですが、片方のPBXが故障した場合に「トールダイヤル」方式において片方がPBXで、対向側が電話機の構成で使用したいためです。

Aベストアンサー

>必ずこの組合せの構成でなければ接続できないものでしょうか。

 制御方式が違うのには、それなりの理由があるでしょうから
普通は、無理でしょう。

 ただし、その「アナログ専用線」が、単一交換局内に有る場合で、
伝送装置を経由しない構成(単にメタル線のみの場合)は、
ユーザが、それぞれの装置の組み合わせを、繋ぎ換えても
動作すると思います。

Qアナログの電話とデジタルの電話?!

電話について質問です。

「電」話というくらいなので、デジタル回線かと思っていたのですが
一般の家庭電話やファックスは、アナログ処理をしていると
某家電量販店で聞きました。
その量販店のスタッフの方から説明を受けたのですが、全く理解
できませんでした。

・(一般に)電話機そのものはデジタルだけど、電話網はアナログなのか?

・電話機がアナログならば、電話網はアナログを使わなくてはならないのか?

・フレッツ光やAU光ってのは、電話網が光と思われるけれど、電話機を
買い換えなければならないのはどんな場合?

・INS64はデジタルなので、アナログの電話機は使えないのか?

・家の電話をIP対応にするなら、電話機を買い替えなくては駄目?

・プッシュ回線でNTTと契約しているなら、デジタル回線?
…等など、「電話機・電話網・アナログ/デジタル」の組み合わせが、
頭の中でごちゃまぜになっています。

混乱しているため、既述の疑問自体が「へんてこりん」でしたら
ご了承願います。

頭の整理をしたいと思っておりますので、稚拙な質問へ対して
お付き合いいただけると大変助かります。よろしくお願いします。

電話について質問です。

「電」話というくらいなので、デジタル回線かと思っていたのですが
一般の家庭電話やファックスは、アナログ処理をしていると
某家電量販店で聞きました。
その量販店のスタッフの方から説明を受けたのですが、全く理解
できませんでした。

・(一般に)電話機そのものはデジタルだけど、電話網はアナログなのか?

・電話機がアナログならば、電話網はアナログを使わなくてはならないのか?

・フレッツ光やAU光ってのは、電話網が光と思われるけれど、電話機を
買い換えなければならな...続きを読む

Aベストアンサー

電話局から家庭のモジュラーにどの「仕様」の回線がきているかであって、電話局から先はどれでも似たようなもの、つまり大容量に対応したデジタル回線になっていると考えていいと思います。
要するにアナログ<->デジタルの変換をしているわけです。
アナログ回線の契約をすればアナログ仕様の接続口が用意される、デジタル回線の契約をすればデジタル仕様の接続口が用意される、そういうこと。

それでアナログ回線とデジタル回線というのは音声データの伝送の仕方が違うのです。
アナログは単純に音声をアナログ信号(強弱や周波数の高い低い)で送っています。イメージとしてはこちらのマイクと向こうのスピーカーを単に電線でつないだだけのようなもの。
デジタル回線はデジタル信号、つまり音声信号を数値化してそのデータを送っています。こうすることでデータの密度をあげて送ることができます。一般的なISDN回線がアナログ回線の2回線分相当というのはご存知ですよね? これはデジタル化して送るからなんです。

じゃデジタル回線には普通のアナログ回線用電話機はつなげられないのと思うかも知れませんが、デジタル回線であってもデジタル<->アナログの変換をする機器を用いることで従来のアナログ回線用の電話機が使えます。この機器がいわゆるTA(ターミナルアダプタ)といわれているものだったりします。
ただしTAの仕様によっては従来の電話機が使えない場合もあります。
なぜかというとアナログ回線にはダイヤル回線とプッシュ回線があり、片方にしか対応していない場合があるからです。
ダイヤル回線はダイヤルするときにパルス信号を用います。プッシュ回線はトーン信号。
両対応の電話機であれば切り替えることで対応可能ですが、どちらかにしか対応していない場合は使えないことがあります。(対応していない場合、ダイヤル、つまり発信はできませんが受けるだけなら可能です。)

なおIP電話は伝送に使うのがインターネット回線というデジタル回線です。この回線に電話機を接続するのに使う機器がVoIP(Voice over Internet Protocol)対応の機器。IP通信回線に音声を載せる機器ということですね。対応する回線は違いますがISDN回線のTAみたいなものと思ってもいいかもしれません。

電話局から家庭のモジュラーにどの「仕様」の回線がきているかであって、電話局から先はどれでも似たようなもの、つまり大容量に対応したデジタル回線になっていると考えていいと思います。
要するにアナログ<->デジタルの変換をしているわけです。
アナログ回線の契約をすればアナログ仕様の接続口が用意される、デジタル回線の契約をすればデジタル仕様の接続口が用意される、そういうこと。

それでアナログ回線とデジタル回線というのは音声データの伝送の仕方が違うのです。
アナログは単純に音声をアナログ...続きを読む

QE&M というインターフェースってなんでしょうか??

(ISDNリモート)ルータなどに optionである、Interface に、"E&M (voice&fax)"
というのがありますが、そもそのこの E&Mって何のことでしょうか?
E&Mの略語の意味から、そのinterfaceの詳細まで、なんでも結構です。
ご存じの方がいらしたら、ご教授ください。
電話の交換機のTie-Line interfaceで、2wire/4wire E&Mというのも聞いたこと
があります。これと同じ意味でしょうが、この意味すらわかない状態です。
よろしくお願いします。
参考URLなんかもアドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

Ear(耳)とMouth(口)の頭文字から「E&M」だそうです。
詳しくは下記URLの「ODインターフェース」の辺りを参照してください。

参考URL:http://www.ldv-net.com/voipkiso/vol1.htm

Q電話の接続について勉強したい

 今必要にかられて,電話の接続方式について勉強していますが,「SS/SR」や,「4線式」など,初めての言葉ばかりで面食らっています.

 詳しく調べたいのですが,関連する本なども持っておらず,ウェブ上で必要な情報も見つけられませんでした.これらの用語や方式について詳しく(そしてできれば易しく)書かれているウェブのページや書籍があればぜひ教えてください.

Aベストアンサー

今回、アナログの電話についてお話します(ISDNはまた別の技術なので))
どの程度のレベルまで勉強したいのか良くわかりませんが、まず、相手に電話が繋がるまでの大まかなことは、
電話のつながるしくみ
http://www.ntt-west.co.jp/info/databook/pdf/040.pdf
に載ってます。一番簡単な絵だと思います。
直接表示できなければ、以下の順でクリックしてみてください。
http://www.ntt-west.co.jp/info/databook/ >電気通信設備の設置状況 >電話のつながるしくみ

さて、普通アナログ電話は、電話機と「加入者交換機」までは2芯(銅線2本)で繋がってます。
電話機側には、自分のしゃべった言葉の波形を反転させて打ち消すことにより、相手の声が聞こえるように
工夫されてます。
ところが、「加入者交換機」~「中継交換機」~「相手の加入者交換機」は4芯(銅線4本)で音声を
送っています。(1)あなたから相手の方への音声の電気信号。(2)逆に相手からあなたへの音声信号。
別々に分けて送ってるわけです。
なので、これを4線式と言ってます。
SSはSignal send(あなたから相手への言葉の送信)、SRはsignal receive(相手からあなたへの言葉の
信号(※英記など間違ってらごめんなさい)
加入者交換機では、電話機からの2芯で送られた信号を4線式に分離したり、逆に2線用にミックスしたり
する機能を持ってます。
なお、「加入者交換機」~「中継交換機」~「相手の加入者交換機」の4線式は、デジタル音声の多重化
技術の発達で、今は銅線を使いませんが、これまでの名残でSS・SRと言う言葉は残ってます。

話はずれますが、アナログのデータ通信(専用線)では、2線式だと信号がうまく送れないので、お客様の
データ端末から直接4線(SS/SR)で通信をしている場合もあります。

以上、ご参考になれば・・・。

今回、アナログの電話についてお話します(ISDNはまた別の技術なので))
どの程度のレベルまで勉強したいのか良くわかりませんが、まず、相手に電話が繋がるまでの大まかなことは、
電話のつながるしくみ
http://www.ntt-west.co.jp/info/databook/pdf/040.pdf
に載ってます。一番簡単な絵だと思います。
直接表示できなければ、以下の順でクリックしてみてください。
http://www.ntt-west.co.jp/info/databook/ >電気通信設備の設置状況 >電話のつながるしくみ

さて、普通アナログ電話は、電話機...続きを読む

QTA(tターミナルアダプタ)のS/T点端子のケーブルはLANケーブルでしょうか?

このたびISDNからADSLケーブルに乗換えを考えております。今 1階のターミナルアダプタのS/T端子から2回の子機につながっているのですが、このつながっているケーブルは8ピンのようですがLANケーブルと考えてもいいのでしょうか??

もしLANケーブルなら機器は使えないにしてもケーブルだけそのまま流用が出来るかなと思ったのですが、、、。

ISDNの時はNTTが工事をしてもらったのでどのようなことをしたか分かりません。。。

このケーブルは流用が可能かということが教えていただければと思います。

Aベストアンサー

8芯のLANケーブルは、ISDNのS/T点ケーブルに使用できます

逆の場合は、
S/T点接続用の搬送ケーブルは、LANケーブルで言えばカテゴリ3程度です
10Baseならば 問題なく使用できます
100Baseの場合、短ければ使えると思いますが、長くなるとエラー続発で実効速度が大幅に落ちる/linkしない可能性があります

LAN用に接続する場合、ペアを間違えないように
1-2、3-6、4-5、7-8がペアです

LANで使用するのは 1-2,3-6の4芯です

なお、S/T点ケーブルのモジュラプラグには余分な突起があるものがあります

具体的なことを聞きたい場合

S/T点ケーブルの芯数、おおよその長さ、ケーブルの両側がプラグなのかローゼットなのかを書いてください

Q6極4芯RJ-11と12の違い

電話ケーブル用コネクタについての質問です。
6極4芯コネクタですが、RJ-11とRJ-12があるようですが、何が違うのでしょうか。
またRJ-12はMJと電話機の接続用に使えるのでしょうか?

Aベストアンサー

ご参考
http://www.wdic.org/w/WDIC/RJ-11

上記によると「物理的な形状は同じ」だそうです。

RJ-11とRJ-12は、流れている信号の規格が違うようですから、混在は出来ないみたいです。

>またRJ-12はMJと電話機の接続用に使えるのでしょうか?

本当は、RJ-11、RJ-12等の数種類のジャックを総称して「MJ(モジュラージャック)」と言うのですが、たぶん、質問者さんの言う「MJ」は、6極2芯の電話機コネクタの事を言っていると思うので、そのつもりで回答しましょう。

RJ-12が「6極4芯」を意味しているならば、できれば、6極2芯の機器の接続には使わない方が良いです。

何故なら、どこにも接続されない線が宙に浮いて、その線が「アンテナ」の働きをして、機器に接続された2本の信号線にノイズが乗ります。

あと、本来は、6極なら、RJ-11は2芯、RJ-12は4芯なんですが、4芯をRJ-11に誤記、誤解して使用している事があるようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報