出産前後の痔にはご注意!

昨日(9月17日)放送された「花の鎖」を見ました。

ちゃんと見ていたつもりなのですが、分からないことがいくつかあります。
(1)紗月(戸田恵梨香)は大学の友人(確か、希美子だったような…)に「浩一先輩はダメだよ。血が繋がってるんだから」と言われていましたが、この友人は紗月と浩一(松坂桃李)が親戚同士だと言う事をどうやって知ったのでしょうか?

(2)梨花(松下奈緒)の両親は山の事故で亡くなったと言っていましたが、そのお葬式の時にまだ子供だった梨花の頭を撫でていた人はK(浩一先輩)なのでしょうか?
その人は経済的な援助を申し出たが、梨花の祖母・美雪(草笛光子)が断ったと言っていた、梨花が両親の葬儀の時に「Kに会ってる」と言っていたことから、浩一先輩だと思うのですが、違うでしょうか?

(3)紗月と浩一先輩が別れた後、浩一先輩が白血病になって、浩一先輩と結婚した紗月の友人がドナーになってほしいと言いに来た時に、「お腹の中に浩一さんの子供がいる」と言っていましたが、その子供は出てきましたか?

(4)梨花の祖母・美雪が入院している病院に来て、梨花に花を渡していた男性は森山専務だったと思うのですが、その人が「Kは2年前に死んだ」と言っていましたが、K=浩一先輩なら、紗月からの骨髄移植で助かったはずでは?

(5)梨花が美雪のいとこ・陽介の家に行った時、専務から色んな事情を聞かされていましたが、毎年花を贈っていたKは浩一先輩ではなく、陽介だったいうことでいいのでしょうか?
それなら、なぜ、Kと名乗っていた?

(6)和弥が作った美術館の設計図がコンペに出して、結局は会社のものになってしまいましたが、その美術館はどうなったのでしょうか?

(7)ドラマの中で美雪と紗月と梨花は香西路夫の「未明の月」を見ていますが(美雪だけは実物を)、この「未明の月」はドラマの中ではあまり関係無かったのでしょうか?

最後に陽介と専務は美雪の所に行って、美雪の旦那(和弥)が亡くなったのは事故で、和弥の葬儀の時に言っていたこと(「危ないからもう帰ろう」など)は本当は逆だった(もっと上に行こうと言ったのは自分で、もう帰ろうと言ったのは和弥だった)ことを話し、新しい設計図が入った和弥のカバンを持ち去ったことなど、和弥が亡くなった事故の真相を話していましたが、当時嘘をついた理由が、会社の為だと言っていたのは、「最低だなぁ」と思いました。

原作はまだ読んでいませんが、原作のネタバレでも構いませんので、もしドラマと原作で違うところがあったり、上記の7つは原作ではどうなっていたのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1)私も不思議に思いました。


ただ、いとこの子供同士ですから親戚ですけど結婚しようと思えば出来ますよね。
自分の母親の仇の息子だから結婚できないよ、ならわかるんですが。

(2)浩一さんです。
そもそも浩一の両親は援助をするつもりはなく、浩一だけが気にかけていたようです。

(3)出てこなかったです。

(4)移植では助かったんでしょうね。
永く生きられなかったのでしょう。

(5)Kは浩一です。
浩一が命の恩人である紗月に花を贈り続け、亡くなった後は専務が贈っていました。

(6)はっきりとした映像はなかったように思います。

(7)あまり関係のある描き方ではなかったですね。

原作をかなり前に読んだのですがすっかり忘れてまして、映像で二度楽しめました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/10/03 07:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング