『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

漫画の『Petshop of Horrors』を読んだことがある方に質問です。

クリスとポンちゃんと仲の良いテッちゃんの正体は饕餮(とうてつ)ですよね。
しかし、伯爵は「Dessert」(文庫版2巻)で料理人のミスター王の真の姿が饕餮だと言っており、その流れでこの回のラストに動物姿の饕餮が登場しました。
ミスター王=饕餮=テッちゃんなのでしょうか?

ミスター王のことを悪く言うレオンに動物姿のテッちゃんが怒って噛みつく描写もあり(文庫版3巻の「Dracula」)、たぶんそういうことだと思うのですが、テッちゃんの人間姿や口調、性格はミスター王とは全くの別人です。
そもそも、ミスター王の「人間の姿での死体」が牢屋にちゃんと残っていたのに、どうして饕餮の姿で伯爵のもとに来られたのかも不思議でした。

これらはどう考えたらいいのでしょうか。
個人的な見解でも構いませんので、ご意見をお聞かせくださると嬉しいです。

A 回答 (1件)

 


私見です。


ミスター王=饕餮=テッちゃん
で考え方は間違いないです。

ただし、
ミスター王の『真の姿』ではなく『魂』が饕餮なのです。
 
だから伯爵も『人間』ミスター王に興味はなく、
あくまでも饕餮の『魂』を取りに牢屋に訪れたのです。
(「Dessert」(文庫版2巻)の最後)
 
ミスター王(の魂)=饕餮=テッちゃん
が正しい方程式になると思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、「魂」だと考えると自然な流れで納得できますね。どうもありがとうございました!

お礼日時:2013/10/09 20:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング