忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

VLANを勉強中です。技術的な点でお尋ねします。

デフォルトゲートウェイにVLAN対応のルーターを設置。
1~3階各フロアにタグVLAN対応L2スイッチを設置しているとします。
VIDは三つ作りますが、そのメンバーは階ごとではなく、どの階にも存在するとします。
(VID1、VID2、VID3に属するPCがどの階にも存在する。)



この状況下で、各階の間(1階から2階、2階から3階)の幹線上にVLANに対応しないハブが存在するとします。

この場合、

 ・一つでも存在すると、VLANが機能しない?
 ・問題なくつながる?
 ・条件次第(その条件は?)

どのようになるのでしょうか?

よろしくお願いします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「タグVLAN対応の装置」の間(いわゆるVLANトランク)に「タグVLAN未対応のハブ」を挟むという


解釈で良いでしょうか?

その場合、通常、「タグVLAN未対応のハブ」ではタグVLANのフレームが通過できないため、
通信できなくなります。

もちろん、ポートVLAN(access VLANなど言い方はいくつかある)で接続している部分であれば、
タグVLANフレームが流れる部分ではないため、「タグVLAN未対応のハブ」を挟んでも問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「タグVLAN未対応のハブ」ではタグVLANのフレームが通過できないため、
通信できなくなります。

この部分が引っかかっていました。タグが判別できない場合、ブロードキャストのように、行きつく先までは行き、対応しているHUBのみ処理するだけの事かとも考えていましたが…。そんなわけないですね。そもそも通過できない・・・。頭の中の整理が出来ました。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/09 15:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVLANタグについて教えてください

タグ有りポートにリピータHUBを接続して、このリピータHUBにタグ有りフレーム端末とタグ無しフレーム端末を接続したとき、
1)タグ無しフレーム端末から送信されたフレームに、タグ有りフレームのVIDとは異なるタグをつけることは可能でしょうか?
できるのであれば、機種を教えていただけないでしょうか?
2)このとき、タグ有り、タグ無しの端末に対してフレームを転送することは可能でしょうか? 
タグ有り端末にはタグをつけたまま、タグ無し端末にはタグをとってから転送しなければならないと考えており、難しいのではないかという気がしているところです。
3)さらに、このような接続、つまりリピータHUBを複数つないだときでも、接続制御は可能でしょうか?

Aベストアンサー

ご質問がよく理解できていないかも知れませんので、的をはずしていましたら容赦ください。
質問1)から3)まですべてリピータHUBに関する質問であれば、リピータHUBはレイヤ1(物理層)の装置ですから、タグなんて全く意識しません。入力された情報をそのまま全てのポートに出力するのがリピータHUBです。

Qスイッチングハブにセグメントを混在したら同セグメントだけ通信しますか?

ネットワーク初心者です。皆さん宜しくお願いします。

スイッチングハブに別セグメントのLANを混在させた場合、その中の同セグメントのPC同士はやり取りできるのでしょうか?
具体的には以下のハブで混在ができるのかを検討しています。

http://www.allied-telesis.co.jp/products/list/switch/fs716txv2/catalog.html

またもし通信できるとした場合、不具合などはありませんでしょうか?

Aベストアンサー

スイッチングハブはMACアドレスのみでフォワードするので
L3層以上でのセグメントの違いによる通信への影響はありません。

特にユニキャスト通信であればsuper-dogさんの言うように、
通常通り受信側のPCが自分宛でなければ破棄するだけで
異なるセグメントの通信が混在しても影響はありません。

ただしブロードキャストや一部のマルチキャストは
想定する構成において異なるセグメントにも到達してしまうので
何かしらの不都合はあるかもしれません。

QVPN 同じセグメント構成のLAN間接続

PPTP-VPNをテスト環境で構築しました。
ひとつ気になることがあります。

VPNでLAN間を結ぶとき同じセグメント構成のLAN間接続はできません。(実際に試してみました)
これはなぜなのでしょうか?
ブロードキャストがルータを超えられないというのがキーなのかな?と考えているのですが、はっきりとした答えがだせません。

またVPNで結ばれた拠点間は同じLANに存在しているかのようにネットワークを利用できるというイメージなのですが、実際のLANのようには振舞えないものなどがあれば一例として教えて頂けれと思います。

Aベストアンサー

どのような構成で試したのでしょうか?

PPTPを使う場合には以下の2種類の構成があります。

・VPNクライアント(端末)がVPNサーバ(ルータ)に対して接続する「リモートアクセスVPN」

・2台のルータ間でVPNを構築する「LAN間接続VPN」

リモートアクセスVPNの場合には接続先ネットワークと同一セグメントに所属することが出来ます。
LAN間接続VPNは異なるセグメント間をルーティングを使って接続します。

ただ、ファイル共有をしたいというような要望であればセグメントが違っても問題ありません。
※セグメントが違う場合のファイル共有はNBT(NetBIOS over TCP/IP)を使います。

またLAN間を同一セグメントで接続したい場合は、L2(Ethernet)レベルで接続する必要があります。
そういう場合にはL2VPN装置(ルータ)などを利用します。

参考URL:http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/PPTP/pptp-ans.html#1

Qネットワークのトラフィック量を測定できる方法はありますか?

 すいません。ものすごく困っております。

 会社の工場にPAnasonic製のネットワークカメラを20台程設置しているのですが、ネットワークへの負荷が大きいため、たびたび画像が固まることがあります。

 そこでどこの箇所で負荷がかかっているのか測定したのですが、なにかツールもしくは測定方法はないでしょうか。例えばHUBとHUBの間のLAN線にかかっているトラフィック量を測定してみたいです。

 すいませんが、ご教示願えないでしょうか。

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

HUBがSNMP対応のインテリジェントHUBであれば、そんなに難しい問題ではないですね。SNMPの設定を行った上で、ネットワーク管理ツールでトラフィックを計測すればOKです。

そうでない場合はちょっとやっかいですね。
とりあえず、ネットワークの図面を書いてみて、どこにどんなHubがあって、どんなPCやネットワークカメラなどの機器がつながっているかを書き出してみてはいかがでしょう?
具体的なトラフィックの数値がわからなくても、怪しいところはあぶり出せると思いますよ?

QVLANの違い

ポートベースVLANとタグVLANの違いが分かりません。

書籍を読むとどちらも同じ用途に使えそうなのですが、使い勝手の点について
「ここが決定的に違う」
という点があれば詳しく教えてください。

私はソフトウェア開発技術者試験の勉強をしているだけの未熟者ですので分かりやすく教えて頂ければ有り難いです。

Aベストアンサー

#2です。
ご質問いただきましたので再回答いたします。

ポート…そ、それはいくら初心者といえども自力で調べてほしい…。いくらでも調べられるはずだし、わかりにくくない解説もあるはずですよ…。
確かに物理ポートと論理ポートがありますが、その2つ以外にIT用語で「ポート」ってないので…。
http://www.network-beginner.com/net_yougo2.html
まぁ、質問者様のおっしゃるとおりです。NW機器に付属しているケーブル差込口です。インターネットするために、ご自身のPCにもポートは着いているはずです。(無線LANだと話は別ですが…)

-VLANを通過させるということ-
VLAN設定時にVLANとIPアドレスを対応付けます。
VLAN10=10.10.10.0/255.255.255.0 、VLAN20=192.168.15.0/255.255.255.0…てな具合です。
で、VLANを通過させるということは、そのVLAN番号に対応付けられたNWの通信を通過させるということで、逆に言えばVLANの通過設定が入っていない場合、そのNWの通信はポートで拒否されてしまうことになります。

上のVLAN例でSWの16番ポートにVLAN10を許可していたとすると、16番ポートに、10.10.10.0のネットワークのIP(10.10.10.1~10.10.10.254)のPCが接続されれば通信はできますが、それ以外のネットワークについては通信できなくなります。

タグVLANは一つのポートに複数のVLANを設定できるので、VLAN10と20を通過させることができると、そのポートにはVLANに対応付けられた複数のNWに所属するIPアドレスを送信元・送信先とする通信を通過させることができるというわけです。

#2です。
ご質問いただきましたので再回答いたします。

ポート…そ、それはいくら初心者といえども自力で調べてほしい…。いくらでも調べられるはずだし、わかりにくくない解説もあるはずですよ…。
確かに物理ポートと論理ポートがありますが、その2つ以外にIT用語で「ポート」ってないので…。
http://www.network-beginner.com/net_yougo2.html
まぁ、質問者様のおっしゃるとおりです。NW機器に付属しているケーブル差込口です。インターネットするために、ご自身のPCにもポートは着いているはずです。(無...続きを読む

QキャプチャではIEEE802.1qのタグが埋め込まれていない?動作は正常

こんにちは、よろしくお願いします。

IEEE802.1qのトランクポート間で流れるパケットをキャプチャしたところ、タグが挿入されていない(?)模様、という件です。

CatalystとLinux(ルータとして使います)を接続し、vlan設定をし、正常に動作していることを確認しました。
動作に全く問題はないのですが、興味本位で調べたところ、疑問がわいてきました。

「現場で使えるCatalystスイッチ130の技」によると、.1qのバイト構成は、
宛先MACアドレス・送信元MACアドレス・TPID・TCI・タイプ・データ・CRC
とのことでした。ところがcatalystスイッチのトランクポート - Linux間をEtherealでキャプチャしたところ、TPIDとTCIが見当たらないのです。

情報を以下に記載します。

##########################################
ネットワーク構成図

Linux
eth0.2 : 192.168.2.1/24
|
リピータハブ ---- PCでパケットキャプチャ
|
(Fa0/1)
SwitchA
(Fa0/3)
|
192.168.2.2/24
ping用PC
##########################################


##########################################
Catalystでの実行結果(一部省略)
SwitchA#sh ver
IOS (tm) C2900XL Software (C2900XL-C3H2S-M), Version 12.0(5.3)WC(1), MAINTENANCE
INTERIM SOFTWARE
System image file is "flash:c2900XL-c3h2s-mz-120-5.3.WC.1.bin"
Processor is running Enterprise Edition Software
witchA#sh vlan
VLAN Name Status Ports
---- -------------------------------- --------- -------------------------------
1 default active Fa0/6, Fa0/7, Fa0/8, Fa0/9,
Fa0/10, Fa0/11, Fa0/12
2 VLAN0002 active Fa0/2, Fa0/3
3 VLAN0003 active Fa0/4, Fa0/5
SwitchA#sh int fa0/1 switchport
Name: Fa0/1
Switchport: Enabled
Administrative mode: trunk
Operational Mode: trunk
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: Disabled
Access Mode VLAN: 0 ((Inactive))
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: ALL
Trunking VLANs Active: 1-3
Pruning VLANs Enabled: 2-1001

Priority for untagged frames: 0
Override vlan tag priority: FALSE
Voice VLAN: none
Appliance trust: none
##########################################


##########################################
linux Ubuntuに投入したコマンド
vconfig add eth0 2
vconfig add eth0 3
vconfig add eth0 4
ifconfig eth0.2 192.168.2.1 netmask 255.255.255.0
ifconfig eth0.3 192.168.3.1 netmask 255.255.255.0
ifconfig eth0.4 192.168.4.1 netmask 255.255.255.0
##########################################


ping用PCから192.168.2.1にpingすると正常に届きます。
キャプチャしていたのはそのタイミングです。
arpにもICMPにも、.1qのタグが埋め込まれていないようなのです。

別の構成で試した内容は以下です。

・ping用をPCFa0/3からFa0/4に差し替えたところpingは通らなかった。
 Catalystトランクポート - linux間にはarp requestが飛ぶだけだった。
 →VLANとしての機能は正常の模様。

・linuxは使わずにCatalyst2台でトランクポート間をキャプチャしたが
 状況は同じで、パケットにタグは挿入されていない。
 →Linuxが原因ではない模様。

・リピータハブをはずしてLinuxとCatalystを直接接続した。
 キャプチャはできないが動作は同じ。
 →リピータハブが原因ではない模様。

・.1qからISLに変えてCatalyst2台で試したところ、ISLヘッダが挿入されていることはEtherealで確認できた。


このVLANタグは、Etherealには反映されないものだったりするのでしょうか?

どなたかアドバイスなど頂けますと大変嬉しいです。

ぜひ、よろしくお願いします。

こんにちは、よろしくお願いします。

IEEE802.1qのトランクポート間で流れるパケットをキャプチャしたところ、タグが挿入されていない(?)模様、という件です。

CatalystとLinux(ルータとして使います)を接続し、vlan設定をし、正常に動作していることを確認しました。
動作に全く問題はないのですが、興味本位で調べたところ、疑問がわいてきました。

「現場で使えるCatalystスイッチ130の技」によると、.1qのバイト構成は、
宛先MACアドレス・送信元MACアドレス・TPID・TCI・タイプ・データ・CRC...続きを読む

Aベストアンサー

受信したIEEE 802.1qフレームのVLANタグが削除されてEtherealに渡される場合があります。

対処の方法はキャプチャに使用しているNICやマシンのOSによって異なります。参考URL(Wiresharkのページですが Etherealにもそのまま通用するでしょう)のページを参照してください。

参考URL:http://wiki.wireshark.org/CaptureSetup/VLAN

QVLANを構成するときは、一つのVLANに一つのネットワークアドレス?

VLANについて、勉強しています。

VLANは、一つのネットワーク(アドレス)の中でスイッチによって複数のVLANに分ける、するものだと思っていたのですが、下記のページの図1-4を見ると、一つのVLANに一つのネットワークを割り当てているのですが、実際はこういう使い方をするのでしょうか?

よろしくお願いします。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060919/248444/?ST=nettech&P=2

Aベストアンサー

>一つのルータで、複数のネットワークアドレスを割り当てることが可能なのですね…。

 VLANから始まった質問なのですが、話が複雑になるのでここでは別にしておいてください。 またルータのことを理解する上では、家庭などで使われるブロードバンドルータを意識すると理解しずらくなります。
ルータは一般的にはLAN(ネットワーク)間を接続することに使われ、その中の一つにLANではなくWANがあると理解されたほうが分かりやすいです。

 1台または複数のスイッチで構成されるネットワークは、1つのネットワークアドレスを持ちます。このようなネットワークが別にもあったとすると、このネットワークをお互いに接続するにはルータを用います。(スイッチ同士を繋いでしまったら、これは大きな一つのネットワークに拡大したにすぎません) ルータはこのネトワーク間の橋渡しをする装置で、例えばルータにポートが10個備わっていれば、10個のネットワークを相互接続することができます。

 ルータの機能は、このネットワーク間の接続(ルーティング:宛先IPアドレスによって送り出す先のポートを選択する機能)を行うものです。
 ネットワーク内の通信ではスイッチだけで可能ですが、ネットワーク外への通信はルータに任せます。 PCにはデフォルトゲートウェイを指定しますが、これは異なるネットワークへの通信の場合に送出するルータのアドレスを指定するものなのです。

 インターネットは、これが極めて大きくなったものと言ってもいいでしょう。 何万ポートもある大きなルータが存在するわけではなく、ルータの先に更にルータが接続され、更にその先にもルータが・・といった風です。
 試しに、PCのコマンドプロンプトからtrcertコマンド(例えばtracert www.xxx.co.jpのように)を入力してみてください。通過したルータのアドレスが分かります。

 上記はシンプルに説明したものですが、これにVLANが絡んだり、WANがあったり、ルータにも他にいろいろな機能があったりして理解しずらくなっていますね。

>一つのルータで、複数のネットワークアドレスを割り当てることが可能なのですね…。

 VLANから始まった質問なのですが、話が複雑になるのでここでは別にしておいてください。 またルータのことを理解する上では、家庭などで使われるブロードバンドルータを意識すると理解しずらくなります。
ルータは一般的にはLAN(ネットワーク)間を接続することに使われ、その中の一つにLANではなくWANがあると理解されたほうが分かりやすいです。

 1台または複数のスイッチで構成されるネットワーク...続きを読む

Q今更聞けないバカハブについて。

HUBについでです、よろしくお願いします。

今主流のスイッチングハブ以前にバカハブというものが
出回っていましたが、性能がよくわかっていません。

PC複数台でネットワークを組んでいる時、
どこかのPCから情報を要求すると、
バカハブはどのPCからの要求か識別出来ず、
他のPCすべてに情報を流してくるという認識ですが、
これのデメリットがよくわかっていません。

※ スイッチングハブは要求したPCを識別して
そのPCにレスポンスが返ってくるという認識です。

例えばどこかのPCでネット上からなにかをダウンロードした時に、
すべてのPCに「ダウンロードしますか?」等のメッセージが出たり、
勝手にダウンロードされてしまったりということでしょうか。

なにか事例を出してメリット、デメリットを教えてくだされば幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ITエンジニアです。

スイッチはどのポートにどのPCが繋がっているかを
記憶する機能が付いていて、バカハブにはそれが
付いていないんですね。その機能が無いとどんな
デメリットがあるかというと・・・

「不要なデータのせいで流せるデータ量が圧迫される」

って事です。
バカハブにPC1~3の3台が繋がっていたとします。
PC1から2へデータを流した時、PC3にも問答無用で
同じデータが送られてしまいます。その時もし、PC3が
インターネットから容量の大きいファイルをダウンロード
しようとしたら、いつもよりダウンロードに時間がかかって
しまいます。それはPC3とハブとの間に「PC1⇒2へのデータ」
と「インターネット⇒PC3へのデータ」が混在してしまうからです。

もしこれがスイッチなら、「PC1⇒2へのデータ」はPC3には
流しませんので、普段通りのスピードでダウンロードができる
訳です。

因みに、バカハブで接続していてPC3に不要な
「PC1⇒2へのデータ」が流れて来ても、PC3が自分で
「これは自分宛じゃない」と判断し、データは破棄します。
つまり、質問文にある「全てのPCにメッセージが」って事には
なりません。

最後に・・・
分かりやすくするため細かい説明は省きましたので、少々の
御幣はご了承ください。

ITエンジニアです。

スイッチはどのポートにどのPCが繋がっているかを
記憶する機能が付いていて、バカハブにはそれが
付いていないんですね。その機能が無いとどんな
デメリットがあるかというと・・・

「不要なデータのせいで流せるデータ量が圧迫される」

って事です。
バカハブにPC1~3の3台が繋がっていたとします。
PC1から2へデータを流した時、PC3にも問答無用で
同じデータが送られてしまいます。その時もし、PC3が
インターネットから容量の大きいファイルをダウンロード
しようとしたら、い...続きを読む


人気Q&Aランキング