【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

おねがいします。

A 回答 (12件中1~10件)

真面目は真剣であること。

本気であること。
真摯はまじめで熱心なこと。その様子。

真摯は「真面目+熱心」。
    • good
    • 2

より真面目=真摯 って感じだと思います。

    • good
    • 1

真面目は、心をこめること


真摯は、熱心で真面目なこと
これが辞書に書いてあることでした
    • good
    • 1

真面目はふざけているのではなく


本気で心がこもっていること、様子。
しんし真摯はまじめを強調した、真面目でひたむきな態度や様子
    • good
    • 0

真面目は見た感じではわかりませんが


真摯は見てわかると思います
    • good
    • 0

真面目は人の性格を表し、真摯は動詞にかかっているのではないでしょうか。

    • good
    • 0

真面目は文脈によっては相手を中傷する表現になりますが、真摯は悪い意味では取らないと思います。

また真面目は人の性格を表現していますが、真摯は行動する際にも形容して使われると思います。
    • good
    • 0

真面目は、その人の性格・行動を指す感じですね。


真摯は、その人の態度を指す感じですね。

例えば、スポーツ選手が結果を出せなかった。
→その結果を真摯に受け止める。
その結果を真面目に受け止める、じゃちょっと変ですよね。

→一生懸命、真面目に練習する選手。
一生懸命、真摯に練習する選手。じゃちょっと変ですよね。

多分そんな感じです。
    • good
    • 2

真面目だと融通が利かなくて、良くも悪くも一直線に突っ走ってしまいそう


真摯は状況に応じて適切な対応ができる
という感じがします
    • good
    • 6

真面目は一般的なイメージそのままの意味で、真摯は真面目+熱心の二つの意味を重ねたものというわけです。

場面に応じて使い分けてください。

簡単に違いを書かせて頂きます。

*真面目とは、うそやいいかげんなところがなく、真剣であること。本気であること。また、そのさま。「―な顔」「―に話をする」

*真摯とは、まじめで熱心なこと。また、そのさま。「―な態度」「―に取り組む」
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!