「袖擦り合うも他生の縁」という諺がありますが、それに続く句で、「~は百生の起縁」というのがあるのですが、ご存知の方おられますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「袖振り合うも他生(多生)の縁、袖すり合うも多生の縁、袖の振り合わせも五百生の機縁」を見つけましたが、出典はわかりません。

仮名草子の竹斎上に「一樹の蔭、一河の流れ、道行振の袖の触合せも、五百しゃうの機縁とかや」というのがあります。

参考URL:http://riqua.tripod.com/kakugen.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
URL参考になりました。
この諺の出典は仏典かも知れませんね。
もう少し調べてみます。

お礼日時:2001/06/04 11:32

後ろに続く言葉...。

色々検索したけど見つかりませんでした。m(__)m


「・・・他生の縁」までで、意味としては
全く知らない人とのふとした出来事も、前世からの縁があっての事という意味。
とことわざ辞典にありましたが...。

ちなみに他生とは、現世とは違う時代の事で前世を指しています。
子供のとき多少だと思ってたんですけどね...。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お手数頂きましてありがとうございました。
そうですね「他生」を「多生」と書く人も見かけます。
どちらが正しいのかは判りません。

お礼日時:2001/06/04 11:20

袖擦り合うも他生の縁五百生の縁」  五百は何回も何回も生まれ変わることで何万年もの間のたった一度の偶然の縁の中の因縁ということ.

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確か「袖擦り合うも他生の縁、対座するのは百生の起縁」というような諺だったと思うのですが、うる覚えで確信がありません。
私ももう少し調べてみます。

お礼日時:2001/06/04 11:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q袖擦り合うも他生の縁とよく似たくだり

「袖擦り合うも他生の縁」という諺がありますが,
それによく似た内容で、
”川の上流の水を飲む人と下流の水を飲む人は
何かの縁がある”という文章が
書かれてある文学名(たぶん古文?)を
ご存知の方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

 成句としては「一樹の陰、一河の流れも、他生の縁」でしょうか。

 出典は、説法明眼論(円通述)という仏典の「或は一国に生まれ、或は一郡に住み・・・一樹の下に宿り、一河の流れを汲み・・・同畳同坐、同牀一臥、軽重異るあるも、親疎別あるも、皆是れ先世の結縁なり」です。

 日本文学の古い用例で有名なのは、平家物語(巻十)のいわゆる「千手前」の段における「一樹の陰に宿りあひ、同じ流れをむすぶも、みな是先世のちぎり」という部分でしょうか。源平盛衰記にも同様の場面があります。そして、この話をもとにした謡曲の「千手」にも、同旨の謡いがあります。

 平家物語には、他にも巻一の「祗王」にもでてきますし、源平盛衰記でも、他に数ヶ所の場面で引用されます。
 謡曲では、いわば決り文句になっていて、「千手」のほかにも、「大江山」「箙」「錦木」「合甫」「紅葉狩」「山姥」などと多用されます。

 その他にも、「御伽草子(浦嶋太郎)」、「義経記」、「玉三(玉藻前旭袂三段目)」など、他にも色々あります。

Q「秀句は1句あればいい。3句もあれば大家である」は誰の言葉?

生涯、秀句は1句あればいい。3句もあれば大家であるといえる。
という趣旨のことをいったのは松尾芭蕉ではないかと記憶しているのですが……正しい話者と、正しい言を、お教えください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 「翁凡兆に告て曰、一世のうち秀逸三五あらん人は作者、十句に及ぶ人は名人なり」

 芥川龍之介『芭蕉雑記』の「四 詩人」より。

 芥川は出典を明示していません。凡兆が編集した『猿蓑』か、『書簡』か何かだろうと思います。ちなみに、『去来抄』『三冊子』『旅寝論』はざっとみたところ、ありませんでした。でも、熟読すればあるかも(でも、三冊とも芭蕉のことを、「師」「先師」と読んでるんで、ちがうかも)。

 情報が充分じゃなくてすみません。芥川が写し間違いをしてる可能性だってありますしね(大丈夫だと思うけど)。

 でも、言った相手が凡兆だってことが、なんとも示唆的ですね。

 付けたりに、堀辰雄さんの『雪の上の足跡』に出てくる凡兆の句を、

 鷲の巣の楠の枯枝に日は入りぬ

Q「よい靴を履きなさい~」という諺について

「良い靴を履きなさい。良い靴は履き主を良い場所に連れて行ってくれる」
という言葉をマンガで読んだのですが、これは本当に何処かの国の諺なのでしょうか。
どこの国のものかなど、詳しいことをご存じの方、どうぞ教えてください。
仕事で使いたいので、正確な事が知りたいのですが、ネットで検索しても見つかりませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ことわざ辞典には、靴についてのことわざがいくつもありましたが、同様の言葉は見つけられませんでした。

ですが、先の方に同じく、ヒットしたサイトに似たコメントを書いてらっしゃる方がおられました。
(下のURLのスペースに入りきらなかったので、こちらにペーストします。真ん中あたりに出てきます。)

http://216.239.57.104/search?ie=EUC-JP&lr=lang_ja&hl=ja&q=cache%3A1793ogmtAAkJ%3Ahttp%3A//www.systrat.co.jp/abreak/voice/voice9908024.html+%CE%C9%A4%A4%B7%A4++%CE%C9%A4%A4%BE%EC%BD%EA+%CF%A2%A4%EC%A4%C6+

向こうでは良く語られていることなんでしょうかねぇ…?

ヘルメスが履いていたと言う翼の生えたサンダルや、アーサー王伝説に出てくる千里靴(seven league shoes)、シンデレラ、赤い靴…と、靴にまつわる物語やエピソードも確かに豊富ですね(本題から少しはなれてしまいますが…)。

ことわざ辞典には、靴についてのことわざがいくつもありましたが、同様の言葉は見つけられませんでした。

ですが、先の方に同じく、ヒットしたサイトに似たコメントを書いてらっしゃる方がおられました。
(下のURLのスペースに入りきらなかったので、こちらにペーストします。真ん中あたりに出てきます。)

http://216.239.57.104/search?ie=EUC-JP&lr=lang_ja&hl=ja&q=cache%3A1793ogmtAAkJ%3Ahttp%3A//www.systrat.co.jp/abreak/voice/voice9908024.html+%CE%C9%A4%A4%B7%A4++%CE%C9%A4%A4%BE%EC%BD%EA+...続きを読む

Q「幸福な国は歴史を持たない」という諺

昔、ある本で「幸福な国は歴史を持たない」という言葉が外国のことわざとして紹介されていたのを読んだ記憶があるのですが、どこの国のものかが分かりません。
どの国のことわざか、原文の表記について、または「そんなことわざはない」など、ご存知の方はご教授いただけるでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは、

知ってますよその諺!

Happy is the country that has no history

『歴史なき国は幸いなり』

19世紀の諺らしいのですが、誰がいい始めたものなのか私は、分かりません。

 この諺は、結構引用されており、私が読んだ本にも引用されて、いました。

 ガンジー(著)「ヒンデュースワラージ・真の独立への道」

 そこで、「非暴力非服従運動など、歴史上で聞いたことが無い。」と言った青年に大して、歴史に載っていなくて当然である、歴史とは戦争の話なのだから、ある人は言った、『歴史なき国は幸いなり』と。
 (うろ覚えなのですが、だいたいこんな内容の話が有りました。)

 歴史が、は主として戦争を記述する資料を指した事に関しては、下記のURLを参照してください。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E5%8F%B2
 

Q他人事はよく理解できるという意味の諺?

 二人の人が将棋を指していているとき、
その将棋をしている二人より、それを
端で見ている人のほうがゲームの進行や
次に打つべき手がよく分かる。
 つまり当事者より第三者的立場の
人が他人事として物事の進行を
考えるほうが全体をよく把握できる、
という意味の諺があった思うのですが
思い出せません。

 どなたか見当が付きましたお教え下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

傍目八目(おかめはちもく)ですか?

参考URL:http://www.omi.gr.jp/i_mode/column/column18.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報