出産前後の痔にはご注意!

債権調査票が突然届きました。

ヤフオクの出品者が、破産申告の手続きに
入り、品物は届かないし、お金も返せないかもということらしいです。
ただ、債務者であるヤフオクの出品者の
家族が資産処分して弁済しようとも
している旨が同封されてきた
弁護士からの用紙に書かれていました。
こんなことは、初めてで、どうしたらいいのかわかりません。
弁護士には電話をしてみましたが、あとは
裁判所が決めることなのでという話でした。
とりあえず、債権調査票を書こうとは思います。あとは裁判所からの通知を待つしかないのでしょうか。
お金は戻ってこないのでしょうか。
分かる方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

借金より手持ちのお金や資産の方が多ければ破産しませんので


多くの場合全額は戻らないです
また返すお金は税金が優先されるので、一般の債権は後回しになります
家族が資産処分して…とありますが、これはルール違反なので無理じゃないかな
破産処理になると、法律に則って進めるしかないので
腹をくくってどーんと構えて、
地方裁判所から分厚い封筒が来るのを待っててください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐにご回答いただきありがとうございます。
最初はオレオレ詐欺の類いかと思ったり
怪しんでいたりもしましたが、
とりあえず待とうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/13 18:42

1割回収できたら御の字ですね。

ヤフオクとか珍しいけど、普通の会社ならしょっちゅうある事です(同じ会社という意味ではないよ)
そのうち、裁判所が債権者集会を開いて、簡単な事情説明や管財人への委任手続きなどをすると思います。暇なら話のたねに行ってもいいし、どうせ行ったって何が変わる訳でもないので書類だけの手続きでもいいし、お好きなように。

ただ、、、破産間近なのにヤフオクなんかへ出して金を受け取っているとなると、詐欺もちょっとかすめます。
商品を渡せない事が分かっているのに代金を受け取るのは違法です。詐欺なら、ヤフオクの保険が使えるはず。
詐欺だと当人は刑事事件の犯人とされますので、そう簡単に認めたりはしないと思いますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明らかに詐欺だと思っています。
ヤフオクの保険は昨日確認したところ
保証を受けるには、警察に被害届を
出してあるとか、色々条件があるようで
それにも戸惑ってしまいました。
ついてないです。ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/13 18:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q債権調査票の取引内容の書き方

すみませんがご存知の方教えてください。
友人にお金を貸したのですが自己破産して債権調査票が来てしまいました。全ての取引内容は次の通りです。
貸し▲ 2007/8/1  \1,000,000
返済  2007/10/24 \1,000,000
貸し▲ 2008/5/31 \2,000,000
返済  2008/7/14  \100,000
返済  2008/7/14  \100,000
返済  2008/9/9   \100,000

この場合取引内容は次のようで良いでしょうか?
最初の借入れ等 2007/8/1  \1,000,000
最後の借入れ等 2008/5/31  \2,000,000
最後の返済    2008/9/9  \100,000
債務残高             \1,700,000

最初の100万円は取引が終わったという事にして次のようでしょうか?
最初の借入れ等 2008/5/31 \2,000,000
最後の借入れ等 (空白)
最後の返済   2008/9/9  \100,000
債務残高            \1,700,000

よろしくお願い致します。

すみませんがご存知の方教えてください。
友人にお金を貸したのですが自己破産して債権調査票が来てしまいました。全ての取引内容は次の通りです。
貸し▲ 2007/8/1  \1,000,000
返済  2007/10/24 \1,000,000
貸し▲ 2008/5/31 \2,000,000
返済  2008/7/14  \100,000
返済  2008/7/14  \100,000
返済  2008/9/9   \100,000

この場合取引内容は次のようで良いでしょうか?
最初の借入れ等 2007/8/1  \1,000,000
最後の借入れ等 2008/5/31  \2,000,000
最後の返済    2008/9...続きを読む

Aベストアンサー

後者の考え方でよろしいと思います。
最初の貸金は完済されていて、債権がなくなっていますから。

利息をつける約束があったなら、それも計算して加えましょう。

また、いつまでに返済するという約束はあったのでしょうか?
あったのなら、約束の日以降は遅延損害金(民法では年利5%)を加えられます。

個人の破産だと一般債権には殆ど配当はこないでしょうが、
同種の債権は債権額に応じて配当が分配されますから、
きちんと申告しておく方がよいです。

Q破産債権届出書の書き方、金額の許容範囲

自営業です。取引先が実質倒産で、先日破産管財人から破産債権届出書が届きました。売掛金と貸付金があります。売掛金、貸付金発生後、一年の間に、銀行で借りたり、預金の当座貸し越し(利息についてはわかりにくい)で資金繰りをしてきましたが、これに対する利息支払いや、印紙代、保証料などは請求できないのでしょうか?(したところで配当はないに等しいのでしょうが・・・)破産債権届出書に記入するのはあくまで当初発生した金額のみですか?
また、発生したときの状況なども別紙に記入し添付しておく方がよいのでしょうか?(これについては、債権調査書が来たときに記入し、振込状況など債務者代理人の弁護士に送っています。)

Aベストアンサー

売掛金の場合は元の債権額とそれに対する破産開始決定までの遅延損害金を、貸付金の場合は、元本債権、利息債権、遅延損害金をそれぞれ記載します。

商事金銭債権の場合、事前に遅延損害金の取り決めがなければ、債権者の実質的な損害にかかわらず、遅延損害金は債権額に対して年6%です。6%より損害が多くても6%しか請求できません。逆に6%より損害がすくない場合も6%請求できます。

「一年の間に、銀行で借りたり、預金の当座貸し越し(利息についてはわかりにくい)で資金繰りをしてきましたが、これに対する利息支払いや、印紙代、保証料など」といった、債権者(ご質問者)個別の事情による損害額は関係ありません。

Q給与未払いのまま破産の受任書が来ました。

給与未払いのまま会社が破産ので受任通知書が来ました。

2年にわたり未払いに対する要求をしてきました。残り数万の給与を毎月1万づつ支払うとのことでしたが支払いのない月も多く、ずるずると引き延ばされ続けました。私にはできれば支払いたくない、いづれは考慮に入れている破産をするときまで支払いをのばそうという態度がやり取りからひしひしと伝わってきました。

就労当時も給与未払いの私達の目の前で散髪に行ったり、車検の手続きにいそしんだりする始末で、そのような贅沢をしなければ月1万円は十分に支払えていたと思います。


今回弁護士のもとより送られてきました「債権調査票」には「債務者の破産、免責に関する意見」という欄があるのですが、ここに何か記入して残額を支払ってもらえるようにすることにはできないのでしょうか?

贅沢をしなければ月1万円払えただろうということ、また、当時社長は「破産しても給与は支払う」と言っていましたがその旨を書いても口約束のため、ムダでしょうか?

このまま黙って泣き寝入りするのはあまりにも悔しいです。

Aベストアンサー

ご質問を見落としていましたね。すいません。2年前からの債権ですか、、、
問題は破産時点でどの程度の財産があるのかです。
給与債権は優先されるから、とりあえずは管財人が決まったときに管財人に優先的に配分してもらうようにしてもらいますが、財産が既に無いということだとどうにもなりません。
あと抵当権に入っている不動産関係も抵当権者が優先されますし。

破産宣告された時点で、その社長には財産の取り扱いについてはなんの権限も無くなり、また社長とどんな約束をしても意味はなくなるので、管財人と相談するしか無くなります。

ただその社長自身に財産があるようであれば、その財産を狙って攻める手は無いわけではありません。
商法における代表取締役の損害賠償責任などを根拠とするやり方もあります。
このあたりになると法律上の細かな知識が必要になるので弁護士にお願いした方がよいでしょう。
とはいえ未払い金額が小額だと弁護士手数料の方が高くついてしまいますが。。

あと社長自身も破産するのであれば意味はありませんね。。。

Q弁護士からの債権調査に対して質問です。

賃貸マンション管理会社に勤めている者です。
自社の管理している物件に、下記の様な入居者がおります。

(1)保証代行会社を利用しての賃貸借契約。
(2)保証代行会社に対して2ヶ月分の滞納あり。(当社にはその保証会社より立替払いがあり債権無し)
(3)滞納を理由に10月末にて解約。(強制では無く本人からの解約通知にて)
但し解約届けの時点では引越し先未定の様子。

そこで今回唐突に本人より委任を受けたとする弁護士より書面が届き、内容は、
(1)本人が破産及び免責の申立てをすることとなった。
(2)債権額確定の為に「債権調査表」を送って欲しい。
(3)貸金業規正法及び金融庁ガイドラインに従い本人には一切連絡するな。
というものでした。
しかしながらまず当社には現時点で債権が無いので、調査表は弁護士了解のもと保証代行会社に依頼するつもりですが、いくつか不安点・疑問点が御座います。
(1)書面からは本人が弁護士に依頼した事実確認は出来ないので、調査票を送っても良いものなのか?
(2)一切連絡するなとあるが、債権云々とは関係無く賃貸借契約は継続中であるのに、そんな事を言われる筋合いがあるのか?(退去の立会いや鍵の引渡しについても打合せる必要あり)
(3)そもそも解約が取り消された場合はどうなるのか?(その場合以降も滞納は増え続けることになるが、その分も破産をもって免責となるのか?)
もしくは解約取消しの意思表示が無いままに鍵の引渡しが行われなかった場合、賃貸借契約は解除されたと見なして室内への立入りは許されるのか?もしくはどうしたらいいのか?
(本人の居住について確認出来る場合、出来ない場合、分からない場合について)

無事退去して貰ったとしても現状回復工事費用は(通常使用の範囲を超えた損傷が予想出来ますので)…等の悩みもありますが、取り敢えずは上記内容についてご教授願います。

賃貸マンション管理会社に勤めている者です。
自社の管理している物件に、下記の様な入居者がおります。

(1)保証代行会社を利用しての賃貸借契約。
(2)保証代行会社に対して2ヶ月分の滞納あり。(当社にはその保証会社より立替払いがあり債権無し)
(3)滞納を理由に10月末にて解約。(強制では無く本人からの解約通知にて)
但し解約届けの時点では引越し先未定の様子。

そこで今回唐突に本人より委任を受けたとする弁護士より書面が届き、内容は、
(1)本人が破産及び免責の申立てをすることとなった。
(2)債権...続きを読む

Aベストアンサー

>しかしながらまず当社には現時点で債権が無いので、調査表は弁護士了解のもと保証代行会社に依頼するつもりですが、いくつか不安点・疑問点が御座います。

保証代行会社は代行会社が有する債権の届出をするのであって、御相談者から依頼を受けて御相談者が有する債権の届け出をする筋合いはありません。誰かにやってもらいたいのであれば、弁護士か司法書士(司法書士は御相談者の代理人にはなれませんが、裁判所提出書類の作成はできる。)に依頼して下さい。
 ご自分で書くのであれば、賃貸借契約の内容を書けば良いです。そして、賃借人が滞納していた何月分から何月分までの賃料は、保証代行会社より代位弁済を受けたので、現時点の滞納家賃はない旨、本人からの申出により10月末日をもって賃貸借契約が終了する旨を書けば良いでしょう。どうせ、破産手続が開始されたら、裁判所から債権届出の手紙がきますから、その時点で、原状回復義務の不履行があれば、損害賠償請求権を債権として裁判所に届出すれば良いです。

>(1)書面からは本人が弁護士に依頼した事実確認は出来ないので、調査票を送っても良いものなのか?

 本人が依頼もしていないのに、弁護士がわざわざ、御相談者が賃貸人であることを調査して、郵便代を払って調査票を送るようなことは通常しないでしょうから、余り心配する必要はないと思います。それでも心配ならば、弁護士や本人に確認すれば良いです。

>(2)一切連絡するなとあるが、債権云々とは関係無く賃貸借契約は継続中であるのに、そんな事を言われる筋合いがあるのか?(退去の立会いや鍵の引渡しについても打合せる必要あり)

 そもそも、御相談者は、貸金業者ではないですから、ガイドライン云々の規制を受けません。

>(3)そもそも解約が取り消された場合はどうなるのか?

 解約を取り消す意味があまりないと思います。というのは、解約されなければ賃料を支払う義務がありますし、解約されても、実際に明渡をするまでは、明渡義務の債務不履行による損害賠償義務が発生するからです。

>意思表示が無いままに鍵の引渡しが行われなかった場合、賃貸借契約は解除されたと見なして室内への立入りは許されるのか?もしくはどうしたらいいのか?

 仮に賃貸借契約が終了していても、賃借人が明渡をしていない以上、勝手に立ち入ることはできません。(自力救済の禁止)最悪の場合は、部屋の明渡を求める民事訴訟を提起して、勝訴判決を得て、部屋明渡の強制執行を申し立てるしかありません。

>しかしながらまず当社には現時点で債権が無いので、調査表は弁護士了解のもと保証代行会社に依頼するつもりですが、いくつか不安点・疑問点が御座います。

保証代行会社は代行会社が有する債権の届出をするのであって、御相談者から依頼を受けて御相談者が有する債権の届け出をする筋合いはありません。誰かにやってもらいたいのであれば、弁護士か司法書士(司法書士は御相談者の代理人にはなれませんが、裁判所提出書類の作成はできる。)に依頼して下さい。
 ご自分で書くのであれば、賃貸借契約の内容を書...続きを読む

Q自己破産受任依頼通知を返送したくない

知り合いにお金を貸していたのですが、返済が滞っており先日司法書士事務所から、破産の申し立てをするので受任して下さい。
また「債権額を記入して返送して下さい」との通知が来ました。

破産手続きにご強力をお願いします・・・って勝手に通知してきて、腹が立って仕方がありません。
私はお金を返して欲しいので、受任を拒否、債権も自分で取り立てに行きたいのですが、これはダメなのですか?貸した私がバカを見てお終いですか?

この司法書士の文面に、本人は大変疲弊しておりますので本人、また家族等には連絡するな!と書かれています。
こんな道理 言い草が通るのですか?
こっちが破産したい気分になります

Aベストアンサー

 受任通知に書かれていた負債総額に質問者の貸金の額が含まれていないようであるなら、知人の方は司法書士に負債の経緯や額、特に質問者からの借り入れについて正直に話していない可能性が大いにあります。

 債務超過だからと言ってどんな場合でも破産手続きを受任するわけではありません。依頼人の経済状況、保証人の有無、借入先等総合的に判断します。

 しかし、債務者は往々にして都合の悪いことを話しません。それでも大抵は徴収した資料からこれは一体どういうこと?と不審な点が出てきますが、一旦方針を決めてしまうと修正がしにくくなるのも事実です。

 受任通知は一番最初の段階です。債権調査票に正確な債権額を記入した上で、知人にお金を都合してあげた経緯をありのままに書いた書面を同封して送って下さい。あまり感情的には書かないほうが宜しいかと思いますが、知人を助けようとして貸したことやその後信頼を裏切られるような言動があればその事実も、また、返してもらえなくなればどのように困るか等は書かれればよいと思います。

 それでも知人の経済的状況によれば破産を選択せざるを得ないかもしれませんが、私なら先の回答に書いたような話を依頼者にします。

 ただ、私達も依頼者を助けようと分割払いで受託し、信頼を裏切られ最後まで支払ってもらえないことが度々です(涙)。それでも、ちゃんと立直ってくれる依頼者がいるので、懲りずに又受託してしまうのです。もっともはなから信頼に値しない人物は受託をお断りしますが。

 受任通知に書かれていた負債総額に質問者の貸金の額が含まれていないようであるなら、知人の方は司法書士に負債の経緯や額、特に質問者からの借り入れについて正直に話していない可能性が大いにあります。

 債務超過だからと言ってどんな場合でも破産手続きを受任するわけではありません。依頼人の経済状況、保証人の有無、借入先等総合的に判断します。

 しかし、債務者は往々にして都合の悪いことを話しません。それでも大抵は徴収した資料からこれは一体どういうこと?と不審な点が出てきますが、一...続きを読む

Q自己破産時の債権調査票について

知人にお金を貸していましたが、その知人が自己破産する
ということで債権調査票という書類が弁護士を通じて送ら
れてきました。

(お金を貸した時に、借用証書をとっており、連帯保証人も
 2人たてさせておりました)

この債権調査票の記入に際しまして、保証人欄が1名書けるほどの
スペースでしたので1名しか記入しておりませんでした。
あとで分かったのですが、その記入した連帯保証人は既に亡くなって
おりました。
私としましては、残るもう一人の連帯保証人へお金を返してもらう
よう請求したいのですが、可能なのでしょうか?
それとも、債権調査票には1名しか報告していないので、
請求できず泣き寝入りするしかないのでしょうか?
悩んでおります。教えてください、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>私としましては、残るもう一人の連帯保証人へお金を返してもらうよう請求したいのですが、可能なのでしょうか?

 亡くなった連帯保証人の相続人に対しても、その相続分に従って請求することができますが、もちろん、もう一人の連帯保証人に請求することも可能です。

>それとも、債権調査票には1名しか報告していないので、請求できず泣き寝入りするしかないのでしょうか?

 そんなことはありません。弁護士は、依頼人の債権者ば誰か、依頼人はどのくらいの債務を負っているか把握するために、債権調査票を送ってきただけであって(これを元に裁判所に提出する債権者名簿を作成する。)、調査票自体は、弁護士の作成した私的な文書に過ぎません。連帯保証人は、主たる債務者(知人)に対して求償権を有していますから、知人から見れば、その連帯保証人も債権者になるわけです。気になるようでしたら、その弁護士にもう一人の連帯保証人の存在を知らせればよいでしょう。


人気Q&Aランキング