【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

学生時代に、「日本アルプスに良く行きました」とかは
分からなくもないのです。学生ですからね・・・

でも、30ぐらいになってエベレストに登ったりする人は、
それまでにもヒマラヤやヨーロッパアルプスなんか
登ったりすると思うのですが、それには多くのお金と
たくさんの時間が必要だと思うのです。

頻繁に山登りができる時間があって、山に行くための
お金も稼いでいるというのは、どうしてるのですか?
何をすれば実現できるのですか?

不思議なのでお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下の人No1へのお礼の疑問はごもっともです。


私は2度海外登山を実行しており、数ヶ月の期間をかけて登山活動を行っていました。

>普通、頻繁に遠い山に行くほど休んだらクビになりませんか?
>年に一度海外登山ってどれだけお金持ちなんでしょうか?
>どこに勤めているのかとても気になります。

私の世代(もうすぐ定年を迎える又はそれに近い世代)では、概ね2パターンがあります。
どちらも、ある意味究極の遊びと捉え、人生をかける戦いであったのです。何を最優先さ
せるか? それが山であったのです。20代~30代ころに海外登山活動を行っていまし
た。
1.安定した生活をかなぐり捨てて、日本では無職とアルバイトの組み合わせで資金調達
を行い、生活費はぎりぎりまで押さえ込む。
2.サラリーマン生活や自営業などは普通に行うが無駄な休暇を一切取らず、収入は山の
ために蓄積しておく。時としては結婚も犠牲にする。

私の場合は後者でした。
週5日労働・年休は20日前年分は繰り越せたので2年で40日それに祝日・夏の休みな
どもありますので組み合わせを工夫すれば2ヶ月半程度になります。それに半月程度の休
職それをまとめてとるのです。そうすれば2年に1度は長期登山が可能となります。
ものはやり方次第です。

そんなにうまく休暇が認められるの?
って思うでしょうね。そのとおりです。上司もはいどうぞ!とはなりませんよね。
上司にとっても都合が悪い。おまえ部下の管理能力に問題有るなってなりますもんね。
まさしく、会社との休暇バトルが起こることになります。
前例が無いだの・仕事に支障があるだのと色々と言って認め無いでしょう。
そこで強行する覚悟があるかどうかが、分かれ道です。
私ではありませんが解雇され、裁判まで発展した事例もあります。
自営業経営の人で、倒産ぎりぎりまでいった人も知っています。

まあ、組織人としての立場は悪くなりますし失格人間ともいえますね。
会社に睨まれ一生、ヒラの人生を覚悟して山にのめり込めるかどうかです。私はこの3
月で定年となりました。
結局、予想通り低い肩書きで会社とさようならです。あと5年は1年毎更新で労務契約
は出来るらしいのですが、私には声がかかりませんでした。

私にとって、山が人生そのものでした。まあ、このような生き方もあると言うことです。
後悔はしていません。
体力の落ちた現在なお、5~6000mクラスでも登れそうな山や岩壁を物色している
このごろです。
誰でも登れる山は遠慮ですが、海外登山にゆきたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもご丁寧な説明ありがとうございました。
やはり山を極めるということは、そこまでの覚悟が
必要ということなのですね。勉強になりました。

お礼日時:2014/05/10 06:50

趣味で登る人は、当然他の仕事で貯金して登ります。


職業的登山家は、メディアなどと契約したり、自分でスポンサーを募ったりして登ります。
あと、現地で山岳ガイドなどをしながら、プライベートで登ると言う人も居ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

普通、頻繁に遠い山に行くほど休んだらクビになりませんか?
年に一度海外登山ってどれだけお金持ちなんでしょうか?
どこに勤めているのかとても気になります。

お礼日時:2014/05/05 01:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私の夫は山男です。

山男って言っても、本格的な登山家などではなく登山サークルで無難に活動することが多いのですが、今回雪山に登山する計画があったらしくて私は結構必死で止めました。
登山した人で死亡者が出るのって、毎年冬のことが多いですよね。
今は大丈夫だとしても、毎年雪山に登っていたらどこかに驕りのようなものが出てきて油断が生じてしまう気がするのです。そしてそれがいつかは遭難につながる…と。
今私達には子どもはいませんが、将来息子や娘ができた時に待ってくれる人のことを考えず危険なことをする、といった悪影響を与えてほしくないというのも反対する理由の一つです。
なので、私は一人登山と雪山登山だけは毎回反対しております。

夫は一応断念してくれたものの、「他のサークル仲間の奥さんは理解してくれるのに」とか「ここで経験を積んでおかないと体がなまってしまう」とか「結婚して自分のやりたいことを色々制限されると辛いなぁ」と愚痴っています。
まるで私が相手を無理矢理押さえつけていると言われているようで、あまりいい気はしません。

結婚って相手のためにも自分の命を大切にする責任があると思うのですが、皆さんはどのように思われますか?
また、パートナーが雪山に登りたいと言ったら、あるいは雪山ではなくても危険なことをしたいと言ったら、好きなようにさせますか?
私は夫の言うように雪山登山を大げさに考えすぎなのでしょうか?
感想やご意見、アドバイスなどお待ちしております。

山男って言っても、本格的な登山家などではなく登山サークルで無難に活動することが多いのですが、今回雪山に登山する計画があったらしくて私は結構必死で止めました。
登山した人で死亡者が出るのって、毎年冬のことが多いですよね。
今は大丈夫だとしても、毎年雪山に登っていたらどこかに驕りのようなものが出てきて油断が生じてしまう気がするのです。そしてそれがいつかは遭難につながる…と。
今私達には子どもはいませんが、将来息子や娘ができた時に待ってくれる人のことを考えず危険なことをする、とい...続きを読む

Aベストアンサー

登山に限らず、危険な行動をしようとしたら、家族なら止めて当然でしょう。

雪山登山が「どの程度危険なのか」というのはよく知りませんが、私の夫もNo.1さんと同じ職業でしたので「危険である」ということだけは知っています。助かった話、ダメだった話、悪天候の中でも救助に行かねばならず自分たちも遭難しそうになった話など、さんざん聞かされました。
山に登らなければならない夫は常に「万が一」に備えていました。徹底的に訓練を積むのはもちろん、かなり高額な保険に入ったりもしていました。私には「何が起こるか分からないので申し訳ないが、何があっても君が生活に困らないようにしておくから」と言っていました。

夫の場合は山が好きでその仕事を志望した訳ではなかったので、異動した後は登ることはありませんでしたが、趣味で登る人の「山が好き!」という気持ちはなかなか止められないと思います。実際、私の身近にも山が好きな人がいますが、どんなに怖い事例を話しても、やめようとしないですね…。

雪山の恐ろしさは、山に登る人なら誰でも知っているはず。自分が登っている間、どんなに家族に心痛を与えるかも分かっていると思います。
だから、ご主人は、不満を言いつつも、ご家族が何よりも大事、と思って下さったのでしょう。
質問者さんの心配を理解して、やめた方がよさそうだ、と決めたものの、やはり好きなことなので諦め切れず、愚痴を言ってしまうんでしょうね。

家族のために好きなことを諦めてくれたことを感謝し「私のことを大事に思ってくれてありがとう!」と話してみては?
危険なことであっても自分の生きがいとしている趣味を、諦めてくれるというのは、大変な心の葛藤があると思います。

家族のために、自分の命を大切にするのは当然のことですが、それよりもやはり「家族のために諦めてくれた」ということの方を高く評価してあげた方が、ご主人としても「諦めてよかったかな」という気持になりやすいのではないかな、と思います。

危険な雪山登山を止めるのは、妻として当然のことだと思います。
でも、好きな趣味を我慢しているご主人に「やめるのは当たり前でしょう」というのではなく、諦めた趣味に代わるアフターケア(ご主人を喜ばせること)をしてあげるのが、質問者さんの役目だと思いますよ。

登山に限らず、危険な行動をしようとしたら、家族なら止めて当然でしょう。

雪山登山が「どの程度危険なのか」というのはよく知りませんが、私の夫もNo.1さんと同じ職業でしたので「危険である」ということだけは知っています。助かった話、ダメだった話、悪天候の中でも救助に行かねばならず自分たちも遭難しそうになった話など、さんざん聞かされました。
山に登らなければならない夫は常に「万が一」に備えていました。徹底的に訓練を積むのはもちろん、かなり高額な保険に入ったりもしていました。私には...続きを読む


人気Q&Aランキング