日本語を勉強中の中国人です。弁護士は良心を捨てて仕事をしていますか。頼まれた人に無実の弁護をしてあげ、お金をもらうことになります。頼まれた人は本当は罪があると良心上でわかっているのに、弁護してあげます。自分の良心に問いただされないのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

刑が裁判で確定するまで、日本では、その人は犯罪者ではないのですよ。


あくまでも、検察に「犯罪をおかしたのではないか」という疑いをかけられ、裁判所に告訴された人。

どんなに可能性が低くとも、わずかでも無罪の可能性があれば、
検察に身柄拘束をされ、裁判にまでかけられるという人権侵害から被告人を守らなければいけない。

それが弁護士さんのお仕事。

また、被告人が罪を認めている場合は、
被告人の更生の可能性を信じて、すこしでも刑を軽くするように働きかけるのも、
弁護士さんのお仕事です。


☆頼まれた人は本当は罪があると良心上でわかっているのに、弁護してあげます。自分の良心に問いただされないのでしょうか。
◇時に、自身が行っていることに矛盾や葛藤を感じることはあると思いますよ。
しかし、日本の場合は、刑が確定するまで、被告人は犯罪者ではないので、その人の人権は守らないといけないのではないでしょうか。


まっ、そういうことで。
    • good
    • 0

弁護士については詳しくありませんが、それは逆に危ない考えではないでしょうか。


依頼する側は弁護士に弁護して欲しい、だからサービスを受けるわけで、弁護士個人の考えでそれが叶わなくなれば裁判の公平性はどうなるのでしょう。


>頼まれた人は本当は罪があると良心上でわかっているのに、弁護してあげます。

依頼者に本当に罪があるのか、それとも冤罪なのかは弁護士が決めることでは無いと思います。
公平な裁判で結果が出ることではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加害者の弁護士には良心の呵責があるかどうか。

カテはもしかしたらQ&Aですが、専門的な法律のことなのでここに質問させて頂きます。

訴えられて被告人になった人の弁護をすることになった場合、明らかに被告人に非がある場合でも、聞き取り後に陳述書を作成する段階で、「こういう言動だとまずいから、こういうニュアンスで書いておきましょう」「ここは突っ込まれるので、あっさり書いておきましょう」「書くのを止めましょう」というような具合に、抵触しそうな言動・場面、原告に非を認めてしまうような記述は、ぼかして、あるいは書かずに陳述書を作成することはありますか?

被告に不都合なことは書かないという場合、隠蔽にはあたりませんか?

加害者が有利になるように法律を駆使して(少しでも罪が軽くなるように)「加担」する感じがしますが、弁護士というのはそういうものですか。
そういうことをしても法律で身分が保証されているなら、意識として良心の呵責はないのですか。

裁判官が有罪と判決して、被告が控訴、上告しなければ、弁護士自ら、暗に力量不足・加担を認めたことにはなりませんか。

Aベストアンサー

弁護士の社会的責務とはなんだと思いますか。

一般の人が自らはこのように主張したいと考えたときに、法的な主張は難しくて出来ないため、それを法的な主張をするための代弁者としての役目が弁護士です。そうすることで、一般の人の弁護能力の格差を埋めることができ、すべての人に平等な法的な権利を与えることが出来ます。
そうしなければ口先のうまい人や頭の回る人が勝ち、そうでない人の権利がないがしろにされてしまいます。

犯罪者にしても同様です。
口がうまく説得力があり、頭の回るずるがしこい犯罪者がうまく法定でも言いつくろって刑を軽減してもらったり免除してもらったりする、一方でそうではない犯罪者の刑罰が重くなるのはおかしな話です。

ではどうすれば良いかといえば、すべての犯罪者に対して能力の高い弁護士が、犯罪者による差別をせずに、弁護士として能力を最大限に使い弁護するわけです。
そうすればすべての犯罪者を平等に裁くことが出来ます。

>ぼかして、あるいは書かずに陳述書を作成することはありますか?
もちろんあるでしょう。

>被告に不都合なことは書かないという場合、隠蔽にはあたりませんか?
なりません。それはあくまで検察が指摘する、立証すべき話です。

>意識として良心の呵責はないのですか。
良心があるからこそすべての犯罪者に平等な裁判を受けさせるために、弁護士は職務に尽くすのです。

>弁護士自ら、暗に力量不足・加担を認めたことにはなりませんか。
なりません。あくまで被告の意志が一番ですし、更に言えば刑事事件の場合には、平等な裁判を受けた結果として有罪であればそれが正義により裁かれた正当な判断と考えられるからです。

つまり検察と弁護士が対立して互いに主張をすることにより、争点が明らかとなり、また隠れていた真実が見えるというのが今の裁判制度の考え方なのです。

弁護士の社会的責務とはなんだと思いますか。

一般の人が自らはこのように主張したいと考えたときに、法的な主張は難しくて出来ないため、それを法的な主張をするための代弁者としての役目が弁護士です。そうすることで、一般の人の弁護能力の格差を埋めることができ、すべての人に平等な法的な権利を与えることが出来ます。
そうしなければ口先のうまい人や頭の回る人が勝ち、そうでない人の権利がないがしろにされてしまいます。

犯罪者にしても同様です。
口がうまく説得力があり、頭の回るずるがしこ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報