始原生殖細胞って何ですか?どんなことでも良いので教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

とは 細胞」に関するQ&A: がん細胞とは

A 回答 (1件)

簡単に言うと、卵や精子をつくる大元となる細胞の名称です。



始原生殖細胞は発生の比較的早い時期に分化し、体細胞分裂を2度して雄は精原細胞。雌は卵原細胞になります。

<卵の形成>
卵原細胞は卵巣内で体細胞分裂により増殖するが、やがて増殖をやめ、細胞内に養分となる卵黄を貯えて一次卵母細胞となる。そして減数分裂の第一分裂によって大形の二次卵母細胞になり、同時に一次極体(分裂で大きさが二等分されるのではなく、極端に小さく分かれた方)を生じます。第二分裂によってさらに卵と第二極体を生じる。極体は受精することなく後に消滅します。

<精子の形成>
精原細胞は精巣内で盛んに分裂を繰り返し増殖した後、成長し、一次精母細胞となる。減数分裂を行い、二次精母細胞を経て精細胞(運動性を持たない)となる。精細胞は変形して運動性を持った精子となります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単為生殖時の減数分裂細胞と3倍体の細胞分裂について

有性生殖可能な生物(2倍体として)が単為生殖する場合、染色体が半数になった卵子は、一旦不足分の対になる染色体をコピーした後、分裂を開始すると考えてよいのでしょうか?それとも、最初から2倍体が卵子に入っていて
完全なクローンとして生まれるのでしょうか?
また、3倍体や4倍体の生物の細胞分裂はどういった形で行われるのでしょうか?それらの生殖細胞もゲノムになるまで減数分裂されて、3以上の性の組み合わせで受精されるのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

「2倍体単為生殖について」
単為生殖を行う場合、卵は半数になりません。最初から2セットの染色体を持った状態で発生を開始し、そのまま2倍体が生まれます。
その原理は、減数分裂のスキップにあります。通常、2倍体が配偶子形成を行うとき、染色体が倍化して4セットになってから2回の分裂を連続して行うことで1倍体の卵や精子を作るわけですが、単為生殖が起きる場合、第一減数分裂または第二減数分裂がスキップされるために、卵が2セットの染色体を持ったままになります。この際、発生開始の刺激として精子の受精が必要になりますが、精子の染色体は発生に参加せず、その後排除されてしまいます。従って、卵は母由来の染色体を2セット持ったまま正常に発生し、単為発生が起こるのです。

人工的にも2倍体単為生殖を起こすことが可能で、その場合、異常な温度に曝す等の処理によって減数分裂を阻止してやることで、卵に2セットの染色体を持たせたまま発生を開始させます。
例えば精子にガンマ線を照射して染色体を破壊してから卵に受精させ、受精直後に起こる第二減数分裂のタイミングに受精卵を高い水温や逆に低い水温などで処理して第二減数分裂を阻止してやると、単為発生が起きます。
ちなみに、多くの生物の未受精卵は、減数分裂の途中で分裂を中断して、精子の受精を待っている状態にあります。受精が起こるとその刺激で再び減数分裂が開始され、その後、精子の染色体と混ざり合うのです。つまり、卵細胞に含まれる染色体が半数になる瞬間というのは存在しないんです。

「3倍体、4倍体について」
ズバリ、3倍体は3倍体の卵を産み、そのまま3倍体として成長します。例えばフナについて紹介すると、池や川で普通に見られるフナはほとんどが3倍体で、ごく稀に2倍体フナがいる状況です。3倍体フナは全てメスで、減数分裂をスキップした3倍体の卵を産みます。3セットの染色体が倍化して6セットになってから減数分裂を1回だけ行って3セットの染色体を持つ卵が生まれるわけです。この3倍体の卵に普通の精子が受精すると、その刺激で発生が開始されますが、精子は発生に参加せず、途中で排除されてしまいます。こうして3倍体の卵はそのまま自分の染色体だけで発生を続け、3倍体のフナが生まれるのです。つまり、クローンとして生まれてきます。普通に見られるフナは、ほとんど全てが雌3倍体フナで、みんなクローンなんです。
ちなみにフナ3倍体の卵にコイやドジョウの精子をかけた場合でも、精子は発生に参加せず、フナ3倍体がそのまま生まれてきます。

4倍体は、染色体セットが4セットあるので、減数分裂を行うことができます。4セットの染色体が倍化して8セットになり、分裂して4セットの細胞が2個になり、さらに分裂して2セットの細胞が4個できあがります。つまり4倍体は、2倍体と同じように配偶子を作って、子孫を残すことができるわけです。
通常の生物の配偶子は1セットしか染色体を持ちませんが、4倍体の配偶子は2セットの染色体を持ちます。当然、4倍体同士が交配することで再び4倍体が生まれます。また、4倍体と2倍体を交配することで3倍体が生まれてきます。

フナの話や、染色体工学に関しては信州大学の小野里教授が第一人者です。多くの著書も書いておられるので、探してみるといいかもしれません。
卵子という言葉が質問に出てきたので勝手に高等動物のことと解釈してしまいましたが、よろしかったでしょうか?動物では、昆虫、両生類、爬虫類、魚類などで倍数体についての研究が進んでいるようです。特に人工的な3倍体は最近実用化も進んでいて、3倍体カキやアワビなどの養殖も行われています。その方面から調べてみてもよいかもしれません。

はじめまして。

「2倍体単為生殖について」
単為生殖を行う場合、卵は半数になりません。最初から2セットの染色体を持った状態で発生を開始し、そのまま2倍体が生まれます。
その原理は、減数分裂のスキップにあります。通常、2倍体が配偶子形成を行うとき、染色体が倍化して4セットになってから2回の分裂を連続して行うことで1倍体の卵や精子を作るわけですが、単為生殖が起きる場合、第一減数分裂または第二減数分裂がスキップされるために、卵が2セットの染色体を持ったままになります。この際、...続きを読む

Q生殖を目的とする胚細胞クローンって?

今、クローンについて調べているのですが、
カトリック教会のクローンに対する立場について読んでいます。
そこで、カトリック教会は、
「生殖を目的とする胚細胞クローン」には反対だが、
「生殖以外の目的で行われる体細胞クローン」には技術を厳密に検討し、より微妙な判断するような立場をとることができるとしていました。
生殖を目的とする胚細胞クローンの意味がよくわかりません。
どなたか分かりやすく説明していただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「生殖を目的とする胚細胞クローン」は、子供のできない人が不妊治療を目的として、人間の個体をクローンで産むということでしょう。
「生殖以外の目的で行われる体細胞クローン」とは、病気やけがで失ったものを移植目的で組織や臓器をクローン技術を用いてつくることを意味していると思います。
なお、これは
「『ヒト』クローンに対する立場について」でしょう。
他の動物、植物その他の生物についてはクローン個体は数多く作られています。

参考URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/shisaku/kuroun.htm

Q【中3】生殖細胞について

テストでカエルの生殖細胞と鶏の生殖細胞と植物の生殖細胞について問題がでました。

それでカエルのメスの方は「卵」でオスは「精子」でした。
ですが鶏の方はオスが「精子」メスは「卵子」でした。

わたしは人間だけが精子、卵子で
植物は卵細胞、精細胞で、
人間以外の他の動物は卵と精子だと思っていたのですが、
鶏も卵子でした。どうやって見分ければいいのでしょうか?鶏は哺乳類と同じ恒温動物だから卵子なのですか?両生類以外の爬虫類とかはどうなるんでしょうか?

Aベストアンサー

 雄性の(オスの)生殖細胞は、運動性のあるものが「精子」、運動性のないものが「精細胞」と呼ばれるようです。
 植物の場合、運動性のないものが多いので「植物は精細胞」という感じですが、コケ・シダ植物やイチョウやソテツなどの場合は運動性のある「精子」です。ただ、中学校では植物は被子植物が中心だと思うので、「植物は精細胞」ということでもいいと思います。

 雌性の(メスの)生殖細胞「卵」と「卵子」の使い分けは悩ましいですね。「卵子」というのは医学関係で使われる言葉のようで、一般にヒトの場合にはよく「卵子」といわれるような気がします。
 また、雄性の方が「精細胞」というのに合わせて、雌性の方も「卵細胞」ということもあるようですが、そう呼ばなくてはならない、ということはないと思います。
 生物学の用語としては全て「卵(ラン)」で間違いではないと思います。

 「精子」と「精細胞」の違いは、結構はっきりしていますが、卵と卵子の違い、などというのはあまり本質に関係ない話のような気がします。ニワトリの「卵」と書いて×になるとは思えないのですが、もしそれを×にする先生がいたら、「ニワトリのタマゴ」ではないのだよ、といいたいのかも知れません。

 雄性の(オスの)生殖細胞は、運動性のあるものが「精子」、運動性のないものが「精細胞」と呼ばれるようです。
 植物の場合、運動性のないものが多いので「植物は精細胞」という感じですが、コケ・シダ植物やイチョウやソテツなどの場合は運動性のある「精子」です。ただ、中学校では植物は被子植物が中心だと思うので、「植物は精細胞」ということでもいいと思います。

 雌性の(メスの)生殖細胞「卵」と「卵子」の使い分けは悩ましいですね。「卵子」というのは医学関係で使われる言葉のようで、一般...続きを読む

Q真正胞子の生殖は無性生殖ですか?

“栄養胞子は体細胞分裂によってでき、2nの親と同じ2nの遺伝子を持つ。これに対し真正胞子は減数分裂によってでき、2nの親の半分の遺伝子nを持つ。”、といった具合に胞子生殖について覚えているのですが、真正胞子はnのままなのですか?そうすると、今度はその胞子が成長してして新たな胞子を作ると、その新しい胞子はさらに半分の1/2nの遺伝子になってしまいますよね?そんなはずはないですよね(無限に少なくなりますものね)?ということは他のnの真正胞子と接合かなにかして2nとなるのでしょうか?そうすると何生殖といえるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

有性生殖をする生物は減数分裂と受精(接合)を繰り返して増えます。動物の場合減数分裂によって配偶子(精子・卵)を形成しますが,多くの植物では減数分裂によって胞子(真正胞子)を形成します。真正胞子は発達して配偶体を形成し,配偶体が配偶子を形成します。
この配偶子は受精によって受精卵となり,受精卵が発達したものを胞子体と呼びます。

胞子体→(減数分裂)→真正胞子→配偶体→配偶子→(受精)→

この繰り返しですので,真正胞子は体細胞分裂をすることはあっても減数分裂をしません。このようなサイクルを「生活環」と呼びます。

被子植物では胚のう細胞と花粉四分子が真正胞子に相当します。
コケの場合,雄株をつくる胞子と雌株をつくる胞子が形成されます。
シダ類(真正シダ)の場合胞子は雌雄同株の前葉体を作ります。

いずれにしても,真正胞子は単独で発生して配偶体を形成する細胞なので「無性生殖」に分類するのではないでしょうか。

参考URL:http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai_low/7-1.html

有性生殖をする生物は減数分裂と受精(接合)を繰り返して増えます。動物の場合減数分裂によって配偶子(精子・卵)を形成しますが,多くの植物では減数分裂によって胞子(真正胞子)を形成します。真正胞子は発達して配偶体を形成し,配偶体が配偶子を形成します。
この配偶子は受精によって受精卵となり,受精卵が発達したものを胞子体と呼びます。

胞子体→(減数分裂)→真正胞子→配偶体→配偶子→(受精)→

この繰り返しですので,真正胞子は体細胞分裂をすることはあっても減数分裂をしません。このような...続きを読む

Q生殖細胞の染色体数の英語の問題

Each diploid cell has two sets of (ア) chromosomes, each set received from one parent. there are (イ) pairs of autosomes and one pair of sex chromosomes.

というヒトに関する染色体の問題がありました。
これは(ア)は23で(イ)は46でいいのでしょうか。

違っていたら補足をお願いします。

Aベストアンサー

”Human cells contain 23 pairs of chromosomes for a total of 46. There are 22 pairs of autosomes and one pair of sex chromosomes. The sex chromosomes are the X chromosome and the Y chromosome.”
(http://biology.about.com/od/basicgenetics/p/chromosgender.htm)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報