プロが教えるわが家の防犯対策術!

学生時代、大腸菌をグリセロールストックすると保存状態が良く長期間保存できる?という事をを教わったような記憶があります。なぜ普通に凍結するより状態が良いのでしょうか?理由とグリセロールストックの操作方法を教えて下さい。又、大腸菌以外の微生物にも有効なのでしょうか?教えて下さい。お願いします

A 回答 (3件)

細菌類ならなんでもできると思います。


細菌を培養した液を保存用の小さいチューブに移し、グリセロールを加えて冷凍し(液体窒素やドライアイスなどで急速冷凍するのが望ましい)、マイナス80℃のフリーザーで保存します。半永久的に保存できます。グリセロール濃度はものの本や各メーカーから提供される形によって15-50%と幅がありますが、濃度が低めのほうが再融解しにくく持ちが良いように感じます。
使用するときは、凍結したまま少量を削り取って培地にまきます。

ちなみに、生物学研究で用いられるモデル生物のひとつ、線虫もグリセロールストックします。
    • good
    • 2

確証はありませんが、おそらくグリセロールを加えることで氷の結晶が大きく生長しないのだと思います。


氷の結晶が生物の細胞内で大きく生長すると、細胞を傷つけるため保存状態を悪くします。
    • good
    • 0

結晶が成長して、細胞構造を壊すのを防ぐためかも。

グリセロールは蛋白のストックにも使います。糖の水酸基(OH)が安定化に寄与するらしい。

単純に20%の滅菌グリセロールと培養液を混ぜて終濃度10%にしてマイナス80度に置くだけです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング