gooID利用規約 改定のお知らせ

ご覧いただきありがとうございます。
これから書くことは、見られる方によっては不快に思われることもあると思いますのでご注意ください。
また、長文ですのでお時間許される方のみ読み進めていただければと思います。


まずは私のことを話します。
私は4月から広告代理店に転職したばかりの、新人女性営業マンです。
年齢は26歳で、前職は販売業。
約3年間店長をしておりました。

転職動機は、労働状況に対する不満と、キャリアアップを目論んだ為です。
ですが、転職先を確固たる信念を持って決めた訳ではなく、ただ漠然と、人と関わる仕事がしたいとは思っていたことから、知人に紹介された現職場に就職した次第です。


さて、お聞きしたいのは次の2つのことです。
(1)「どうすれば飛び込み営業で断られても傷付かなくなるか?」
(2)「いつか慣れるのであれば、それは具体的にいつなのか?」

現在、割り当てられたエリアの見込み顧客に飛び込み営業をかけるのが、私の一日の業務の全てです。

ですが、私はこれが苦痛で仕方なく、目標数を全く達成することが出来ません。
苦痛に思う理由は、断られて傷付くから、です。

迷惑そうにされたり、すぐに帰されたり、明らかに話を聞いていない態度をとられたり…
これは私が営業マンで、お客さまがお客さまである限り、「普通」の関係性であることは理解しています。


でも、しんどくてしんどくて仕方ないのです。


私の直属の上司は、その場で商談をしてこいと言っているわけではなく、資料と名刺を置いてくるだけだ良いと言ってくれています。
この上司を始め、管理職の方々も絶対にこんな私を強く叱らないし、できることからやらせてくれようと、色々考えてくれています。
私が潰れてしまわないかが心配だ、と言ってくれます。
先輩方も、皆すごくすごく良い人たちで、同期の子達ですら私を励ましてくれます。


お客さまにも、別に罵倒されるわけではありません。
むしろニーズが無いにも関わらず「ありがとう」と、送り出してくださる方もいらっしゃいます。

ですが、最近ではお客さまと顔を合わせるのすら怖いのです。

以上のことからお分かりいただけるように、今の状況はひとえに、私の極度な精神的弱さが問題であり、業務内容がキツイとか、社内の人間関係がストレスになると言うことはありません。
もちろん数字はありますが、新入社員である私にもこなせる、全く無理の無い設定です。
また、私だけが特別出来ていないわけでもありません。


もっと大変で、つらい思いをされている営業マンの方はたくさんいらっしゃると思いますし、そのような方々に比べれば、私の悩みは甘ったれで贅沢だとも思います。
ですが、その思いを糧に頑張る、と言うことが出来ずにいます。

でも、この場所で頑張って行きたいのです。
こんなに良い会社にはもう出会えないと思うし、周りの人たちに恩を感じているので、それを仇で返すようなことをしたくないのです。

どうか皆さま、回答をお願いいたします。
こんな私にアドバイスやお叱りをお願いいたします。
また、同じような経験をされた方は是非その体験談や、克服方をご教授いただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は営業で30年以上になりますが


今でさえ本当に営業職が自分に合っているのか判りません。

営業は会話することがやはり大事になってきますが
「話好き」と「話し上手」には違いがあります。

私はどちらかと言うと話し下手の方だと思っていますが
人に接するの好きなので今までやってこれた気がします。

ですから管理職になり社内業務が増えたときが
一番苦痛でした(今は年齢により管理職は降りています)

営業といってもさまざまですが飛び込み販売は
厳しいですよね。

私の場合はメーカーですので新規に売り込む場合も
事前アポを取ってからの行動ですから違いはあります。

事前アポを取る場合でも断られるケースが多く
訪問できたとしても交渉成立確立は低いです。

断られてナンボの世界に入ったのですから
断られるのが当たり前ですし苦痛に感じて当然です。

但し「傷つく」という表現を使っていますが
「傷つく」とはある程度実績を持った人が使う表現であり
何らかのプライドが崩れた時に使うものだと思っています。

プライドが邪魔をしているのであればプライドを捨てる
ことで傷はつきませんし、初心者の貴方にどんなプライドが
あるのでしょうか?

営業は足を使うこと、回数をこなすことで慣れに繋がりますし
一軒でも商談成立することで自信にも繋がります。

会社の環境も良さそうですし、実績よりまず
お客様と会話をすることを楽しんではいかがですか。

初めての人に会う時は、会う前にどんな人か想像してみて下さい。
とっつきの悪い、性悪な顔をしている、すぐ怒る、全然話さないなど
悪い印象を持って会って下さい。

こんな対応の悪い奴にはどう対応しようかシミュレーションして下さい。

以外と良い人が多いです。そしたら気分良く会話できます。
想像通り悪かったら驚くことも少ない筈です。

世間話9割、商談1割のつもりで入ってください。
相手が乗り気になったらこちらの物です。

まだ若いのですから、どうしても「傷つく」を脱せ無い
ようでしたら転職しましょう。
でも最低2年、いや1年でもいいですからやってみては
どうですか。

ちなみに私の部下も何人か転職した人もいますが
殆ど止めたことはありません。人生は長いですから
色々経験するのはいいことです。

一人だけ退社を留めた人がいます。
その人は何回も会社を変わって一定しないのです。
2年位留めましたが退職しました。

その後別の会社に留まり続いているみたいです。

全く関係ない話になりすみません。
今一度自分が何をしたいのか見つめて下さい。
何をやっても苦痛は付きものですけどね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうですよね、誰でも苦痛を感じているはずですし、得意なことだけを仕事としてやっていけるわけも無いですよね。
それでもみんな、仕事をして生きていらっしゃるのに、私は自分のことだけしか考えられず、偉そうに傷付くなどと言ってしまいました。
私はただ、嫌な思いをしたくない、と子供のわがままを言っているだけに過ぎないですね。
26にもなって恥ずかしい限りです。
申し訳ありません。

行き当たりばったりな生き方のツケが、まだ短い人生ながらも回ってきているのだと思います。
何をしたいのか、見つめ直してみます。

こんな若造の甘えた訴えに、真摯にご回答いただきましたこと、心より感謝いたします。

お礼日時:2014/05/13 16:13

販売業と同じように、目標を「営業できること」においているからそこに至れないことで凹むのです。



もっと小さな目標からの積み上げといきましょうや。
転職したばかりの営業なんて、名前と印象を覚えて貰うのが第一ですよ。

課長級以上の役職の人と名紙を交換できた:10p
会話の間、笑顔でいられたから:10p
他の訪問先を紹介してもらった:30p
労いの言葉を貰った:5p
あわせて55ポイントの経験を得た、とかいった小さな達成目標を決めておき、訪問手帳に「成果」を溜めていきましょう。

訪問時に指摘されたことや気づいたこと、担当者の特徴などもどんどん書き込めばいい。先輩や同僚から得た「情報」も。
そうして「経験値」がたまって来たら、手帳を見かえして何か新しいアプローチができないかを考えてみる。
見返すことで記憶を呼び覚まし、新たに得た知識でリベンジできそう…とかいうのも少しずつできるかも。

そんな「小さな階段を昇る」ってことをまず日課にする事ですね。
今は上を見あげないで、自分の足元をしっかり見て進むこと。
> 資料と名刺を置いてくるだけで良い
ってのも、顔を名前を宣伝するってのもの営業の成果ってことなんですから、必要になった時に思い出してもらえたら、他のどこかでも繋がれば、と思ってりゃいいんですよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かに誰も、営業してこい、売ってこいとは言っていないのに、一人で追い詰められているような気になっていたかも知れません。
嫌な気持ちを変えられるかは分かりませんが、足元をしっかり見て、進む。
頑張ります。
親身なご回答、本当に感謝します。

お礼日時:2014/05/13 15:08

断られて傷つくといいますけど


絶対に必要な物を安価で信用のあるところから
必要な時期に買うのでなければ
訪問されても断るのが当たり前でしょう。
当たり前のことを当たり前にされて
傷つくというのは貴方の気持ちの問題だけであって
何時解消されるかなんてことは想像もできませんよ。
訪問した相手に断られるのが嫌だから
苦痛なんでしょう。
比較的確率の高そうな場所を選んで行っても
話を聞いてくれるのは数百分の一、商談に入れるのは
千分の一というようなつもりで
断られるのが当たり前、会ってくれただけでもありがたいというような
気持ちがもてないと表情にも出るでしょうし
二度と会ってはくれませんよ。
断られることを嫌がらずに会ってくれたことを感謝してください。

多くの人はいきなり飛び込まないで電話でアポをとったり
伝手をつかったりはするでしょうが
自分で何軒は回るということをノルマを決めて
断られる経験も多く積めばその中に契約してくれる人も混じってくるでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お客さまの前では必ず、笑顔で元気に「お話してくださってありがとうございます」とお伝えしてから退出するようにしています。
本当に、ただただ私の気持ちの問題なんです。
でも、気持ちのことなんて、本人にしかわからないし、どうにも出来ませんよね。
それをこのような場で相談してしまって、申し訳なく思います。
その中でも、ご回答くださるあたたかい皆さまにも感謝しています。
見ず知らずの甘ったれである私に、きちんと答えてくださってありがとうございます。

お礼日時:2014/05/13 14:54

んあ?


何が問題なのだ?

欠陥商品ならそりゃ犯罪に近いが
そうでないなら当たり前の商売ではないか。
てっきり自分は体でも売って契約を取ってるのかと思った。
それだと傷つくしとても続かないし水商売した方がまだましだと思うから辞めろと言うが。

でももしかして売るモノがすくないんじゃないか?

ウチに来る保険の人も時々とても辛そうな人が来る。
「契約取れないんだろうなあ」と思う。
でもそれでいちいち契約してたら大変な事になるから大概は断る。
そんな時にも「何か縁があったらお手伝いさせて下さい」程度言えればまあ〇。
「そうですか。また来ます」と帰ったら△
何も言わずに帰ったら(チェック)

どこが違うかと言えば人との繋がりをどう扱っているか
どう考えているかがポイントかな。
売り物の質が少し違う。

何か良い物を作らないとね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
商材も、仕事の内容も、客観的に見れば何の問題も無いと思います。
ですので私が悩んでいることは、普通はつまずくような場面では無いんですよね。

アドバイスもありがとうございます。

お礼日時:2014/05/13 14:43

いや、しんどいも何もそれが普通だと判ってるんでしょ?


そんな職業を選ぶのがそもそも間違い。


それ無視して回答するなら、
(1)「どうすれば飛び込み営業で断られても傷付かなくなるか?」
→断られるのが当たり前、罵倒されないだけマシと思え
(2)「いつか慣れるのであれば、それは具体的にいつなのか?」
→あなたの性格と精神力次第、断られるのがしんどいと思わなくなったとき。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はい、おっしゃる通りですね。
ご回答ありがとうございます。

断られるのは当たり前ですよね。
何ともない、大丈夫、と思えないので悩んでいるのですが、それは解決することはできないということですよね。

お礼日時:2014/05/13 13:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「飛び込み営業」が嫌われる理由ってなにがありますか?

こんにちわ。

求人誌をみていて思ったのですが、営業職などで「飛び込み営業ないから安心です」とか書いてあるんですよね。

漠然と嫌なイメージはあるんですが・・・・・
飛び込み営業職って、やる側としてはどんなデメリットが
あるんですか?
また、少ないながらもメリットがあるとしたらどんなことですか?

Aベストアンサー

こんばんは。就職した頃、「飛び込み営業なんて人間のすることじゃない」と思っていました。今では、基本中の基本、何をするにしてもできないと始まりません。求人紙の優しい言葉は、あてにせず自分の目で確かめられたほうがいいです。自社の顧客は、毎年何もしなかったら7%消滅していくといわれています。新規顧客をそれ以上とっていける会社じゃなければ、売り上げも当然ダウンしていく。当然給料も上がらないという連鎖になるわけです。本当にいい会社は、ルートがしっかりした上に、新規ルートの開拓をしっかり考えてやっています。無差別の飛び込みは少ないにしても業種別や地域別の飛び込みは、少なからずあると思います。もうひとつ、飛び込みは、お客様を選べます。店売りは、来られるお客様を選べません。答えになっていますか?

Q新規開拓・飛び込み営業が好きな人いますか?

何かと敬遠される営業の中でも、特にハードと呼ばれる新規開拓と飛び込み営業ですが、この営業が大好きな人いますか?

もしいたら、醍醐味とか好きな部分教えて下さい。
それと、営業好きを活かして、将来どんなふうにキャリアアップしていきたいと思ってるのか将来設計を教えて下さい。

ところで、中途採用の場合、営業職で入社したら一生営業職のままとよく聞きますが、本当のことなのでしょうか?

Aベストアンサー

現役人事のものです。

人事に配属の前は、新規開拓営業でした。
因みに私は中途採用。

さて、営業のネガティブな部分は大抵よくある話ですので割愛するとして、ポジティブな部分。

・お客様を好きになれる。
  だって断られる事が圧倒的に多いのが営業、
  だから成約にいたったお客様はとっても大好き。
  人を好きになれます。
・人の心をかえることができる。
  そもそも、飛び込みをして「待っていましたよ」
  なぁんて殆どありえない。断ろうとするお客様に
  自社商品のメリットデメリットを伝えて、買う気
  にさせるわけですから、人の心を変える事ができる
  仕事です。
・お客様の人生を変える事ができる。
  まぁこれは商品にもよりますが、自分の扱う商品
  に自信があり、それを手にすることによって、
  お客様の生活が少しでも何か変われば、それは、
  お客様の人生を変えたという事。しゅばらしい。
・お客様に有難うと言われる。
  どんな仕事でも誠心誠意やれば、逆に「有難う」
  と言ってもらえる。特に営業の場合、お客様に
  振り向いて頂くために、まず、何を与える事が
  できるかを考えて、行動をします。
  普通に販売をしているよりも、断られる事の多い
  営業はお客様の「有難う」は如何なる賞賛の拍手
  よりも嬉しい。
・「あなただから」と言われる
  経験ありませんか?この人だからこの商品をここ
  で買ったのだ、という事。
  お客様から「あなたの言葉を全面的に信じます」
  と言われる。これは人間として嬉しい。
  もっともその為に絶え間ない努力が必要ですが。
・給与が正当に評価される。
  会社によって大きく異なりますが、基本的に、
  営業職の給与は業績給によって決まります。
  つまり、自分の努力がそのまま正当に給与として
  跳ね返ってくるのです。
  高所得も自分の努力の証。それで親御さんに
  恩返しできたりしたらこんな嬉しいことはない。
  事務職じゃ正当評価は難しい。
・成長が早い。
  営業はツライというイメージはあります。
  どころか実際ツライ。
  でも、ツラくない仕事ってあなた自信のキャパを
  大きく成長させることなんかない。
  普通の事務職で3年の成長は営業は1年です。
・会社と仕事にプライドが持てる。
  そもそも会社にお金を持ってくる人は営業職。
  家賃、給与、光熱費、その他もろもろ何にでも
  コストがかかる。そのお金は一体誰が稼いできて
  いるのか?誰が頑張っているから社長にも他の
  社員にも給料が払えて電話代が払えて生活できる
  のか。営業が頑張っているからです。
  営業は、会社の「顔」であり「手」であり「足」
  であり「背骨」です。
・外に出れる。
  一日中毎日毎日部屋の中に缶詰っていうのは…
  営業だから仕事で外に出る。確かに大変なこと
  も多い。夏は暑いし冬は寒いし。だから季節感を
  モロに感じられるし、仕事そのものが気分転換。
・出会いが多い。
  別に男女の、ではない。
  人間として様々な人に触れる機会が多いため、
  勉強になるなぁ、とか、コネができた、とか、
  こんな人間にはなるまい、とか。
・感謝できる人になれる。
  今までのと重複しますが、大変だからこそ、
  「この世に当たり前の事などない」と思える。
  だから何に対してでも感謝心が持てます。
  そういう人間の方がいいでしょう?

その他イロイロ。

プロ野球選手って、3割打てたら結構いいバッター。
でもね。
7割失敗してんのよ。
あなたはどっちを見て生きる方がいいですか?
という事ですかね。
辛い面だけ見て過ごすのか、
だから人一倍嬉しいという面を見て過ごすのか、
それは、あなたが選べます。ご自由に。

将来設計は、
うーむ、営業の時は、マネージャーになって・・・
とか考えてましたが、配属替えになったので、
今は、営業時代の経験を活かして、どこにも負けない
新人の導入と研修。さらに、営業が使いやすい営業に喜ばれるツールの作成。加えて新規商材の開発。
をやろうともくろんでいます。

全て、営業を経験しているから、会社の事も商品のことも営業のことも様々なことに通じることができているのです。
自分の将来が楽しみです。
3年後にはコレやって、5年後にはコレを作って、
10年後にはコウいう風にして、喜ばれたろうって
密かに笑っている今日この頃。

参考になれば。

現役人事のものです。

人事に配属の前は、新規開拓営業でした。
因みに私は中途採用。

さて、営業のネガティブな部分は大抵よくある話ですので割愛するとして、ポジティブな部分。

・お客様を好きになれる。
  だって断られる事が圧倒的に多いのが営業、
  だから成約にいたったお客様はとっても大好き。
  人を好きになれます。
・人の心をかえることができる。
  そもそも、飛び込みをして「待っていましたよ」
  なぁんて殆どありえない。断ろうとするお客様に
  自社商品のメリ...続きを読む

Q飛び込み営業でのマナーや豆知識教えてください・・・

人生の先輩方、僕に知恵を下さい。二十歳です。

色々ありまして仕事で3日間程飛び込みの営業をします。

私服で飛び込みの営業をするのでそんなにガチガチにならずゆるーくやってもいいそうです。

主に飲食店に飛び込むのですがこの時間に飛び込んだらいいよなどのアドバイスや営業に関しての最低限のマナーなどを教えて下さい。

また、契約・・・?をとるコツ・・・なども教えていただきたいです。

広告紙にのせる契約です。破格の値段で載せれるのでそれがウリだそうです。

Aベストアンサー

基本的に飲食業は
・忙しい
・頭が悪い(難しい話が苦手)
・相手見てモノ言う(人がいらないなら邪険だが、必要になれば手のひらを返す)

からそこは見てあげるべき。あとは数。
12-14時を外すなどは当然なんだけど、数やる中で、
相手の心を掴む感じが出来てくる。
感覚で出来てしまう人もいるけど、そうじゃないなら頭を使うこと。



1回目で契約まで行きたがる若手が多いけど、1回目は2、3分ほどの立ち話に留めて翌週ぐらいに
「先週お話してた○の件ですが」と2,3回目でキメにかかるとか、相手の立場を理解しよう、
何を考えてどういう行動をしてるかをちゃんと見るようにすると結果として売れるよ。


そもそも飛び込みはマナー違反だし、押しの強さが必要。
断られるのが基本。
パチンコなどギャンブルが毎日勝てなくっても、十分に楽しいのと同じで、
「断られるけど楽しい」ように「自ら仕組む」べき。

Q法人営業を経験したことある人教えてください。

法人営業は取引先の企業に行くと思うのですが、
相手も仕事中ですよね。

1、こういう場合でもみんなに話しかける事がいいの  か、邪魔しないように挨拶だけで済ませるのか
  どちらがいいのでしょうか?

2、営業は挨拶だけでは駄目でしょうか?

3、みなさんの営業の拘りとか自分なりの方法あれば
  参考に教えてください。

 またみなさんの営業先はどのくらいの規模なんですか?

僕は新卒で3ヶ月目です。やり方がわかりません。
相手先の企業も10数人くらいの事務所を訪問しますが恥ずかしくてたまりません。

Aベストアンサー

はじめまして。
御入社されて3ヶ月とのこと、まだ本来の営業が見えていないと思われます。というより、まだまだ日本の会社でも本来営業はどうあるべきかという議論がなかなかなされていないように思います。

【営業は押し売りとは違う】
営業でよく誤解されるのは、「とにかく売って来い」という上司と「数うてば当たる」とばかりに、あちこちと訪問する営業マンの構図です。昔モノが強かった時代は、この営業はある意味効果がありました。理由は、顧客はwinerさんの扱っている製品を欲しがっているという前提があったからです。しかし、現在のように世の中が成熟期にはいると、営業のスタイルは根本的に変わってきます。

【3C分析でメリットを明らかにする】
とにかく訪問する飛び込み営業ではヒット率が極めて低いため、営業活動の前に十分なアセスメントが必要になってきます。勘の鋭い方は、直感でこれをやっているのですが、一般的にはこのアセスが不十分なために営業が押し売りになり、営業マンも後ろめたくなるのです。3Cというのは、自社の製品がどこが強みなのか、顧客は何を求めているのか、競争相手と比較してどこが優位なのかを明らかにするという分析手法です。

たとえば、WINERさんが扱っている製品は、おそらく類似品があり、顧客にとっては類似品より明らかにメリットがあるものでなければ、買いません。また、そもそも顧客はその製品を欲しがっているのかという検討もすべきです。そのように、リストアップした顧客に対して営業をかけていくのが営業の基本です。

【押し売りから感謝される営業へ】
このような分析を行えば、営業マンのセールスは顧客にとってメリットを説明するものになり、営業マンは感謝されるはずです。「へー、それはいい。そういうのが欲しかったんだよ」という声を聞くようになれば、営業は恥ずかしくもなんともなく、むしろ、一人でも多くの人に製品を渡したいという思いに変わっていくのです。

これを読んで、机上の空論だという方がおられますが、それは間違っています。私自身10年近く営業をやっており、売れている時のメカニズムは、まさに、このような「顧客が喜ぶ実感」があります。逆に口八丁、手八丁でうまく「押し込む」営業もいますが、そのようなスタイルは、一瞬は売上をあげることもありますが、絶対に長続きしません。

もし、このような「顧客にとってのメリット」が見えない、どう考えても他社の製品を買ったほうが顧客にとってよい、というケースは営業ではなく、製品自体に問題があり、そのような製品は基本的に撤退、または、改修していかねばなりません。

とにかく、営業と言うのは「ゴミでも売るもんだ」という悪しき考え方が広がっており、嘆かわしいばかりです。ぜひ、顧客にとってのメリットを確実に説明できる準備を整えて営業にでてみてください。

挨拶、振る舞いなども大事ですが、そもそもその製品のメリットは何で、顧客にとってのメリットを自分がはっきりと説明できるかどうかという分析をすることが大事です。

はじめまして。
御入社されて3ヶ月とのこと、まだ本来の営業が見えていないと思われます。というより、まだまだ日本の会社でも本来営業はどうあるべきかという議論がなかなかなされていないように思います。

【営業は押し売りとは違う】
営業でよく誤解されるのは、「とにかく売って来い」という上司と「数うてば当たる」とばかりに、あちこちと訪問する営業マンの構図です。昔モノが強かった時代は、この営業はある意味効果がありました。理由は、顧客はwinerさんの扱っている製品を欲しがっているという前...続きを読む

Q営業・・・話ができません。

大卒新入社員で営業として入りました。正直言って私は営業に向いているとは思いません。喋りは下手だし友達は少ないし・・・。暗い性格ってわけではないのですがあんまり人付き合いが上手だと思いません。
今日も先輩と同行して得意先を回ったのですが、得意先の人と先輩が雑談なども交え楽しくお話している中私はほとんど会話ができずに終わりました。ほんとにこの先大丈夫だろうかと思います。
営業をしている方、友達が多い方、人付き合いが上手だと思う方、どうやったら人との距離を近づけることができますか?話しをするときに気をつけているポイントや自分なりのコツなど持っている方いますか?

自分で思うに私は勇気がないんだとおもいます。勇気をもって自分から話せない、また他人にどう思われるか気になって「自分はこういう人間だ」というのを相手に見せることができないのだと思います。「腹を割って話せない」といった感じでしょうか。。
アドバイスよろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。 すでに皆さんからのすばらしい回答がありますね。 #5さんの回答は、営業経験を重ねた自分として説得力があります。 でも意外と#1さんの回答が真実の場合があります。 この世界に色んな人(営業)を見てきました。 babapapaさんの質問にあるしゃべりが下手だとか友達が少ないとか、勇気がないとか、あまり関係ないでしょう。ただ接待が営業にとってウエイトを占める業種であればわかりません。

5月末で部下がひとり退職しました。 新卒でしたがコンテストにも入賞しました。 やめる理由がやはり「営業に向いていない」と自分で判断しての結果です。 配属になった時からも「やめないこと」を目標にと冗談で言ってたぐらいです。昨年末にも再度「辞めたい」と言われましたが3月迄の我慢だと言って結局は、5月末に突然です。 

今までの訪問先の引継ぎ同行し、過去の日報の確認もしました。 そこで思ったのは、人目を気にするのは、止む得ないにしてもそれに負けてしまう人間は、難しいですね。 色んなお客がいます。足元から頭で「ジロ」と見られてもう「あそこには、行きたい!」と思って行かなくなったら最後です。 要は、チャレンジ精神が無い人、向上心がないと人、「誠意」が感じられない人・・・・ダメですね。 

営業は、割り切りが大切です。 頭を下げる時もあります。自分より年下に舐められる時もあります。 それも目標に対してのモチベーションがあれば乗り越えられます。

>勇気が無い・・・・というより自信を持ってほしいです。その結果として自分を相手にアピール出来るのです。自信が持てない商品を売るのは、「?」です。

>「腹を割って話せない」・・・・そんな必要は、ありません。 営業は、腹を割って話しません。 営業は、売って「なんぼや?」の世界です。 いちいち腹を割っていたら売上げも粗利も確保出来ません。

こんにちは。 すでに皆さんからのすばらしい回答がありますね。 #5さんの回答は、営業経験を重ねた自分として説得力があります。 でも意外と#1さんの回答が真実の場合があります。 この世界に色んな人(営業)を見てきました。 babapapaさんの質問にあるしゃべりが下手だとか友達が少ないとか、勇気がないとか、あまり関係ないでしょう。ただ接待が営業にとってウエイトを占める業種であればわかりません。

5月末で部下がひとり退職しました。 新卒でしたがコンテストにも入賞しました。 やめる理由...続きを読む

Q飛び込み営業のコツ

 企業への飛び込み営業のコツや、やってはいけないことなどを教えてください。

 また飛び込まれた側として、「こんな営業マンは絶対断る」というケースも教えていただくと助かります。

Aベストアンサー

企業への飛び込み営業のコツ

営業は科学と心理学の応用です。

人が物を買う要素は3つしかありません。

1、決裁者である事。

2、その物を買う気になっている事。

3、買えるだけのお金を持っている事。

の3つです。

3は誰にも判りません。

1かどうかを見極めるのが、第一。

1を前提にして、2のトークを展開するのが実質の「飛び込み営業」。

最後は「品性」と「人間力」の差です。

ちなみに、訪問販売の会社に10年近く在籍していました。

Q派遣会社の営業職は大変と聞きますが

人材派遣会社の営業マンて大変な仕事らしいが、本当の所を教えて頂きたいです
派遣業界に転職を考えています。

Aベストアンサー

派遣の営業は残業が異常に多いですよ。毎日夜11時なんて当たり前の世界です。派遣者や希望者に連絡取るのに日中は不在や他で就業したりしてますから、どうしても夜になります。派遣者が突然辞めたりなどして急募の仕事が舞い込んだりしたら、血眼になって登録者に電話をかけまくります。某会社は残業代不払いで問題になりましたが、今は何処も残業代が全部出るのかは疑わしい部分もありますね。

また企業と派遣者の間に入るわけですから、企業からのクレーム、派遣者からの相談で神経をすり減らします。なので胃潰瘍などの神経性の病気になるひとも多いので、よほど精神的にタフな人でないと務まりません。なので離職率も高いです。

はっきり言ってあまりお奨めできない仕事かと思います。まぁ実際経験しないとピンとこないかと思いますけど、多くの営業さんをみた限りでは私は絶対やりたくない仕事です。

Q一日で辞めた方いらっしゃいますか?

就職後、1日で会社を辞めたくなりました。
礼儀がすごく厳しい会社のようで、社風が合いません。
会社にはものすごく迷惑をかけるのは承知してますが、保険や年金等の手続きの前にと思い、会社に採用辞退を申し出ようと思います。
就職後、1日で会社を辞められた方、いらっしゃいますか?
そのような方がおられましたら、そのときのエピソードなど教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

こんな質問をすると、
「そんな考え方じゃどこに勤めても同じ」「会社に迷惑だから早く辞めて下さい」みたいな回答が来るよ~(笑)。

っと、まず、1日で辞める人はいますよ!まぁ合わないものは合わないんで、それは悪い事ではないと思うよ。まぁ続けてみないと真実は分からないってな意見もすごく「その通り」って意見なんだけどね。
まぁ君が「どうもおかしい。ここは違う」って思ってるなら1日でも3日でも辞めていいと思う!!
かくいう俺もすぐ辞めた事はあるし。そんな時に周りは「そんなんじゃダメだ・・。どこ行っても一緒!」みたいな事言ってくるんだよね。あれってなんなんだろうね。ちなみに俺は今は自分に合った職場で続けてるし辞めようともとも全く思わないね。すぐ辞めた会社に至っては、「ソッコー辞めてよかったぁ」と思ってるし。自分の色に合わないところはとことん合わないからね。それは本人にしか分からないだろうし、自分がそうだと判断したなら周りの意見に振り回されちゃダメだわな。
すぐ辞めたからってどこ行っても同じって意見は低脳の意見だと聞き流そう!自分は絶対に自分に合った職場に行くんだ!ってな意識があれば大丈夫!1日で辞めてもいいと思うよ!!

こんな質問をすると、
「そんな考え方じゃどこに勤めても同じ」「会社に迷惑だから早く辞めて下さい」みたいな回答が来るよ~(笑)。

っと、まず、1日で辞める人はいますよ!まぁ合わないものは合わないんで、それは悪い事ではないと思うよ。まぁ続けてみないと真実は分からないってな意見もすごく「その通り」って意見なんだけどね。
まぁ君が「どうもおかしい。ここは違う」って思ってるなら1日でも3日でも辞めていいと思う!!
かくいう俺もすぐ辞めた事はあるし。そんな時に周りは「そんなんじゃダ...続きを読む

Q飛び込み営業の上手な方法

広告掲載していただける店舗を探して毎日”飛び込み営業”しています。アポイントは取らずに訪問するやり方で行なっていますが、特に飲食店関係は訪問時間が難しく、なかなか商談するまでに至りません。闇雲に訪問しないで電話やメールを入れてから訪問したほうがいいのでしょうか?
どなたか「これで成功した!」という方がいらっしゃれば、是非ご教授お願いします。

Aベストアンサー

僕は人に教えるような偉い人間ではないのですが、、、自分のやり方はこうです(正確には昔はこうやってました)。担当者様と逢えなかった場合は、挨拶状を作って置いてきてはどうでしょう?自社の紹介,セールスポイント、どうゆう目的があって訪問したか?また簡単な自分の自己紹介などを記入したりして、【あってみようかな?】と相手に思わせるような文章を考えて。全文を読んでいただけるように端的に短く要点だけを記入するとか、工夫しながら、、。(読んでもらえなければ意味がありません)。最後に【、、、改めで後日ご連絡致します。ご都合の良い日時に参上致します。】といった文章で締めくくれば良いと思います。ただし、飛び込みでも、その会社様だけに訪問したと思ってもらえるように、相手の会社名などを事前に書きこんで(看板などを見ればすぐ解かると思います)持っていくと効果があるような気がします。ワープロの文章に宛名だけ自筆ではおかしいので僕は前文自筆で作ってました。担当者様と少しだけ逢えた場合や、もう1回逢いたい様な時は、即日、遅くても翌日に御礼状のような手紙を出されてはどうでしょうか?手間はかかりますが、はがき1通出すだけで、その後電話したときの相手様の対応がかなりのケースで良くなったような気がします。僕はコレとhannsinさんの回答の両方を使って飛び込み営業で商談の機会を多くつかんできました。いまでも必要があるときはこれでやってます。少しでもお役に立てばよいのですが、、、。あとは明るく元気な挨拶!これですよね。御互いがんばりましょう。

僕は人に教えるような偉い人間ではないのですが、、、自分のやり方はこうです(正確には昔はこうやってました)。担当者様と逢えなかった場合は、挨拶状を作って置いてきてはどうでしょう?自社の紹介,セールスポイント、どうゆう目的があって訪問したか?また簡単な自分の自己紹介などを記入したりして、【あってみようかな?】と相手に思わせるような文章を考えて。全文を読んでいただけるように端的に短く要点だけを記入するとか、工夫しながら、、。(読んでもらえなければ意味がありません)。最後に【、、、...続きを読む

Q求人広告の営業について・・・

就職活動中の4年生女子です。
私は求人広告を中心に就職活動をしており、
今までに4社から内定をいただきました。

その中の1つのA社に決めようと思い
その旨を就職課の先生に伝えたところ、
「絶対に辞めた方がいい」と強く反対されました。
先生曰く、
A社を含め求人広告業界全体がそうらしいのですが、
とにかく激務でプレッシャーがすごいとか・・・。
「○○さん(私)に耐えられるの?」と言われ、
それ以上何も言えなくなってしまいました。

求人広告が激務だということを承知の上で活動してきましたが、
強く反対されて自信がなくなってしまいました。
実際に求人広告の営業マンとして働かれてる方、
また求人広告の業界に詳しい方いらっしゃいましたら、
業界の内情を教えていただけないでしょうか。
雰囲気、勤務時間、激務度・・・。
どんなことでも構いません。
募集要項には書いていないこと、
説明会では分からないことを実際に知りたいです。

重複トピでしたらすいません。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

求人広告の営業経験者です。
業界では最大手といっていい会社に勤めてました。

激務でプレッシャーがきついというのは本当です。
耐えれるか耐えれないかは人それぞれ基準が違うのであえて書きません。
ただ私は違う会社での勤務経験があるので、求人広告会社だけが特別とは思いませんでした。

求人広告というのはクライアントの言いなりに作るのではありません。(もちろんそういう場合もありますが)
今は若者が減ってきているので、企業側が人を採用するのに苦労する時代です。
タダ単に広告を出せば人が集まるというわけではないので、こちらから広告内容を企画・提案をします。
企画・提案する為には、その会社のこと、業界のこと、市場のことなどなどを勉強しないといけません。
実際、従業員には勉強会や研修はよく開かれています。
そういうところはものすごく勉強になりますし、やりがいもあります。
ちなみに求人サイトや求人雑誌の作りはただ単に目立つように作っているのではありません。
様々なデータを元にどのようにつくればいいか研究されています。
みなさんが思っている以上に、計算と研究からなりたっているものなのです。
あと私のいた会社は若手が中心となって、商品企画やプロジェクトに携わっていました。
そういうのもしんどかったですが、楽しかったですよ。

ただ最近いろんな求人媒体ができていて、競争がたいへんな時代になっているので、今まで以上にしんどいかもしれません。

私のいた会社では、新卒採用の基準はかなり高かったです。(ちなみに私は中途採用)
何千人の中から選考に残って入社しているので、みんな優秀でした。プレッシャーだけですぐにやめていく人は殆どいなかったと思います。
内定をもらったということは、プレッシャーに耐えられると判断したからだと思いますよ。
求人広告の会社だけに、人を採用するのにどれくらいお金がかかるか、どういうことをしたら人が続かないか熟知しています。
なので比較的入社前に美辞麗句をならべて、学生を引き止めることはあまりしません。
引き止めても入社後すぐ辞たら意味がないですから。
初めから厳選して耐えられそうな人を選びます。

確かにキツい仕事ですが、きついだけに若い時は楽しいと思いますよ。

求人広告の営業経験者です。
業界では最大手といっていい会社に勤めてました。

激務でプレッシャーがきついというのは本当です。
耐えれるか耐えれないかは人それぞれ基準が違うのであえて書きません。
ただ私は違う会社での勤務経験があるので、求人広告会社だけが特別とは思いませんでした。

求人広告というのはクライアントの言いなりに作るのではありません。(もちろんそういう場合もありますが)
今は若者が減ってきているので、企業側が人を採用するのに苦労する時代です。
タダ単に広告を出せ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報