お酒好きのおしりトラブル対策とは

初めまして!
趣味で塊根植物を集めているのですがちょっと悩んでいます。
パキポディウム系複数、ヘレー、万物想、パキプスなどを所有しています。

我が家は日当たりの悪いマンションで塊根植物に日光を当てようとすると
南が少しで西日がメインとなってしまいます。

西日に関しては塊根の表面温度はあまり上げたくないので少し遮光しています。

ただ、あまり元気が無いように見えるので植物育成用のLEDランプを購入し
30cmほど離して24時間照射しています。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/0101691149/re …

あまり自然な環境とは言えないので限られた南少しと西日の多い家でどのように生育するのが
ベストなのか毎日悶々としています。

何かご存知の方はアドバイスいただけると助かります。
よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問者、回答者の方への補足です。


塊根植物と塊茎植物との違いを理解ください。
書店で見かけるかはわかりませんが、ストロベリープレスから
専門書が出ています。
ヘレーはドイツの植物学者の名前で、多くの種にこの
名前が付けられていて、クラッスラ科のものだけではありません。
無風下の西日で葉焼けを起こすことはあるかもしれませんが、
屋外ですので、鉢の温度は問題ないと思います。
日本で栽培する時点でこれらの植物にとっては酷なのかもしれませんね。
以前2.5m2くらいの完全闇の地下収蔵庫で30点ほどの
コーデックスを半年間育てたことがありますが、2点のみ腐敗しました。

所有されている種はすべて私も所有しています。比較的容易に
栽培できるものですね。

数千株の多肉の中の、パキポディウムの一部の写真を添付します。
「塊根植物の生育環境について」の回答画像2
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます!
ストロベリープレスから出ている書籍はもしかして「CAUDICFORM&PACHYCAUL SUCCULENTS」でしょうか?
実は先日関西方面のお店でお願いして譲っていただきました。英語が全く読めず翻訳しながら読んでいるのですがなかなか進まずで、、、汗

ヘレーはサルコカウロン・ヘレーになります!

最近環境としましては西日で網戸で遮光しつつサーキュレーションを導入し風を当てるように改良しました。いけるのかどうか毎日心配です。
そして、、、完全闇の状態で2点しか腐敗しないとなると光はそれほど大事ではないのでしょうか、、すごく気になります。

そして、、お写真拝見してひっくり返りそうになりました!手前右のような大株のグラキリスを私は当然見たことが無いですし国宝級の名品だと感じました。イノピナーツムも大好きでしてフォルムの美しい良株をお持ちなのですね!とても追いすがれるレベルでないと感じました。

そして私はgraoukokuさんと既にお会いしているのかなと思いました。そのようなとてつもない名品をお持ちの方は日本でも数人しかいないと思うので私もビッグバザーや多肉生産業者さまに出入りする中で感じました。

そしてパキプスは状態を表すのですね!驚きを隠せません。後推測の通りオペルクリカリア・パキプスのことを指しております。

実は最近某大阪にあるお店を訪れまして「コパールの木」なるものを見せていただきました。遠目で見るとオペルクリカリア・パキプスのようですが表面の質感がツルツルした感じでとても魅力的でした。ネットでどれだけ探して見つからなかったので何かご存知でしょうか・・・?

そして、超勉強になります。リスペクトです。
ありがとうございます!!

お礼日時:2014/06/11 23:10

補足です。


パキプスは状態を表しているので、
オペルに限りません。
ヘレー同様多種につけられています。
    • good
    • 3

塊根植物とはサツマイモやジャガイモのように、根が肥大した植物の事を


言います。塊根植物を言ったら珍しい感じを受けますが、園芸店等では塊
根植物とは呼ばずに多肉植物として販売されています。
また塊根植物の図鑑は書店では見かけません。
難しい呼び名で呼ばず、そのまま多肉植物と言った方が分かりかも知れ
ません。一応は分類として名は知ってますが、塊根植物とは呼んだ事は
今までにありません。

僕は長年サボテンと多肉植物ノ栽培を趣味として行っていますが、集める
のが目的ではなく姿や形や花を楽しむのが目的としています。

まず環境が非常に悪いです。多肉植物が生育出来る環境ではありません。
人工の光で育つ植物ではありませんから、このまま問題なく生育するかは
不明です。

西日は確かに短時間ですが強烈です。西日に弱い植物には大敵です。
だからと言って鉢を遮光する必要は無いと思います。熱が籠りやすいなら
鉢の素材を変えれば済む事です。例えばプラ鉢だと通気性も排水性も悪い
のは御存知だと思います。素焼鉢は通気性が良過ぎるので不向きですが、
駄温鉢、朱温鉢、テラコッタ鉢等であれば問題なく栽培は出来ます。
そんなに鉢内が高温になる事はありません。
地熱対策をするなら、コンクリートブロックやレンガを置いて、その上に板を
乗せてから鉢を置けば、ベランダのコンクリートからの照り返しからは防げ
ますから、そんな事を工夫すれば問題は無いと思います。

光線が弱くても当てないよりはマシですし、自然の風に当てるだけでも室
内よりはマシだと思います。
今の方法では間違いなく間延びして樹姿が乱れますよ。

人間でも朝昼夜が分からないと生活するに困りますよね。植物だって同じ
です。赤い光を24時間も当てられたら、何時が朝なのか何時休めば良い
のか分からなくなってしまいますよ。
多肉植物だって生育のサイクルがあります。あなたの都合でサイクルを狂
わせてしまうのは植物にとって酷ではありませんか。

パキポディウムは何種類か所有していますが、他の物は残念ですが所有
していません。欲しいとは思いますが、スペース上の問題で今よりは増や
せません。でもサボテンと多肉植物だけで100鉢以上はあります。

御存知かも知れませんが、科名と属名だけ書かせて頂きます。
科名と属名だけでも分かれば栽培がし易くなります。

へレー ベンケイソウ科クラッスラ属 別名ルドリック
万物想 ベンケイソウ科チレコドン属
パキプス ウルシ科オペルクリカリア属

この回答への補足

詳しく教えていただきありがとうございます!
現在住んでいる南&西日しか当たらない部分で対策をするとすれば、、

・植物育成ランプは日中のみ
・地熱対策をする
・その上で適した鉢にする

という感じでしょうか?
ちなみに僕も植物育成ランプは夜消したい派です。そのようにした方がいいという記事を読んだのでそうしていました。

補足日時:2014/05/20 16:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハオルチアの育て方と回復方法

ハオルチアの育て方と回復方法

お世話になっております。
実は、ハオルチアを育てていたのですが、ここのとこ、写真のようにしぼんできてしまいました。
ちゃんと育て方を調べてやっていたつもりでしたが。。。
以下に主な育て方を記載しますので、よろしければ、間違えていた部分のご指摘やアドバイスを頂けたらと思います。

また、こうなってしまったハオルチアを、回復させてあげる方法は何かあるでしょうか?
回復するでしょうか?併せて、アドバイスいただけたらと思います。

<主な育て方>
・置き場所:南向きの窓の内側。窓ガラスは磨りガラスになっており、直射日光は当たらないが明るい場所。また、四六時中窓を開けていることは出来ないので、締め切っているときはシーリングファンを回して空気を循環していました。

・水やり:だいたい2週間に1回程度、受け皿に水が出てくるくらいの水を与えておりました。

・土:写真の通り、サボテン・多肉植物用の土で、2mm前後の白いツブツブ状のものです。

・鉢:素焼き鉢

・肥料:特に与えていません。

・植え替え:今年の7月に、買ってきたときの簡易的な鉢から今の状態に植え替えました。


以上です。よろしくお願いいたします。

ハオルチアの育て方と回復方法

お世話になっております。
実は、ハオルチアを育てていたのですが、ここのとこ、写真のようにしぼんできてしまいました。
ちゃんと育て方を調べてやっていたつもりでしたが。。。
以下に主な育て方を記載しますので、よろしければ、間違えていた部分のご指摘やアドバイスを頂けたらと思います。

また、こうなってしまったハオルチアを、回復させてあげる方法は何かあるでしょうか?
回復するでしょうか?併せて、アドバイスいただけたらと思います。

<主な育て方>
・置き場所:...続きを読む

Aベストアンサー

再々度の回答になりますが、あなたが納得されるまで回答をしますので、
ココを閉め切らずに何度でも質問をされて構いませんよ。

今頃の時期は出来れば植替えをしたくないのですが、このまま越冬をさせ
ても場合によっては枯れるかも知れないので、再度の植替えになるかも知
れませんが、手短に作業を行われたらどうでしょうか。

前回に根を虐めているので、今回は土を落としたり根を切ったりするよう
な行為をせず、鉢から抜いた状態で植替えをしましょう。植替えて時間が
短いので、最初の植替えの時より簡単に鉢から出せるはずです。
ただし本体を持って引き抜くような事はしないで下さい。出来るだけ障害
を与えたくないので、与えるダメージは最小限に抑えます。

少し無駄な金を使うかも知れませんが、それだけは勘弁して下さいね。

まず画像のハオルチアが植替え後の状態なら、ホームセンターに行かれて
駄温鉢を購入して下さい。ハオルチアの直径を計って、直径より2cm位
余裕があるサイズの鉢を購入して下さい。鉢には深鉢と浅鉢がありますの
で、今回は必ず深鉢を選んで下さい。
他に購入する物はサボテンと多肉植物の土の小袋を一袋、鉢底穴を塞ぐた
めの四角いネット状の物、本来なら鉢底石が必要ですが、今回は無くても
構いません。園芸用川砂も、翌年の植替え(4~5月)まで買われなくて
大丈夫です。鉢皿は現在使用の物を再利用して下さい。

植替え手順ですが先ほどに書いた通りに鉢から抜きます。新しい鉢の底に
ネットを敷き、その上に直に用土を鉢の七分目まで入れて、ハオルチアを
入れます。周囲に用土を入れながら、割箸で根を痛めないように突っつい
て、鉢の天辺より2cm下まで用土を入れたら、指で軽く土の表面を押さ
て植替えは完了です。この状態のまま室内のレースのカーテン越しで暫く
養生をさせます。養生期間は1週間から10日程度で、その後に様子を見
て最初の水遣りをします。
サボテンの場合は植替え時には全ての土を落としますが、多肉植物の場合
は最低でも半分は残すようにします。サボテンも多肉植物も同じ親戚同士
ですが、サボテンより多肉植物の方が細根で根が切れやすいので、そのよ
うな遣り方で植替えをします。
植替えても今回だけは肥料は与えてはいけません。液肥、固形肥料、活力
剤、アンプルなども絶対に与えないで下さい。間違いなく枯れますよ。
春先まで室内で管理をし、元気になったらガラス越しで光線に当てます。
エアコンや暖房器具の温風が、直に当たらないようにして下さい。

多肉植物には夏型種と冬型種の2種類がありますが、日輪玉は冬型種にな
ります。夏場は休眠して冬場に活動するタイプの植物です。
水遣りは1月、4月~5月中旬、9月~10月中旬は鉢土が乾いてから、
更に2~3日経ってから与えます。10月中旬から12月迄は鉢土が半分
程度乾いたら与えます。それ以外の時期は完全断水にします。
これはメセンブリアンマテ科リトープス(日輪玉もその中の一つ)に限っ
ての方法です。冬場に水遣りを普通に行う事で、冬場も生育すると言う事
が理解して貰えたかと思います。越冬温度は5℃以上を確保。花は黄色。
時期が来れば脱皮をして大きくなる。
とにかく今は元気でも、管理を怠ると間違いなく枯れます。
僕は何度も挑戦していますが、どうもメセン類は苦手ですね。

サボテンと多肉植物は水遣り等で管理が楽な事から栽培する人が多いので
すが、簡単だからと管理を怠ると状態を悪くさせ枯れてしまいます。
どんな植物でも同じですが、相手も生物ですから、生きている以上は植物
に適した環境下で適した管理をして遣る事です。インテリアとして置くよ
うな事は、僕は絶対に許せません。見ているだけで可哀そうになります。
栽培は楽ですが、簡単に栽培が出来る事とは意味が違います。とにかく奥
が深い事だけは付けくわえさせて頂きます。

出来る事はして下さい。あなたが頑張れば、その気持は植物に伝わるはず
です。頑張って元気にさせて下さい。言葉だけになりますが、出来る範囲
で応援したいと思います。

再々度の回答になりますが、あなたが納得されるまで回答をしますので、
ココを閉め切らずに何度でも質問をされて構いませんよ。

今頃の時期は出来れば植替えをしたくないのですが、このまま越冬をさせ
ても場合によっては枯れるかも知れないので、再度の植替えになるかも知
れませんが、手短に作業を行われたらどうでしょうか。

前回に根を虐めているので、今回は土を落としたり根を切ったりするよう
な行為をせず、鉢から抜いた状態で植替えをしましょう。植替えて時間が
短いので、最初の植替えの時より簡単に...続きを読む

Q植物はビニール温室で冬が越せますか?

オリヅルランやアロエ、多肉植物などをいつもは家の中へ入れるのですが、
沢山増えてしまいおくところがなかなか有りません。
ネット等で売っている簡単なビニール温室を外において使おうと思うのですが、
これで冬は越せるのでしょうか。
みなさんはどのようにされていますか。
よろしくお願いいたします。 

Aベストアンサー

お住まいの地方にも寄りますが、無理です。
ビニール温室で、電球で保温する物は屋内用です。屋内でどこか空いている所がないと無理です。

それとは別に、アロエが何鉢有るのか判りませんが、アロエを鉢から抜いて土を下ろして新聞紙に包んで茶の間等の部屋の上に置くとか、ぶら下げておけば来年春まで生きています。
(額が飾ってあるならその裏とか、わたしは神棚に上げて置いた事があります)
この方法ですと、アロエの葉が薄くなっても春に植え付ければ又成長しますよ。

Q多肉植物の室内温室での越冬について

はじめまして。
1年ほど前から多肉植物が好きで育てていますが、越冬がうまくできません。昨年の冬は、ほぼ全滅させてしまいました...。
新聞紙で鉢を包みダンボールにいれ、毛布をかけてみたり、ビニールのプチプチ(梱包材)で包んだりしましたが、だめでした。
多肉植物に詳しい方にお聞きしたところ、寒さと水をやりすぎたために凍ってしまったのではないか。とのことでした。

北海道在住のため、冬はとても気温が低く、また一人暮らしなので仕事に出ている日中も室内は冷え込みます。
真冬になりますと、夜帰宅すると室内温度は10度くらいしかないこともあります。

今年はどうにかうまく越冬させたいのですが、どうのようにすればよいでしょうか?
室内用温室の購入を考えています。
さらに、温室用のヒーター、電球もあったほうがいいのでしょうか?
ヒーターなどのついた温室は5万円位のものが多いようですが、できれば1-2万円以内で収まるようないい方法はないでしょうか?
なにかよいアドバイスをお願いいたします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。
お礼文拝見致しました。

まだ小さい多肉さんなんですね。
根は張っていますか?
越冬の為、そろそろ水やり頻度を減らしましょう。

>多肉植物には日光が必要かと思いますが、室内の温室越しの日光でも大丈夫なのでしょうか?

気温が高いと日光も必要ですが、
冬は成長がゆるくなるので、暗くしなければ大丈夫です。

>ヒヨコ保温球は保温用であって、日光の代わりにはなりませんよね?

私は使ったことがないので、何とも言えませんが
保温用、なんだと思います。

一番の原因は、気温差じゃないかなぁ、と思いました。
あなたが在宅の時には、20度前後
ところが仕事に行ってしまうと、10度前後。
小さい多肉さんには、ダメージじゃないかなぁ・・・と。
気温差をなるべく小さくして、適度な乾燥状態を保つ事で
全滅は回避できると思います。
(状況によりますが、水をやらなさすぎると干からびます)

となると、温室がいいでしょうね。
安価な方法でしたら、メタルラックに透明なテーブルクロスを
張るのも、充分温室替わりになります。
朝晩気温が下がるので、窓辺の設置はお勧めできません。

上手く越冬できるといいですね(^^)

#3です。
お礼文拝見致しました。

まだ小さい多肉さんなんですね。
根は張っていますか?
越冬の為、そろそろ水やり頻度を減らしましょう。

>多肉植物には日光が必要かと思いますが、室内の温室越しの日光でも大丈夫なのでしょうか?

気温が高いと日光も必要ですが、
冬は成長がゆるくなるので、暗くしなければ大丈夫です。

>ヒヨコ保温球は保温用であって、日光の代わりにはなりませんよね?

私は使ったことがないので、何とも言えませんが
保温用、なんだと思います。

一番の原因は、気温...続きを読む

Q塊茎と塊根の違いについて教えてください。

塊茎と塊根の違いについて教えてください。

私は、多肉植物が好きでいくつか育てています。
多肉植物のなかには、乾燥地に適応するため茎が肥大したもの、根が肥大したものなどたくさんありますが、、

ずばり、塊茎と塊根どういう点において違うのでしょう。

当方、生物学的な知識に乏しく、写真で見ると塊茎と言われるものでも根(茎の付け根が肥大して)が肥大しているようにしか見えません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

本当に簡単に言ってしまえば、それが、根が肥大して塊状になったものであるか地下茎が肥大したものであるかです。
どちらも水や栄養分をため、肥大したもので、地下にありますから、よく似ています。正直、見た目上での区別の仕方は分かりません。
一応中心柱の様子は二つで違うはずです。つまり、植物形態学的には,師管が道管より外側に位置していれば茎.道管 が師管より外側に位置していれば根ということになるのです、しかし,塊茎や塊 根のように肥大化した組織については,師管と導 管の区別は大変難しいです。
ちなみに、サツマイモやダリアは塊根で、ジャガイモや里芋は塊茎です。ヤーコンはどちらも作ります。
すみません、あんまり参考にならない意見で。

Qサボテンの実生とカキコの違い(成長など)

実生で育った短毛丸と株分けされたカキコの短毛丸の成長等の違いを教えてください。
成長速度が遅いとか、株分けされた子供は一定以上大きくならないとか、実生との違いがあるのでしょうか?
根が出揃ったらおなじでしょうか?
あえて、「実生です」と書いたりする理由はあるのでしょうか?

サボテンマニアさんたちは、なんとなく実生をありがたがっている気がするのですが、成長や見た目に違いがないとしたら、それは気持ちの問題ですか?

Aベストアンサー

改良された園芸品種の一年草は毎年タネから育てるので遺伝的に純化されて植物です。例えば、ある品種のコスモスはどの個体を見てもそれほど違いはありませんね。

しかしサボテンは自生している植物をそのまま、育種などせずに栽培されている事が多いので、遺伝的には雑駁で、実生すると変わり者が出る確率が高いのです。
例えば、般若には青般若、裸般若、白般若.........等、様々な品種があり、これらはほとんどが般若から枝変わりや実生で現れた変わり者と考えられます。そしてこれらは同種ですから互いに交雑可能です。
なので実生苗だと親とは違う性質の変わりものかもしれない、とゆう期待があるわけです。
掻き仔では親と同じなので、面白味がありません。ですが、反対に掻き仔だと確実に親の性質と同じなので、安心感はあります。

その他に、例えば栽培の難しい種類は、輸入一代目よりも、日本での世代を多く経るほど、日本の気候に慣れて、栽培し易くなるといわれます。なので実生の方が掻き仔より丈夫かもしれない、とゆうことも考えられます。

Qサボテンの植え替えが上手くいきません

いつも買ってきて植え替えをして、1週間ぐらいたってから水をやって、それから2週間後ぐらいに腐りかけているのを発見・・・これを繰り返しています。
今度はすごく変わったサボテンをネットで買いました。今度こそは枯らさないように詳しく管理の仕方を教えてください。
種類はギガリウムと海王丸を掛け合わせた種類で錦というものだそうです。緑や黄色、赤などいろんな色が混ざっているので、形は海王丸です。球体の大きさは3.5センチぐらい。
抜き苗の状態で3日前に家に届きました。土は綺麗に取ってあって根も整理してありましたが、球体は水切れをしたようにシナッとしています。
昨日から雨が続いて空気が湿気ている状態です。北側の窓が風通しがよく雨も吹き込まないので、そこに置いて干しています。
 これからの管理の仕方を詳しく教えて頂けたらありがたいです。

特に、調子が出てくるまで 、この種類の、この時期の水のやり方がわかりません。
鉢の材質の選び方がネットでは意見がいろいろで迷っています。

早く大きくなることは希望していなくて、元気に育ってくれたら、と考えています。

それから、花が咲くのは何年後ぐらいからと予想できますか?

いつも買ってきて植え替えをして、1週間ぐらいたってから水をやって、それから2週間後ぐらいに腐りかけているのを発見・・・これを繰り返しています。
今度はすごく変わったサボテンをネットで買いました。今度こそは枯らさないように詳しく管理の仕方を教えてください。
種類はギガリウムと海王丸を掛け合わせた種類で錦というものだそうです。緑や黄色、赤などいろんな色が混ざっているので、形は海王丸です。球体の大きさは3.5センチぐらい。
抜き苗の状態で3日前に家に届きました。土は綺麗に取ってあっ...続きを読む

Aベストアンサー

貴方は構いすぎです。サボテンの栽培は水遣りが一番の問題です。一ヶ月くらい水無しでも枯れませんので、次回は水無しで放って置けば上手く育ちますよ。

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Q安価に温室を作りたい

温室を買おうと思ってホームセンターにいったみたら、意外と高くて断念しました。
安く温室を作る方法はありますか?

Aベストアンサー

広さとか、何を栽培するのかな………( ¨)

簡単でよければ大きなホームセンターに行き、建築足場用の単菅(鉄パイプ3.6mで千円ぐらい)と継ぎ手、ポリカーボの波板(またはビニール)、材木(5cm角ぐらい)、コンクリートブロックなどを必要量買ってきてそれで組む。単菅で角部や土台など構造を組み角材を渡しポリカを張る。(屋根は片流れの方が簡単)
風で飛ばされないよう地面に杭などを打ちしっかりと固定する。(バン線でいいと思う)

Q多肉植物「玉扇」の元気が無い

多肉植物「玉扇」の元気が無い

正式な名称なのかはわかりませんが、
「玉扇」という名札のついた多肉植物を育てていたのですが、
水やりをしすぎてしまいネグサレを起こしてしまいました。
腐った根を取り除きしばらく乾かして
新しい多肉植物用の土にまた植えたのですが
三つあった株のうち一つしか元気に戻りませんでした。
残りの二つはネグサレを起こす前から元気が無かったのですが
さらに茶色くしぼんでしまって根を張りません。
でも元気が無いのに花は咲かせてるんです。
どのようにしたら元気に戻せるでしょうか?

Aベストアンサー

玉扇(ぎょくせん)はユリ科のハオルチア属の多肉植物が正式名称です。
ハオルチアには葉が硬い種類と軟らかい種類がありますが、玉扇は葉の
軟らかい軟葉系になります。

多肉植物はどのような植物かを最初に説明しますが、簡単に言うと葉や茎
や根などに水分を蓄えられる機能を持っているのが特徴です。通常の草花
のように水遣りをしてしまうと、決まって根腐れを起こし枯れます。
サボテンも多肉植物も同じ仲間と考えて下さい。

まず失敗をされた水遣りですが、基本としては10月から翌年の6月まで
は鉢土が多少の湿りが残る程度で与えます。7月から9月までは、鉢土が
乾いたら与えます。この方法の繰り返しで水管理を行います。
与える方法は年間を通して同じで、鉢底穴から水が十分に流れ出るまで与
え、間違ってもコップ半分とか気分次第で与えるのは避けて下さい。
100円ショップやホームセンターで、竹串を購入して下さい。この竹串
を鉢土に挿し、定期的に抜いて湿り具合を確かめます。再び挿す時は別の
乾いた竹串を挿します。また乾きは自分の指で竹串を触り確かめます。
とにかくこの方法で水遣り感覚を身に付けて下さい。

置き場所は年間を通して直射日光を避け、レースのカーテン越しで光線に
当てるようにします。強い光線は苦手ですが、だからと言って光線が全く
当たらな部屋の奥に置くと元気を失います。
年間を通して室内でと思わるかも知れませんが、5月から9月までは屋外
で管理をした方が元気に生育します。ただし直射日光は避けて下さい。

4月から6月の間と9月から11月の間が植替え時期です。出来れば4月
から6月の間に植替え作業をした方が良いですね。遅い時期に植替えをす
ると、その分だけ回復がおくれます。作業は年に1回で、年毎に行うよう
にします。多肉植物の植替えの基本は、古い用土は最低でも半分は残す事
です。根が細く切れやすいので、出来るだけ根を痛めないようにするため
に半分程度は残す事が基本です。

肥料は年に1回で十分で、植替え時に緩効性化成肥料(マグァンプK等)
を用土に混ぜて使用します。

元気を取り戻させる方法ですが、これは多肉植物が生きたいと言う気持ち
が無ければ無理です。人間が出来る事は置き場所や水遣り等の環境を良く
する事しか出来ません。室内のレースのカーテン越しに置いて、水遣りを
控えめ(7月から9月までの方法)にして、絶対に肥料を与えないように
して下さい。液肥、活力剤、アンプルなども与えてはいけません。

玉扇(ぎょくせん)はユリ科のハオルチア属の多肉植物が正式名称です。
ハオルチアには葉が硬い種類と軟らかい種類がありますが、玉扇は葉の
軟らかい軟葉系になります。

多肉植物はどのような植物かを最初に説明しますが、簡単に言うと葉や茎
や根などに水分を蓄えられる機能を持っているのが特徴です。通常の草花
のように水遣りをしてしまうと、決まって根腐れを起こし枯れます。
サボテンも多肉植物も同じ仲間と考えて下さい。

まず失敗をされた水遣りですが、基本としては10月から翌年の6月まで
は鉢土...続きを読む

Q第四種郵便物について教えてください

第四種郵便物(農産種苗)で荷物を発送する場合はどういった基準を満たす必要があるのか教えてください。

Aベストアンサー

元、郵政職員です。郵便料金表などには条件が出ていないことが多く、申し訳ないのですが、次のような制限があります。

1)郵便物の大きさについて
 最も長い辺の長さが60cm以下、3辺の長さの合計が90cm以下にする必要があります。

2)郵便物の重さについて
 重量は1kgまでとなっています。

3)梱包状態について
 郵便物が農産種苗とわかるように一部開封して差し出す必要があります。
 繁殖用の蚕種を内容とする郵便物は、差出郵便局の承認を受ければ封をして差し出すことができます。

4)郵便物の中身について
 栽植用の植物種子、苗、苗木、茎または根、繁殖用の蚕種を内容とし、原則として他のものは同封できませんが、郵便物をお送りする旨を記した簡単なあいさつ文書、注文用の郵便振替払込書用紙、アンケート用紙、返信用封筒、アンケート用紙記入用のボールペンなどは同封することができます。

5)郵便物への表示について
 宛名(受取人の住所氏名等)記載面に、「第4種郵便物・農産種苗」の表示を朱書する必要があります。(事前に記載しても構いませんし、郵便局側で該当のスタンプを押印します。)

6)差出人について
 特に限定はされておりません。どなたでもご利用いただけます。

7)料金について
 50gまで70円、75gまで110円、100gまで140円、150gまで170円、200gまで200円、200gを越えて1kgまで100gごとに60円を加算してください。

元、郵政職員です。郵便料金表などには条件が出ていないことが多く、申し訳ないのですが、次のような制限があります。

1)郵便物の大きさについて
 最も長い辺の長さが60cm以下、3辺の長さの合計が90cm以下にする必要があります。

2)郵便物の重さについて
 重量は1kgまでとなっています。

3)梱包状態について
 郵便物が農産種苗とわかるように一部開封して差し出す必要があります。
 繁殖用の蚕種を内容とする郵便物は、差出郵便局の承認を受ければ封をして差し出すことができます。

4)郵便...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報