博士号にPh.Dってありますよね。
直訳では哲学博士(本当は学術博士)ですが,理系(例えば理学,農学)でも
博士号を取るとPh.Dって事になる場合があります。
なぜ”哲学”博士なんでしょう?
理由が書いてある本とかも分かれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Ph.D. は、それ以上の学位のない学問の極みに達している称号です。

国や分野で少しずつ学位(博士)の取得方法は異なりますが、博士は一般に、Ph.D と称されます。

医学博士が M.D. となるとの件ですが、M.D. は、医師です。医学博士も、PhD です。アメリカの場合、MD も PhD も、大学(通常4年)を終えた後に 4年生の大学院に進学して取得しますので、MD と PhD は多少なりともパラレルです(ある意味、医学部はさしずめ大学院の1つに相当します)。が、かなり少数派ですが、MD だけでなく PhD や MPH を同時取得するコースを選ぶ医師も米国にはいます。

ちなみに、日本の博士(医学)の場合、甲・乙の区別があります。大学や時期によって学位論文の規定に多少の違いがあります。また、論文博士は世界のどこでも見られるシステムではありません。

肝心の PhD の理由については、はっきりしたことは分かりません。が、何か参考になれば、と書きました。
    • good
    • 0

付け足しになりますが、たとえばアメリカでは、理科系を例に取りますと、Ph.Dの方がDoctor of Engineeringより格が上に見られます。

日本はまだ逆ですがね。

これは一般に、欧米では具体的な技術を専門にしている人より、より高邁な科学を専門とする人の方を、上に見ることに根ざしていると思われます。

実業界でもPh.Dを上に見ますし、修士でもMaster of Engineeringより、Master of Scienceの方が格が上ですし、取得の難易さえちがいます。

日本は「手に職」、向こうは「知性」という、価値観の違いなんでしょうか。
    • good
    • 0

ちょっと蛇足の感もありますが……


もともと philosophy というのは「世界をどのように解釈するか」を研究するものだったわけですが、徐々に分野が細分化していって、たとえば「物体の運動から世界を解釈する」物理学とか、「文章を通じて世界を解釈する」文学とかいった具合に、いろいろな科学(自然科学、人文科学、社会科学)が成立していったという経過があります。だからカントも詩を書いているし、ゲーテも光学の研究をしたりしているわけです。当時はまだ文学・哲学・物理学という区分がさほど明確じゃなくて、「科学者」がそれぞれいろいろな手法で世界を解釈しようとしていたからです。
これに対して医学は「人間の身体を修理する技術」で、医者はその技術者とみなされていました。このため現在でも医学博士は Ph.D ではなく、M.D. という別の呼称を与えられています。基礎医学などでは Ph.D もありますけどね。
    • good
    • 0

Ph.D. とは、博士号 語源 ラテン語 Philosophiae Doctor (=Doctor of Philosophy)を意味しててます。

「philosophy」 は、本来「知を愛する」という意味で、Ph. D. という制度は、本来、博士号でありながら「専門領域の中にだけ自分を閉じ込めていたのではありません」ということで、(ホントかどうか知りませんが、)幅広い教養・知性を持っていること必要なわけです。ドイツなどでは、電話帳にPh.D.って、書かれるくらい本来その教養の還元は社会的にも期待されているのです。

日本での表記法は、学位規則の改正で1991年から、学位名称は「博士(専攻分野)」と表記し、専攻分野の名称については、学位を授与する各機関がそれぞれ適切なものを付けることになりました。それまでの「理学博士」「工学博士」等種類が限定表記から、「博士(工学)」等と書きます。
「工学博士」はDoctor of Engineering (Dr.Eng.)←専門博士号
「博士(工学)」はDoctor of Philosophy in Engineering( Ph.D.)←博士号

しかし、最近学位を取った人でも「工学博士」という表現はも使われています。
この方が、一般に分かりやすいからね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医師が哲学博士号を持っていることが多いのはなぜ?

1)医師がM.D.の他にPh.D.の称号を持っていることを
よく見かけますが、M.D.がとるPh.D.の博士論文の
テーマはどんなものがあるのでしょうか?
また、論文をネット上で読むことができるのでしょうか?

2)医師がPh.D.の称号を取る理由は人の命を扱い、
死に対しての哲学的な考えをもっている必要があるという事でしょうか?

3)大学生用の哲学の教科書を半分ほど読んでみましたが、
古代の哲学・神学・自然科学など、分野がばらばらで
なかなか理解できません。教科書には「哲学は進歩しない
学問である」「時代によって哲学のテーマが変わる」と
書いてありますが、まずはこの教科書「哲学の概論」と
「哲学の展開」を読み通してからもう一度考えるべきでしょうか?
4)「私が人生に付いて悩んでいる」という相談を知り合いをD.D.S.にしたところ、哲学を学べと勧められました。
正直言って哲学の教科書は読み通すのがつらいのですが、
もう少し砕けた哲学についての本があったらご紹介ください。

Aベストアンサー

具体的な番号が思い出せませんが、同じ意味の質問がありました。それとは別に、Ph.D. と哲学博士は同じものではありません。

Ph.D. Doctor of Philosophy は、直訳すれば確かに哲学博士になりますが、意味が違い、理系・文系を問わず、学位一般に使われます。日本語で言う、医学博士、理学博士、文学博士、全てが、英語にすると Ph.D. になります。この辺りの経緯が、以前の質問の回答にあったように記憶しています。

基礎医学の研究論文で医学部から学位を授与されると、日本では 「医学博士」、これを英文表記するときは Ph.D. (medical Science) のように括弧書きを加えることもあります。

U.S. では、医学教育は、日本と違い、4 年生大学を終了後 Medical School に入り、修業年限も長いため、日本でいう大学院 (博士課程) 相当になり、医師となるものが多いために、M.D. が Title になります。この制度上の違いもあり、日本人で日本の医師免許を有しているものは、U.S. での M.D. に相当するものと (認められてか、勝手にか、は知りませんが) して、医学博士ではなくとも M.D. を称号にしているケースがあります。ここまでは、経験者としての回答です。以下は、経験者としてのアドバイスです。

>「私が人生に付いて悩んでいる」という相談を知り合いをD.D.S.にしたところ、哲学を学べと勧められました。

哲学とは、自分の生き方、価値観です。一貫した自分の価値観を築き上げるためには、まず自らで考えることが必須です。そのときの方法論、他人の考え、自分が考えたことの妥当性の評価、などのために、先人の考えを学ぶことは必要でしょう。決して、過去の哲学者の所見を、受験勉強のように覚えることではありません。助言された方も、多分その意味で言われていると思います。まず自分で考えることから始めるべきで、その上で読めば、どんな哲学者の本も、そう難しいものではありません。

具体的な番号が思い出せませんが、同じ意味の質問がありました。それとは別に、Ph.D. と哲学博士は同じものではありません。

Ph.D. Doctor of Philosophy は、直訳すれば確かに哲学博士になりますが、意味が違い、理系・文系を問わず、学位一般に使われます。日本語で言う、医学博士、理学博士、文学博士、全てが、英語にすると Ph.D. になります。この辺りの経緯が、以前の質問の回答にあったように記憶しています。

基礎医学の研究論文で医学部から学位を授与されると、日本では 「医学博士」、これを英文...続きを読む

Q~博士の異名をもつ中世の哲学者

熾天使的博士Doctor Seraphicus :Bonaventure ボナヴェントゥラ
天使的博士Doctor Angelicus :Thomas Aquinas トマス・アクィナス
普遍博士Doctor Universalis :Albertus Magnus アルベルトゥス・マグヌス
驚異的博士Doctor Mirabilis :Roger Bacon ロジャー・ベーコン
精妙博士Doctor Subtilis :Duns Scotus ドゥンス・スコトゥス
天啓博士Doctor Illuminatus :Ramon Llull ライモンドゥス・ルルス
蜂蜜博士Doctor Mellifluus :Bernard of Clairvaux クレルボーのベルナルドス
無敵博士Doctor Invincibilis :William of Ockham ウィリアム・オッカム

全部で40名ほどいるようです
このほかにどんな人がいるでしょうか?
日本語訳も教えてください

Aベストアンサー

山内士朗 (2008). 普遍論争: 近代の源流としての. 平凡社ライブラリー, 630. 平凡社.
http://www.amazon.co.jp/dp/4582766307/
この本に「中世哲学人名小事典」が含まれていて、便利です。
そこで挙げられているのは、以下の哲学者でした。
リルのアランとアルベルトゥス・マグヌスとがともにDoctor universalisだったりしています。
質問者さんの挙げてくださったものもありますが、訳語が異なることもあるので、すべて列挙しました。

Allan de Lille / Alanus de Insulis: Doctor universalis
リルのアラン/アラヌス・デ・インスリス:全科博士

Albertus Magnus: Doctor universalis
アルベルトゥス・マグヌス:全科博士

Alexander of Hales / Alexander Halesius: Doctor irrefragabilis
ヘールズのアレクサンダー/アレクサンデル・ハレシウス:不可抗博士

William of Ockham / Guillelmus de Ockham: Doctor invincibilis
ウィリアム・オッカム:常勝博士

Egidius Colonna / Aegidius Romanus: Doctor fundatissimus
エジディウス・コロンナ/エギディウス・ロマヌス:堅牢博士

Gregory of Rimini / Gregorius Ariminensis: Doctor authenticus, Doctor acutus
リミニのグレゴリウス:真正博士、鋭敏博士

Jean de Gerson: Doctor christianissimus
ジャン・ジェルソン:最もキリスト教的な博士

Durandus of Saint Pourcain: Doctor modernus, Doctor resolutissimus
サン=プルサンのドゥランドゥス:近代博士、最も果敢なる博士

Jonannes Duns Scotus: Doctor subtilis
ヨハネス・ドゥンス・スコトゥス:精妙博士

Tommaso d'Aquino / Thomas Aquinas: Doctor angelicus
トマス・アクィナス:天使的博士

Thomas Bradwardine: Doctor profundus
トマス・ブラドワーディン:深遠博士

Roger Bacon: Doctor mirabilis
ロジャー・ベーコン:驚異博士

John Peckham: Doctor ingeniosus
ジョン・ペッカム:才能博士

Petrus Aureoli / Petrus Aureolus: Doctor facundus
ペトルス・アウレオリ/ペトルス・アウレオルス:雄弁博士

Bernard de Clairvaux / Bernardus Claravallensis: Doctor mellifluus
クレルヴォーのベルナール:蜜の流れる博士(甘美博士)

Giovanni de Fidanza / Bonaventura: Doctor seraphicus
フィダンツァのジョヴァンニ/ボナヴェントゥラ:熾天使的博士

Richard of Middleton / Ricardus de Mediavilla: Doctor clarissimus
ミドルトンのリチャード/メディアヴィラのリカルドゥス:明晰博士

Raimundo Lulio / Raimundus Lullus: Doctor illuminatus
ライムンドゥス・ルルス:照明されたる博士

Jan van Ruysbroeck: Doctor ecstaticus
ロイスブルーク:法悦博士

山内士朗 (2008). 普遍論争: 近代の源流としての. 平凡社ライブラリー, 630. 平凡社.
http://www.amazon.co.jp/dp/4582766307/
この本に「中世哲学人名小事典」が含まれていて、便利です。
そこで挙げられているのは、以下の哲学者でした。
リルのアランとアルベルトゥス・マグヌスとがともにDoctor universalisだったりしています。
質問者さんの挙げてくださったものもありますが、訳語が異なることもあるので、すべて列挙しました。

Allan de Lille / Alanus de Insulis: Doctor universalis
リルのア...続きを読む

Q最近の哲学者、最近の哲学の話題

最近の哲学者で有名な人は誰かいますか。
現在生きている哲学者で、この哲学者の考えは面白いというような、そういう人はいますか。また、哲学で話題になっている考えなどがあったら、教えてください。

哲学というと、古い感じがして、もう終わったかのように思えるのですが、まだ哲学というものはまだあるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは、素人ですが
以下のページに
哲学関連の作家の名簿があります。
年代が記載されていますから、
現在生きている方も解ります。

最近、哲学も、心の哲学とか言語哲学とか
いろいろ分散しているようですね。
ポストモダンが評判が悪く、哲学が終わったように感じるのかも。

インターネット関連で「匿名性の自由」なんか、現代的かも。

参考URL:http://www.logico-philosophicus.net/profile/index.htm

Q中国の哲学者、哲学書教えてください

そのまんまです。

西洋哲学はいろいろ名前が出てきますがなかなか中国のは出てきません。
代表的な人物、書籍をお教え下さい

Aベストアンサー

哲学と言うより思想書ですが、有名どころでは

論語、孟子....儒教思想の古典。
大学.....修己治人の学と言われる儒教の政治思想の教育理念をまとめたもの。
老子、荘子....老荘と言われる道家思想の古典。
孫子.....軍事学の視点を思想まで高めた古典。
韓非子....法家思想の代表的な古典。
墨子.....兼愛、非攻を唱えた墨家思想の古典。

 読んでおもしろいのは、韓非子、論語、老子でしょうか。孫子は前半はかなり思想的ですが、後半は軍事技術論です。荘子はかなり難解。読まれる場合、余りクドクドと解説めいたことを書いた本は避けたほうが良いです。単なる解説者の人生訓を述べただけになっている本が多い。原漢文をそのまま読むのが一番のお勧めですが.....

 西洋的な意味での哲学と言う意味では論衡あたりが近いかもしれません。いずれにせよ東洋思想の産物で、西洋的な哲学とは違ったものと考えた方が良いでしょうね。

Qこのサイトの哲学カテにおける哲学とは?

ここを使うにあたり、ヘルプをよみました。
さらにサイトについてのカテゴリーもよみました。
その上で、私の認識は
このサイトは議論すべき場所ではない。
このサイトは愚痴を言うべき場所ではない。
このサイトでは明確なハテナと明確なアンサーを求めるQ&Aサイトである。
上記の理由からコミンケーションをとったり馴れ合ったりするのは良くない。
そういう認識をしました。

私は大昔、学校で哲学を選択しそれこそギリシャの哲学者にはじまりデカルトなどを学問的に学びました。
そこで懐かしくて来ると思っていたものとはまるで違う。

ここでも半数くらいの人はそれに沿った質問や回答があります。
しかし気になったのは残りの半数。
それはただの井戸端会議。
毎回おなじみ回答者による雑算と議論でお話したいから来る程度。
哲学を知っているとも思えない回答。
質問者もまるでおしゃべりを楽しむ程度です。

このサイトにはアンケートカテゴリーやライフカテゴリーがあるけどそこは使わない。
ちょっと小難しく話しているけど哲学には程遠い内容です。
まるでチャットルームと化している哲学カテをみて驚きました。
そこで質問なのですがぶっちゃけここの哲学カテってただの討論と雑談じゃないですか?
それとも生活のなかにおける哲学ってこの程度なんですか?
またそういう気持ちで書いているひとは規約違反にならないのか?と言う疑問がでます。

ここを使うにあたり、ヘルプをよみました。
さらにサイトについてのカテゴリーもよみました。
その上で、私の認識は
このサイトは議論すべき場所ではない。
このサイトは愚痴を言うべき場所ではない。
このサイトでは明確なハテナと明確なアンサーを求めるQ&Aサイトである。
上記の理由からコミンケーションをとったり馴れ合ったりするのは良くない。
そういう認識をしました。

私は大昔、学校で哲学を選択しそれこそギリシャの哲学者にはじまりデカルトなどを学問的に学びました。
そこで懐かしくて来...続きを読む

Aベストアンサー

うんうん この哲学カテは、今日のおかずから、パソコンの操作方法、人生相談 とありとあらゆるジャンルを網羅しています。
このサイトの運営のやり方の批判とか、カテの批判とかもよく質問として投稿されています。

そのカテ違いの質問、というか質問ではなく文句 に対しても、みなさん丁寧に返信しているわけで、さっすが器がでかいなぁ と思うわけです。

「カテ違い」「文句は質問じゃない。規約違反だ 通報したぞ」など誰も言わないところが、大人だなぁ と思います。


で、規約違反をしながら他を指差して規約違反じゃないのか っていうと、まずいわけで。
例えば、バッグに品物をどんどん詰める行為をしながら、万引きはいかん!と言っても説得力無いですよね?

まあ いずれにせよ、哲学って最大公約数的な要素があるから あらゆる種類の投稿がされるんでしょうね。


他のサイトの哲学カテで一番質問が多かったのは、キリスト教徒からの質問でした。
何故 すくわれたはずのキリスト教徒ばかりが、悩みもだえ苦しみ質問をしているのか、とっても不思議だった。

一信者:「聖書を読んでもわかりません ここの箇所はどういう意味ですか?」
他の信者:『何度も読めばわかりますよ』
一信者「何度も読んだのですが、やはりわかりません 教えていただけますか?」
他の信者:『もっと読めばわかります 神のご加護があなたにありますように』
一信者「あのーー もしもーし まってーーー 教えてーーー ああ 行っちゃった・・・」

という問答が哲学カテで繰り広げられていて、それを見て大笑いしてました。

やっぱり 笑いが一番ですよね。

うんうん この哲学カテは、今日のおかずから、パソコンの操作方法、人生相談 とありとあらゆるジャンルを網羅しています。
このサイトの運営のやり方の批判とか、カテの批判とかもよく質問として投稿されています。

そのカテ違いの質問、というか質問ではなく文句 に対しても、みなさん丁寧に返信しているわけで、さっすが器がでかいなぁ と思うわけです。

「カテ違い」「文句は質問じゃない。規約違反だ 通報したぞ」など誰も言わないところが、大人だなぁ と思います。


で、規約違反をしながら他を指...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報