出産前後の痔にはご注意!

こんにちは。
市販CD・レンタルCDからWindows Media Playerへ音楽を取り込むときのビットレートに関してです。
取り込みビットレート選択は、128kbps、192kbps、256kbps、320kbps。デフォルトでは、128kbps。
これでは品質が良くないので、320kbpsに変更すればそのままの品質になるのかどうか。
音質・劣化など含めて品質とさせていただきました。元々、128kbpsのものを320kbpsに変換しても逆効果とか。

市販CD・レンタルCDの元々のビットレートの数値が知りたいです。
人から借りたCDも、どのビットレートで入れたのか調べ方がよく分りません。
ご存知の方、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

解答 #6の iBook-2001 です♪



お礼の欄への書き込み、感謝致します。

さて、WMA-MP3/128kbpsで、将来の劣化も、、、、
いやいや、取り込んだ時に変化が有るだけで、そのあとは劣化なんかしませんよ。

どの方式でも、再生時には圧縮された状態からデータを展開、(解凍と言う場合も有りますね。)しながら、「通常の、デジタルオーディオ信号」として、アナログに戻す変換ICにデータを渡します。

デジタル to アナログ コンバーター ってことで、頭文字でDAC(ダック)と呼ばれますが、この部分に入る前に、圧縮状態から戻されているんです。

128で良いか、最大の320にするか、、、これは、今は違いが判らないけれど、将来、オーディオ環境やその他が違った時に、差が感じられるかもしれないから、とにかく良い方法で保存しておこう、という考え方も有りますし、もっと本格的なオーディオ環境が整う将来は、その時になってからハイレゾ音源等の高品位音源を入手するから、いまは低いビットレートで充分、と考えるか、、、こればかりは、人それぞれの判断でしょう。

余談ですが、Q&Aの連携サービスはたくさん有りますので、眺めるだけでしたらID取得なしでも、本体側から眺めてみてはいかがでしょう?
http://okwave.jp/

(私は、Appleエキサイトという場所から利用を始めたのですが、この場所が無くなって、エキサイトウーマンという場所に引き継がれました、しかしコチラの部分でもQ&Aサービスが終了したので、運営本体のokwaveに登録し直した、という経緯が有ります。
眺めていますと「おしえて!Goo」からの参加者がかなり多いですね。最も多い!? かもしれません。)

 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>取り込んだ時に変化が有るだけで、そのあとは劣化なんかしませんよ。
そうでしたか。別質問で劣化するような回答されたもので。
>とにかく良い方法で保存しておこう、という考え方も有ります
ちょい違うお話ですが、DVDでもBlu-rayが出たり先が読めませんね。
レンタル店でも Blu-ray Discは、思ったより増えないです。
ユーザーもいい加減にしろ!って感じでしょうか。はじめに出せば変わってたと思います。
>眺めてみてはいかがでしょう?
すみません、どれのことなのか・・・。gooで言えばこんなページでしょうか?
http://oshiete.goo.ne.jp/category/list/
最近、知ったんですけど専門家に答えてもらえるようです。下まで見て行ってください。
http://oshiete.goo.ne.jp/articles/qa/414?pg=2
青字の 「専門家」 がそれです。
ページを開いて 「この専門家に相談する」 次のページ下の青字 "無料で使える「専門家Q&A」"。カテゴリ分けされてるんですね。
今回の質問に該当するカテゴリは無さそうですが、専門家の答えていただけるとは知りませんでした。
コミュニティものはgoo以外のIDは作らないのでどちらにしても閲覧だけですが。
>「おしえて!Goo」からの参加者がかなり多いですね。最も多い!?
どなたかが質問されてましたが、OKwave会員が一番多いそうです。実際は、よく分りません。 

お礼日時:2014/07/29 20:52

これほど雑多な回答に混乱しない質問者さんに感心します(笑)。



-----

まず、CDのビットレートは1.4Mbpsです。サンプリングレート44.1kHz、ビット数16bit、チャンネル数2chなので、44100 x 16 x 2 = 1411200 = 1411.2kbps = 1.4112Mbpsとなります。セルでもレンタルでも同じで、「音楽CDの規格」として定められているのはこれだけです。

パソコンの場合、このデータをそのまま扱えるのは、WAVE(MacではAIFFの方がメジャー)というファイル形式です。そのままのデータなので、「無圧縮」と呼びます。

※ 厳密に言えばWAVEはコンテナ形式の1つで、言ってみれば「水筒」のようなものです。中にはアイスコーヒーでも、熱いウーロン茶でも、ただの水でも入れることができるので、「WAVEだから無圧縮」とは限りません。現実に圧縮音声データをWAVEに入れることはほとんどないので、実用上はそう思っておいても間違いではありません。

データをそのまま圧縮したものを、「可逆圧縮」と呼びます。たとえば布団や衣類の圧縮袋のようなもので、開封すれば完全に元通りになります。ファイル形式としては、FLACやALAC(Appleロスレス)、WMA Losslessなどがあります。ビットレートとしては、無圧縮の50~70%程度になります(つまり圧縮率は30~50%です)。

これに対して、音声データのうち人間が認識しにくい部分を切り落としてデータ量を削減したものを「不可逆圧縮」と言います。MP3、AAC、WMAなどがこれに当たります。たとえば128kbpsだと圧縮率は90%以上ですが、だからといって「90%の情報が失われている」という訳ではありません。ロスレスは50%圧縮しても元通り100%に戻せるように、不可逆圧縮の圧縮率が90%でも展開すればオリジナルの30%とか40%とかの情報を得られます。

-----

たとえばMP3の場合、320kbpsがほぼ最高の設定です。多くの人はCDとの違いを聞き分けられないとされていますが、分かるか分からないかは様々な条件によって異なります。

1つは、再生装置の能力です。たとえば、レンズが曇った顕微鏡で観察しても細部はよく分かりません。スピーカーなどが一定の性能を持っていなければ、違いを聞き取ることは困難です。

もう1つは、対象となる音声の質です。圧縮しやすいデータ、圧縮しにくいデータというものがあって(なので100%に戻る可逆圧縮でも、曲によって圧縮率が変わる訳です)、後者の方が無理な切り落とし方をしなければならないので、アラが目立ちやすくなります。

また、聞く人によっても違いがあります。僅かな音の違いに敏感な人もいれば、あまり気づかない人もいます(個性の問題であって、違いが分かるから偉いというようなものではありません)。

なお、絶対音感があるかどうかは、全く無関係です。絶対音感とは「ある音の音程を他の音と比較せずに認識できる能力」のことで、対義語は相対音感です。「音程」の認識の仕方の問題であって、「音質」とは何の関係もありません。また、クラシックからポップスまで含めて、世界のプロミュージシャンの大半は相対音感です(絶対音感は偉いという風潮がありますが、それ自体が誤った認識です)。

いずれにせよ、何bpsが適切かはケースバイケースなので、どれがベストとは言えません。僅かな違いでも気になるなら無圧縮または可逆圧縮を使うべきですが、128kbpsでも320kbpsでも違いはないと思うなら容量の少ない128kbpsの方がベターです。もっとも、後述の通りいったん低いビットレートで圧縮してしまうと取り返しがつかないので、将来を見越して高め(あるいは可逆圧縮など)で保存しておく、という選択もあります。

-----

いったん128kbpsにしたものを320kbpsにしても、音質が良くなることはありません。ナベ(CD)の水を小さなコップですくって残った分は捨ててしまったので、大きなコップに移しても水の量は変わらないからです。

逆効果というのは、再エンコードがあるからです。小さなコップから大きなコップに移す際に、いったん大きなナベに水をあけて、それを大きなコップですくい直すイメージです。すくいきれない分があるので、結果的に128kbpsよりも(ファイルサイズは大きいのに)音質が劣ってしまいます。

-----

なお、レンタルCDでも、他人から借りたCDでも、自分で行う限りは自由に複製して構いません(著作権法30条1項)。道徳観・倫理観からアーティストやレコード会社に1円でも多く払うべきだと思うのは、もちろん個人の自由です(アイドルなんかだと、聞く用、保存用、購入者限定コンサートのチケットを切り取る用、と同じCDを3枚買う猛者もいるようですが...)。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>これほど雑多な回答に混乱しない質問者さんに感心します(笑)
褒められてるのか貶されてるのか。僕も伝わりそうにない相手には、回答者さんのように何かに例えます。
今回は僕が伝わりそうにないと判断されたのか不明ですが、当たりです。
回答者さんの方々は丁寧に教えていただいてるんですが、ご意見も分かれてます。
無圧縮・可逆圧縮。僕の場合は、WMA・MP3ですので不可逆圧縮なんですね。
>128kbpsだと圧縮率は90%以上ですが、だからといって「90%の情報が失われている」という訳ではありません。
そうですか、128kbpsにしておきます。
>将来を見越して高め(あるいは可逆圧縮など)で保存しておく
聴く音楽も変わっているのかもしれませんので、不可逆圧縮にしておきます。
http://ja.wikibooks.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C% …
これですかね。納得です。
英会話の先生に訊いても難しいと言われた質問をしました。
音楽関連ということで、どれが適切なのか宜しければ教えていただきたいです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8465399.html
面倒くさければ無視してください。

お礼日時:2014/07/29 21:18

音を聞くのか、音楽を聞くのか。



音楽を聞くなら128kbpsで十分ということ。
音を聞くなら好きにすればよいが、DACの原理を考えるならlosslessでも無意味。レコード信者は正しかった、というわけ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
128kbpsで十分ですかね。

お礼日時:2014/07/29 15:59

・モバイル機器で外に音楽を持ち出すなら、音質とファイルの容量を、考えると


 192Kbsか256Kbs
・モバイル機器への、汎用性を考えると、MP3形式
・MP3形式で192Kbsが最良と、思います、音楽CDとの音質の違いを判る人は極少でしょう。

パソコンに音楽CDを取り込むなら、音楽CDと同じWAVE形式が良いでしょう。
・WAVEは色々の形式に変換出来ますので、汎用性が非常に大きく、なります。
・大容量のHDDが安くなっているので、容量不足に悩む事は無いでしょう。

>人から借りたCDも、どのビットレートで入れたのか調べ方がよく分りません。
この行為は止めましょう、ミユージシャンの収入が減り、新しい音楽を作れなくなります。
新曲が出ない、音楽の世界は寂しい、淋しい世界と思うのですが・・・
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
MP3形式で192Kbsが最良なんですかね。
CDからPC経由で音楽CDを作成して車で聴きます。
>この行為は止めましょう、ミユージシャンの収入が減り、新しい音楽を作れなくなります。
カラオケで還元しています。こんな人も居ますね。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=2014050 …
全盛期には印税収入で22億円、と書かれてますが名古屋ローカルのTVで自慢げに言ってました。
「16億入ったときは、遊んでたら2年でパーですよ。アハハ・・・」
笑い事じゃない。他のミュージシャンにとっては迷惑な発言と思いました。
人から借りたCD。捉えかたは人それぞれではないでしょうか。
こういったことで人間関係が良くなることも有ります。
>新曲が出ない、音楽の世界は寂しい、淋しい世界と思うのですが・・・
地上波でくだらないバラエティ番組に拘るより、音楽番組を増やしてほしいです。
BSプレミアムで浜田省吾さんのコンサートを観たときは、なぜBS?と思いました。

お礼日時:2014/07/29 15:56

下図は私が所有している 400 枚余の Standard CD (Compact Disk) を Apple iTunes という Software で HDD (Hard Disk Drive) に取り込んでいる Database を iTunes で表示させた画面の一部です。



私は APPLE LOSSLESS という可逆圧縮 (元に戻した際に劣化を生じない圧縮型式) で取り込んでいるので、可逆圧縮した際の平均 Bit Rate が表示されています。

非圧縮で取り込むと 1,411 kbps となるのですが、劣化を生じない Lossless 圧縮での最大 Bit Rate は私の所蔵 Album 群の場合、下図のように 1048kbps、最小 Bit Rate は 404kbps となっています。

どんな種類の楽音がどれくらい非可逆圧縮できるできるものなのかは見当が付きません。

複雑な波形を呈している筈の Classic 曲が案外低い Bit Rate に可逆圧縮できたり、単純な電子楽器構成でしかない背景曲に歌を乗せている Soul Rap 曲が高い Bit Rate でしか可逆圧縮できないという結果を下図でも示しています。……まぁ曲全体の平均値ですので、無音に近い部分が多い生楽器の Classic 曲は可逆圧縮し易く、Compression バリバリの Pops 系が可逆圧縮しにくいという程度の予想は付きますが、Jazz Piano Solo では 500~800kbps、Jazz Piano Trio で 600~800kbps ぐらいですので、楽器別の圧縮率は皆目見当が付きません(^_^;)。


非可逆圧縮の AAC や MP3 でも 320kbps もあれば実際に切り捨てられる部分は可聴帯域外の 16kHz 以上とか 16Hz 以下となるので、音質の劣化は全くないと言えます。

実際、128kbps や 192kbps は音質劣化を感じない人が殆どとなる Bit Rate ですので二重圧縮でもしない限りは安心して利用できる Bit Rate です。

しかし、128kbps を 320kbps に変換しても音質は向上するどころか返って劣化します。

128kbps を 10% の劣化、320kbps を 5% の劣化を起こすものと仮定すると 128kbps の Data を 320kbps に変換するということは 10% の劣化を起こしているものに対して 5% の劣化を新たに加えるということですので……。


>人から借りたCDも、どのビットレートで入れたのか調べ方がよく分りません。

私は Macintosh を用いているのですが Windows でも iTunes に平均 Bit Rate を表示する Menu があると思いますよ。

素敵な Audio LIfe を(^_^)/
「CDから音楽を取り込む際のビットレート」の回答画像7
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
おっと!下図を見ようとしたらgooのお礼ページでは表示されません。で、質問ページに戻って確認してみました。
iTunesは使わないですが、ご回答内容と照らし合わせてみると有効な感じのソフトですね。
>実際、128kbps や 192kbps は音質劣化を感じない人が殆ど
MP3で、320kbpsで取り込まなくても128kbpsで良いんでしょうかね。
>素敵な Audio LIfe を(^_^)/
ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/29 15:38

はじめまして♪



元々の無圧縮音源のデータ量、1秒あたり、という部分はすでに多くの方が解説されている通りです。

圧縮後の1秒差足りのデータ量を先に決めて、それに収まるまでどんどんデータを間引いて行く、、というとチョット大げさな表現ですが、実際には、大雑把に言えば、こんな感じです。

このため、低いビットレートから高いビットレートに変更しても、低いビットレートで展開した無圧縮信号を、また高いビットレートに合わせる為のフィルタリング、これで又一部が削り落とされてしまいます。
このような事で、高いビットレートに再変換しても、良くはならない、悪く成る可能性の方が大きいのです。

コンピューターへCDからの取り込み(リッピング)には、色々な方法が有ります。
再生環境との組み合わせ部分も有りますが、元のデータを間引いて(切り捨てて)高い圧縮を実現する方法以外に、元のデータに戻せる圧縮方法、というのも有ります。
(圧縮率はあまり高くは有りませんが、、、)

失うデータが無い、という意味から多くは「ロスレス」と呼ばれる手法です。
(たくさん有りますが、代表的なものとして)
iTunesを利用していれば、Appleロスレスがあります。
他に、フリーのものがあって、FLAC(フリー ロスレス オーディオ コーディック)と言うモノがWindows環境では利用しやすいでしょう。

もともと、CDなどから取り込んで、圧縮を行なった場合、ほぼ一般の人には差を感じにくいとして、128kbpsが標準的に用いられます。
音にコダワル人には、これでは満足出来ないなぁ、、、って事で、最大320kbpsまでの選択範囲が設けられています。

残念ながら、mp3とかaacとかwmaなど、ビットレートを最大にしても、ソレなりの環境で聴けば、有る部分に特徴が有るため、「非可逆圧縮音源だ!」と見抜いて(聞き分けて?)しまう事が可能です。

記憶装置の容量が充分に大きいのなら、元々の無圧縮で保管しても良いでしょうし、半分程度に圧縮出来る可逆圧縮(ロスレス)を用いても良いでしょう。1/10とか1/50までセータ量を減らすのも、利用環境に依っては問題なく楽しめます。

適材適所で、それぞれ使い分けるのが良いと思いますよぉ♪
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
iTunesは利用してませんが、FLACは確認してみます。
>残念ながら、mp3とかaacとかwmaなど、ビットレートを最大にしても、ソレなりの環境で聴けば、
>有る部分に特徴が有るため、「非可逆圧縮音源だ!」と見抜いて(聞き分けて?)しまう事が可能です。
有る部分の特徴は難しいお話になりそうですが、WMA・MP3でしたら将来的な劣化の部分も踏まえて128kbpsで充分なんでしょうか?

お礼日時:2014/07/29 15:26

絶対音感とは、音程(つまり音の周波数)がはっきり区別できる事です。

音質の善し悪しとは直接の関係はありません。

CDを取り込む場合、128と320じゃ明らかに音質が変わります。256と320の違いはそんなに大きくないですけど。
ただ、wavと320じゃやはり違います。もちろん、エンコーダーソフトの違いも大きく関係します。
もちろん、しょぼいPCのサウンドボードで再生したって違いはほとんど分かりません。コンポで再生する場合です。
一旦、128でとったものを320にしても良くはなりません。むしろ2度、エンコードをするので悪化します。
HDの容量などをケチりたいなら圧縮ですが、今どき3TBが1万円以下で買えるのですから、無理に小さくする意味はありません。携帯プレーヤーなどへ落とす時は、また圧縮すればいいのです。
wavでとっておくか、最低でもロスレスが順当かと。
すでにあるファイルは、プロパティなどを開くとレートが載っています。だいたいは。
曲の時間と容量を比べれば、おおよその見当は付きます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>CDを取り込む場合、128と320じゃ明らかに音質が変わります。256と320の違いはそんなに大きくないですけど。
128と320の明らかな違い。CDからではそうなんですね。
No.1さんへのお礼URLの変換後の音声サンプルではあまり変わらないような。大きな違いの部分ですかね。
>一旦、128でとったものを320にしても良くはなりません。むしろ2度、エンコードをするので悪化します。
そうですね、幾ら詳しくない僕でもそこは分かりました。HDDの容量は気にしていません。
ただ、将来的な劣化の部分がイマイチといったところです。

お礼日時:2014/07/29 15:13

 絶対音感を持っている人を除いて、128kbpsと320kbpsの違いがわかる人はほとんどいないでしょうが、一般にビットレートが大きい方で録音するのが再生音質の面では良いようです。



 人間の音感は年齢と共に低下しますから、20歳を過ぎたら、年齢と共に音質を聞き分ける能力は落ちて行きます。あまり拘らない方が良いのかもしれませんが、今のようにメモリーが安価な時代では、ビットレートをケチって音質の低下を黙認するよりは、曲数を減らしても音質が良いビットレートを選んだ方が良いでしょう。

 なお、デフォルトが128kbpsなのは、古いiPodでは性能が低いので、ビットレートが大きな曲再生が出来ないからではないかと思います。最新型のiPodでなければ320kbpsの曲再生は難しいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>人間の音感は年齢と共に低下しますから、20歳を過ぎたら、年齢と共に音質を聞き分ける能力は落ちて行きます。
確かに鈍くなったと思います。
>デフォルトが128kbpsなのは、古いiPodでは性能が低いので、ビットレートが大きな曲再生が出来ないからではないかと思います。
iPodは使わないですが、普及率が高いのでそうなのかもしれませんね。

お礼日時:2014/07/29 15:01

ビットレート(時間(1秒)あたりのビット数)と品質を取り違えておられます。



CDに収録されている1秒分のビット数は44.1(kHz)×16(Bit)×2(チャンネル数)=1411200ビットです。これをコピーなどのために倍速で転送すればその2倍です。音楽再生時はあくまで1411.2kbpsです。CDをパソコンに取り込む場合(リッピングと言います)、2倍速で取り込め1411.2×2kbpsですが、倍速では再生できません。

CDを含め、デジタル音源の品質は録音時のサンプリング周波数によります。CDは44.1kHzです。高音質のもになると、96kHz/24bit、192kHz/24bitがありますが、現時点でそれ以上のものはありません。(DSDを除き)

インターネット音楽などで、128kbps、256kbpsなどと言っているのは転送レートの話です。128kbpsの音楽品質はCDの10分の1以下です。CD原音はあくまで1411.2kbpsです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>CDに収録されている1秒分のビット数は44.1(kHz)×16(Bit)×2(チャンネル数)=1411200
こういった算出だったんですか。
今回とは別の質問で、wmaもmp3も160kbps以下は劣化が激しすぎる、と回答されました。
>インターネット音楽などで、128kbps、256kbpsなどと言っているのは転送レートの話です。
>128kbpsの音楽品質はCDの10分の1以下です。CD原音はあくまで1411.2kbpsです。
確かにYouTubeからDLした音質は良くないです。PCだけで再生しているのでそこまで拘りはないですが。
CD1411.2kbpsからWindows Media Playerの取り込みビットレート選択で128kbpsを選択すればまた違ったお話になってくるんでしょうか?
YouTubeからDLした128kbps、256kbpsの転送レートとの違いがよく分りません。
ちなみにYouTubeからどんな数値の転送レートでDLしても、変換ソフトに入れた時点でビットレートは128kbpsになっています。
チャンネルはステレオ・モノラル、サンプルレートは44KHz・22KHzに分かれます。
CDと比較できたものでもないと思いますが、イマイチ分かり辛いです。

お礼日時:2014/07/29 14:57

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3% …
CDのビットレートは、上記のとおり、1411.2kbps です。
Windows Media Player であれば、WAV形式で取り込めば、原音そのままとなります。
ロスレスっていう形式も、元へ戻すことが可能な圧縮形式なので、原音そのままですね。
Windows Media Player で取り込む形式の変更は、Alt を押しながら T O とキーを順番に押してオプション画面を開いて、「音楽の取り込み」というタブをクリックすると、設定画面になります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
WAV形式で取り込んでみたことが有るんですが違いが分りませんでした。
こんな感じですので、僕にはWMA・MP3で良いと思います。
Alt を押しながら、は知りませんでした。確認してみます。

お礼日時:2014/07/28 16:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCD音質と音楽ファイルのビットレート

こんにちは。
CD音質と音楽ファイルの音質について疑問を持ったため有識者の方ご回答のほうどうかよろしくお願いいたします。

1.CD音質と音楽ファイル音質について
CD音質は44.1kHz/16bitですが、MP3やWAVなどの音楽ファイルの音質はkbpsという単位で表されます。
この単位が違うのでCD音質と音楽ファイル音質を数字的に比較することはできないのではないでしょうか?

2.CD音質は44.1kHz/16bitですから、どんな高いビットレートで取り込んだとしてもそれより高音質にはならないわけですよね。
ということはCD音質と同程度になる数字で取り込むのがもっとも効率的だと思います。
具体的にそれはどれぐらいの数字になるのでしょうか?

3.私は128kbpsと320kbpsではなんとなく臨場感が違うかなぐらいしか差を感じないのですが(つまりほとんどわかりません)、普通はどれぐらい違いを感じられるものなのでしょうか?
一般的な話でも、自分はこれぐらいという内容でも構わないのでお願いします。

上記3点についてどうかご解答のほうよろしくお願いします。

こんにちは。
CD音質と音楽ファイルの音質について疑問を持ったため有識者の方ご回答のほうどうかよろしくお願いいたします。

1.CD音質と音楽ファイル音質について
CD音質は44.1kHz/16bitですが、MP3やWAVなどの音楽ファイルの音質はkbpsという単位で表されます。
この単位が違うのでCD音質と音楽ファイル音質を数字的に比較することはできないのではないでしょうか?

2.CD音質は44.1kHz/16bitですから、どんな高いビットレートで取り込んだとしてもそれより高音質にはならないわけですよね。
というこ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、「44.1kHz/16bit」は、ビットレート(kbps)ではありませんので勘違いしないでください。
音楽CD(CD-DA)にもビットレートはありますが、「44.1kHz/16bit」ではなく、「1411.2kbps」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/CD-DA#.E4.BB.95.E6.A7.98

特別な設定をせずに圧縮した場合は、ビットレートのみ変化し、「44.1kHz/16bit」は変化しません。

ちなみに、↓のページでは、あえて「44.1kHz/16bit」を「96kHz/24bit」に変換した実験結果が載ってます。(実際の音で聴けます。)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050829/dal203.htm

音質を判断する目安として波形を参考にする事が多いのですが、波形だけで音質判断の目安にはなりません。

最終的には、自分の耳が判断材料になると思いますので、余り数値に惑わされず、ご自身が聴いて心地良いと思う設定で充分だと思います。
http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/Audio-Codecs.html

まず、「44.1kHz/16bit」は、ビットレート(kbps)ではありませんので勘違いしないでください。
音楽CD(CD-DA)にもビットレートはありますが、「44.1kHz/16bit」ではなく、「1411.2kbps」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/CD-DA#.E4.BB.95.E6.A7.98

特別な設定をせずに圧縮した場合は、ビットレートのみ変化し、「44.1kHz/16bit」は変化しません。

ちなみに、↓のページでは、あえて「44.1kHz/16bit」を「96kHz/24bit」に変換した実験結果が載ってます。(実際の音で聴けます。)
http://www.watch....続きを読む

Q音楽CD → MP3の時、どのくらいのビットレートで… (iTuens)

MP3で160kbpsぐらいがCD音質くらいと良く書いてあるのですが、
だとすると、256kbpsのようなビットレートでインポートしても、
元が音楽CDなので、160kbps以上はいくらビットレートをあげても
音質と変わらないということなのでしょうか?
皆さんはどのくらいのビットレートでインポートされてますか?

Aベストアンサー

>MP3で160kbpsぐらいがCD音質くらい

それは間違いです。圧縮する以上、256だろうが320だろうが元のCDよりは落ちます。
ただし、それが判るかどうかはまた別の話です。かなり高級な再生環境で両方を聞き比べれば判るかも、という程度だと考えて下さい。
イヤホンやヘッドフォンではよほど高額なものでもない限り、160や192のビットレートのものだけをいきなり聞かされてCDではないと断定できる人はほとんどいないでしょう。
ですからコンポなどのスピーカーで再生する場合も考えると160か192で取込んでおけば十分だと思います。ちなみにうちは192です。

Qmp3 のビットレート (kbps) のおすすめ

SONY のHDDコンポ「NETJUKE NAS-D70HD」を買いました。利便性を考えて CD→HDDの取り込みは mp3 にしようと思っています。

HDDが実質60GBしかないので、圧縮率を 128, 160, 192, 256 kbps のどのあたりにするかを迷っています。

192kbpsを超えると、ふつうの人間の耳では劣化が区別できないとも聞いたこともあるのですが、実際のところどうでしょうか?また、皆さんが mp3 を作るときのビットレートはどのくらいか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

自分は192にしていますが、よほど高級なアンプやスピーカーで耳をすませて聞くのでもない限り160で十分だと思いますよ。ミニコンポやヘッドフォンでは192はいらないと思います。

Q128 Kbpsは音質としては悪い?

CDからPCに音楽を録音する際、Windows Media Playerを
使っているのですが、音質は最初は初期設定されているまま
128 Kbpsにしていました。
途中から「どうせなら最高音質というのにしよう」と
単純に考えて変更しました。192 Kbpsとなっています。
私はさほど音楽を聴きなれているわけではありませんので
どう違うのかよく分かりませんが、やはりそのぐらいの
差でも聴く人によってはかなり違うものなのでしょうか。

先日デジタル・オーディオ・プレイヤーを購入し、
192 KbpsでCDから録音した音楽のデータを転送したのですが、
時々ノイズが入るのです。
取扱説明書を読んだどころ「録音時の音質は128 Kbps以下に
して下さい。重要」と書かれていました。

実は今度レストランでパーティに音楽を使うのですが、
その際にCD-Rなどに音楽を用意します。
人がワイワイいる中でBGMとして流れるものと、静かな中で
大々的に流れるものがあるのですが、やはりノイズは困りますし、
一方でなるべく綺麗な音のほうが良いとも思います。

1.デジタル・オーディオ・プレイヤーだけでなくCD-RやMDに
録音する時にも128 Kbps程度にしておかないと、ノイズが入りやすくなるものですか?

2.だとしたら128 Kbpsにしようと思うのですが、その場合、
音質が悪すぎないでしょうか?

長くて分かりづらいかも知れませんが、よろしく
お願いいたします。

CDからPCに音楽を録音する際、Windows Media Playerを
使っているのですが、音質は最初は初期設定されているまま
128 Kbpsにしていました。
途中から「どうせなら最高音質というのにしよう」と
単純に考えて変更しました。192 Kbpsとなっています。
私はさほど音楽を聴きなれているわけではありませんので
どう違うのかよく分かりませんが、やはりそのぐらいの
差でも聴く人によってはかなり違うものなのでしょうか。

先日デジタル・オーディオ・プレイヤーを購入し、
192 KbpsでCDから録音した音楽の...続きを読む

Aベストアンサー

>1.デジタル・オーディオ・プレイヤーだけでなくCD-RやMDに
>録音する時にも128 Kbps程度にしておかないと、ノイズが入りやすくなるものですか?

MP3プレーヤーによっては、処理速度、能力に限界があるためと思われます。
MP3データをデコードする速度が追いついていないのでは?

>2.だとしたら128 Kbpsにしようと思うのですが、その場合、
音質が悪すぎないでしょうか?

これは、どこまでこだわるかでしょうが、128kbpsでMP3をエンコードした場合、エンコードソフトにもよりますが、大体、15000Hzを境にそれ以上の高い音がカット(破壊)されます。
15000Hz以上の音がカットされて影響があるのは、シンバル、スネアドラムなどの楽器や、サ行(さしすせそ)の人の声など、非常に高い周波数成分をもつ音声です。

Q【SDメモリナビ】音質を保つベストな録音方法

失礼します。

先日カロッツェリアナビMRZ09を購入しました。

パソコンを使ってCD音源をSDカードに保存しナビで再生したいのですが…

このとき音質をできるだけ良く保存するためにはどうすればよいでしょうか?

自分なりに調べたのですがどうにも情報をまとめられなくて…

変換するファイル形式やそのほか注意する点などをお聞きしたいです。

ウインドウズメディアプレイヤーで録音するつもりです。

もしほかにおすすめのソフト等ありましたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

そうですね。

結局この辺りは同じ音源の形式である以上は
音の情報量を増やして高音質化するわけでありますから、
当然ファイルサイズが肥大化してしまうというわけなんですね。

これは元の音源の音質が悪くて(例えばたまにあるんですが再エンコ曲など)、
実際にはビットレートの高低の差が出ないようなファイルでも変わりません。
だから必然的に大容量なSDカードなどが必要になるのは仕方がないことではあります。

ただ、収録数については曲の演奏時間にも大きく左右されるので、
どちらかと言えば曲あたりのファイルサイズに注目する方がより正確であると思います。
(だから短い曲が多ければ多く入ります。長ければ少なくなります)

まあ、この辺りは数字だけにとらわれず、
実際何種類かエンコードしてみて、ご自身で違いを聞いていただけると、
自ずと納得できるレベルが探し出せるのではないか、と思います。

Q【Windows Media Player】CD取込み時の音質設定

Windows Media Player でCDの楽曲を取り込む際の
音質の設定について。

確か単位は「Kbs」
だった気がするのですが、
そのKbsの値を最低にした場合と
最高にした場合では
音質はそんなに変わるものでしょうか?

良い音質で楽曲を聴きたいけれど、
高音質で取り込むとパソコンの容量も使うみたいでどうしようか迷っています。

しかも私はその音楽をウォークマンに入れ、さらにコンポのスピーカーに繋いで聴きます。
ウォークマンでは音質に関して色々カスタマイズし、さらにコンポにもサウンドのカスタマイズ機能が付いていてそれで調節するので、
Windows Media Playerに取り込むときに設定した音質が果たして
どこまで影響されるのか疑問に思いました。

Aベストアンサー

Windows Media Player では、CDをリッピングする(デジタルデータを取り込む)際に、どのような形式で取り込むかを設定するところがあったはずです。

wave形式が、データそのままですが、無圧縮なので容量が大きいです。が今ではHDDの容量もはるかにデカいので、これがおすすめ。フォルダのほうに圧縮を掛けておけば実容量はそれほど大きくならなかったりもします。

bpsは、非可逆圧縮(mp3のようなもの)をする場合に、どの程度音質を落とすかを決めるものです。192kbpsならほぼCD並、128kなら普通に聞ける。64kや32kはややキツイが、音は認識できる(動画などで音の容量を下げるときに良く使われている値)。8kbpsがあったかどうか不明だけど、これくらいで電話音質と言われていたように思います。

Q「WMA 192Kbps」と「MP3 320Kbps」音質が良いのはどっち?

Windows Media PlayerでCDの取り込みを行う際に設定できる形式とビットレートについて質問です。
・WMA 192Kbps(最高音質)
・MP3 320Kbps(最高音質)
最高音質であるこの2種類をヘッドフォンで聴き比べてもさほど変わりはありませんでした。
容量はMP3の方が多かったのでこの場合、一番音質が良いのは「MP3 320Kbps」なのでしょうか。
どちらで取り込もうかいつも悩んでしまいます。

Aベストアンサー

 悩むならMP3にしておけば問題無し。
 現状においてWMAとMP3に聞いて確認できるほどの音質の差異はほとんどないので、対応機器やソフトが充実してるMP3が一番使い勝手がいいです。
 またビットレートに関しては、128kbpsで十分ではあるものの、結局「本人がそれで納得するかどうか」(適当に決めると後で気になりだして、エンコードし直す羽目になります。)という精神的な問題になってくるので、面倒なら320kbpsにしておくのも手です。
 またエンコーダにはLAMEを使っておいた方が無難です。

>>MP3は著作権的な縛りがない形式なので。
 実際は紆余曲折を経て今でもフリーというグレーな状況にあります。
 ただま、個人で使う分には今後も問題なさそうですが。


<参考>
 http://aok3.web.infoseek.co.jp/enco_matome.htm
 http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/Audio-Codecs.html
 http://www.webhistory.jpn.org/archives/8

 悩むならMP3にしておけば問題無し。
 現状においてWMAとMP3に聞いて確認できるほどの音質の差異はほとんどないので、対応機器やソフトが充実してるMP3が一番使い勝手がいいです。
 またビットレートに関しては、128kbpsで十分ではあるものの、結局「本人がそれで納得するかどうか」(適当に決めると後で気になりだして、エンコードし直す羽目になります。)という精神的な問題になってくるので、面倒なら320kbpsにしておくのも手です。
 またエンコーダにはLAMEを使っておいた方が無難です。

...続きを読む

Qx-アプリで音楽を取り込むときのフォーマットについて教えてください。

x-アプリで音楽を取り込むときのフォーマットについて教えてください。

ソニーのウォークマンで音楽を聴くために、まずCDからパソコンに音楽を取り込もうとしています。
CDの取り込みフォーマットの設定のところには、
●ATRAC
●ATRAC Advanced Lossless
●WAV
●MP3
●WMA
●AAC
●HE-AAC
とありますが、どの形式が良いのでしょうか?
どれでも大丈夫だとすれば一番音質の良いのがいいのですが、どれにしても音質は同じでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

貴方の言う良い/悪いの判断基準はなんですか?
どういうものを大丈夫というのですか?
それを示さないのであれば回答のしようがありませんよね。

シニーに機器/ソフトでだけ使えればいいなら、ATRAC系が便利だし、更に音質が重要なら容量を食いますがATRAC Advanced Losslessでしょう。しかし他の機器やソフトでも扱える汎用性が必要なら、ATRAC系はまったくダメです。
汎用性ならMP3が一番高いですね。音質が重要ならWAVでもいいですが、x-アプリはWAVのタグを読み書きできませんので管理するには不向きな形式です。容量も非常に食います。WMAは個人的には色んな意味で中途半端な気もしますが、携帯電話でも聴くならWMAにすべきでしょう。AACは将来的にMP3に取って代わるかもしれない形式。ただx-アプリのAACは現在主流の拡張子.m4aではなく携帯電話などで使われる.3gpなので微妙に不便。HE-AACは基本は携帯電話用で、音質が悪くても大幅に圧縮したいときに使うもの。
この辺にもう少し詳しい説明あり。
http://www.sonymatome.com/walkman/memory/index.php?%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A8%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

一般的に無難なのは高ビットレートのMP3でしょうね。音質重視ならx-アプリでなくLAMEエンコーダのV2以上かCBR320kbpsで作ったものがいいでしょう。

ただ、貴方の基準で何が良いのかはご自身で判断してください。他人がどうしてるか参考にしたければ、この辺を。
http://www.sonymatome.com/walkman/memory/index.php?%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%2F%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%86%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E4%BA%BA%E6%B0%97%E6%8A%95%E7%A5%A8

貴方の言う良い/悪いの判断基準はなんですか?
どういうものを大丈夫というのですか?
それを示さないのであれば回答のしようがありませんよね。

シニーに機器/ソフトでだけ使えればいいなら、ATRAC系が便利だし、更に音質が重要なら容量を食いますがATRAC Advanced Losslessでしょう。しかし他の機器やソフトでも扱える汎用性が必要なら、ATRAC系はまったくダメです。
汎用性ならMP3が一番高いですね。音質が重要ならWAVでもいいですが、x-アプリはWAVのタグを読み書きできませんので管理するには不向きな形式...続きを読む

Qmp3→mp3へのビットレート変換

mp3→mp3変換についての質問。Windows media player(ver11)で取り込んだmp3(320kbps)をmp3(192kbps)に変換したいのですが簡単な方法はありますか?デスクトップから携帯用プレーヤーにコピーしたいのですが携帯用が容量2Gしかないんです。デスクトップはXP、プレーヤーはiriver・E30を使用。いつもmedia playerの「同期」を使ってコピーしていますが別のソフト使わないと無理でしょうか?詳しい方いますか?

Aベストアンサー

iriverのもっと古い機種を使ってます。

その機種は、WMAにも対応してますよね。
WMP11には、同期の際にファイルを指定ビットレートのWMA形式に自動変換して機器に送る機能があるので、それを使うのが普通です。
機器を接続した状態でWMP11の左側ツリーで機器を選び、右クリックで詳細オプションを選びます。品質タブの所に、自動変換の設定があるはずです。
この方法なら、PCには高品質なファイルを残しつつ、機器には小容量のファイルを送れます。ただし、同期に掛かる時間がやや長くなるかも。
尚、当方はWMP11は嫌いなので、MusicBeeやMediaMonkey有料版にてFLAC、高ビットレートOggVorbisやMP3を192kbpsのMP3に自動変換して同期してます。

変換ツールで元ファイルを変換してもいいですが、その場合はタグ(楽曲情報)の取り扱いに注意。

・タグを引き継ぐ機能がないものは避ける(えこでこツールとか)
・海外製だとWMP11が作ったMP3の日本語タグ(シフトJISコード)が文字化けして扱えないものも一部あるので避ける(fre:acとか)
・MP3にID3v2.4タグを付けるものは避ける(WindowsのプロパティやWMP11はID3v2.4タグには非対応で読めない)

当方が使ってるのはdBpowerampMusicConverterやXrecodeIIですが、やや中上級者向けなので・・・。初心者向けはよく知りません。
音楽管理にWMP11でなくMusicBeeやMediaMonkey有料版を使えば、上記の自動変換同期や手動のファイル変換も出来るので、何も苦労はないのですけどね。

iriverのもっと古い機種を使ってます。

その機種は、WMAにも対応してますよね。
WMP11には、同期の際にファイルを指定ビットレートのWMA形式に自動変換して機器に送る機能があるので、それを使うのが普通です。
機器を接続した状態でWMP11の左側ツリーで機器を選び、右クリックで詳細オプションを選びます。品質タブの所に、自動変換の設定があるはずです。
この方法なら、PCには高品質なファイルを残しつつ、機器には小容量のファイルを送れます。ただし、同期に掛かる時間がやや長くなるかも。
尚、当方はWMP11...続きを読む

QMP3やwav、WMAの違いは?

MP3形式やWMA形式やWAV形式など、色々ありますが、どう違うのでしょうか?
なぜ、こんなに複雑にするのでしょうか?

Aベストアンサー

Wav:無圧縮の音楽データ。音楽CDはこれで記録されている。
容量が大きく、CD1枚あたり=約1時間で600MBにもなる。
データの劣化はない。

MP3;音楽の圧縮形式の1つ。MPEG規格の中の音声圧縮形式の1つ。
Wavに比べデータが劣化している。しかしよほど耳がいいとか、よい再生装置を使っているとかでない限り、差はわからない。
CD1枚あたり、Wavに比べて約10分の1の60MBに圧縮できる。(設定によって異なる)
AVI系動画の音声部分として使われていることもある。
対応している機器が多いので利用しやすい。

WMA:音楽の圧縮形式の1つ。MicroSoftが作成した形式。WMVの音声部分にも使われている。
MP3より高音質とされる。MP3と同じようにデータは劣化する。
MP3と同様に、設定によるがWavを10分の1程度くらいに圧縮できる。
MP3ほどではないが対応している機器もあるので、利用しやすい。

ほかにもいろいろな音楽の圧縮形式がありますが、それぞれ圧縮率や音質に差があるという違いがあります。
こんなにたくさんあるのは、これで1発当てようとする会社がいろいろ開発していたり、
より高音質で、かつ高圧縮に圧縮できるようにいろいろ改良され足りしているからです。

つまりWavは音楽CDのデータそのものですが、データが大きすぎ利用しくいのです。
たとえばメモリカードを使ったプレイヤーでは、512MBのメモリカードを用意してもCD1枚分も入りません。
しかしMP3やWMAにすると、8枚分くらいは入ってしまいます。
また音楽をネット配信するにも、容量が大幅に少なくできるこれらの圧縮形式は有用です。

Wav:無圧縮の音楽データ。音楽CDはこれで記録されている。
容量が大きく、CD1枚あたり=約1時間で600MBにもなる。
データの劣化はない。

MP3;音楽の圧縮形式の1つ。MPEG規格の中の音声圧縮形式の1つ。
Wavに比べデータが劣化している。しかしよほど耳がいいとか、よい再生装置を使っているとかでない限り、差はわからない。
CD1枚あたり、Wavに比べて約10分の1の60MBに圧縮できる。(設定によって異なる)
AVI系動画の音声部分として使われていることもある。
対応している機器が多いので利用しやすい。

...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング