先日 江川紹子がツィーター上で
装甲車の火砕流に対する脆弱性を書いて
炎上しましたが、清谷 信一というジャーナリストが
「装甲車は火砕流に耐えられない」と
http://toyokeizai.net/articles/-/49744?utm_mediu …
書いているのですが、自衛隊は、火砕流を想定して
装甲車を出したのでしょうか?

 今回の装甲車の出動は?
・火砕流より、噴石対策
・直接の救助より救助の支援の為

なのでしょうか?

 そもそも、今回 出動した
装甲車は、火砕流に耐えられるのか?

 ネット上には
・火砕流の速度は時速100キロになる事も
あり1時間程度なら中の人間は耐えられる

・エンジンが動かなくなるから移動できなくる

 いろいろ書かれていますが
実際に火砕流の中を走行も想定していませんがので
そういった、実験も行ってませんがどうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 他の方も指摘されている通り、装甲車が耐えられる火砕流もあればそうでない火砕流もある、というだけのところだと思います。



 今回投入された89式は圧延防弾装甲(アルミじゃないよ)なのである程度の噴石の直撃にも耐えられるだろう、数名の人員だったら収容能力もあるので緊急時のシェルターにも、ってことで駆り出されたんでしょ。
 噴火の状態は流動的で噴石や火砕流が今後どうなるかわからないけど救助隊は投入する必要があるってんで、現在保有する最適の車輛を投入しただけだと思うんだけれど。

 江川紹子さんは単純に自衛隊アレルギーなので「なんで自衛隊の装甲車が」って書いただけらしいんです。そこに他の方から「噴石や火砕流に対応するためでしょ」って指摘された。自称知識人の皆さんって、軍事の知識があること自体を馬鹿にする傾向があって、下手をすれば自分にその知識がないこと自体を誇りにしていたりする人もいる。日本だけの不思議な考え方ですけれど。

 いつも馬鹿にしているミリオタから指摘されたことがよっぽどプライドに障ったんでしょう。だからその方面の知識もないのに無理っくりに「火砕流には」なんてやり返しただけの話で。
 キヨタニさんの場合はもうちょっと歪んでいて、この人一応軍事ジャーナリストなので知識はあるんですが、何分筋金入りの国産嫌いなので、国産の89式が投入されたことが気に入らなかったんじゃないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。

キヨタニさんて変わった方だったんですね

お礼日時:2014/10/06 21:06

危機に際し暴動が起きた場合、装甲車の機関銃でなぎ払う


という活躍が期待・・いや想定されていてしかるべきかと思う。
軍事的に常識と考える。

他の付随的な目的として打撃に防護力が高く車両が頑丈。
アルミ装甲だから弱いというのは素人考えであり判断間違い。
アルミには高強度アルミ合金という種類が有り装甲に使われる

鉄より高強度。熱に対しても正確な判断を下す者は少ない。
アルミは決して温度に弱い訳では無い。温度だけならアルミ
の方が耐えられる。アルミが負けるのは熱量への対抗力。

たとえばナパーム爆弾だと確かに800度以上の高温になるが
数十秒で拡散する。この爆弾は一瞬の高温と酸素をゼロ近くまで
落とすのが攻撃力。機甲部隊にはあまり有効では無い。

だから使用禁止の合意が出来たのですねー
常識として警察や消防の車両より頑丈なのが装甲車である。
自衛隊としてどの車両を投入するかと言えば防護、通信、移動性

から装甲車を選んだのは当然至極で疑問なし。
救援と言うのは持てる能力から選択して使用する事である。
装甲車がダメ、自衛隊がダメ というならどこの車両を派遣する

べきだったかを語るべきである。救援より自分達の利益を優先し
警察内部の賛同者を増やそうと言う邪な言葉と見たエガワなにがし。
警察に大勢が入り込んでいるからね・・・

火砕流がどうこうというのは無定見な言辞である。
救援が作戦目的であり作戦に害を与えず寄与するなら適切なのだ。
現実に自衛官が救援活動を想定通り実行してるのだから作戦成功。

自衛隊が想定したのは御嶽山噴火であり火砕流では無い。
    • good
    • 0

私も知らなかったのですが、どうやら「火砕流」という語で定義されている範囲は結構広いみたいです。


気象庁が平成26年9月28日に出した報道発表資料に、このようなものがあります。

御嶽山の火山活動に関する火山噴火予知連絡会拡大幹事会見解 [PDF形式:25KB]
http://www.jma.go.jp/jma/press/1409/28a/yochiren …
---一部引用---
火砕流は発生しましたが、地獄谷付近で樹木等が焦げたような痕跡は認められませんでした。また、噴出した火山灰には新鮮なマグマに由来する物質は確認されておらず、今回の噴火は水蒸気噴火であったと考えられます。
---引用終了---

火砕流と聞いてイメージするような非常に高温の何かが流れ下っていれば樹木を焦がしているはずですが、それがない「低温の火砕流」というものもあるようです。
低温で火砕流とはこれいかにと思うかもしれませんが、

【御嶽山噴火】気象庁「火砕流が発生」 低温タイプか - 産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/140928/afr140 …
---一部引用---
 東京大学地震研究所の前野深(ふかし)助教(火山地質学)は「温度の高低よりも、火山灰など固形物の割合が高い場合は火砕流と判断するのが適切」と指摘。
---引用終了---

…とのこと。
このように広範な意味を持つ「火砕流」の定義を、溶岩などを伴う「高温の火砕流」のみに限定して論じても話が食い違うだけです。
(たぶん質問文リンク先記事は高温の溶岩などを伴う「高温の火砕流」だけを想定して書かれたものじゃないかな)

で、本題ですが。
「低温の火砕流」であれば装甲車で耐えられるはずです。
溶岩などを伴う「高温の火砕流」は装甲車では耐えられないでしょう。
しかしその問題は、装甲車には耐えられないほど高温の火砕流が来ないところに配置するなど、運用でどうにかできるはずです。

とはいえ、装甲車で登山道を登らせての人員輸送は少々無理があるみたいです。
でも最前線一歩手前の登山口から、車両搭載の機器で安全に火砕流など火山の状態の観測を行うには、あれくらいがちょうど良いのかもしれません。
雲仙普賢岳のときに74式戦車も観測用に持ち出されたみたいですが、それと同じような役割が求められているのでしょうかね。
噴火後の救助活動で使われる車両には人員輸送以外にも、救助に向かった隊員の支援とかの役割もあるので、持ち出された装備が全て人員輸送に使われたと考えると勘違いになるかもです。
(私も最初はかなり大幅に勘違いしていました)

参考)
御嶽山の噴火に関する被災者救助に自衛隊を投入したことについて - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/724568

江川紹子さんの御嶽山の噴火に関する被災者救助に自衛隊を投入したことについての見解と謝罪のまとめ - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/725407

【ゆるぼ】 雲仙普賢岳噴火の際に、陸自の74式戦車の災害派遣事例があったというウィキペディア等の記述の信用性。(回答あり) - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/725013
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございました。

火砕流にもいろいろあるんですね

お礼日時:2014/10/06 21:08

集団的自衛権の問題で自衛隊を毛嫌いする人がいるのです。

だから何も装甲車が出てくることは無いだろうと思うのです。その一方で自衛隊ヘリには文句を言いません。火山灰が飛ぶ中で通常のヘリでは危険性が高いのです。
政府が自衛隊への印象を良くしようと画策していると捕らえているのです。そのことを政府は当然に考えての投入でしょう。しかし、自衛隊は使えば良いので遊ばせておく方が無駄です。

この回答への補足

 え~

 質問文にも書きましたが
キヨタニさんは、自衛隊ヘリに対して
文句言っていましたが・・・

補足日時:2014/10/06 21:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/06 21:08

装甲車は戦闘用の車両で、火砕流のことなど考えて作られていません。

そもそも火砕流に耐えられる車なんて、地球上にありません。危険を冒して捜索救助に当たるので出来るだけ頑丈な車を使いたい。現状手に入るもっとも頑丈な車が自衛隊の装甲車だったと言うことです。馬力とトルクの強い四輪駆動車だし、民間のトラックや救急車では登れない山道も走れます。ベストではないがベターだから使っただけです。そのくらいのこと、馬鹿でも分かります。江川紹子や清谷 信一が何者かよく知りませんが、ろくでもない連中ですね。自分は高みの見物で何もしないくせに、知ったかぶりでケチだけ付ける。社会のゴミです。こういう連中が日本を悪くするのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがごうございます

捜索救助??

 頂上まで行けないのに?
私が聞いたところ 捜索救助の支援だったと思うのですが・・・

 捜索救助もしていたんですか・・・

お礼日時:2014/10/06 21:11

当然耐えられませんよ。


数万トンの岩石が時速100キロで飛んでくるのですから。

装甲車を出したのは火山灰が降り積もった不整地と舗装道路の両方を走れる車が他にないからでしょう。
まあ多少の噴石くらいならナントカなるでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/10/06 21:12

誰も経験したわけではないから所詮、机上の空論になると思う。


火砕流はその速度100km以上、しかも400度以上の高温と聞くからして長時間の出動には
不向きでしょうね。
ただ、今回のケースは火砕流よりも落ちてくる噴石に対する出動だからその意味では効果を
期待しての出動でしょう。
とは言え、あれだけの図体が頂上付近まで登ることは出来ないし、実際はふもとで待機状態と
いうのがいいところじゃないですかね。
実際、救出映像を見ても装甲車が山を駈けずり回っている姿は見かけないし~。
なにはともあれ未曾有の経験だからやるほうも必死で予備で張り付かせた感はぬぐえない。
仮にふもと付近まで噴石が落ちてくることがあれば実際に役立ったであろう事は想像できる。
結果として少し大げさな行動だったかもしれないがそれをとやかく言うのはナンセンスだよ。
ジャーナリストの端くれかは知らないが所詮、アンタも机上の空論でしょうと言いたいよね。
火山大国にっぽん、今後の噴火に対するいい勉強にはなったと思う。
しかし、腹が立つのが気象庁の言い草、年間予算200億円ではろくなことは出来ないとほざいた。
バカか!気象庁、火山噴火は10年、20年サイクルレベルだ、単純に計算したって200x20で
4000億円の予算獲得である、一体、オマエ等どれだけ金つぎ込めば納得するんだよ!、
オイ!江川さんよ、突っ込み入れるならまずその辺から叩けよ」と言いたいですな~~、www
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます

今回の質問 江川さんの事じゃないんですけどね・・・

 質問内容を理解されていないようで残念

お礼日時:2014/10/06 21:13

本来の火砕流は、火山の頂上付近にできた溶岩だまりが、


一気に崩れ落ちることで数百度になりますが、
今回のは水蒸気噴火なので、火砕流が起きたとしても
温度は低いので装甲車は耐えられます

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E7%A0%95% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/10/06 21:14

御嶽山では火砕流は起きませんでした。


溶岩が流出していないし、溶岩ドームも形成されませんでした。
溶岩ドームの崩れで大災害となったのは、最近では阿蘇普賢岳。
あのときの火砕流のすさまじさは、言語に絶するものが有りました。
装甲車も溶け出さないまでも押し流され、閉じ込められた乗員は酸欠死か熱死の危険にさらされたでしょう。
今回の出動は、溶岩がないことが確認出来たことから、救出支援が主目的だったかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/10/06 21:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q火砕流に耐えられるのか?

 先日 江川紹子がツィーター上で
装甲車の火砕流に対する脆弱性を書いて
炎上しましたが、清谷 信一というジャーナリストが
「装甲車は火砕流に耐えられない」と
http://toyokeizai.net/articles/-/49744?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed
書いているのですが、自衛隊は、火砕流を想定して
装甲車を出したのでしょうか?

 今回の装甲車の出動は?
・火砕流より、噴石対策
・直接の救助より救助の支援の為

なのでしょうか?

 そもそも、今回 出動した
装甲車は、火砕流に耐えられるのか?

 ネット上には
・火砕流の速度は時速100キロになる事も
あり1時間程度なら中の人間は耐えられる

・エンジンが動かなくなるから移動できなくる

 いろいろ書かれていますが
実際に火砕流の中を走行も想定していませんがので
そういった、実験も行ってませんがどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

 他の方も指摘されている通り、装甲車が耐えられる火砕流もあればそうでない火砕流もある、というだけのところだと思います。

 今回投入された89式は圧延防弾装甲(アルミじゃないよ)なのである程度の噴石の直撃にも耐えられるだろう、数名の人員だったら収容能力もあるので緊急時のシェルターにも、ってことで駆り出されたんでしょ。
 噴火の状態は流動的で噴石や火砕流が今後どうなるかわからないけど救助隊は投入する必要があるってんで、現在保有する最適の車輛を投入しただけだと思うんだけれど。

 江川紹子さんは単純に自衛隊アレルギーなので「なんで自衛隊の装甲車が」って書いただけらしいんです。そこに他の方から「噴石や火砕流に対応するためでしょ」って指摘された。自称知識人の皆さんって、軍事の知識があること自体を馬鹿にする傾向があって、下手をすれば自分にその知識がないこと自体を誇りにしていたりする人もいる。日本だけの不思議な考え方ですけれど。

 いつも馬鹿にしているミリオタから指摘されたことがよっぽどプライドに障ったんでしょう。だからその方面の知識もないのに無理っくりに「火砕流には」なんてやり返しただけの話で。
 キヨタニさんの場合はもうちょっと歪んでいて、この人一応軍事ジャーナリストなので知識はあるんですが、何分筋金入りの国産嫌いなので、国産の89式が投入されたことが気に入らなかったんじゃないかと思います。

 他の方も指摘されている通り、装甲車が耐えられる火砕流もあればそうでない火砕流もある、というだけのところだと思います。

 今回投入された89式は圧延防弾装甲(アルミじゃないよ)なのである程度の噴石の直撃にも耐えられるだろう、数名の人員だったら収容能力もあるので緊急時のシェルターにも、ってことで駆り出されたんでしょ。
 噴火の状態は流動的で噴石や火砕流が今後どうなるかわからないけど救助隊は投入する必要があるってんで、現在保有する最適の車輛を投入しただけだと思うんだけれど。

 ...続きを読む

Q茨城の火山性の地震の情報を教えてください。

茨城の火山性の地震の情報を教えてください。

茨城で火山性の地震が発生したと本日のNHKのニュースで放送していたそうです。ただ私はそのニュースを見逃してしまいました。どこかで茨城で起こった火山性の地震の情報は分からないでしょうか。教えてくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「火山性地震」とは御質問者さんが懸念するように「火山体周辺における断層破壊によって生じる地震」のことなのですが、他の「プレート型地震」以外の地震を全て「火山性地震」とする場合もあるので (と言うか、他に分類の仕方がないようなので) 茨城で火山性地震が起こったからと言って茨城県に火山がある (或いはできた) と言う意味ではありません。

火山性地震はマグマの移動や熱せられた水蒸気の圧力、火山活動に伴う地面の隆起や沈降が原因となって発生するものなのですが、水蒸気の圧力という項目があるように、地熱が高い地中深くにある水蒸気溜まりが崩落して地震が発生した場合は、「プレート型でも活断層でもないのですから」火山性地震に分類するしかないのだろうと思います。

昔、高校の地学で地震の分類について学習した時「火山がなくても 1~2km も掘れば温泉が湧き出すくらい地熱って凄いのだから、地下水が水蒸気になって溜まっている空洞が崩落した時の地震は何に分類されるんだ?」と疑問に思ったことを思い出してしまいました(笑)。

最近起こった茨城周辺域の地震は下記参考 URL にありますが (残念ながら茨城の火山性地震は探せませんでした)、2011 (平成23年) 03.11 の三陸沖地震に連なる余震でプレート間或いは断層型以外の小さな地震も多々起きているでしょうから、その地震を火山性地震と表現したのではないでしょうか。

情報の確度は劣りますが・・・

http://www45.atwiki.jp/ibaraki20110311/

でもそれらしいものは見つけられませんでした。

参考URL:http://www.jma-net.go.jp/fukushima/jishin_topics.html

「火山性地震」とは御質問者さんが懸念するように「火山体周辺における断層破壊によって生じる地震」のことなのですが、他の「プレート型地震」以外の地震を全て「火山性地震」とする場合もあるので (と言うか、他に分類の仕方がないようなので) 茨城で火山性地震が起こったからと言って茨城県に火山がある (或いはできた) と言う意味ではありません。

火山性地震はマグマの移動や熱せられた水蒸気の圧力、火山活動に伴う地面の隆起や沈降が原因となって発生するものなのですが、水蒸気の圧力という項目があるよ...続きを読む

Q土石流と火砕流についての質問です。

土石流の速さは時速20~40km。火砕流の速さは100km/時だそうです。
なぜ速さにこのような違いがあるのでしょうか?
メカニズムも教えてください。

Aベストアンサー

火砕流は、高温のガスまじりの火山灰が山腹にそってかけ下ってくるもので、火山灰を勢いよい良く吹き出す噴火が横向きに出たと考えれば良いと思います。
土石流は、水まじりの土石が流れ下ってくるもので、火山と関係のあるものもあるしそうでない場合もあります。火山と関係あるものとしては、山腹に積った火山灰が降雨により水を含み重くなって流れてくるもの、火砕流の熱によって山腹の雪が溶けて火山灰に水が含まれ重くなって流れてくるものなどがあります。火山と関係ある場合は火山泥流と呼ばれる事もあります。

Q川内原発への【火砕流】で日本民族は絶滅する

原発に火山の【火砕流】が流れ込んでくると、いかなる手段も講ずることはできず、手をこまねいているうちに大事故に至るとされています。
【火砕流】は1000m級の山を越え、海を渡り、速度100km/hを超えることもあります。
この火山リスクが最も大きいとされるのが鹿児島県の川内原発です。

九州地方で数千年から数万年に一度の頻度で発生する巨大カルデラの破滅的噴火によって、川内原発を【火砕流】が襲い、原発は壊滅的被害をこうむり、人は近寄れず原発事故を収束させることもできず、放射能を大量に含む死の灰が西風に乗って日本全国を数年間に渡って襲い、日本民族は日本国土を放棄し、全世界に流浪の旅に立つ。。。という予想があります。
川内原発の大規模事故により他の原発からも人員避難が行われると思われ、よって西側から順次に各放置原発の暴走事故が連鎖的に発生していきます。

そこで質問ですが、
1. 今のうちに逃げる。
2. 放射能を浴びてから逃げる。
3. 絶対安全だという嘘を信じる。
4. 座して死を待つ。
5. 絶対安全だと嘘をつき続け、カネを儲ける。(九電)
6. 自分が生きているうちは来ないと思って、人生を遊び暮らす。
7. 危ないから原発を止める。
8. 二酸化炭素の方が危ないと思って原発を動かす。

どれが最も良い災害対策なのでしょうか?

中国や韓国は地殻が安定していて、地震も活断層も火山リスクも日本に比較すれば桁違いに少ない。
しかし地殻活動が活発で火山だらけの日本においては全国の原発に【火山リスク】が見込まれ、このリスクに対応しない(又は対応不能な)原発は立地不許可→廃炉へと進むことが、原子力規制委員会の規制基準で定められています。
しかし現在まで原子力規制委員会には火山リスクに関する専門家が不在で、電力会社による信憑性の薄いリスク評価がまかり通ってきました。
川内原発は他の原発に先駆けて再稼働へ向けた優先審査が行われておりますが、しかしこの川内原発においては九州電力のリスク評価があまりにも恣意的・不自然なため、原子力規制委員会は評価し直しの指示を出しました。

火山リスクが高いと目される原発は、川内、泊、東通、玄海、伊方ですが、(その他原発にもリスクはある)、中で最もリスクが高いのが川内原発で、その周囲にはカルデラが6個存在しています。(カルデラは巨大噴火を起こした跡で、今後も同様の噴火が見込まれる)
川内原発敷地には過去の巨大噴火の【火砕流】が到達したとされ、再び同様なことが有れば、人間は即死、原発は跡形もなく破壊されつくし、人は近寄ることさえできず、放射能のだだ漏れになります。

そこで次の質問ですが、
詳細に検討されている活断層や地震のリスクよりも、火山リスクはかなり高い発生頻度で、遥かに大きなダメージが出るのですが、原発推進するためには止むを得ないとの覚悟を日本民族は決めたんですかね?
そんな日本民族の尻の後に、あなたは 付 い て 行 き ま す か。

原発に火山の【火砕流】が流れ込んでくると、いかなる手段も講ずることはできず、手をこまねいているうちに大事故に至るとされています。
【火砕流】は1000m級の山を越え、海を渡り、速度100km/hを超えることもあります。
この火山リスクが最も大きいとされるのが鹿児島県の川内原発です。

九州地方で数千年から数万年に一度の頻度で発生する巨大カルデラの破滅的噴火によって、川内原発を【火砕流】が襲い、原発は壊滅的被害をこうむり、人は近寄れず原発事故を収束させることもできず、放射能を大量に含む死の...続きを読む

Aベストアンサー

川内原発と、火砕流というか、カルデラ破局噴火をテーマにした小説「死都日本」石黒耀 が出ています。
http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%BB%E9%83%BD%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%9F%B3%E9%BB%92-%E8%80%80/dp/4062761955

加久藤火山(霧島)で破局噴火が起きるものです。
小説上では、破局噴火が事前にわかり、川内原発は停止され、核燃料は他の場所に移動されていました。
一般人には、破局噴火のことは知らされませんでしたね。
直接の火砕流を受けていなくても、火山灰が全国に広がり、深刻な被害になりました。

QAKB48紅白歌合戦のYouTube映像

YouTubeでAKB48紅白歌合戦の映像を見ることができますが、
あれらのもとの映像はどこからきたのでしょうか。

YouTubeの生中継を見ていましたが、
そのときの映像はかなり後ろからの映像でほとんど動かないため
誰が歌っているのかわからないくらいだったのですが、

今YouTubeで流れている映像は色々な角度の映像やメンバーのアップもあって、
生中継のときの映像とは違っています。

DVDはまだ発売されていないですし、
TVで流れたわけではないと思うのですが、
どこの映像なのでしょうか。

Aベストアンサー

YouTubeにアップされている映像は「Google+」のオリジナル配信の映像です。

元々、「Google+」に登録してもらうための特典の様なものなので、あからさまに映像に差があります。

(2012年リクエストアワーベスト100の配信も同様に別の映像になります)

Qメッセンジャーの音声チャット、映像チャット、WebCam送信それぞれの違い!

メッセンジャー7.5でテレビ電話(音声と映像両方)をしたいです。
この場合、どうすれば音声と映像を両方楽しめるのでしょうか。
音声チャットは音声だけ???(映像は出来ないの?)
映像チャットは映像と文字チャットだけ?(音声は出来ないの?)
またWebcamをおくるというのは、どういうことですか? こちら側の環境はXP,メッセンジャー7.5、セキュリティはウィルスバスター。中国・広州からの発信。相手は確かウィンドウス2000、メッセンジャー7.5、日本からの発信です。昨日試みたところ、映像チャットかWebCamは映像のみで音声チャットはできませんでした。ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

音声チャット・・・音声のみ。電話みたいな感じ。同時に文字チャットも可能。
映像チャット・・・音声、映像。あと同時に文字でのチャット。
Webcamの送信・・・自分の映像を相手に一方的に送る。

という感じです。

>>映像チャットかWebCamは映像のみで音声チャットはできませんでした。
自分の音声が届かないのでしょうか?それとも相手の音声が聞こえない?
マイクやサウンドデバイスが正しく認識されていないのかも知れません。ボリュームコントロールなども確認してみてください。

メッセンジャーのツール→オーディオとビデオのセットアップで、各デバイスを調整できます。

QDVDプレーヤーのデジタル映像出力

DVDプレーヤーのデジタル映像出力とは、どんな形状のなんという端子なんですか?カタログを見ていても、コンポジット映像、コンポーネント映像、D1映像、S映像(これは多分アナログですよね?)と色々書いてあるのですが、分かりません。それぞれどういった物なのか知りたいです。

Aベストアンサー

コチラのサイトが分かりやすいかと思います。

「DVDビデオを見る環境 」
http://www.dvdforum.gr.jp/Technology/01.html

参考URL:http://www.dvdforum.gr.jp/Technology/01.html

Q映像処理の手法のフェードインなどについて

映像を処理する時に一方の映像をフェードアウトし、もう一方の映像をフェードインさせて2つの映像をつなぐクロスフェードという手法があるのですが、この手法の長所と短所を詳しく教えてほしいです。

Aベストアンサー

風景ということは、音声と映像は別物でしょうから私が挙げた音声系のデメリットはないでしょうね。
また、映像を頭から後ろまで完全に表示する必要もなでしょうから、こちらもなさそうです。

やはり、クロスフェードを連続して使うと、見ている人が気持ちが抜けるタイミングがなくて疲れるかもしれませんので、何らかの区切りのタイミングで、フェードアウトしてから、フェードインさせた方がメリハリは効くと思います。

あと、私からはこれ以上言えることが無いんですけど、もし他の人からも違ったアドバイスを受けたいのであれば、「何と比較して」メリット・デメリットと言っているのか明確にした方がいいです。

トランジッションエフェクトの種類を比較して、クロスフェードと他のエフェクト(ワイプやサークルアウト、ディゾルブなど)を比較したいのか、
トランジッションなし(例えばフェードアウトやカットアウトなど)とクロスフェードなどのトランジッションありを比較してメリットデメリットを比較したいのかが分かりませんでした。

上記は、トランジッションありとなしを比較した場合のコメントです。

また風景映像を、どういうテイスト・印象にしたいのか、どういうねらいを持った映像にしたいのか、ということもわかっていれば書いた方がいいでしょう。

風景ということは、音声と映像は別物でしょうから私が挙げた音声系のデメリットはないでしょうね。
また、映像を頭から後ろまで完全に表示する必要もなでしょうから、こちらもなさそうです。

やはり、クロスフェードを連続して使うと、見ている人が気持ちが抜けるタイミングがなくて疲れるかもしれませんので、何らかの区切りのタイミングで、フェードアウトしてから、フェードインさせた方がメリハリは効くと思います。

あと、私からはこれ以上言えることが無いんですけど、もし他の人からも違ったアドバ...続きを読む

Qネットカフェで映像みてたら、映像だけフリーズ

いつも発生する現象です。ネットカフェで映像みてたら、映像だけ
フリーズしてしまいます。
いつも再起動しては映像をみますが、また5分ほどで映像のみ
フリーズします。再起動の時間もバカにならないので、再起動しないで
映像フリーズをよくする方法を教えてください。

Aベストアンサー

・PCの仕様(ハードウェア、ソフトウェア)
・対象の映像
・店舗がかけているセキュリティ
上記の補足をお願いします。
特に店舗が何か細工をしている場合、どうにもなりませんから。

Qテレビ映像の映り方の違いについて

ここ数年からのことだと思いますが、テレビの映像の映り方(見え方?)に
2パターンあるような気がします。


なかなかうまく言葉で説明できないのですが、


(1)ドラマ・映画などの番組(ここ数年よく見る映像)

映像の動きが滑らかでなく、若干ぼやけるような映像の流れ方に感じます。
最近でいうと、連続テレビ小説や大河ドラマ、民法ドラマ、
また終わってしまいましたが、終了間際の水戸黄門などがそうだと記憶してます。
最近のドラマなどはほとんどこちらです。



(2)それ以外の番組(従来から見る映像)

映像の動きは、通常我々が視界から取り入れる映像と同じで、
こちらが従来と同じ映像です。バラエティやニュース番組などは必ずこちらに該当します。


(1)の正体が不明で、以前からずっと気になってます。
放送技術の一種なのでしょうか?地デジと関連しているのでしょうか?

映像技術に詳しい方、ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

通常のテレビは毎秒60コマ(フレーム)ですが、映画などは毎秒24コマで撮影されています。
テレビ映像でもわざと30コマ程度に落として撮影することにより映画のような時代感(古めかしさ)や高級感を出す手法です。
これ以外にも明るさや色調を変えるなど映像効果も加えています。
朝ドラは知りませんが、大河ドラマや水戸黄門にも確かに使われています。
実際にはプログレッシブカメラ(30P)を使って撮影されています。
テレビで表示される時には結局毎秒60コマ(60I)(倍速機能では120コマ)に変換されますが、もとの映像が30フレームしかありませんから、効果は残ります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報