位置情報で子どもの居場所をお知らせ

素人なのでわかりやすいように教えて頂けると助かります。宜しくお願いします。

(1)県内(市町村)の収容局は全て繋がってますよね?(NTTでいう地域網)
県同士は、県境の収容局同士が直接繋がっているのでしょうか?

(2)プロバイダ(BIGLOBE nifty ocn等)は各県に支店は持っていない(本社だけ)でしょうか?
(各県に支店があって、それぞれ県内の収容局と繋がっているのかと思ってました)

(3)各回線事業者のネットワーク間を結んでいるのはプロバイダですか?

色々検索はしたのですが、基本的な構造がよく掴めなくて…
イメージとしては、収容局(回線事業者)の網に、各家庭とプロバイダが繋がっていて、
プロバイダを通して他の回線事業者の網と繋がるのかなと考えましたが、何か勘違いしてそう(^^;)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

>auひかりのサービスエリアにある各拠点=TC局ということでしょうか?



先にご提示した資料に基づけばそうなりますね。ただしやや古い資料ですし、上記の情報の裏付けをハッキリ取ったわけではありませんから、あえて訂正して「拠点」とボカした表現を使いました。(このレベルになると、もはや内部の人間でない限り知り得ない情報だと思います)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
断定は出来ないということで訂正頂いたのですね(察せずすみません)
確かに資料も他になさそうです。

インターネットまでの道のりをいざ詳しく調べてみると、
公開されていない部分が多くてなかなか難しいです(もっと簡単にわかると思ってました)
ユーザーが知りたい部分だと思うので公開してほしいのですが…。

でも、教えて頂いて前よりは事実に近づけた気がします。
まだ知りたい部分もありますが長くなったので一旦質問を締めますね。
また教えて頂けたら助かります。丁寧にご返信くださり本当にありがとうございました!!

お礼日時:2015/01/03 19:36

>他の事業者の場合も同じですか?



No.12の前半の記述はauひかりに限定したお話です。ほかの事業者も同じネットワーク構成かどうかはわかりません。

>5ページでは「コアNW(ネットワークセンター?これがauひかりサービスエリアの各拠点?」となっていました。

コアNWという表記はそうではなく、「コア・ネットワーク」という意味だと思います。これはアクセス・ネットワークに対する対義語みたいなもので、つまり「アクセス・ネットワーク」(=ユーザ宅~収容局)→「コア・ネットワーク」(=もっと上流。バックボーン)ということです。すなわち5ページにあるコアNWとPOIの表記は、単に「この箇所でNTTとの相互接続点(POI)を経てKDDIのバックボーンにつながりますよ」という意味でしょう。

アクセスとコアについてもっと知識を蓄えたければ、以下の連載あたり参考になります。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20051 …

なお一部を訂正したのはごく単純な理由です。No.12前半の文章の主語は「auひかり」ですから、当然auひかりの「サービスエリア内におけるお話」になりますからその点を明記したということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明けましておめでとうございます。ご回答ありがとうございました。

なるほど、コアNWは特定の施設ではなく、アクセスネットワークの対義語だったのですね(^^;)

>なお一部を訂正したのはごく単純な理由です。

ということは、auひかりのサービスエリアにある各拠点=TC局ということでしょうか?
(TC局がPOIビルと専用線を結んでいる)
TC(テクニカルセンター)の配下がNWC(ネットワークセンター)というようなので、
NWCもかな?と思うのですが…もし知ってましたら教えてください><

お礼日時:2015/01/01 19:45

No.12の書き込みを一点、訂正します。



×=「KDDIは中継バックボーン内の全国13箇所にテクニカルセンター(TC)を持ち、この各TC局と」

○=「auひかりのサービスエリアにある各拠点と」


以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

solaris_7さん、丁寧なご回答と様々な情報提供ありがとうございます!

auひかりの「NTT収容局をリング状に繋いでいる」とはそのままの意味で、
(フレッツの地域IP網のような)収容局同士の網「地域網」をKDDIが独自に
(NTTの線を借りて)作っているということなのですね。
誤解してましたが、もしかしてKDDI以外にNTTの回線をレンタルしている他の事業者の場合も同じですか?
(てっきり各NTT収容局と事業者拠点が専用線を結んでいるのかと思ってましたが、
そうではなく、独自に作った地域網内のPOIビルと専用線を結んでいるという構造になりますか?)

auひかりの話に戻りますが、教えて頂いた一番上の資料図(4ページ)では、POIビルと専用線を
結んでいるのは、TC局(テクニカルセンター)となっていますが、5ページでは
「コアNW(ネットワークセンター?これがauひかりサービスエリアの各拠点?」となっていました。
ご回答を「×TC ○各拠点(NW?)」と訂正頂きましたが、このTCとNWはどう違うのでしょうか?
(どちらもPOIビルと繋がっているようですが…)
教えて頂いたKDDIの様々な施設の写真も見ましたが、ビル・TC・NW(NWC)・中継所、○○局など
色々名称があってよくわかりませんでした。

お時間とらせてしまって申し訳ありません。解決しましたら一度質問を締めようと思っていますので、
ご回答を頂けないでしょうか?こんなに長くなってしまったのは私の理解力が足らないせいだと思います。
色々思い込み(誤解)も多くて、自分でもガックリきますがご回答をくださる方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

ご回答はいつでも構いません。
…いつの間にか今年も残り少なくなりました。よいお年をお迎えください(*^-^*)

お礼日時:2014/12/31 19:02

No.11です。

続きを書きます。

まずauひかりはNo.11に書きました通り、ユーザ宅からKDDIが間借り(コロケーション)している最寄りのNTT収容局までアクセス回線が伸びています。で、これら地域の各収容局を、NTTから借りたダークファイバでリング状につないでいます。(以下の4P~5Pをご参照ください)
http://www.ttc.or.jp/files/6512/8773/0143/TTC_20 …

KDDIは中継バックボーン内の全国13箇所にテクニカルセンター(TC)を持ち、この各TC局と上に書いた各地域のリング内に立地するNTTの拠点(POI局)とが結ばれています。KDDIの施設は以下のような感じです。
http://denwakyoku.jp/kddi.html

かたやフレッツに関してです。
以下の図の左側に青く描かれているのがNTT東西の網です。
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2007/ …

フレッツの網はいま過渡期にあり、新しく整備中のNGN(次世代ネットワーク)と、従来からあるフレッツ網とがまだ併存している状況です。例えば新規受け付けが終わったBフレッツのベーシックやファミリー、ビジネスなどの旧サービスはフレッツ網に、一方、ネクスト・ギガファミリーなど新サービスはNGNに収容されています。
https://www.ntt-west.co.jp/news/1412/141201a.html

フレッツ網はもともと「地域IP網」としてスタートしたもので、昔はそれぞれ県内で閉じたネットワークでした。ところが2003年に総務省の認可がおり、県間通信ができるようになったため、県ごとの網を接続して広域化されました。

例えばNTT東日本エリアでは、17都道県ごとに「加入者系」(アクセス系)の網があります(KDDIの例であげたリングを思い出して下さい)。で、この網を、中継系のネットワークで結んでいます。一方、NTT西日本では30府県の県内網を、中継ネットワークで接続しています。

なお、他の方の書き込みの中に「IX」という言葉が出てきましたが、昔はもともとプロバイダ同士はこのIX経由で接続されていました。ですがその後「ダイレクトピアリング」といって、プロバイダ同士が直接接続するパターンも一般化しました。ちなみに以下はKDDIのバックボーンですが、図の中にIXも記述されていますからご参照ください。
http://www.kddi.com/business/network/internet/in …
    • good
    • 1

ご質問の内容が壮大なスケールですので、とりあえずFTTHのアクセス回線を中心にひとまず書きます。

以下のページの図は、見られますか?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071 …

上記ページの冒頭にある図は、ユーザ宅からNTT収容局までの図です。もしこれがフレッツ光ならば、図の線(光ファイバ)は当然ながらNTT東西が自分の持ち物である光ファイバを自分で使っています。

他方、たとえばauひかりなら、KDDIがNTTの光ファイバを借り、NTTの収容局に間借りして運用しています。(ただし関東と中部は自前のファイバのようです)。また電力系は自前のファイバです。

なお上であげたURLの記事は、ご質問の内容とはまた別のテーマで書かれていますから混乱しないでくださいね。(冒頭の図だけ参考にしてください)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

>ご質問の内容が壮大なスケールですので
回答者様に教えて頂きましたが、色々と誤解していた部分もあるので、
(1)~(3)の質問は忘れてやってください。すみません…
自分が今知りたいところは、教えて頂いたページ図の「他事業者網」のところです。

auひかりの場合、KDDIがNTTの光ファイバを借りているようですが、
KDDIの各拠点と全国NTT収容局が専用線を結んでいるという事でしょうか?
この事業者網は公開されていないようですが、都道府県単位くらいで拠点があるのですかね?

お礼日時:2014/12/29 11:05

No3,6,8です。



あいかわらず、物理回線の話をしているのか、契約の話をしているのか、混ざってるようですが、

>それ以外のパターンについても、物理的にどのように繋がっているのか?

物理的な話と言うことでいいのでしょうか?


>>物理的な回線の話であれば、全国の収容局が相互に直接全部つながってるわけは無く、
>>木構造のようになっているはずです(しらべてませんが多分外部非公開)

>家庭から繋がっている網の内部は「非公開」なのですね。

家庭から収容局は明らかに木構造です。非公開じゃないかな?というのは収容局同士の接続方法。

>>フレッツじゃ無いADSLの場合は、ADSL回線業者(プロバイダが兼業またはプロバイダの下請け)は、
>>サービス地域内のすべての収容局までそれぞれ専用線を借りています

>フレッツじゃ無いADSLの場合は、収容局同士はADSL回線業者の施設を通して繋がる形に
>なるのでしょうか?(全国のNTT収容局とADSL回線業者の各施設が専用線で繋がる)

物理的という話になると、すべてNTTの回線で、ADSL回線業者の拠点とNTT全収容局を、それぞれ途中にいくつかの収容局を経由しながら結んでいます。


>ビルの最寄りの収容局---NTT(POIビル)---プロバイダがそれぞれ専用線で繋がっているという
感じでしょうか?

専用線とは物理回線ではありません。
専用線というのはNTT以外の会社がNTTの論理的な回線を占有して借りた物という意味なので、NTT内部(上記でいうと収容局とPOI間)は、専用線と言いません。
POIとプロバイダ間は専用線ですね。これは物理的な話しじゃなくて契約的な話ですが。

>東日本エリアだと県に1つ、東京は8箇所もあるとかいう情報がありましたが、
>これは一体…?

IPv4のPOIの事ですかね。何がわからないのでしょうか?
東京にたくさんある理由?ユーザーが多いからに決まってますよね。

>他の回線業者もNTTビルを利用しているとか…わからなくなってきました(+_+)

これは先の回答に書きましたよね。ADSL回線業者は局内に場所を借りて設備を置いてます。
何がわからないのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事頂きありがとうございます!

「契約の話」とは具体的に何を指しているのかわかっておらず、勘違いして捉えていましたが、
今回のご説明を見て、契約=専用線だとやっとわかりました。
(専用線について詳しく教えて頂きありがとうございます)
物理回線なのか、専用線の話なのか…色々質問によって(質問の中でも)変わってましたね。
わかりずらく申し訳ありませんでした。

今疑問に思っていることを整理して書きます。

●NTT以外の回線業者について(専用線の話)
>フレッツじゃ無いADSLの場合は、すべてNTTの回線で、ADSL回線業者の拠点とNTT全収容局を、
それぞれ途中にいくつかの収容局を経由しながら結んでいます。

・ADSL回線業者の拠点は各県に1ヵ所ずつあって(実際はもっと広範囲かもしれませんが)、
 県内の全ての収容局と専用線を結んでいるという理解でよいでしょうか?

・KDDI(光ファイバー)は北海道などの地域ではNTTの回線を借りていると教えて頂きましたが、
 調べてみると「KDDIは間借りしたNTTの複数の収容局をダークファイバでリング状につないでいる」
 との情報がありました。これもADSLの場合と同じく、KDDIの各拠点と全国NTT収容局が
 専用線を結んでいるという事になりますか?

●POIについて
・東京に8箇所あるPOIですが、各プロバイダはそれぞれ8箇所すべてのPOIビルと専用線を結んでいるのですか?

・フレッツ以外のADSLの場合でも、このPOIの場所(POIビル)はフレッツと同じなのですか(機器だけ違う)?
 各事業者の拠点にしないのはどうしてですか?

・そもそもフレッツは何故、収容局をPOIの場所にしないのですか? 

お礼で色々質問して申し訳ありません(>_<)予想でも構いませんのでご回答頂けると助かります。

お礼日時:2014/12/23 21:57

プロバイダは営業所等拠点を持ってたら安い月額では


とってもじゃないですけど運営して行けません


自宅→NTT収容所→NTT収容局→ーーー→
基幹局→ーー→NTT収容局→NTT収容所→プロバイダ設備→サイト運営設備


(3)各回線事業者のネットワーク間を結んでいるのはプロバイダですか?
>>> 基本的にNTTです
各回船事業者 では無く NTTの設備をレンタルしてます
義務を課してるため無条件貸借です
渋ったりすると独禁法容疑で処罰されます
NTTグループは昔からいじめられています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご回答ありがとうございます。
プロバイダはデータセンター(ビル)を全国いくつか持っていると思っていましたが
中継とは違うみたいですね。

プロバイダのネットワークについても知りたいところですが、
プロバイダまでの繋がりも未だに掴めていません。
同じ文を載せると長文になってしまいますので、
申し訳ありませんが、前の回答者様のお礼を見て頂けると助かりますm(_ _)m

お礼日時:2014/12/22 21:05

No3.No6です。



お礼見ましたが、依然として、物理回線の話をしているのか、契約の話をしているのか不明。

契約された回線の話であれば、おおむねNo6に書いたとおりですが、ADSLと光に分けてもう少し詳しく書いてみます。

フレッツじゃ無いADSLの場合は、ADSL回線業者(プロバイダが兼業またはプロバイダの下請け)は、サービス地域内のすべての収容局までそれぞれ専用線を借りています。全国だと数千の下の方の数のはず。地域限定プロバイダだと数十~数百か。
ADSL回線業者とプロバイダの接点はちょっとわかりません。都道府県単位かな。

各プロバイダのADSLサービス開始当初は収容局単位で、「xxx局はx月x日からサービス開始」となってましたね。プロバイダのサイトに予定スケジュール表が掲載されていた。
ADSL回線業者が局まで専用線を借りて局舎内に接続設備を場所を借りて置くまではその局地域内ではその会社のサービスが始まらなかった。設備や場所に限りがあるので、会社で取り合いしてるのがニュースになってましたね。某社が予約だけしてなかなか設備置かないとかだったかな(不確かな記憶なので社名伏せます)。

フレッツでない光の場合、一番メジャーなau光の場合だとNTT回線と別に光回線を各家庭に引いているので、足回りではNTT網とは関係ないはず。地域によってはNTT光回線を使ってるようです。この場合は、ADSLと同じようなパターン。

フレッツADSL・フレッツ光の場合は、地域IP網とプロバイダの接点はPOI(Point Of Interface)と呼ばれます。これが地域IP網のコアかというとそうとも限らないでしょうね。あくまで外部との接点。
ググると、IPv4では都道府県に1つ、IPv6だと東日本・西日本で各1カ所のようです。
というわけでフレッツだけ対象にしたプロバイダーだと借りる回線本数が少なくて済みます。その分、1つの回線は太いものが必要ですが。

さらに、プロバイダ同士は、全国何カ所かのIXP(Internet eXchange Point)まで、専用線を引くことで(またはIXP拠点の内部に自社の集約拠点を置くことで)相互につながっています。


物理的な回線の話であれば、全国の収容局が相互に直接全部つながってるわけは無く、木構造のようになっているはずです(しらべてませんが多分外部非公開)。

内部の人じゃないので、間違ってたらごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

要領の得ない文章にも関わらず何度もお返事頂き、本当にありがとうございます(ToT)

>物理回線の話をしているのか、契約の話をしているのか
すみません。自宅~プロバイダと書きましたが、各家庭からの間違いです。
フレッツだけでなく、それ以外のパターンについても、物理的に
どのように繋がっているのか?気になりました。

>物理的な回線の話であれば、全国の収容局が相互に直接全部つながってるわけは無く、
木構造のようになっているはずです(しらべてませんが多分外部非公開)

家庭から繋がっている網の内部は「非公開」なのですね。
検索してみましたが、たしかに詳しい情報はありませんでした。
ただ、NTTの地域IP網(フレッツ網)の構造については、「ほぼメッシュ状」ということだけわかりました。
フレッツ網については「収容局同士が繋がっている」⇒「収容局同士は収容局以外のNTT施設を通して繋がっている」など、考えがコロコロと変わっていましたが、前者で正しかったようですね。

>フレッツじゃ無いADSLの場合は、ADSL回線業者(プロバイダが兼業またはプロバイダの下請け)は、
サービス地域内のすべての収容局までそれぞれ専用線を借りています

フレッツじゃ無いADSLの場合は、収容局同士はADSL回線業者の施設を通して繋がる形に
なるのでしょうか?(全国のNTT収容局とADSL回線業者の各施設が専用線で繋がる)

あと一つわからないのが回線業者網とプロバイダの接続点(POI)についてです、
フレッツの場合、プロバイダにデータを渡すのは収容局かと思ってましたが、
収容局とは違うビルみたいですね
ビルの最寄りの収容局---NTT(POIビル)---プロバイダがそれぞれ専用線で繋がっているという
感じでしょうか?
東日本エリアだと県に1つ、東京は8箇所もあるとかいう情報がありましたが、
これは一体…?他の回線業者もNTTビルを利用しているとか…わからなくなってきました(+_+)

お礼日時:2014/12/22 20:56

自宅 NTT収容局 NTT局舎 NTTもしくはNTTの線を借りた事業者




NTT局舎 NTT収容局  プロバイダ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
NTT局舎とは、全ての収容所が繋がる拠点のことですか?
そこから繋がっている「NTTもしくはNTTの線を借りた事業者」のところが何の施設を
指しているのかよくわかりません。。
よければまた回答お願いしますm(_ _)m

お礼日時:2014/12/20 19:34

No3です。



>例えば自宅~自身が契約しているプロバイダまでを図にすると、

他の方が書いているとおりいろんな意味レベルのレイヤーが混乱していますね。
自宅までNTTの回線を引いている場合は、契約のレイヤーで考えると、下記のはずです。


<フレッツの場合>
自宅----自宅と繋がっている収容局----<フレッツ網>----プロバイダ最寄り中継局--(プロバイダがNTTから借りている専用線)--プロバイダ

<フレッツ以外>
自宅----自宅と繋がっている収容局--(プロバイダがNTTから借りている専用線)--プロバイダ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
昨日からずっと考えていましたが、
市町村の収容局が全て繋がっているのを前提に考えていた事や、
プロバイダが借りている回線事業者の網と、プロバイダの網を混同していたりと
色々勘違いしていたみたいです。
自分の想像で考えず、まずは自宅からの物理的な回線の繋がり
(どのような施設に繋がって、プロバイダまで辿り着くのか?)を先に質問するべきでした。

市町村の収容局同士が細かく繋がっているのではなく、
各収容局はある拠点(収容局からのデータを集める場所)と直接繋がってるのですよね
フレッツの場合ですと、地域IP網の拠点でしょうか。

自宅----(自宅と繋がっている収容局----拠点)----プロバイダ中継センター----プロバイダ
             地域IP網

このNTTの拠点は県を代表する収容局というわけではなく全く別の施設ですよね?
名称は何というのでしょうか?
また、フレッツ以外の場合でも、収容所からのデータを集める拠点が必ず存在しますよね?

また何か勘違いしていたらすみません…
上記教えて頂けると助かります(>_<)

お礼日時:2014/12/20 19:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q収容局とプロバイダまでの道のり

初歩すぎる質問ですが…

(1)NTTが提供しているADSLと光ファイバー回線は、それぞれ収容局が異なるのですか?
それとも、一緒の局で機器だけ分かれているのですか?

(2)ADSLの場合、自宅からプロバイダまでの道のりは、
自宅→収容局→収容局のネットワーク(市町村の収容所が全て繋がっている?)→プロバイダ

という感じで合ってますか?この収容局のネットワークをADSL網と言うのなら、
(1)の光ファイバーは別の収容局になりますが…

Aベストアンサー

> (1)(2)

「NTTが提供している」なので、インターネット回線会社がNTT東・西のフレッツ回線との前提で回答をします。

ADSLと、光ファイバーは、NTTの交換局(収容局)~ユーザー間の伝送路が違うだけです。

ADSLは、NTT東・西のメタル線(材質が銅線の電話ケーブル・引込線)に、電話は可聴信号の周波数帯域のアナログ信号て゜通信をします。
そして、ADSL信号は可聴周波数以上の帯域の搬送波にパケット信号を変調させています。

光フィバーは、同じ光フィバーを使う(収容される)近所の光回線契約者のパケット信号も流れています。
同じ光回線の隣近所との区別は、パケット信号には全部に「タグ」が付いているので、このタグを識別して光回線での通信をしています。

交換局(収容局)では、フレッツ回線契約なら、ADSLと光回線のパケット信号を全部一緒にして、プロバイダ別の「識別符号」を付けて、NTT東・西の県別の関門局へ転送します。
NTT東・西の県別の関門局で、プロバイダ利識別符号を確認して、プロバイダへ転送します。



> という感じで合ってますか?この収容局のネットワークをADSL網と言うのなら、(1)の光ファイバーは別の収容局になりますが…

崎の回答の様に、インタネット回線会社がNTT東・西のフレッツ契約なら、交換局(収容局) ~ ユーザー間 が、ADSLか光回線かが違うダケです。

ただし、NTT東・西以外のADSLも、必ず、NTT東・西の交換局(収容局)に接続しますが、交換局(収容局)では、インタネット回線会社ごとの機器に接続します。(NTT東・西フレッツ以外のADSLとは、KDDIのADSL、ヤフーのADSL等があります)
また、NTT東・西のフレッツ以外の光回線は、NTT東・西の交換局(収容局)に接続されずに、NTT東・西とは関係無い所の機器に続します。(NTT東・西以外の光回線の接続ルートは、私も詳細が分かりません)

> (1)(2)

「NTTが提供している」なので、インターネット回線会社がNTT東・西のフレッツ回線との前提で回答をします。

ADSLと、光ファイバーは、NTTの交換局(収容局)~ユーザー間の伝送路が違うだけです。

ADSLは、NTT東・西のメタル線(材質が銅線の電話ケーブル・引込線)に、電話は可聴信号の周波数帯域のアナログ信号て゜通信をします。
そして、ADSL信号は可聴周波数以上の帯域の搬送波にパケット信号を変調させています。

光フィバーは、同じ光フィバーを使う(収容さ...続きを読む

Qアクセス回線から地域IP網、ISPまでの経路と構造について

とある本に“PPPOE接続では、PPPOEクライアントであるBBルータと、ISP(ISPルータ)が直結している。”と、書いてあったのですが、これは、“BBルータとISPのアクセスポイントのルータと物理的に直結、つまりは一本のケーブル繋がっている”という意味ですか?

契約するISPや使用するサービス、回線によって違うと思いますが、フレッツADSLなどはISPに着くまでに地域IP網のルータを経由したりなどして、とても直結だとは思えないのですが。それに地域IP網はLANだと聞いたのですが、それからも直結とは思えません。
それとも"論理的な直結”という意味なのでしょうか?

アクセス回線から地域IP網、ISPまでの経路と言うか、構造がいまいちよく分からないので教えていただけないでしょうか。また、参考文献の紹介でもかまいませんのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

フレッツサービスはPPPoE での通信ですので、ATM のことは忘れてください。

技術参考資料の44ページには、
”フレッツ・ADSL の回線収容設備は、ATM 伝送方式を使用します。”
と有りますが、あくまで伝送路としてATM を利用していると言うだけです。

ADSL でATM が表(ユーザサイド)に出てくるところでは、
ATM でPPP 機能を提供するPPPoA になってきます。

フレッツでは、全てIP での通信とお考えください。
局舎間の伝送路など、一部でATM 回線などが利用されていますが、
あくまで伝送路としてのATM で、
ルーティングなどの経路の選択はIP で行われています。

また、大きな局舎では直接ISP に収容する所もありますが、
小さな局舎はIP 通信網を経て地域のコア局に収容し、
そこにある”Broadband Access Server”で
各ISP への振り分けを行うような接続になっています。

先の回答で”カプセリング”をしないと書きましたが、
あくまでIP 通信網としてはカプセリングのサービスを提供する物ではなく、
サービスに応じて通信機器の間ではカプセリングを行う事も可能です。

実際、局舎とコア局舎間ではL2TP で通信が行われているようですが、
仮想的なパスを提供するための物になります。

繰り返しますが、IP 通信網は名前の通り、
それだけではIP を基本とした通信網になります。

> とありますが、NTT局舎にあったほうがよいのでは・・?
> 地域IP網を利用しないISPのためにも・・?

IP 通信網を用意せずに、全ての局舎にAC を設置し、
そこからISP への振り分けを行っていては、
NTT・ISP ともに膨大なコストがかかってしまいます。

NTT が提供するIP 通信網を介し、コアとなる局にトラフィックを集め、
そこから各ISP への振り分けを行う事で、
両者にとってメリットのある状態と言えます。

関係する資料を見つけたので、紹介しておきます。

参考URL:http://www.ntt-me.co.jp/bar/tutorial_pppoe-pppoa.html

フレッツサービスはPPPoE での通信ですので、ATM のことは忘れてください。

技術参考資料の44ページには、
”フレッツ・ADSL の回線収容設備は、ATM 伝送方式を使用します。”
と有りますが、あくまで伝送路としてATM を利用していると言うだけです。

ADSL でATM が表(ユーザサイド)に出てくるところでは、
ATM でPPP 機能を提供するPPPoA になってきます。

フレッツでは、全てIP での通信とお考えください。
局舎間の伝送路など、一部でATM 回線などが利用されていますが、
あくまで伝送路としてのAT...続きを読む

Q回線事業者による、NTT局舎内他社事業者設備についての因果関係が知りた

回線事業者による、NTT局舎内他社事業者設備についての因果関係が知りたい。

2年前に、ウチの地域(田舎)に、やっとNTTのフレッツADSL モアII40Mが開通しました。
これでブロードバント環境でのネット接続サービスの恩恵を受けているのですが、
いかんせん、都市部のサービスエリア内の競争価格帯の恩恵を受けられない。
ソフトバンクテレコム系、KDDI系、回線事業者。
又はプロバイダ等の接続サービス事業者など、
NTT回線を使用しないサービスがいまだに受けられません。

NTT局舎建物内に、
SBやKDDIの交換機等が置かれ、他社回線サービスを提供出来る地域が有るのは、
知っていますが、田舎の局舎は、他社回線事業者へ解放出来ない理由や、
総務省等の電話回線事業者へのガイドライン等どのように決まっているのでしょうか?

もちろんNTTは顧客囲い込みの為,初期投資の回収の為、
他社に局舎使用をされたくないのは何となくわかりますが、
通信インフラ企業って、番号ポータビリティやユニバーサル料金の徴収で、
国指導の元、各社サービスが受けられるようになるものだと思うのですが?

やはり田舎の局舎は不採算地域だから、
他事業者が入らない、又は入れない理由があるのでしょうか?

買物に行くと、必ず回線サービス事業者の3社がネット通信と抱き合わせ販売で、
うるさくまとわりついてきます。
相手にしなければいいのですが、「回線安くなりますよ」「お得ですよ」と
しつこいわりに、いいだけ話をして足止めしたにもかかわらず、
ウチの電話番号や郵便番号を調べた段階でやっと、
「お客様の地域はサービスエリア外でした」と
勧誘したくせに逃げていきます。
「今回こそサービスエリアになったかな」という、あわい期待もあるので、
一応は話を聞きますが、キャンペーンを頻繁に打つ予算があるなら、
不採算地域へのひかり対応PBX整備に金まわせよ!と思ってしまいます。

インフラ企業のくせに、ユニバーサル料金とってるくせに、
田舎は多サービスを受けられない理由がわかりません。

だれか納得のいく説明および仕組みを教えてください。

回線事業者による、NTT局舎内他社事業者設備についての因果関係が知りたい。

2年前に、ウチの地域(田舎)に、やっとNTTのフレッツADSL モアII40Mが開通しました。
これでブロードバント環境でのネット接続サービスの恩恵を受けているのですが、
いかんせん、都市部のサービスエリア内の競争価格帯の恩恵を受けられない。
ソフトバンクテレコム系、KDDI系、回線事業者。
又はプロバイダ等の接続サービス事業者など、
NTT回線を使用しないサービスがいまだに受けられません。

NTT局舎建物内に、
S...続きを読む

Aベストアンサー

>NTT系列の下請け通信会社が設置しているのですか?他の通信下請け会社ですか?

専門的な知識や技術が必要ですから、主にNTT系の業者が工事をしています。

>NTTの資産ですよね。局舎や敷地は?

意味が良くわかりません。

>総合通信局はNTT局舎分譲にどこまで関与しているの?

総合通信局というのがあるんですか?聞いたことがありませんが。他社はNTTの通信設備の隣にたっています。同じ部屋に各社の設備があります。

>NTTがソフトバンクから共架料金をもらってるのでしょうか?国から金をもらっているのでしょうか?

>ケーブルだってNTTが敷設したものだし、それを他社が使っているんですよね?使用料を徴収しているのでしょうか?

NTTの設備を他社が使用すれば、使用量を取っているはずです。光ケーブルの使用料が高いと、ソフトバンクが文句言ってましたよね。

>後ノリのSBやKDDIがNTT設備を使用するって、総務省通達なの?NTTとの賃貸契約のみでしょうか?

総務省通達というか「NTT法」で決まってるみたいですよ。市内ケーブルの「空き線」を他社に貸し出して、他社の加入電話を開通したり、NTT局内のMDF(市内ケーブルと交換機の接続点)の解放がNTTに義務付けられたので、ソフトバンクを初め他社がNTTの加入者電話回線を使って「ADSL」の商売ができるようになりました。


>自社持ちの非常用可搬形デジタル交換機って、NTTしかもってないの?SBやKDDIは、災害時の回線復旧はNTT頼みなの?

NTTの場合は、大きい局舎には「自家発電装置」があります。最新型のジーゼルエンジンです。通常起こりやすい災害は「停電」ですね。最近は台風が多いですから。

通常の通信設備の電源は「電力会社」の電気を使っていますが、停電になるとまず「蓄電池(バッテリー)」に切り替わります。

バッテリーは何時間か持ちますが、停電が長時間続けば、自家発電装置で給電します。

他社の通信設備は、中には「自前給電」が有りますが、ほとんどはNTTへ「おんぶに抱っこ」です。

無人のパック型の交換局の停電の場合もまず「バッテリー」で次には「移動電源車」が駆けつけます。停電が回復するまで、電源車が運転します。

これらの移動電源車は全てNTTが準備しています。ですから他社はほとんどNTT頼みでしょうね。

>NTT系列の下請け通信会社が設置しているのですか?他の通信下請け会社ですか?

専門的な知識や技術が必要ですから、主にNTT系の業者が工事をしています。

>NTTの資産ですよね。局舎や敷地は?

意味が良くわかりません。

>総合通信局はNTT局舎分譲にどこまで関与しているの?

総合通信局というのがあるんですか?聞いたことがありませんが。他社はNTTの通信設備の隣にたっています。同じ部屋に各社の設備があります。

>NTTがソフトバンクから共架料金をもらってるのでしょうか?国から金を...続きを読む

QNTT局舎の探し方

ADSLの通信速度を調べる為に、NTTの「電話回線の線路情報」を利用出来ますが、わかるのはNTT収容局から自宅までの距離と伝送損失のみです。

自宅から一番近いNTT収容局を調べるにはどうすれば良いのでしょうか?
一般人には公開されていないのでしょうか?

Aベストアンサー

別に非公開ではありません。
NTT東日本の場合はこちらからエリア検索すると、収容局が表示されます。
http://flets.com/
それ以外に、eaccessなどでもエリア検索すれば表示されます。
http://www.eaccess.net/
直接NTTに聞いても教えてくれると思いますよ。

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む

Q「NTT○○支店▲▲分局」、電話局、交換局、基地局、収容局、回線収容所―みんないっしょなの?

過去の質問や答えを見ていると、
「ADSLは電話局までの距離が長くなるほど遅くなる」
と言ったような感じことが書かれているのですが、
その際、
電話局、交換局、基地局、収容局、回線収容所
など様々な名称が使われています。

これらはみな一緒のものなのでしょうか。

地図には「NTT○○支店▲▲分局」というものがあるのですが、
これとは違うのでしょうか。


「回線収容所」という言葉を使った質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=145626

Aベストアンサー

電話局、交換局、基地局、収容局、回線収容所
これらはいずれも交換機のある場所を指します。
私の場合は、基地局と言いますが、まあどれも同じことをさしますね。(ADSLで電話局までの距離での解凍の場合)
ちなみに、これらの局や収容所は電話回線の信号を受け入れて所定の電話番号先に送ったり、もしくはADSL信号を分けてネットに接続する回線にリンクする交換機という機器がある場所を指します。

地図には「NTT○○支店▲▲分局」というものがあるのですが、
これとは違うのでしょうか。

これのことですね。ただし、距離とは家からの直線距離や道路沿いでの距離ではなく、あくまで回線上の距離ですから間違えないように・・・また、地図によっては全ての局が載っていない場合もあります。

QNTT収容局の隣りなのに・・・

こんにちは!

先月仕事の関係で引っ越す事になり、なんとNTT収容局の隣りに!
「これは速度アップが期待できるぞ!」と思ってADSLも50Mに契約アップしてみました。

ところが・・・
いざネットが開通したと思ったら、
下りは約9000Kbps、上りは約800Kbps程度しかないのです。
地域での平均速度を見てみると、なぜか道路を挟んで向かいの番地は下り約17000Kbpsもあるそうなのです。
こっちの方がNTTに近いのに??

NTTに近いからと言って速いとも限らないのでしょうか?
これってもしかして50Mに切り換えて損をしちゃったのでしょうか?

みなさんはこんな経験ってありますか?
やっぱりNTTに近いから早いとか、関係はあるのでしょうか?
それとも田舎だからなのでしょうか?
ちなみに以前の住所ではNTTから10Km以上も離れてましたが、今と同じぐらいの速度でした。
今ではNTTと50mぐらいしか離れていません。

光回線も体験してみたいのですが、何せ田舎町でNTTが光非対応で・・・。
ADSLも期待していたのにかなりショックでした(T▽T)ぐすん・・・

こんにちは!

先月仕事の関係で引っ越す事になり、なんとNTT収容局の隣りに!
「これは速度アップが期待できるぞ!」と思ってADSLも50Mに契約アップしてみました。

ところが・・・
いざネットが開通したと思ったら、
下りは約9000Kbps、上りは約800Kbps程度しかないのです。
地域での平均速度を見てみると、なぜか道路を挟んで向かいの番地は下り約17000Kbpsもあるそうなのです。
こっちの方がNTTに近いのに??

NTTに近いからと言って速いとも限らないのでしょうか?
これってもしかして50Mに切...続きを読む

Aベストアンサー

>「西日本」なのでサイトは利用できませんでしたが、

すみません、西日本の方も張ろうと思ってたのですが、
張り忘れていました。こちらです。

NTT西日本|公開情報|線路情報開示システム
http://www.ntt-west.co.jp/open/senro/senro_user_index.html

参考URL:http://www.ntt-west.co.jp/open/senro/senro_user_index.html

Qpingテストはどうやってますか?

以前はyahooやgoogleなどにpingを打ってテストすることができましたが、
最近はどこのサーバもping応答を不許可にしているようで
テストをするのに適当な対象のホストが見つかりません。

みなさんは、インターネット上のpingテストはどうやってますか?

Aベストアンサー

え?

ping www.yahoo.co.jp も ping www.google.co.jp

も応答がありましたよ。

chinamini3 さんのところのルーターか、プロバイダが ICMP をブロックしているのではないかと。

Q専用線を引くってどういうことですか?

よく企業間通信などで「専用線をひく」といいますが、具体的なイメージが全くわきません。専用の有線をわざわざ敷設するのですか?素人にわかりやすく教えていただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一般的に専用線というものは1(基点)対1(終点)の電気通信を可能にする設備群の総称です。
「専用線を引く」と聞くと基点から終点まで物理的に銅線や光ファイバーを引くイメージを与えますが、
実際は全国に点在するNTTなど通信会社の局舎や中継施設に既存で張り巡らされている線を利用して
そこから先の配線を敷設・接続することで基点から終点まで物理的につなげます。

「そこから先・・・」と言ってもかなり距離があるように聞こえますが、
中継施設は大都市の大きなビルですとその地下に必ずありますし、
ビル内も竣工時に各階に既に配線はされていますので、
余程のことが無い限り、配線を100m引いたとかいうことはありません。

また中継施設や局舎間は膨大な数の配線があるように想像されますが、
現実には、多重化装置というものを用いて複数の配線が必要なところを
1本にまとめています。(No.1の方の参考URLにある図がこのことを示しています)

ただごく稀に、上記のような設備が無い場合は、
お客様にお断りするケースや実際に数キロの配線を行う場合もあります。

一般的に専用線というものは1(基点)対1(終点)の電気通信を可能にする設備群の総称です。
「専用線を引く」と聞くと基点から終点まで物理的に銅線や光ファイバーを引くイメージを与えますが、
実際は全国に点在するNTTなど通信会社の局舎や中継施設に既存で張り巡らされている線を利用して
そこから先の配線を敷設・接続することで基点から終点まで物理的につなげます。

「そこから先・・・」と言ってもかなり距離があるように聞こえますが、
中継施設は大都市の大きなビルですとその地下に必ずありま...続きを読む

QDS-LiteでIPv4の速度を速くしたいが、現在の固定電話をどうするか

現在の固定電話を残したままインターネット回線速度を速くする方法について相談に乗ってください。

インターネットの速度が、今まで80Mbpsだったのが1週間ほど前から1Mbps以下になりました。
プロバイダのso-netに相談したのですが、「障害情報は無い」の回答で終わってしまいました。

次に、自分で調べてIPoEにしてDS-Liteで接続すれば速くなるという情報を見て、so-netに連絡して契約をIPoEに変更してもらいました。
IPoEにしたことで、今はIPv6のスピードテストでは82Mbps出ており、また、IPv6対応のYouTubeでも快適に動画を見ることができるようになりました。

ですが、IPv4のページでは、速度が非常に遅いままです。IPv4のスピードテストでは1Mbps程度しか出ません。画像が多いページだと、表示に時間がかかります。
Amazonプライムビデオでも、HDで表示されず、モザイクのような荒い動画で表示されます。

そこで、DS-Liteで接続するためにルーターをDS-Lite対応のbaffaloのものに買い換えようと検討したのですが、問題があります。
今は、NTTから借りているルーター(RT-400NE)に固定電話を接続して、ひかり電話で使用しています。
もしルーターをDS-Lite対応のものに交換すると、固定電話が、ひかり電話として使えなくなりますよね?

そこで質問ですが、以下の条件で、できるだけ費用をかけずにIPv4の回線速度を速くする方法を教えてください。
DS-Liteを検討していますが、もしDS-Lite以外の方法でも速度改善できる方法があるのでしたら教えてください。
もし速度が速くなった上で、月々の費用も安くなればとても嬉しいです。

■条件
・Amazonプライムビデオが1080pで見れるようにしたい。安定して5Mbps以上の速度がほしい。
・固定電話はひかり電話に拘らないが、基本料と通話料が、ひかり電話程度に安くなれば嬉しい。
・プロバイダはso-netから乗り換えてもよい。so-netはメールアドレスだけの契約に変更してもよい。
・回線はNTT以外でもよい。
・ルーターは1万円以下が望ましい。Wi-Fiアクセスポイントは別に所有している。

■現在の環境
ルーター:RT-400NE(ひかり電話対応)※レンタル
Wi-Fiアクセスポイント:MZK-300N2
PC: lenovo ThinkPad X201s(Windows7-32bit)
プロバイダ:so-net
回線:フレッツ光

■現在の月々の費用
◎NTTからの請求
3,250円 フレッツ光利用料(Nマンション1B)
500円 ひかり電話(基本料)
450円 ひかり電話対応機器使用料
400円 ナンバー・ディスプレイ使用料
3円 ユニバーサルサービス料
368円 消費税等相当額(合計)
--------------------------------
4,971円 合計

◎so-netからの請求
972円 フレッツ光 (マンション)

■IPoEに変更した現在の回線速度
USENのスピードテストでは、0.1Mbps~2Mbpsです。
http://www.usen.com/speedtest02/

IIJmio IPv6スピードテストで82Mbpsです。
http://speedtest6.iijmio.jp/

現在の固定電話を残したままインターネット回線速度を速くする方法について相談に乗ってください。

インターネットの速度が、今まで80Mbpsだったのが1週間ほど前から1Mbps以下になりました。
プロバイダのso-netに相談したのですが、「障害情報は無い」の回答で終わってしまいました。

次に、自分で調べてIPoEにしてDS-Liteで接続すれば速くなるという情報を見て、so-netに連絡して契約をIPoEに変更してもらいました。
IPoEにしたことで、今はIPv6のスピードテストでは82Mbps出ており、また、IPv6対応のY...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは

1Mbps以下は極端に遅いのでSo-net側にないなら近くのNTT収容設備に障害があるかもしれません。
NTT側に確認してみて下さい。

現在IPv4PPPoEで接続しているかと思いますが、簡単にできる方法としては接続し直しですね、
ルーターの設定画面より切断→接続を行ってみて下さい。
この際にランダムで別のNTT収容設備へ繋がるため、今と異なる場所に繋がれば速度低下を回避出来る可能性が高いです。
今と同じ所に繋がる可能性は高いですので、根気よく探すことになるかもしれません。
地域によりますが、6種類くらいはあるかと思います。

例えばつなぎ替えるたびにIPアドレスが変わりますが、先頭アドレスが変更になれば変わったとみて良いと思います。
例:
① 111.222.333.444←基地局1 今がこれだとすると
② 111.555.666.777←基地局1(変更なし)
③ 112.555.666.777←基地局2
④ 113.222.333.444←基地局3

IPアドレスはこちらで確認出来ます
https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

これで改善しないなら
もっとも手軽なのは工事等不要なドコモ光へ転用する。
次はOCNなど全国的に見て比較的早めのプロバイダーを変更するですね。
一番確実なのは同じ近くの友人などに聞いて実際の利用者と同じプロバイダーにするです。

プロバイダーが選択不可能となるようなコラボ光(ソフトバンク光など)への転用はオススメしません。
速度面で不利というのもありますが、遅かった場合にプロバイダー変更が出来ずに再転用自体も不可となってしまうので・・・
(再転用するには回線自体を一度解約する必要が出てきます)

後は現在スマートフォンをお使いでしたらテザリングしてしまうのも手かと思います。
ドコモなど大手キャリアの回線でしたら5Mbps以上は軽く出せますので、
光電話だけ残し、スマホのパケットを大容量プランに上げるだけで料金ほぼ変わらず目的は達成出来るかと思います。

お金を掛けて問題ないならお考えの通りルーターを購入してDS-Liteを使用する感じですね。
バッファローだと一番安いのでもWXR-1750DHPになるので1万円ギリギリくらいでしょうか。
ひかり電話にはIPv6通信を使用するので、今お使いのひかり電話対応ルーターの設定でIPv4通信のみを接続しないよう変更。
これでIPv4を使った通信自体が利用不可となりますが、この状態でルーターの先に
DSLite対応ルーターを設置してDSLite接続を行う事で、ひかり電話対応ルーター配下はIPv6通信(ひかり電話用)
DSLite対応ルーター配下はIPv6IPoEでの通信が可能となるので目的は達成出来るかと思います。

余談ですが、
DS-Liteやv6プラスはポート開放が出来なくなるため1:1の通信が出来ないです、
具体的にひかり電話に限らず、P2P通信を使用したアプリ全般および、オンラインゲームが実質使用不可能
またはラグが酷い状態となるので、これらを使用する方は注意した方が良いです。

参考になれば

こんばんは

1Mbps以下は極端に遅いのでSo-net側にないなら近くのNTT収容設備に障害があるかもしれません。
NTT側に確認してみて下さい。

現在IPv4PPPoEで接続しているかと思いますが、簡単にできる方法としては接続し直しですね、
ルーターの設定画面より切断→接続を行ってみて下さい。
この際にランダムで別のNTT収容設備へ繋がるため、今と異なる場所に繋がれば速度低下を回避出来る可能性が高いです。
今と同じ所に繋がる可能性は高いですので、根気よく探すことになるかもしれません。
地域によりますが、6...続きを読む


人気Q&Aランキング