OCN光で最大124,800円おトク!

短期金利には、無担保コール翌日物とTIBORがあると知りました。

しかし
6ケ月物の無担保コールがあったり、
TIBORが1年未満の金利の事であったり、
住み分けの区別がよく分からないのです。

明確な違いはございますでしょうか?

また、銀行間でのお金のやり取りを、
翌日物で取引しているのでしょうか?
TIBORで取引しているのでしょうか?
それとも両方でしょうか?

翌日物は、当日返済したり、2日以上返済しないとか
あるのでしょうか?

勉強を始めたばかりで初歩的な事で大変恐縮です。
こちらの質問をいろいろ見てみたのですが解決できず、
質問させてください。

お手数おかけして申し訳ありませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

勉強大変ですね。

短期金利といっても、いろいろとあるんですよ。


>短期金利には、無担保コール翌日物とTIBORがあると知りました。

無担保コール翌日物がインターバンクの主流の取引でしょう。金融機関にも、資金繰りというものがあります。例えば、銀行。預かった預金を、融資や国債などで運用しています。例えば、お客さんから突然「多額の預金を引き出したい」と言われた。でも、お金がない。そんなときに銀行は、無担保コール翌日物で、他の銀行からお金を借りて、お客さんの預金引き出しに応じるわけです。でも、実際にはそんなアホな銀行はありません。取り付け騒ぎが起こりかねないからです。銀行は、いつでも引き出せるお金を日銀に積んでいます。これが、日銀当座預金というものです。ここにあるお金を実際の紙幣にするときは、更に事務が発生するわけですが、ここでは割愛します。
TIBORとは、借入の基準となる金利のことです。前掲に記載しましたので、割愛します。


>6ケ月物の無担保コールがあったり、

実際に取引ってどれだけあるのでしょうか? 「コール」というのは、呼べば返ってくるという意味ですから、6か月は長過ぎですよね。ちなみに短期金利は、以下のものを覚えれば、概ね大丈夫です。

コール翌日物(O/N)
翌営業日スタートの翌日物(T/N)
翌々営業日スタートの翌日物(S/N)
TIBOR(LIBOR)1週間物(1W)
TIBOR(LIBOR)1か月物(1M)
TIBOR(LIBOR)3か月物(3M)
TIBOR(LIBOR)6か月物(6M)
TIBOR(LIBOR)12か月物(12M)

それとレポ。これは、主に証券会社が資金調達する際に用いるものです。あと、NCD(譲渡性預金)とCP(コマーシャルペーパー)くらいを覚えておけば大丈夫でしょう。


>また、銀行間でのお金のやり取りを、翌日物で取引しているのでしょうか?
>TIBORで取引しているのでしょうか?
>それとも両方でしょうか?

翌日物が主ですけど、いろいろです。資金繰りや金利観などに応じて、あっちゃこっちゃとやっているわけです。ちなみに、「破綻間際」などという銀行は、当然に長めの資金を調達したがります。資金繰りを安定させるためです。TIBOR(LIBOR)は企業向けの融資とか、金利SWAPに使うのが主ではないでしょうか?


>翌日物は、当日返済したり、2日以上返済しないとかあるのでしょうか?

翌日物はあくまでも、翌日に資金を戻します。2日間借りたければ、初めから「2日間」といって、借ります。今は順イールドですから、理論に従えば、金利は翌日物と比べて、高くなります。ということは、金利水準が変わらなければ、(借入金利だけを比較した場合、)翌日物を2日繰り返した方が安く借入れられますね。特に、毎日毎日、資金のやりとりをするのが面倒なので、利息だけやりとりするというのもあります。これはオープンエンド。すなわち、期限なしです。毎回、数百億円以上のお金をやりとりするのが面倒だから、初めから「それなりに長く借りる(貸す)だろう」というものについては、利息だけやりとりするのです。そしてそのお金が必要になったら(いらなくなったら)、「返せ(返す)」ということをするのです。

学生さんですか? 就職活動用ですか? 金融機関の人でも、資金繰りに携わっていないと、詳しくわからない内容です。もしとことん突き詰めたいのであれば、日銀当座預金絡みまで勉強されると良いと思いますよ。でも、実務経験がないと、ほとんど「?」になってしまうかもしれませんけど…  頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyohayakin様

回答頂きありがとうございます!

理解できる部分もありましたが、とても難しいのですね。
おっしゃる通り、実務経験などが無いと複雑すぎて表面的な知識になりそうです。

受験勉強ではありませんが、
経済や債券、為替などに大変興味を持つようになりました。

また機会がありましたら、
どうぞよろしくお願いいたします。

とても詳しく教えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2015/01/24 17:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金利スワップレートの見方

が、よくわかりません。
以下は日経金融新聞に記載されているものですが
どのように見るのでしょうか。
分かりやすく教えていただけないでしょうか。
円 - 円
売り 買い
1年物 0.13---0.09
2年物 0.19---0.15

Aベストアンサー

回答が入らないので、自信は有りませんが、不肖私めが…。
金利スワップというのは、固定金利と変動金利を交換するもの、というのはご存知だと思います。日経金融新聞は、もう何年も見てないので確信はありませんが、為替や金利スワップのような相対取引の商品で、0.13-0.09といった形の2つの価格が提示されている場合は、「買いに行ったらいくら、売りに行ったらいくら」という、いわゆるTwo Way Quoatationを示す場合がほとんどです。質問者の方の上げた例のうち、金利スワップ1年もので考えれば、

・固定払い+変動受けの取引をしたい人から見て、0.13%の固定金利を相手に払えば、(3 M Liborといった)変動金利をこちらに払ってくれる相手が、市場にはいた

・固定受け+変動払いの取引をしたい人から見て、0.09%の固定金利の相手からの受け取りでよければ、(3M Liborといった)変動金利の受取で満足してくれる相手が市場にはいた

という事を示します。実際のスワップの取引は、その範囲内のどこかで決まっているわけです。

Q金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか?

金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??

この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?教えて下さい。

後、下のようなケースが理解できません。よければこちらも教えて下さい。
下にある金利が何を指すのかも教えて下さい。

【Q】
2005年1月1日に、表面利率1%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
あなたは、それを100万円で購入します。
その後金利が上昇し、
2006年1月1日に、表面利率2%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
さて、あなたの持っている2005年債は一体いくらで売却できるでしょうか?
大切なのは、答えの絶対値ではなく、その算出の仕方にあります。
だから答えを先に書いてしまいましょう。およそ918,378円です。
金利が上昇した結果、債券価格は下落したとこになります。
その理屈と計算方法を答えてください。



よろしくお願いします^-^

Aベストアンサー

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5%に引き上げになるとします。すると明日以降に発行される債券は利率5%が並になる、と考えれば、今日までに発行されていた0.5%の債券を売却して明日以後発行になる5%の債券を求める動きが出るでしょう。
したがって、「金利が上昇すると、(今までの)債券は売られて価格が下落」します。金利下落時は逆です。

>【Q】
利率1%、残存9年の債券がある。今の長期金利は2%である。
これが50円ならあなた買いますか?普通買いますよね。なぜ? だって9年で値上がり分の50円と利息9年分9円の合計59円が入るから。50円の投資で9年かけて59円手に入るんだから。すごい効率ですよね。
じゃ60円なら買い?80円なら?95円なら?
これの損益分岐点を求めたものが回答です。利回り計算をすればいいんです。

〔{1+(100-x)/9}/x〕*100 =2
参考URL(最終利回り)をご覧ください。

この式の分子に来ているのは、結局「今後1年あたりどれだけの収入があるか」ってことです。
(毎年決まった利息)プラス(償還までの差益・差損の1年当たり分の合計)ですから。
(それをいくらの投資によって得られるか)が分母(購入価格)です。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/study/knowledge/bond02.html

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5...続きを読む

Q統計データの「タイル値」とは何でしょうか?

医療データ(他のデータでも使われるとは思いますが)でタイル値という統計の値が良く使われ、前後の文章からはある程度意味はわかるのですが、具体的にどのように算出されるのかがわからず悩んでおります。私は数学が余り得意でありませんのでそのようなレベルの人にもわかるようにご教授願い致します。不躾な質問の仕方で申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

%タイル値のことを質問しておられるのかと思います。
非常に簡単です。

同一年齢の子どもを背の高さで並べる(低→高)
子どもが100人いるとすると、5%タイル値とは、100人のデータの小さい方から5人目の値を意味します。
50%タイル値は中央値と同じ意味です。
この用語が一般的になったのは、母子手帳の中に、乳児の身長、体重の平均値しか記載されていない時代があり、我が子が平均値以下だと、異常だと思う母親が多かったので、9割の乳児は有意差を5%として、5-95%タイル値の間にあれば、特に問題はありませんとしてからです。

QTiborとLibor

TiborとLibor、基準金利として頻繁に利用されますが、詳しい内容と、基準とする根拠の違いについてご教授ください。

Aベストアンサー

TIBORは「Tokyo Inter-Bank Offered Rate」で東京市場における銀行間取引の出し手金利の事です。指定された金融機関(日本円TIBORは15金融機関、ユーロ円TIBORは14金融機関)の提示した日本時間午前11時時点の金利から平均を取って表します。

LIBORは「London Inter-Bank Offered Rate」でロンドン市場における銀行間取引の出し手金利の事です。これも指定された複数の金融機関の提示したロンドン時間午前11時の金利から平均を取って表します。

一応、国際的な取引の基準はLIBORですが、ロンドンと東京の時差が9時間もあるため、実勢レートとLIBORの間に乖離が生じる可能性があります。このため、東京市場が活発に活動する時間に合わせてTIBORを定めています。両者はほぼ連動して動きますが、市場の状況によっては金利が乖離することもあります。

Qエクセル 0や空白のセルをグラフに反映させない方法

以下の点でどなたかお教えください。

H18.1~H20.12までの毎月の売上高を表に記載し、その表を元にグラフを作成しています。グラフに反映させる表の範囲はH18.1~H20.12の全てです。
そのためまだ経過していない期間のセルが空白になり、そこがグラフに反映され見づらくなります。
データを入力する都度グラフの範囲を変更すればいいのですが、うまく算式や設定等で空白や0円となっているセルをグラフに反映させない方法はありますか?

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

売上高のセルは数式で求められているのですよね?
それなら
=IF(現在の数式=0,NA(),現在の数式)
としてみてください。
つまり、0の場合はN/Aエラーにしてしまうんです。N/Aエラーはグラフに反映されません。

Q360ベースとは? TIBOR 

日経新聞のマーケット総合欄にTIBORがありますが
円で360日ベースと365日ベースがあるのはどういう意味ですか?
ドルで360日べーすとはどういうことでしょうか。
なぜ365日ではないのですか。どなたかわかりやすくおしえてください。

Aベストアンサー

1年ものの日数をどのように数えるかというだけのことらしいです。

参考URL:http://www.findai.com/yogo/0305.htm

QTIBORについて。

ユーロ円TIBORは、
海外にある日本円を換金する為のレート、
という事であっていますでしょうか?

アメリカで円を換金する場合も、ユーロ円TIBORと言う呼び方をしますか?

もしそうだとするなら、とても紛らわしいように感じますが、
なぜユーロと言う通貨のユーロと同じ名前にしてしまったのでしょうか?

海外にある円を銀行でそこの国の通貨に換えるのは、
個人が旅行などをした場合以外に、何かございますでしょうか?

お手数おかけして申し訳ありませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>ユーロ円TIBORは、海外にある日本円を換金する為のレートという事であっていますでしょうか?

TIBORとは、TOKYO INTERBANK OFFERED RATEのことです。つまり、「借入の基準となる金利」のことです。換金、すなわち外国為替とは何ら関係がありません。具体的には、(ご自身で詳しく調べていただきたいのですが、)円を扱ういくつかの銀行からヒアリングして、毎日定めています。TIBORでよく用いられるのが、3か月や6か月です。TIBORとはつまり、「この期間の借入金利はこれです」という指標的なものです。

なお、ここで言うユーロとは、欧州の通貨であるユーロを指しているのではなく、オフショアという意味です。つまり、ユーロ円TIBORとは、オフショア円を借り入れる際の、指標となる金利のことです。ちなみに全銀協TIBORというものもあります。これはオンショア円を借り入れる際の、指標となる金利です。


>アメリカで円を換金する場合も、ユーロ円TIBORと言う呼び方をしますか?

ちなみにオフショアのドルをユーロダラーと言います。


>もしそうだとするなら、とても紛らわしいように感じますが、
>なぜユーロと言う通貨のユーロと同じ名前にしてしまったのでしょうか?

なぜでしょうか? ただオフショアをユーロと呼ぶ方が、欧州通貨のユーロより、長い歴史があります。


余談ですが、LIBORというものもあります。LONDON INTERBANK OFFERED RATEのことです。円LIBORとは、ロンドンで定められる、オフショア円借入の指標金利のことです。何年か前、これらLIBORが人為的に操作されていると、大問題になりました。

>ユーロ円TIBORは、海外にある日本円を換金する為のレートという事であっていますでしょうか?

TIBORとは、TOKYO INTERBANK OFFERED RATEのことです。つまり、「借入の基準となる金利」のことです。換金、すなわち外国為替とは何ら関係がありません。具体的には、(ご自身で詳しく調べていただきたいのですが、)円を扱ういくつかの銀行からヒアリングして、毎日定めています。TIBORでよく用いられるのが、3か月や6か月です。TIBORとはつまり、「この期間の借入金利はこれです」という指標的なものです。

なお...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング