最近ATMが使えるようになって昔みたいに行列を作らなくても良くなって
便利になったと感心します。
しかし、つい操作の誤りで本来の振込先でない口座へ振り込んでしまった場合に
しかも相手の連絡先がわからない場合に、振り込んだ口座からお金を引き出すことはできるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は以前、実際にこれをやっちゃいました。


銀行に、間違えたことを伝えれば
簡単に払い戻しの手続きができます。
でも、手数料として630円取られました・・・。

その時、ココで同じような質問をしたので
参考URLの回答をご参考までにどうぞ。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=8483
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。
最終的には法に訴えればいいのですね。でも、それも相手と連絡が取れたらの話ですよね...。あれから毎日電話してますが、電話にでません。もう、使っちゃたのかな。

お礼日時:2001/06/15 21:20

お礼の文章が気になって


もう一度書き込ませていただきました。
間違えてしまった相手と連絡が取れないという
事のようですが、私も詳しいことは
まったくわからず、アドバイスできないのですが
連絡が取れないことについての題名で、
ココ(okweb)で相談してみてもよいかと
思います。
お金が返ってこなかったら、
困りますものね。
回答ではないことで申し訳ありませんが
心配なので、書かせていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ御心配ありがとうございました。あれから手をつくしてようやく本人と連絡が取れました。結局、差し戻し請求をするにもタイムリミットがあったようでしたが、間違えてしまった方に振込なおしてもらいました。「たかがお金」「されどお金」世の中便利になる分、本当に気をつけないと。今となっては笑えますが、内心、もう少しで人間不信に意図も簡単になるところでした。

お礼日時:2001/06/22 19:15

もしATMでの口座間違い(操作間違い)によるものであればその時点で何らかのエラ-(該当者なし)が発生します。



銀行窓口からの振込み間違いであればその銀行より直接あなた宛に連絡が来るはずです。

当然、振込みを間違ったのであれば相手先には振り込まれてないのでそのお金はあなたのもとはもどってきますよ。

俺もたまにこれやっちゃうんですよね。

この回答への補足

以前に使ってた振込カードを使用したのです。
後で確認したところ、カードが違ってたのです。昼間働いていて自宅は留守だし、聞いてた携帯に電話しても出ないのです!!やっぱり、バックレてるのでしょうか...。

補足日時:2001/06/15 21:11
    • good
    • 0

振込先を間違えた場合は、その振り込みをした銀行に申し出ます。


そうすると、その銀行から振込先の銀行に連絡が行き、更に振込先の銀行から、間違えて入金された相手に連絡をして、相手の了承を得てから、振り込みを取り消します。
振込先の銀行から、振込銀行にその資金が戻ってきて、振り込み人に返金されます。
この間、2~3日かかり、相手が不在だと、もっと日数がかかります。
返金には、振込料と同じに手数料もかかります。

振り込みは、慎重にしないと大変です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
本当にその通りです。
最初、振り込んだ銀行に問い合わせたところ簡単に出来ませんといわれてしまいました。でも、便利になった分起こりうる事故だと思うのです。
kyaezawaさんの言葉を胸にもう一度直訴したところ、やっぱり教えて頂いたような方法をとってくれそうです。
でも、相手がつかまりません。届出の住所から引越ししていたら一生つかまらないということになるのでしょうか。

お礼日時:2001/06/15 21:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDiscourse and meaning

またまた、質問させていただきます。来週にプレゼンを控え用意をしている所なんです。私のトピックはコミュニケーションでフーコーのdiscourseにフォーカスを当てていくつもりです。そこでまず、コミュニケーションについてG. Kressが言うにはコミュニケーションは単なる情報の交換ではなくそれじたいmeaning(日本語のうまい語が見つからないので英語のままにします--- 意味)だと言うのです。そこでです、フーコーのdisourseとmeaningの関係について考察したいと思っているのです。まずフーコーの言うdisourseの定義についてS, Hallがこのように述べています。(英語ですみません)

discourse とは歴史的瞬間における特定のトピックについての知識を表す特定の方法、または話すための言葉を規定する命題の集まりと述べてた後

... Discourse is about the production of knowledge through language. But... since all social practices entail meaning, and meanings shap and influence what we do --- our conduct --- all practices have a discursive aspect. (Hall, 1992 p.291).

discourse は言葉を通した知識の生産(物)。....社会の全ての慣行/習慣はmeaning(意味を)含意し(持ち)、また私たちの行動はmeaningsによって影響を受け形どられる。それは全ての慣行/習慣がdiscourseのs側面を持っているからにほかならない。

discourseとmeaningの関係について、discourseとは言葉を生成する知識の集まりであり、その知識で定義された言葉の意味によって私たち従う慣習/慣行は成り立っている.... という解釈で合っているでしょうか?またdiscourseとmeaningについてわかる事があればお教え下さい。それとdiscursive formationについて教えていただけませんか? 長い文章で申し訳ありません。

またまた、質問させていただきます。来週にプレゼンを控え用意をしている所なんです。私のトピックはコミュニケーションでフーコーのdiscourseにフォーカスを当てていくつもりです。そこでまず、コミュニケーションについてG. Kressが言うにはコミュニケーションは単なる情報の交換ではなくそれじたいmeaning(日本語のうまい語が見つからないので英語のままにします--- 意味)だと言うのです。そこでです、フーコーのdisourseとmeaningの関係について考察したいと思っているのです。まずフーコーの言うdisourseの...続きを読む

Aベストアンサー

そうです、シニフィアンっていうのは signifier、シニフィエっていうのは signified です。英語の方が「意味するもの」「意味されるもの」という係り具合が鮮明かもしれない。日本語だと「能記」「所記」ですもんねぇ…。
少し角度を変えましょう。

確かにこれを言い出したのはソシュールなんですが、 signifier と signified というのは記号論でもあるけれど、現代思想全般で頻出します。『言葉と物』でもすごく重要な概念です。

ごく簡単なおさらいをしておくと、ソシュールは記号をふたつに分割した。
単語、フレーズ、イメージ、音、姿としてのシニフィアン(signifier)と、その意味シニフィエ(signified)。このふたつが合わさって「記号」になっているわけです。

さらに、記号には二種類ある。
オーストラリアの道路標識にカンガルーの絵が描いてあるのがありますよね。
これは「カンガルーの飛び出しに注意」ということだ。
ここではカンガルーの絵がシニフィアン、「カンガルーの飛び出し注意」がシニフィエ。この標識は見ただけでわかる。つまり、ここでのシニフィアンとシニフィエは必然的に結びついています。

一方、言語というのは記号のなかでも特殊なものとソシュールは指摘します。
「犬」というシニフィエが一緒でも、「イヌ」「dog」「chien」「Hund」などのようにシニフィアンはまるでちがう。「あの生き物」を「イヌ」と呼ぶのは、単に約束事に過ぎないのです。だから、言語にあってはシニフィアンとシニフィエの関係は恣意的である。

さらに「意味」とは何か。
意味というのは世界を指し示すものでも、ある思考、思い描かれたものを指し示すものでもない。事物や概念が言語の外側にあらかじめ存在していて、それに言葉が名前をつけているわけではないのです。「上」という意味は、どこかにある絶対的に揺らぎのない「上」という真理を指すのではなく、下ではない、右でも左でもない、という差異にもとづいている。

ソシュールの指摘が重要なのは、シニフィアンとシニフィエというのは確定的な結びつきではないし、さらにその向こうに、たったひとつの真の意味があるわけではない、ということです。
だから、ソシュールによって現代思想が始まった、ともいえる。

さて、『言葉と物』での「記号」は、表象と同義です。表象は記号ばかりではないけれど、記号は表象の一種です。

ルネッサンス期において記号は物といまだ結びついていた。
ところが古典主義時代において、〈表〉が登場します。これは物の世界とまったく結びつきを持たない、完全に自律的な表象空間です。

昨日はこの〈表〉についてもっと詳しく書こうと思ってたんですが、あまり必要ではないようなので、サクッといきましょう。

ポイントは
・すべての物の意味が、現実の事物との関係のうちにではなく、「記号の完全な表のうちに与えられる」ということ(言葉を換えれば、意味が現実と一切の関わりをもたず、それ自体として成立すること)

そうしてもう一点。
・人間の位置
人間は〈表〉を作成します。世界の中に秩序を見出すことができるのは、人間が表象し、語るからです。ところが〈表〉のなかには人間はいない。

『言葉と物』の第一章で、フーコーはベラスケスの「侍女たち」を分析しますね。そこで王の姿は見えない。だからこの絵を「古典主義時代における表象関係の表象」とするのです。

やがてこの〈表〉は崩れ始めます。表象も自律性を失います。
それはなぜか。近代に入って新しく〈人間〉という概念が登場したからです。この〈人間〉は「語る主体」「労働する主体」「生きる主体」として現れる。ベラスケスの見えない王の位置に実際の人間が入ってくるのです。

まあそこらへんはまた読んでもらうとして、古典主義時代のディスクールというのは〈表〉をつくることにあった。だからこの時代のディスクールというのは、「無色の網目を形成する」ということです。

> 表象なんですけど、これは幾つかの表(リスト)であり、上記の通り”他の物(質)との関係の系統/体系”を成立させる役割があるのだと思います。

だから、これは古典主義時代の〈表〉ということになる。
表象そのものに

> ”他の物(質)との関係の系統/体系”を成立させる役割

があるわけではありません。
この時代の表象とは「物を名ざし、裁断し、組みあわせ、結びつけてはほどく、言語の力」だった。このときの言語とは、透明なものです。こういうディスクールは、古典主義時代の終焉とともに消えてしまう。

そういうものとして理解しておいてください。

さて、"Representation: Cultural Representations and Signifying Practices" は読んでみようかなあ、とも思うのですが、ペーパーバックで43ドルは高いなあ。
とりあえずはホールの概説書の翻訳が出てるみたいなので、そこから読んでみます。

確かにオーストラリアの歴史には、両義性がありますよね。
イギリスに対しては植民地であった反面、先住民や非イギリス系植民者に対しては、支配と統治の対象として見なしていたわけでしょ。
そういう歴史を持ったオーストラリアがポスト・コロニアリズムをどう考えていくかというのは、切実な問題であるように思います。
日本にはオーストラリアの学問的成果みたいなものはあまり入ってこないんですが、頑張ってゆくゆくは日豪の架け橋となっていってください。

そうです、シニフィアンっていうのは signifier、シニフィエっていうのは signified です。英語の方が「意味するもの」「意味されるもの」という係り具合が鮮明かもしれない。日本語だと「能記」「所記」ですもんねぇ…。
少し角度を変えましょう。

確かにこれを言い出したのはソシュールなんですが、 signifier と signified というのは記号論でもあるけれど、現代思想全般で頻出します。『言葉と物』でもすごく重要な概念です。

ごく簡単なおさらいをしておくと、ソシュールは記号をふたつに分割した。
...続きを読む

Qクレジットカードの口座登録の誤り

1年ほど前にあるクレジットカードを作りました。
そのときはカード発行後に金融機関の口座を届出印ともに申し込む事後登録形式で、
その通り行い受理されました。
少なくとも不備あり・要訂正の連絡がなかったので、
口座番号-届出印-名義人が合致し登録されていると思っていました。
なお、その登録完了の通知はありませんでした。

そのカードを最近初めて利用するようになったのですが、
先月請求明細が届きました。
そこには、引き落し口座としてこちらが申し込んだ金融機関の口座番号が載っておりました。
ただし、下3桁は*マークで隠れておりました。
しかし引き落とし日になっても引き落とされず不審に思っていたところ、
カード会社から通知が来ました。

内容は、
【口座振替手続きの未完了により引落としができません。本振込用紙にてお振込みお願いします。】
というものでした。

カード会社に連絡して事情を聞いたところ、口座番号が間違って登録されている事実がわかりました。
間違い部分は隠れていた*マークのところ一箇所です。
口座番号-届出印-名義人が合致していない口座が、なぜか登録されてしまっていました。
仮に僕が提出した際に口座番号を誤って記載したならば、
当然口座番号-届出印-名義人が合致せず、
少なくとも金融機関での照会時点で差し戻されるはずだと思います。

今回のようなケースは、カード会社側のミスといえますでしょうか?

こちら側としては、どうすれば登録間違いは防げたのでしょうか?
登録間違いを防止する手立てはこちら側として何かあったのでしょうか?

(現時点でコンビニにて指定の振込みは完了しております。)

1年ほど前にあるクレジットカードを作りました。
そのときはカード発行後に金融機関の口座を届出印ともに申し込む事後登録形式で、
その通り行い受理されました。
少なくとも不備あり・要訂正の連絡がなかったので、
口座番号-届出印-名義人が合致し登録されていると思っていました。
なお、その登録完了の通知はありませんでした。

そのカードを最近初めて利用するようになったのですが、
先月請求明細が届きました。
そこには、引き落し口座としてこちらが申し込んだ金融機関の口座番号が載っておりま...続きを読む

Aベストアンサー

はっきりと言えるのはこのことだけで信用情報に傷がつくことはないです。本当に気になるようであれば(ご存知かもしれませんが)クレジットカード会社は極端に支払いが遅れた方の情報を信用情報機関(CICとかCCBとかテラネットとかいろいろある)に登録することがあります(ここに登録されることが一般的に言うブラックリストに載るということだと思います)。クレジットカード会社に信用情報機関はどこを利用しているのか聞いて、その信用情報機関に自分が登録されていないか確認するのが良いと思いますが、このことだけで信用情報機関に登録されてるなんてことはまず考えられません。

カード会社内だけで見れる質問者様の情報には(なぜ振り替えが遅れたのかは照会できるようになっているはずですが)、機械的には通常の支払い遅れと同等の処理で一時的に入金遅れのような扱いにはなってるかもしれません。カード会社に問い合わせるしかそういった制限がかかっているかどうなってるのかはわかりませんが…

あともし質問者様が本気で不満をぶつければコンビニ収納手数料は免除してもらえる可能性があります。言わないとやってくれませんが。

明細書の振替口座欄に記載まであったのに口座不備で振り替えが出来ず支払いが遅れたような文面の通知が来ることは大変気持ちの悪いものだと思いますし、質問者様の仰るとおり不備なのだったら振り替え前に不備状を送るべきですよね。

カード会社と金融機関の連携を根本的に良くしないと同じような思いをする方はたくさん出るはずです。改善してほしいですね。

はっきりと言えるのはこのことだけで信用情報に傷がつくことはないです。本当に気になるようであれば(ご存知かもしれませんが)クレジットカード会社は極端に支払いが遅れた方の情報を信用情報機関(CICとかCCBとかテラネットとかいろいろある)に登録することがあります(ここに登録されることが一般的に言うブラックリストに載るということだと思います)。クレジットカード会社に信用情報機関はどこを利用しているのか聞いて、その信用情報機関に自分が登録されていないか確認するのが良いと思いますが、このことだ...続きを読む

Q「mean」と「meaning」の使い分け

自分で辞書なりネット等で調べたのですが、
「mean」と「meaning」のどちらの方がナチュラルなのかが分かりません。

例えば、「君の涙の理由(意味)がわからない」という文では、
I have no idea what your tear means.
なのか
I have no idea what your tears meaning.
(序文の方は単純にI don't knowでもいいのだと思いますが。。。

Aベストアンサー

>基本的にはtear には s を入れなければならない。という事は
"your tears mean"ですね?
その通りです。tears が単数扱いとは辞書にはかいてありません。
しかし、その事とは別にtear を単数で使うケースは辞書にも載っています。
例えば、
1. She shed a tear. 彼女はほろりと涙を流した。
2. A tear rolled down her cheek.
上の二つの文でも分かるように、単数にする場合は「一粒の涙」という事が前提にあります。そして、その事を強調して単数にする場合は定冠詞 a を付けなければなりません。
2 の文のcheekが単数になっている事からも、たった一粒の涙である事が分かります。
しかし、実際にはこのように片目だけから一粒の涙が出る事が可能かどうかは、私たちの感知するところではなく,英語の文法がそのようになっているという事であり、またこのような言い方はある意味その状況を誇張した比喩的言い方なのかも知れません。
実際にネイティブではない我々が使う英語ではそのような微妙な情感が入る事は少ないと思いますので、「普通はtearには s をつける」と申し上げました。
また、そのように添削させていただきました。

>基本的にはtear には s を入れなければならない。という事は
"your tears mean"ですね?
その通りです。tears が単数扱いとは辞書にはかいてありません。
しかし、その事とは別にtear を単数で使うケースは辞書にも載っています。
例えば、
1. She shed a tear. 彼女はほろりと涙を流した。
2. A tear rolled down her cheek.
上の二つの文でも分かるように、単数にする場合は「一粒の涙」という事が前提にあります。そして、その事を強調して単数にする場合は定冠詞 a を付けなければなりません。
2 ...続きを読む

QATMで 他銀行宛への現金振込について

銀行振込で 他銀行宛に ATMにて 現金で振り込む場合  どこの銀行も420円以上かかるのでしょうか?

Aベストアンサー

3万円までは420円ですが、3万円以上になると630円です。

Q和訳お願い致します(social meaning...のところ)

 The results were fascinating. In almost every conversation, John Deane's recollection of what had actually been said was wrong. Different words were used, topics were mentioned In a different order, and sometimes particularly memorable phrases hadn't actually been said at all. And yet, even though the details were all wrong, the social meaning of what had gone on was perfectly correct. Deane didn't remember the details accurately, even though he thought he did, but he did remember what had happened. It was the meaning of the events which he actually remembered, and his knowledge of what it all meant influenced his recall of the details.
 (Nicky Hayes, Psychologyより)
上記の英文中の"social meaning"の訳を高校生でも分かるように教えていただけますか?(実は、以前、別のサイトでもうかがったのですが、残念ながら自分の理解力のなさで、諦めました。)ある人に聞いたら、「実質的意味合い」だとおっしゃっていました。前後関係で、この文の言いたいこと(細かいことは間違っていたけれど、本質的なところはあっていた)は分かるのですが、social meaning→「実質的意味合い」というふうになるのが、高校生にどう説明していいか分かりません。それとも別のいい訳がありますか。

 The results were fascinating. In almost every conversation, John Deane's recollection of what had actually been said was wrong. Different words were used, topics were mentioned In a different order, and sometimes particularly memorable phrases hadn't actually been said at all. And yet, even though the details were all wrong, the social meaning of what had gone on was perfectly correct. Deane didn't remember the details accurately, even though he thought he did, but he di...続きを読む

Aベストアンサー

すんません、これ、「社会的意味」以上でも以下でもないです。ここで問題になっているのは、「出来事の詳細」と「出来事の本質」の対比ではありません。

被験者が記憶の錯誤を起こした理由を考えてみましょう。引用文によると、その事件がもたらす社会への影響があまりにも大きく、事件の詳細に関する記憶が影響を受けてしまうほどでした。『事件そのものに関する記憶ではなく、もっぱら事件の持つ社会的意味合いの方に被験者の注意が向いて、記憶が歪められてしまったよ』『だから彼の言う事件の詳細は間違ってたんだよ。その事件の社会的意味についての彼の考えは正確かも知れないけどね』_こういうことです。

Q郵便口座へ振込む時の限度額

知人の郵便口座へ150万円ほど振り込みます。
(詐欺などではありません)

その場合、振込み限度額はあるのでしょうか?
ちなみに現金振込みです。

郵便局のHPにも、どこに記載があるか
分からなかったので。。。ご存知の方教えてください。
また、振込み限度額はあるのでしょうか?
合わせてお教えいただきたく思います。

Aベストアンサー

現金での送金金額に上限はありません。
相手の貯金残高も気にすることなく送金可能です。
12月末までは200万円を超えると本人確認が
必要です。(1月より10万円超え)
ATMを使い口座から口座へ送金する場合は、
初期設定で50万円を上限とされています。
(50万円には、同日の払戻等含む)
後は送金金額によって料金が上がりますので
口座から送金した方が安上がりです。
150万円の送金料金
現金の場合・・・1200円
口座から口座(窓口)・・・140円
口座から口座(ATM)・・・120円
ホームサービス利用・・・110円

Q215 meaningとyouがつながってるのにどうやってやくすのですか?主格ですか?

215 meaningとyouがつながってるのにどうやってやくすのですか?
主格ですか?

Aベストアンサー

所有格 whose は
... friend whose father is a doctor / whose name is Ken
こういうパターンしか最初に習わないから
まるで whose 名詞で主語、その後に動詞と決まっているようで、そうではありません。

所有格というのは後との名詞の関係が所有というだけで
所有格+名詞自体は主語にも目的語にもなります。

terms + You don't understand their meanings ...
であれば their meanings → whose meanings となって
位置としてはそのまま前に出て
... terms whose meanings you don't understand となります。

この前に出る発想を目的格パターンと錯覚するのです。

疑問詞 whose で
Whose father did you meet yesterday?
こういうのをやらないからわからなくなるのです。

QローソンATMから銀行口座への振込の仕方

今回ネット通販でゲームを買おうと思っています。
それで振込先が三菱東京UFJ銀行です。私は口座など持っていません
そしてセブンのATMから振り込もうと思ったら出来ないそうなのでローソンATMから振り込もうと思っているのですが出来るのでしょうか?
休日に振り込もうと思っています。
もし出来ない場合、郵便局にあるATMで出来るのでしょうか?
もしよかったら振込の仕方も簡単でいいので教えてください
お願いします

Aベストアンサー

>私は口座など持っていません

金融機関の口座を一切持っていない場合はコンビニのATMで現金振込はできないと思ってください。郵便局ATMも無理です。

口座を一切持っていない場合の現金振込は最寄の金融機関内の「硬貨対応ATM=現金振込対応ATM」でされて下さい。たとえ金融機関内のATMであっても平日時間外(18:00以降)や銀行の休業日(土・日・祝)は現金振込はできないと思って下さい。それと10万円以上の現金振込は本人確認が必要ですので平日窓口営業時間内(9:00~15:00)の窓口振込しかできません。

何にせよ、現金振込をするには月曜日まで待つか、同居のご家族がいらっしゃればその銀行口座をお借りして振り込むか(明日以降の休業日に手続しても相手への入金は翌営業日の月曜日)振込以外の別の支払方法にするしかありません。

Qthe social meaning of what had gone on was perfectly correct.とは何か?

Memory is an active mental process rather than a simple tape-recording of what has happened. In many ways, this is quite a hard concept to grasp, because we always feel as though we are remembering exactly what happened. But it’s true, nonetheless.
(中略)
One of the important witnesses in these trials was John Deane, a man who was considered by many to have an astoundingly accurate memory. During the trials, he related a number of very specific conversations which had taken place between the President and other people in the White House. Deane was convinced that he had recounted them accurately. However, later on in the trials, a number of tape-recordings of the same conversations were discovered.
 The results were fascinating. In almost every conversation, John Deane’s recollection of what had actually been said was wrong. Different words were used, topics were mentioned in a different order, and sometimes particularly memorable phrases hadn’t actually been said at all. And yet, even though the details were all wrong, the social meaning of what had gone on was perfectly correct. Deane didn’t remember the details accurately, even though he thought he did, but he did remember what had happened. It was the meaning of the events which he actually remembered, and his knowledge of what it all meant influenced his recall of the details.
 

Nicky Hayes氏の Psychologyという本からの引用ですが、the social meaning of what had gone on was perfectly correct.という部分がよく分かりません。具体的に説明していただけますでしょうか?

Memory is an active mental process rather than a simple tape-recording of what has happened. In many ways, this is quite a hard concept to grasp, because we always feel as though we are remembering exactly what happened. But it’s true, nonetheless.
(中略)
One of the important witnesses in these trials was John Deane, a man who was considered by many to have an astoundingly accurate memory. During the trials, he related a number of very specific conversations which ha...続きを読む

Aベストアンサー

#2にも書きましたが,
“social meaning”を「実質的意味あい」と訳したのは私なりの意訳です。
“social”自体に「実質的」という意味があるわけではなく,
むしろ“meaning”の持つ「趣旨」とか「底意」といった含意を汲んだつもりです。

英語話者の感覚はわかりませんが,
“social”を他の単語で置き換えた場合ニュアンスは変わってくるでしょう。
“social context”が記憶に及ぼす効果がこの文章の主旨だとすれば,
やはり“social”の一語が必要だったのかもしれません。

質問者さんが英語で勉強なさっているのなら
訳語にこだわる必要はないと思います。
もし翻訳が目的であるのなら
正確さを優先して直訳調にするもよし,
日本語としての自然さを重視して意訳するもよし。
より適切な訳語を工夫してみてください。

Q日本で口座開設して中国のATMで引き出し

中国へビジネス、旅行とも出かけることが多くなりそうです。
日本円で銀行に預けて、中国で元で引き出すことは、可能でしょうか?
例えば、日本にある中国の銀行で口座開設して、カードを作り、
そのカードを現地のATMで使用し人民元で引き出すとか。。。
また、その場合のデメリットなどもあれば知りたいです。(手数料が恐ろしく高いとか・・)
どなたか知っている方が見えましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

日本にある中国の銀行(その他外資の銀行)で口座するのは、たぶんかなりの金額(資産運用と思われるくらいの)がないと開けないかもしれません。外国においてリテイル口座を維持するのは、コストがかかるからだと思います。

外国を旅行した際に、日本の一般の銀行の口座からお金をリアルタイムに引き出すには、国際キャッシュカードをもつことです。
外国のATMネットワークは、大きくVISA系(VISA/PLUSのマーク)かMaster系(Master/Cirrusなど)に分かれており、アジアはVISA系のATMが多いようです(北米はMasterが多い。ただ、中国の都市部ならどちらも大差はないかもしれません)。

新生銀行のキャッシュカードは、そのままVISA系の国際キャッシュカードになっているので、VISAまたはPLUSマークがついたATMでキャッシュが出せなかったことがありません(ただし日本みたいに完璧な国ではないので、機械の中の札切れは多い)。
さらに新生銀行は日本のセブンイレブンでも24時間いつでも引き出せる独自システムをもっているせいか、海外でも深夜でも365日引き出せます。

都市銀行のキャッシュカードも、手続きをすれば国際キャッシュカードになります。なお中国のATMは24時間稼動ですが、日本の都市銀行側の営業時間帯やメンテナンス時間帯(正月休止なども)の影響を受ける可能性があります。

レートは私が以前利用していた数年前と変わっていなければ、新生銀行は仲値に4%増のレート(引き出し手数料はかからない)。都市銀行の多くは、仲値レートに3%増+1回あたりの引き出し手数料200~210円が毎回かかります。
損益分岐点は、おおよそ1回の引き出しが2万円以下が多いなら、新生銀行がお得です。まとまった額(2万1000円以上)は都市銀行の方が得です。
私は両方口座をもっており、新生銀行を給与口座にして、日常の小銭が切れると新生銀行から、まとまった額は現地銀行の口座にお金を入れておくか、緊急の場合は新生銀行のオンライン振込み(手数料無料)で都市銀行の貯蓄口座に振り込んで使う手を取っていました。

新生銀行のキャッシュカードがつかえたところで覚えているのは、中国銀行、交通銀行、招興銀行。その他もあったと思いますが、他は利用回数が少ないので、銀行名を覚えていません。
海外に自社のオフィスがあるなら、その住所で中国銀行の口座を開いておき、キャッシュやT/Cを現金化してある程度現地口座に入れておくのも手です。国際キャッシュカードの利用よりも1~2%お得です(10000円に対して100~200円しか違いませんが)。暗唱番号(PIN)の発行の仕組みや初期PINから自分のパスワードへの書き換えなど、多少仕組みが違いますので、中国人のヘルプが必要だと思いますけど。

尚、たぶん現在中国のATMからでてくるお札は、数年前から最低額が100元札(1500円くらい)単位になったと思います。

日本にある中国の銀行(その他外資の銀行)で口座するのは、たぶんかなりの金額(資産運用と思われるくらいの)がないと開けないかもしれません。外国においてリテイル口座を維持するのは、コストがかかるからだと思います。

外国を旅行した際に、日本の一般の銀行の口座からお金をリアルタイムに引き出すには、国際キャッシュカードをもつことです。
外国のATMネットワークは、大きくVISA系(VISA/PLUSのマーク)かMaster系(Master/Cirrusなど)に分かれており、アジアはVISA系のATMが多いようです(北米はM...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報