痔になりやすい生活習慣とは?

古代の皇族や豪族の娘や、奥さんの名前として

・○○皇女
・○○王
・○○媛
・○○姫(媛と同意?)
・○○娘
・○○刀自
・○○女

と、名前の最後の部分が違うのですが、
これは何が違いになっているんでしょうか。
『皇女』や『王』は身分だと推測はできるのですが、
他の場合も同じく身分でわけられてるのでしょうか?
出来れば、詳細も教えていただけますか?
宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

 


よく分からないと言いますか、詳細を知らないのですが、あるいは、歴史的によく分かっていない可能性があります。以下は、こういうことではないかという推定も含んだ回答です。

1)皇女(ひめみこ):これは称号で、皇族、なかでも天皇の娘に対する称号です。

2)王(おほきみ):分かりやすいように「女王」とも書きますが、古代では、男性も女性も含めて「王」であったようです。これは、皇女や皇子の娘・息子の称号ということになりますが、もっと広く、大和の大王家と「親族関係にあった一族」の男子・女子の称号であったと思えます。親族関係というのが、どういう関係なのか良く分からない人物もいる訳です。大王の子孫なら、当然、「王」や「女王」ですが、それ以外にも有力な豪族で、大王家と何かの親族関係・血族関係を持つ者が、この称号で呼ばれます。

(「地名+王」という形の人物がいますから、「三輪王」とかは、「三輪君」と同様、領地の主としての称号で、それが名前となっているとも言えます。天武・天智二人の天皇の妃となった、「額田王」が古代の歌人として有名ですが、「額田」というのは、非常に一般的な氏族や地名の名で、「額田王」で一種の固有名扱いされていると思えます)。

3)媛・姫(ひめ):これは、婦人に対する「美称」で、後には、高貴な女性の尊称ともなりましたが、古代では、美称であって、「名前の一部」にもなったと考えられます。例えば、推古天皇は、和名の諡名(贈り名)では、「豊御食炊屋姫天皇(よとみけかしきやひめのすめらみこと)」と言います。

皇極天皇(斉明天皇)は、正式な贈り名は長いですが、簡単には、「宝姫天皇(たからひめのすめらみこと)」とも呼びます。「宝」が名で、皇女のときは、宝皇女(たからのひめみこ)ですが、天皇としては、「宝皇女天皇(たからのひめみこのすめらみこと)」とは言いません。また、皇極天皇の母は、吉備姫女王(きびのひめのおほきみ)と言いますから、「姫+女王」で二重称号ではなく、美称として「姫」が加わって、「吉備姫(きびのひめ)」で名となっていると考えられます。

蘇我稲目の娘で、舒明天皇の妃となった二人の娘は、堅塩媛(きたしひめ)と小姉君(おあねきみ)と呼ばれますが、この二人から生まれた皇子や皇女は、色々と複雑な関係になり、小姉君系の子孫は結果的に滅ぼされていますが、この場合の「媛」は美称で、「君」は尊称で、そのまま、名前の一部になったものと考えられます。「小姉」というのは名前というより、家族のなかの位置を示しているようにも思えますが。古代の人名での使用例から言えば、「姫」の方が「媛」よりも身分が高いように思えます。

4)娘(いらつめ):これは「いらつこ」の対語で、「可愛い少女・女」という意味で、名前に愛称的に付けるものですが、美称・尊称としても使われたのだと考えられます。天皇の妃で、皇族でない娘、豪族の娘などが、この美称で呼ばれていますが、「皇族・王族ではない」ということを示しているので、特に身分を示すものではないでしょう。(ただし、こう呼ばれるのは、最低限でもある身分があるということです。大小豪族の娘の美称・尊称と考えるのが良いと思います)。

5)女(をとめ):これは、「若い娘、処女」と言う意味ですが、天皇の妃で、結婚している女性で、こういう美称が付く者がいますから、結婚前、結婚直後あたりは、「若い娘・処女」という意味あいで使っていたものが、時代的に、呼称として固定したのだと思えます。それは、「娘(いらつめ)」の場合も同様で、『日本書紀』などの文章で、「何何娘」とか「何何女」と出てきているので、一種の固有名の一部のような扱いになったのでしょう。身分的には、「娘」と変わりないとも思えます。

6)刀自(とじ):一家の主婦またはそのような役割の婦人。また、婦人の尊称ですが、古代に出てくる場合は、「名前の一部」としてあると思えます。壬申の乱で天武に敗れた、大友皇子(弘文天皇)の正妃は十市皇女ですが、妃に、藤原鎌足の娘、「耳面刀自(みみもとじ)」がいますが、この「刀自」は、聖徳太子の妃で、蘇我馬子の娘の「刀自子娘」と同様、固有の名だと考えられます。

(固有の名という場合、「額田王」のところで述べたように、一般的な立場の呼称が、固有名になっている場合があります。「刀自古」が蘇我馬子の「長女的存在」で、家族内の位置から、そういう名なのかどうか、わたしには分かりません。刀自子には姉がいて、竹田皇子の妃になっていたようにも思いますし、妹か姉か、河上娘が崇峻天皇の妃になっています)。

また、古代の女性は、本名を隠したか、または「汚い名」を付けていることがあります。聖徳太子の最初の正妃は、「菟道貝蛸皇女」ですが、この「菟」は「蛆」に通じていて、汚い名ということになります(悪霊などが、子供を攫って行くことを恐れ、呪術的に、わざと汚い名を付けたというのがあります。「こういう汚い名の通りの価値のない娘です」というような意味です)。「固有名」というのは、現代から見て、固有名になっているので、当時は、「通称」であった名であるとも言えます。「太郎・次郎・三郎」というのは、元々「長男・次男・三男」という意味ですが、これで「固有名」に後にはなります。
 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます♪
『娘』とかいて(いらつめ)とも読むんですね。
『郎女』を知った方が早かったので、てっきりこちらは(おとめ)と読むと思っていました。

うーん・・それにしても、美称やら尊称やら。。。意味を考えて名前を見ていると、何やらややこしくて頭がついていけなくなってしまいます(爆)

>藤原鎌足の娘、「耳面刀自(みみもとじ)」がいますが、この「刀自」は、聖徳太子の妃で、蘇我馬子の娘の「刀自子娘」と同様、固有の名だと考えられます。

なるほど。丁度この時代の系図を見ていて、不思議に思っていたんで納得しました。

古代の女性の名前は、現代人のような名前ではないんで、人によっては本当に読むことすら難しかったりしますよね。

詳しい回答、本当にありがとうございました!

お礼日時:2004/06/21 23:12

古代・・・奈良時代以前としてお答えします


 まず前提となるのが、奈良時代以前にかかれた書物というのはほとんど現存していません。日本書紀、古事記でも奈良時代。なのでそれ以前のことは口伝えで残っていたものを文字化したので当然人によって違ってくるものもあります。また日本書紀、古事記それ以後のものでも印刷技術がなかったため、書写されているうちに間違って伝えられるものも多いです。ましてや女性の名前はけっこういい加減に伝えられています。
 例えば藤原仲麻呂の正室の名前は
「袁比良」
「袁比良賣」
「宇比良古」
「袁比良姫」
などです。同じ人でも接尾語(「女性」表す)がいい加減です。また万葉がなでいくとおりもの表現ができます。

以上を前提に
皇女・・・基本的に天皇の娘
王・・・姫王・女王とも表現される 天皇以外の皇族の娘
姫・・・日本書紀では上流階級の娘 
媛・・・日本書紀では中流階級の娘
刀自・・・女性への敬称 一族の長女など主婦的存在の娘
女・・・庶民階級の娘 上流階級への敬称「姫(比賣)」の「め」の字

基本的に上記のような分かれ方ですが、古事記では天皇の娘に「皇女」をつかわず「王」を使うこともありますし、貴族の娘にも「女」をつかいます。
また上記以外にも上流階級には「イラツメ」という接尾語をつける女性もいます(「郎女」「郎姫」などと描く場合が多いです)
 なので聖徳太子の妻の一人
「刀自古郎女」
は固有名詞ではなく、「蘇我氏の長女のおひめさま」くらいの普通名詞になります。

飛鳥時代以前などは男女とも同じ名前で、接尾語の「彦(古)」「姫(女)」だけで分けていた場合もあります。
例 サホ彦 サホ姫
昔の名前は単純なので接尾語をみればその人の階級を推測することも可能です。

これが平安時代になるとまた変わってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど。基本的な考え方はあるけど、色々と間違って伝えられている可能性もあったりして、全てが全てその枠にはめられるわけでもないんですね。
確か、天智天皇の正妻となった『倭媛』は、『皇后』になるから『倭女王』と表記しても良いはずだけど、そうじゃないですもんね。

>飛鳥時代以前などは男女とも同じ名前で、接尾語の「彦(古)」「姫(女)」だけで分けていた場合もあります。

確かに、『鏡王』と『鏡女王』とか、系図を見ていると、多数の同じ名前がついてる人を見かけます。
『鏡王』の場合、親子ですけど、昔は同じ名前ついていても(世間的に)問題はなかったんですかね?


古代は名前ひとつとっても、本当に面白いですね。もっと勉強したいと思います。

わかりやすい回答、本当にありがとうございました!

お礼日時:2004/06/21 22:22

さっぱり詳しくないのですが、判る範囲で答えさせていただきます。



・皇女、王…仰っている通りですね。ex.額田王
・姫、媛…貴族の娘とか、身分ある女性。いわゆる、「姫」。
・娘、女…「むすめ」と読みます。
      そのまんま、だれそれの娘のこと。
・刀自…「とじ」。古代に限らず使用するようです。
     主に家事をする女性、
     或いは年配の女性への敬称

女性の地位は低く、固有名詞が歴史に残されることが少なかったので、
(高貴な身分の女性くらい)
「○○(父親の名)の娘」とか、「○○(息子の名)の母」とか、
「○○(地名)の女」などの形で残されているようです。
紫式部や清少納言だって、固有名詞じゃないですもんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます!!
確かに、固有名詞として残されている人が、本当に少ない古代の女性の地位は低いものだったんですね。
結婚の形態にしても、それはいえますよね。

でも、もし固有名詞で残っていたとしても、皇族の人達のように長い名前だと、覚えるのにも一苦労しますね(笑)

わかりやすい回答を、ありがとうございました♪

お礼日時:2004/06/21 22:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「郎女(いらつめ)」

古事記のように古い日本の書物には人物名として「いらつめ」というのがよく見かけます。これはどういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

以前に関連した質問に回答された方の中に
いらつめについて書かれた文章がありました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa898926.html
娘(いらつめ):これは「いらつこ」の対語で、「可愛い少女・女」という意味で、名前に愛称的に付けるものですが、美称・尊称としても使われたのだと考えられます。天皇の妃で、皇族でない娘、豪族の娘などが、この美称で呼ばれていますが、「皇族・王族ではない」ということを示しているので、特に身分を示すものではないでしょう。(ただし、こう呼ばれるのは、最低限でもある身分があるということです。大小豪族の娘の美称・尊称と考えるのが良いと思います)。

Q平安時代の庶民の名前

 執筆中の小説に平安時代のキャラを出そうと思っているのですが、当時の庶民(貴族以外)がどんな名前だったのが全然わかりません。

 部曲の廃止とかで名字は勝手に名乗っていたらしい、とか、庶民の女性は「~女」が流行っていた、男性は「~右衛門、~左衛門、~兵衛」がほとんどだった、までは調べられたのですが、そこで行き詰まってしまいました。

 直接教えていただけなくても、参考となるサイトのURLを貼っていただくだけでも構いませんので、ご助力の程、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、初めまして。
中古文学&平安時代にハマって◎◎年の専業主婦です。
平安時代の庶民の名前・・・との事ですが、まず女性名については
『日本の女性名』角田文衛著を読まれると大変参考になると思います。
皇族貴族から遊女まであらゆる階層の女性の名前を紹介しています。
ある程度の規模の公立図書館もしくは大学図書館に蔵書されているかと思いますので、確認してみてください。ちょっと前に復刊されたのですが、それは大変高価で豪華な装丁がされています。20年ほど前に刊行されたものは上下(上巻ですよ)に分かれていて手頃で読みやすいので、こちらをお薦めします。(ネット検索できる図書館はたくさんありますよ)
男性名に関してはこれといってご紹介できる専門書は知らないのですが、「~右衛門、~左衛門、~兵衛」は少しばかり年代が下るのではないでしょうか?(室町時代以降位かな・・・と。専門家ではないので余り適当な回答を差し上げてはいけませんが)貴族といっても天皇周辺の大貴族から六位以下の下人や位官を賜っていない者まで様々です。また庶民にも平安京に住む下層の貧民もいれば、京より遙か遠くの地方在住でも実際は大規模な土地保有者で非常な富豪である者(負名・田堵といいます)もいます。
角田文衛氏の『平安人物志 下』の<大春日兼平>という章に、長徳二年(996年)に京で強盗を働き逮捕された者の名簿の一覧がありました。そこには<藤井国成><田辺延正><伯耆?吉><津守秋方><能登観童丸>などといった名前があげられております。仰るところの<庶民>かどうかは確認できませんが、位官については明記がないので官人では無いと思われます。
余り詳しい資料をご紹介できなくてすみません。

こんにちは、初めまして。
中古文学&平安時代にハマって◎◎年の専業主婦です。
平安時代の庶民の名前・・・との事ですが、まず女性名については
『日本の女性名』角田文衛著を読まれると大変参考になると思います。
皇族貴族から遊女まであらゆる階層の女性の名前を紹介しています。
ある程度の規模の公立図書館もしくは大学図書館に蔵書されているかと思いますので、確認してみてください。ちょっと前に復刊されたのですが、それは大変高価で豪華な装丁がされています。20年ほど前に刊行されたものは上下(...続きを読む

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Q女性の名前

現在大奥がやっていますが、
内山里名さん扮する主人公の名前が
「安子」ですよね?
ドラマ自体が史実歪曲が多いので、
また検索してみると「安」の一文字の場合も
あるので事実とは違うかもしれませんが、
例えば柳沢吉保の側室の飯塚染子などにしても
そうなんですが、「~子」というのはもともと
公家の女性の名前であって、武家の女性である
安子や染子が「~子」と名乗るのは変ですよね?
そういえば幕末の13代正室も、「敬子」や「篤子」
ですよね?近衛家の養女になってから「篤子」に
改名したのはわかるのですが、なぜ島津の分家時代
から「敬子」だったのは何故なんでしょう?
北条政子や日野富子は元々公家だったからわかるのですが、
江戸時代は武家の女性でも「~子」と名乗ることは
多かったのでしょうか?
それとも「~子」が公家の女性特有の名前というのは
私の勘違い?

Aベストアンサー

江戸時代以前は名前もそう厳密ではなく時と場合によって使い分けました。
ですから本来の名前は「安」だとしても格式ばったところでは子をつけて「安子」としたり、あるいは別の名前を名乗ることはよくありました。
戸籍に登録されているわけではないので別に大げさに改名したりという手続きはふまなくても簡単に名前を変えていました。
ただ、正式に幕府に届けている子女の場合は、改名したら届けるということは必要でしたが、これもすべての子女を幕府に届けているわけではありませんし、生まれてすぐに届けているわけでもありませんのでどうにでもなりました。
特に女子の場合は、正室の子か他の大名家と縁組する場合以外は届けないことが多かったようです。


人気Q&Aランキング