私は本が好きなのですが病気で一度2年間位本が読めなくなった時期がありました。
そして最近また本を読むようになったのですが・・・
何これ?
何でこんなに綺麗な文章にするの?
例えば単刀直入に「緑色の木がありました。」でいいのに「荒々しい緑色の鬱蒼とした木がありました」って遠まわしすぎじゃない?と感じました。
何で本ってこんなに面倒くさくかくんだろうな~と思いました。
私、本読むのに向いてないんでしょうか(汗)?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.5です。



乃南アサさん! お勧めです。

たしか、50冊ほどの著書を出されてますね。

私は全部読みました。

私も、nashimotoさんと同じで図書館から借りてます。

そして、気に入ったものは、自分のものにしたいので

Amazonで購入します。

本って、本当に楽しいですね。

私は、4、5歳の頃から「本の虫」でした。

小学校などで給食が終わると友達は校庭に出て

ドッチボールとかで遊んでましたが、私は、ただ一人

図書館に駆け込んで本に夢中になってました。

チャイムの鳴ってるのにも気がつかないで本の世界に

入り込んで5時間目大幅に遅刻し、学級委員が私を探しまわってたそうです。

本に夢中になっていたための失敗は数限りなくあります(苦笑)

まさに「三つ子の魂百まで」ですね。

読んだ本は、エクセルで管理しています。

63歳のいまでも、4、5歳の頃に読んだ絵本の内容と挿絵を

覚えていますよ。

とても、綺麗な挿絵でした。

そういえば中学3年の時、「愛の妖精」ジョルジュサンド

を読んだことを思い出しました。

あの本も素敵でしたが、大人になって読み返したことがありますが、

中3の当時のようには感動しなかった!

中3の時は、純愛に憧れていたのでしょうね。

大人になってひねてしまってたので再読した時は、

中3の時のような感動はなくなってしまってました。

読書の時間は至福の時です。

nashimotoさんも、素晴らしい読書人生を送って下さい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

乃南アサさんの『ボクの町』から読んでみようと図書館で借りてきました!
ただ今読んでいる赤川次郎の『僕らの課外授業』の続きが気になってるのでそちらが読み終わり次第読みたいと思います。

kurikuricyanさんはまさに本の虫ですね!私は6歳位からミッケ、ウォーリーを見てた位です
で中学生の時に1つ下の女の子にはやみねかおるさんの(夢水清志朗シリーズ)本を紹介してもらい本の素晴らしさを知りました。本って面白い!

kurikuricyanさんがもしひねてしまっていたら紹介した『アルケミスト』は只の綺麗事に感じるかもしれません(汗)

kurikuricyanさん、そんなに本を読むなら
実は丸々1冊自分で本を創作とか出来るんじゃないですか?
私は漫画なんかを時々描いてます。(自己満足)

kurikuricyanさんが近くにいれば
あの作者はこの本から読むと入り易い、この作家はあくが強いけどここまで読めれば後面白い
とかナビしてくれそうですね(笑)

>本に夢中になっていたための失敗は数限りなくあります(苦笑)

そんな可愛い短所もあるんですね。(笑)

お礼日時:2015/06/04 18:14

単純に相性の問題ではないかと・・・


読みやすい小説と、読みにくい小説ってあると思います。少なくとも私はそう感じます。
私の感覚では、相性のいい小説は読んでいると、すっと文章の内容が頭の中に映像として浮かんできます。
あと、慣れもあるかと思うので、色々な本を読んでいくうちに、ちょっと表現がまわりくどいなぁ~と感じていたものも、気にならなくなっていくかもしれませんね。
読書は心の栄養です。
    • good
    • 0

No.4です。



外国の作家さんですか?

そう言われれば、手にしたことないですねー。

少し、読んでみようかしら、、。

ご紹介頂いた本読んでみます。

楽しみです❗️
    • good
    • 0
この回答へのお礼

年間600冊読まれるなら相当な速読家でしょうね
もし面白かったらでいいんで感想なんか聞けたら嬉しいです。(つまらなかったらスルーしてください)
洋書なら「アルケミスト」が一番のおすすめです。
私は乃南アサさん読んでみますね!遅読なので締め切り前に読み終えるか分かりませんが(汗)

ごめんなさい別の質問なんですが・・・
kurikuricyanさんは本は図書館で借りて読みますか?それとも書店で買いますか?
私は最初図書館で借りて内容が気に入れば新品か中古で買いとっておきます。

お礼日時:2015/06/03 20:12

No.2です。

nashimotoさんは、男性ですよね?



主なところは

大御所、 司馬遼太郎、山本周五郎
時代小説家 鈴木英治、佐伯泰英、千野隆司、上田秀人
武士の姿を描いた 葉室麟
警察小説 今野敏、横山秀夫、誉田哲也、浜田文人
山を主題にした 笹本稜平
スポーツ物が多い 堂場瞬一
小説界の重鎮 吉村昭

黒川博行、長岡弘樹、香納諒一、相葉英雄、薬丸岳、佐々木譲、
大介幡、井川香四郎、中島要、佐藤雅美、飯干晃一、楡周平、
原宏一、沖方丁、赤川次郎、渡辺房男、早乙女貢、佐江衆一、新田次郎、
中村彰彦、小杉健治、池波正太郎、乙川優三郎、山本兼一、山本一力
、大沢在昌、蜂谷涼、逢坂剛、鳥羽亮、百田尚樹、笹沢左保、柴田よしき
秋月達郎、貫井徳郎、海道龍一郎、法坂一広、江宮隆之、和久田正明、
石田衣良、藤田宣永、高杉良、海音寺潮五郎、和田竜、立花隆、原田伊織
東野圭吾、磯崎憲一郎、馳星周、宮本昌孝、本郷和人、道生秀介
菊池明、佐藤賢一、久坂部羊、木内昇、仁志耕一郎、

女性作家さんで一番好きなのは

乃南アサさん。 あとは、

宇江佐真理、仙川環、和田はつ子、宮部みゆき、湊かなえ、秋山香乃、
安住洋子、浮穴みみ、植松三十里、中島京子、諸田玲子、阿井景子、
藤本ひとみ、内村幹子、北原亞以子、藤原緋紗子、斎木香津、六道けい
森麻沙子、小日向えり、赤間倭子、津村節子、梶よう子、工藤美代子、
高田郁、林真理子、曽野綾子、群よう子、加納明子、坂東眞砂子、
山名美和子、松井今朝子、森まゆみ、あさのあつこ、西条奈加、梅本育子
佐々涼子、村山由香、

あと、お勧めの作家さんがおられたらご紹介ください。

取り敢えず、後、40人程、読みたい作家さんがいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます!
こんなに沢山打って頂いてありがとうございました!
ちなみに私は24歳の女です。

私のおすすめは
「氷菓」「春期限定いちごタルト事件」
著・米澤穂信
「イン・ザ・プール」
著・奥田 英朗
椎名誠さんのエッセイとかも面白いです。
絶対読んでると思いますがさくらももこさんのエッセイも面白いですよね?
そういえば外国の作家さんが上がってませんね。洋書は苦手ですか?
一応上げときます。
「アルケミスト」
著・パウロ・コエーリョ
「ナゲキバト」
著・バークダトラリー
「僕と1ルピーの神様」
著・ヴィカスワラップ

読了済でしたらすみません

お礼日時:2015/06/03 18:45

それは面倒くさい言い回しではなく、表現の仕方なだけ。


どちらが著者の思い描いた情景を読者に想起させる事ができるかを考えれば解ります。
単刀直入で表現が無い文章がお好きなのであれば、理系の論文などを読まれると良いんじゃないでしょうか。
文学的な作品は、その一つの事象に対するその表現方法なども楽しむものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
論文みたいな本があったら読みたいです。
文学的なのは私には向いてないのでしょうね・・・
情景も楽しめる感性が自分にもあればど思ってしまいます。

お礼日時:2015/06/03 14:28

63歳主婦です。



私は、年間600冊ほどの本を読みますが、

「緑の木がありました」だけでは、周囲の状況がまったく、

伝わってきません。

そこに、「荒々しい緑色の鬱蒼とした木がありました」と

なると、様々な情景が浮かび上がってきます。

「荒々しい」という言葉から、ほとんど、人の手が入ってない様が

浮かびますし、「鬱蒼とした」からも、

その辺りにポツンとある木ではなく、沢山の木々が折り重なって

太陽も入らない様子がイメージ出来ます。

「そこに立たすんだ私は、、」なんて文章がが続いたら

初めてそこに来たのか、数十年ぶりに来たのか、、という

登場人物の気持ちまで伝わって来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
600冊・・・すごいですね!
私が生まれてきてから今まで合計したって500冊あるかないかです。
そんな回答者様が気に入ってる本があれば教えていただけませんか?
あれば何冊でもお聞きしたいです。

お礼日時:2015/06/03 14:21

「緑色の木がありました。


「荒々しい緑色の鬱蒼とした木がありました」

この2つから受け取れる印象・イメージ、はまた違うように感じます。
それを表現しているのが創作者や表現者ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私の想像力は皆無ですね。

お礼日時:2015/06/03 14:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q枕詞の意味とは……

こんにちは
枕詞ってありますよね?
一番よく聞くのは「たらちねの」母でしょうか?
そもそも枕詞ってどういう意味なんでしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%95%E8%A9%9E
↑ウェキペディアの枕詞の説明を読むと、意味は直接的には特になく情緒を与えたり、語調を整えるとあります。
母に枕詞を添える場合「たらちねの」と「ははそはの」がありますが、どちらを使っても構わないということになるのでしょうか?

もし、基本的な意味はなくとも、決まり事や使い分けによる情緒の違いが発生するとしたら、それを平易に解説したHPもしくは書籍はないでしょうか?

ウェキペディアの説明によると上五におかれることが多いとありますが、下五(?)に使っても問題はないんですよね?

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

こんにちは。
枕詞について、過去に少しだけ勉強したことがある者です。
さて、枕詞にはかつて意味があり、それが時とともに理解を失って、現在「直接的には意味がなく、情緒を与えたり語調を整えたりする」と認識するしかなくなった、という考え方が自然だと思います。
たとえば、「ひさかたの」は「天」の枕詞です。
万葉仮名では「久方」や「久堅」などを用いています。
確か古代中国の文献で「天地長久」(すみませんうろ覚えです)などの言葉が使用されており、そこから「久方」という枕詞が生まれたのではといわれたりしています。
また、「久方」と「久堅」と、万葉仮名が違うだけでもずいぶん情緒が違ってますよね。ここらへん、編者が意図して漢字を選択していたような記憶がありますが、こちらもうろ覚えです…。ごめんなさい。
というわけで、質問者様の「使い分けによる情緒の違いが発生する」というご意見は的を射ていますし、私も同じ考えです。
ただ、ではその情緒の違いとは…となると、枕詞の意義が今日まで伝わっていない以上、明確には述べられないでしょう。
読み手の好みもあると思いますよ。
もちろん下五でも枕詞が使われます。
参考にしていただければ幸いです。

こんにちは。
枕詞について、過去に少しだけ勉強したことがある者です。
さて、枕詞にはかつて意味があり、それが時とともに理解を失って、現在「直接的には意味がなく、情緒を与えたり語調を整えたりする」と認識するしかなくなった、という考え方が自然だと思います。
たとえば、「ひさかたの」は「天」の枕詞です。
万葉仮名では「久方」や「久堅」などを用いています。
確か古代中国の文献で「天地長久」(すみませんうろ覚えです)などの言葉が使用されており、そこから「久方」という枕詞が生まれたの...続きを読む

Q一度は読んでおかなくてはいけない本、著者

同じような質問が沢山あるのはわかっているのですが、いまいち自分も求めているものと違うような気がしたため、質問させていただきます

テーマは、「一度は読んでおかないといけない本、著者」です
元々、本を読むのはすきなのですが、最近電車の中での時間つぶしが必要なくなったため、本をほとんど読まなくなってしまっている状態です
ついこの間、戦争ドキュメンタリーの「映像の世紀」という作品を母とみているときに、
あの「戦争と平和」の著者である、レフ・トルストイがでてきいました
初め、母が、
「トルストイの映像があるんだー」
とコメントした時に、私は
「ぇ、誰?有名人??」
と聞き返しました
母は、それに驚いて、
「え?トルストイしらないの??信じられない?!」
と言われてしまいました
後で、調べてみて「戦争と平和」の著者であったことが分かったのですが、実際名前は聞いたことあっても読んだことないや、、、と、、、

そこで、この質問をたててみました
母の時代(今の60代前後)で、そして現代人として、読んでいることが当たり前といわれるほどの本で、おすすめがあれば是非教えてほしいです!!
比較的、日本の著者のものは読んでいると思うのですが、、、
海外著者のものが圧倒的に少ない気がします
無論、日本人著者の本でもかまいませんので、よろしくお願いします!

個人な好みをあげておくと、基本的に歴史が背景にかかわってくる本が好きです
近代でも、中世でも、古代でも
司馬遼太郎の作品は、ほぼすべてコンプしてます
後は、井上靖とか、太宰治とか少しドロドロといったら編ですが、恋愛小説、ミステリーというよりは、精神的な面を記述した本とかのほうが好きかもしれません

同じような質問が沢山あるのはわかっているのですが、いまいち自分も求めているものと違うような気がしたため、質問させていただきます

テーマは、「一度は読んでおかないといけない本、著者」です
元々、本を読むのはすきなのですが、最近電車の中での時間つぶしが必要なくなったため、本をほとんど読まなくなってしまっている状態です
ついこの間、戦争ドキュメンタリーの「映像の世紀」という作品を母とみているときに、
あの「戦争と平和」の著者である、レフ・トルストイがでてきいました
初め、母が、
「ト...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
日本人の著者の本は他の回答者様が素敵なものを上げておられるので、
海外に絞っておすすめします。

ヘルマン・ヘッセ
『車輪の下』『デミアン』
青春小説の傑作です。文章がきれいで、びっくりするほど完成度が高いです。
『デミアン』は本を沢山読まれる、感性の鋭い方なら誰でも共感するところが
あるのではないかと思います。

スタンダール
『赤と黒』
ある野心的な青年の成長と悲劇を描いた作品です。
19世紀フランスの七月革命を下敷きに、
壮大なドラマが進んでいきます。
同じ作者なら『パルムの僧院』もおすすめしたいのですが、
まだ私が読んでいないので……(汗)

ドストエフスキー
『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』『白痴』
トルストイと並ぶロシアの文豪です。
この中でいうなら『カラマーゾフ』が読みやすいかな。長いですけど。
とにかくどの小説も、登場人物がぎょっとするほど極端な性格をしていて
真面目な小説ですが、私はけっこう笑ってしまうこともありました。
でも最後には、大きな悲劇ながらも感動できるものばかりです。

トーマス・マン
『魔の山』『トニオ・クレーゲル』『ヴェニスに死す』
私は病弱なので、サナトリウムを舞台にした長編『魔の山』は
とても感情移入して読みました。
後の二作品は、有名なわりに短いので、
読みやすいかなと思います。
トニオくんの屈折した青春は、感動できることまちがいなし!
(と言いたいけれど、感動ポイントは人それぞれですから……)

質問者様は、司馬遼太郎をコンプするなど
本当に勉強家でいらっしゃるので、
海外の作家もすぐに詳しくなれると思います。
というか、私が見習わないと……
がんばって司馬遼太郎を読みますね。

こんにちは。
日本人の著者の本は他の回答者様が素敵なものを上げておられるので、
海外に絞っておすすめします。

ヘルマン・ヘッセ
『車輪の下』『デミアン』
青春小説の傑作です。文章がきれいで、びっくりするほど完成度が高いです。
『デミアン』は本を沢山読まれる、感性の鋭い方なら誰でも共感するところが
あるのではないかと思います。

スタンダール
『赤と黒』
ある野心的な青年の成長と悲劇を描いた作品です。
19世紀フランスの七月革命を下敷きに、
壮大なドラマが進んでいきます。
同じ作者なら『パ...続きを読む

QEmotivism (情緒説)のの概要を教えて下さい

アメリカの大学の哲学の授業にてEmotivism(日本語では情緒説で良いのでしょうか?)について学習していますが、いまいち意味が理解できません。インターネットで英語・日本語でリサーチもしてみましたが良くわかりませんでした。どなたかわかりやすく解説頂けないでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ふうむ
もっとばんばん回答があるかと思いましたが・・・

EMOTIV=情緒はある意味、誤訳。頻繁に誤解されています。
神学的意味のMOTIVを検索理解していただけると手がかりがつかめるはずです。

メタ倫理の基本項目ですが、
長期的には、ホワイトヘッドを(少なくとも歴史的に)理解してないと、いきづまります。

理論の根底には、「コモンセンスは、存在する」という「ネバならぬ信仰」が、根強く生きています。

(その逆も真で論争のコンテクストの中では、「コモンセンスは存在しない」という文章についても程度を超えて不必要な議論が、「学的」であるとされ、重視される傾向にあるということも書き加えておきます。)

補足) 

まともな哲学者ならば、「メタ記号論理学」という考えは、言葉の遊びであり、ナンセンスだと失笑して議論しません。程度の違いは、ありますが、メタ倫理学には、隠し味として、この「ナンセンスさ」が、潜んでいます。メタという接頭辞がついている学問は、(どう転んでも言い換えができないようなら)、それ自体が、「学問」的には、独立して存続できない寄生体の空論です。

アメリカ哲学に関しては、「哲学」だから、表現されている文章は、判っていないといけないだろうという高尚な考え「自体」が、間違っており、盲点となります。また、これが、不必要に迷ってしまう原因です。

ゆわゆる、ドグマです。

解決策)
まず、最初は、「理解する必要はない」と達観してください。将来の理解への手だては、「類型化」すること。

解決への鍵)
kognitive
real
naturalという言葉を手がかりに、哲学者の類型化を行ってください。
この表に
類型の根拠となる「引用文」を一項目ごとに作成すると問題が解決します。

(注意:「名詞」の内容定義・吟味は、度外視・無視すること。名詞関連で使えるのは、meta anti super non とか だけです。)

ふうむ
もっとばんばん回答があるかと思いましたが・・・

EMOTIV=情緒はある意味、誤訳。頻繁に誤解されています。
神学的意味のMOTIVを検索理解していただけると手がかりがつかめるはずです。

メタ倫理の基本項目ですが、
長期的には、ホワイトヘッドを(少なくとも歴史的に)理解してないと、いきづまります。

理論の根底には、「コモンセンスは、存在する」という「ネバならぬ信仰」が、根強く生きています。

(その逆も真で論争のコンテクストの中では、「コモンセンスは存在しない」という文章...続きを読む

Qミステリ本、次は何を読めはいいでしょうか?

ミステリ小説が好きでよく読むのですが、そろそろ定番物は読みきってしまって新しいものを探しています
系統としては
横溝征史が苦手で江戸川乱歩は割と好きです
ドイルが苦手で、クリスティが好きです
エラリィクィーンは好きじゃないです

赤川次郎も一時よく読みましたが最初の数冊は面白いんですが読んでいくとどれもあんまり変わらないなあ・・・という気になってしまいます

どうやら、トリックに凝って描写説明が細かい作家よりも、人物像やエピソードに重点が置かれている作家さんの方が好きみたいです

一番好きな作家はアガサクリスティなんですが、もうほとんど読んでしまって次は何を読もうか悩んでいます

・犯人推理もの
・推理がきちんと成立しているもの
・むちゃくちゃなオチ(超能力とかそういうの)ではない
・犯罪の規模が大きくないもの(国家規模の陰謀とかスパイものは苦手です)

日本の作家、外国の作家、新旧問いません
みなさんのオススメ作家教えてください

Aベストアンサー

私も昔からミステリは好きな分野だったんですが、
一度読んですっかりはまってしまい、もう10年ほど経つのが綾辻行人さんです。
読み出したら止まらなくなり、明け方までかかって(読むのが遅いというのもありますが・・・)全部一冊読んでしまいました。

その最初に読んだのが、綾辻さんの処女作「十角館の殺人」で、それからの本は全て読みました。
館シリーズも面白いですし、別の出版社から出ている囁きシリーズも面白いです。
恐らく分野わけていくと、アガサ・クリスティに似てるのでは・・と私なりに思っている人ですので、
ぜひ一度読んでみられてくださいませ。

Q情緒不安定な時に書いたメモ書きの内容について

情緒不安定な時にその時に考えていた事を整理する為にメモ書きをしてみました。
何が不満で、何が不安なのかをなるべく詳細に書いたつもりです。

気持ちが落ち着いてからそのメモに書いた内容を読み直してみましたが、
はっきり言って頭のイカレタ人が書いたとした思えない内容です。
(理屈とか理論は間違ってはいないが、内容や考え方があまりにも極端で受け入れがたい内容でした。)

これを自分が書いたのかと思うと心底へこみました。
しかも洒落や冗談ではなく本気で書いていたと思うとめまいがしそうなほどです。


これを踏まえて思ったことがいくつかあります。

1.情緒不安定な時の発言や思考を理解できるのは自分を含めて誰もいないのではないかと思いました。
  実際、そういうものなのでしょうか?

2.どこかのサイトで情緒不安定な状態で感情をメモなどにぶつける事は有効だとありましたが、
  それは気持ちを静める意味で有効と言う意味でしょうか?
  それとも、そのメモを後日読み直すことで深層心理を探ることが出来るなど治療にも役立つのでしょうか?
  もしそうであれば関連のサイトなどを教えてもらえると嬉しいです。

情緒不安定な時にその時に考えていた事を整理する為にメモ書きをしてみました。
何が不満で、何が不安なのかをなるべく詳細に書いたつもりです。

気持ちが落ち着いてからそのメモに書いた内容を読み直してみましたが、
はっきり言って頭のイカレタ人が書いたとした思えない内容です。
(理屈とか理論は間違ってはいないが、内容や考え方があまりにも極端で受け入れがたい内容でした。)

これを自分が書いたのかと思うと心底へこみました。
しかも洒落や冗談ではなく本気で書いていたと思うとめまいがしそ...続きを読む

Aベストアンサー

質問とはちょっと違う側面での回答になるのかも知れないですが、
情緒不安定の時に書いたメモを見て落ち込むのでしたら
止めた方が懸命かなと思いました。

私が、以前心療内科の先生からアドバイスされた事は、
メモはメモでも、良かったことや嬉しかった事を
些細な事でも良いので、毎日少なくとも3つをなるべく思い出して
それを書き出すと言う方法です。

そして、そのメモを鬱になった時や不安になった時などに
読み返すと、元気になる人が多かったそうです。
それを実践してうつ病が治ったと言う人もいたそうですよ。

私もやってみたんですが、3日坊主なので続かないんですよね(汗)
でも、やっている間はなるほど効果的でしたので、オススメです。

Qおすすめの本を教えてください。 私は伊坂幸太郎の本が好きでそればっかり読んでいるんですが、たまには

おすすめの本を教えてください。

私は伊坂幸太郎の本が好きでそればっかり読んでいるんですが、たまには冒険もしたいなと思って質問しました。ただ、全てがリアリティな本ではなくて、ファンタジックな要素がある本だと嬉しいです。

Aベストアンサー

野崎まど はどうでしょう。ライトノベルから出てきた作者ですけど、ファンタジックでありながらミステリだったりします。
ライトノベルであってもライトノベル感はそれほどでもないです。

米澤穂信 はどうでしょう。独特なスタイルの作風です。「氷菓」シリーズはアニメ化されましたが、基本は渋い青春ものです。
他に単品の小説が多いです。

ところでSFに関心はないですか。SFはファンタジーの変種でもあります。
冲方丁(うぶかた とう) はどうでしょう。かなり有名な作家の方です。「マルドゥックスクランブル」のシリーズが良かったです。

小川一水はどうでしょう。「時砂の王」「コロロギ岳から木星トロヤへ」他、短編集を読みました。

伊坂幸太郎先生の作品と、似ているのをなるだけ選んでみました。ふわっとした感じがあると良いんですよね。

Q「情緒」と云う言葉に的確にマッチする外国語はないのか?

「情緒」を英訳すると、EMOTION,SOUL,FEELING といった単語しかないそうですが、これらの単語は「情緒」の適訳ではないとのことでした。これは故岡潔博士の本で読んだことですが、他の外国語ではどうなんでしょうか。「情緒」と云う言葉が持つ精神性は日本人独自のものなのでしょうか。お考えをお聞かせください。

Aベストアンサー

#3です。補足頂戴しました。

「情緒」≠"atmosphere"として、なんとなれば日本人の心の動きには……、と論ずる方法論はあると思います。

少々乱暴に聞こえるかもしれませんが、「犬」≠"dog"として、イヌという和語には元来セントバーナードやチワワは含まれておらずそもそも和犬とは……、と論ずるのと似ています。

いけないことではなく、筆者の意図を伝えるための手法であり、効果も期待できます。しかし、一旦普遍化(一般化)した言葉に特定の意味を再付与し、特殊な用途で用いることになりますので、説明が必要です。

厳密なことを言えば、どんな単語でも言語によって大なり小なりニュアンスの違いがあります。同じ言語でも年代差があり時代差があり、地域差があります。

「日本人独自」という言葉の使い方も注意が必要だと感じます。#4で民族主義について触れられていますが、本当に現代の多くの日本人が共有しているものなのか、本当に他国にはほとんど見られないユニークなものなのか、説明の苦しいものも多く散見されますので。もしかしたら「その人独自」であるだけなのかも知れません。

「情緒」について、”懐かしい、と思う心の動き””桜花のように散る、ことを是とする気持ち”が、はたしてユニークなのかと問われますと、感覚的に私自身はあまりそう感じません。専門ではありませんが、近隣部族の侵略や諍いが多い文化に表れやすそうな価値・美意識だと思われます。

#3です。補足頂戴しました。

「情緒」≠"atmosphere"として、なんとなれば日本人の心の動きには……、と論ずる方法論はあると思います。

少々乱暴に聞こえるかもしれませんが、「犬」≠"dog"として、イヌという和語には元来セントバーナードやチワワは含まれておらずそもそも和犬とは……、と論ずるのと似ています。

いけないことではなく、筆者の意図を伝えるための手法であり、効果も期待できます。しかし、一旦普遍化(一般化)した言葉に特定の意味を再付与し、特殊な用途で用いることになりますので、説...続きを読む

Q若桑みどりさんの本でおすすめを教えてください。西洋絵画に興味があって、中野京子さんの本はほとんど読

若桑みどりさんの本でおすすめを教えてください。
西洋絵画に興味があって、中野京子さんの本はほとんど読んでいます。
何だか難しそうで敬遠していた若桑さんの本に興味が湧いてきました。(「クアトロ・ラガッツィ」しか読んだことがありません。)
わかりやすい本を教えてください。

Aベストアンサー

若桑みどりの著書で、入門的なのは前掲の図書。なかでも、人間大学テキスト、放送大学テキストは、講義用のものとしてまとまっている。

Q生ている意味ってなに?

生ている意味ってなに?

生きる事に意味を付けようと必至です。
なんのために?って考える私って変かな…
不意にこの気持ちが沸いてきて今日1日中、体では色々作業しながらも、ずーっとこれを考えていますが、わからない…
抑うつ状態・情緒不安って主治医に告げられたけど、鬱になった訳でもない。なら私は何?なんであんなに苦しかったの?甘えてただけかな?もうダメ~って自分を甘やかしていただけだったのかしら…
誰か意味を教えて。

Aベストアンサー

生きる意味なんてみんな分からずに生きていると思いますよ。

ただ、あなたは「生きる意味」を知りたいんじゃなくて、「あなたが生きる意味」を知りたいんですよね。
自分さがしの延長線というべきものでしょうか?

僕は↑に必要なキーワードが、「信頼できる他人」であると思っています。
信頼できる他人をみつけることが自分さがしの道であり、それが大親友、夫婦、家族になると思います。

これが第一段階ですね。次に、このベースとなる部分がしっかりした場合は、仕事上や趣味といったものにも意味をみいだせるように思います。

なので、まずは「信頼できる他人」を見つけましょう。

Q安部公房さんの本で、好きな作品は何ですか? 因みに、自分は、安部公房さんの本は全部読みました。 初め

安部公房さんの本で、好きな作品は何ですか?

因みに、自分は、安部公房さんの本は全部読みました。
初めに「砂の女」を読んでから、ファンになりました。
他には、「箱男」、「密会」、「壁」、「砂漠の思想」等が好きです。

Aベストアンサー

”デンドロカカリア”と”水中都市”が、印象に残っています。不思議で、少しだけ怖い話が好きでした。

砂漠の思想、砂の女。。。砂に何か、惹かれるものがあったんでしょうか。

空の怪物アグイーが好きで、安倍公房作と、ずーっと思ってきましたが、ご質問で、調べてみたら、大江健三郎さんだったとわかりました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報