【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

マンションの各戸の台所に設置されているガス警報器が有効期限5年を既に1年超えていることが判明し、理事会で全戸のガス警報器を新品と取り換えることを決定しました。
  参考:機種は<SH13933 パナソニック ガス当番 都市ガス(天然ガス)用>
ところが消防定年退職された方が「新品と交換ではなく定期的に機能検査して故障が判明すれば取り替える方法でよい。このマンションはSRC12階建て80戸で法的には本来ガス警報器は要求されていない。たまたま建設時に火災報知器とセットになっている製品なので取り付けられたもの。5年後に予定された大規模修繕で積立金が赤字になるので少しでも無駄は避けた方がいい」との意見を出され、対応に紛糾しています。またガス警報器に表示されている「有効期限は取り付け後5年間」の意味も解釈がいくつかあります。有効に機能する単なる使用者の管理上の目安情報なのか、メーカーの保証(それ以内に故障したら無償で取り替える)の期限なのかということです。また火災報知器は半年毎に機能検査を全数やっていますが、ガス報知器はやっていません。有効期限以内でも定期的にやらなければならないものなのかという疑問もあります。通常、同類マンションでは常識的にどんな管理が行われているのでしょうか。アドバイス宜しくお願い致します。

「マンション台所のガス警報器の新品への取り」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

#7です。

お礼ありがとうございます。以下補足です。

>ただある住戸1軒で今回有効期限から1.5年過ぎており、トラブルないか尋ねると最近、ガスコンロでの煮炊きでガス漏れ警報器が鳴りやすく困るというものがありました。

取り付けから6年半ですか・・
まあ、ありえますがとても早いですね。でも全体の中の1戸だけということなら、まあそれぐらいのでしょう。

>どうも油煙などでセンサーが汚れると逆に反応が悪くなるのではという気がするのですが。また誤動作ですが、敏感になり過ぎる以外に<反応が鈍くなる>とか<まったく反応しなくなる>とか<鳴りっぱなしなる>とかはないのでしょうか。

普通はそう考えるのですが、センサーの仕組み上、敏感にしかなりません。反応が悪くなるのはセンサーそのものが故障している場合だけで、反応が悪いというよりまったく反応しないでしょう。

 このセンサーの仕組みを極簡単に説明すると、たとえば穴のいっぱい開いた通路を考えてください,人間が落ちてしまうほどの穴がいっぱい開いているのです。通常は通路を通ることが出来ません。つまり、通路を通れないのでセンサーの信号はONにならないわけです。
ガスが充満すると、この穴をふさぎます。十分に渡れる程度まで穴をふさげば、橋を渡ってスイッチがONになります。
経年劣化するというのは、この穴が脂分などでふさがれていく、ということです。ですからちょっとの量のガスでもONになりやすくなりますし、穴が多くふさがれば反応しっぱなしになります。
ですので、敏感になることはあっても鈍感になることはまずないのです。これはガスセンサーだけの話しです。

>ところでガス漏れ警報器には自らのトラブルを自己検知してランプが赤になりっぱなしとか点滅するとかの機能は搭載されていないのでしょうか。

センサー側の電源が入らないときは緑のランプが点灯しません。それをチェックして警報音を鳴らすインターホン親機などがあります。それ以外のトラブル検知はありません。
取説:http://dolphin.va.panasonic.co.jp/ideacontout/20 …
(パナソニックのものですが、写真の製品です。OEMなので各社から発売されていますが、同じものです)

>また専門業者のチェックでお椀状の容器をかぶせて煙チェックしていますが、あれで普通反応、過剰反応、鈍感反応、反応なしが判断できるのでしょうか。
それがうちの本職ですが、煙でチェックする煙感知器・熱でチェックする熱感知器・ガスでチェックするガス感知器などがあります。
 ただ、点検でチェックできるのは「正常に作動しているかどうか」だけです。煙に関しては「感度測定」もありますが、お椀型の容器ではできません。

皆さん誤解しているのですが、専門業者の点検は「正常に作動するか」だけしか見れません。特に「誤作動」は一般的には「火事でもないのに反応すること」とされますが、専門家としては「センサーを動かす何かがあれば、作動は正常」なのです。たとえば暖房機をつけて感知器が反応したり、バルサンを焚いて反応するのは専門家としては「誤作動」とはいいません。感知器を作動させる原因があり「感知器としては、正しく反応して作動」しているからです。
何がいいたいかというと「誤作動とか故障するかどうかを、点検で見つけることは殆ど不可能」ということです。


>また専門業者のチェックは6か月毎ですが、5年未満でこの6か月の間に故障するとかあるのでしょうか?
ありえますが、そもそも火災関係の器具は信頼性が高いので、そう簡単には壊れません。特に熱感知器は、毎年何百棟の建物を点検し、何千個もの感知器を確認しますが、年間故障で交換するのは10個未満です。
ただし、ガス検知器はセンサーの特殊性から経年劣化で感度が上がりますので、10年程度で交換するものは多いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度のアドバイスありがとうございます。有難いのは当方の質問単位で素人向けにやさしく丁寧に説明頂いたことでした。本件に対する対応方針が固まり、アドバイスの内容で再度理事会で検討するようお願いする所存です。どうもありがとうございました。

お礼日時:2015/07/03 23:38

#6です、具体的な説明は#8の方が述べてくださいましたが


ガス警報器は都市ガス以外にも、殺虫剤、ヘアスプレー、シンナー、ペンキ等の揮発性ガス
みりん・醤油・ワイン・酒のカン等の蒸気、タバコの煙などでも反応して警報が出る場合もあります
本来は一定の濃度の都市ガスに反応して警報を出しますが、センサーの寿命・劣化・汚れなどにより
誤作動が多くなったり、ガスが漏れても反応が遅くなったりします
ガス警報器の検査では警報が鳴るまで試験ガスをかけて、鳴れば「合格」鳴らなければ「故障」と言う判断しかしません
正常で反応する濃度・時間を測定して検査するわけではありません

余談になりますが、住宅用火災警報器で価格の安い海外製の火災警報機がありますが
海外製の性能規格では「とにかく煙だろうが他の物質だろうが感知して警報を出せば良い」となっている物もあり誤作動(非火災報)が多くなっています
それに対して日本製は、国内の気候や風土、温度や湿度等に合わせ「火災による煙以外の非火災では警報が出ない」ように作られています
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度、補足アドバイスありがとうございます。ガス警報器の経年劣化による現象が、過敏化によるささいな原因ガスで反応するという安全側のトラブル発生なので6か月点検と各住戸からの苦情で交換すれば基本的に対応出来そうです。5年の有効期限を超えて気になる方は期限切れはお知らせするものの、6か月点検で問題なければ、ご自分の費用で交換どうぞとなりまそうです。当マンションではガス警報器の交換まで当初からの慣習で管理組合で面倒を見てあげていますが、元々管理規約でもガス警報器は共用設備に入っていないので個人の責任の問題であるとの意見もありました。ご丁寧なアドバイスどうもありがとうございました。

お礼日時:2015/07/01 20:01

専門家です。

販売もしていますし、取り付けもやります。

説明的には#6さんが正しいです。
実際にトラブルになる事例をいくつも知っていますが、5年程度たつと条件が悪いものは内部の汚れなどで、センサーが悪くなり、感度がよくなって誤作動が多くなっていきます。白金線コイルの場合は、感度が悪くなるのではなく、敏感になって誤作動が多くなるのです。

その結果、酒蒸しやフランベなどの調理法をよくする方はアルコール分がセンサーを反応させて誤作動が頻発することになります。

調理方法だけでなく、換気扇をあまり使わない方、掃除をしない方、などセンサーに悪い使い方をしていると5年過ぎたぐらいで誤報が多くなるものもありますが、キッチンの掃除をつねに行い、きれいに使っている方だと20年ぐらいもつものもあります。

消防関係の方の言うとおり、ガス感知器は義務設置ではないのかもしれません。
そうであれば、一斉に交換するのも予算がかかりすぎる、という意見もうなづけます。もし自分たちで交換できるなら、在庫をもっておいて、誤作動が始まったものからこうかんすればいいでしょう。それでも上限10年ぐらいで全数を交換するほうがいいとは思います。

この場合、どの部屋を交換してどの部屋を交換していないのか、最初の交換からまだ全部終わっていないのに、次の交換を必要とするような使い方の良くない部屋の費用負担はどのようにするのか、など、手間はかかりますが安く済ませることは可能だと思います。

交換自体は、ひねって取ってまたつけるだけですので、誰でもできますし、任意設置なら資格も特に必要ありません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご丁寧なアドバイスありがとうございます。当マンションは築20年でこれまで5年毎にガス漏れ警報器は新品と取り替えたそうです。そのせいかトラブル事例は一件も報告されていません。ただある住戸1軒で今回有効期限から1.5年過ぎており、トラブルないか尋ねると最近、ガスコンロでの煮炊きでガス漏れ警報器が鳴りやすく困るというものがありました。これがphjさんの云う「内部の汚れなどで、センサーが悪くなり、感度がよくなって誤作動が多くなっていきます」というものの該当例でしょうか。どうも油煙などでセンサーが汚れると逆に反応が悪くなるのではという気がするのですが。また誤動作ですが、敏感になり過ぎる以外に<反応が鈍くなる>とか<まったく反応しなくなる>とか<鳴りっぱなしなる>とかはないのでしょうか。
ご存知の範囲で情報頂ければありがたいのですが。

ところでガス漏れ警報器には自らのトラブルを自己検知してランプが赤になりっぱなしとか点滅するとかの機能は搭載されていないのでしょうか。

また専門業者のチェックでお椀状の容器をかぶせて煙チェックしていますが、あれで普通反応、過剰反応、鈍感反応、反応なしが判断できるのでしょうか。

また専門業者のチェックは6か月毎ですが、5年未満でこの6か月の間に故障するとかあるのでしょうか?

現在、全数取り替えは総会で承認得ているので、消防関係の住戸の方には総会承認済で安全志向は総意ですからと云えばなんとか説得できると踏んでおります。

上記のお尋ねに情報頂ければ幸いです。

お礼日時:2015/06/30 22:38

火災感知器で熱感知器は、温度上昇を空気の膨張を検知したり、金属膨張をバイメタルで検知する方法で


住宅用火災警報機などの煙感知器は、煙による光の反射を利用して検知しています
共に年数がたってもそれほど検知能力の劣化はありませんが
ガス警報器の多くの警報機に使われているのが「熱線型半導体式センサー」でガス検知原理は
金属酸化物半導体表面でのガス吸着による電気伝導度変化を、白金線コイルの両端よりみた抵抗値変化として測定しています
火災感知器と違い、ガス警報器は有効期限の年数が経つとセンサーの寿命だけでなく、基本的台所で使用するため内部の汚れにより
誤動作や万が一のガス漏れの際に警報器が正しく作動しない可能性があります

3軒以上の集合住宅の場合、プロパンガスはガス警報器が基本的義務付けられていますが、都市ガスは義務付けられていません
しかし安全を考えると設置するに越したことはなく、一軒家と違い集合住宅は他の住居に被害を及ぼす可能性が高く
万が一ガス漏れがあっても感知せず、それによる火災になった場合、あの時取り替えておけば・・・・とならないよう
有効期限の過ぎたガス警報器は取り換える方を、お勧めします
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。火災報知器とガス漏れ警報器の原理、非常に専門的な話ですが、ぼんやりながら分かった気がします。ついでながらこのガス漏れ警報器の誤動作とか正常に作動しないとは具体的にどんなものでしょう。これまで居住者から聞いたトラブルですが、既に有効期限5年を1.5年超過しているある住戸ではガスでの煮炊きで警報器が敏感に反応して鳴るので困るというものです。これ以外のトラブルはあるのかもしれませんが耳に入ってきません。勿論ガスが漏れて臭いのにならないというトラブルも聴いていません。ところで専門業者のガス漏れ警報器のチェックですが、過敏に反応し過ぎる場合と鈍感で反応が鈍い場合と、全く反応していない場合はあの容器で被せるチェックで3点とも判断できるものでしょうか。

全戸取り替えは総会に諮って、既に承認を得ているので、こちらの技術的や安全面の論理が固まれば、異見お持ちの消防関係の住戸の方に<より安全を追求したいのが住民の総意なので>と説得は出来ると思います。

もし上記のお尋ねでご存知の点ありましたら追加情報お願い致します。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2015/06/30 22:21

ガス警報器だけ別づけにすれば?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考ご意見、ありがとうございます。ガス漏れ警報器が共用部分か専有部分かの議論にも関連してきます。

お礼日時:2015/06/30 22:06

各区分所有者の判断に任せています。


専有部分内の機器ですし、法的に問題ないわけですから。

・管理組合として、強制的に全戸交換、同一機種の意味があるかどうか。
・仮に、そうした場合、それは共用部分として扱って、故障対応、今後の交換の費用負担は管理組合となるのか。
という問題もありますから。

現在の管理規約では「ガス警報器」は共用設備にはなっていないと思います。
強制的に全戸交換ということになれば、共用設備として管理規約の変更も必要でしょうね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。びっくりしたのはガス漏れ警報器が共用設備ではなく、専用設備という点です。早速管理規約をひっくり返して該当規定<専有部分に属さない建物の付属物及び付属施設>を見たところ次のようになっています。(関連部分抜粋)
「被雷・電話通信・オートロック・インターホン・火災通報・消火などのための諸設備」
この最後の「などのための」を広義に解釈して当マンション理事会ではガス漏れ警報器をマンション理事会発足以来共用部分に含めています。アドバイスで下記部分は参考になりました。

・管理組合として、強制的に全戸交換、同一機種の意味があるかどうか。
・仮に、そうした場合、それは共用部分として扱って、故障対応、今後の交換の費用負担は管理組合となるのか。

アドバイスどうもありがとうございました。

お礼日時:2015/06/30 22:00

マンションのメンテはお金が掛かり過ぎますね


5年ですかね うちは30年間で1度壊れてもいないのに替えた程度です
全体的に新築当初から誤作動が多く やれ壊れただの何だので
うちはついで的でした壊れても無かったし
誤作動は 壁中の配線上に画鋲等刺す人がいたらしいからかも
迷惑な話です

点検が年に2回もあるのだから そんなに杓子定規に替える必要も無い気も
水道メータも7年とか あれもどうなってるのやら・・
1度替えただけ 超早目に・・不要・・
洗管も5年に1度だとか迷惑な話です
プライバシーも無い 折角買ったのにみたいな

いろいろな耐用限度は実は1.5倍という話も

↓義務無くなったんですか・・??
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。杓子定規に替える話ですが、そうしたくても住戸に入居以来、火災報知器、ガス警報器のチェックで業者を回らせても決して入れない住人が3、4%いて、こんな私共のこだわりもぶっ飛んでしまいそうです。30年間トラブルなしだけれども替えたというのは火災報知器のことでしょうか、ガス漏れ警報器のことでしょうか。
いずれにせよ参考ご意見、どうもありがとうございました。

お礼日時:2015/06/30 22:42

家は点検だけしていきますが後は自主管理です。



私は以前の職業柄根気よく取り替えていましたが、
最近は設置義務もなく、業者側も廃番で、
代替品が高いため交換はやめています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございました。皆様の回答からマンションではガス漏れ警報器は共用部分ではなく、専有部分の機器と見做され、nitto3さんの現況のように、住戸の所有者の個人判断になっているところが結構あるようですね。事例情報どうもありがとうございました。

お礼日時:2015/06/30 21:42

元消防署員がいうのは「法的なもの」だけですよね


ガス漏れに対する安全性を担保するものを適当にするのはまともではないと思いますよ。
そもそも「故障したら取り替える」と言ってるそうですが、では自己診断を搭載しててもそれだけで故障が100%検知できるか?というのもあります。
5年間一度も点検してないならなおのことですが、それらについて言わない人を私だったら信用しません。
肩書きは立派かもしれませんが、まず安全のことを考えて話をすべきで、目先の金だけの話をしてるのはどうかと思います。

一応ビル管理会社に居たとき、大手ビルダーのマンション管理窓口を担当しましたが、ガス検知は火災警報器点検時に同時に行うことを提案に織り込み、かなり安い価格で行ってました。
要は人件費を削減ですよね。
火災報知器の点検は年2回でしたかな?その際にどのみち宅内にお邪魔するので1度で済みますよ、価格もリーズナブルですよ、と提案し安全性を上げましょうと。
確かそのビルダー(住民と管理で揉めて外された)はやってなくて、提案もしてなかったので最初はいぶかしがられましたが、やる意義と住民の手間は今まで同様ということで了承されました。

ガス会社とも付き合いがあったのでその旨確認した記憶があります。

この辺は地域差などもあるかもしれませんが、安全性にかかわる問題ですから一度消防署と自治体の建築課などに相談してみてはどうでしょうか?

ちなみに普通有効期限は製品保証ではなく「性能保証」となります。
5年経ったらこの機械が正常に作動しなくても知りませ、責任ありませんよ、ということです。
メーカーに聴けば「交換してください」となるはずです。
一応パナソニックにも問い合わせしてみてはどうでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。火災報知器と合わせて年2回専門業者がチェックしています。そのチェックの際に有効期限5年を超過しているものがあるとの報告を受けて本件が理事会で審議され、5年を経過したものは取り替えることになりました。誤動作トラブルの報告ですが、6.5年経過した警報器ですが、それは<料理中にささいなことで警報器が鳴る>というものでした。些細なことで鳴るのだったら業者チェックの際に<鳴る>ものだから故障や劣化と見做されないのでは?と首をひねっています。ところで<自己診断機能を搭載した>という表現がご回答にありますが、警報器にはセンサーなどの規準を超えた劣化などを自己診断する仕組みがあるのでしょうか?もしご存知でしたら情報頂きたく。いずれにせよご回答大変参考になりました。どうも有難うございました。

お礼日時:2015/06/30 21:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガス漏れ警報機って本当に必要なのでしょうか。

最近ガス漏れ警報機の更新といってガス会社(都市ガス)から交換のお知らせがありました。値段は安いものでも15000円くらいでしたが、ガス漏れ警報機って本当に必要なのでしょうか。実家は何十年と警報機なんかはなしでやってます。ガスコンロにも安全装置みたいなのがありますし、ないとどれくらい危険なものなんでしょうか。

Aベストアンサー

最近のガスメーターはガス圧や、ガス流量などを感知して異常と判断するとガスを遮断するしくみになっています。
また、ガス器具の安全装置も充実してきていますし、天然ガスは毒性もありません。

ガス事故のほとんどは、使用者側のミスです。
これはガスであれ電気であれ同じだと思います。
ですから、クリーンで安全と言っています。


さて、ガス漏れ警報器ですが…非常に曖昧な安全装置だと思います。というのは…

1.単体型ですと警報音が鳴るだけでガスを遮断する訳ではない。
2.誤作動がある。(ガスじゃないのに警報音が鳴る)
3.警報音が鳴っても何の音か気付かない事がある。
4.ガス漏れを100%感知するものではない。

という事からです。

ガス漏れ警報器が付いていれば絶対に安心という事はないが、無いよりはマシ(万が一の事故を防げる事もある。)といった所でしょう。

以下参考までに…
1.15,000円はちょっと高いような気がします。もっと安いものがないか聞いてみては?
2.期限が切れても実際は正常に作動するものがほとんどです。ただ期限が切れると保険も切れます。
3.競争の激しいLPガス業界では、お客様には無償で交換なんて事もしています。

最近のガスメーターはガス圧や、ガス流量などを感知して異常と判断するとガスを遮断するしくみになっています。
また、ガス器具の安全装置も充実してきていますし、天然ガスは毒性もありません。

ガス事故のほとんどは、使用者側のミスです。
これはガスであれ電気であれ同じだと思います。
ですから、クリーンで安全と言っています。


さて、ガス漏れ警報器ですが…非常に曖昧な安全装置だと思います。というのは…

1.単体型ですと警報音が鳴るだけでガスを遮断する訳ではない。
2.誤作動がある。(...続きを読む

Qマンション火災報知器は共用部分ですか?

もともと取り付けてある台所のスポット型熱感知器が周りには火の気もないのに朝突然発報して、警備会社の方が来て設備をリセットしても
リセットできず、最終的に管理会社の方が来て、感知器が故障しているとの事、さらに交換は個人で業者に依頼してくださいとの事でした。どこに問い合わせていいかも判らず業者を教えてくださいに対しても斡旋は出来ないと言われ、今は管理会社の方が感知器をショートさせて鳴らないようにしています。どこに依頼すればいいですか?
またこの場合の、交換費用はどこが持つものですか?

Aベストアンサー

補足拝見しました。

自動火災報知設備の熱感知器であることは間違いないと思います。
マンションの場合、通常のビルについている自動火災報知設備と違い、マンション用の自動火災報知設備というのがあります。
これは点検時に室内に入らなくてよいように遠隔で試験する仕組みを備えていたり、火災の時にどの部屋が火事なのか分かるようになっていたりします。
しかもこの仕組みが複雑で、私ども専門家でも、かなり慣れていないと扱えない(直せない)ときがあるのです。またメーカーによっても仕様がことなります。

ですので、先に書いたように、個人からの依頼の場合、必要な書類とか処置が出来ない可能性があるので、お断りすることもあるのです。

本来は管理会社の仕事の範疇ですし、管理会社が設備点検の一環として専門業者に点検や改修を依頼しているはずですので、その業者に頼むのが一番いいのです。
もしそのような専門業者を持っていない、または管理業者自体が点検をしているために良くわからない、というなら無責任この上ないですから、管理組合を通して苦情をいうべきです。

>管理会社の方は確認用の他の品番の物を持って来ていましたが
先程書きましたように、仕組みがついている感知器と普通の感知器は違いますし、種類も何種類かあります。ですので値段も相応に違います。
メーカーや種類にも寄りますが、定温感知器だけで3千円程度から3万円程度まで差があるのです(同一メーカーの定価で比較しています)

修理費を負担するのは仕方ないとしても、個人で業者を選んで作業させた場合、その後の責任は一切取れないと、管理会社に念押しをしたほうが良いでしょう。
ただその場合、法外な金額の見積を持ってくる場合がありますので、消防に相談して見積してくれる業者に相談するか、メーカーである松下に連絡して、地域の特約代理店を紹介してもらって相見積をとることも考えたほうがいいかもしれません。
元の見積があれば、算定すること自体は比較的簡単です。

補足拝見しました。

自動火災報知設備の熱感知器であることは間違いないと思います。
マンションの場合、通常のビルについている自動火災報知設備と違い、マンション用の自動火災報知設備というのがあります。
これは点検時に室内に入らなくてよいように遠隔で試験する仕組みを備えていたり、火災の時にどの部屋が火事なのか分かるようになっていたりします。
しかもこの仕組みが複雑で、私ども専門家でも、かなり慣れていないと扱えない(直せない)ときがあるのです。またメーカーによっても仕様がことな...続きを読む

Q警報器はなぜ5年ごとに交換するのですか?

先日我が家に「あなたの家の警報器はすでに5年が過ぎたので、交換してください」という知らせが東京ガスの代理店から届きました。警報器(ガスもれ・火災・一酸化炭素の発生をお知らせ)は、その電源を(電池ではなく)家庭用のコンセントから取っているのに、どうして5年ごとに交換しないといけないのでしょうか。我が家の二階に設置してある電池で機能する火災警報器なら電池切れという理屈で理解できるのですが、一階に設置された警報器は一体何が劣化したというのでしょうか。
2つの警報器で3万円弱かかるのですが、5年ごとにそんな大金を払わなければならないのが不思議です。ガス関連の連中の収益を最優先したインチキな法律だと思うのですが、怒りを感じるのは私だけなのでしょうか。

Aベストアンサー

>収益を最優先したインチキな法律だと…

お気持ちは分かりますがその前に、

>東京ガスの代理店から届き…

この“代理店から”というところが重要なポイントです。
ガス会社自身でなく、もちろん消防署でもない。
本当に法律の観点から設置義務があるなら、消防署が市 (区・町・村) の広報紙などを通して広く市民に周知させるはずですし、ガス会社自身も積極的に PR するはずです。

つまり、住宅にガス漏れ警報器の設置を義務づけた法律などないのです。
住宅用火災警報器は 10年ほど前に義務化されましたが、住宅である限りガス漏れ警報器にそんな法律などありません。
質問者さんはあくまでも任意で取り付けているだけなのです。
任意なのですから、メーカーが推奨する取替年限の目安に従おうと従うまいと、全く自由なのです。

その警報器にテスト用ボタンはありませんか。
あるなら押してみて警報音を発するかどうか確かめてみてください。
毎月 1度ずつぐらいテストしてみて、動作がおかしいと感じるようになったら、そのときに取り替えれば良いでしょう。

質問者さん宅には、NTT や KDDI から電話やネットの料金が安くなりますとかいう電話が頻繁にかかってきたりしませんか。
あれもほとんどは NTT や KDDI 自身ではなく“代理店”にすぎず、いうことを鵜呑みにしたりすると、どんな裏があるかもしれません。

“代理店”からの手紙・はがきや電話には注意しましょう。

>収益を最優先したインチキな法律だと…

お気持ちは分かりますがその前に、

>東京ガスの代理店から届き…

この“代理店から”というところが重要なポイントです。
ガス会社自身でなく、もちろん消防署でもない。
本当に法律の観点から設置義務があるなら、消防署が市 (区・町・村) の広報紙などを通して広く市民に周知させるはずですし、ガス会社自身も積極的に PR するはずです。

つまり、住宅にガス漏れ警報器の設置を義務づけた法律などないのです。
住宅用火災警報器は 10年ほど前に義務化されましたが、住...続きを読む

Qガス警報機の契約は必要ですか?

こんばんは。
以前より職場としてマンションを借りており、また新たに引っ越しました。ガス開栓の方が見えて、(強制ではないようですが)以前同様ガス警報機を勧められ、レンタル契約しました。
月々の料金は約300円と些少ですが、ガスを使わない時は元栓を締めていますし、第一、不在のときのガス漏れに対応するようなものでもないようです。都市ガス契約されている方はほとんどご存知かと思いますが”ガス警報機ぴこぴこ”というものです。皆様契約されていますか?
不必要なら解約したいです。電気代も無料ではないでしょうし。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ガスを使わない時は元栓を締めていますし、
それなら、殆ど必要無いですよね
不在のときのガス漏れに対応するようなものでもないようです。
警報音を人間が感知するタイプですので
不在時はあまり役に立たないかも!
強制では有りませんので、当家も契約はしていないですよ

参考URL:http://www.osakagas.co.jp/html/faq/picopico.htm

Qガス漏れ警報器の設置義務について

現在集合住宅住まいです。
台所をIHクッキングヒーターにする予定ですが、ガス漏れ警報器の設置(リース料の支払い)は拒否できますか?
給湯はLPガスで屋外に燃焼機があり、室内にLPガスの燃焼機はありません。

Aベストアンサー

 LPガスの販売店に勤めているものです。
 まず『ガス漏れ警報器の設置義務』についてお答えします。
 
 原則的には集合住宅の場合、ガス漏れ警報機を設置しなければなりません。(条件が揃えば義務がなくなる場合もあり)
 しかし、ガスコンロからIHクッキングヒーターへ変更されるとのことなので、この場合はガス漏れ警報機を設置する必要はなくなります。付けていても意味がないからです。
 
 次に、警報機を外した場合のリース料の支払いについてお答えします。
 この場合、コンロがなくなったので警報機を撤去してくださいと販売店に伝えれば、警報機は撤去され、翌月からリース料の請求もなくなります。警報機のリースといっても、厳密なリース契約を交わしているわけではありませんので、違約金などの請求はありません。

Qマンション専有部分の火災報知機交換費用(長文です)

分譲マンション居住部分の火災報知機の交換費用について、今回のケースだと我が家の費用負担はどの程度あるかを、専門の方または世間一般的なご意見を聞きたくて質問しました。
少し話しがややこしいですが、これまでの経緯です。

2011年(夕方と夜)に火災報知機が2回発報した事があり、誤作動でした。
それ程大きくないマンションなので、管理室受信盤は表示階数までしか表示されず、部屋の特定までが難しく、1・2回目の時も我が家があるフロアー階とまでしかわかりませんでした。この時も家にある全8ヶ所の報知器を見回ったのですが点灯はありませんでした。が、3回目の発報時、主人の部屋の報知器が赤く点灯していたのです。警備会社が到着した時には(保持機能がないので)既にランプは消えてましたが、1・2回目の時は何でもなかったので、家族全員キツネにつままれた気分でした。とりあえず3回目がうちだったので、過去2回もまずそこだったのだろうと、管理会社が該当の報知機(ヘッド部分)を管理組合負担で交換してくれました。

その後2年間は何事もなく過ぎたのですが、2013年の夜明けにまた3回発報し、管理室表示はまたも同じ階で、我が家にとっては前回の事もあるので、その度家族全員ドキドキしながら急いで見回りますが点灯なしです。突然あの大音量は(寝てる時は特に)誰もが驚くと思いますけど、我が家は更に過敏となってしまい、鳴る度今度もまたうちなのではとダッシュで8ヶ所を見回り、周りにまたと思われるのではとパジャマを着替え外に出て点灯してないと説明したり、とにかく心労でした。

2011年のあの時も、一体何で主人の部屋で誤報したのかわかりません。主人は自分の部屋でだけ煙草を吸うのですが(本当はやめて欲しぃですけど)パイプファンや空気清浄機を稼働しており、そもそも報知器自体は熱感知式ですし、年2回の消防点検だって毎回受けて正常だし、結局その時は単なる機器故障か劣化かも?という事でヘッド交換しただけで終わりました。

ただ1つ気になるのが、10年前に上階から(バケツ数杯程度の)水漏れが洗面所にあり、リビング側の壁などにも水が浸み出し、クロスの張り替えをした事があるのです。洗面所の報知機は水濡れ後一度も交換しておらず(本来ならその時すべき事でしたよね)主人の部屋は洗面所の隣りに位置し、押し入れ程のクローゼットを挟む形で隣接しているのですが、水が天井を伝ったりするなどして機器や配線等が何らかの影響を受ける可能性もあるのではないかと頭をよぎるのです。それは前回の誤報の時にも管理会社には伝えてましたが。(実際、結露や水などが誤報の原因になる事もあるそうですし)

とにかくまた誤報が続くようになり、調査の必要性があると、管理会社も業者を手配してくれました。表示階の該当世帯は5世帯ですが、我が家を優先に調査してくれる事が決まりその調査予定日の2日前に、また発報したのです。(4回目) 警備会社が到着し、そこで別の部屋の台所が点灯元だとわかりました。前3回の誤報時も台所を使っていたそうで、調査はそのお宅と我が家が対象になりました。

管理会社から事前に聞いた話しでは、今回の費用は管理組合が負担するとの事。
まずは業者が誤報したお部屋の台所報知器1つを交換し、その後我が家を訪れこれまでの事を説明すると、疑わしきは全部交換した方がいいと勧めてくれました。前回は主人の部屋のヘッド部分の交換でしたが、今回は全てのベース+ヘッド8ヶ所交換しましょうと言ってくれたので、管理会社は了解済みなんですか?と尋ねると、大丈夫との返事だったので、それならばとお願いしたのです。業者は電気と消防の有資格者で火災報知機についても詳しい方だと管理会社からも聞いていました。その後、火災報知機の発報は現在までありません。

その時点でこちらはどの程度の金額になるのか知りませんでしたが、後になって支払額は161,000円+税だったと管理会社から報告を受けました。結果として、今回の誤報は別のお宅の台所(1ヶ所)だった事もあり、必要以上に交換修理をしてしまったのではないか、管理組合負担なので他居住者への説明や公平性などを考えると、と管理会社の方も悩んでいました。

それを聞いて当初は、それなら今後マンション全体で火災報知機交換をするという時期が来た場合、我が家は対象から外して欲しいと話したのですが、後からネット等で調べるとマンション専有部分の火災報知機等は居住者負担との情報もあり、それならばこちらも支払わなければならないかと思うようにもなってきたのですが、正直こちらも悩んでいます。

管理会社は筋を通すと意味合いでと、組合理事は相当分負担していただければ有難いとの話です。実は管理組合は、水道ポンプ交換や大規模修繕工事を終えたばかりで、前年度私も理事をしていたからわかるのですが、余分な支出は抑えたいというのもわかりはするのですが。

一方、家族は話が違うと怒っています。管理会社が居住者負担はないと言うのでお願いしており、しかも業者が全部交換しましょうと言うのでそれならばとこちらもお願いしたのだと。話しが違うなら頼まなかったと。そう思うのも当然で、私だってその気持ちの方が強いです。

後でわかった、今回の内訳費用はこうでした
---------------------------------------
・別宅台所 防水報知器 1個 3,600円
・我が家 作動式報知器 6個 23,700円
       防水報知器  2個 7,200円(1個は水漏れのあった洗面所)
・主張交通経費 1式 8,000円
・機器交換工事 1式 58,000円
・炙り試験     1式 38,000円
・受信盤点検試験(管理室)1式 30,000円
---------------------------------------
計 168,500円
値引▲7,500円
合計161,000円 (全て消費税別途)

機器交換や試験の手間賃などが、1式単位なのか、単価x個数分なのかまで現段階ではわかっていませんが、手間賃の分配方法も含め、我が家の相当分ってどのように計算したら妥当なのでしょう。
理屈上、別宅台所1個分の交換をした場合かかったであろう総費用と、今回の支払額との差が我が家の負担分とするならば、結構な金額にはなりますよね。水漏れのあった洗面所報知器交換の必要性があった事だけは今も感じてますけど。
ちなみに、別宅台所1個分の交換費用は管理組合負担で居住者にはかかりません。

払う払わない、払うなら幾らかなど、皆様が当事者だったならどう対処していきますか?
長文になりましたがご回答頂けると有難いです。.

分譲マンション居住部分の火災報知機の交換費用について、今回のケースだと我が家の費用負担はどの程度あるかを、専門の方または世間一般的なご意見を聞きたくて質問しました。
少し話しがややこしいですが、これまでの経緯です。

2011年(夕方と夜)に火災報知機が2回発報した事があり、誤作動でした。
それ程大きくないマンションなので、管理室受信盤は表示階数までしか表示されず、部屋の特定までが難しく、1・2回目の時も我が家があるフロアー階とまでしかわかりませんでした。この時も家にある全8ヶ所の報...続きを読む

Aベストアンサー

#3,4です。再度のお礼ありがとうございます。

私、ちょっと勘違いしていたかもしれません。たしかに文面をもう一度よく見てみると、特段受信機が二つと読み取れる場所はありませんね。ただ、マンションの場合「住宅用火災報知設備」と共用部に一般型の「自動火災報知設備」の二つを併用しているところが多いため、見積積算の文面で勝手に誤解したかもしれません。

ですので「ふたつの受信機」の部分は忘れてください。

さて、本題はそこではありませんよね。
機器交換工事費 58,000円としたら、58,000円÷9≒1ヶ所 6,444円
試験調整費 38,000円程度としたら、38,000円÷9≒1ヶ所 4,222円
受信盤点検試験(管理室)30,000円÷9≒3,333円 
の部分だと思います。

通常解釈できる内訳を申し上げますと
機器交換工事費:機器を交換するために派遣される人件費、必ずしも交換個数で割れるものではないが、交換(取付)個数または時間によって増減する。
(例 3個までは1人1時間で2万円、9個だと1人3時間か2人1時間強で6万から5.5万円

試験調整費 試験に必要な人員を、試験に必要な時間で掛けたものが費用
(必ず2人以上必要なので、1時間2万として9個なので2時間4万円ぐらい)

受信盤点検試験(管理室)30,000円÷9≒3,333円
正直な話、分かりません。前述のように受信機が二つあるタイプなら、試験調整で2人で確認することもあるでしょう。なので「管理会社の利益分っぽい」ということです。

まあ、夜間対応してますし、管理会社が入ることでさまざまなメンテナンスが容易になりますから、必ずしも請求してはいけない金額だとは思いませんが、現場を見ないとちょっとなんの項目か分からないところがあります。

そういえば、元々別宅の故障感知器1個のためにきていたんですよね。その際の見積が質問者様のいうように1個単位で割り切れるのであればむしろインチキ見積でしょう。
元々工事費が1個ごとなら、最初から1個単価で見積もるべきですし、試験調整費は通常「人員派遣時間」ですので機器1個で割れるものではないからです。

交渉のためには「元々故障していた1個だけの見積ならいくらか?」と見積もらせてみるのもいいと思います。

#3,4です。再度のお礼ありがとうございます。

私、ちょっと勘違いしていたかもしれません。たしかに文面をもう一度よく見てみると、特段受信機が二つと読み取れる場所はありませんね。ただ、マンションの場合「住宅用火災報知設備」と共用部に一般型の「自動火災報知設備」の二つを併用しているところが多いため、見積積算の文面で勝手に誤解したかもしれません。

ですので「ふたつの受信機」の部分は忘れてください。

さて、本題はそこではありませんよね。
機器交換工事費 58,000円としたら、58,000円÷9≒...続きを読む

Qガス感知器(ガス漏れ警報機)の設置義務と費用について

ガス感知器(ガス漏れ警報機)の設置義務と費用について
ガス感知器って法律で付けることが決められているのでしょうか。
最近はガス器具の性能が良くなってガス漏れなんて
ありえないように思うのですが。
付けなければいけない場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか。

Aベストアンサー

 大阪ガスのぴこぴこは月々のリースで300円とかそのあたりだったかな? 

 器具が良くても取り付け方の間違いやホースの劣化や破損の可能性も高いです。
 一酸化炭素の検知もついていたかな。

 ガスだけでなく其れ以外にもついてきていますので、有る方が安心かな。

Qガス警報機について誰か教えてください

もうすぐ引越し予定で不動産屋が契約しているガス屋に連絡したところ ガス警報機をつけなければいけないといわれました 今までもマンションに住んでいましたが最初からついており、又契約にもつけなければいけないなどと言われたことがありませんでした 不動産屋に聞いた所ガス屋とはガス全てのことを全部込みでと言う事で契約しているので 警報機をリースだとか買取とかでマンションの利用者が
払う必要がないといわれ再びガスやに問い合わせたところ 今まで仕事をしてきたがこういうケースは初めてだといわれました そこで教えて欲しいのですが こういうものは利用者負担なのでしょうか 大家負担なのでしょうか?それとも大家が負担でガス料金知らない間にに上乗せされているのでしょうか?リースだと月額200円程ですが、節約の日々を送っているのにそれも払うのが嫌になります 最後には誰にも言わないでと言う事で無料になったのですが きちんとした決まりとかはないのでしょうか?他の人は言われるままに取り付けていると聞きました

Aベストアンサー

都市ガスの場合とプロパンガスの場合とでは事情は違うと思います。
プロパンは専門外なので他の人に譲るとして・・・

都市ガスの場合、一般家庭でガス漏れ警報機を取り付ける義務はありません。
(不動産屋との契約に取り付けると書いてあれば別でしょうが)
都市ガス供給会社は毎年下がりつづけるガス漏れ警報機の普及率を非常に危惧して
おり、○○ガスサービスショップに対して年間○○○台取り付けろ。と、ノルマ
を課しています。ノルマを達成しないとバックマージンの率を落とされるなどの
ペナルティーがあるので、極端な場合たとえ無料でも取り付けて普及率を上げよう
という手に出る場合もあります。文中のガスやというのが供給会社の支店なのか
サービスショップなのかはわかりませんが、支店にもノルマがあるので支店でも
無料とりつけをやっちゃうのかもしれません。これだけガス漏れ事故が減ってる
昨今では、警報機の必要性を感じる人が非常に少なくなってしまいました。大家
さんによっては、大家さん名義で全室一括で契約してくれてるところもあります。
その場合名義が大家さんなので各個人のガス料金の明細にはのらず、家賃にこっ
そりのっけてあると思います。

都市ガスの場合とプロパンガスの場合とでは事情は違うと思います。
プロパンは専門外なので他の人に譲るとして・・・

都市ガスの場合、一般家庭でガス漏れ警報機を取り付ける義務はありません。
(不動産屋との契約に取り付けると書いてあれば別でしょうが)
都市ガス供給会社は毎年下がりつづけるガス漏れ警報機の普及率を非常に危惧して
おり、○○ガスサービスショップに対して年間○○○台取り付けろ。と、ノルマ
を課しています。ノルマを達成しないとバックマージンの率を落とされるなどの
ペナルティー...続きを読む

Qアパート住まいのガス漏れ警報器は設置義務?

6戸のアパートに住んでいます。
ガス屋が勝手にガス漏れ警報器をつけて行って、リース料を請求して来ましたが、本来、法律でガス漏れ警報器(集合プロパンガス方式)を個人の台所につける義務はあるのでしょうか?
取り付けを拒否できますか?

Aベストアンサー

築年数の浅い物件ですと、法律か条例化で設置義務があったはずです。
その場合、拒否は出来ません。

Q湿度の高い日の、ガス警報装置の誤作動について

住宅のガス警報装置について、湿度の高い6~9月によく誤作動するとテレビ番組で言っていましたが、そのメカニズムは説明がありませんでした。うちのも感度を上げて使っているので、留守中に誤作動したらご近所に迷惑がかかるなあと思い心配です。
これはどのようなわけで誤作動するのでしょうか。

Aベストアンサー

東京ガスの警報装置がよく誤作動しました。換気扇を回さないで電子レンジで日本酒をお燗したりすると、そのアルコールを検出して鳴ったり、風呂の戸を開けてシャワーしていると結露して鳴ったりしました。苦情を言ったら、結露すると安全のため誤作動するので、換気扇を回しながら風呂に入ってくださいと言われました。ガス湯沸し器の説明書を見ると風呂を焚いている間は換気扇を回すと室外に排出されたものが逆流し、不完全燃焼をする恐れがあるから換気扇を止めて下さいのような説明があり、矛盾しているなと感じました。

いずれにしてもアルコールが検出部に付き、結露したり、湿度が高い時に検出部の温度が室温より低いと結露するための誤作動みたいでした。天井に近い程高温、高湿度になりやすいので、設置場所を下げたら誤作動しにくくなりましたが、本当にガス漏れや不完全燃焼の時の検出はどちらが有効かわかりません。天然ガスは床に沈みますし,不完全燃焼の一酸化炭素は天井に行くし,2つつけなさいということかも知れません。

いずれにしても異常に水蒸気が発生すると警告がなるので、心配なら、小窓を空け、換気を確保すると結露しにくいみたいです。防犯との兼ね合いですが、どちらを取るかになると思います。

東京ガスの警報装置がよく誤作動しました。換気扇を回さないで電子レンジで日本酒をお燗したりすると、そのアルコールを検出して鳴ったり、風呂の戸を開けてシャワーしていると結露して鳴ったりしました。苦情を言ったら、結露すると安全のため誤作動するので、換気扇を回しながら風呂に入ってくださいと言われました。ガス湯沸し器の説明書を見ると風呂を焚いている間は換気扇を回すと室外に排出されたものが逆流し、不完全燃焼をする恐れがあるから換気扇を止めて下さいのような説明があり、矛盾しているなと感...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング