マルシェル新規登録で5000円分当たる

FMが87.5MHzから108MHzを受信できるラジオがありますが、これを改造して日本国内のラジオを受信できるようにする事は出来ないでしょうか?
海外から持ち込まれたラジオで、持ち込んだ人が日本では使えないの?どうして?と言われる事が多いみたいですが。
そのラジオにはHD RADIOとかRDS EOSなどと言う表記があり、どういった機能なのかわかりませんが日本で使われるラジオではこのような表記のあるラジオを見た事がないので完全に海外仕様の物のようです。
ちなみにAMは普通に使えるようです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

すでに回答がありますが、そのラジオがどんな造りになっているか、です。

むかしのラジオのようにコイルやバリコンで同調させ選局するような、手を入れられるタイプなら専門知識があれば改造できるのでしょうが、最近のは集積回路が使われ造りも小さくて手の入れようがありません。
FM/AMラジオなんて千円も出せば買えますから、特別な狙いがない限り、改造するだけの価値があるかのどうか....。
    • good
    • 0

大昔(40年近く前)は、輸出用のラジオを国内用(76~90MHz)に改造して


販売されていました。
#周波数表示は88Mhz~のままでしたが。

No.3 さんが回答された局発用のコイルが可変タイプのものでしたので、
絶縁ドライバーで簡単に素人でも調整可能でした。

お持ちのラジオが大昔と同じように可変コイルを使った局発なら
簡単に改造可能です。

局発用コイルの例
http://radio1ban.com/radio_digit.htm
    • good
    • 0

東京近郊でそのラジオをお使いなら、InterFMが先月末から89.7MHzでも放送を始め、10月から本格開始予定です。


https://www.interfm.co.jp/news/detail.php?id=1054
他の地域でも、AMの難聴取対策として90.1MHz以上の周波数を使った「FM補完放送」が始まります(というか、一部地域ではすでに始まっている)。
https://www.sony.jp/radio/radio_sony/fm/
ですから、そのままでもある程度使い道はあります。
    • good
    • 2

http://radio-k.bird.to/hz/fm-ta1.html
日本では、アナログテレビ放送と電波干渉を防ぐ為、周波数が
83Mhz以上の放送局が少くないのです、今のお住まいの地域で
受信出来る放送局が無いのだと思います。
ラジオ自体は日本のFM放送を受信出来ます。
    • good
    • 0

日本のFMラジオは76~90MHz帯です。


90~108MHz帯はアナログ時代のTV1~3chで、この音声をFMラジオで聞く事ができます(但し、今は放送が無い)。
日本のFMラジオ87.5~90MHz帯は聞く事ができますが、地域は限られます。

日本のFMラジオの周波数高低比は、90/76=1.184、
お手持ちラジオでは、108/87.5=1.234と、上記より大きいので、
内部の改造で受信できる様になります…より幅広く受信できる。

ラジオのチューナーはコイルとコンデンサーの並列同調回路で、このいづれかを変化する事で選局しています。
このどちらかを大きくすれば選局周波数範囲を低いほうに移動する事ができます。
コイルを巻き足す事は難しいと思われるので、コンデンサーを追加するほうが容易でしょう。
電気工作に慣れた方にご相談なされれば簡単なはずです。

なお、HD RADIOとかRDS EOSは日本では採用していないディジタル併用通信のようです。ご自身でネットなどで検索して見てください。音声受信には関係ないはずです。
    • good
    • 0

かつての「地上アナログテレビ」の周波数が、



  第1チャンネル:90~96MHz
  第2チャンネル:96~102MHz
  第3チャンネル:102~108MHz

でした。アナログテレビの電波が出ている時期であれば、そのラジオではテレビの音声が聞けました。

 つまり、「日本では使えない」のではなく、現在では「日本ではその周波数帯に放送がない」のです。

 日本のFM放送のラジオは、75~90MHzぐらいの範囲です。

 「改造して日本国内のラジオを受信できるようにする」ことは、ラジオの改造技術を持った人が、そのラジオの設計図(配線図)があれば可能かもしれませんが、一般的には、その技術者の時間単価を考えれば「新しいラジオを買うより高くつく」と思います。
    • good
    • 0

改造ってどうやって?


そんなことより、ラジオを買えばいいでしょ、改造するよりも安いんだから。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカで買ったラジオの周波数を日本用に変換する機器はありますか?

アメリカで買ったFMラジオをどうしても日本で聞きたいのです。
周波数を変換するための機器など売っているのでしょうか?

ちなみに該当のラジオはこちらです
http://www.amazon.com/Boston-Acoustics-Receptor-Clock-Platinum/dp/B0006DPPUG

Aベストアンサー

周波数変換機は、結構な値段がするので、FMトランスミッタをかませる方式のほうがいいのでは。
iPod+iPod Radio Remote or MP3対応FMラジオ(DEGEN DE-1121他) +TR-10RDXまたは
USBメモリ再生カーラジオU727+TR-10RDX

http://www.d-phase.co.jp/mvc-200/mvc-200_top.html
自作はこちら
http://www.ddd.eek.jp/ddd/37fm-carradio-converter/index.htm

Qアメリカのラジオは日本では使えない?

アメリカで携帯用ラジオ(FM用)を購入しました。
日本製のラジオでアメリカのラジオを受信している人がいたので、その逆も大丈夫だろうと思い買ったのですが、スイッチを入れてみると、テレビの音を2局(うち1局はNHK総合)受信しているようで、そのほかのラジオ局を受信しません。
このラジオは、ボタンを押してラジオ局を自動でスキャンするタイプで、周波数が数字では確認できません。
これは日本では使えないのでしょうか?
周波数の違いはあると思うのですが、このラジオが使えないとすると、アメリカでラジオを受信していた日本製のラジオではなぜ受信が可能だったのでしょうか?

Aベストアンサー

ご推察のとおり、アメリカと日本ではFM放送の周波数帯域が違います。
日本のFMラジオは、おおむね76~90MHzで放送されていますが、アメリカのFMラジオは87.5~108MHzの帯域を使用します。
で、日本では、TV放送の1チャンネルから3チャンネルの音声が、95.75~107.75MHzで放送されています。
したがって、
・日本製のラジオで、日本のTVの1~3chが受信できるものなら、アメリカのFMラジオが受信できる
・アメリカ製のFMラジオでは、多くの場合日本のTVの1~3chしか受信できない
ということになるわけです。

参考URL:http://www.sony.jp/products/world/contents/denkihoso/denki-j.html

QFM放送を室内でキレイに聞くにはそうしたらよいでしょうか?

どの家もそうやと思うんですがFMの入りが悪いです。電波障害地域では無いので入るはずなんですが・・・。
持ってるコンポにはAM用のアンテナとFM用のアンテナが付いてました。FM用はアンテナケーブルのみ。現在コンポを窓際に置き、アンテナケーブルを外に出してますが局によって聞こえが悪いです。
昔の話ですが、アンテナとしてコンセントの接地側コンセントから電波を貰っていたと聞いたことがあります。実際にやっていたという声も聞きました。それでいけるんやったらコンポってアンテナレスが可能やと思うんですが、どうなんでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

コンポのマニュアルにFM簡易アンテナって書いていませんでしたか?

今お使いのFMアンテナは、正式なアンテナを取り付けるまでのつなぎとして使用するものです。
FM放送を受信するには、それなりのアンテナが必要です。

文章から関西圏の方とお見受けしますが、大阪湾沿岸部以外は、受信状態が不安定な地域が多いですよ。
特に奈良県南部や和歌山県では、かなり受信状態が悪いですから、専用アンテナが必要です。

とりあえずテレビに接続しているアンテナ線をつないでください。
受信状態が改善されることがあります。
またCATVに加入されている場合、FM放送が再送信されていますので、もっとも安定した受信状態になります。
但し周波数変換しているかもしれませんから注意が必要です。

Qフェライトコアの正しい取り付け方について

お世話になります。
自分はノイズ対策とかそういうものが大好きで、
色々なものにフェライトコアを付けています。
しかし、以前から疑問だったのですが、フェライトコアの理論の説明や、
効果については色々と検索して見つけたのですが、
取り付け方の説明というのを見た事が無かったので質問に至りました。

もしかしたら、そのケーブルの種類によっても作法が異なったり、
付けない方がいいという場合もありましたら、教えて頂けると幸いです。
今回は文字だけだと説明が難しかったので画像を添付致します。
お手数をお掛けして申し訳ないのですが、何卒よろしくお願いします。

それでは、本題です。
■質問:01
フェライトコアは巻いてこそ意味があるのでしょうか?(または、効果が上がるのでしょうか?)
同様に、巻かなくもいいのでしょうか?

■質問:02
コードをフェライトコアに巻きつける場合、なるべく多く巻いた方がいいのでしょうか?(何周も)
また、巻きすぎが良くない場合など、およそ何周くらいが丁度良いのでしょうか?

■質問:03(添付の画像)
フェライトコアにケーブルを巻きつける場合、画像の様な3パターンを考えるのですが、
どの巻き方が一番良いのでしょうか?
A:コアとの隙間を広く取り、ケーブルを大きく巻く
B:コアと密着させ、小さく巻く
C:コアの周りを巻かず、ケーブルを束ねる様に中を通す

お手数をお掛けしますが、宜しくお願いします。

お世話になります。
自分はノイズ対策とかそういうものが大好きで、
色々なものにフェライトコアを付けています。
しかし、以前から疑問だったのですが、フェライトコアの理論の説明や、
効果については色々と検索して見つけたのですが、
取り付け方の説明というのを見た事が無かったので質問に至りました。

もしかしたら、そのケーブルの種類によっても作法が異なったり、
付けない方がいいという場合もありましたら、教えて頂けると幸いです。
今回は文字だけだと説明が難しかったので画像を添付致します。
お...続きを読む

Aベストアンサー

1.「巻いた方が効果が上がる」です。コアの中を貫通させるだけでも効果は有りますが、コアの中を通る磁束を高めた方が効果が出ます。

2.1の通り
巻きすぎるといろいろとロスも発生しますので、程度問題では有りますが・・

3.
Aのように隙間を空けてはコアを通らない磁束が大量に発生して効果が薄れます。
Cの往復ではケーブルの外に出る磁束が往復でキャンセルされてしまい効果が薄れます。
という事でBの密着巻きです。

Q日本のFM周波数が諸外国のと違うのはなぜですか

FMの周波数は、諸外国では88MHz~108MHzなのに、日本は例外的に76MHz~90MHzになっています。そうなった理由やいきさつをご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

一度決めてしまったものはそう簡単には変えられないのがお役所関連の仕事です。何しろその高い側の周波数で天下のNHKが本放送を始めちゃっているわけで、しかも始めた当時は現在のようなグローバルスタンダードが求められるような社会情勢になるとは誰も予想していなかったと思います。
この分野で日本は世界的にも早い時期に普及し始めた国なので、あとから変えるといってもそれはもう大変なことになるのです。『影響』というよりは、そう決めたから認可しないというだけの話です。
ただし、過去に例がないわけでもありません。結構前ですが、AMラジオの周波数を世界標準に合わせてシフトしたこともありますし、最近は地上波デジタル放送開始に合わせ、UHF帯域の整理も行いました。

蛇足(しかも聞いた話)ですが、日本には7chで放送するテレビ局が存在しません。理由はかなり意外なもので、『間違えた』らしいです。周波数帯を割り振るときに、7chだけちょっと帯域が狭くなってしまった(8chと重複した?)ため、結局使えなくなってしまったということですが、「そんなまさか」ですよね。本当かどうかは知りませんが、これ結構有名な話でもあります。

一度決めてしまったものはそう簡単には変えられないのがお役所関連の仕事です。何しろその高い側の周波数で天下のNHKが本放送を始めちゃっているわけで、しかも始めた当時は現在のようなグローバルスタンダードが求められるような社会情勢になるとは誰も予想していなかったと思います。
この分野で日本は世界的にも早い時期に普及し始めた国なので、あとから変えるといってもそれはもう大変なことになるのです。『影響』というよりは、そう決めたから認可しないというだけの話です。
ただし、過去に例がないわけ...続きを読む

Q米国仕様ラジオの改造について

オークションでアメリカ製のトランジスターラジオ(AC電源のホームラジオ)を入手いたしました。FMのレンジが国内と違っている為、これを国内の周波数帯に変更したいのですが、どなたか改造の方法をご存じの方、ご伝授お願いいたします。当方、40年くらい前は、真空管ラジオキットを組み立てた経験がある・・・という程度のレベルです。難易度の低いものから高いものまで、お待ちしています。

Aベストアンサー

midnightimaさん、こんにちは。
ご存知の様に日本国内のFMは、76蚊ら0MHz、米国(インタナショナル)は、87~108MHzでそのまま使えないですね。
1.周波数コンバータを作る(買う)、参考URL:
http://www.ddd.eek.jp/ddd/37fm-carradio-converter/index.htm
2.改造)、参考URL:
http://homepage2.nifty.com/wilddog/five_july_five.htm

Qアンプの雑音(ガサガサ、バリバリ音)について

古いプリメインアンプ(Luxman L-504)を使用しています。

先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。

検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることがわかりました。
電源を一旦切り、間をおかずに電源を入れると、今度はすぐに雑音が発生します。
どうも、機器が暖まってくると雑音が発生してしまうようです。

このような症状から、原因はトランジスタの劣化ではないかと考えているのですが、正解でしょうか?
また、その場合、パワートランジスタの劣化が原因なのでしょうか、それとも前段の基盤上の2SC1345などのトランジスタが原因と考えるべきなのでしょうか。
はたまた、コンデンサーなど、他に原因があるのでしょうか。
どなたか、お詳しい方、ご教授のほどよろしくお願い致します。

古いプリメインアンプ(Luxman L-504)を使用しています。

先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。

検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることが...続きを読む

Aベストアンサー

経年機に生じる症状の一つ、スピーカーOFFスイッチがあればそれをOFF
で通電持続(無い場合はアンプ裏面の出力端子で配線を外す)アンプをある安定状態(温度的に、素子等の構造体、物性の関係)にすると解消する場合が多い。
特に寒冷時期に多いトラブルです。
試して診て下さい。
経年機はとにかく通電してやることです。
私は対策としてアンプは連続通電しています。
(何かの都合で電源OFF持続でその症状が出た場合、前述の手法で復旧させます。安定保存にはエアコンが一番ですがそれは…アンプ通電持続が現実手法です)


人気Q&Aランキング