マルシェル新規登録で5000円分当たる

モデナペーストを今日初めて使ったのですが乾いた後にひび割れが凄くて
やり方が間違ってるのでしょうか?
フォンデュのように浸してから粘土に突き立てて乾かしているのですが乾くに連れて白いひびが...
こういうものなのでしょうか...
他の方の作品を見てもひび割れはないのでやり方の問題だと思いますが、どうやったらひび割れがなくなるのでしょう?

「モデナペーストのひび割れ」の質問画像

A 回答 (1件)

使う時によく攪拌していないのと(泡が立つまで混ぜてはいけません、ゆっくりと)乾燥させる場所の温度が低く湿度が低いからヒビ割れがおきるのです。

部屋の温度や湿度を調べてみてください

そのお皿を覆うように段ボール箱を被せてみてください。
そうすれば乾燥時にホコリも付着しませんし
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

回答ありがとうございます!
まさにその通りでした!
その後ひび割れも泡立ちもなく作る事が出来ました
ありがとうございましたっ!

お礼日時:2016/04/02 03:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q樹脂粘土、軽量粘土などのひび割れ対策に

樹脂粘土や軽量粘土などで作品を作って乾燥させるとひび割れが入ってしまいます。
こちらでの回答などを拝見したところ、よくこねる事が大事だとありましたが、
どのくらいこねるのが目安なのでしょうか。
自分ではよくこねているつもりなのですが…。
使う粘土にもよるかと思いますが、大体これくらい、など皆さんがこねていらっしゃる時間だったり粘土の状態がこんな感じになるまで、などの目安がありましたらご指南いただければと思います。

現在自分が使用している粘土はモデナとハーティが多いです。

Aベストアンサー

乾燥収縮の問題がない。単にはいこう性の問題だけとして、状態の目安は

はいこう性が均一であること
「モデナとハーティ」についてはまったく知らないので、近所の販売品(油粘土)と同じと仮定して、水分含有量が均一であること

以上です。均一に練れない人がいくら練っても不均一であることには代わりないので時間による規定は意味ないです。又、水分(水を吸って柔らかくなるタイプの粘土)では、練り上げているときに手によって加熱され乾燥する場合もあるので、時間では規定できません。兆次間練り上げると乾燥が進み、より不均一になるためです。

練り方の練習として、捨てても良い粘土を用意して、適当な顔料を塗ってさせるのです。適当なところで、輪切りにして、「ぜんぜん練れていないじゃない」と指摘する場合が多いです。直接言うと本人が怒り出すので、顔料を入れた製品を作らせるとわかりやすいです。

はいこう性の問題で、不均一さを緩和するために、水をいれた・固い粘土を混ぜた場合など不均一化を推進するような加工を行った後は、手で練った後3-7日放置し含水率を均一にします。

3-7日ごに、
固い粘土をいれた場合(手で練っても均一にならない場合)には、鉄パイプ(綿棒)や小槌http://meta.affrc.go.jp/afftool/daibunrui/dakkokutyouseiyoukigu.htm
で厚さ5-10mm程度にまで伸ばして、適当に折りたたんで、を5-10回繰り返します。手早くたたいて伸ばさないと乾燥しますので要注意。一玉5-10分で終わる様にしないと乾燥による不均一化が顕著に洗われます。
柔らかい粘土を混ぜたとき(手で練って均一になる程度の場合)には、十分混ざったと思ったらば、5mm程度に薄切りにして
http://homepage2.nifty.com/issin/notoita.html(適当なところが見つからないので、陶磁器用粘土の例)
硬い物がないかをみて、部分的に硬い所を取り除き(前述固い粘土に混ぜて処理する)、均一な部分だけ一分ほどで練り上げてます。
これを一-3日放置して含水率を均一にし、使用前に1-3分ほどかけて変な偏りがないかを見るためにラフに練って使います。

乾燥収縮の問題は、形状効果がありますので文字での回答は不能です。

乾燥収縮の問題がない。単にはいこう性の問題だけとして、状態の目安は

はいこう性が均一であること
「モデナとハーティ」についてはまったく知らないので、近所の販売品(油粘土)と同じと仮定して、水分含有量が均一であること

以上です。均一に練れない人がいくら練っても不均一であることには代わりないので時間による規定は意味ないです。又、水分(水を吸って柔らかくなるタイプの粘土)では、練り上げているときに手によって加熱され乾燥する場合もあるので、時間では規定できません。兆次間練り上げる...続きを読む

Q手作り雑貨・アクセの仕上げ(ニス)について

自作で雑貨・アクセサリーを製作したのですが、仕上げ剤について困っています。
水性ニスを現在使用しているのですが、乾燥後も若干のベトつき感がずっと残ってしまいます;
(他メーカーも何種か試しましたがやはりぺタつきは残り。。。ニスの特性なのでしょうか?)
市販品の手作り雑貨やアクセサリーってどんな仕上げ剤を使用しているのでしょうか??売り物はペトペトなんてしていないですよね・・・
そもそもニスではないのでしょうか。。。?

ベトつかないニス、もしくは方法、目的に適した仕上げ剤がありましたら教えて下さい;
※実用的に使用したいだけなので、一般家庭で安易に扱える仕上げ剤であれば特にニスにはこだわりません。

ちなみに自作している雑貨・アクセの素材は樹脂粘土です。
焼成後の樹脂粘土にアクリルで着色をしている状態です。

知識がなく困っております(泣)どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは 彫金趣味のおばさんです。
最近はレジンを組み合わせたアクセサリーを作ってますけど、そのベタつきは恐らく元の素材とラッカー(ニス)が融合してなっちゃんだと思います。
よく乾かしても、数ヶ月もすればベタベタってことありませんか?

アクリル絵の具ってダメなんですよ。
あの色合いは綺麗なんですけど…。
それでその樹脂の素材って何でしょう?(私はエポキシレジンです)
恐らく樹脂粘土(=ポリマークレイ)っていうくらいなのでポリ塩化ビニールだと思います。
なので油分と着色アクリルとラッカーが交じり合って溶けちゃうんだと思う。

まずお勧めなのは「ソフビカラー透明」というもの。
これお勧めです。対塩ビ用とでも思ってください。
大きい店なら売ってますが結構いい値段(^^;;1200円くらい。

今までどおりやってこれを最後にふきかける(よく乾燥させてから)
コレでダメなら焼成した段階で下地に吹きかけてからアクリルを塗る(アクリル色が乗れば)
一番いいのはアクリル絵の具をやめて専用の「ソフビカラー」で色づけ>「ソフビカラー透明」で仕上げがベスト。
で、お金を掛けたくないのであればアンチ・ラッカー(シンナー系じゃない)クリア塗料がお勧め。
私の使っているのは東急ハンズオリジナルの「ハンズセレクション 多様途用 マットクリア」
これは500円前後と安い。 これはアンチラッカー系です。
私はアクリルじゃなくソフビカラーを使っているので「色止めセルロースセメント」も使っています。では参考になれば。

こんにちは 彫金趣味のおばさんです。
最近はレジンを組み合わせたアクセサリーを作ってますけど、そのベタつきは恐らく元の素材とラッカー(ニス)が融合してなっちゃんだと思います。
よく乾かしても、数ヶ月もすればベタベタってことありませんか?

アクリル絵の具ってダメなんですよ。
あの色合いは綺麗なんですけど…。
それでその樹脂の素材って何でしょう?(私はエポキシレジンです)
恐らく樹脂粘土(=ポリマークレイ)っていうくらいなのでポリ塩化ビニールだと思います。
なので油分と着色ア...続きを読む

Q樹脂粘土の性質

 人形を作ろうと思って、何の予備知識もなく購入しました。とりあえずこねてみたのですが…
 これって、完全に乾くまでどれくらいかかるのですか?乾いた後削りたい場合はどうすればうまくいくでしょうか。紙ヤスリでいいですか?また、ちょっと乾いてしまったけどもう一回柔らかくしたい時のいい方法があったら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
いつも樹脂粘土でちっちゃな動物の人形をつくってます。

まず、乾くまでの時間ですが、
小さいもの(直径1~2センチくらい)ならば
丸一日・二日くらいでカチカチに乾きます。

大きいものであれば、外側が乾いても
中身がなかなか乾かないので時間がかかります。
樹脂粘土は収縮率がかなり高いものなので、
つくったときより、乾いたときの方が小さくなります。
これは、直径一センチとかの球をつくって試してみると
感覚的にわかりやすいと思います。
そのせいで、大きいものを作ると
外側が先に乾くので内側との比率が合わず、
ぽよーんと膨張したような形になってしまったりします(^^;)
そのあと完全にガチガチになるともとに戻るのですが、
戻らないこともありました・・。
中に芯をいれてみたこともありますが、
私にとってはかなり作りにくくやめてしまいました。
ですので、もし大きめのお人形を作られるのでしたら、
他の粘土を試してみた方がよいかもしれません。

乾燥後の削りは、紙ヤスリでもカッターでも削れますが、
乾燥した樹脂粘土の表面はとてもなめらかなので、
削ったあとが見えやすいです。ひっかきキズのような・・。
かといって、細かいヤスリではほとんど削れてくれません。

どの樹脂粘土かわからないので何とも言えませんが、
粘土を買ったとき、袋に、乾燥後のことは書いてありましたか?
たいてい、乾燥後の削りOKのものは、その旨書いてあります。

ちなみに、よく「人形制作に・・」とか書いてある
石粉粘土などは、乾燥後のつけたしも削りもできます。
フィギュアの原型も石粉粘土が多いようです。
ただ、樹脂粘土のような透明感はありませんが・・。
いろんな粘土をためしてみるといいですよ。
お人形さんにぴったりの粘土が見つかりますように。

はじめまして。
いつも樹脂粘土でちっちゃな動物の人形をつくってます。

まず、乾くまでの時間ですが、
小さいもの(直径1~2センチくらい)ならば
丸一日・二日くらいでカチカチに乾きます。

大きいものであれば、外側が乾いても
中身がなかなか乾かないので時間がかかります。
樹脂粘土は収縮率がかなり高いものなので、
つくったときより、乾いたときの方が小さくなります。
これは、直径一センチとかの球をつくって試してみると
感覚的にわかりやすいと思います。
そのせいで、大きいものを作...続きを読む

QUVレジンの仕上げについて

UVレジンは太陽光に長く当てると色が黄ばむと聞いたことがあるのですが、それを防ぐためにUVカットも出来る(らしい)ニスを買い仕上げ様と思っていました。
でも、効果があるか分からない様で、ふと人が使う日焼け止め(スプレータイプ)は使えるのかなと思いました
人が使う日焼け止めは使っても平気でしょうか?また、人の日焼け止めとUVカットニスなら何方のが効きますか?

Aベストアンサー

人体用の日焼け止めは使わない方がいいでしょうね。
塗料じゃないから拭けば剥げてしまいますし、脂なども入っているでしょうから悪影響が予想されます。それと塗膜のように長期間の使用は考えてません(当然毎日洗って落とすようなことを考えている)から劣化もします。

それにUVカット用の塗料があるのにわざわざ安くもない日焼け止めを使うのも疑問です。

黄変に強いタイプのレジンを使った場合とUVカットクリアーを使った場合とどっちが安いのかなどの比較も必要だと思います。

テストしている人がいました。
http://bata-riblog.soda-lantern.net/?eid=13


人気Q&Aランキング