プロが教えるわが家の防犯対策術!

1975年10月31日、日本記者クラブ主催「昭和天皇公式記者会見」において、記者の一人が昭和天皇に対して太平洋戦争の戦争責任について問うたとき、昭和天皇は次のように答えたそうです。

『そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしてないので、よくわかりませんから、そういう問題についてはお答えができかねます。』

わたしも確か昭和天皇がそのような内容の話をしている映像を見た記憶があります。
私はこの映像を見たとき胸が痛みました。
無念の思いが胸を過ぎりました。
昭和天皇は太平洋戦争で起こった出来事をあたかも文学小説の一コマの如く語っている様子を目にして信じがたい思いを感じました。
太平洋戦争でむなしく死んでいった数百万人の兵隊さんや民間の老若男女は浮かばれるのかと。
日本のため、天皇陛下のために命を捧げた数百万人の日本人の命はいったいどこに消えたのでしょう。
皆さんはどのように感じますか。

質問者からの補足コメント

  • その後、映像は編集されたらしく昭和天皇の上記発言部分は消されており、今では見ることができません。

      補足日時:2016/05/09 23:32
  • 今月の27日にアメリカの大統領が広島を訪問しに来るそうである。
    長崎にも行くかどうかは不明だけど。
    そこでアメリカの大統領は自分たちが行った広島と長崎への原爆投下について日本国民に向かって何かを語ることになるのである。
    もしも昭和天皇が言ったように広島と長崎への原爆投下が「已む得ない」ことであったならば、広島と長崎の原爆投下は正しかったことになり、アメリカの大統領も昭和天皇が言ったように広島と長崎への原爆投下は「已む得ない」ことであったということになるのである。
    この場合アメリカの大統領は広島を訪れてもただただ「已む得なかった」と言えばよいことになり、広島、長崎の市民、日本国民に対し一切の謝罪をする必要はなくなるのである。
    それで日本政府や日本国民は納得できるかということなのである。
    私はそれで良いと思う日本人は昭和天皇だけであって欲しいと願っております。

      補足日時:2016/05/11 11:04

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (36件中1~10件)

No35です。



>私はそれで良いと思う日本人は昭和天皇だけであって欲しいと願っております。

これはちがう。

この質問に対する一連の回答を見ても、天皇を庇うコメントばかりではないですか。

人の道さんは「一億総懺悔」をご存知だと思います。

戦争に負けたのは我々国民の努力が足らず力が至らなかったからだ、と天皇に土下座をして詫びた国民です。

家永氏の考えは決して日本国民を代表するものではないと思います。

「恋闕(れんけつ)の情」という言葉をご存知ですか?「闕」とは、「宮門」「宮城」。天皇に恋い焦がれる情のことです。

日本人はどれだけ足蹴にされても、この情を決して失うことはないと思います。

天皇がどう思うかではない。国民があくまで天皇を恋い慕うという情緒です。
    • good
    • 0

戦後30年。

1975年10月31日、皇居「石橋(しゃっきょう)の間」で行われた公式記者会見にて。

(ザ・タイムズ中村康二記者 問)「また陛下は、所謂戦争責任について、どのようにお考えになっておられますか、おうかがいいたします。」

(昭和天皇)「そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしていないので、よくわかりませんから、そういう問題についてはお答えができかねます。」

『記者会見は、天皇に対し直接端的に戦争責任を問い天皇が肉声でこれに答えるという、最初にしておそらく最後になるに違いない機会であったと思われるが、これを視聴した国民の心に受けた衝撃のほどは、『朝日新聞』1975年11月30日「朝日歌壇」所載飯島敏江の作歌「ことばのあやの仰せをいかに聞き給う水漬く屍は草むす屍は」の一首を読むことだけでも感知できるのではなかろうか。』

『戦争責任』第三章 「日本国家の戦争責任はどのような点にあるか」(1985)家永三郎著

註)「水漬く屍、草生す屍」は日本軍玉砕のニュース折に大本営が流した「海ゆかば」の歌詞の一節

海行かば 水漬(みづ)く屍(かばね)
山行かば 草生(くさむ)す屍
大君(おおきみ)の 辺(へ)にこそ死なめ
かへり見はせじ

作詞:大伴家持
    • good
    • 0

天皇には何故か、「参政権」という、国民の誰もが持っている権利がありません。


正確に言えば「国民の誰もが」ではありませんが、けれど参政権は、まともな国民は皆が持っている権利です。

参政権を制限されている人は、制限されるに相当する、それなりの理由があります。
その理由の一般的なものは、簡単に言ってしまえば「こんな人間を政治に参加させたらダメだろ」という感じでしょう。
選挙違反をした人間が参政権に一定の制限を受けるのは、「そりゃあまあ、ダメでしょ」と、多くの人が感じるような気がします。
天皇がこの権利を制限されているのは、同様の理由であると私は感じます。
あれにその権利を持たせたら、また何かやらかすかも知れません。

あの戦争の終結を、軍部も含め、この国の国民が受け入れたのは、天皇の決断です。
一般市民にとってはあの放送でしょう。
彼がもう少し早く「もうやめよう」と言っていれば、広島も長崎も、あの被害はなかったわけです。
もちろん、東京が焼け野原になることも避けられたでしょう。
敗戦の受け入れに躊躇した理由として、「国体の護持」というのが良く取り上げられます。
「無条件降伏では国体が護持できない可能性がある」事を巡っての論議に時間を要し、原爆が落ちてようやく「参りました」と言った、という話です。
国体という言葉は、一般的には「天皇の元の国家体制」を意味するようですが、私が元々天皇制に批判的印象を持っているからなのか、「自分の立場を守るためにこの国の一般市民を見殺しにしたとんでもないお方」とも思えてしまいます。

昭和天皇という人は実に偉大な人です。
それまでは「神様」として振る舞っていた生き神様が、「戦争に負けた」と言う、たったそれだけのことで、或る日突然「実は私は神様じゃなく人です」と言えてしまうのですから、これは並大抵ではありません。
普通は、普通の宗教では、一個の人間が、様々な苦しく辛い修行を重ねて、神や仏の領域に達するものであって、例えばキリストさんが、自分が張り付けの刑になるとわかったとき、慌てて「いやいやいや、俺ってただの人間ですから!奇跡とかも起こしてねえですから!!まじ、人間ですってば!!!」と言っていたとしたら、しかもそれを弟子の誰かが聖書に書いちゃっていたとしたら、キリスト教もクソもなくなっていたでしょう。
    • good
    • 0

あれやな。

やることがマスコミと一緒。
都合のいいところを 切り取ってあげつらっている。

『質問者の嘘』
マスコミの質問:戦争に責任を感じていますか?
天皇陛下の回答:そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしてないので、よくわかりませんから、そういう問題についてはお答えができかねます。

『真実』
マスコミの質問:天皇陛下が仰った不幸な戦争という発言は、戦争の責任を感じていると同義ですか?
天皇陛下の回答:そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしてないので、よくわかりませんから、そういう問題についてはお答えができかねます。

ちなみに、昭和天皇が責任を感じているのは、記録をみれば一目瞭然です。
しかし東京裁判で「天皇に責任はない」と連合軍が決めました。
その陛下が「私は責任を感じている」などと、裁判の結果を否定できるはずがありません。
だからといって東京裁判と同じように「戦犯が悪い、私は悪くない」とも言えません。いわゆる戦犯の方々の大半は、日本のために戦い、そして死にました。裁判では彼らが悪いことになっていますが、日本の為に戦った者を、天皇陛下が悪く言えるはずもありません。
自分に責任があるとも言えない、戦犯に責任があるとも言えない、当然アメリカに責任があるとも言えない。
戦争責任については、陛下は沈黙以外で返すことができません。
そんな中、ギリギリ言える言葉が「不幸な戦争」なんです。
だからこそ「お答えできかねます」という回答なんです。
あれ以上言えない陛下の立場を考えましょう。
    • good
    • 2

なんで天皇論議になると、ここまで盛り上がるのだろう。


結論 日本人は、天皇陛下が好きだから。
歴史的にみても、天皇陛下は、明治憲法下で立憲君主制に徹していたから。
ナチスは、独裁国家。
日本は、立憲君主国家。
「昭和天皇実録」読んでみて下さい。
今上陛下は、明日、熊本の被災地にお見えになる予定です。
理論は否定しませんが、人間性とかも思考に入れて議論しましょう。
    • good
    • 0

昭和天皇が世論を誘導、政府に指示して自身が主導して開戦させ、厭戦気分の国民を抑え付け、和平を目論む政府を叱責して戦争継続を企図した、と思っているのだとしたら、皇室マニア以上に皇室を神格化しすぎていますね。



朝日新聞の社長に「先の大戦に突入すべく煽った朝日新聞の責任をどう考えるか」とか「従軍慰安婦を捏造して報道した責任は朝日新聞社社員全員にある」とか言ったら、どう答えるか、想像してみると良いでしょう。

そう考えれば、昭和天皇のお言葉は他の責任を追及することもなく、自身を卑下しているような振りを交えつつウィットを忘れない、見事な「かわし方」だと思います。多分、質問をした記者の両親は、当時の新聞の論調に煽られて三国同盟、対米英開戦を主張していた極一般的な市井の方と想像しますけどね。
    • good
    • 1

もうひとつおかしな出来事があります。

東京裁判について勝った国が負けた国に対して戦犯として裁判を行い処刑するとはやり過ぎだと思われます、戦地で婦人や子どもを襲ったりしたものには罰は与えることは正解と思えても戦争で戦ったことについて戦犯だと言うのは違うのではないでしょうか。米国人もベトナムでは現地人を略奪していたと聞きます。東京裁判では日本人だけが米国人の恨みによる裁判では無かったのかと思われます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

戦犯とは首謀者ってことです。
まあ戦争だから何でもありなんでしょ。

お礼日時:2016/05/12 09:30

戦争を憎むべきで米国と日本お互いの利益を確保するための戦争なのです。

原爆を落とされたから米国が悪いとは言えないのではないかと思います。特攻隊攻撃を米国側が受け命を大切と思う外人に比べ日本人を恐れていたから原爆を使ったのでしょう。天皇陛下も日本国の象徴として祭り上げられた結果であり、天皇が悪いわけではありません。進駐軍に天皇が戦犯として罰せられたしたら今でも日本人は米国民の奴隷となっていたでしょう。天皇が頑張っていたからこそ急速に経済成長がなしえたと思います。
    • good
    • 0

>私はそれで良いと思う日本人は昭和天皇だけであって欲しいと願っております。



 自身の中で回答が出ている事を
質問と言う形式の自身の主張なんだ~
    • good
    • 3

>「已む得ない」ってことは、広島と長崎の原爆投下は正しかったってことなんだよ。



 ほぉ~
正しいとな?

 日本語では
・他にどうすることもできず、仕方がない。
・しようがない。残念だがあきらめるしかない。
といった意味の表現。なんだけど・・・

 正しいって ブサヨ広辞苑の言葉なのかな?

>広島と長崎の原爆投下は正しくないってことだよ。
>どのような状況であれ広島と長崎に原爆投下したことは
>犯罪行為であると主張すべきなんだよ。

 そう、主張したら
戦争が早く終結するとでも?
 「已む得ない」には
戦争を早く終結させる為には・・・と
日本人には、理解できるけど 左巻きの方には
 別の意味合いに理解するのですね~

 正しい、間違っているという
簡単な言葉で理想論を言うのが、ブサヨなんだね~
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今月の27日にアメリカの大統領が広島を訪問しに来るそうである。
長崎にも行くかどうかは不明だけど。
そこでアメリカの大統領は自分たちが行った広島と長崎への原爆投下について日本国民に向かって何かを語ることになるのである。
もしも昭和天皇が言ったように広島と長崎への原爆投下が「已む得ない」ことであったならば、広島と長崎の原爆投下は正しかったことになり、アメリカの大統領も昭和天皇が言ったように広島と長崎への原爆投下は「已む得ない」ことであったということになるのである。
この場合アメリカの大統領は広島を訪れてもただただ「已む得なかった」と言えばよいことになり、広島、長崎市民、日本国民に対し一切の謝罪をする必要はなくなるのである。
それで日本政府や日本国民は納得できるかということなのである。
私はそれで良いと思う日本人は昭和天皇だけであって欲しいと願っております。

お礼日時:2016/05/11 11:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング