14歳です。広告代理店事業をやろうと思います。必要な許可や登記(登録)はありますか?振りこんでもって広告貼り付け、この作業の中でです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず,未成年者は行為無能力者なので,営業行為(法律行為)をするには,その法定代理人(一般的には両親)の同意が必要です(民法第5条1項)。


法定代理人に許可された営業に関しては,未成年者は成年者と同一の行為能力を有するものと認められます(民法第6条)が,それは同時に成年者と同じ責任を負うということになります(たとえばその営業に関して第三者に損害を与えた場合の損害賠償義務等。子どもだからといって免責されることはない)。

そのうえ,未成年者が自己の名をもって商行為を行う(自らが営業主になって商売をする)には,その登記をしなければならないことになっています(商法第5条)。
この登記は滅多にないので,登記の専門家であるはずの司法書士でもわからないという人が多い分野です。
どうしてもというのであれば,よりお金はかかってしまいますが,両親の協力を得て,合同会社を設立したほうが簡単かもしれません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在居住の賃貸マンションを法人登記する際、大家の許可は取れる?

 こんにちはm(_ _)m どうぞ、宜しくお願い致しますm(_ _)m

 数年前から、SOHOの仕事を、派遣社員と併用して行ってきました。税金の面などの関係から、株式会社への法人登録を検討中です。

 法人登記の際、今、居住の自宅(賃貸マンション)を法人登記したいと考えています。

 その際、居住用として借りているので、大家への許可を取ることが必要かと思いますが、取れるものなのでしょうか?

 ちなみに、SOHOですので、自宅に来客などは一切ありませんし、派遣を辞めるつもりもありませんので、家賃滞納も無いと思います。

 大家さんへのご迷惑をかけるつもりはないのですが、こういう場合、許可が降りるものかどうか、知りたいです。

 ご経験者などがいらっしゃいましたら、どういう感じが、ご回答を戴ければ、とても有り難いです。

追記:

◎大家さんに直接と言うより、某大手の不動産会社が管理会社ですので、そちらに連絡するようになります。

◎現在、住んで、丸3年位です。

◎過去に家賃の滞納はありません。

◎単身者向けの賃貸マンションです。

 こんにちはm(_ _)m どうぞ、宜しくお願い致しますm(_ _)m

 数年前から、SOHOの仕事を、派遣社員と併用して行ってきました。税金の面などの関係から、株式会社への法人登録を検討中です。

 法人登記の際、今、居住の自宅(賃貸マンション)を法人登記したいと考えています。

 その際、居住用として借りているので、大家への許可を取ることが必要かと思いますが、取れるものなのでしょうか?

 ちなみに、SOHOですので、自宅に来客などは一切ありませんし、派遣を辞めるつもりもありませんので、...続きを読む

Aベストアンサー

取れないことが多いですねえ。
この場合、許可を取らないでいいと思います。
どうせバレないしバレたから追い出せる権限もないわけですから。

Q広告代理店を開業

宜しくお願いします。

広告代理店を自分で始めるにあたって、免許のようなものは必要なのでしょうか?
代理店協会のようなものに加盟しないといけないとか。。。

メディアなどは、簡単に新規の会社と取引してくれない、ということは調べて分かりました。

Aベストアンサー

 開業にあたっての免許の所得に関して特に必要ありませんが、個人情報を扱うような場合にクライアントから問われることはあると思います。
 私は大手広告会社に10年在籍し、今年で広告代理店を開業して11年目ですが、3年前には公的資金の融資を受けましたが、決算には2500万の赤字でした。
 経営はどんな業種でも大変だと思います。余程のコネを持っているか、資金的に余裕(最低3ヶ月売り上げが無くても、仕事を実施しても直には入金されません。)が無ければやめたほうが良いと思いますよ。勿論最初から失敗覚悟で開業する人はいないと思いますが広告代理店に免許が必要かどうか、協会加盟云々のレベルで大丈夫ですか?

Q作業場と自宅が異なる場合の古物商許可

作業場と自宅が異なる場合の古物商許可

来年からネットオークションで個人事業主として開業の予定です。
ただ今A県に住んでいるのですが、たくさんの商品を扱う予定ですので隣のB県に作業場を借り、そちらで作業(発送や在庫管理)をしていきたいと思っております。

その場合は古物商の申請はどちらの県で申請すればよいでしょうか?

また、確定申告はA県の管轄で間違いないでしょうか?

Aベストアンサー

作業場のB県の作業場が主たる事業所ではないのなら、
お住まいのA県の住所の所轄の警察署に届け出ます。

住居の管轄税務署で確定申告します。

Q個人事業主の身内への作業委託について

個人事業主をしています。
身内にある作業委託(軽作業)をお願いしたいのですが、
それに対する報酬を経費にするにはどのようにしたらいいでしょうか。

・身内個人名に対して、委託契約書を作成
・作業完了書を提出してもらう
・契約書の金額振込→受託者の領収証を受領

でOKでしょうか。

[個人事業主]
青色申告者
青色事業専従者の設定はしていない

[受託者]
・65歳超
・個人事業主とは3親等以内の身内
・個人事業主との扶養関係はなし

委託できる額の上限(税金面で)も知りたいです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

単純に外注費として経費計上すればいいです。
契約書は口契約よりも良いでしょうというレベルです。
おそらく事業主と身近な関係にある者の場合には経費にならないというような「情報」を耳になさっての質問だと推測します。
その情報の根拠は、所得税法第56条ではないかなと思います。

下記に全文コピペしておきます。
単純に言えば「一緒の屋根の下で暮らしてる人に支払った賃金は経費にできんよ」です。


所得税法第56条
(事業から対価を受ける親族がある場合の必要経費の特例)
 居住者と生計を一にする配偶者その他の親族がその居住者の営む不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき事業に従事したことその他の事由により当該事業から対価の支払を受ける場合には、その対価に相当する金額は、その居住者の当該事業に係る不動産所得の金額、事業所得の金額又は山林所得の金額の計算上、必要経費に算入しないものとし、かつ、その親族のその対価に係る各種所得の金額の計算上必要経費に算入されるべき金額は、その居住者の当該事業に係る不動産所得の金額、事業所得の金額又は山林所得の金額の計算上、必要経費に算入する。この場合において、その親族が支払を受けた対価の額及びその親族のその対価に係る各種所得の金額の計算上必要経費に算入されるべき金額は、当該各種所得の金額の計算上ないものとみなす。

単純に外注費として経費計上すればいいです。
契約書は口契約よりも良いでしょうというレベルです。
おそらく事業主と身近な関係にある者の場合には経費にならないというような「情報」を耳になさっての質問だと推測します。
その情報の根拠は、所得税法第56条ではないかなと思います。

下記に全文コピペしておきます。
単純に言えば「一緒の屋根の下で暮らしてる人に支払った賃金は経費にできんよ」です。


所得税法第56条
(事業から対価を受ける親族がある場合の必要経費の特例)
 居住者と生計を一にする...続きを読む

Q広告宣伝費は総事業費のうちどのくらいが適当か

タイトルどおりです。このようなことが載っているWEBサイトか書籍を紹介していただければ、ありがたいです。

Aベストアンサー

サービス業の場合です。
ちょっと乱暴ですので、あくまで参考だと考えてくださいね。

2000万円程度の資本で、サービス業の場合でしたら利益を15~30%ぐらいとっていかないとちょっとした市場の変化ですぐに、経営がなりたたなくなります。
そこで、かなり乱暴な計算になりますけど、

2000×15~30%→300~600万円

ぐらいの利益が必要だと仮定しましょう。
これまた乱暴ですけど、この規模のサービス業の場合ですから、売上の半分が人件費になると考えてください。人件費を引く前には、1200万円程度の利益が必要という事です。
つまり年間に(また乱暴ですけど)必要な売上は、
資本金+売上

2000+1200=3200万円

という考えになります。
広告宣伝費にかける費用は、この規模の事業でしたら、5~30%程度です。

3200×5~30%→160~960万

という事で、160~960万程度が適切だという事です。

ただ、こういったやり方は正解というものがありませんから、教科書はあってないようなものです。
可能なら、似たような業種の財務諸表を見る事が一番わかりやすいでしょう。

サービス業の場合です。
ちょっと乱暴ですので、あくまで参考だと考えてくださいね。

2000万円程度の資本で、サービス業の場合でしたら利益を15~30%ぐらいとっていかないとちょっとした市場の変化ですぐに、経営がなりたたなくなります。
そこで、かなり乱暴な計算になりますけど、

2000×15~30%→300~600万円

ぐらいの利益が必要だと仮定しましょう。
これまた乱暴ですけど、この規模のサービス業の場合ですから、売上の半分が人件費になると考えてください。人件費を引く...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報