親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

自転車のチューブの入れ方についての質問です。
自転車がパンクしたので補修して、タイヤをリムに戻そうと思ったのですが、チューブをタイヤの中に入れてからリムに戻していいでしょうか?
ネットではタイヤをリムにはめてから、タイヤとリムの隙間からチューブを入れるのが一般的なようですが、そのやり方がうまくいかなかったので、先にタイヤをチューブの中に入れたのですが…
回答よろしくお願いします

A 回答 (3件)

タイヤとリムの間にチューブを挟んでいないことと、チューブが中でねじれたりしていない、ことが確認できるのであれば、どういう順番でもよいと思います。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
順番はどうでもいいんですね。
リムとねじれを確認して空気を入れようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/07/07 17:15

それこそ、結果オーライです。


車輪をそっくり外してしまえば、素人にとっては作業自体はやりやすいですね、誰もダメとは言いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
はずしてしまっていいのですね
ありがとうございました

お礼日時:2016/07/07 17:16

タイヤの片側がリムにはまった状態で チューブのバルブをリム穴に通します。

 チューブがほんの少し膨らむ程度空気を入れて タイヤの隙間に チューブを挿入し
バルブ部分から タイヤを嵌めて行きます
バルブ部分から左右均等になる感じで嵌めて行き バルブの対角側が最後にはまる様にします。

※タイヤのビード(一番内)はリムの中央に落とすことで 最短距離で嵌められる(固くなり難い)ので バルブを奥へ押し タイヤをつまむようにリム中央に追いやると 嵌めやすと思います。

はまったら また少し空気を充填し タイヤとリムの間に チューブが挟み込まれていないかを タイヤを押しリムとの間の隙間を目視確認 左右全周確認してはめ込みの正しさを確認 空気を充填します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
わかりやすい説明ありがとうございました

お礼日時:2016/07/07 17:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転車のタイヤ修理で、タイヤを戻せません

チューブ自体はスムーズに戻るのですが
毎回毎回タイヤをはめるとき、最後あたりが固くて中々戻せません
なんとかはめこんでるんですが指が痛くなってかないません

何かお勧めの方法ありましたら教えて下さいお願いします

Aベストアンサー

タイヤレバーでチューブを傷めることがありますから、原則としてタイヤをはめる時にタイヤレバーを使ってはいけませんし、タイヤレバーを使わなくてもタイヤは入ります。

タイヤをリムにはめようとする前に、チューブがしっかりとタイヤの中に入っていることを確認します。
そうして、タイヤビート部分をリムの中央近くにはめるように入れて行きます。
最後にバルブ部分をはめますが、入れ難い場合はバルブ部分をリムの淵に広がるように力を加えながら他の部分をリムの中央に落ちるように押しながらチューブをかんでいないか確認します。
バルブ部分以外で問題なくビートがリム中央近くに落ちていれば、親指の下側の手の平で力を入れてリムの淵にはめ込むようにします。
毎日何台もの修理していますが、これで入らないタイヤはありません。

Q自転車のタイヤがはまらない・・・

自転車のチューブ交換の際、タイヤをはずしたのですが、
再度、タイヤの片側を順にハメていくと、
最終的に片側の一部がとびててしまい、うまくハマりません。
どうしたものでしょう。

Aベストアンサー

金具類を使用しないようにしてください。、新しいチュウブに傷が付く可能性があります。まず片側を手でしっかりと押し込んで、その後反対側を慎重に押し込む、その時片側が、外れる事がありますが、そのたび注意して、外れないように外れたら、再度押し込み、完全に、タイヤがはまったのを、確認します。最後は、空気を入れる場所です。空気を入れると、その部分がタイヤが、浮き上がります。その時少し空気をぬいて、空気入れのいり口の先を一度押し下げ、その後、その金具を持ち上げてください。うまく治まり、タイヤも、しっかり治まります。

Qパンクでもなく虫ゴムでもなく自転車の空気が抜けます。

子供用の自転車の新品を購入したばかりですが、何故か2・3日で前輪の空気が抜けてきます。
自転車屋さんに見てもらい、パンクではないことから、虫ゴムを交換してもらったのですが、やはり2・3日で前輪だけ空気が徐々に抜けてきます。
チューブ・虫ゴムに問題ないなら空気が抜けることはないと思うので、わからなくなりました。
誕生日のプレゼントで子供は気に入っているので、なんとか原因をつかめたいのですが、どこが悪いのか困っております。どこに問題があるかお分かりになる方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

多分チューブ交換しないとなおらないと思います。

新車で最初から空気が漏れる原因多くはチューブの不良品です。
製造段階でチューブとバルブの付け根部分の接着が完全にできていなくて漏れる場合があります。(中国製の自転車に多い)
この場合の検査方法は水検査でバルブを曲げてみて空気が漏れないか調べないと見つけることができません。
前輪であれば自分で交換もできるでしょうが自転車屋でも最初からチューブ交換を頼んだ方が間違いなくなおります。

Q自転車のタイヤが空気を入れるとバルブ付近が膨らんでしまいます

自転車(ママチャリ)がパンクしたのでチューブを交換しました。そのあと空気を入れるとタイヤのバルブ付近が膨らみ過ぎて、リムからはみ出してしまいそうになります。その他の部分は正常にリム内に収まっています。何度やり直しても同じことになります。だれかちゃんとリム内に収まるコツを教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

1.一旦、空気を抜いてください。

2.空気を入れるバルブを、リムに固定する為のナットを締めこんでしまっていたら、
  取り外してください。

3.少しだけ空気を入れて、バルブをリム側に押し込んでください。完全に押し込まないように。

4.バルブを押し込む時に、バルブ周辺のチューブの分厚い部分が、タイヤのビード部分よりも
  内側に入る感触を確認しながら、作業をしてください。

5.バルブ周辺のタイヤのビードが、しっかりとリムと密着している事を確認してください。

6.タイヤの空気を入れてください。バルブが極端に斜めになる場合は、空気を完全にぬいて
  チューブの位置調整を行ってください。

7.問題が無ければ、バルブの固定ナットを締めこんでください。

こんな感じで、調整できると思います。

膨らむ原因は、バルブ周辺のチューブが少し分厚いので、引っかかった結果、タイヤとリムの
間にチューブが挟まっていることが原因と考えられます。

Qバルブ根元パンクの修理法

古い話で恐縮ですが、2007年8月30日の『タイヤチューブの空気漏れについて』の質問の中で、pashuさんが、特殊接着剤を使用してバルブ根元のパンクを修理すると回答されているのを拝見しました。
自分なりに、バルブ根元パンクの修理法を検討中で、ある程度目途はついたのですが、回答に書かれている特殊接着剤とは、常温加硫接着剤のことでしょうか?又は加熱加硫接着剤を使用されているのでしょうか?
もしくは、全く別の接着剤でしょうか?お教えいただけると嬉しいです。

もし回答を頂けるなら、pashuさんから、頂ければ、幸いです。

私の、修理法は、常温加硫接着剤を使用して、バルブ根元のゴム同士を接着し、加硫接着剤が接着力を発揮するまでの時間稼ぎに穴開きパッチを併用するというものです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

冷やかしの様な回答になってしまうのですが。
自転車用のゴム糊には常温でも加熱でも同一商品で対応できるものがありますよ。
例えばこんなものです。
http://www.monotaro.com/g/00197710/

しかし、加熱加硫接着は難しいのではないかと思います。
現場での作業となりますと、何かしらの方法で断面に圧力を加えて、バーナーで炙る・・・といったようなやり方になるのでしょうか。

圧力を加えるにしても、バルブ根元の断面に対しての加圧は、そのベクトルの方向から見ても非常に難しいのではないでしょうか。

その時の状況、感覚、施工法などによって、随分と品質が左右されるような気がします。
加熱温度もどうやって測るか・・・非接触温度計辺りが現実的ですか。
そういった状況において、母材同士だけの接着ですと、アンカー効果がいつまで持続するか耐久性に疑問を感じます。

やはり常温・加熱のいずれの接着にしても、穴あきパッチなどのサポートは必要になるでしょうね(同様に加硫接着して)。

パッチをサポートとしてつかうなら、安定した作業が可能な常温加硫接着の方が良いとは思いますが、パッチ自体を加熱加硫接着するのなら、その圧力のかけ方も容易(シャコ万等を使うことも可能なので)になりますし、面積も確保されますから、アンカー効果も大きくなると思います。

ゴム糊は常温・加熱双方に対応していますから、断面は常温で、パッチは加熱で等々のハイブリッドな工法を試してみるのも良いのではないかと思いますね。

個人での修理なら、コストや作業時間、耐久性は自己責任の範疇で済みますが、それを業わいとするのであれば、修理に対しての責任が生じます。

書かれている趣旨は、完全な修理が行えるのであればユーザーにとってもメリットは多いと感じますが、コストの低減による利益の確保と、作業内容の施工責任の両立は中々難しい事なのでしょうね。

是非修理法を確立させて、ご自身の為、ユーザーの為に頑張ってください。

冷やかしの様な回答になってしまうのですが。
自転車用のゴム糊には常温でも加熱でも同一商品で対応できるものがありますよ。
例えばこんなものです。
http://www.monotaro.com/g/00197710/

しかし、加熱加硫接着は難しいのではないかと思います。
現場での作業となりますと、何かしらの方法で断面に圧力を加えて、バーナーで炙る・・・といったようなやり方になるのでしょうか。

圧力を加えるにしても、バルブ根元の断面に対しての加圧は、そのベクトルの方向から見ても非常に難しいのではないでしょうか。

そ...続きを読む

Qクリアがはげてきたので、クリア層だけ修復したいのですが…

プジョー205(赤:ソリッド)に乗っています。
最近ルーフのクリア層が急速にはげてきました。
最初は塗料とクリアの間に気泡が入り、点々としていたのですが、最近になって急激にめくれ始めてしまいました。
今のところルーフの1/5程度ですが、日に日に拡がっています。
(ボンネットや側面は問題無さそうなのですが・・・)

もう8年落ちの古い車ですし、板金塗装屋さんに持っていって修復する程の物ではないので、自分で処置しようと思っています。
とはいうものの、どのように直していいか分かりません。
単純にクリアスプレーみたいの買ってきて吹いても駄目なものでしょうか?
外車というのは影響しますでしょうか?
(ちなみに板金屋さんに持ってたら費用はどのくらいかかるんでしょう?)
これ以上剥離が拡がらないようにするのが目的なので、仕上がりの綺麗さなどは気にしないつもりです。
自分でやる時のコツや、道具など、またお奨めのサイト等ありましたら教えて下さい!
車好きの皆さん、よろしくー!

Aベストアンサー

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一応、技術を売っているわけですから。
修理にかかる材料を買ってきて自分でやってみてもいいでしょうが、その材料費ちょっとでプロにやってもらう値段と変わらなくなってくると思いますが。
缶スプレーではとても屋根の面積を吹き切れないでしょう。エアー圧も必要になりますし、上の面というのはとてもごみがつきやすいのでその処理も大変です。
今時期でもまだ虫もいますしね。(塗ってる最中に飛び込まれるのです)
下の方も答えてますが、費用としては、屋根のみなら処理と塗装で5万弱ってところでしょうか。

近所の鈑金屋さんにでも一度相談するとよいですよ。
近くにないならディーラーで聞くか、タウンページなど使ってもいいかと。
友達などで鈑金したことある人とかに上手いとかここは安いよとかいう情報も聞いてみては?

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一...続きを読む

Q自転車の車輪の中のゴム

チューブを変えようと思って苦労して換えたんですが
よく観るとホイール(有ってるのか?)とチューブの間にある薄いゴムが
切れてしまっていました
見た所ホイールのチューブ側のほうに飛び出ている突起(名前がわかりませんが車軸とホイールを結ぶ鉄線を止めているもの)
からチューブを守るためにあるのだと推理しました。

それでこのゴムを交換したいのですがどうすればいいですか?
クロウしてチューブを自分で入れ替えたのでこれも自分で取り替えたいと思っているのですが何か良いアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

元.プロの自転車メカニックです。
まず、部品の名称から説明します。
車輪の金属の輪っかの部分を『リム』といいます。
そして、今回は無関係ですが、車軸の部分を『ハブ』と
言います。そして、ハブとリムを結ぶ針金が『スポーク』
スポークの先端についていて、リムから出っ張っている
のが『スポークニップル』です。
で、御質問のニップルからチューブを守る為のゴムは
メーカーや素材、タイプなどによって『リムフラップ』
とか、『リムテープ』と呼ばれます。メカニック用語
だと『フンドシ』なんて呼ばれる事もあります。
材質は、ゴムやコットン、ポリウレタンやプラスチック
などがありますが、ママチャリクラスだと、タイヤの
気圧もそれ程高くないので、ゴムが多いと思います。
フラップも、自転車屋で売っていると思いますが、まず
リムのサイズだけは調べて行って下さい。24インチと
26インチでは、かなり長さが違います。値段は、恐らく
500円もしないと思います。レース用の物でも300円くらい
ですから。

ちなみに、代用品で済ませる方法もあります。例えば
コンビニでも買えるビニールテープ。あれを、バルブ穴
の部分だけを残して、2~3重に巻くだけでも結構いけます。
あるいは、テニスのラケットのグリップに使うような、
ノリ付きのコットンテープでもOKです(でも、こっちの
方が高いので無意味かも)ビニールテープは伸縮率が
高く、気圧の高いロードレーサーなどには不向きですが
ママチャリ程度なら、割と問題無く使えると思います。
また、コットンテープは、レースやツーリングの世界でも
コットンのリムテープは市販されていましたから。

フラップの交換は、そうですねぇ、タイヤを外した時に
イカれているようだったら、即交換としています。
そうしないと、せっかく入れた新しいチューブが、空気を
入れた瞬間にバースト!なんて事も、実際にあります。

元.プロの自転車メカニックです。
まず、部品の名称から説明します。
車輪の金属の輪っかの部分を『リム』といいます。
そして、今回は無関係ですが、車軸の部分を『ハブ』と
言います。そして、ハブとリムを結ぶ針金が『スポーク』
スポークの先端についていて、リムから出っ張っている
のが『スポークニップル』です。
で、御質問のニップルからチューブを守る為のゴムは
メーカーや素材、タイプなどによって『リムフラップ』
とか、『リムテープ』と呼ばれます。メカニック用語
だと『フンドシ』な...続きを読む

Qコンセントってまめに抜いたほうがいいんでしょうか

こんにちは。

実家では掃除機などはもちろん、テレビなども使わないときはコンセントを
抜いています。そのほうが節電・電気製品も長持ちする、と信じているよう
です。
私もそのような親に育てられて、そう信じてきました。

でも実際にはどうなのかな? と思って書き込みします。
節電はできるかもしれませんが、電気製品の寿命についてはどんなもんで
しょうか。

Aベストアンサー

節電と電気製品も長持ちとでは異なります。
また、電気器具によっても異なります。

まず寿命ですが、コンセントを抜き差ししない方がコンセントの寿命は長くなります。また、機械的に動く部分を持っていない電気器具は一般的に常時通電した方が長持ちします。
電灯、蛍光灯やテレビ等は電源オンオフ時にかかるストレスが一番寿命を縮めます。電源オン時に通常の10倍~40倍の電流が流れます。(突入電流と言います)その為、20~30分後に再び通電する事が分かっていればそのまま通電した方が長持ちします(電球製造会社は電球が壊れないと商売になりませんのでこの突入電流を利用してある程度使用すると壊れる様に設計しています)。テレビも同様で、電源オン時にテレビから「チリチリ」とか「ジジー」とかと言った音が聞こえると思いますがこれは高電圧を発生する際に生じる静電気の影響ですが、これが大きなストレスを与えます。

洗濯機や掃除機、ミキサーをはじめとするモーターが内臓されている機器はモーターの寿命がありますのでこまめにオンオフを繰り返した方が賢明です。トースターや電熱器等ヒーターが入っているものもこまめなオンオフをお勧めします。

節電と言う点から考えますと2つに分類できます。
一つ目はACコンセントに直接スイッチが入っており電源オフ時に完全に電流が遮断されるもの。
二つ目は電源スイッチをオフしてもタイマーとかリモコン回路が動作して微弱な電流が流れているものです。

後者を見分ける基準は、電源オフ時でも何らかの表示(時計とか小さなランプ)が付いているもの、リモコンで電源のオンオフが可能なもの(テレビやビデオ、石油ファンヒーター等)、時間が来れば自動的に動作が開始するもの(炊飯器、洗濯機)です。また、充電器やノートパソコンもこれに分類されます。エアコンや扇風機等もこれに分類されます。別な見方をすればマイコン内臓機器はほとんどこれに分類されます。

前者はほとんどの掃除機や台所のファン、単純機能のトースターやオーブンレンジ(時刻表示なしものの)ですが最近は少なくなりました。

つまり、後者の製品が増加して来たので待機電力が話題になって来た事と思います。

コンセントの抜き差しですが、電源をオフにした後に抜き差しする事をお勧めします。また、コンセントは(壁に取り付けてあるコンセントを含みます)定期的に抜き差しの際に必要な力を確認して下さい。圧力が弱くなったり壊れかけたコンセントはコンセント自体が熱を持ち火災の危険があります。
つまり、コンセントは頻繁に抜き差しすると良くないし、接続したままだとホコリ等の問題で火災の危険性が大きくなります。適当な掃除が必要と言う事でしょうか。

節電とエコロジーはことなります。
電源スイッチ付のコンセントを製造・使用する際に使われるエネルギー(プラスチック製造、成形、梱包、輸送、販売)と待機電力を押さえた際のエネルギー量をエコロジー的立場から考えますと決して省エネとは考えられません。
また、価格も2,000円前後しますので電気代を2,000円も節電するとなると使い方にもよりますが数年~10年くらいはかかると思います。

余談ですが、太陽熱温水器や太陽熱発電もそれを作る際に費やしたエネルギーとそれで節約できるエネルギー量を比較すると決して省エネにはなっていません。政府やメーカーの解説には落とし穴がある事をしっかり?んでおいて下さい。

節電と電気製品も長持ちとでは異なります。
また、電気器具によっても異なります。

まず寿命ですが、コンセントを抜き差ししない方がコンセントの寿命は長くなります。また、機械的に動く部分を持っていない電気器具は一般的に常時通電した方が長持ちします。
電灯、蛍光灯やテレビ等は電源オンオフ時にかかるストレスが一番寿命を縮めます。電源オン時に通常の10倍~40倍の電流が流れます。(突入電流と言います)その為、20~30分後に再び通電する事が分かっていればそのまま通電した方が長持ちし...続きを読む

Qチャリのパンクを直すとき、わざわざタイヤレバーがないとタイヤを外せないでしょうか

できれば、もっと手短な道具で簡単に直してしまいたいのですが

Aベストアンサー

手でできるとおもいますが。
ないとしんどいタイヤもあります。
チューブとタイヤのみみさえ傷つけなければ
スプーンの柄とかなんでも
いいのですが、スプーンはあとで
食事に使うと不愉快な思いをする人が
いるかも。
ドライバーはやめておいたほうが
よいです。
工具の形状は先達の知恵です。
もっとよい工具をつくったとおもったら
みんなに教えてください。

Q「貴事務所」は話言葉では何といいますか「御事務所?」

いつもお世話になります。
履歴書などには、「貴社~」とかきますが、面接などで話すときには
「御社~」と言いますよね。
では、弁護士事務所などの場合、履歴書などには「貴事務所」と
書きますが、面接のとき相手のことを、果たしてなんと話せばよいですか?
「御事務所」(おんじむしょ)とか聞きなれないですし・・
「御社」(おんしゃ)って言いやすいので言ってしまいたいですが
やはり事務所などで違うし・・

ご存じのかたよろしくおねがいします!

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1016120595
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1026816
795

上のサイトにもありますが、貴所が言いやすく適切です。
または貴事務所です。


人気Q&Aランキング