事情があって法人にしなければならず、
今年までフリーの仕事で収入が600万円あったとします。生活があるので100万円は残して
あとの500万円の資本金で、合資会社を作ろうと思います。
その場合

1.100万円程の資本金にして500万円は貯金して
会社の状況を見ながら増資または(いったん合資を廃しして)有限または株式会社にする

2.初めから500万円資本金として有限会社にする



とどちらが良いかと思っています。
税金上どちらが良いのでしょうか?
私は対外的に信用が必要な仕事ではありませんので
合資で十分ですし、様々な点で合資が何かと
便利だと思っています。

知人で有限責任社員になってくれる人が1人いますが、
有限で最低何人で設立が可能ですか?
もし、3名必要なら強制的に合資になります

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

合資会社から有限、株式会社にはなれないらしいです。


一旦有限会社を別に作って、そこに合資会社を吸収させる等の方法がとられるようです。

又、設立は無限責任社員と有限責任社員が一人ずつ、計二人で良いようです。

たまたまもらったメルマガにそんなテーマのものがありましたので、その部分を紹介しましょう。
http://allabout.co.jp/career/entrepreneur/subjec …

ここはお役に立つでしょう。

参考URL:http://allabout.co.jp/career/entrepreneur/subjec …
    • good
    • 0

#2で、書き忘れましたが、合資会社や合名会社はどちらかというと、零細企業というイメージが強く、有限会社の方が、やはり認知度も高く、社会的にも、営業面でも有利です。

    • good
    • 0

将来の変更を考えるのでしたら、最初から有限会社で設立した方が、手間と費用が無駄になりません。


有限会社は最低資本金が300万円ですから、300万円の資本金が宜しいでしょう。

なぜなら、税務上は資本金が少ない方が租税特別措置法などの特典が利用できます。
一例として、接待交際費の限度でも資本金が少ないほど、非課税限度が有利になっています。

消費税も、有限会社の場合設立後3年間は、非課税業者となりますから有利です。
    • good
    • 0

合名会社、合資会社は「人的会社」で、有限会社や株式会社は「物的会社」なのでお互いに性質の違ったものです。

したがって合資会社を有限会社にすることはできません。もっとも有限会社や株式会社を作って、そこに吸収合併させるという手段もありますが、手続きが煩雑なのでお勧めしません。有限会社は1人でもできますので、資本金に500万円用意できるなら有限会社をお勧めします。(300万円以上の資本金が必要)税制面での有利不利は所得によりますので一概にどちらとも言えませんが、小規模な事業ならあまり税金の差は出ないと思います。
有限会社ならば将来、株式会社に転換することも可能です。

中小企業診断士

この回答への補足

早速ありがとうございます。
1人でもできるんですか、、
てっきり3人くらいいるのかと思いました。

補足日時:2001/06/22 12:14
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資本金500万円の株式会社設立は1株1万円でOK?

質問です。9月中旬をめどに取締役1名の株式会社を設立する予定です。
資本金500万円ですが、1株1万円で大丈夫ですか?
他の株単位に設定するメリットとデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

私の会社では、額面は5万円ですね。
最近の会社では、5万円や1万円が多いと思いますが、昔からの会社はもっと小さい額面だったようですね。法律などでは、額面単位などは定めがなかったはずですので、自由に決めてかまわないことでしょう。

額面が変わったりした際にはやむをえないことかもしれませんが、そのような理由もなく、端株などを作ることは普通考えられないと思います。
ですので、額面を大きくし過ぎると、増資や株の売買などの名義変更で分けにくくなってしまいます。
大きい額面から小さい額面であれば、端株のでないようにすることも可能だと思いますし、変更も難しいものでもないと思います。しかし、登記事項だと思いますので、変更などをする際には登記費用なども生じる可能性があるので、注意が必要でしょうね。

Q有限会社と株式会社の違いについて検索しておりました。資本金 1000万

有限会社と株式会社の違いについて検索しておりました。資本金 1000万円以上が株式会社。300万円、員数50名以下のものを有限会社とありましたが、当方の会社はどう見ても社員数は足りません(社長合わせて6名)。これは株式会社でしょうか?叔父が社長でして、聞くに聞けません。また先程の検索では2006年5月1日に新会社法が施行されとありましたが、今後、会社を立ち上げた場合、株式会社で登録する事になるのでしょうか?

Aベストアンサー

新会社法が施行されて何年もたちますが、ネット上には旧会社法の記述がたくさん残っていて誤解のもとになっているようです。

新「会社法」が施行されるまでは、会社には株式会社、有限会社、合資会社、合名会社の4つの種類がありました。新会社法により有限会社が廃止されたので、現在は有限会社を作ることはできません。今後会社を立ち上げた場合は、株式会社、合同会社、合資会社、合名会社のどれかになります。


ところで、旧法では株式会社は資本金1000万円以上、社員1名以上。有限会社は資本金300万円以上、社員2名以上50名以下、と定められていました。資本金に関しては新会社法では1円以上ならいくらでもよいことになりました。また「社員」の数ですが、法律で言う「社員」というのは、「従業員」のことではなく、「出資者」を意味します。ですから、有限会社の社員が50名以下というのは、有限会社を設立するときは、出資者が50名以下でなければならない、という意味であり、従業員は1人でも1万人でもかまいません。

これは新会社法でも同様で、株式会社の社員数は1名以上と定められていますが、これは出資者の数が1名以上という意味です。従業員の数を定めたものではありません。

また、出資者50名以下が自動的に有限会社になるわけではありません。株式会社として、有限会社よりも複雑な会社機関を作る必要があり、決算書類も有限会社よりも厳密な書類を作るのが株式会社でした。しかし、小さな株式会社は実質的に有限会社とほとんど変わりがなかったので、会社の作り方を簡略化するために有限会社が廃止されたのです。

新会社法が施行されて何年もたちますが、ネット上には旧会社法の記述がたくさん残っていて誤解のもとになっているようです。

新「会社法」が施行されるまでは、会社には株式会社、有限会社、合資会社、合名会社の4つの種類がありました。新会社法により有限会社が廃止されたので、現在は有限会社を作ることはできません。今後会社を立ち上げた場合は、株式会社、合同会社、合資会社、合名会社のどれかになります。


ところで、旧法では株式会社は資本金1000万円以上、社員1名以上。有限会社は資本金300...続きを読む

Q有限会社の資本金

有限会社の資本金は300万円になっていますが、その300万円を振り込んだ後資本金はそのまま丸々現金としておいておかなければならないのでしょうか?

その300万円は事業の資金として使うことはできないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前の方もおっしゃられたとおり、当然資金として使われることになりますよ。
一応関連知識として、ご存知かもしれませんが、現在特例として資本金1円でも設立できますよ。ただし、5年後には
300万円まで増資しないといけないですが。
しかし、これもまた来年度の商法改正では最低資本金のしばりがなくなりそうです。

あと、もうひとつ現物出資ということもできますので。

参考になれば幸いです。

Q資本金1円の確認会社の会社運営ってどうなるのでしょうか??

 近年、法改正により「資本金1円」でも会社が作れるようになりましたが、そういった会社はどうやって資金繰りするのでしょうか?

 たとえば、会社設立直後に必要な商品を購入するときはどうするのでしょうか??自分の財布から出すのでしょうか??→その場合は、帳簿にはどう記載するのですか?明らかに、貸借対照表の左右の金額も変わってくると思うのですが。自分の財布から借り入れた形になるのでしょうか?

 ご回答、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

寄付でも構いませんけど。借入金ですね。借入金の先が、個人(質問者さん)であろうと、銀行であろうと構いません。現金で借り入れたのなら、借入金1万円、現金1万円です。ここから購入した商品の項目が立ち、その分現金がマイナスになります。

Q個人事業、有限会社、合資会社などを調べてみましたが、どれが良いのか判断がつきません。

現在、会社員としての収入が年間400万円あります。

そのほかに、副業として経営コンサルタント業で、2件の顧問先がから、月額35万円(消費税別)の収入があります。

会社員としての収入は、今後上がっていく見込みであり、
コンサルタントとしての収入は、今後、増えるかもしれないし、減るかもしれません。

このような状況で、節税の為の対策として、かつあまり手間のかからない有効な手段を教えて頂けますでしょうか。

個人事業、有限会社、合資会社などを調べてみましたが、どれが良いのか判断がつきません。

どうぞアドバイスよろしくお願いします。

ちなみに昨年は別の会社を退社し、コンサルタント収入も年度途中だったので、確定申告で済ませました。

Aベストアンサー

「有限会社」は2006年5月頃、法改正が行われ、廃止される見込みです。

自分自身の経験と断りをつけますが、個人事業で、かつ青色申告事業者として税務署に登録した当時、1年間、税務署から紹介された税理士さんから税務相談を無料で受けられました。

情報交流が活発な地域にお住まいであれば、異業種交流会などでも頻繁に行われていますので、参加すればそのリスク等についても情報が得られるのではないでしょうか。
個人事業主については書籍もかなり充実しています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報