てんとう虫の「ホシ」の数のことです。私は今まで「数の違いは種類の違い」と思ってきたのですけど、先日「歳の違いだ」といわれました。その人いわく木の年輪のように「ホシ」を数えれば何歳かわかるのだそうです。私はとてもその説が信じられないのですけれど、いったいどちらが本当でしょう?

A 回答 (7件)

再びhebikeraです。


直接関係ないのですが、見たことがない方のために。
ジュウニホシテントウです。

参考URL:http://www.kcn.ne.jp/~tkawabe/kon-tentoujyuuni.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご回答いただき、その上写真のリンクまで貼っていただいて本当に恐縮です。自分なりにすっきりしたので回答を締め切らせていただきますが、皆さん本当に親切に回答してくださってありがとうございました。できれば全員の方にポイントを差し上げたいくらいなのですがそういうわけにもいかず、かといってどなたかお二人にポイントを差し上げると他の方の回答が「とるにも足らず」という風になってしまうのがいやなので、誰にもポイントを付けないことにします。本当に勝手で申し訳ないのですが、全員の方の回答が嬉しかったので。

お礼日時:2001/06/29 20:36

どっちも間違ってます。


ナミテントウ以外は、星の数が種の違いとなりますので、
年齢説よりはちよっとマシです。
ジュウニホシテントウってどんなのかなあ。
まだ見たことがないけど、ほんとにいるんですか?
偶数奇数で益虫になるかどうかも関係ありません。

参考URL:http://www.j-muse.or.jp/joyful/nature/na009.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。結局どちらも完全な正解ではないのですね。自然界はコンピューターのように「1」か「0」ではなく、もっと複雑なんですね~。元はと言えば私のパンツのガラのてんとう虫から発生した問題だったのですが(笑)本当に勉強になりました。ジュウニホシテントウのことは親切な方が写真のリンクを上に張ってくださいましたね。皆さんどうもありがとうございます。

お礼日時:2001/06/29 20:27

「星が偶数だと害虫、奇数だと益虫」と聞いたような記憶があります。


年毎に色や星が変わってたら大変ですね。

年とともに数が変わるとは思えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>年毎に色や星が変わってたら大変ですね。
そうですよねぇ。木の年輪じゃぁあるまいし。

お礼日時:2001/06/29 20:21

aro3さんの説でおおむねあっていますが、ナミテントウは同じ種でも色々な模様が発現します(猫の毛色と同じようなものです)。



参考URLに色々なテントウムシの写真が載っているサイトを載せておきます。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/kikko/natural/diary-musi2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ちょっとした質問だったのにいろいろと勉強することができました。ナミテントウなんて種類もはじめて知りました。てんとう虫もおくが深いんですね~。

お礼日時:2001/06/29 20:20

ははは。

実におもしろい説ですねぇ。当然間違いですけど(笑
ちなみに日本には約150種のてんとうむしの仲間がいるそうです。
こどものころ、フタツボシテントウ、ヨツボシテントウ、ナナホシテントウ、ジュウニホシテントウ、ニジュウヤホシテントウを捕まえて標本を作ったことがあります。
でも、もし年の数だけホシがあるならニジュウヤホシテントウは僕よりも人生(?)の先輩って言うことになるなぁ(笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました!実はその議論が勃発したとき、日本人2人、フランス人1人、ドイツ人1人がいたのですが、「種類の違いだ」と言う日本人二人に対し、独仏チームが「絶対年齢だ」と反論し2対2になっていたのです。そのときちょうどポーランド人が通りかかったので同じ質問をしてみたところ「小さい頃年齢説を聞かされていたが、実はそれが間違えだと言う話も聞いたことがある」との回答でした。はっきりした確証はありませんがヨーロッパでは子供にそう言い聞かせているのかもしれませんね。
それにしてもニジュウヤホシテントウなんているんですか!年齢説が本当だったら昆虫界の長老になってしまいますね、あのかわいいてんとう虫が(笑)。

お礼日時:2001/06/29 20:17

やはり、「数の違いは種類の違い」に軍配があがりますね。



しかし、無理無理に、「数の違いは歳の違いだ」と言うのを考えるならば、

羽化直後は、紋が浮かび上がっておらず見かけ上、紋が無いように見えますから(マヤロさんの言う通り紋は出来上がっています)、羽化直後の紋無しから、紋が浮かび上がるまでの歳(?、年じゃないけれど、テントウムシの歳)は言い当てることが出来ますよね。 でも、こじつけのような---。
http://homepage2.nifty.com/tiba-infrc/tennami.htm)の成虫の所を参照して下さい。

また、ナミテントウだけは、他のテントウムシのように、遺伝的に紋が定着しておらず、色々な紋が存在しています(下の参考サイトを見てね)。 歳は同じなのにネ。

それでは

参考URL:http://www.wnn.or.jp/wnn-n/tushin/mushi/m-seitai …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。御礼が遅くなってすいません。おかげさまで「歳の違いだ」といっていた人を説き伏せることができました。気持ちイ~イ!

お礼日時:2001/06/29 20:06

そんなの、ぜーったい嘘!!


だって、そんなんだったら、ナナホシテントウは、どうなるの?
7歳になったら、ナナホシテントウになって、
12歳になったらジュウニホシテントウになって、害虫になっちゃうわけ?
そんなことはありえない。
嘘ですよ。その人が言ってること。
だいたい、テントウムシってさなぎの時からホシあるし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お力強い同意、ありがとうございました!!!

お礼日時:2001/06/26 16:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黄色いてんとう虫? さっき掃除をしていたら黒いてんとう虫のような虫が息絶えていました。 ただ黒い背

黄色いてんとう虫?

さっき掃除をしていたら黒いてんとう虫のような虫が息絶えていました。
ただ黒い背中に黄色い点でした。

これはてんとう虫のただの色違いなのでしょうか?それともてんとう虫に似た害虫なのでしょうか?

虫が苦手なのである程度しか調べられず
もしわかる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

テントウムシで間違いないです。

http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/09kochu/tento/

Qてんとう虫の幼虫

てんとう虫の幼虫が食べるものを教えてください。

Aベストアンサー

ナナホシテントウやナミテントウならアブラムシなんかを主に食べます。飼育する時は他のものでも可能なようですが、その辺りは“テントウムシ、飼育(飼い方)”なんかで検索してみてください。

ニジュウヤホシテントウ等の植物食の場合は、その種類毎に合った植物になると思います。

Q年輪から北を知る方法

年輪から北を知る方法は、年輪の目の詰まっている方が北と言われていますが、この考えは本当に正しいのでしょうか。それは、昔からの言い伝えで、最近の森では通用しないという話を聞いたのですが、証明してくださる方、いますか。

Aベストアンサー

「退屈しのぎの博学知識塾II」より

たしかに、切り株の年輪は均等ではない。どちらか片側の方が幅が広くなっている。しかしそれが南側というのは偶然だったにすぎないのだ。

木が太るのは、形成層で細胞が分裂して大きくなるからだ。細胞を分裂させたり大きくさせるのはなにか。それは、根から吸収される水分や養分であり、葉の光合成によって作られる糖分だ。

しかし、そのどちらも一直線に上ったり下ったりしているのではない。形成層をはさんだ樹皮や木部をらせん状に上ったり下ったりする。つまり、一本の木の一方向だけが早く成長することはありえないのだ。切った部分によって年輪の幅も違ってくる。

あるいは、山であれば木はほとんど斜面に育つ。斜面の木はどうしても根元が曲がる。一度、下方向に曲がってそれからまっすぐ伸びていく。こういう木を根元から切ると、そこの年輪は曲がった外側で幅が広くなる。ただしこれはスギなどの針葉樹の場合で、広葉樹は曲がった内側の年輪幅が広くなる。
いずれの場合でも、切株の年輪と方角はなんの関係もないのだ。

Q樹の年輪のように人間の年齢を計る方法を教えて下さい。

樹の年輪のように、人間の年齢がきざまれている部分てあるのでしょうか?
科学的に実証できる、人間の年齢を計る方法を教えて下さい。

悩み始めたらとまらなくなってしまいました。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

法医学・法歯学の経験から

骨からの年齢推定ですが、例えば頭蓋骨の癒合や、歯の生えている状態などから肉眼的に観察することが出来ます。しかし、実際に近い値を出すにはさらに細かいミクロ的な作業も重要となります。歯からの年齢推定では、スウェーデンの組織学者のゲスタ・グスタフソン教授が提唱した六点法(誤差3.6歳)、ラセミ化法(誤差3.0歳)などがあります。

Q中立説と自然選択説の論争

こんにちは。
私は大学で生物学を専門に勉強しているものですが、木村資生著の「生物進化を考える」をよんでいくつか理解できなかったことがあるので質問しました。まず、ダーウィンの自然選択説での自然淘汰と木村資生の中立説がなぜ論争がおこったのかわかりません。まず、私の認識では中立説は突然変異が、塩基配列やアミノ酸を変化させても、表現型やタンパク質を変異させないという中立的なもので生命体にはよく頻繁におこっているという仮説で、自然淘汰はほかの同一種の個体はもってない、生活に有利な遺伝子をもった個体が生存競争を勝ち抜き、そしてその遺伝子が生物集団に固定され、進化が蓄積されるという説というふうに認識しています。しかし、これらの説は違う次元の話をしているようで、どちらが正しいときめつけることは無意味だとおもうのですが、どうして論争がおこったのかおしえてください。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%AB%8B%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AA%AC

>すなわち、ハーバート・スペンサーの言う適者生存(サバイバル・オブ・ザ・フィッテスト)ではなく、幸運な者が生き残る(サバイバル・オブ・ザ・ラッキスト)、と考えるのである。この考えは、ダーウィンの自然選択説に基づく進化の総合説に修正を迫る内容であったので、当初は大きな反発を受けたが、その後、様々な証拠が集まり中立進化説は次第に受け入れられていった。

その当時、自然選択説は全世界の完全な覇者のような威力を持っていたようです。研究者というのは実はとても保守的で、まったく新しい考え方を拒否するものがほとんどです。彼らは、ほんの小さな発見、それまでの知見に沿う形での発見を喜ぶのです。

実は、中立説と自然選択説が排除しあうものではないことも中立説の証拠が不十分な時点ではわかりにくく、論争の原因になったかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報