ネットが遅くてイライラしてない!?

車のワイパーモーターを取り外して
極性を逆にしたら逆回転しますか?

質問者からの補足コメント

  • ワイパー以外の使い方をしたいと思います。

      補足日時:2016/12/29 15:38

A 回答 (3件)

モーター本体部分は一般的にはDC12Vでしょうから逆回転するでしょう。


ただ、ワイパーモーターASSYにはDCモーターの回転を減速して90度向を変えてワイパーアームを動かすウォームギヤと、ワイパースイッチを切ると自動的にフロントウインドー下端の停止位置まで作動させてからストップする仕組みがウオームギヤのホイール側に組み込まれています。
その自動停止機構の動きも逆になると思いますよ。(フロントウインドーでは右端でワイパーが立った位置で停止するようになると思います)
    • good
    • 0

取り外したら動きません



極性を逆にする技術はお持ちですか?
    • good
    • 0

DCモータだったらできますよ


サーボモータ(線が3本)だったら一苦労
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一般的にはワイパーモーターは2心線ですか?

お礼日時:2016/12/29 16:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1回転して止まるモーター

電源(電気信号)を入れると、丁度1回転して止まるモーターを探しています。100W未満の容量
クラッチの様なものでもいいです。
メーカー又は購入先、調べる手だてでも結構です。
教えて下さい。

Aベストアンサー

自動車用のワイパーモーターのクランク軸はスイッチオフにしたときに、既定の位置で止まるようになっています。常時供給されている電源と、スイッチオンで供給される電源があり、後者の方に一定時間(0.1Sec程度)のパルスを入れれば、スタート後一回転して停止します。確かにワイパーブレード自体は往復運動をしますが、モーター側のシャフトは回転運動です。リンク機構を用いて往復運動に換えて使用しています。また、減速機構がウォームギアを用いたものであるため、外力によって簡単に位置がずれる事は無いでしょうし、トルクもかなりあります。2秒間に一回転前後の回転数であれば、回転数的にも問題ないでしょう。12V乃至は24VのDCモーターですので、電圧を変更することで簡単に回転数の変更もできます。モーターの出力はおおよそ80Wから120W程度です。試験的に使用するのであれば、自動車の解体屋で¥1000~¥2000程度で手に入るでしょう。

Qワイパーの回路について

いまの車はインターバル・タイマーが一定時間しかついていません。
そこで自作でインターバルタイマーを作りたいと思っています。
回路図中で固定抵抗をVRに交換すればいいのは別として、
この回路で「どこ」と「どこ」を接触させればワイパーSWがオフでも
ワイパーのモーターが一回転するでしょうか?。

回路図中で「紫」と「黒白」をショートしたらヒューズが飛びました。
回路図は下記アドレスを参照してください。

よろしくお願いいたします。
http://www.dango.ne.jp/smile/newsmile/wp/

Aベストアンサー

回路を見たところ、
OFFの時はLO(黒白)とWSが繋がっていることで、OFF時にも停止位置までは稼働するようになっているようですね。

で、WSは、フロントワイパーモーター内のスイッチで、
ワイパーが原点位置のときは0V、動いているときは12Vに繋がるようになっているので、

結果として、ワイパーが原点位置のときに黒白と紫を繋ぐと、12Vから0Vへの直結ラインができて、ヒューズが飛ぶことになります。

以下、モーターの回路次第ですが、
HI(青黄)と紫を繋いだ場合はどうなるでしょうか?
モーター内での結線がLO用とHI用とで分かれているなら、
ショートしないでいけると思います。

それでも無理だったら、現状の回路をそのまま維持した状態で、追加の配線だけでOFF時にワイパーを動かすのは不可能だと思います。

その場合、黄黒の2線を間で間で分断し、リレーでも使って
  通常時: Ap12とBb2を接続(元のまま)
  ワイパー稼働時: Ap12と紫を接続
するようにスイッチすれば、OFF時にワイパーを動かせるでしょう。
(ワイパーの位置検出スイッチを、一時的に「原点にいない」と騙す形になります)

回路を見たところ、
OFFの時はLO(黒白)とWSが繋がっていることで、OFF時にも停止位置までは稼働するようになっているようですね。

で、WSは、フロントワイパーモーター内のスイッチで、
ワイパーが原点位置のときは0V、動いているときは12Vに繋がるようになっているので、

結果として、ワイパーが原点位置のときに黒白と紫を繋ぐと、12Vから0Vへの直結ラインができて、ヒューズが飛ぶことになります。

以下、モーターの回路次第ですが、
HI(青黄)と紫を繋いだ場合はどうなるでしょうか?
モーター内で...続きを読む

Qワイパーの配線について質問します。

画像にある配線図は現在乗っている車のワイパー部分の
不要なところ(ウォッシャーなど)を除いた配線図です。

この配線図で一部わからないところがあるので教えてください。

OFFの状態からスイッチを間欠(INT)にしたとき、+電源→B→Ⅰ→
間欠ユニット→Ⅱまで来たときS2の方と赤の矢印(接点プレートスイッチ)
の両方に行くようになっています。
S2のほうはモーター→アースに行き問題はないのですが、
赤の矢印の方へいく+電気は間欠スイッチを入れた瞬間はまだ
ワイパーモーターが回ってないので電気はアースの方へ流れてしまい
ショートするかたちになります。
でも実際にはヒューズは切れませんが、どうしてでしょうか。

またなぜモーターが動いていない時アースに落としておく必要があるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワイパーモーターからきているS2端子は、間欠ユニット内のリレーを経由してⅡ端子につながっています。
リレーがS2をⅡから切り離し、一瞬Bに接続するとワイパーモータが動き出します。
リレーは元に戻り、ワイパーモーター内の接点がプラス電源側からⅡ端子に供給されからるのでS2はプラスとなり回転します。
モーターが1回転すると、ワイパーモーター内のスイッチが停止位置に来るので停止します。
モーターの1回はワイパーの1動作ですね。
間欠ユニットが適当な時間をおいてS2へBを接続するので、間欠動作を繰り返します。

赤矢印のスイッチは、ワイパー停止位置でモーターのプラスマイナスを短絡して逆起電力を無くし即停止するようにするためのものです。

QAc100vモーターを正転、逆転させる配線方法を教えて下さい。

AC100Vコンデンサーモーターを使ってある模型を作りたいのですが逆回転させる
配線方法がわかりません。教えて下さい。

Aベストアンサー

コンデンサモーターは、中に2組のコイルが内臓されて
います。
どちらのコイルに、コンデンサーを直列に入れるかによって、回転方向が決まります。
まず、配線がどうなっているかをテスターで調べます。
両方のコイルの片方の先どうしがつながれ、共通線に
なっている場合があります<黒線とする>。
残りのそろぞれのコイルの先を<赤線>と<白線>とします。以上で3本線が出ていることになります。
配線はまず、黒線に電源の片方をつなぎます。
赤線と白線間にコンデンサーをつなぎます。
コンデンサーに極性はありませんので、どちらにつないでもいいです。
次に、もう片方の電源を赤線につなぐか、白線につなぐか
によって、回転方向が決まります。
4本線が出ている場合は、それぞれのコイルの片方を
つなぎ、共通線にします。
後は上記のとうりです。
yu-mizu123さんの書かれている事と一緒です。
後、電源間からみて、コンデンサーと直列につながって
いるコイルの端と端を入れ替えても逆転するようです。
以上が,正逆転の基本回路です。

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp

Qモーターの回転速度を遅くするには?

こちらモーターなどの知識が乏しい素人です。日立工機のBGM-50(モーターはコンデンサラン単相誘導電動機)の回転速度を自由自在にコントロールする(遅くする)にはどうしたらよいですか?一般に売っているスピードコントローラーはブラシ付きモーターのみコントロール可能らしいのですが・・・。どなたかお詳しい方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

単相誘導電動機は確かに電圧制御でも電流制御でも回転数は可変できます。しかしそれはトルクを弱くした結果回転数が落ちてしまったと言う事なのです。トルクが弱いという事は慣性の小さな物は制御が難しいのです。インバーターで可変するのとは根本的に異なります。

しかし換気扇や洗濯機の脱水などは大きな慣性が有りますから比較的安定した回転数が得られます。

調べてみたらBGM-50はベルトグラインダーですね。
このような機械の場合電圧、電流制御を行うと大きな負荷の時回転数も大幅に低下する事が考えられます。
自在に変化させるのではなく変化してしまうと言うわけです。

方法としてはこのモーターでも使えるインバーターを探す、もうひとつはモーター回転数の検出装置をつけてフィードバックをかけて一定の回転数を維持する、という事は出来ますが素人の方では無理かと思います。 またこの場合は最大でも直結と同じ回転数です。

ほんとうは三相モーターを使ってインバーター制御という物が理想ですが。

QATのバルブボディの構造や仕組みが分からない...

あの迷路の様なATの部品はどの様な役割を果たしているのでしょうか?

機能している場面を直接、見る事は出来ないのでなるべく分かりやすく文章でお教え頂くと嬉しいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
その昔、よくATのOHや整備を経験していた者です。(今は現役引退です)
ご承知のように複雑なものなので、文章だけで説明するのはなかなか難しいのですが・・・

基本的なATの変速の仕組みはご存知でしょうか?
遊星歯車セットの各歯車に繋がる湿式多板クラッチやブレーキバンド・前進用湿式多板クラッチや後進用湿式多板クラッチ・オーバードライブ用湿式多板クラッチなどに掛ける油圧をバルブボディー内の幾本のも油道とシフトバルブなどにより断続制御して変速していきます。

バルブボディー内の油圧は、エンジン回転数に応じて掛かる油圧・一定の圧力を保っている油圧・車速に応じて変化する油圧などがあり、セレクター(シフト)レバーの位置(マニュアルバルブ)やエンジン回転数やスロットルバルブ開度(昔はケーブル、電子制御ではスロットル開度センサー)、車速の情報(昔はATアウトプット側回転数のガバナー、電子制御では車速センサー)などの情報により動きが変化するバルブにより、バルブボディー内の油道(通路)を変えて最適な変速段を選択し、AT内の湿式多板クラッチやブレーキバンドに通じる各シフトバルブの開閉を行っています。

このシフトバルブ、電子制御以前は上記のような各ケーブルやガバナーなどのアナログ油圧の変化により動いていましたが、現在の電子制御化されたATでは、各シフトバルブに付いたソレノイドバルブをAT・ECU経由で直接デューティー制御することによって変速させています。(よって電子制御化後は、+・ーなどのマニュアルシフトもずっと容易になりましたね)

昔は、整備解説書や分解整備解説書を手元に置きながら、OHPなどを使って半日掛りで勉強会などを開催していましたので、ここのスペースで簡易に説明差し上げるのはちょっと難しいかもしれません。
記憶の限りですが、少しでもご参考になれば幸いです。

こんにちは。
その昔、よくATのOHや整備を経験していた者です。(今は現役引退です)
ご承知のように複雑なものなので、文章だけで説明するのはなかなか難しいのですが・・・

基本的なATの変速の仕組みはご存知でしょうか?
遊星歯車セットの各歯車に繋がる湿式多板クラッチやブレーキバンド・前進用湿式多板クラッチや後進用湿式多板クラッチ・オーバードライブ用湿式多板クラッチなどに掛ける油圧をバルブボディー内の幾本のも油道とシフトバルブなどにより断続制御して変速していきます。

バルブボディー内の...続きを読む


人気Q&Aランキング