石膏に塩酸を滴下して泡が発生するのか教えて下さい。
発生する場合はどの様な反応で起こる教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下、石こう=硫酸カルシウムと考えます。



特徴としては、
・強酸と強塩基から生じる正塩
・水に不溶

反応が進行するとすれば
塩化カルシウム、硫酸、(硫酸水素カルシウム)
が生じます。

塩酸と硫酸を比較すると、
・ともに強酸ですので、強酸による弱酸の塩の
 分解は考えられません。
・塩酸の方が硫酸よりも揮発性が高いため
 系から追い出されるとすれば、塩酸の方が追い出される。

次に塩化カルシウムと硫酸カルシウムを比較します。
・塩化カルシウムの方が硫酸カルシウムよりも
 圧倒的に溶解度が高い、つまり、水溶液系を考えるなら、
 硫酸カルシウムが追い出される。

以上から、塩酸と硫酸カルシウムは系から追い出される可能性があるため
これら二つは反応しないと考えられます。つまり気体は発生しません。

気体が発生するとすれば・・・
・不純物として卑金属が含まれている
・炭酸塩が含まれている
・加熱する
これらの条件ではそれぞれ水素、二酸化炭素、塩化水素
が発生します。
    • good
    • 0

「石膏」に関して、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「石膏の種類」

御参考まで。

参考URL:http://www.san-esugypsum.co.jp/
    • good
    • 0

石膏はCaCO3と考えていいと思いますが、それであればCaCl2とH2OとCO2が出来るのじゃないですかね。

つまり二酸化炭素ができて泡が発生すると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食塩水と塩酸の比重

 食塩水と塩酸の比重を濃度別にグラフか表で教えてください.あとできればプラスチックの代表的なものの比重も教えていただけるとありがたいです.

Aベストアンサー

 ご質問の意図は何でしょうか。比重は温度にも依存して変化しますので,ここに書くのは困難だと思います(グラフは書けませんから,各数値を書き込まねばなりません)。

 確認してませんので実際に載っているかどうかはわかりませんが,「化学便覧」や「理科年表」等をお調べになるとあるかも知れません。

Q炭酸カルシウムと塩酸、マグネシウムと塩酸の反応

炭酸カルシウムと塩酸の反応と、マグネシウムと塩酸の反応について詳しく教えて下さい。
molについても教えて下さい

Aベストアンサー

 いづれも基本的な事ですので,教科書をご覧になった方が良いと思うんですが,過去にも類似質問がありますので紹介しておきます。

> 炭酸カルシウムと塩酸の反応
 QNo.166845 化学IB
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=166845

> マグネシウムと塩酸の反応
 QNo.170605 化学IB
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=170605

> molについて
 QNo.181270 高校で教えるモルの概念について
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=181270

 その他にもトップページ(↓)で「炭酸カルシウム 塩酸」,「マグネシウム 塩酸」,「モル」で検索すると多数ヒットします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/index.php3

Q比重を使った熱化学の計算

塩化水素3.55gを水に溶かし塩酸1995gを調整し,25℃に保たれた断熱容器に入れた。
この塩酸に水酸化ナトリウム5.00gを加えて溶解させたとき,水溶液の温度は何℃上昇するか。
塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱を56.5(kj/mol),水酸化ナトリウムの溶解熱を44.5(kj/mol)とし
水溶液の比熱を4.18(j/g.℃),比重を1.00とする。
反応によって生じた熱はすべて溶液の温度上昇に利用されるものとする。

この問題の比重はどう使うんでしょうか。

水酸化ナトリウムの溶解熱と塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱の和が,
Q=(44.5×5.00/40 + 56.5×5.00/40)×1000(j)

Q=4.18×(1995+5.00)×?℃

では間違いですか?
そもそも比重となんなのか・・・
検索してみても「基準物質と比べた密度比」「密度と比重は違う」「比重は単位を含めた数」などとでてきました。・・・ちんぷんかんぷんです。

「1Lの塩酸(比重1.05)の質量は1.05kg」と書いてあった文があったので,
比重の単位は(kg/l)なのかとも思いましたが・・・
基準物質によって単位が変わるなら,上の問題での比重の単位はどうなるんでしょう。

教えてください。(+o+)

塩化水素3.55gを水に溶かし塩酸1995gを調整し,25℃に保たれた断熱容器に入れた。
この塩酸に水酸化ナトリウム5.00gを加えて溶解させたとき,水溶液の温度は何℃上昇するか。
塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱を56.5(kj/mol),水酸化ナトリウムの溶解熱を44.5(kj/mol)とし
水溶液の比熱を4.18(j/g.℃),比重を1.00とする。
反応によって生じた熱はすべて溶液の温度上昇に利用されるものとする。

この問題の比重はどう使うんでしょうか。

水酸化ナトリウムの溶解熱と塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱の和が,
Q=(4...続きを読む

Aベストアンサー

密度は単位体積あたりの質量と定義され通常はg/cm^3などの形で使われますね。それに対して。比重は、基準となる物質の密度を1としたとき、その物質がいくつになるかを比で求めたものです。液体の場合では物質の質量と、その物質の同一の体積を有し、かつ圧力 1気圧 の下における純粋の水の質量との比として表わされます。ここでは比重が1としていますので、水の密度と同じということになります。したがって反応が行われても水の系で考えればよいということを述べていることになりますね。
ところで問題の内容ですが次のようになりますね。
初めに調製した塩酸溶液に含まれる塩酸の物質量は塩化水素のモル質量が36.5ですから
3.55 / 36.5 = 0.0973 mol
水の量は 1995 - 3.55 = 1992 g
加えた水酸化ナトリウムの量は5.00gですから物質量は
5.00 / (23.0+17) = 5.00 / 40.0 = 0.125 mol
溶液中に含まれた塩酸に比べて加えた水酸化ナトリウムの量は多く、中和した水酸化ナトリウムの量は0.0973 mol となります。また、中和反応によって生成した水の量は
0.0973 * 18 = 1.75 g
そこで発熱量の件ですが初めに水酸化ナトリウムが水に溶ける時の溶解熱を求めます。
水酸化ナトリウム0.125 molが溶解するのですから
0.125 * 44.5 *1000 = 5563 J
中和反応に使われた塩酸や水酸化ナトリウムの物質量は 0.0973 mol ですから
0.0973 * 56.5 * 1000 = 5497 J
したがって発生した総熱量は
5563 + 5497 = 11060 J
この溶液に含まれる水の量は
1992 + 1.75 = 1994 g
水1gの温度を1℃高めるのに必要とする熱量は4.18 Jであるので
この溶液に含まれる水を1℃高めるのに必要な熱量は
1994 * 4.18 J
したがって11060 Jの熱量がすべて水の温度上昇に使われたとすれば
11060 / (1994 * 4.18) = 1.33 ℃初めの温度が25℃ですから中和反応後の溶液の温度は26.3となります。

密度は単位体積あたりの質量と定義され通常はg/cm^3などの形で使われますね。それに対して。比重は、基準となる物質の密度を1としたとき、その物質がいくつになるかを比で求めたものです。液体の場合では物質の質量と、その物質の同一の体積を有し、かつ圧力 1気圧 の下における純粋の水の質量との比として表わされます。ここでは比重が1としていますので、水の密度と同じということになります。したがって反応が行われても水の系で考えればよいということを述べていることになりますね。
ところで問題の内容です...続きを読む

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む

Q1mol/L塩酸の作成方法(確認)

とりあえず計算はしたのですが,あまり自信がなく確認したいのでお願いします。

条件
濃度35%,比重1.175,分子量36.5,作成量1L

私の計算結果は以下のとおりです。
塩酸35%でのmol/Lを算出
1000×0.35=350ml
350×1.175=411g
411/36.5=11.3mol/L
作成量1Lなので塩酸量は,
1000/11.3=88.5g
よって,
塩酸1mol/L=塩酸88.5g/純水1Lとなるのですがどうでしょうか?
また,他に分かりやすい計算法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

多分この計算でいいと思います。
ただ、私は
11.3mol/L×x=1mol
x=1/11.3
=0.0885L
と計算します。
塩酸は液体なので、実際に作るときは質量ではなく、容積ではかりますよね。

Q塩酸と亜鉛で水素が発生する体積の計算の仕方を教えてください。

化学から離れて10年くらい経ちます。
最近化学を扱う部署に異動になった為、高校化学から勉強のし直しをしているのですが、どうしても分からない問題があります。

センター試験化学IAの問題です。
亜鉛0.65gを3.0mol/リットルの塩酸100mlに入れると気体が発生し、亜鉛は完全に溶けた。この時に発生した気体の標準状態における体積は何リットルか。

化学反応式2HCl+Zn→ZnCl2+H2は分かります。

Znが分子量65なので0.01molとなり、水素0.01mol発生するのは分かるのですが、体積はどう求めたらよいのか分かりません。

化学に詳しい方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

水素が0.01mol発生するところまで解っているのでしたら、簡単ですよ!

理想気体の標準状態における体積は、22.4Lであることは知ってますよね?

水素は最も理想気体に近い実在気体なんです。ですから、そのまま理想気体として近似してしまいましょう!

すなわち、1molで22.4Lですから、0.01molは、22.4L * 0.01mol = 0.224L、ということですね。

ちなみに、今回は水素でしたので「最も理想気体に近い実在気体」なので理想気体として扱いました。でも、高校レベルであれば、どんな気体でも理想気体として計算して良いんじゃないかな?

Q比重について

「希塩酸は塩酸の濃度が約10w/w%溶液である。希塩酸を作るためには、濃塩酸と水を体積比1:3で混合する。希塩酸の比重を求めよ。ただし、水の密度を1.0g/cm3とする。」という問題なのですが、考え方と答えがわからないので教えてください。

Aベストアンサー

例えば400mLの希塩酸を作りましょう。
すると濃塩酸100mLと水300mLを加えます。
濃塩酸の中の塩化水素の濃度は100mL×10wt%なので10g
400mLの希塩酸中に塩化水素10gが含まれていますから、410g/400mL
が密度になるはずです。

Q酸素を発生させたときの発生した体積と反応した質量について

この二つにはいかなる関係があるのでしょうか?
私の実験では比例関係になったのですが正しいのでしょうか?
また酸素を発生させたときの値についてほかに何か関係があるものがありましたら教えていただきたく思います。

Aベストアンサー

どういう目的でこのような実験をされているのかは
分かりませんが、実験では、実験をする前に、結果は
どうなるであろうという推測と、結果からその推測が
正しかったか、違っていたらどのような原因により
違ったのかを考えることが重要だと思います。

というわけで、ヒントを。
質量保存の法則と理想気体の状態方程式。
まあこれは理想的な状態で、という条件がつきますけど。

Q濃度と密度と比重の関係

(1)密度0.01g/cm^3の食塩水のwt%とモル濃度、
(2)比重が1.18,濃度が36wt%の濃塩酸のモル濃度、
 をもとめたいのですが、いまいち関係がわからなくて、それぞれの単位は分かっているのですがうまく変換できなくて計算ができません。どなたか求め方を教えてください。

Aベストアンサー

(1)#1さんがおっしゃってるとおりこの密度はありえません。ちなみに密度のみからwt%とモル濃度を求めることは不可能です。

(2)#1さんの回答は間違ってますね。ちょっと詳しく書くと↓こんな感じになります。
このHClの1Lに含まれているHClの量は、
1000*1.18*0.36=424.8(g)
塩酸のモル重量は36.5g/molですから、
424.8(g)/36.5(g/mol)=11.6(mol)
となるわけです。

Q塩化アンモニウムと塩酸の反応

タイトルの通りなのですが、塩化アンモニウムと塩酸は反応しますか?

反応するのであれば反応式を教えていただきたく思います。。

Aベストアンサー

#2です。

丁寧に考えておられますね。
私にも理由はよく分かりません。
塩化アンモニウムは水によく溶ける無色の物質です。
アンモニアを加えて白く濁ったというときの白色沈殿が塩化アンモニウムであるということは考えにくいです。
そうすると銀の化合物だということになります。
でも塩酸を入れて白濁が消えるという反応に思い当たるものがありません。濃い塩酸ではいくらかAgCl2^(-)という錯体も出来るようですが白濁が消えるというほどのものではないだろうと思います。

銀鏡反応の実験では硝酸銀水溶液にアンモニア水を加えます。一度生じた褐色の沈殿が再び溶けるまでアンモニア水を加えると実験書には書かれています。褐色の沈殿は酸化銀です。
ところが時々、褐色にならずに白く濁ることがあります。
作り置きのアンモニア水でよく起こります。
これに該当するのかなと思いますが確かかどうかは分かりません。
私も何度か経験しましたがこの白い物質が何かは確めていません。アンモニア水を作り直してやり直しただけです。

どなたか詳しい人がおられるといいのですが。

#2です。

丁寧に考えておられますね。
私にも理由はよく分かりません。
塩化アンモニウムは水によく溶ける無色の物質です。
アンモニアを加えて白く濁ったというときの白色沈殿が塩化アンモニウムであるということは考えにくいです。
そうすると銀の化合物だということになります。
でも塩酸を入れて白濁が消えるという反応に思い当たるものがありません。濃い塩酸ではいくらかAgCl2^(-)という錯体も出来るようですが白濁が消えるというほどのものではないだろうと思います。

銀鏡反応の実験で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング