利用規約の変更について

【JT(日本タバコ産業)は自動販売機事業から撤退していたんですね?】


JTの自動販売機事業はサントリーに売却済みでそのお金で海外のタバコメーカーの買収費用に使ったのかな?

JTの社長は「もうタバコの時代は終わりつつあるので、我が社もタバコの一本打法ではなく食品、飲料水等、タバコ以外の事業も多角化してリスクを分散させておかなければならない時代に来ている」

と言っていた社長では無くなってまた社長が変わって「我が社はタバコ事業が主体でありタバコ事業を拡大させなくてはならない」

と先の発言と180度方向転換したのはなぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ずいぶん古いネタですね、なぜいまさら感が・・・


2015年に「桃の天然水」がなくなっちゃう!って
一時期もりあがりましたよね。

とりあえず、儲からないとわかったからとプレスリリースされてます
https://www.jti.co.jp/investors/library/press_re …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2017/02/21 18:53

随分懐かしい話題ですが、ルーツ飲めなくなるな~と話題になりましたね。



一番美味しい缶コーヒーだったのに残念でしたね。

<回答>
実力不相応だと気が付いたのでしょう。
    • good
    • 0

>海外のタバコメーカーの買収費用に使ったのかな?



右から左ってことは無いにしても、アテにしていたお金ではあるでしょうね。
アメスピの買収発表も数ヶ月後でしたし。

>180度方向転換したのはなぜですか?

これは別に180度変わったわけでもないのでどうでも良いかと。
多角経営を目指してた時代だって、主力はあくまでタバコ事業であり、
上記の台詞は飲料事業を拡大することについての回答でしか無かったでしょう。
文脈を無視して切り取ればいくらでも言えるレベルの話にしか思えません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング