FXや225先物でトレードで勝てる手法の確立を目指しメタトレーダでEAを創りバックテストを行う等をして検証をしながら有効性のある手法を探し続けていますが、何と8年の年月が経過しても未だに確立出来ません、作成検証したEAの数は膨大になりました。
何故これだけの年月を掛け、膨大なEAを創りながら勝てるものが出来ないか、8年も経てばその原因は解ります、相場の大半がランダムに動いてるから、そして分足ばかりでの検証なのでランダムの影響を受けやすいから..
なのでスパンの長い時間足を見る必要もあり60分足の60足分移動平均を五分足に置換えて60*12=720足の移動平均を表示させる等してトレンドの波に乗れる様にと8年の年月を掛け様々な工夫の幅を広げEA開発を発展させてきたつもりですが、状況は変わりません。

EAはもちろんバックテストを行い検証しますがいつも最適化をして有効性がある様な成績が出せる様にしてますが、フォワードテストを行うと全てカーブフィティングでアウトになってしまい本当に有効性のEAは8年経っても一つも手に出来ません。
カーブフィティングの最大の原因がパラメタの多さと最適化ですが、最適化がカーブフィティングを誘発させるので良くないと解ってても最適化を行わなければ、EAの有効性は確かめられないと考え、止む得ず最適化を行い続けてます。

FXは努力しても勝てないのか、検索して様々な見解を読みましたが大半は努力すれば勝てると記述されてました、しかし8年間、検証活動を続けてきた私から見ると、あまりにも信じられない見解です。

そしてトレードに勝つには、しっかりした資金管理が出来る事だと言われてますが、どんなにしっかりした資金管理が出来ても有効性のある手法が伴わないと勝てる様になるなんて思えません。

私が思うにFXで勝には、短期間でも有効性があるEAを見つけられたら実戦し、そのEAの有効性が失われるタイミングを適切に見極め、別のEAに切り替えるサイクルを行える事だと考えてます。

それはともかく検証生活10年も間近に迫り10年のキャリアを積みながら勝てる様にならない事程、屈辱的な事はありません。
8年間積んで来た努力を無にする様な事は絶対に回避させたい気持ちでやまやまです。
いい加減トレードで勝てる切っ掛けを得たいです!
私の8年間の努力の何処がまずかったか、ご助言宜しくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

先に回答したものですが、ランダムウォークのことを言ってるのではありません。



それが本質的にわかってないなら、株だろうが馬券だろうが一緒です。

例えば、プロのポーカーが何故勝てるのかは、完全な確率論もあるし、一方で相手を下ろす駆け引きもあるし、その両方の側面がわかってないなら勝てても一過性なんですよ。

同じように、為替だってランダムな側面もあるし、市場が信じるテクニカルな側面もあるし、基本になるファンダメンタルもあるし、どれかいい悪い正しいという話でもありませんから、その本質的な部分をとらえるべきです。

ちなみに、EAを使ってやる難しさは今の相場にどのような性質のEAを使うべきかの選択、そしてその選択の判断のタイミングですからね。金の管理だってある意味機械的にやるならEAでやることを人がやってるのと同じ。別に、利大損小だろうが逆だろうが戦略によるわけだし。スキャルしてる人だって、入るタイミングの直感的なものは多少あれどやることはEAだろうが本質的には大差はないですよ。別に機械学習や昨今のディープラーニングのような人間以上の高度な判断パラメータを編み出すわけじゃなければね。ただ、そう言うのだって信じてヘッジファンドが必死にやってますからね。
ナンピンとかドラリピのような戦法だって、成果があがる人も多いけどレンジを上下してる間に想定外の方向に突き抜ければ簡単にマイナスいくし、ただ、だからと言ってある程度のレンジ相場を予想して決まった期間に勝つことができないわけじゃないですから。

重要なのは、どんな相場を想定するのかで、その想定出来る範囲でプラスに持ってけるだけのうまいEAを作ることにあるんだと思います。だから、リーマンショックにも、トランプラリーにも、バブル期のような相場にも耐えられるなんてのを考えてるなら負けます。ただそれだけでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

>それが本質的にわかってないなら、株だろうが馬券だろうが一緒です。
>同じように、為替だってランダムな側面もあるし、市場が信じるテクニカルな側面もあるし、基本になるファンダメンタルもあるし、どれ>かいい悪い正しいという話でもありませんから、その本質的な部分をとらえるべきです。

ランダムな側面、市場が信じるテクニカルな側面、それら見極めが出来る自信がないし、ならランダムそのものを攻略すれば本当に有効なEAが創れる事ばかり考え本質的な部分は見向きする余裕が持てなかったと思います。

>を使ってやる難しさは今の相場にどのような性質のEAを使うべきかの選択、そしてその選択の判断のタイミングですからね。金の管理だってある意味機械的にやるならEAでやることを人がやってるのと同じ。

EAは得意な相場、苦手な相場がはっきししてる現実を無視し、自分はあらゆるパターンの相場でも有効なEA、つまり確実なEAを創る事ばかり考えEAを創り続けてこれだけの年月を浪費してしまいました、。

自分でも長い年月を掛けても勝てる術が身に付かない原因を自覚してると思いますが、それ以外に壁をクリアする事が見つけられず同じ事の繰返しをしてしまったなと思います。
まさに永遠に勝てないやり方の悲劇の匠にならざるを得ませんね。

お礼日時:2017/03/13 22:24

ウォール街のランダムウォークって本を読んでください。


基本的にどんなに勝てるツールでも、勝てる相場を誤ればいつか大損しますから、完全放置なんてむりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
ランダムウォークの本を大体読みましたが、簡潔に言うと大勢の人の行動が相場を動かすという事ですね。
つまり相場は人の思惑が値動きの切っ掛けで動き、思惑が変われば動きも変わる。
それが一定のルールで相場に対峙する最大の難しさですね。

お礼日時:2017/03/11 21:56

>カーブフィティングの最大の原因がパラメタの多さと最適化ですが



分かっているなら、パラメーターの少ないモデルで一回目の作成で 年 3.000円くらい出すのを作れば??
それを、弄り回して、5-6.000円まで上げるからじゃないの??

サラッと作って(思い付きと言う事でなく、参照データ(作るデータ)を絞って)、年3.000円プラスを出せるモデルが作れるか??だと思うけど

それと、パラメーターの数値だけど、一つのパラメーターで利益MAXをだす値から上下にズレたとき、利益が正規分布の形になるか(厳密でなくても)
これを、全てのパラメーターで検証。そうならないパラは捨てる。

バックテスト期間MAXを 狙うのでなく。相関係数 0.98辺りになるか
MAX利益/期間日数*1 から *最大日数 つまり ストレート数値を出す。
それと、テストの積算利益の相関を取る。経験値だと .98辺りがまあ かなと?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

>分かっているなら、パラメーターの少ないモデルで一回目の作成で 年 3.000円くらい出すのを作れば??
>それを、弄り回して、5-6.000円まで上げるからじゃないの??

その通りです、私の場合、長期的に有効な理想的なEAを目指すこだわりから脱せず、やみくもにロジックを詰込み、バックテストで成績を出せてもフォワードテストで決壊、その繰返しです。
何と売買数が10000回でもカーブフィティングに引掛り、まさにカーブフィティングがトレードで勝てる夢をぶち壊す大きな要因になりうるのではと痛感してるくらいです。

>バックテスト期間MAXを 狙うのでなく。相関係数 0.98辺りになるか
>MAX利益/期間日数*1 から *最大日数 つまり ストレート数値を出す。

この方法は、自分のやり方に執着し続けた挙句、想像した事すらなかったです。
是非、試してみたいです。
助言された通りの方法を参考にしつつ様、今までの悪しき慣習をどうにかしたいと考えます!

お礼日時:2017/03/10 20:10

裁量ではなくEAで勝ちたいのですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
基本的には裁量でも構いませんが、PCに貼りつかず完全自動売買が出来、明確な手法の元でのトレードを目指す私にとりEAでトレード出来る事が理想です、しかし長期的に有効なEAを創れる事は努力の限界を超える極度の難しさではないかと痛感してます。

お礼日時:2017/03/10 15:38

心より、敬意を表します。


文を読む限りに措いての第一印象は、
”複眼的考察が欠落している”と、言う事です。(又、此れに尽きると思います)
又、次に大変、僭越ですが救いは、
気が生きていることです。
軽々しい発言ですが、
貴方の大成を信じています。

-依然、混迷と妄想の中を彷徨っているFX狂人より-
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

>心より、敬意を表します。
何だか同情されるくらい、相場という激しい競争の世界で、努力が報われない残酷な立場に追込まれてるかと思うと自分が悲しくなります!

そうですね、相場に対する視野が狭いと私も感じてますが、EA創りにおいての明確な改善策が見当たらず同じやり方の繰返しという羽目になり此処までの年月を費やしてしまいました、それが最適化でカーブフィティングしても代替策が見当たらず最適化で同じ結末になる事の連続..
まさにテクニカル一本槍のやり方なのでそれ以外の部分に目が行き届かない感じです。

お礼日時:2017/03/10 15:45

負けづづけていないならそれで良いと思いますけどね


かんたんに大勝できるならみんなやってますから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

負け続けてないでは済まされないと思います、実戦を控えて資金を消費しない替りにここまで年月を掛けて取り組んでも勝てる様にならないと貴重な人生の時間を大幅消耗してしまう結果となるので..

こまで来ると本気でトレードに取り組むなら、トレードは難しい、最初から簡単に勝てない、だけの認識では済まされない現実を突き付けられます、本気でやるなら最初の段階で、トレードがどれだけ難しいか、難易度の奥底まで追求し、こんな無謀な挑戦に自分の人生を掛けるか考える必要すらあると思います。

お礼日時:2017/03/10 15:35

本当ですか?


よっぽどセンスがないということです。
すっぱりやめて、IT業界で地道に働いて下さい。

その方が勉強になるし、金になります。

聞いてる限りでは、あまりにも情報処理が
できていない印象を受けます。
少しは本質をとらえるべきです。

最近はとみに動きにそういう傾向が見てとれます。
そのあたりに気づくべきですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

確かにセンスがないと感じつつもそこまで開発活動を続けてしまいました。
どうしてもトレードで身を立てたいので..
センスもなく相場の世界を見渡す視野が狭かったのも努力が実らない要因でしょうね。

お礼日時:2017/03/10 15:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q負けトレード検証の意味を教えてください

FXのトレード上達のために、過去の負けトレードを検証するとよく言われますが、
過去のトレードをチャートに記してチェックするのは何のためですか?
勝ちトレードを記憶したほうが、今後のためかと思うのですが
負けトレードを検証する意味は何なのでしょうか?

Aベストアンサー

言葉の表現を云々言いたくはありませんが、トレードに於いて、勝ったとか負けたと言うのは本来おかしいですよ。
恐らく勝ったと言うのは利益になった事で、負けたというのは損失になった事でしょうけど、利益を出し続けて一切の損失を出さないトレードは殆ど不可能です。
つまり、勝つ!とは、一定期間の中で、トータルで利益になる状態の事で、1回1回のトレードで使うのは本来の使い方ではありません。


では、本題の何故、負けトレードを検証するのか?ですが、殆どの方は、確固たるトレードルールを持たずに売買しています。
つまり、その時々の思惑や考えで売買し、トレードに一貫性が無いことが多いです。

損失のトレードの売買ポイントをチャート上に記入して眺めてみると判ると思いますが、
何故そのポイントでポジションを持ったのか?を明確に理由付け出来ないことが多いはずです。
或いは、ポジションを持った理由が、その時々でバラバラだったりすることが分かると思います。

当然、利益のトレードも検証した方が良いでしょうけど、理由付けが出来ていないとか、ルールが無いトレードで利益になっていても、継続性や連続性に乏しいので、あまり意味がありません。

野村克也氏の座右の銘でもありますが、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」と言う諺というか名言があるように、運などで利益になることもありますので、まずは損失になっているトレードを検証した方が、身に染みて判ると思いますよ。


逆にトレードに一貫性があるのでしたら、利益になるのは当然の筈ですから、利益になっているトレードを検証するよりも、損失のトレードを検証して、損失回数を減らすように工夫しますよね。
そして、改善したルールで今度は利益のトレードも検証することで、トータルで利益が増えるのか?或いは利益の値幅や回数が減少することで、今までよりも悪くならないかを検証した方が効率的だと思いますよ。


トレードを継続するには、資金が破綻しないことが最低条件ですから、利益を増やすよりも、損失を減らす事に労力を向けることが大事です。

言葉の表現を云々言いたくはありませんが、トレードに於いて、勝ったとか負けたと言うのは本来おかしいですよ。
恐らく勝ったと言うのは利益になった事で、負けたというのは損失になった事でしょうけど、利益を出し続けて一切の損失を出さないトレードは殆ど不可能です。
つまり、勝つ!とは、一定期間の中で、トータルで利益になる状態の事で、1回1回のトレードで使うのは本来の使い方ではありません。


では、本題の何故、負けトレードを検証するのか?ですが、殆どの方は、確固たるトレードルールを持たずに...続きを読む

Qシステムトレードの検証に使い易いソフトを教えて下さい。

ボリンジャーを使ったトレードルールの検証をしたいのですが、
シストレのバックテストに使い易いツールありましたら
教えて下さい。

MT4などが使い易いでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フリーチャートで良いのなら、MT4ですかね。
他にはFXCMで提供しているパワーチャートも足1000本分は
データ取得出来ますよ。

ただ、どちらにしても、チャートから手作業で数値を拾う必要はあり
ますね。

バックテストの計算までが出来るソフトは知りません。
ごめんなさい。

Qテクニカル分析の有効性について、バックテストによる検証の結果は?

FX投資においても、様々なテクニカル分析が利用されていますが、どの程度、有効なのかということにいつも疑問を抱いています。テクニカル分析を否定する論者も多い中、Fxに関する書籍の多くでテクニカル分析が論じられています。そこで、自分なりに、過去のデータを基にして典型的なテクニカル分析手法である移動平均線によるシステムトレードを実施した結果をエクセルで計算してみました。単純にゴールデンクロスで翌日の始値で買い、デッドクロスで翌日の始値で売り、という単純な方法です。ドル円の過去5年間を対象としました。すると、まったく利益がでません。でないどころか、取引回数が多く、手数料分と思われる損失が累積するという結果でした。もっとも、ストップロスの設定はしておらず、非常に単純なバックテストですので、これだけを根拠として移動平均線によるテクニカル分析は有効でないといいきれないとは考えます。しかし、このような結果からすると、巷で論じられているテクニカル分析には強い疑問を持ちます。Fx会社のホームページには、様々なテクニカルツールが備えられています。しかし、私にしてみれば、トレード回数を増加させるための営業戦略のようにも思えます。テクニカル分析について、利用者の立場に立って情報を提供するのであれば、用いられているテクニカル分析のバックテストの結果を取引手数料を織り込んだ形で明らかにすべきではないのかと考えます。
 以上のような私の視点から、テクニカル分析の有効性について、バックテストの結果を掲載しているFx会社がありましたら、ご教示願います。
 また、バックテストについて参考になるブログ等をご存知でしたら、同様にご教示ください。

FX投資においても、様々なテクニカル分析が利用されていますが、どの程度、有効なのかということにいつも疑問を抱いています。テクニカル分析を否定する論者も多い中、Fxに関する書籍の多くでテクニカル分析が論じられています。そこで、自分なりに、過去のデータを基にして典型的なテクニカル分析手法である移動平均線によるシステムトレードを実施した結果をエクセルで計算してみました。単純にゴールデンクロスで翌日の始値で買い、デッドクロスで翌日の始値で売り、という単純な方法です。ドル円の過去5年間を...続きを読む

Aベストアンサー

「ランダムウォーク」という言葉を聞かれた事がありますでしょうか?簡単に言えば、「規則性がない動き」という事です。で、株や為替の価格は、「ランダムウォーク」している、というのは、金融理論の基本中の基本です。もちろん、厳密に言えば、僅かな規則性は見つかっています。ですから、ほぼランダムウォークしている、という言い方の方が正しいです。

もちろん、これは単なる仮説ではなく、実際の過去の値動きから、検証されている事実です。だから、テクニカル分析にほとんど意味がない事は、金融理論のごくごく入り口をかじったものにとっては、周知の事実です。むしろ、ごく僅かな規則性がどこにあるのかを探している、というのが実情です。移動平均のような単純なチャートに意味があるかどうかは、自明の事でしょう。(もちろん、結果的に儲かる事がありうるのは、否定しません。)
それでも、テクニカル分析を使う人がいるのは、ま、言ってみれば「信念」の問題です。

参考URLは、為替レートの決定に関する「購買力平価説」を検証した論文です。その論文の最初の方で言っている事は、「80年代には『実質為替相場はランダムウォークにしたがっている』と考えられていたが、90年代以降は、いくつかのケースでは、長期的には購買力平価説が有効である事が確認されるようになった(しかし、購買力平価への回帰は、3~5年と非常に遅い)」といった内容です。購買力平価説は、感覚的には成立しないほうがおかしい、と言いたくなるようなものですが、それですら、「3~5年で考えると、成立しているといっていいだろう」という程度のものです。移動平均という単純なチャートを、5年間検証しても、何らかの規則性を見出すのは、かなり難しいです。

ですから、ある程度の経験者で、理論の基礎を少しでも齧った事のある人でも、テクニカル分析を使っているのは、その有効性はどこまでいっても証明のできない「宗教」のようなものである事を知りながらの事、というふうに理解した方がいいと思います。

簡単に言えば、為替が変動相場になって以来、数多くの人がバックテストをした結果として、為替にはほぼパターンがない、という結論が既に出ているという事です。今時、真剣に「統計的に検証しても、パターンはある」と反論するチャーティストは、少ないんじゃないでしょうか?

なお、バックテストですが、No.1の方が述べたように、パラメータをちょっと変えるだけでかなり違う結果がでるので、あまり意味がありません。更に、仲介業者がそれをやると、当然一番うまく行く様にパラメータを設定してしまうので、かえって、統計的に見ても、チャートに信頼性があるかのように誤解させてしまう危険性があるように思います。
(証券会社が薦めてくるシステム・トレードには、そういう例がよくあります。つまり、過去を振り返って、うまく行くようにセットしたから、過去のシュミレーションでは儲かるように見えて当たり前で、結局のところ、信じるか信じないかだけの話になる。)

参考URL:http://www.mng.toyo.ac.jp/publication/keieironshu/g200511/09_kawasaki.pdf

「ランダムウォーク」という言葉を聞かれた事がありますでしょうか?簡単に言えば、「規則性がない動き」という事です。で、株や為替の価格は、「ランダムウォーク」している、というのは、金融理論の基本中の基本です。もちろん、厳密に言えば、僅かな規則性は見つかっています。ですから、ほぼランダムウォークしている、という言い方の方が正しいです。

もちろん、これは単なる仮説ではなく、実際の過去の値動きから、検証されている事実です。だから、テクニカル分析にほとんど意味がない事は、金融理論の...続きを読む

QMT4の自作EAがうまく決済注文を出してくれない

MT4の自作EAがうまく決済注文を出してくれません。新規注文用のMAのGC・DCで新規注文をだし、決済用のMAのGC・DCで決済注文をだす、EAなのですが、うまく決済注文がでず、テイクプロフィットとストップで決済してしまいます。2つのMAで、決済を確実にするにはどうしたらよいのでしょうか。たいへん困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

OrderSelectでオーダーを選択し
OrderMagicNumberでそのEAのポジションか確認
OrderTypeでBUYかSELLを判定
OrderTicketを指定してOrderCloseではだめですか?

Qメタトレーダー用EA(FX自動売買プログラム)を無料ダウンロードしたい

メタトレーダー用EA(FX自動売買プログラム)を無料ダウンロードしたい

移動平均のゴールデンクロス、デットクロスで売買を繰り返すプログラムを
入手できるサイトまたはプログラムそのものをご存知の方がいらっしゃいましたら
教えてください

Aベストアンサー

FXの自動売買プログラムは、有料のものがほとんどで、無料のものは聞いたことがありません。

また自動売買プログラムは、ネット環境のトラブルなどで、
売買のタイミングがずれ、損失をだすこともあると聞いています。

プロトレーダーが売買の指示をメールで送ってくれるタイミング配信の方が安全らしいです。
(その指示により手動で売買しなければなりませんが)

FX関係の書籍を沢山出版している「山根亜希子」さんが、
そのタイミング配信をはじめたそうで、1か月間無料で体験できる会員を募集しています。

興味があれば、ご覧ください。

参考URL:http://impulse-inc.xsrv.jp/FX-yamane/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報