ドローンで、撮影した映像を見て感動しました。やってみたいのですが何から初めて良いのか?

ドローンについて詳しい方宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

改正航空法から勉強する事です。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難う御座います。調べてみます

お礼日時:2017/03/21 17:58

ホバリング(空中静止)が難しい

    • good
    • 0

200g以下の法規制外ドローンで


安価且つ撮影機能のあるオモチャの
クワッドコプター(ドローン)を買ってみる
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難う御座います。具体的な機種なんか分かりますか?

お礼日時:2017/03/21 17:56

ドローンの規制について調べる事かな。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難う御座います。

お礼日時:2017/03/21 17:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドローンの何が新しいの?

前からラジコンヘリは合った訳で、最近になって騒がれ出してる ドローン は、何が違い?そして?なぜ?騒がれ出しているのでしょうか?

Aベストアンサー

騒いでいるほうが本質を勘違いしているのですが、ドローンとはラジコンと違い自律制御偵察ロボットなのです。それも軍事技術。
だから、ドローンは飛行体だけじゃなく、地雷除去車両や都市制圧戦車もあります。
クアッドコプター(4枚羽)の制御技術も自律的プログラムで、何も操作しないでもホバリング状態を保つから一応ドローンなのですが、
電波が届かないと墜落しちゃうような安物はドローンとは呼べない。クアッドコプターのカメラ付きラジコン。
軍事用や業務用の高額なドローンは、カメラとGPSで飛行経路をマップ記録し、指示の電波が届かなくなった時は、自分で安全を確認し、自律的に帰投します。あらかじめプログラムしておいて自動飛行も行えますので、個人にマーカーをつけたらそれを自動で追っかけることも可能。

従来のラジコンヘリにカメラをつけたものとの違いは、操縦士が操縦しなくても空中待機、移動ができるのです。
そして人間が獲得できないバードビューでのブレない高画質動画撮影が可能。
これを個人でやられると、世の中の覗き防止は人間の目線から脚立レベルまでしか作られていないので、3m〜50mの高さからの目線を個人が持つと、どこでものぞき放題になってしまう。
軍事的にも航空機撮影や人工衛星撮影はできていましたが、従来5m10mの目線というのが存在せず、ドローンは敵施設内侵入のために作られました。

リンクのPVは、室内から平行移動して上空の俯瞰まで、プログラム自動飛行による途切れなく長回しのドローンカメラの撮影で、日本で撮影されました。
https://www.youtube.com/watch?v=u1ZB_rGFyeU

問題の本質は、個人の視線拡張が数万円でどこでも可能になり動画撮影できること。
グーグル・ストリートビューが高さ2mからの目線で世界中の道路を記録公開して、プライバシー問題が続発したのと同じ構図です。
政府やマスコミは、あえて墜落の危険性や未成年などわざとミスリードを誘っているフシがあります。手法をばらすと法整備のない現在、やり放題なので。

騒いでいるほうが本質を勘違いしているのですが、ドローンとはラジコンと違い自律制御偵察ロボットなのです。それも軍事技術。
だから、ドローンは飛行体だけじゃなく、地雷除去車両や都市制圧戦車もあります。
クアッドコプター(4枚羽)の制御技術も自律的プログラムで、何も操作しないでもホバリング状態を保つから一応ドローンなのですが、
電波が届かないと墜落しちゃうような安物はドローンとは呼べない。クアッドコプターのカメラ付きラジコン。
軍事用や業務用の高額なドローンは、カメラとGPSで飛行...続きを読む

Q最近話題の空飛ぶドローンは何が凄いの?

最近、ドローン(ロータが4つ付いているアレです)がテレビ等で話題になっていますが、何が凄いのか今一つピンと来ません。確かにドローン視点からの映像は迫力があり独特ですが、従来の空撮と比較しても画期的とは思えず、また空飛ぶ無人機という機能面においてはラジコンヘリの延長線上にある程度ではないかと・・・(間違っていたらゴメンなさい)。
素人にも分かりやすく、ドローンの革命性や可能性を教えていただけますと幸いです。
また将来、無人配達に活用するとの構想もあるようですが、ドローンだらけになったら衝突事故など起こらないのですかね?

Aベストアンサー

一番分かりやすい例でいえば、スポーツ中継だと思います。

たとえばスキージャンプ、
あれの空中姿勢を今どのように撮っているかというと、何台かのクレーンカメラとジャンプ台の横からK点までの平均的な高度にロープを張って、移動できるロープウエイのようなカメラを利用しています。ものすごく手間とお金がかかっているわけです。
しかし、ジャンプは一定のところしか飛びませんので、比較的カメラで捕らえやすいと思います。

それに比べて、スキーの大回転とかモーグル、エクストリームなどはカーブなどの見所にカメラを置いて
定点で撮ることしか出来ませんでした、マラソンのようにバイクで追いかけて撮影するということが不可能だからです。

しかし、ドローンカメラがあれば、自由自在に撮影することができ、追いかけながらや、追い越してカーブを定点で、また追いかけながらズームしてパン、横顔を捕らえながらゴールの瞬間を平行して撮る、ということも可能になります(安全性の配慮などで限界はありますが)

実際のところ、2、3年前からエクストリーム競技の世界大会などではドローンによる撮影がおこなれており、かなり迫力のある映像をみることができます。ある日ボヤッと見ていて「うん?これどうやって撮影しているんだ?」と気になって調べてみたことがあります。

また、定置に固定したカメラに選手が激突死、首の骨を折って亡くなるという事故も起きているため、ドローンの安全性が高まれば固定カメラは廃止になっていくでしょう。

まず、こういう用途での活用が期待できます。

これらの撮影用途を発展させれば、たとえば夜間の工場内の見回りなどはドローンに任せるようになるでしょう。天候にもよりますが、普通の日であれば、今まで4人がかりで巡回していた敷地を4台のドローンと1人の監視員で済むようになるかもしれません。


また、ご存知かもしれませんが、最近話題になっているプロモーションビデオにドローンで1発撮影(編集なし)したものがあります
https://www.youtube.com/watch?v=u1ZB_rGFyeU

これ、最後に上空700mまで上がるようで、房総半島がきれいに見えます。このような撮影は他の方法ではできないでしょう。可能性という意味では意義のある動画だとおもいます。

アメリカではドローンによる無人配達の実験が行われているようですが、日本では無理でしょう。日本の航空法規はアメリカよりも厳しいですし、なによりも電線が邪魔であるといえます。
ただ、ドローンが無人で荷物を運べるということは、爆弾テロにも使える、ということですから、リスクもある、ということですね。

ただ、ドローンが普及してくれば、逆に電線を電柱から電柱に引いたり、するような仕事は大幅に労力が減るかもしれません。
また、ドローンではありませんが、すでに農薬散布などは小型のラジコンヘリを使って行うことが一般的になっているようで、低い高度から適量撒くことで、周囲へ飛散することも少なくできる、ということのようです。

米軍なんかは、紛争地帯の偵察に小型の飛行機を使っているようです。飛行機形だと停止は出来ない変わりにプロペラが1つで済むので、静かに上空から偵察することが可能になります。

ドローンと言っても、人が乗らないだけのそこそこの大きさまで含めれば、いろいろな可能性がありそうです。

一番分かりやすい例でいえば、スポーツ中継だと思います。

たとえばスキージャンプ、
あれの空中姿勢を今どのように撮っているかというと、何台かのクレーンカメラとジャンプ台の横からK点までの平均的な高度にロープを張って、移動できるロープウエイのようなカメラを利用しています。ものすごく手間とお金がかかっているわけです。
しかし、ジャンプは一定のところしか飛びませんので、比較的カメラで捕らえやすいと思います。

それに比べて、スキーの大回転とかモーグル、エクストリームなどはカーブ...続きを読む

Q写真撮影の際の撮影サイズについて

写真の撮影サイズについての質問です。デジカメで撮った室内の写真を300×225のサイズに縮小してホームページに掲載したいのですが、デジカメで撮影する際に撮影サイズにFULL(2048×1536),XGA(1024×768),VGA(640×480)の三種類があり、どのサイズで撮影して縮小するのがキレイに見えるのイマイチかわかりません。ご意見頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

HPに載せることだけが目的であるならば、オリジナルのサイズは640×480で十分見られると思います。

私の場合、外で撮ってきた写真を部分的に切り取って拡大して、希望のサイズに合わせたりするので、もとの写真は大きければ大きいほど便利なのですが(拡大したときにボヤけにくいので)、そういった最終目的があったり、キレイにプリントしたい...というわけでもないなら、小さくても大丈夫ですよ。

Qデジカメで撮影したAVCHD動画をテレビで見たい

私は、PanasonicのDMC-FZ150というデジカメで動画を撮って、テレビで見ています。ハイビジョンで撮影しているので鮮明に見れます。撮ってすぐにSDカードを挿入するだけで簡単です。

それで、このSDカードの動画データを編集してから、また元のSDカードに戻し、またテレビでハイビジョン動画を見たいのです。なぜかというと撮ったままだと、だらだらと同じシーンが続きますので、適当にカットしてつなぎ合わせたのを見たいからです。

編集にはビデオスタジオというソフトを購入しました。メーカーに問い合わせしましたら、「それは出来ません」と言われました。こうゆう場合、皆さんはどうしていますか?

Aベストアンサー

SDカードをテレビに挿さず、カメラ付属のテレビ接続ケーブルでカメラをテレビに繋いで見ればいいのでは?(編集後の動画ファイルがカメラで再生出来ている場合)


お使いのテレビのメーカー・機種がわからないので一般論ですが、最近のテレビであれば、有線または無線LANで繋がっているパソコン内の共有フォルダやNAS内の動画ファイル再生(DLNA対応)…に対応している物が増えています。
SDカードに書き戻さなくても、テレビで再生可能な場合があります。自分の場合はNASに動画や音楽ファイルを置いて、これをリビングのテレビで見られるようにしています。

但しSDカードにしろDLNAにしろ、テレビが再生可能な動画形式(スクリーンサイズやビットレートも含む)に合致している動画ファイルでないと再生出来ません。取扱説明書を調べて下さい。
これはカメラにも言えます。動画ファイルをパソコンで編集してSDに書き戻した場合、カメラが対応している動画形式でないとカメラで再生出来ません。SDカードのフォルダ構造やファイルの命名規則に敏感なカメラもあって、これらをクリアする必要があります。
ビデオ編集ソフトで最終出力する時に、カメラやテレビの動画仕様に合わせた設定で書き出す必要があります。

SDカードをテレビに挿さず、カメラ付属のテレビ接続ケーブルでカメラをテレビに繋いで見ればいいのでは?(編集後の動画ファイルがカメラで再生出来ている場合)


お使いのテレビのメーカー・機種がわからないので一般論ですが、最近のテレビであれば、有線または無線LANで繋がっているパソコン内の共有フォルダやNAS内の動画ファイル再生(DLNA対応)…に対応している物が増えています。
SDカードに書き戻さなくても、テレビで再生可能な場合があります。自分の場合はNASに動画や音楽ファイルを置いて、これをリ...続きを読む

Qコンパクトカメラ(フィルム)でのズーム撮影時の最短撮影距離

GOKOのMAC-10、Z3200を使ってます。(3.2倍ズームのモデルです)
説明書では、1mまで近寄って撮影できるとのことですが、
ズーム撮影の時でも1mの距離から撮れるのでしょうか?
それとも、3.2倍ズーム時は3.2m以上はなれないといけませんか?
試してみろ!との声がありそうですが、近々旅行に出かけるまで
新しいフィルムを入れても撮り終わりそうにありません。
どなたか、アドバイスをお願いします!

Aベストアンサー

GOKO MAC-10 Z3200
http://www.goko.co.jp/camera/compactcamera/z3200.html

このカタログの内容を見ると、撮影距離が「広角(W)側75cm~/望遠側70cm~∞」となってます。

これは、38mm側で75cmまで、望遠(120mm側)にしても、70cmまでは近づく事が可能と書いているのです。
ですから、普通の状態では70cmまで近づけられることを知ってください。

なお、スーパーマクロやウルトラマクロの場合は、もっと近づけます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報