【日本語の「芸者(ゲイシャ)」の語源は中国語の「給性(ゲイシン)」からですか?】


給性→ゲイシン→セックス→セックスする者→ゲイシン→ゲイシャ→芸者?

昔は宮内でセックスするのが仕事だった者が芸まで覚えてゲイシャと呼ばれるようになって日本に渡って来た時にはセックスするのが仕事の者から芸が出来る者に違って捉えられて芸者という言葉が使われるようになった?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

面白いですね。

ただ、宮殿の中で働く女は全部、王様の女なので全部がセックスの対象者だったので、
セックスを仕事にしている人はいなかったのではないですか?
王様にセックスしてもらう立場になったら位をもらえたのですから、仕事とは考えられないでしょう。
それは、日本でも、中国でも、韓国でも、同じでは?
日本では、芸者は、芸のできる売春婦という付加価値をつけただけかな?
韓国では、妓生。中国では、子供の時から親がセックスの仕方を伝授すると聞いたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

韓国ではそういう専門職があって他国の接待に使われていた

お礼日時:2017/04/17 07:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本→□□、□□→日本

前提
日本と言えば□□
□□と言えば日本

質問
□□に入るor入れる言の葉を貴方なら如何様なモノにします ?

Aベストアンサー

芸者

Q【日本語・堂々巡り】日本語の堂々巡りの語源が京都東山の清水寺の本堂を民衆が江戸の飢餓が無くなるように

【日本語・堂々巡り】日本語の堂々巡りの語源が京都東山の清水寺の本堂を民衆が江戸の飢餓が無くなるように夜通し仏に願いを掛けるために本堂の外をグルグル回ったのが語源となったと言われていますが、願掛けの意味がなぜ堂々巡りという同じことを繰り返すという悪い意味になってしまったのでしょうか?

堂々巡り=神様への願掛けなら分かりますが、

堂々巡り=同じことを繰り返すこと、

という悪いニュアンスで解釈されている理由が分かりません。

なぜこういうネガティヴの解釈になったのか堂々巡りの語源の歴史を教えてください。

Aベストアンサー

「堂々巡り」の語源は「京都の清水寺」と限定されたものではないようです。ただ、おっしゃるとおり、祈願のためお寺のお堂の周りを何度も歩いたことから来たようです。それが現在使われている「同じことのくり返し」の意味になったのは「繰り返す」という部分が共通しているだけの理由だと思われます。議論などが長々と繰り返されているのを面白半分にたとえたものでしょう。ネット上には似たような記述ばかりですが、中には中国人の「堂」という姓の二人の人物から来たという、面白い説もあります。

Q十九や二十の田舎芸者の三味線なんか高が知れてるはずだ、お座敷だのにまるで舞台のように弾いてるじゃない

十九や二十の田舎芸者の三味線なんか高が知れてるはずだ、お座敷だのにまるで舞台のように弾いてるじゃないか、おれ自身の山の感傷に過ぎんなどと、島村は思ってみようとしたし、駒子はわざと文句を棒読みしたり、ここはゆっくり、面倒臭いと言って飛ばしたりしたが、だんだん憑かれたように声も高まって来ると、撥の音がどこまで強く冴えるのかと、島村はこわくなって、虚勢を張るように肘枕で転がった。
――『雪国』から引用したものです。ここでの「だんだん憑かれたように」の主語は「駒子」ですか、それとも「音」ですか、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

仮に二者択一の問題であるなら「駒子」でしょう。
少なくとも「(撥の)音」ではない。
ただ、個人的には「(駒子の)声」と解釈したい。
「だんだん憑かれたように声も高まって来ると」の部分は、
[ 声がだんだん憑かれたように高まって来ると ] の倒置法で、
係助詞「も」は、主格を表わす格助詞「が」の強調形(代用)と捉える。

Q奥行きをもって問題を捉えるって、日本語変でしょうか?

奥行きをもって問題を捉えるって、日本語変でしょうか?

Aベストアンサー

ニュアンスは掴めますが、得てしてそう言う場合、
『大所高所から問題を捉える』
というのが自然な言い回しです。

Q【日本語】蓋然性ってどういう意味ですか? 事象の因果の蓋然性の選択による方向付け。 その蓋然性は

【日本語】蓋然性ってどういう意味ですか?

事象の因果の蓋然性の選択による方向付け。

その蓋然性は自然法則の予測も含む確度が高い。

社会の慣性というものを考えれば可能性は異常に高い。

蓋然の読みも分かりません。

Aベストアンサー

No.1 回答者 marbleshit さんの回答への補足です。
よみ:蓋然=がいぜん
いみ:たぶんそうなる、おろらくそうなる、そのようにあると見込める、きっとそうなる、確かになるだろう、まあそうなるだろう、可能性が高い、そうなる確度は高い、

可能は、違う意味で使われることがあります。
1 そうなるかもしれない、そうならないとはいえない
2 できる、そうなる、やれる

可能の2の意味を強調すると、可能と蓋然はほとんど同じ意味合いになります。

《事象の因果の蓋然性の選択による方向付け》
Aが原因としてBが起きる。BになればCが起きる。Cが起こる確率が高いと人々が思えば、不安感情からDに強く惹かれる。
《事象の因果の蓋然性の選択による方向付けの例》
夏になれば台風が大雨をもたらす。大雨で増水しあの川は溢水する可能性が高い。溢水で床下浸水の危険が高い地域をハザードマップで知らせることになっている。河川改修工事の検討もしていなければ住民は不満をぶつけてくるだろう。住民からの不満が高まる前に、検討を開始し、予算を立てておくことが大事になる。 (⇒事象の因果の蓋然性の選択による方向付け)

No.1 回答者 marbleshit さんの回答への補足です。
よみ:蓋然=がいぜん
いみ:たぶんそうなる、おろらくそうなる、そのようにあると見込める、きっとそうなる、確かになるだろう、まあそうなるだろう、可能性が高い、そうなる確度は高い、

可能は、違う意味で使われることがあります。
1 そうなるかもしれない、そうならないとはいえない
2 できる、そうなる、やれる

可能の2の意味を強調すると、可能と蓋然はほとんど同じ意味合いになります。

《事象の因果の蓋然性の選択による方向付け》
Aが原因と...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報